Subscribe to RSS Feed ログイン

「月の光」(ブログ)

Monday
2017年12月18日

第62回式年遷宮(平成25年の予定)

 来年平成25(2013)年の第六十二回神宮式年遷宮の予定。
 http://tukinohikari.jp/blog/?page_id=22
 天皇陛下により御治定(ごじじょう)になられました第六十二回神宮式年遷宮における、立柱祭(りっちゅうさい)・上棟祭(じょうとうさい)の日時。

 立柱祭は正殿の御柱を立て奉る祭儀で、上棟祭は正殿の棟木を揚げる祭儀です。
 伊勢の神宮の式年遷宮では、およそ三十に及ぶ諸祭・諸行事がおこなわれますが、中でも重要な祭儀については、天皇陛下に日時の御治定を仰ぐことになっております。今回の遷宮ではこれまでに、山口祭(やまぐちさい)、木本祭(このもとさい)、御船代祭(みふなしろさい)、木造始祭(こづくりはじめさい)、鎮地祭(ちんちさい)が日時御治定を賜って執りおこなわれております。

 さて第六十二回神宮式年遷宮における、立柱祭(りっちゅうさい)・上棟祭(じょうとうさい)の日時は以下のとおり。

〔1〕立柱祭については、皇大神宮(内宮)で平成25(2013)年3月4日(月)午前10時から、豊受大神宮(外宮)で平成25(2013)年3月6日(水)午前10時から執り行われます。
〔2〕また、上棟祭については、皇大神宮で平成25(2013)年3月26日(火)午前10時から、豊受大神宮で平成25(2013)年3月28日(木)午前10時からそれぞれ祭典が執り行われることとなりました。
 なお、今回の日時御治定を受け、正殿東西の妻の束柱に装飾の一種である御形を短柱に穿 ( うが ) ち奉る祭儀の御形祭(ごぎょうさい)を、皇大神宮で平成25(2013)年3月4日(月)午後2時から、豊受大神宮で平成25(2013)年3月6日(水)午後2時から執り行われることも決定しました。

 
遷宮2ヶ月前 平成25(2013)年8月 お白石持ち行事(おしらいしもちぎょうじ)

遷宮1ヶ月前 平成25(2013)年9月 御戸祭(みとさい)

遷宮2週間前 平成25(2013)年9月 御船代奉納式(みふなしろほうのうしき)

遷宮10日前 平成25(2013)年9月 洗清(あらいきよめ)

遷宮1週間前 平成25(2013)年9月 心御柱奉建(しんのみはしらほうけん)

遷宮 4日前 平成25(2013)年9月 杵築祭(こつきさい)
遷宮前日 平成25(2013)年10月 後鎮祭(ごちんさい)
遷宮前日 平成25(2013)年10月 御装束神宝読合(おんしょうぞくしんぽうとくごう)
遷宮前日 平成25(2013)年10月 川原大祓(かわはらおおはらい)

遷宮当日 平成25(2013)年10月 御飾(おかざり)
遷宮当日 平成25(2013)年10月 遷御(せんぎょ)

遷宮翌日 平成25(2013)年10月 大御饌(おおみけ)
遷宮翌日 平成25(2013)年10月 奉幣(ほうへい)
遷宮翌日 平成25(2013)年10月 古物渡(こぶつわたし)
遷宮翌日 平成25(2013)年10月 御神楽御饌(おかぐらみけ)
遷宮翌日 平成25(2013)年10月 御神楽(おかぐら)

 
┏ 「2012年」から2013年のテーマ ━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
〔1〕今年が本当に世界的に有名な「2012年」になってしまうとしたら、
   あなたが一番悔いを残してしまうことは何でしょう?
  それは、今チャレンジすべきことなのではないですか?
〔2〕世界的に有名な「2012年」に「生きてきた」という実績を残すとしたら、
  実績として一番残しやすいのはあなたの一番得意な分野かもしれません。
  あなたは今、あなたが一番得意な分野でそれをなされていますか?
〔3〕平成25(2013)年が伊勢神宮の第62回式年遷宮です。
  多くの方々と喜びをもって迎えられるようにガンバリます。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「2012年」から2013年のテーマ ┛