年代紀 | 天照神年表 |「月の光」

『秀真伝(ほつまつたゑ)』を中心にして『12番惑星』『神々の指紋』の年代紀

 『完訳 秀真伝』 (鳥居礼編著、八幡書店)をベースにして、ゼカリヤ・シッチン氏の『12番惑星ニビルからやって来た宇宙人』とグラハム・ハンコック氏の『神々の指紋 (上) (小学館文庫) 』『神々の指紋 (下) (小学館文庫) 』を加えて年代紀風にまとめてみた。

  
   
  
   
  
   
  
   
  
   
秀真伝(ほつまつたえ) 『完訳 秀真伝』
(八幡書店)

年代紀

 歴史的項目。   
実年数 西暦 国常立尊の天真栄木で   内  容
3億3,002,704
年前
紀元前
303,000,704年
1鈴木 0枝 1穂
1鈴木=1,000枝=60,000穂
1枝=60穂
1穂=1年
  
 国常立尊、日高見葉木国宮に天真栄木を植え、葉木国神を生む。
 これより鈴木暦の開始。
                                                                                            
実年数 西暦 大濡煮命の代より数えて   内  容
約580万年-
約440万年前
        アルディピテクス属(学名:genus Ardipithecus)。
 (新生代中新世末期[メッシニアン中期] - 鮮新世初期[ザンクリアン初期])
 エチオピアに生息していた原始的な人類(猿人)の一種。
 長らく最古の人類とされてきたアウストラロピテクス属より、いっそう古い時代の化石人類である。
約400万年 -
約200万年前
        アウストラロピテクス。
 アフリカで生まれた初期の人類であり、いわゆる華奢型の猿人である。
3,002,704
年前
紀元前
3,000,704年
1鈴木 0枝 1穂
1年
  
 大濡煮(ういじに)尊、少濡煮(すいじに)尊の婚礼の制定にともない、雛祭りが生ず。
 501本目の真栄木を植え継ぎ、五百(ヰモ)継ぎ天(アマ)の真栄木と称す。
2,082,000
年前
紀元前
2,080,000年
15鈴木 333枝  穂
920,000年
  
 猿田彦命が生れる。(『秀真伝』八幡書店、下巻P463)からの推論。
1,796,705
年前
紀元前
1,794,705年
21鈴木 100枝  穂
1,206,000年
  
 那岐那美両神の婚礼。
1,795,174
年前
紀元前
1,793,174年
21鈴木 125枝 31穂
1,207,531年
  
 天照神誕生。
 天照神の即位の大礼 。
1,712,404
年前
紀元前
1,710,404年
21鈴木 126枝 58穂
1,290,301年
  
 豊受神、神上がる、真名井に朝日宮を造営。
1,562,704
年前
紀元前
1,560,704年
25鈴木 0枝 1穂
1,440,001年
  
 白人・胡久美の暴挙に端を発し、六ハタレ魔軍隆起す。
1,501,704
年前
紀元前
1,499,704年
26鈴木 16枝 41穂
1,501,001年の3月
  
 第一次天孫降臨。
 国譲りから55,373年後、奇玉火之明尊、十種神宝を賜り葦原国へ派遣。
1,292,607
年前
紀元前
1,290,607年
29鈴木 501枝 38穂
1,710,098年2月1日
  
 第二次天孫降臨。
 瓊々杵尊、八洲巡狩を許され、天照神より三種神器を授与される。
900,627
年前
紀元前
898,627年
36鈴木 38枝 38穂
2,102,078年
  
 瓊々杵尊、火々出見尊へ天位継承。
 豊玉姫、鵜葺草葺不合尊を生む。
 瓊々杵尊、鹿児島高千穂峰に隠れ神上がる。
 葦津姫、朝間の神となる。
 火之明尊、神上がり、飛鳥の神となる。
 天照神の命により、国照命を火之明尊の養子とし、饒速日命と称す。饒速日命喪にはいり、のちに十種の神宝を授与される。
491,645
年前
紀元前
489,645年
42鈴木 850枝 60穂
2,511,060年
  
 8月4日、火々出見尊、豊玉姫と大津シノ宮に上り神上がる。
 鵜葺草葺不合尊、瑞穂宮より遷座し、践祚す。翌朝即位大礼。
432,000年前         「ニビル」から、アヌンナキの来訪。
 エア【エンキ「地球の支配者」】
 ペルシャ湾の海水を蒸留させて「金」を得るために、ニビルから、アヌンナキのエア【エンキ「地球の支配者」】が、ペルシャ湾かアラビア海の植民地エリドウ【遠くに建てた家】にやって来た。
288,000年前         金の採掘に従事しているアヌンナキは反乱。
 その解決策として、アブズ上流の北にあるビット・シムティ(生命の風が吹き込まれる家)で原始的な労働者を作り出した。これが人間と神との最初の遭遇。最初のアダムとイブには生殖能力がなかった。
27万年前         「アダム」の誕生。
25万年前         「イヴ」の誕生。
 人類学と遺伝子の研究者たちは「イブ」は25万年前にいたとしている。
 生殖能力を得たアダムとイブはエディンを追放される。そして、誕生の地に住んだ。
20万年前         ネアンデルタール人。
 約20万年前に出現したとされる「アダム」と「イブ」はネアンデールタール人。
 2万数千年前に絶滅したヒト属の一種である。
180,625前
ごろ
紀元前
178,625年
ごろ
      玉依姫神の誕生。
120,625前
ごろ
紀元前
118,625年
ごろ
      鴨建祗命と磯依姫が神上がり、それから玉依姫の子が生まれる。
9万8,260前 紀元前
9万6,260年
      クロマニュン人。
 エノシュは9万8260年前に生まれた(クロマニュン人)「人間である彼」
8万4,760年前 紀元前
8万2,760年
      神と人との婚姻という問題。
 エレドの誕生が84,760年前に生まれた頃から、神と人との婚姻という新たな遭遇が始まった。
82,705年前 紀元前
80,705年
49鈴木 666枝 40穂
2,920,000年
  
 天照神の12后神上がり、瀬織津姫とともに伊雑宮より伊勢宇治宮に遷座する。
68,043年前 紀元前
66,043年
49鈴木 911枝 2穂
2,934,662年
  
 八瀬姫は五瀬尊を生むが、すぐに神上がられる。
 玉依姫を内局に迎え、五瀬尊を養育される。
 玉依姫の連れ子を、御毛入尊と名付ける。
62,736年前 紀元前
60,736年
50鈴木 0枝 31穂
2,934,662年
  
 天照神、神上がる。
 このころ富士山が爆発する。
4万9,000年前 紀元前
5万1,000年
      ノアの誕生。
13,000年前 紀元前
11,000年
      ノアの箱舟事件。
 ゼカリアシッチン博士は南極の氷が滑落することによる大洪水と説明。
 グラハム・ハンコック氏は極の氷に重量が原因の地殻移動と説明。
12,450年前 紀元前
10,450年
      ギザ地区にそびえ立つクフ、カフラーおよびメンカウラーのギザ3大ピラミッドが示す時としてグラハム・ハンコック氏が取り上げている。
4,040年前 紀元前
2,040年
      ソドムとゴモラの偵察に行く神々に出会うアブラハム。
3,513年前 紀元前
1,513年
      モーゼ誕生。
2,717年前 紀元前
717年
50鈴木 1,000枝 0穂
3,000,000年
  
 折鈴。
 これ以後、天真栄木の苗が見つかっていない。
2,711年前 紀元前
711年
50鈴木 1,000枝 6穂
3,000,006年
  
 玉依姫内宮となりて神日本磐余彦尊(武仁)を生む。
(天照神亡き後、約6万年後のこと) 。