平成28年=2016年〔57歳〕のメモ書きと更新履歴|月の光

2016(平成28)年丙申(ひのえさる33番目)〔57歳〕のメモ書きと更新履歴

2016(平成28)年丙申(33番目)〔私57歳〕のメモ書きと更新履歴の最新の記事へ→

私57歳だ・・

 57歳になる年の指針になる可能性があると思って書き留めておいた記録だ。
 平成23(2011)年4月27日(水)から2週間の概略。
 いい現れはそのまま動かし、悪い現われは気を使って過ごすべし。

【重要】 2月7日に「千引の岩戸開き」のメッセージから

【重要】 4月8日の親不知の痛みから、千引の岩戸開き・黄泉国開き
【重要】 6月11日の千引の岩戸開きから、九頭龍と高龗神
【重要】 8月1日に八咫烏と迦具土命が出られる

【糸魚川周辺地震】 6月25日(土)から糸魚川周辺の地震の地震

【入退院の経過】 おじさん、6月26日(日)に入院し、8月9日に退院
【sen さん入退院の経過】 sen さん、「8月17日(水)の黄泉国開き」の日に入退院の経過報告、叔父さんが退院した8月9日に入院

○ ひふみ神示 第12巻 夜明けの巻 第12帖 (昭和20年年7月21日 - 8月10日)

 あら楽(たぬ)し、あなさやけ、元津御神の御光の、輝く御代ぞ近づけり。岩戸開けたり野も山も、草の片葉(かきは)も言(こと)止(や)めて、大御光に寄り集ふ、誠の御代ぞ楽しけれ。今一苦労二苦労、とことん苦労あるなれど、楽しき苦労ぞ目出度けれ。すぎて戌の年亥の年子の年 目出度けれ。一二三(ひふみ)の裏の御用する身魂も今に引き寄せるから、その覚悟せよ。覚悟よいか。待ちに待ちにし秋来たぞ。

 昭和20年年八月の七日、アメのひつくのかみ。

2016年 平成28年 57歳 (✓ฺ )2016年6月11日(土)、千引の岩戸開き。
(✓ฺ )2016年6月23日(木)、天照大神の岩戸開き。
(✓ฺ )リオオリンピックが開催される、2016年8月5日(日本時間8月6日朝8時)から、2016年8月21日(日本時間8月22日朝8時)まで。
(✓ฺ )2016年8月17日(水)、リオオリンピック期間中に黄泉国開き。
(✓ฺ )2016年9月7日(日本時間9月8日朝の6時)から、9月18日(日本時間9月19日(月)朝6時)までブラジルのリオデジャネイロで第15回夏季パラリンピック。
(✓ฺ )2016年10月1日(土)、「おのころの四音」開きが成り、天照大神の降臨。
(✓ฺ )11月にアメリカ大統領選挙。
2017年 平成29年 58歳  69回目のイスラエル建国記念日。
2018年 平成30年 戌の年 59歳 11月大嘗祭。
2019年 平成31年 亥の年 60歳 予定されているトピック。
2020年 平成32年 子の年 61歳 (✓ฺ )2020年8月25日(火)〜9月6日(日)、第32回夏季オリンピック・東京オリンピック。

 10年前が平成10(1998)年で、私が39歳。至恩郷「日の宮」消失。

 5年前が平成15(2003)年で、私が44歳。自損事故。
平成20(2008)年が真ん中の子の歳。
 5年後が平成25(2013)年で、私が54歳。伊勢神宮式年遷宮。
 10年後が平成30(2018)年で、私が59歳。大嘗祭の予定。

 平成28(2016)年の重要なトピック。

 1月1日(金)、西金砂神社に行く途中で事故、水戸市の病院へ。
 1月2日(土)、日が変わって初夢「エーテル体の消滅」「肺臓の穢れ」、「万太郎の理(おさむ)さんが亡くなった」。
 1月9日(土)、天の川銀河を川に見たてて、糸を洗い始めた。
 1月16日(土)、「あとはワシ(国常立命)に任せよ」、展地の共通一次試験初日、中国アジアインフラ投資銀行(AIIB)開業 。
 2月7日(日)、「千引岩(千曳の岩戸)」。
 2月8日(月)、旧暦の新年に「千引岩戸を開けよう」。

 3月6日(日)、日本の北緯35度地点で約1370Kmの速度

 4月19日(火)、朝の夢「大きなお布団がたくさんある」
 〜 私の位置は、東南の角に当たる場所だ。目覚めて、熊本地震に関わる状況。
 歯の治療中「夜叉のような人物が歯の根から引き出されてくる」
 4月23日(土)、2月7日(旧暦の年末)から今日までの流れを振り返ってみよう。
 5月19日(木)、木花咲耶姫神「これからは私が受け持ちます」
         「姉の世界に行っていただいてありがとうございます」
 5月21日(土)、心の神様「倭の日巫女(やまとのひみこ)」
          あるいは、5月22日(日)の言葉だったかもしれない。
 5月24日(火)、朝の夢「三貴神が現れる」。
 6月11日(土)広島の比婆山で千引の岩戸開き
 6月12日(日)島根県松江市の熊野大社で素戔鳴(すさなる)神の岩戸開き
 6月15日(水)、朝の夢「次のステージに進む」。
 6月16日(木)、朝の歌「始まるぞ 愛と希望の光」。
 6月18日(土)、「ひふみ ふじの石」の最終処分(3)。
 6月23日(木)、イギリスのEU離脱か残留をめぐる国民投票。
           天之大神から、
           「天照大神の岩戸開きじゃ」
            と告げられる。
 6月25日(土)、13時51分、糸魚川で地震。
 6月26日(日)、「1週間から2週間、入院することになりました」
 6月30日(木)、、天之大神「糸魚川の件は決着がついた」
         「愛のなかに憎みが入り込み、愛は憎しみを育てた」
         「愛の中に憎しみが入っていったこれまでの経路はふさがなければならぬ」
         「そなたにはワシの杖を進ぜよう」「救いに使え」
 7月11日(月)、未来への予言とは〜未来は一人の人間の想念のなかに存在している。
 7月13日(水)、天皇陛下 「生前退位」の意向示される。
 7月17日(日)、「何もなくなっている地下の空洞倉庫」
         「あってはならぬ世界じゃ」
         天之大神が指摘されている「世界」というのは、
         人の苦しみを養分にして生きていく世界のことだ。
 7月13日(水)、天皇陛下 「生前退位」の意向示される
 7月20日(水)、「成田の先祖が神の列の入れるように祈って」
         「手足長イソギンチャクワカメ」を抓みあげる天之大神
 7月22日(金)、10時過ぎにゲームアプリ「ポケモンGO」が配信される。
 7月24日(日)旧暦6月21日、260万年ぶりに「天之機織り機」が動き始めた。
 7月26日(火)旧暦6月23日、「九頭龍にトドメが刺された日」。
 龍神になりきれない、崩れているような竜神モドキ(九頭龍の実体)に、
「トドメヲ刺せ」と言われる。
 私は剣を振り下ろした。
 私は、この段階で「九頭龍問題」は克服されたことになっている。
 7月31日(日)、「お父さん!次の時代に向けてGO!」
 東京都知事に小池百合子氏(64)
 8月1日(月)、15時過ぎ 素戔嗚命が見守るなか組閣に着手。
  午後17時すぎ!気象庁が「震度7」誤報 走行中の電車が一時停止。
  歯医者で「八咫烏が出られるぞ」「迦具土命が出られるぞ」。
 8月6日(土)迦具土命復活、黄泉国開き。
  午前8時から、ブラジルのリオデオリンピック開幕式。
 8月7日(日)、天皇陛下の収録。
 8月8日(月)、午後3時、天皇陛下が「生前退位」についてお気持ちを表明。
 8月11日(木)、午後5時45分、大和晃さん(22)遺体収容/車の引き上げ3日目。
 8月12日(金)、御巣鷹山31周年と光の天使21周年の日に、sen さんが入院していた。
 8月14日(日)、大きな出来事の区切りがいくつかあった日だ。
      日が変わってテロップ「スマップ解散!」。
      DNA鑑定の結果、大和晃(ひかる)さん(22)と判明。
      実加が大学弓道部3年夏の今日の練習で卒業。(ネズミに弓矢)
 8月16日(火)、朝の夢「眼前に迦具土命が現れている
      8時ごろ、心の神様「全ての準備が整ったよ」
      夕方18時、迦具土命が時計回転に上昇、自転方来に回転し下降し始める。
 8月17日(水)未明、福原愛ちゃんの卓球女子、銅メダル獲得。
      朝6時の声「黄泉国開きじゃ」〜 平成を象徴するスマップと福原愛
 8月18日(木)、実加が嬬恋村に2泊3日の旅行。
 8月19日(金)神様世界でポールシフト完了。
      台風9号台風10号の発生。
 8月20日(土)ポールシフト完了。
      台風11号の発生、新井さんから桃4個
      即位するのは「かむやまといわれひこのみこと」
 9月18日(日)、御札立の製作と発送、実加鎌倉からお帰り。
      ビックバーン宇宙と外の宇宙 〜 ビックバーン宇宙への救い。
 9月27日(火)「おのころの四音」開きが始まる。
 10月1日(土)〜旧暦9月1日「おのころの四音」開きが成り、天照大神の降臨
 10月6日(木)、私は心のなかで「私はやり遂げたぞ!私はやり遂げたぞ!」。
 10月8日(土)、阿蘇山の中岳(1,506m)が36年ぶりに噴火、室戸岬の「C-3PO」が現れて「あなたは偉大だ」。
 10月10日(月)、魚谷さんから御神石と御神水が到着。
 10月11日(火)、天照大御神「あなたは偉大な方です」。
 10月15日(土)、天之大神「そなたが活動しやすいように配置換えじゃ」
 10月16日(日)、牡羊座の満月に天皇陛下「2018(平成30)年に大嘗祭(だいじょうさい)を行いたい」
 10月17日(月)、生前退位の有識者会議きょう初会合。
 10月18日(火)、「三十年で世の立替」の分岐点、2018年(父母)と2025年(子の立場)。


1月1日(金)、西金砂神社に行く途中で事故「鶴と亀が滑った」

万太郎の理(おさむ)さんが夕方に他界

 日本橋と一緒に、年始で西金砂神社に行く途中で、早朝7時過ぎに事故。
 西金砂神社の日の出の時間は、6時55分ごろで、山間部の日の出は、ちょうど事故にあった時間だと思う。

 常磐道の那珂インターで降りて、西金砂神社に向かった。

 西金砂神社にあと10分という位置での事故になった。
 昨夜12月31日(木)の夜半に降った雨が凍結し、路面が凍っていた。
 事故現場の気温は、氷点下4°。
 坂の上から下っていくときに、ハンドル操作が効かなくなり、進行方向左の標識ポストに刺さっていった。
 この標識ポストに向かって刺さっていったのが幸いして、衝撃が円の回転運動に吸収されて、人体に致命的なダメージにならなかったようだ。
 事故現場は、
 常陸大宮市諸沢1122番地。

 搬送されたのは、水戸協同病院(水戸市宮町3-2-7 029-231-2371)。

 水戸の病院のお世話になるのはこれで2回目だ。

 私が23歳のとき、水戸に勤務していた友人に遊びに行った時、夜、3名でお酒を飲んだ。
 いつも通りにお酒だったにも関わらず、朝起きたら私の体調が思わしくない。
 病院に行った診断の結果は、急性アルコール中毒ということだった。
 そんなに飲んでいないってば・・・
 という違和感が残っていて、神様ごとで水戸の名前を見るたびに、「何かある」妙な感覚になっていた。

 その「水戸市」の病院のお世話になることになった。

 私の症状は、打ち身と打撲、日本橋も同じような診断、奥さんは「肋骨にヒビ」だった。
 大きな自損事故だった割に、軽症で済んだ。

 神様からの思いやりだろうか?

「難儀を背負わせて済まぬ」
 というものであった。
 六本木は、
「前回の10倍くらいの地震がやってくる」
 という警告を神様からもらっているらしい。

 大国主命からの要請の内容は、まだ生きているということだ。

 事故現場や運び込まれた水戸協同病院(水戸市宮町3-2-7 029-231-2371)も棚倉構造線に関連している。

棚倉構造線

○ 昼の10時過ぎに、3名の症状が確定して、東京に戻れることが分かってから、女房に電話した。
 賢一と2人で迎えに来てくれることになった。
 13時40分ごろ、水戸協同病院(水戸市宮町3-2-7 029-231-2371)に女房と賢一が到着。
 16時ごろスカイツリーに到着。

 自宅へは、17時ごろに着いた。

 この時間帯に、山形の小林万太郎の「理(おさむ)」さんが亡くなったようだ。

 どうしたって棚倉構造線だ。

 五十黙示録 第01巻 扶桑の巻 第一帖(昭和36年5月5日)

 東は扶桑(二三)なり、日( 丸チョン )出づる秋(とき)は来にけり。この巻 扶桑(二三)の巻、つづく六の巻を合せて七の巻一百四十四帖の黙示を五十黙示と申せよ。
 イシもの言ふぞと申してありたが、イセにはモノ言ふイシがあると昔から知らしてあろうがな、五の一四(イシ)がもの言ふのであるぞ、ひらけば五十となり、五百となり、五千となる。握れば元の五となる、五本の指のように一と四であるぞ、このほうを五千の山にまつれと申してあろうが、これがイチラ(五千連)ぞ、五十連(イツラ)ぞ、判りたか、五十連 世に出るぞ。
 天に神の座あるように、地には人民の座があるぞ、天にも人民の座があるぞ、地に神の座があるぞ。
 七の印(しるし)と申してあるぞ、七とはモノのなることぞ、天は三であり、地は四であると今迄は説かせてあったなれど愈々時節到来して、天の数二百十六、地の数一百四十四となりなり、伊邪那岐(イザナギ)となり、伊邪那美(イザナミ)となりなりて、ミトノマグワイしてとなるのであるぞ、は三百六十であるぞ、天の中の元のあり方であるぞ、七の燈台は十の燈台となり出づる時となったぞ、天は数ぞと申してあろう、地はいろは(意露波)であるぞ。

○ 賢一が帰ってから、家族で年始の挨拶。

 毎年のリズムを変えると、やはり良くないことが起きるのかもしれない。

○ 自宅に戻って、「御札立て」がアマゾンに反映されていることを確認。

 1月1日の取引は、3名だった。
 21:34:50:JST
 22:32:31:JST
 23:03:45:JST

1月2日(土)、日が変わって初夢「エーテル体の消滅」「肺臓の穢れ」

山形のお寺から「理(おさむ)さんが亡くなった」

サウジ、シーア派の聖職者ニムル師ら47人を処刑

 1月1日(金)から2日(土)に日が変わって見た夢。
 何かエーテル体のようなものが上昇し、プツン!と消滅していった。
 以前大神からお話を聞いたことがある。
 全ての痕跡を残さす消滅させることもあるので、初めから、無かったものであるかのように過ぎることになろう。
 その場面を、大神から見せていただいているのだと思った。
 そういう風にしたくないので、日夜の苦心。

 場面がすぐに変わった。。

 私の肺のマトマリや細胞が、小さく分離していき、マトマリや細胞に密着している、黒っぽい汚れが沸き上がってきた。
 その量が多くて、気体のように充満していった。
 そのタイミングで部屋で寝ている光宮(みや)が急に咳き込んだ。

 私の肺臓の穢れと、光宮(みや)の咳には関係があるのだ。

 ひふみ神示 第17巻『地震の巻』第十六帖 昭和20年9月10日 - 10月30日

 大歓喜は無限であり、且つ永遠に進展して行くのである。変化、進展、弥栄せぬものは歓喜ではない。歓喜は心臓として脈打ち、肺臓として呼吸し発展する。故に、歓喜は肺臓心臓とを有する。
 この二つは、あらゆるものに共通であって、植物にもあり、鉱物にすら存在するものである。
 人間の場合は、その最も高度にして精妙なる根本の心臓肺臓に通ずる最奥の組織を有する。
 これはもはや心臓と表現するにはあまりにも精妙にして、且つ深い広い愛であり、肺臓として呼吸するにはあまりにも高く精巧なる真理である。
 而して、この二者は一体にして同時に、同位のものとなっていることを知らねばならない。それは心臓としての脈拍でもなく、肺臓としての呼吸でもない。表現極めて困難なる神秘的二つのものが一体であり、二つであり、三つの現れである。そこに人間としての、他の動物に比して異なるもの、すなわち、大神より直流し来るものを感得し、それを行為し得る独特のものを有しているのである。

○ 朝9時ごろの川行のお寺からの電話。

「万太郎の理(おさむ)さんが亡くなった」
 という知らせだった。
「どういう漢字を書くんですか?」
 と質問したところ、
「理科の理だよ」
 つまり理(ことわり)という漢字だった。
 理(おさむ)さんには、成田の家の跡地を万太郎に返すとき、返却する跡地のお祓いに立ち会っていただいた。
 2013年12月18日(水)のことだ。
 私が朝方みた、上空で消滅したものは、「理(おさむ)、つまり理(ことわり)」のことだったのだろうか?
 山形でも何か起こりそうだ。

○ サウジアラビア、シーア派の聖職者ニムル師ら47人を処刑。

 サウジアラビアは2日、著名なシーア派の聖職者ニムル師ら47人を処刑した。
 これを受けて反体制派の多い東部州で抗議デモが行われたほか、中東各地で激しい非難の声が上がっている。

1月3日(日)、朝の夢「これまでの半生」、午後の夢「これからの半生」

おじさんの83歳の誕生日、六本木からメール

サウジ、イランとの国交を断絶

 雑然とした夢をいくつか見た。
(1)節男に電話していた。
 心の隅にズ〜っと引っかかっていた。
「節男、悪かったな」
 と謝っていた

 次に場面がコロリと変わった。

(2)聖徳太子が私の右胸の粉瘤の内部に現われて、左手正面から迫ってくる、埃の大群に対処してくれている。

(3)また場面が変わった。

 私は病室の一室で休んでいる。
 病室のベットの上で何か作業をしていた。
 その病室に大柄で太った男と小柄で小太りの男が二人で私を訪ねてきた。
 私への追及のためだ。
 この二人、私の弱点を見つけては因縁をつけてくるのだ。

(4)次にまた場面が変わった。

 神様服の私は広場で大きな蛇を慣らしている。
 この蛇はようやく私の意向を汲んでくれるようになったような気がする。
 その公園の前に大きな道がある。
 左手前方が登りになっている大きな道だ。
 その大きな道を、巨大な大蛇がくねりながら右手前から左手奥の方へ動いている。
 公園の中は安全なのだが、公園をでると、その巨大な大蛇が攻撃してきそうな雰囲気だ。
 ところが、私に慣れた大蛇は、くねって進んでいる巨大な大蛇に向かって行った。
 巨大な大蛇が大きな口を開けているところへ、私に慣れた大蛇が入っていった。
 自ら進んでいったようにも見えるし、巨大な大蛇に飲み込まれてしまったようにも見える。
 私は固唾を飲んでその場を見守った。
 数年前、大蛇にウサギが飲み込まれた夢を見たことがあった。
 私は、私に慣れた大蛇に過日のウサギのイメージを送った。
 私に慣れた大蛇はそのことを了解しているようだった。
 時にして、6月のイメージだと思った。

(5)次、また場面が変わった。

 私は自宅のマンションにいる。
 マンションは8階なのだが、実はこのマンションには9階があるらしいのだ。
 よく子供たちが
「このマンションには9階がある」
 と言っていた。
 私は初めて今日、9階があることを自覚した。
 ス〜っと上昇して9階に入るのだ。
 9階に上がってくると、ちょうど日の出の時だった。
「秋の日の出だな」
 と感じた。

 いくつかの場面を見終わった時、

「そなたのこれまでの半生じゃ」
 という天の神様からのお言葉だった。

○ 午後の夢(1)。

 剣を持ちあげている申(猿)が降りてきた。
 申年だからだろうか?
 変な夢だ。

○ 午後の夢(2)。

 巨大な鉄球の振り子が、
 ブー〜っン!
 ブー〜っン!
 と唸っている。
 非常に巨大なシステムのように見える。
 近づくものを寄せ付けないほどの威力だ。
 これをみて、自転と公転の重力場が作り出すシステムだと思った。
 頭の中で声が響いた
「このシステムのエネルギー源は調和だ」
「愛に基づく調和だ」
 こういう説明だ。
 私が網構造体を用いて、自転と公転のエネルギーにアクセスしようとしているので、その際の注意を夢の映像で届けてくれているのだろう。
 本来であれば、大自然の樹木の木の根と幹と枝々が織りなす網構造体が、自転と公転のエネルギーを取り出すシステムになっていた。
 自然の大調和に基づくエネルギーだ。
「すごいことをやろうとしているんだ」
 と身がすくむ思いだが、やり遂げなければならないのだろう。

○ 午後の夢(3)。

 巨大な大蛇が大きな口を開けているところへ入っていった私に慣れた大蛇が、大きな蛇の口から出てきた。
 私に慣れ親しんだ蛇は、口に黄金の巻物をくわえている。
 私が蛇から、その巻物を受け取り、念を込めると、絡まった大きな蛇が、一つ一つホグレテいった。

○ 糸魚川のおじさんの83歳の誕生日。

 1933年(昭和8年)酉年1月3日(火)に生まれているので83歳になった。

○ 心臓外側の中央よりから、「何か連絡ありそうな」雰囲気が伝わってくる。

 時のイメージでは、1月3日(日)か1月4日(月)の雰囲気だ。
 10時53分、六本木から、「アケオメ」メールがあった。

○ サウジ、イランとの国交を断絶。

 サウジアラビアのジュベイル外相は3日夜、イランとの国交を断絶すると発表した。
 同日、イランの首都テヘランで、サウジがイスラム教シーア派の高位聖職者ニムル師を処刑したことに抗議する群衆が、サウジ大使館を襲撃した。
 これに対する措置。
 両国が関与するシリアやイエメンなど中東各地での紛争や宗派対立がいっそう激化する恐れがある。

1月4日(月)、女房の夢「前野社長の夢」

損保会社の担当者から電話

バーレーンとスーダンも、イランとの国交を断絶

 女房の夢。
 我々は温泉旅館でくつろいでいる。
 前野社長が女房を見つけたらしく、女房に近づいてきて、反吐(おうと・たぐり)を吐きかけてくるのだという。
 しばらくしらして、「色目」を使って誘ってきて、拒絶すると、自分のチンポコを取って、女房に渡してくるのだという。
「あの人、宇宙人?」
 と思ったのだという。

 伊邪那美神(いざなみのかみ)やみ臥(こや)しまして、 たぐりになりませる神、金山比古神(かなやまひこのかみ) 金山比売神(かなやまひめのかみ) 。
 「たぐり」とは吐瀉物(としゃぶつ)のこと、食物を食べて口から吐き出したもの。
 金山毘古の神の金山(かなやま)とは神音(かね)神名(かな)の山の意。

☆ 前野社長のイチモツは「馬モノ」として自慢のものだった。

 その自慢話のものが、女房にやってきたらしい。
 女房は気色悪い、というが・・・

○ 昼頃、損保会社の担当者から電話。

 休業補償の制度もあるらしい。

○ バーレーンとスーダンも、イランとの国交を断絶。

 イスラム教スンニ派の盟主サウジアラビアがシーア派の大国イランとの外交関係を断つと表明したのに続き、隣国バーレーンは4日、イランと断交すると発表した。
 国営バーレーン通信が伝えた。
 同国民の多数はイランと同じシーア派だが、王家はスンニ派でサウジに同調した。
 一方、イランのアブドラヒアン外務次官は4日、サウジの断交表明について
「中東地域を不安定にする誤った決断」
 だとして、強く反発した。
 対抗して同様に断交するかどうかは明言しなかった。

1月5日(火)、仕事始めで3件に行ってみたものの

 仕事始め。
 狛江市に足を延ばした。
 やはり、運転と荷物持ちがつらい。
 出品もままならない。

○ 常陸大宮市の警察から電話があった。

 事故対応をどうするのか、という問い合わせだった。

○ 最初の売り上げが「1,070円」。

○ 昨年2015年12月22日(火-冬至)にキャンセルになった方から電話を頂戴した。
 2016年1月7日(木)に行くことになった。

1月6日(水)、順天堂練馬に電話

午前10時(日本時間同10時半)ごろ、北朝鮮4回目の核実験

ベッキーの不倫疑惑が6日に報じられた

 順天堂練馬に電話。

○ 6日午前10時(日本時間同10時半)ごろ、北朝鮮4回目の核実験。

 中国地震当局によると、北朝鮮の北東部で6日午前10時(日本時間同10時半)ごろ、マグニチュード(M)4・9の揺れがあった。当局は爆発が原因の可能性があると伝えた。北朝鮮が4回目の核実験を強行した可能性がある。
 北朝鮮は1993年と2003年にNPT脱退を表明し、2006年、2009年、2013年、2016年に核実験を実施した。
 2006年10月9日に地下核実験を行った事から当条約上で定義された「核兵器国」以外の事実上の核保有国となった。
 2009年5月25日午前9時54分頃(KST)に北朝鮮によって行われた地下核実験。2006年に続き2度目の核実験であり、2009年4月に行われたミサイル実験から約50日後に行われた。
 2013年2月12日、北朝鮮の朝鮮中央通信は3回目となる地下核実験を成功裏に実施したと発表し、今回の核実験は核兵器の小型化と爆発力の強化を行ったと述べた。

○ 今日は「666」に縁のある日だった。

○ ベッキーの不倫疑惑が6日に報じられた。

1月7日(木)、朝の夢「松ぼっくりのなかにいる自分」

 朝の夢。
 つぼみが閉じた松ぼっくりのなかに今まで私がいた。
 今日はその松ぼっくりが開き、なかの自分が見えている。
 面白い夢だ。
 今日は、松本整形に行く日だ。

 松ぼっくりには、

「雨の日は閉じて、晴れて乾いた日には開く」
 という性質があります。
 松ぼっくりの開いたすきまは、もともと松の種が入っていたところです。
 松の種はうすい羽根のような形をしていて、風に乗って遠くまで飛んでいき、そこで新しい木として成長していきます。
 せっかく種が飛び立っても、雨の日だったら遠くまで行けませんよね。
 ですからこの「雨→閉じる、晴れ→開く」というのは、松が新しい木を作っていくのにふさわしい性質だと言える。

「梅で開いて松で治める。竹は外国の守護」
 という意味は、梅は教(おしえ)、松は政治、竹は武を意味するもので、武は国を害するというので害国(がいこく=外国)ということになる。──(以下略)──」
(出口王仁三郎「月鏡」=梅で開いて松でおさめる=の項より)
 これにより神の教・道を中心とする世を“梅の世”となし、武力・軍事力を中心として支配する世を“竹の世”となし、政治経済を中心として支配する世は“松の世”となる。

 昭和20年8月6日、広島に原爆が投下されたが、このことは大日本帝国・竹の世が最初の対外戦争である日清戦争の際、大本営(だいほんえい=戦時に天皇のもとにおかれた軍隊を治め率いる最高機関)がおかれた広島が破壊されることによる竹の世のとどめの型である。

   その三日後の8月9日に長崎に同じく原爆が投下されたが、これは松の世のとどめの型となる。
 幕末の頃、長崎には外国商人グラバーがおり、そのもとに長州の伊藤博文をはじめ勤皇の志士が集まり、倒幕のための武器の調達や密議を行った。すなわち当時の長崎は京都と並ぶ倒幕のための政治革命の拠点であり、また江戸時代における唯一の外国貿易(経済活動)の場であった。
 この、明治維新という竹の世を生み出した政治革命と、外国貿易という経済の場であった長崎を広島同様に原爆で破壊することにより、政治経済の世・松の世のとどめの型としたのである。

 大本教では、ラ(良)心と呼ぶ神の存在を隠して、神(この世の閻魔)が表に現れて善と悪とに立ち分けると大宣伝しましたが、悪が一掃されて出来る世を[松の世]と説きました。
 この松の世とは、多くの宗教家や霊能者が云うところの[みろく]の世で、キリスト教で長年に渡って宣伝しました[神の御国]の到来なのです。当然に、みろくの世においては住民には[身禄]が備わっていなければなりません。

1月8日(金)、10万円越え

 1月1日の夕方の反映されたお札立て、本年最初の10万円越え。
 目出度い。

○ 天皇陛下の免許更新、有効期間は3年間。

 天皇陛下は1月8日、運転免許の更新手続きのため、皇居で法定の高齢者講習(70歳以上の運転者に義務付けられている)を受けられました。
 新しい免許の有効期間は3年間ですが、陛下のご意向により更新は今回で最後になるそうです。

1月9日(土)、57歳の誕生日、日本橋で神月の会、お札立ての到着

糸魚川から電話「書類の件」

天の川銀河を川に見たてて、糸を洗い始めた

 57歳の誕生日。

○ 日本橋で新月の会

○ メーカーからお札立ての到着。

○ 糸魚川から電話「書類の件」

○ 二人の神が黒い糸の束の両側をもって、天の川銀河を川に見たてて、糸を洗い始めた。
 この映像は1月に見たもので、日にちを特定するのを忘れてしまっている。
 そのため、このころの映像として、2月16日(火)に追記した。

1月10日(日)、新月、持子に渡した鍵の束の返却

朝の7時からお札立ての製作

B52、韓国の上空に展開

女房の体調の異変(扁桃腺?)

 新月。10:31

○ 持子に渡した鍵が私に返却される。

 昨年、持子に渡された鍵の束が私の元に戻ってきた。
 昨年の持子から今度は私の番に移ったようだ。

○ 朝7時からお札立ての製作。

 第一便を夕方に発送。

○ B52、韓国の上空に展開。

 韓国軍とアメリカ軍は、北朝鮮の核実験を受けてアメリカ軍の戦略爆撃機が10日、韓国の上空に展開したことを明らかにし、司令官らが
「朝鮮半島の安定を維持するという両国の決意を示した」
 などと述べて、北朝鮮をけん制しました。
 10日正午ごろ、韓国のソウル近郊にあるオサン(烏山)空軍基地の上空を、米韓の戦闘機に護衛されたアメリカ軍の戦略爆撃機B52が低空飛行する様子がメディアに公開されました。
 それと同時に基地内で、韓国軍のイ・ワングン空軍作戦司令官とアメリカ第7空軍のテレンス・オショーネシィ司令官が合同で記者会見しました。
 B52は核兵器を搭載できる戦略爆撃機で、今月6日に北朝鮮が核実験を行ったことを受けてグアムにある空軍基地から派遣されたということで、オショーネシィ司令官は
「アメリカと韓国の同盟の強固さと、朝鮮半島の安定と安全を維持するという両国の決意を示した」
 と述べました。
 また、韓国軍のイ司令官は
「両国の空軍力は緊密な情報共有と強力な火力で敵の挑発を無力化するだろう」
 と述べ、両国の司令官がそろって北朝鮮をけん制しました。

○ 夜から女房の体調の異変(特に声)、インフルエンザ?

 昨日土曜日の仕事で、風邪ひきさんがいたらしい。
 その影響で、今日の夜から熱が出てきて大変。
 女房が熱を出すなんて滅多にないことなのに。

1月11日(月)、実加の成人式、お札立てがようやく通常バージョンに

黒っぽくて威圧感のある歯車のかみ合わせ

15時26分頃、青森県三八上北地方を震源として震度5弱

 実加の成人式。

○ 朝7時からお札立ての製作。

 第二便を夕方に発送。
 これで、通常バージョンを並べることができた。

○ 昼11時ごろに島忠に買い物に行っているときの映像。

 黒っぽくて威圧感のある歯車のかみ合わせが、
「ガッシン!」
「ガッシン!」
 と音を立ててかみ合いながら動き始めた。
 1月3日(日)の午後の夢(2)の続きだと思った。
 実加の成人式が始まったのだろう。

○ 15時26分頃、青森県三八上北地方を震源として震度5弱の地震が発生。

北海道で地震

<震度5弱>

 青森南部町
<震度4>
 八戸市・三戸町・五戸町・新郷村
 「戸」が揺れた。
 
 今回地震があった場所は、数霊が集中的に表現されている地域として、かつてローラー作戦的に周ったことがある。
 
一戸町(岩手県二戸郡一戸町)
二戸市(岩手県二戸市)
三戸町(青森県三戸郡三戸町)
四戸町(青森県八戸市四戸八幡宮周辺)
五戸町(青森県三戸郡五戸町)
六戸町(青森県上北郡六戸町)
七戸町(青森県上北郡七戸町)
八戸市(青森県八戸市)
九戸村(九戸郡九戸村)
 
十戸(岩手県遠野市が「十戸」という説がある)
十和田市(青森県)

○ 昨夜から女房の体調がすぐれない(38度の熱)。

 正月の疲れもあるか??

1月12日(火)、女房の仕事休み、東京地方で初雪

網構造体についての問い合わせ

 女房は仕事を休んで病院へ。

○ 東京地方で初雪。

 白く清められるのはいい予兆だ。

○ 13:21に網構造体についての問い合わせが入ってきた。

 女房が、体調不良のときの問い合わせだ。
 2013年9月10日(火)に新宿でお会いし、2013年9月25日(水)に先生の所で体験された kanata 氏という方だ。
 2016年1月15日(金)10時から練馬高野台で会うことになった。

1月13日(水)、SMAP(スマップ)が分裂、解散危機にある

石神井町で貴金属

 人気グループ、SMAP(スマップ)が分裂、解散危機にあることが 1月13日(水)、分かった。
 育ての親と言われる女性チーフマネジャー・飯島三智さん(58)がジャニーズ事務所の子会社の取締役を1月12日(火)に辞任し、2月末に同事務所を退社する。
 関係者によると、これに追随して中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)は退社する意志を固めた。
 木村拓哉(43)はメンバーで唯一、残留を決断。

○ 石神井町の貴金属。

 ありがとう。

1月14日(木)、北海道で地震

スネイプ先生(アラン・リックマンさん)、69歳で死亡

 北海道で地震。

北海道で地震

 夕方、横になって休むと黒い留金具のようなものがいっぱい。
 北海道の地震の影響か?

○ スネイプ先生(アラン・リックマンさん)、69歳で14日(木)死亡。

スネイプ先生(アラン・リックマンさん)

「ハリー・ポッター」シリーズの映画で主人公と敵対する魔法使いのスネイプ先生役(1960年1月9日生まれ)を演じた英国人俳優、アラン・リックマンさんが14日、がんで死去した。
69歳だった。

1月15日(金)、スキーバスの事故、奈良県広陵町の方と会う

 15日午前1時55分ごろ、長野県軽井沢町の国道18号の碓氷バイパス入山峠付近で、スキー客らを乗せたバスが対向車線にはみ出し、崖下に転落した。
 長野県警によると、乗務員を含め14人(男性9人、女性5人)が死亡し、27人が重軽傷を負った。
 バスは14日夜、スキー客らを乗せて東京を出発。
 長野県の北志賀や斑尾高原方面に向かっていたという。

○ 奈良県広陵町の方と会う。

 午前中に1月12日(火に問い合わせの方だ。
 話を聞いてみると、奈良県広陵町の方(kanata 氏)だった。
 2013年9月10日(火)に新宿でお会いし、2013年9月25日(水)に先生の所で体験された。
 この時期は、東京と大阪でセミナーを開催しようと真剣に取り組んでいる時期だった。

1月16日(土)、朝の夢『ワシ(国常立命)に任せよ』

展地の共通一次試験初日、中国アジアインフラ投資銀行(AIIB)開業

台湾8年ぶり政権交代 女性初の総統に民進党の蔡英文氏

 朝の夢。
 大きな神様が立っている。
 明るく大きな声で、
「あとはワシに任せよ」
 とみんなに呼びかけている。
 この姿をみて、
国常立命だ」
 と直感的に思った。
 起きてすぐに、心の神様にこの点の確認。

 流れを確認しておこう!

・1月1日(金)、西金砂神社に行く途中で事故(茨城県常陸大宮市諸沢1122番地)。
・1月9日(土)、私の57歳の誕生日。
・1月10日(日)、昨年持子に渡した鍵の束が私に返却されてきた。
        女房の体調(特に声)に変調。
・1月11日(月)、黒っぽくて威圧感のある歯車のかみ合わせ。
        青森県三八上北地方を震源として震度5弱。
・1月12日(火)、東京地方で初雪、網構造体についての問い合わせ。
・1月14日(木)、北海道で地震。スネイプ先生(アラン・リックマンさん)、69歳で死亡。
・1月15日(金)、スキーバスの事故(高校時代の蛇)、奈良県広陵町の方と会う。
・1月16日(土)、朝の夢『ワシ(国常立命)に任せよ』

○ 展地の共通一次試験初日。

 福島の方にピアノの発送。

○ 発送を終えた直後に大泉の方から電話があった。

 昨年の顧客だ。
 ご主人の命日が平成26(2014)年8月12日(火)だという。
 8月12日とは、妙な因縁。
 平成26(2014)年8月10日(日)には、中野で六本木・日本橋と飲んでいて朝帰りになった時期にあたる。
 個人個人の時期がいろんな場面に波及するのだろうか?
 さらに1月18日(月)に知ったのだが、ご夫婦揃って糸魚川の生まれだという。
 糸魚川の能生白山が奥さんの生まれ。
 だから、カメラケースに沼河比売を祀る奴奈川神社と天津神社の由緒書きがあったんだ。

○ 中国アジアインフラ投資銀行(AIIB)開業。

○ 台湾8年ぶり政権交代 女性初の総統に民進党の蔡英文氏。
 国民党・朱立倫氏が党主席辞任表明。
 台湾の総統選は16日投開票され、野党、民主進歩党の蔡英文主席(59)が、与党、中国国民党の朱立倫主席(54)ら2候補を破り、勝利した。
 女性総統の誕生は史上初めて。
 就任式は5月20日に行われ、総統選挙が直接投票制に移行した1996年以来、3度目の政権交代が実現する。

1月17日(日)、阪神淡路大震災から21年経つ

展地の共通一次試験二日目

 阪神淡路大震災から21年経つ。

○ 展地の共通一次試験二日目。

 平均点で20点加算される合計点らしい。
 まず、ひと山を超えた。
 もうひと山。

1月18日(月)、今年初めての雪、オークション出品、

昼の夢「カスカスのパチンコ台に球を弾くも入らない」

お札立ての発注、17時47分に糸魚川生まれの方から電話

夜10時15分、SMAP×SMAPで生放送

エジプトのピラミッドに隠し部屋がある!?

 今年初めての積雪。
 練馬区でも5センチくらいの積雪だ。

○ 午前中はオークション出品作業。

 オークション出品の休憩を兼ねて昼休み。
 そこで見た夢。
 ちょっと古ぼけたパチンコ台に座っている。
 こちらの軍資金は130万円。
 チョビリ、チョビリ、パチンコ玉を購入して弾くのだが、入賞の穴に入らない。
 そもそもパチンコ台に釘があまり打ってなくてカスカスの盤だ。
 弾いた球が、入賞穴に誘導される釘が少ない。
 購入した球は、瞬く間に無くなって、30万円近くが無くなったような雰囲気だ。
「おいおい!こんなところで時間と金をつぶしていちゃいけないだろう」
 そういう雰囲気が伝わってくる。
 でもさ、どうやったらこの状態から脱することができるのだろう?

○ 16時58分、お札立ての発注。

 17時47分に大泉町の方から電話があった。
 1月16日(土)に訪問した大泉町の方だった。
 話してみたら、糸魚川の能生の生まれの方だった。
 どういう脈絡の意味があるのだろう。

○ 夜10時15分、SMAP×SMAPで生放送、「解散回避」。

 1月13日(水)
「スマップ、解散か?」
 と報道されていた。
 みんな見てるだろうな。

○ エジプトのピラミッドに隠し部屋がある!?

 エジプトのピラミッドに隠し部屋があるかどうかを調査している専門家チームは1月17日(日)、2つのピラミッドで新たに温度の違う場所を発見したと明らかにした。
 エジプトやフランス、カナダ、日本の研究者らが調査プロジェクト「スキャンピラミッド(Scan Pyramids)」に参加し、昨年2015年10月25日から約3か月にわたり、まだ発見されていない構造や空洞があるかどうかを熱探知カメラを使ってスキャンしている。
 調査対象はカイロ近郊ギザ(Giza)にあるクフ(Khufu)王のピラミッドやカフラー(Khafre)王のピラミッド、ダハシュール(Dahshur)にある屈折(Bent)ピラミッドと赤い(Red)ピラミッドの4基で、全てカイロ(Cairo)の南にある。
 専門家らは17日、
「赤いピラミッドの西面とクフ王のピラミッドの北面の石灰石ブロックで新たな発見があった」
 と明らかにした。
 カナダのラバル大学(Laval University)のマチュー・クライン(Matthieu Klein)氏は
「赤いピラミッドの西面には、明らかに温度の違う部分がある。底部の温度は頂上部分よりも低い」
 と記者会見で述べた。
 クライン氏によると、クフ王のピラミッド北面でも2つの「温度の異常」が検出されたという。
 クフ王のピラミッドでは以前、東面に同様の「興味深い場所」が発見されている。
(※)昨年、日本橋が出雲に行ったのは2015年10月11-13日(日-火)の行程だった。

1月19日(火)、朝の夢「お札立てに二つの蜜柑」

糸魚川とはかくも、奇しき縁

 朝の夢。

お札立て

 現在欠品中のお札立て(留木-B)が現れた。
 二つの蜜柑が現れて、神様姿をしている私の手が留木部分に、蜜柑を刺してお供えしようとしている夢だ。
 しかし、お札立てに対して、私が持つ蜜柑が少し大きすぎて、ちょっとカッコ良く祀れ切れていない様子だ。
 そのため、二つの蜜柑ではなく、今度は少し大きめの一つの蜜柑を祀ろうとすると、今度はお札立てにハマり切らない。
 お札立てが、もう少し大きくなると、どの場合も綺麗に祀れるのだ。

 蜜柑を受け留められるように頑張れ私!

 欠品中のお札立て(留木-B)は1月18日(月)に発注しているので、おそらく今週中に届く。
 予知夢だとすると、お札立て(留木-B)を出品したころに何か動きが現れるのかもしれない。

○ 糸魚川とはかくも、奇しき縁。

糸魚川

 国常立命が現れた1月16日(土)、展地を受験会場に送っていき、ピアノを光が丘から発送を済ませてから、大泉町の方からの電話があった。
 1月16日(土)に大泉町の方から品物を引き受けたのだが、
 その品物のなかからカメラ等を返却してほしい、
 ということだったので、本日の午後の2時に再訪問となった。
 昨日電話でお話を聞いてみると糸魚川の方だったので、鬼伏(おにぶし)と鬼舞(きぶ)の地名の由来について説明させていただいたのだ。
 おそらく、この方の人生の全般を通して貫流するものがあるはずだ。

○ 自宅に戻ってきた。

 精神的に非常に疲れた。
 大泉町から戻って、ちょっと仮眠をとった。
 その時の夢。
 いろんなところを列車が走っている。
 列車が走っている線路のある部分が蛍の光のように発行し始めた。
 その光の発行元は線路の枕木の下の方だ。
 この現象が全ての列車や線路で起きていた。
 異常に気付いたある運転手は、列車の速度を緩め、徐行運転を始めた。
 またある運転手は、列車を止めて、線路や枕木の点検を始めた。
 異常に気づいても、そのまま全速力で線路を駆け抜けようとした列車の前方では大地が割れ奈落の底へと飲み込まれていくようだった。
 蛍の光のように、危険に対して発光する力を糸魚川の翡翠(ヒスイ)は持っているのだろうか?

1月26日(火)、朝の夢「Tomegi-Bに黒い蜜柑が一つ」、お通夜の連絡

天皇皇后両陛下、日間の日程でフィリピンをご訪問

お札立ての材料到着、賢一に「6,000円」

 朝の夢。
 Tomegi-Bに黒い蜜柑が一つ見える。

お札立て

 黒いので、腐っているのかと思ったが腐ったのでもなさそうだ。
 Tomegi-Bに蜜柑の夢の映像は1月19日(火)にも見ている。
 Tomegi-Bのパーツは今日の夕方に到着。
 そして、翌日の1月27日(水)に組み立てて倉庫に発送している。
 今日見た黒い蜜柑が日本橋から連絡があった「お通夜」を暗示しているとすると、1月19日(火)に見た蜜柑は何を暗示しているのだろうか?

○ 天皇皇后両陛下、26日から5日間の日程でフィリピンをご訪問。

 天皇皇后両陛下は、26日から30日までの5日間の日程でフィリピンをご訪問されている。
今年は日本とフィリピンの国交正常化60周年に当たることから、両国の国際親善がご訪問の目的の基本になっています。

○ 夕方、お札立ての材料到着。

○ 賢一に「6,000円」

1月27日(水)、お札立ての製作、ゼロ戦が日本の空を飛ぶ

西国分寺でお通夜、女房「蜂がいるのよ」

午後10時20分ごろ、志賀高原の「ホテルジャパン志賀」で出火

 朝からお札立ての製作をしている。
「Tomegi-B」に蜜柑という夢でこれまで2回みている。
 この「Tomegi-B」をようやく製作し、倉庫に送った。
 これで、明日にはamazon に反映するだろう。

○ ゼロ戦が日本の空を飛ぶ。

 2016年1月27日午後2時、鹿児島県鹿屋市にる海上自衛隊鹿屋航空基地で、零式艦上戦闘機(零戦)が日本の空を飛んだ。
 操縦席には米国人パイロット、スキップ・ホルム氏(72)が乗り込む。
 この日飛行した零戦は、ニュージーランド在住でフライトジャケット製造・販売会社を経営する石塚政秀氏(55)が所有する。
 石塚氏は、2010年2月に米国人バイクレーサーから購入した後、日本国内での飛行を目指して、資金集めや、関係省庁との交渉を進めた。
 当初、戦後70年である2015年(平成27年)の実現を目指したが、安全保障関連法案の審議をめぐり、
「戦争賛美の誤解を受けかねない」
 と複数のスポンサーが撤退し、関係省庁も消極姿勢だった。

ゼロ戦が日本の空を飛ぶ

○ 西国分寺で松野さんのお母さんのお通夜。

 日本橋と一緒。

○ 「蜂がいるのよ」

 2008年に「蜂」で象徴されるのは決まっていたが、この冬の今に時期に意味するものは何だろう?

○ 午後10時20分ごろ、志賀高原の「ホテルジャパン志賀」で出火。

志賀高原の「ホテルジャパン志賀」で出火

 27日午後10時20分ごろ、長野県北部の岳南広域消防本部に
「志賀高原スキー場のホテルが燃えている」
 と119番通報があった。
 同本部から消防車11台が出て消火活動を続けている。
 同本部によると、山ノ内町の志賀高原一の瀬にある8階建ての「ホテルジャパン志賀」で出火。
 近所のホテルによると、5階付近から火が出ているという。
 同本部などによると、修学旅行の高校生186人が宿泊していたが、全員建物の外へ出て別のホテルに避難し、けが人は確認されていない。
 ホテルの従業員約30人も無事だという。
 28日午前0時40分時点で、鎮火したという情報は入っていないという。

 高校の修学旅行の蛇に関係するか?

1月28日(木)、北朝鮮、ミサイル実験準備

二つの空母、北朝鮮の「Xデーは2月末」

「心神」、「天之羽衣」の復活まで突き進んで欲しい

 韓国政府関係者は1月28日(木)、北朝鮮北西部・東倉里(トンチャンリ)の西海衛星発射場で、長距離弾道ミサイル発射準備の可能性を示す兆候があることを明らかにした。

○ 米軍が、東アジアでの軍事プレゼンスを急激に高めている。

 原子力空母「ジョン・C・ステニス」を西太平洋に派遣したうえ、最新鋭ステルス戦闘機F22を含む計26機を、横田基地(東京都)に飛来させたのだ。
 核実験を強行した北朝鮮が主ターゲットといい、「Xデーは2月末」という衝撃情報がある。
 加えて、経済失速の目先をそらす、中国の暴発をけん制する狙いもあるという。

 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160127/frn1601271140001-n1.htm

 1月15日(金)、原子力空母「ジョン・C・ステニス」(排水量10万5500トン)が米西部ワシントン州の母港を出港し、西太平洋に向かった。
 同空母は、戦闘機や攻撃ヘリコプターなど約90機を搭載し、士官・兵員約3200人、航空要員約2500人が乗船している。
 当然、ミサイル巡洋艦や駆逐艦、原子力潜水艦などを引き連れて、空母機動部隊を編成している。
 ご存じのように、横須賀基地(神奈川県)には、原子力空母「ロナルド・レーガン」(同10万8000トン)を中心とする、機動部隊が配備されている。
 東アジアに2つの空母機動部隊が展開するなど、異例中の異例といえる。
 さらに、横田基地には、米空軍の最新鋭ステルス戦闘機F22「ラプター」と、F16戦闘機「ファイティング・ファルコン」の計26機が集合した。
 米グアムの米軍基地には、「死の鳥」と恐れられるB52戦略爆撃機「ストレイトウフォートレス」(成層圏の要塞)と、B2ステルス戦略爆撃機「スピリット」がスタンバイした。

(※)「Tomegi-B」 が反映した日のこういう報道に注意。

「Tomegi-B」のお札立てが日本を象徴し、「二つの蜜柑」が二船団の空母、「一つの黒い蜜柑」が北朝鮮、という具合にも見ることができそうだ。

○「心神(しんしん)」、「天之羽衣」の復活まで突き進んで欲しい。

 2016年1月28日、愛知県内にある三菱重工の工場で、米軍のF−35といった「第5世代」戦闘機の上をうかがう、将来の「第6世代」戦闘機開発に備えた研究実験機「先進技術実証機」が公開された。
 愛知県内にある三菱重工の工場は、零戦と縁が深いらしい。
 先の大戦終了後、大日本帝國(ていこく)陸海軍の零戦に象徴される傑作機復活を恐れる連合国軍総司令部(GHQ)が、日本の航空機産業をズタズタにした。
 これが今蘇った。
 この先進技術実証機は富士山の別称の「心神(しんしん)」(愛称名)という名で有名になった。
「心神(しんしん)」(愛称名)の研究は、阪神淡路大震災のあった1995年(平成7年)から研究が始められ、2010年(平成22年)3月から試作開始、国内企業から調達した30万点もの部品を組み合わせ、国産化率9割超の軍用機を造り上げた。
 参加企業は220社にのぼる。
 本年の2016年2月中旬以降までに初飛行を終え、今年3月末に防衛装備庁引渡しが行われる。
 国産成功例は米露中3カ国だけだ。
 前日の1月27日(水)に零戦が日本の空を飛んでいる。
 日本の航空産業の復活は近い。
 利害や争いを突き破って、このまま、「天之羽衣」の製作まで行って欲しい。
 人体に水分が多い女性が着用し、体内の水分と外界の水の磁場の差を利用して空中飛行する「天之羽衣」は悠久平和の象徴となるだろう。

1月29日(金)、練馬区役所の3階

 練馬区役所の3階で事務申請。

1月30日(土)、天皇皇后両陛下、フィリピンから帰国

「航行の自由作戦」第二弾(駆逐艦カーティス・ウィルバー)

 26日から5日間の日程でフィリピンをご訪問していた天皇皇后両陛下の帰国。
 天皇皇后両陛下は、26日から30日までの5日間の日程でフィリピンをご訪問されている。
今年は日本とフィリピンの国交正常化60周年に当たることから、両国の国際親善がご訪問の目的の基本になっています。

○「航行の自由作戦」第二弾。

 米国のイージス駆逐艦が1月30日(土)、南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島にあるトリトン(中国名・中建)島から12カイリ(約22キロ)内を事前通告なしで航行した。
 今回派遣されたのは、米海軍横須賀基地所属のイージス駆逐艦カーティス・ウィルバー。
 行き過ぎた海洋権益の主張に異議を唱える「航行の自由作戦」の一環として実施された。
 領有権を主張する中国、ベトナム、台湾のいずれにも事前通告はしなかった。
 同島を実効支配する中国を牽制(けんせい)するのが狙いとみられ、中国側は
「中国の関係法規を尊重、順守せよ」
 と強く反発している。
 南シナ海で同作戦の実施が確認されたのは、昨年2015年10月27日(火)、スプラトリー(中国名・南沙)諸島にある人工島付近にイージス駆逐艦ラッセンを派遣して以来。
 米国は艦船派遣を3カ月に2回以上の頻度で続ける方針を示していた。
 米国防総省当局者は米CNNに対し、今回の派遣について
「海洋権益の過度の主張に対する挑戦だ」
 と説明した。

2月1日(月)、中国の7軍管区編成し5戦区へ

 中国国営中央テレビ(CCTV)によると、中国人民解放軍戦区成立大会が1日、北京で行われ、習近平国家主席(中央軍事委員会主席兼務)が新しく発足した東部、西部、南部、北部、中部の五つの戦区の司令官と政治委員に軍旗を授与した。
 習主席は
「各戦区には平和を維持し、戦争に勝つ使命がある」
 と訓示した。
 中国人民解放軍はこれまで、
 北京、
 瀋陽
 蘭州、
 済南、
 成都、
 南京、
 広州
 の7つの軍区があった。
 習指導部による軍改革の一環で5つに統合され、名称も軍区から戦区に変更された。
 反腐敗キャンペーンで昨年までに胡錦濤時代を支えた郭伯雄、徐才厚の両制服組トップが失脚したため、習指導部は軍内の組織再編を通じて軍の掌握を進めたい思惑があるといわれる。
 軍関係者によると、新しく成立した
 東部戦区(本部南京)は日本や台湾方面をの有事を備え、
 南部戦区(本部広州)は南シナ海やシーレーンの安全を守ることが主な戦力目標。
 北部戦区(本部瀋陽)は主にロシアと北朝鮮方面で軍事衝突などが起きることを想定しており、
 西部戦区(本部蘭州)中央アジアなどのイスラム過激派のテロ活動などに備える。
 中央部戦区(本部北京)は首都周辺の安全を守るためにあるという。
 この日発表された戦区の区分けと本部所在地は昨年まで伝えられたものはかなり違っており、区分けの際に軍現場で激しい主導権争いがあった可能性もある。

 実は、今回の再編劇で習主席が狙い撃ちにしたのは、解放軍総参謀長の房峰輝氏である。
 房氏はもともと広州軍区の参謀長であった。
 2005年に当時の胡錦濤軍事委員会主席(前国家主席)が多くの軍人の階級昇進を実行したとき、房氏は少将から中将へ昇進を果たした。
 その後、房氏は胡主席に近い軍人の一人として出世を重ね、2007年には重要な北京軍区の司令官に就任。
 さらに2009年、中国が建国50周年を記念して盛大な閲兵式を執り行ったとき、「閲兵指揮官」として胡主席のそばに立ったのは房氏であった。
 それ以来、彼は数少ない「胡錦濤の軍人」として認知されるようになった。
 そして2012年10月、胡主席は、軍の総参謀長に房氏を任命。同年11月には胡主席はさらに軍人2人を党の中央軍事委員会副主席に任命した。
 胡主席が行ったこの軍人事は異例であった。
 なぜなら彼は同月中に開催される党大会で引退する予定だったからである。
 本来なら、軍事委員会の新しい副主席や総参謀長任命の人事は、党大会後に誕生する新しい総書記・軍事委員会主席(すなわち習近平氏)の手で行われるべきだが、胡主席はそうさせなかった。
 自分の引退が決まる党大会開催の直前に、彼は大急ぎで次期中央軍事委員会の主要メンバーを決め、軍の心臓部門となる総参謀部を自分の腹心で固めた。
 それによって、ポスト胡錦濤における胡錦濤派の軍掌握は完成された。
 今の習主席にとって、軍の中枢部におけるこのような「胡錦濤人事」は邪魔以外の何ものでもない。
 いずれそれを潰さなければならないと思っていたはずだ。しかし房氏などの首を切ることで決着をつけようとすると、胡錦濤派との「全面戦争」は避けられないし、必ずしも習主席に勝ち目があるわけでもない。
 これで軍内の「胡錦濤人事」が骨抜きにされるという計算であろうが、今後の展開は習主席の思惑通りになるとはかぎらない。「再編」が実現したとしても、胡錦濤派の軍人たちが依然、健在だから、今後、軍内における習主席と胡錦濤派との権力闘争がますます激しくなってくるだろう。
 2016年は、双方にとって天下分け目の「天王山」の闘いとなる。

2月2日(火)、アイオワ州の民主党党員集会、クリントン前国務長官

時計の打ち合わせ

北朝鮮から2月8〜25日の間、衛星を打ち上げる計画

 米大統領選で候補指名争いの初戦となったアイオワ州の民主党党員集会で、クリントン前国務長官とサンダース上院議員が大接戦となったため、一部の会場で勝敗を決めるためにコイントスが行われた。
 地元紙などが2日報じた。
 報道によると、党の規則では、候補を支持する人がほぼ同数などの条件がそろった場合、割り当てられる代議員の最後の1人をどの候補が獲得するかを、コイントスで決める。
 コイントスが実施されたのは州都デモインなどにある少なくとも五つの会場で、全てをクリントン氏が勝ち取ったという。

○ ガストで時計の打ち合わせ。

 時計を仕分けて電池交換してくれる人が見つかった。

○ 北朝鮮から2月8〜25日の間、衛星を打ち上げる計画。

 北朝鮮は2月2日(火)、国際海事機関(IMO)などの国連機関に対し、月内に衛星を打ち上げる計画を通知した。
 長距離ミサイル技術の開発が進む可能性がある。
 米国のラッセル国務次官補(東アジア担当)は2月2日(火)、北朝鮮がいかなる衛星打ち上げを行っても、国際義務の「重大な違反」に当たると批判。
 国連制裁強化の必要性をさらに強く訴えるものとの認識も表明した。
 IMO報道官はロイターへの電子メールで
「北朝鮮から2月8〜25日の間に、地球観測衛星『光明星(Kwangmyongsong)』打ち上げに関する情報を受け取った」
 と語った。

 この発表は、6カ国協議の議長を務める中国の武大偉朝鮮半島問題特別代表が、2月2日(火)午後、ピョンヤンに到着したを見計らったもののようにも見える。
 武代表は、北朝鮮側と核問題について協議するほか、準備が進んでいるとみられる長距離弾道ミサイルの発射をやめるよう求めるとみられている。

 北の核は、65%の確率で中国に向いている。

 中国では前日の2月1日(月)に
「中国の7軍管区編成し5戦区へ」
 の公表がなされているタイミングだ。

2月3日(水)、日が明けてすぐの夢「パチンコのチャッカー」

節分、知る会の講師は根本さん

 2月2日(火)が変わってすぐの夢。
 またパチンコ台に座っている。
 今日のパチンコ台は賑やかな台だ。
 中央が入賞穴になっていて、そこに入るとしばらく球が出つづける仕組みの台だ。
 球を打つと、基本的に中央の入賞穴に吸い込まれていくように釘が調整されている。
 わずかな時間しか打っていなかったのだが、かなりの球が出ることになったらしい。
 そのパチンコ屋も閉店間際になってきたらしく、
「あなたの入賞穴に入った球を全て出し切るには閉店の時間に間に合わないので、全て出たものとして商品と変えてあげるよ」
 ということだった。
 こういうこともあるんだ、と思った。
 夢のなかで、このパチンコの象徴は何だろう、と考えていた。

 1月18日(月)にもパチンコの夢を見ている。

 この時は、化粧品の出品作業をしているときの夢だった。
 今回は、2月2日(火)の時計の話をした後の夢だ。
 振り返って考えれば、商売って、パチンコのようなものだ。
 打って、入賞穴に入らなければ、見返りがこない。

 そういう風に考えると、「時計」が面白い、と言われているのかもしれない。

○ 今日は節分。

○ 日本橋から電話。

2月13日(土)の講師は根本さん」
 ということだった。
2月11日はどうしよう?」
 との質問だったが、
2月8日の新月の会の流れで決めよう」
 ということになった。

2月5日(金)、朝の夢「ホロウィッツ博士と144,000人の歌声」

 朝の夢。
 根本さんが2月13日(土)の講師ということで、ホロウィッツ博士のことを考えながら目覚めた。
 2013年は、カロコからホロウィッツ博士の流れに入ろうとしたが、今回はあっさりいきそうだ。
 ホロウィッツ博士は「フィラデルフィア」に関係しているとご自分で言っている。

 黙示録の「7つの教会」(第2-3章)

 1.エフェソス
 2.スミルナ
 3.ペルガモン
 4.ティアティラ
 5.サルディス
 6.フィラデルフィア
 7.ラオディキア

○ 黙示録の「144,000」(第14章1-5)、144,000人の歌

 また私は見た。
 見よ。小羊がシオンの山の上に立っていた。
 また小羊とともに十四万四千人の人たちがいて、その額には小羊の名と、小羊の父の名とがしるしてあった。
 私は天からの声を聞いた。
 大水の音のようで、また、激しい雷鳴のようであった。
 また、私の聞いたその声は、立琴をひく人々が立琴をかき鳴らしている音のようでもあった。
 彼らは、御座の前と、四つの生き物および長老たちの前とで、新しい歌の類を歌った。
 しかし地上から贖われた十四万四千人のほかには、だれもこの歌を学ぶことができなかった。

2月6日(土)、写真撮影で光宮(みや)の手伝い

マンションの7階まで水没する夢

北朝鮮のミサイル、2月7日(日)〜14日に前倒し。

 光宮(みや)の手伝い。
 写真撮影だったが非常に助かった。

○ 夕方の夢。

 急に花粉症の症状で体がダルイ。
 こういう時は、布団に入って体を温めるにかぎる。

 その時に見た夢。

 マンションの駐車場に留めてある車の床まで水が増している。
 私と日本橋とあと1-2名で、車に乗って出かけようとしている。
 ところが、瞬く間に水が増していって、車は水没。
 次に、水かさはマンションの5階まで到達した。
 さらに7階の中程まで水が到達して水位が落ち着いた。

 夢の中で、

「美穂が見ている夢だ」
 と思った。

 そして、女神の声が響いた。

「あなたが動かなければ、夢の通りになるでしょう」
 天照大神の声だと思った。

○ 北朝鮮のミサイル、2月7日(日)〜14日に前倒し。

 北朝鮮は2月2日(火)
「2月8〜25日に人工衛星を打ち上げる」
 とに告知していたが、北朝鮮は事実上の長距離弾道ミサイルの発射通告期間について
「2月7日(日)〜14日に前倒しする」
 と関係機関に通報した。
 日本政府が2月6日(土)夜、発表した。
 早ければ2月7日(日)にも発射する恐れがあるとして、厳戒態勢を敷く。

2月7日(日)、「千引岩(千曳の岩戸)」

北朝鮮、ミサイル発射

 朝起きるときの夢。
「千引岩(千曳の岩戸)」
 という文字を見ながら目覚めた。
 千引岩(千曳の岩戸)に行くように、というメッセージだと思った。
 http://www.tukinohikari.jp/jinja-hiroshima/shi-izanamigoryou/05memo.html

○ 北朝鮮、ミサイル発射。

 旧暦の最後の日に当たる。

2月8日(月)、「千引岩戸を開けよう」

福島県いわき市で雷のような爆音、新月の会

 倭さんに
「千引岩戸を開けよう」
 昨年の串本御神行の結果、伊邪那美命の声を聞くようになった。

○ 福島県いわき市で雷のような爆音。

 2月8日(月)午後、福島県いわき市で雷のような爆音があり、警察や消防に市民からの問い合わせが相次ぎました。
 被害の情報はなく、原因はわかっていません。

 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160209-00000056-jnn-soci

 2月8日(月)のいわき市小名浜。
 音は午後3時半頃に聞こえます。
 音は、もう一度響きます。
 この後、いわき市内の警察や消防には
「爆発音が2回あったが、何かあったのか」
 といった問い合わせが相次いだということです。
「ものすごい爆発音みたいな衝撃音、警察に電話した」
 (小名浜港で聞いた人)
 警察は2月8日(月)からヘリコプターを出すなど、パトロールをしていますが、これまでに被害の情報はなく原因はわかっていません。

○ 新月の会。

 新月。23:40

2月9日(火)、「2016年6月〜8月の間に急激なポールシフトが発生」

 エキサイトニュース。
 科学者「2016年6月〜8月の間に急激なポールシフトが発生→70%の生物死ぬ」
 http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201601_post_8360.html

 博士が言うには、2016年6月14日(火)から2016年8月19日(金)の2カ月間で非常に急激なポールシフトが発生するという。
 現在まですでにゆっくりとポールシフトは進行しており、この6月から8月の2カ月間で急激に磁極の入れ替えが終了、ポールシフトが完了するというのだ。

2月11日(木)、建国記念の日、実加20歳の誕生日。

展地への合格通知、重力波の検出に成功

 建国記念の日。
 実加20歳の誕生日

○ 展地への合格通知。

○ 重力波の検出に成功。

 100年前にアインシュタインが存在を予言し、世界の研究者が観測を目指していた「重力波」について、米国の研究チームが11日、初めて観測したと発表した。
 最終的に確認されれば理論が実証されたことになり、物理学の歴史的な成果となる。光や電波ではわからない宇宙の姿を探る新たな天文観測にも道が開ける。
 重力波は、時間や空間がわずかに伸び縮みする「時空のひずみ」がさざ波のように伝わる現象。
 物体が加速して動くときに起こる。アインシュタインが1916年、一般相対性理論から予言していた。その観測は「最後の宿題」とされ、物理学の長年の悲願だった。
重力波
(※)3月18日(火)、宇宙誕生時の重力波を初観測、宇宙の急膨張を裏付ける大発見

【2月11日に重力波の初観測】

 アインシュタインが予言した重力波の検知をもって、物理学の標準理論の完成とされる。
 物理学の標準理論とは、4%の観測可能の領域のこと。
 96%の未検出の領域は、ブラックマターの領域とされる。
 今回の「重力波の初観測」が、現代物理学の標準理論の完成の指標になっていたものだ。
 これで、次の時代の物理学理論へ進んでいける。
 2014年3月18日に
「重力波の検出!」
 と報道されたので注目していたが、2年前はすぐさま否定されていた。
 大祓祝詞に準じて言えば、
「すめらがむつかむろぎ・かむろみのみこと」
 が重力波だと思っている。
 「すめらがむつかむろぎ・かむろみのみこと」の言い方のほかに
もう一つの言い方をもつので、大祓祝詞の立場からは、
 重力波には3波あるはずだ。
 大祓祝詞が「すめらがむつかむろぎ・かむろみのみこと」から始まるので、重力波の領域は、現在のビックバーン宇宙の初発から存在しているし、物質界の最底部に重力波の領域が存在する。
 ニニギノ尊が木花咲耶姫を娶り、姉の岩長姫神を父のオオヤマツミに
「みにくい」
 といって返した。
 この「みにくい」というのは「醜い」ということではなくて、「見にくい」ことで、未検出できないとされる96%のブラックマターの領域のことだと思う。
 神話的に言えば、重力波の検出をもって、木花咲耶姫の世界から、姉の岩長姫神が統治される領域の探索にはいることを意味している。
 2月11日の「建国記念の日」に実に目出度い。
 しかし、岩長姫神が統治される96%の領域とは、現代を生きている人にとって、実に生きにくい領域だ。
 思ったこと
 言ったこと
 念じたことが
 ・・こういう「見にくい」領域の事柄が表に現れてくるということだ。
「行きはよいよい
 帰りは怖い
 怖いながらも
 とおりゃんせ、とおりゃんせ 」
 科学の世界も、神話の世界もこれから帰り道に入る。

2月13日(土)、朝の夢「淡道之穂之狭別島がビブラート」

根本さんを講師にして知る会

 朝の夢。

 淡道之穂之狭別島がビブラートを始める。

○ 根本さんを講師にして知る会が始まる直前に倭さんと日程の調整。
 6月4日(土)が新月だということだったが、この日は知る会なので、6月11日(土)で調整。
 これで、予定が整った。

2月14日(日)、光宮(みや)のお札立ての手伝い

鴨の剥製「雁、鴨と鶴」の2体

 光宮(みや)のお札立ての手伝い。

○ 豊玉の方、鴨の剥製「雁、鴨と鶴」の2体を引き取ってほしい。

2月15日(月)、「あなたさまに、身も心も」

鴨の剥製「雁、鴨と鶴」の2体の引き取り、倭さんからのSMS

 朝の声。
「あなたさまに、身も心も・・」
 いつか聞いたような内容の声だ。
 2008(平成20)年3月19日(水)に聞いたことがある。

 それから8年経つ。

○ 鴨の剥製「雁、鴨と鶴」の2体を引き取り中に倭さんからのショートメール。
 扉明け
「神坐せり、
 吹く風に乗りて舞えよ、
 祝えよ〜
 慎みて行え 」

2月17日(水)、朝の夢「伊邪那岐命・伊邪那美命の国生み」

「ゆうあい熊野館」に予約

 朝の夢。
 雲の上で伊邪那岐命・伊邪那美命が下界に向けて国生みをしている姿を見ながら目覚めた。
 今日の予定は、大泉の福留さん(ホイール)、大泉の田中さん(糸魚川)、光が丘の上條さん(スーツケース)の3名だ。

○ 朝の9時に「ゆうあい熊野館」に予約。

 3名部屋2つ、
 2名部屋2つ
 合計10名まで可能。

2月18日(木)、朝の夢「裸体の女神、私の姿」

美穂の夢「富士山の噴火」

 朝の夢。
 左の上側に裸体の女神の濡れ場だった。
 これまでお一人で過ごされてこられたらしい。
 私も振り返ると一人でこういう濡れ場を過ごしてきたようだ。
 お一人でいる女神にそっと左手を差し伸べた。
 すぐさまその女神は反応した。

○ 美穂の夢「富士山の噴火」〜言霊の返しは「肥後」。

 非常に天気のいい日だった。
 それなのに雨がぱらついているキツネの嫁入りのような日だった。
 富士山の方を見ると、富士山が噴煙を上げている。
 間もなくすると、富士山の頂上が螺旋状の渦を描きながら噴火し始めた。
 富士山の原型を留めないくらい大きい噴火だった。

2月19日(金)、中国に漂う「嫌朝」ムード

 中国の『環球時報』は2月15日(月)に、
「益々多くの中国国民が北朝鮮に対する見方を変えている」
 と題する社説を発表した。

 原文から引用しよう。

「たしかに国民の『嫌朝』意識は、『嫌日』とは異なり決して根深くはなく、それは相対的に見れば容易に解消できる性質のものである。しかし今日、大部分の国民は『北朝鮮に対して寛大になる』ための忍耐と興味を喪失しつつあり、平壌がその核政策を改めなければ中国国民の北朝鮮に対する鬱憤はますます深刻になっていくだろう」

msnニュース(2016/02/18)
 中国に漂う「嫌朝」ムードも、北朝鮮制裁には向かわない

2月22日(月)、今朝は妙に気分がいい「一年が経ってくれた」

金の両替、広陵町の方から試聴希望

 今朝は妙に気分がいい。
「ようやく一年が経ってくれた」
 という安堵感が湧いてくる。
 何かやり続けるにしても継続しなければいけないし、一年という区切りを超えなければならない。
 昨年神DOからあるビジネスモデルのお知らせがあったのが2015年2月19日(木)の旧暦の新年だった。
 こうして振り返ってみると、なんとかかんとか一年を超えてくれたなあ。
 何となく安心感が湧きあがってくる。

○ 夕方、1月15日(金)に会った広陵町の方からメールがあった。

「2月25日(木)か2月26日(金)に試聴できないか?」

2月23日(火)、朝の夢「煮炊きをするおだッチ」、金細工

広陵町の方の試聴が整う

 朝の夢。
 前の会社で神様に奉納する品々を揃えようという話になっていた。
 社長の号令で業務として
「○○は、この品物を揃えよ」
「◇◇は、これを運べ」
 というように段取りが図られていた。
 私はもう退社しているのでこの流れに入らずに、その様子を見学していた。
 炊事場にいくとオダッチがいて、煮炊きをしていた。
 2-3の話をしたことを覚えている。
「私もこの会社を辞めて気楽な身になった」
 という内容の話だった気がする。

 場面が相撲部屋の炊事場の場面に変わった。

 私が奉納する品々を納めようとすると、前の奉納者の品が置かれていた。
 前の奉納者の米袋は破れているようだった。
 私が前の奉納者の米袋の割れ目をみると黒くなっている。
 私が前の奉納者の品を退かそうとすると、品が崩れていった。
 その崩れをみた、炊事場の見習い弟子が
「それ、こっちのほうに運んで」
 と私に指図してくる。
 前の方の品については私に知識がないので、
「それはできません」
 と返答すると、
「あなたの奉納品を受け取るわけにはいきません」
 と拒絶されてしまった。

 どうしてこうなるの?

○ 場面が変わった。
 金細工が急に私の目の前に現れてきた。
 どういう場面を見ているのだろう?

○ 朝倉さんからまた電話あり。

 明日の13時30分の約束になった。

○ 広陵町のかたは、2月26日(金)の午前中の約束になった。

2月24日(水)、中国軍が南シナ海に、戦闘機と戦闘爆撃機を展開

光宮の夢「お父さんが光宮にやろう、って言ってきた」

心神の地上滑走試験

 米FOXニュースは2月23日、中国軍が南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島のウッディー(永興)島に、戦闘機と戦闘爆撃機を展開していることが確認されたと報じた。
 http://www.sankei.com/world/news/160224/wor1602240011-n1.html
 2月24日(火)の産経ニュース。
 ミサイルに続き軍事拠点化の一環か。

○ 光宮(みや)の夢。

「お父さんが光宮(みや)にやろう、って言ってきた」
「光宮(みや)が嫌だったのと、生理だったのでお父さんはできなかったんだよ」
 この話を聞いて、岩戸開きに関わると思った。 心神 防衛庁へ 引渡

○ 心神の地上滑走試験。

 24日午前、愛知県営名古屋空港で、地上滑走試験が行われた。

2月25日(木)、朝の夢「核爆発の閃光雲がキラメク」

 朝の夢。
 目覚めるとき、西の方角といったらいいか、南の方角といったらいいか、そちらの方角で、閃光がキラメキ、雲が舞い上がった。
「核の爆発だ」
「イラクだろうか?」
 と夢の中で思っている。

2月26日(金)、展地の受験、中野で広陵町の試聴

中野に行くとき「動かしてもいいですか?」

 展地の試験日。

○ 午前中に中野で広陵町の試聴。

 中野に車で向かっているとき、はじめて聞く女神の声
「動かしてもいいですか?」
 と私の心づもりを聞いてくる。
「ここまできたら動かしていただいて結構」
 と応えた。
 どういう風に動こうとも神様の意思によっている。

2月27日(土)、朝の夢「3匹の犬。縮む中心、広がる周辺」

 朝の夢。
 3匹の犬。

 場面が変わった。

 縮む中心、広がる周辺。

 夢を解釈してみると、甲斐犬と諏訪湖のようだ。

 糸魚川-静岡線がある。

2月28日(日)、諏訪湖の研究

 諏訪湖の研究。
 御頭御社宮司総社
 http://www.yatsu-genjin.jp/suwataisya/sanpo/misa-souja.htm
 カエルは?

3月1日(火)、ちらし配布の再開(光5丁目から)

太田のMさん「宣昭さんが飛んだ、尾島さんが亡くなった」

 チラシ配布の再開(光5丁目から)。

○ 学費の件で、午前中に石神井庁舎と練馬区役所へ。

○ 16時過ぎに大田のMさんから電話があった。
「1月4日に宣昭さんが飛んだ、2月9日に尾島さんが亡くなった」
 サイトのIDとPWを知らないか、という問い合わせだった。
 すごいことになった。

3月2日(水)、アメリカのスーパーチューズデイ

インドネシア北西部スマトラ島の沖合で(M)7.8の地震

 アメリカ大統領選挙のスーパーチューズデイ。
 その結果は、ヒラリークリントン(民主党)とトランプ氏(共和党)がそれぞれ7勝づつ。

○ インドネシア北西部スマトラ島の沖合でマグニチュード(M)7.8の地震。

インドネシア北西部スマトラ島

 米地質調査所(USGS)によると、3月2日(水)午後7時49分(日本時間午後9時49分)ごろ、インドネシア北西部スマトラ島の沖合を震源とするマグニチュード(M)7・8の地震が発生した。
 震源はスマトラ島パダンの南西約800キロで、震源の深さは24キロ。
 インドネシア国家防災庁によるとパダンで軽い揺れが観測されたが、2日夜の時点で、同島の建物などへの被害は確認されていないという。

3月3日(木)、朝の声「区切りを付けられよ」「それでよいのじゃ」

北朝鮮、日本海に向けて「短距離の飛翔体」を複数発射

 朝チラシを配布しに行くかどうか迷っていると
「区切りを付けられよ」
 というスサノオ命の声。
 昨日の光5丁目の配布で一棟だけ残っていた。

 その一棟を配布すれば、光5丁目が終わって「ムツミ台」の配布に入れる。

 神様の声に従って、5時前に家を出た。
 配布を終えて、車に戻っているとき
「それでよいのじゃ」
 という天之大神の声。
 ということは、「何らかの区切り」が付いたということか?

 自宅に戻ると、美穂の携帯から「とおりゃんせ」のメロディが鳴っている。

○ 北朝鮮、日本海に向けて「短距離の飛翔体」を複数発射。

 韓国国防省によると、
 北朝鮮は3日午前10時(日本時間同)ごろ、日本海(Sea of Japan)に向けて「短距離の飛翔体」を複数発射した。
 国連安全保障理事会(UN Security Council)はこの数時間前、北朝鮮に対し厳しい制裁を新たに科す決議を採択していた。
 「千引の岩戸」という文字を見ながら目覚めた2月7日(日)に、北朝鮮は「人工衛星」を打ち上げていた。
 今回の
「区切りを付けられよ」
 というスサノオ命からの助言のときも北朝鮮の「短距離の飛翔体」のニュースだ。
 どちらも、空中の空気振動の成層圏の出来事に関連している。

3月4日(金)、東京オリンピックの聖火台の行方は?

 東京オリンピックの聖火台の行方は?
 聖火台を建設することを想定していない設計になっていると発覚。
 これもスゴイことだ。

3月5日(土)、産経ニュース「原子力空母「ジョン・C・ステニス」南シナ海」

 中国の第12期全国人民代表大会(全人代=国会)第4回会議が3月5日(土)、北京の人民大会堂で開幕した。

 米国防総省は4日、原子力空母「ジョン・C・ステニス」を旗艦とする空母打撃群が、南シナ海で警戒・監視活動を行っていることを明らかにした。
 南シナ海の軍事拠点化を急ピッチで進める中国を、強く牽制(けんせい)するものだ。
 ただ、ステニスの幹部は
「艦隊の周囲には、これまで見たことのないほど多くの中国人民軍の艦船が集まっている」
と伝えている。
 ステニスにはイージス駆逐艦の「ストックデール」と「チャン・フー」、ミサイル巡洋艦「モービル・ベイ」が随伴している。
 米軍横須賀基地(神奈川県)に配備されているイージス巡洋艦「アンティータム」も警戒・監視に当たっており、第7艦隊の旗艦「ブルー・リッジ」はフィリピンのマニラに寄港している。
 ステニスは1月中旬に米ワシントン州を出港し、2月4日に西太平洋に入った後、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射への警戒に当たったとみられている。

3月6日(日)、日本の北緯35度地点で約1370Kmの速度

【情報】
 http://www.sankei.com/west/news/160220/wst1602200010-n4.html
 もうひとつ重要なのが発射場所だ。
 日本では種子島、米国はテキサスやフロリダ、欧州は南アフリカの仏領ギアナに発射場所を置く。赤道に近いからだ。
 赤道上での自転速度は時速約1670kmで、緯度が高くなるほど速度が下がり、日本の北緯35度地点で約1370km
 北極と南極ではゼロ。赤道に近いほど速度の助けは大きい。

あいう

 北緯35度線付近で、富士山、七面山、尾張富士、南宮山、伊吹山、竹生島、大山、出雲大社と並ぶ。
 何でその線上を辿ることができたのかとても不思議。

あいう

 北緯35度...シルクロード。

3月7日(月)、朝の夢「お財布を盗まれる」

通貨発行権について調べる

「これまでと違う力が加わっている」

 朝の夢。
 いつも履いているジーパンの後ろポケットに黒い長財布を入れて歩いていた。
 後ろから30代くらいの女の人が近寄ってきて、私の財布を抜き去っていった。
 財布の中には、支払い用の45,000円くらい入っていたのだ。
 それがないと支払いができないので、私はその女を急いで追いかけて、何とか取り押さえることができた。
 女が持っている財布を取り上げて中身を確認すると、中のお金が無くなっている。
 女は逃げながら、中のお金をどこかに隠したようだ。
「どうしよう」
 ・・・これで目覚めた。

○ 展地の奨学金の件で高校へ。

 中野の労金に行くことで解決。

○ 通貨発行権について調べる。

 貨発行権が最大のダークな部分だ。
 FRBがドルを刷って、中国が元を刷ってドルを買う。

○ 夜7時過ぎ、女房と西友に買い物へ。

 車の中でうたた寝をしてしまった。
 その時に見た夢。
 少し大きめの会議室の映像だ。
 中に2-3名の人物がいて打ち合わせをしているらしかった。
「これまでと違う力が加わっている」
 どういう力が加わっているか分析をしようという打ち合わせだった。

3月8日(火)、展地の合格発表

 展地の合格発表。
 合格で良かった。

3月9日(水)、朝の声「行ってあなたの使命を果たしなさい」

部分日食、新月の会

 朝の声。
 むつみ台団地にチラシ配布に行こうと起きようとするとき女神の声、
「行ってあなたの使命を果たしなさい」

 凛とした声だったので、瞬間に天照大神の声だと思った。

 配布を終えて自宅に戻る車のラジオで、今日が部分に日食だということを知った。
 2012年5月21日(月)の金環日食以来4年ぶり。
 9日(水)は太陽の前を月が横切り、日本でも全国で、太陽の一部が月に隠される「部分日食」が起きます。
 東京は10時12分。
 9日(水)は北海道や沖縄の一部などで晴れの天気が予想。
 日本で起きる日食は、南鳥島の周辺を除くと2012年5月21日(月)の金環日食以来4年ぶり。
 9日(水)に全国で起きるのは太陽の一部が隠される「部分日食」で、午前9時台から昼ごろにかけて見られ、時間帯は地域によって異なります。
 太陽が隠れる割合は南東の地域ほど大きくなり、札幌市では5%ですが、小笠原の父島では38%になります。

○ 新月の会。

○ 新月、23:40。

3月10日(木)、北朝鮮がミサイル2発を発射

 10日午前5時20分(日本時間同)ごろ、北朝鮮南西部の黄海北道(ファンへプクト)付近から日本海に向けて、短距離弾道ミサイル2発が発射された。飛行距離はいずれも約500キロで、東海岸にある元山(ウォンサン)の北東沖の日本海に落下したとみられている。

3月11日(金)、鹿児島県・トカラ列島にある諏訪之瀬島で爆発的噴火

糸魚川へ展地の件で要請

 3月11日(金)午前7時35分ごろ、鹿児島県・トカラ列島にある諏訪之瀬島(十島村)の御岳火口(標高約800メートル)で爆発的噴火が発生し、噴煙が火口から約800メートルの高さまで上がった。
 諏訪之瀬島では継続的に噴火が起きている。

○ 糸魚川へ要請。

3月16日(水)、成田闘争の歴史

都議会で舛添知事の高額出張費の追及

 成田空港の歴史といえば、反対闘争を抜きには語れない。成田市三里塚に建設が決まった昭和41年から開港の53年まで、約12年間に及んだ反対同盟と国・空港公団との戦いの日々を振り返ることができる「成田空港 空と大地の歴史館」を訪れた。
 http://www.sankei.com/premium/news/160227/prm1602270013-n1.html  

 反対運動は開港後も続いたが、一部を除く反対派と問題を話し合いで解決する機運が高まり、平成3年に国、千葉県、NAA、反対同盟によるシンポジウムが開催された。
 2年後には、住民代表なども参加し、円卓を囲んで空港と地域の共生の道を探る「成田空港問題円卓会議」に、議論の場を移した。
 この円卓会議で、空港からマイナスの影響を受ける地域と、その住民に対する補償などが的確に実施されているかをチェックする第三者機関として設置されたのが、「成田空港地域共生委員会」。
 この委員会が、成田空港問題を後世に正しく伝えることを目的に、平成9年に歴史伝承部会を設け、資料の収集や聞き取り調査を実施したのが始まりだ。
 公団の民営化後は、NAAが事業を引き継ぎ、「建設側と反対側の双方の観点から、バランスの良い展示に配慮する」というテーマで、地域の意見を聞きながら計画を進めた。
 そして、平成23年6月、常設展示施設として歴史館をオープンさせた。構想から14年がたっていた。

○ 都議会で舛添知事の高額出張費の追及。

 http://blogos.com/article/167213/

3月18日(金)、北朝鮮がミサイル発射

 北朝鮮がミサイル発射。

3月19日(土)、神DOから電話

 神DOから電話。
 今の仕事を紹介してもらって1年経つな。
 早い。
 状況交換の電話。

3月20日(日)、春分の日、諏訪湖の状況

 春分の日に諏訪湖の状況を夢見ながら目覚めた。
 二つの御射山がある。
 下社の御射山と上社の御射山。
 下社の御射山が動くとき、諏訪湖は中心に向かって絞られる。
 逆に上社の御射山が動くとき、諏訪湖の周辺は広がり、垣根が低くなっていく。
 私は上社の御射山を動かす方向に動いていた。
 昨日、神DOからの電話でピングが飛んだのだと思う。

3月21日(月)、東京で開花宣言

 展地のみずほ銀行の口座の稼働。

 北がミサイル発射。

 3月21日(月)午前11時ごろ、気象庁の担当者が、千代田区の靖国神社にある標本木で、8輪の花が開いたのを確認した。

3月26日(土)、予定にした日

 千引の岩戸開きの予定にした日。

4月4日(月)、金星探査衛星「あかつき」の軌道調整

 金星探査衛星「あかつき」は、昨年2015年12月7日に金星の周回軌道に乗りました。
 そして、今年2016年4月4日(月)、軌道の再修正が行われ、2016年4月8日(金)に軌道調整の成功が確認されました。

 この軌道調整によって、観測期間が当初予定の800日から2000日に延びる事になりました。

 2016年4月4日(含める)から800日後の日付:2018年6月12日(火)
 2016年4月4日(含める)から2000日後の日付:2021年9月24日(金)

4月7日(木)、新月、日本橋で新月の会

 新月の会。

 新月。23:40

4月8日(金)、右下奥歯の親不知の激痛で目覚める

「千引の岩戸開き」の発声の開始、金星探査衛星「あかつき」の軌道調整

 右下奥歯の親不知の激痛で目覚める。
 新月の次の日なので、ポスティングに行くようにというメッセージだと思った。

 ポスティングをしながら「む(う)あ」の発声練習をし始めた。

 金星探査衛星「あかつき」は、昨年2015年12月7日に金星の周回軌道に乗りました。
 そして、今年2016年4月4日(月)、軌道の再修正が行われ、2016年4月8日(金)に軌道調整の成功が確認されました。

 この軌道調整によって、観測期間が当初予定の800日から2000日に延びる事になりました。

 2016年4月4日(含める)から800日後の日付:2018年6月12日(火)
 2016年4月4日(含める)から2000日後の日付:2021年9月24日(金)

4月9日(土)、千引の岩戸開きの発声練習と奏上文

タイヤのパンク、まずソフトバンクへ

実加の名義から私の名義に(4月20日に)

「そなたの恐れるものは無くなった」

日が変わって展地ヤフオクに初出品

 ポスティングをしながら「む(う)あ」の発声練習の2日目。

 6月の「千引の岩戸開き」に備えるためだ。

 ポスティングを終えて、千引の岩戸開きの奏上文を書き始めた。
 神の名を列記して歴史を振り返る。
 そんな感じの奏上文にする予定。
 今日は8時30分からお客さんだ。
 こんなに早く行くのも初めてのこと。

○ 2人のお客さん。

 一人は新聞販売店を経営されている方。
 音響椅子の話をする機会があった。
 ボランティアとビジネスの兼ね合い。
 もう一人は喫茶店経営者からのご紹介の方。
 10時30分に自宅に戻った。

○ 11時のソフトバンクに行こうとすると・・

 左後方のタイヤがパンクしている。
 結局車で出かけることができず、私だけ電車で行くことになった。
 お母さん、美穂、展地は自転車。
 麻賀多神社のときは、ガソリンスタンドについて給油所に入った瞬間にパンクだった。
 同じようなタイミングで、自宅に着いたときに空気が抜けたのだ。
 このドンピシャリのタイミングは神様からのメッセージだ。
 おそらく奏上文に余分なことを書いたのだ。
 次の時代に行ったら思い出話にしよう、○シファー。

○ ソフトバンクで名義変更の手続きをする。

 今までの私の2台の携帯は実加の名義になっていたらしい。
 2台の携帯を私の名義に変更する。
 4月20日(水)が名義変更手続き日。

○ お店で、パンクの意味について女房と話し合っていた。

 ソフトバンクの手続きが終わって、女房とパンクの修理に入った。
 吉岡自動車に電話して、営業しているかどうかを訪ねて、駆け込んだ。

 午後のお客さんのところから戻ってくるとき

そなたの恐れるものは無くなった
 という声が大地の深い虚空の場所から響いてきた。
 おそらく国常立尊の声だ。

○ 夜、展地のヤフオクの出品作業。

 日が明けて初出品の完了。
 記念すべき第一歩。

4月10日(日)、西金砂神社と筑波山神社

「あなたさまをここでいつもお見守り申し上げておりました」

 日本橋と西金砂神社と筑波山神社。

○ 西金砂神社。

 今日がお祭りだった。
 山頂の神社に国常立尊が立たれている。
 心の神様のお話
「お祭りだったので、氏子のみんなに呼ばれて来たんだよ」
 そういうことがあるものなんだ。

○ 筑波山神社。

 男山(伊邪那岐神)に登って、降りてから再度女山(伊邪奈美神)に登る。
 2011年11月30日に見た夢の映像の場面を次に進める目的だった。
 登山ルートを違えるだけで、見えるイメージが違う。
 女山(伊邪奈美神)の本殿に伊邪那美命が立ち、
「あなたさまをここでいつもお見守り申し上げておりました」
 そういう言葉だった。
 知らなかった。
 男山→女山
 は伊邪那岐命の領域。
 女山→男山
 は伊邪那美命の領域。

あいう

4月11日(月)、再び右下奥歯の親不知に痛みが走った

黒いイソギンチャクが離れる映像

 先週の4月8日(金)に右下奥歯の親不知に痛みが走ったのだが、落ち着いたのでそのままにしておいた。
 また今日の朝から痛み出した。
 明日は歯医者なのでその時に治療してもらおう。

○ 黒いイソギンチャクのようなものが離れていく映像。

 この黒いイソギンチャクのようなものが長らく私を悩ませてきたものだ。

 何だったんだろう?

 2011年5月16日(月)の映像
あいう

 2011年7月11日(月)の映像
あいう

4月12日(火)、下の右奥歯の治療

 先週の4月8日(金)に下の右奥歯に痛みが走った。
 しばらくしたら落ち着いてくれたのだが、昨日4月11日(月)からまた痛み出した。
 今日、歯医者に行くので、痛みのある方の治療を優先。

 この歯の痛み、昨日の「黒いイソギンチャクが離れる映像」に関わっているかもしれない。

4月14日(木)、朝に国常立大神、午後に豊雲野大神

5月4日の山形のキャンセル、田母神俊雄氏逮捕

夜に展地の写真撮影、21時26分頃熊本地方で震度7の地震

 朝に国常立大神の現れを感じ、午後に私の心臓に重なって豊雲野大神が現れている。  心の神様に尋ねた。
「日本が実に際どい状況になっているからだよ」
 という返答だった。

○ 田母神俊雄氏逮捕。

 約60万票を集めた2年前の東京都知事選で、運動員らを買収した疑いが持たれている。
 ネトウヨで一時代を築いた方だった。

○ 5月4日の山形のキャンセル。

○ 展地写真撮影。

 動いてくれないと困る。

○ 21時26分頃、北緯 32度7分0秒・東経 130度8分0秒。

 熊本地方で震度7の地震発生。
 2006年から2014年までメルマガ「人生秘中の奥義書」を発行しており、そのなかで「心のエネルギー」と中央構造線に焦点をあててよく記事を書いていた。

 今の時期は、諏訪の御柱祭りの真っただ中にある時期なので中央構造線の地図を掲載しておきます。

 概略的な地図はネットで探せるので特に関心がある地域として地図に落とし込んである地域です。

◆中央構造線◆

(1)南は熊本から始まる
(2)四国も吉野川流域を通り、
(3)淡路島と沼島の間を抜け、
(4)紀の川を通り
(5)伊勢を抜け、
(6)愛知県の豊川稲荷を通り
(7)ゼロ磁場で有名な分杭峠を通り
(8)諏訪湖に入り、糸魚川-静岡線と交差
  今の時期、御柱祭の真っ最中。
(9)ファッサマグナを縦断し、
(10)茨城県の水戸市で折れ曲がり
(11)棚倉構造線と名称を変え
(12)茨城県の西金砂山の東側を通り
(13)山形県の羽黒町を通り、酒田市で日本海に抜ける。

 北側の始まりは、山形県の酒田市。

4月16日(土)、未明の1時25分頃が熊本の本震

熊本学園4年生の大和晃さん(22)が行方不明

 未明の1時25分頃が熊本の本震。
 M7.3 震度6強。

○ 熊本学園4年生の大和晃さん(22)が行方不明。

 4月16日(土)に発生した熊本地震により、行方不明になっていた熊本学園4年生の大和晃(やまとひかる)さん(22)の、捜索が打ち切られることが決定した。

【参考】
 2015年4月22日(水)に北海道の平野瑠七さん(6)さんが行方不明と報じられていた。

4月17日(日)、南米西部エクアドル沿岸 M7.7 の地震発生

心の神様「連絡が行くよ」

 2016年04月17日08:59頃、南米西部 エクアドル沿岸で M7.7 の地震が発生。

○ 朝祝詞を奏上すると、糸井川-静岡線が黄色の線で示されてくる。

 地震の表示で黄色は「5強」に当たる。

○ 夕方、女房と車に乗って買い物に出かけると

「今日、連絡が行くよ」

 と心の神様からのメッセージだった。

○ 夜の10時過ぎ、黄色の陣羽織を着た、若い武将が現れて来た。
 建御名方神(たけみなかた)だと思った。
 心の神様からのメッセージの流れだと、建御名方神(たけみなかた)からの何らかの連絡があったものらしい。
 建御名方神(たけみなかた)、富士山方面を目指しているようにも思える。

4月18日(月)、ハマヤへ行くときの白日夢「扉が開く」

 昼過ぎに所沢インターを出て、ハマヤへ行くときに白日夢を感じた。
 進行方向前方に扉が現れて、その扉に向かって私は車を走らせている映像が重なってきた。
 車が走ると、その扉へと近づいていく。
 そして、ついにその扉が開いて、大海原(おおわだのはら)が現れてきた。

 大祓祝詞の一節に「大海原(おおわだのはら)」が2個所に登場する。
 一つは、天津罪・国津罪の後。
 二つは、瀬織律姫の後。

 直感は、最初の「大海原(おおわだのはら)」の位置だ。

 ハマヤに着いた。
 そしたら、東京で開花宣言のあった2016年3月21日(月)に和久井さんから預かった4本のタイヤに「6,600円」の値がついていた。

 4本のタイヤといえば、アルファードのタイヤを思い出す。
 盗まれた4本のタイヤが戻ってくることの暗示なのだろうか?

 2012年8月23日(木)の夢

 朝の夢。
 大きな家の玄関に私が立っている。
 中から召使と共にこの家の主人らしい人物が出てきた。
 その人物は手に「光を発している棒」をもっている。
「この棒を肩に当てても痛みを感じない人のみがこの部屋に入れる」
「その人物を私たちは待っていた」
 と告げてくる。
 私の両肩にその棒を当てると、私は痛みどころか、妙に癒される感覚を覚えた。
 特に小学校のときに壊した左肩は実に心地よかった。  

鉄格子の部屋に封じられている4名の夢

 私は、鉄格子のハマッタ部屋に入った。
 中には4名いる。
 人のように思えるのだが、妖怪のごとく醜く変じている。
 一人は背中にカメの甲羅のようなものを背負っている。
 甲羅のある人物の足に、私は手をおいて擦ってあげながら、
「どうしてこうなったの?」
 と問いかけた。
「よく判らない」
 という。  

「私が作っているお札立てを、その壁に掲示してみてはどうか」

 と提案してみると、
「御札が入っていなくとも、お札立てだけでも厳しい」  

 という。

 事情を飲み込めず、調査のために町に行って調べてみよう、ということになった。  

 家の外に出ると、部屋の外の部分の窓にも堅牢な鉄格子がハマッテいる。

 車の方に歩いていくと、どういうわけか、アルファードがお祓い所に入っていて、私たちが入れそうにない雰囲気だった。
 しかも、お祓い所の外では、中に私たちが入らないように「女の人」が宙に浮いて見張っている。  

祓い所にあるアルファード

 そのため、町に歩いて出かけたのだが、私たちを町に行かせないように、追っ手が迫ってくる。
 連れと一緒に逃げたのだが、連れは体力の限界らしく、走りきれないでいた。
 そのため私は連れを背負って逃げた。
 その連れは、長い白髪の老人に変じていた。
 走って逃げ切れるものではないと悟り、車のところまで戻った。
 車に戻ってみると、アルファードは祓え所の処で、4つのタイヤが奪われてしまっていて、身動き取れない状態だった。
 そこで目覚めた。  

「そなたのこれまでの動きを振り返っておったのじゃ」

 という天之大神の言葉であった。  

○ 目覚めてからも夢は進行していた。

 4つのタイヤが奪われたアルファードから、2つの足が生えてきて、アルファードは自由に動き回れるようになっていた。
 2つの足は赤い靴をはいている。
 フロントガラスには両目が浮かび、シッカリ動く準備が整っている。
 どうやら、アルファードに乗ることは出来るらしい。  

○ これまでの動きを振り返ってみよう。

 日本各地を周って、「怒りと憎しみ」や「妬みや恨み」という人の感情の物質レベルの根源を探ってきた。
 この「怒り」「憎しみ」「妬み」「恨み」が、堅牢な鉄格子がハマッテいる部屋に封じられているという4人の夢として現われたのだろう。
「御札が入っていないお札立てだけでも厳しい」というのだから、神に目を向けるような心性とは逆のものだと理解しうる。  

 私の動きを探る「女の人」がいることから、私には監視がつけられていたらしい。

 どういうことかを考えると、これまでの変革のあり方は、「怒り」「憎しみ」「妬み」「恨み」を封じ込めていくあり方だったのかもしれない。
 臭いものに蓋をして「事なかれ主義」を決め込む勢力も存在しているということらしい。
 「事なかれ主義」の勢力は、臭いものに蓋をしてその場をやり過ごしたいのだ。
 だから私は「事なかれ主義」の勢力から監視がつけられたものらしい。
 「事なかれ主義」の勢力は、私によって「怒り」「憎しみ」「妬み」「恨み」が解き放たれるのを恐れているかのようだ。  

 神を標榜して根本的解決を求める勢力と、神を標榜していても「事なかれ主義」の勢力でも争いが起こってきたらしい。
 「怒り」「憎しみ」「妬み」「恨み」の発生過程が論理的に説明されれば、これらの感情はこれらの感情の世界にいくことになるだろう。
 神を目指す動きと、神々に反する動きは同じ領域にあってはならぬもので、臭いものに蓋をしてはならないものだ。  

 断固やりきる。

2012年8月24日(金)に昨日の夢の続き ◆

 アルファードのある祓え所とは、元伊勢内宮(京都府)のある場所のように見える。

 この位置関係からみると、鉄格子のハマッタ部屋とは元伊勢外宮(京都府)だろうか?

 4人は鉄格子のハマッタ部屋から出ることが出来て、大きな西日が差す方に歩いていった。

 こうなると思い出すのは、平成9(1997)年7月21日(月曜日)に元伊勢外宮を参拝したとき、本殿のご神前の前で鳩山由紀夫と菅直人が密談している姿だ。

 私たち家族はその密談の動きを見届けていたのだ。

 「怒り」「憎しみ」「妬み」「恨み」を、鳩山由紀夫と菅直人が意図的に封じてきたということなのだろうか?
 鳩山由紀夫氏は平成21(2009)年9月16日(水)に、第93代60人目の首相になったし、平成22(2010)年6月4日(金)には、菅直人氏が、第94代61人目の首相に任命されている。

 お二人のあとを受けて、平成23(2011)年8月30日(火)には、野田佳彦氏(54)が第95代62人目の総理大臣に任命されている。

2012年8月24日(金)夕食後の夢。◆

 地下牢に捉えられている女の白骨化した囚人の前に立ったとき、現実の光宮(みや)が入ってきた。
 たまたま部屋の入り口をみたとき、白骨化した女の囚人の姿と光宮(みや)の顔が重なった。
 白骨化した女の囚人は白衣を着ていて、白い△巾を頭につけている。
 ここで救いの手を出さないと風化して崩れてしまいそうである。
 私は鍵を開けて座敷牢に入った。
 ところが、座敷牢に入ったのは私ばかりでなく、私に重なった王仁三郎の須佐之男命も一緒だった。
 白骨化した女囚人の前で私と王仁三郎の須佐之男命は思案した。
 水をかければ復活すると思ったので、私の涙を取り出し、かけてあげようとすると、天の声、
「それはならぬ、引き上げよ」
 急に座敷牢は、狭いエレベータに変じて、白骨化した女囚人と私と王仁三郎の須佐之男命を乗せて上昇し始めた。

 続けて、同じような場面の夢をみた。

 いくつも並んだ地下牢に捉えられている無数の囚人たち。
 地下牢の隙間から手を差し出して救いを待っている。
 地下牢の鍵を開けると、一斉に沈静化した。
 その地下牢の奥には、大将と思しき人物が端座している。
 白い△巾をつけているがまだ生気がある。

  どういう場面をみているのだろうか?



4月19日(火)、朝の夢「大きなお布団がたくさんある」

歯の治療中「夜叉のような人物が歯の根から引き出されてくる」

 朝の夢。
 私は古ぼけた大きな布団から目覚めた。
 私が寝ていた布団は結構汚れている。
 お尻を布団の上に置いて起きてみると、多くの布団が敷いてあって、その中に何人もの人が寝ている。
 中には起きていて布団の中で子供の世話をしているものいるようなのだが、そういうものは少ない。
 多くは寝ている。
 私の位置は、東南の角に当たる場所だ。
「やれやれ、みんなを起こすか」
 そういう雰囲気で目覚めている。
 みんなが寝ている布団は汚い。
 起きてから、この汚い布団の洗濯が必要だろう。
 布団が汚くなっているので、その中で寝ている人たちもホコリや汚れで煤けている。  

 目覚めて、熊本地震に関わる状況の夢だとすぐに自覚できた。

○ 歯医者での映像。
 昨年の6月から治療している右上の奥歯。
 先生が歯の根を治療していると、歯の根から膿のようなものが出てくるのが見えた。
 膿のようなものと一緒に銀色がかった白髪も引き出されてきて、それにつられて黒色の夜叉面の人物も引き出されてきた。
 役者が着るようなキンピカの衣装で右手に剣を構え、私の口の中にいる。
「くまそたける」を撃った「ヤマトたける」のイメージに近い。  

 今、熊本が揺れている。

「くまもと」さんとはこれまで何かと縁が深かった。
 20代のころの「くま」さん。
 40代のころの「くま」さん。
 50代のころの「くまもと」の人。  

 熊本は「やまとたける」の「くまそたける」征伐で有名な場所。

 さらに、伊邪那岐命と伊邪那美命の国生みの「筑紫島」に由来する場所でもある。
 平成23(2011)年4月3日(日)の夢の映像に関わるかもしれない。

(2)平成23年4月3日(日)エッチ鋼を組み立てた巨大な建造物の上部の夢。

 場面が急に変って、エッチ鋼を組み立てた巨大な建造物の上部に出てきた。
 その建造物は間もなく完成しそうだった。
 上部の空間を塞げば、完成という風にみえた。
 そこに、11時の方角からアメ車のような平べったい車に乗って「よく知った人物」が現れてきた。
 その人物は、これから塞ごうという上部の隙間に自分の平べったい車を止めて、サッサと立ち去っていった。
「そんなところに止めたらみんな困るなぁ」
 と私は思った。
 邪魔だからどかすと、あとで
「俺の車をどうしようっていうんだい」
 と因縁をつけてきそうだし、
 とはいっても、このままだと邪魔だし困ったなぁ、と思っていると
「揺すって落とすから心配ない」
 という声がした。

 その人物のために大きな揺れがくると決まった。

(※)8月14日(日)の旅行で大阪府の信貴山と並んで走る170号線を南下しているとき、タイヤの外れたアメ車のような平べったい車が信貴山方向の左側の道路わきにほったらかしにしてあった。
 8月24日(水)に記録として残す。

「ある人物」が工事の妨害を図る

 

○「般若と夜叉」の違い。

 般若とは一般にサンスクリット語(プラジュニャー) やパーリ語(パンニャー)といい 音写で 斑若、鉢若、般羅若、鉢羅枳嬢などと書き記し「智慧」のことといけれど、仏教におけるいろいろの修行の結果として得られた「さとり」の智慧をいう。
 ことに 大乗仏教が起こってからは 般若は大乗仏教の特質を示す意味で用いられ 諸法の実相である空と相応する智慧として強調されてきた。
 ところがである・・・ 
 般若面 あるいは単に般若と呼ばれる鬼女の能面は「嫉妬や恨みの篭る女の顔」として仏教用語でいう「語義」との関係は薄い。
 その由緒は般若坊という僧侶が作ったところからと一説にはいわれている。
 また『源氏物語』葵の上が 六条御息所の嫉妬心に悩まされ その生怨霊にとり憑かれた時 般若経を読んで御修法を行い 怨霊を退治したことから般若が面の名になったともいわれる。
 仏教用語としての般若が一般的で現代では「般若」を「般若の面」の意味 さらには
「嫉妬や恨みのこもる女性」
 なくなったという意味で用いることもあり 能の葵上や道成寺などで般若面が用いられるのはこのためなのだろう。
 一方 夜叉はパーリ語の yakkha の音写で その訳は「暴悪・捷疾鬼・威徳」等古代インド神話に登場する鬼神であるがのちに仏教に取り入れられ護法善神の一尊となったものらしい。
 一般にインド神話における鬼神の総称であるとも言われるが 鬼神の総称として他にアスラ=阿修羅という言葉も使用されている。
 夜叉には男と女があり 男はヤクシャ 女はヤクシーもしくはヤクシニーと呼ばれ財宝の神毘沙門天の眷属と言われるが 一方で人を喰らう鬼神の性格も併せ持ったという。
 この男鬼神ヤクシャは森林に棲む神霊であり 人間に恩恵をばもたらす存在でもあると考えられ 樹木に関係するところから聖樹と共に絵図化されることも多いとのこと。
 また水との関係もあり「水を崇拝する」といわれたので yaksya と名づけられたという語源説もあるらしい。
 バラモン教の精舎の前門には一対の夜叉像を置き これを守護させていたといい現在の金剛力士像はその名残であるともいうらしい。
 結論としては、鬼は男を指し、女の時は鬼女となるが、奇しくも同格ではない。
 しかし、般若となれば話は変わり女なのである。
 ところが夜叉となるとこれが...男と女が「同格」でいることになっている。

4月20日(水)、朝の声「私の活動を支えてくれているこの体に感謝する」

私の携帯の名義変更手続き日

 朝起きるときの声。
「私の活動を支えてくれているこの体に感謝する」
 という何とも言えぬ幸福感に包まれて目覚めた。
 「私」が、私の体に向かってお礼を言っている。  

4月9日(土)に決まっていた私の携帯の名義変更手続き日。

 次の日の4月21日(木)に機種変更手続き。

4月21日(木)、機種変更手続き

 私のスマホの機種変更手続き。

4月22日(金)、「心神」のテスト飛行(小牧から各務原へ)

夕方に見た夢2つ「私の大きな手が」「ジェット機で成層圏へ」

今日の月は「ミニ・ピンクムーン(満月)」

熊本の地震は、18時28分に記録され、その後起きていない

 「心神」のテスト飛行。
 航空自衛隊・小牧基地(愛知県小牧市)を飛び立った「心神」は30分後、空自・岐阜基地(岐阜県各務原市)に着陸を果たした

○夕方に見た2つの夢。

(1)最初の夢。
 私は大きな手を持っている。
 私の大きな手が人を救い上げようと高層ビル群に触ろうとしている。
 私の人差し指の大きさは新宿の高層ビルの一棟よりも大きい。
 人を救い上げようとすると、高層ビル群が邪魔になってしまうようだ。
 これはとても大事な夢だと、夢の中で思っている。

(2)2番目の夢。

 私たち(5名)は飛行場にいる。
 ジェット機にグライダーを繋いだような飛行体にそれぞれが乗っている。
 ジェット機が発進した。
 自分が乗っているグライダーのようなものも上空に引っ張られていく。
 大気があるうちは快適だった。軽い眠りに入ることもできた。
 しばらく行くと、地球の重力が弱くなり、空気が少なくなってしまう地点があった。
 その地点でみんな居心地が悪くなって目覚めたようだ。
 成層圏のある地点で何らかの作業を行ったようだ。
 成層圏のある地点に神様の経綸が置かれているポイントがあるらしい。

 この夢を見終わって18時40分頃、女房が仕事から帰ってきた。

 中野のレコード店に行くときこの話をした。
 心の神様は「旧暦」で考えると良く解るという。
 自宅に戻り、旧暦を調べると今日は満月だ。  

○ 今日の月は「ミニ・ピンクムーン(満月)」。

 今日は2016年の満月のなかで月が一番遠くにいる日で、今日の満月は「今年、一番小さな満月」だ。
 東京の日の入りは18時20分。
 東京の月の出は18時21分。  

○ 熊本の地震は、18時28分に記録され、翌日4月23日 22時6分頃まで起きていない。

4月23日(土)、タイヤに釘が刺さっている

昼前に心臓の内部に急に人物を感じる

右回転と左回転する運動体が爆発・噴煙

これまでを振り返っておこう

 朝ガソリンを入れながらタイヤの点検をした。
 なんとタイヤに釘が刺さっていた。  

 自動車屋に持って行って修理。

 4月9日(土)のパンクに続くものだ。
 4月9日(土)は、午前中に2件の仕事をして、自宅に戻り、ソフトバンクに行こうとしていたら左後ろがパンクだった。
 このとき、前のタイヤの空気も少し足りなかったような気がする。  

○ 昼前に心臓の内部に急に人物を感じる。

 神でも人でもないということだが、それでは一体何だ?
 誰かが私の審神をしているようだ。
 審神者の気配を感じ取っているようだ。  

○ 夕方の夢。

 中心が爆発する夢。
 右回転する円。
 下部には相対的に左回転する円がある。
 この運動体の中心から爆発が起こった。
 この爆発の噴煙の中から、大きな装置が現れてきた。
 この大きな装置は噴煙を吸収しているかのようだ。
 この装置のイメージは、ダイソーの掃除機の吸引装置部のゴッツイ感じだ。  

○ これまでの流れを振り返っておこう。

(1)2月6日(土)、「あなたが動かなければ、夢の通りになるでしょう」
    天照大神の声だと思った。
(2)2月7日(日)、旧暦の年末。
   「千引岩(千曳の岩戸)」のメッセージ。
   北朝鮮、ミサイル発射。
(3)2月8日(月)、旧暦の新年。
   倭さんに「千引岩(千曳の岩戸)」を共に開けよう、と要請。
   日本橋で新月の会。
(4)2月13日(土)、朝の夢「淡道之穂之狭別島がビブラート」。
   「千引岩(千曳の岩戸)開き」は6月11日(土)になった。
(5)2月17日(水)、朝の夢「伊邪那岐命・伊邪那美命の国生み」。
   「ゆうあい熊野館」に予約。
(6)2月26日(金)、「動かしてもいいですか?」(女神の声)。
(7)2月27日(土)、朝の夢「3匹の犬。縮む中心、広がる周辺」。
(8)3月3日(木)、朝の声「区切りを付けられよ」「それでよいのじゃ」。
   北朝鮮、日本海に向けて「短距離の飛翔体」を複数発射。
(9)4月8日(金)、右下の一番奥の歯が痛む。
   千引の岩戸開きの発声練習の開始。
(10)4月9日(土)、千引の岩戸開きの発声練習、奏上文の書き出し。
   実加の名義から私の名義に(4月20日に)。
   「そなたの恐れるものは無くなった」(国常立尊)。
(11)4月10日(日)、西金砂神社と筑波山神社。
   「あなたさまをここでいつもお見守り申し上げておりました」
    (伊邪那美命)。
(12)4月11日(月)、黒いイソギンチャクが離れる映像。
(13)4月12日(火)、8日と11日に痛くなった右の下奥歯の治療。
(14)4月14日(木)、朝に国常立大神、午後に豊雲野大神。
   21時26分頃熊本地方で震度7の地震。
(13)4月16日(土)、未明が熊本の本震。
(14)4月17日(日)、南米西部エクアドル沿岸 M7.7 の地震発生。
(15)4月18日(月)、ハマヤへ行くときの白日夢「扉が開く」、大海原へ。
(16)4月19日(火)、朝の夢「大きなお布団がたくさんある」。
   昨年から治療している右上奥歯の治療中「夜叉のような人物が歯の根から引き出されてくる」。
(17)4月20日(水)、朝の声「私の活動を支えてくれているこの体に感謝する」。
(18)4月22日(金)、「私の大きな手が超高層街に降ろす夢」
   「ジェット機に引っ張られて成層圏へ行く夢」
   今日の月は「ミニ・ピンクムーン(満月)」

4月24日(日)、朝の夢「昨日の夕方の物体が現れる」

実加のデート(?)

乳白色の透明な世界「よく訪ねてきてくだされた」

 朝の夢。
 昨日の夕方の夢の続きだと思う。
 思う思い方が左回転で、それに対する現れが右回転となり、全体として水状態の回転体のように現れる。
 昨日の夕方のモノよりも小ぶりのモノが現れている。  

 そのモノに対して2つ対策が取られようとしているかのようだ。

(1)弓矢が取り出され、リングの中央を射抜く方法。
(2)棒状のモノ(笛?)が取り出され、その棒状から発する「音」による対策。
 屈託のない花を咲かせたいのに、不足によるいろんな思惑が邪魔してくる。

<参考>

【宇宙】地球の『100兆倍』の水、120億光年も彼方に発見(2011.07.26の記事)

 地球からはるか120億光年離れたクエーサー(准恒星状天体)に、地球上の海水の100兆倍の水が存在することが、科学者らの研究で明らかになった。
 地球の340億倍の質量を持つこのクエーサーを分析していたコロラド大学ボルダー校のジェーソン・グレン准教授らが、数百光年の範囲に広がる大量の水蒸気を発見した。カリフォルニア工科大学がハワイ島マウナケア山に設置している天体望遠鏡で、分光器を使って観測された。
 120億光年離れた天体を観測すると、見えるのは120億年前の姿だ。宇宙は136億年前のビッグバンで誕生したと考えられているが、その16億年後にはすでに水が存在していたことになる。

NASA提供
 引用先:http://www.cnn.co.jp/fringe/30003490.htmlからの引用

 昨日と今日の2つの映像に対しての評価。

 昨日の映像は、宇宙の水の中心が爆発したと捉えるのが妥当らしい。
 そうすると今日の映像はなんだろう、
 ・・と考えていると
「そなたじゃ」
 という声であった。  

○ 実加のデート。

 この年代では楽しいだろうな。

○ 乳白色の透明な世界に到着。

「良く訪ねてきてくだされた」
 という声だ。
 私はどこに行っているのだろう。
 かむろぐ、かむろぎ、かむろみの世界と思っているのだが、ひょっとすると、光の届かない熱の領域なのだろうか?
 光の届かない熱の領域だから、光は「」でないと入れないはずだ。

4月25日(月)、店舗「無理じゃの、ただ妙案がある」

五輪エンブレムの決定、白人と胡久美を想起させる事件

「国生みの島・淡路」日本遺産に認定

 歯医者の治療にいくとき、ポールさんの学校跡が貸しに出されているので業者に問い合わせをしてみた。
 賃料:23万円
 補償金:130万円

 ということであった。

 治療の帰り、物件を見ながら
「無理だな」
 と思っていると
「無理じゃの」
「ただ妙案がある」
 という声だった。

 キレイになった竜神さんの声らしい。

 土地と建物の神様の声のようだ。

○ 五輪エンブレムの決定。

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4月25日(月)、東京都内で理事会を開き、旧作品の白紙撤回で選び直した公式エンブレムを「組市松紋(くみいちまつもん)」がタイトルの作品Aに決めた。

○ 白人と胡久美を想起させる事件。

 生まれたばかりの男児を殺害したなどとして、新潟県警は4月25日(月)、アルバイト作業員中村栄志容疑者(65)=同県糸魚川市歌=を殺人と死体遺棄の疑いで、娘の無職中村一美容疑者(28)=愛知県半田市幸町=を殺人の疑いで、それぞれ逮捕し、発表した。
 容疑について、栄志容疑者は否認、一美容疑者は認めているという。
 捜査1課によると、両容疑者は2014年夏ごろ、糸魚川市内の自宅で一美容疑者が出産した男児の首を刃物で切って殺害した疑いがある。
 栄志容疑者はその翌日ごろ、遺体を遺棄した疑いがある。
 一美容疑者は栄志容疑者の結婚相手の子どもで、男児は両容疑者の子どもだったという。

 場所は親不知海岸の近くだ。
 糸魚川市大字歌261番地ノ2に羽黒神社がある。

○ 「国生みの島・淡路」日本遺産に認定。

 文化庁が25日発表した日本遺産に、県内から淡路、洲本、南あわじの3市による
《「『古事記』の冒頭を飾る「国生みの島・淡路」〜古代国家を支えた海(あ)人(ま)の営み〜》
 が選ばれた。
 古代から現代に至る島の歴史的ストーリーが認定されたことに、活動にあたってきた3市や団体の関係者らから喜びの声が上がった。
 3市は昨年度も「日本のはじまりの地 淡路島」として申請したが、歴史的事実の羅列が多くストーリー性が不十分だったこともあり選ばれず、県内からは篠山市の「丹波篠山 デカンショ節 民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶」が選ばれた。
 そこで3市と県、淡路青年会議所などが連携を深めようと昨年6月に「淡路島日本遺産委員会」を発足。
 漁業や航海術を備えた淡路島の海の民「海人」に焦点を当てストーリーを練り直した。
 申請内容には昨年4月に南あわじ市で見つかった弥生時代前期〜中期の「松帆銅鐸」の話も新たに盛り込み、古事記の「国生み神話」の背景にある人々の営みをアピールした。

4月26日(火)、舛添都知事の公私混同疑惑の発端「公用車の使用」

「舛添さんの奥さまは、大きな宗教団体の幹部」

 4月26日16:02の文春Webで舛添都知事が公用車で温泉地別荘通いを報道。

 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6115

 さらに週刊文春の4月27日発売の5月5日・12日ゴールデンウィーク特大号で
「去年の4月から11月までに公用車を使っての湯河原に通った回数が驚きの48回。」
 と報道。
 さらに妻の舛添雅美(ますぞえ まさみ)についてのデヴィ夫人が暴露も話題になる。
 デヴィ夫人が暴露した嫁は創価学会幹部で実家は湯河原。
「舛添さんの奥さまは、大きな宗教団体の幹部だということですけど、これもまずいと思いますよ。」

http://mikarin1215.com/seijika/6571/

舛添雅美(ますぞえ まさみ)
1964年1月6日生まれ。
神奈川県湯河原町生まれ。

4月27日(水)、糸魚川に電話「糸魚川に行く日程」

胸騒ぎが続く

 昼前に糸魚川に電話。
 5月4-5日(水-木)におじさんを尋ねる、と伝える。

○ 昼過ぎから続く胸騒ぎ。

 胸に遣えているものがある。
 糸魚川に電話しているので、糸魚川に関連しているものなのだろう。

4月28日(木)、朝の夢「両手を広げて糸魚川方面をみる」

 朝の夢。
 いくつかの場面の夢を見ているのだが、よく覚えてない。
 最後の場面だけは覚えている。
 私は、小高い丘に立って、糸魚川方面を見て、両手を広げてみている。

 心の神様に尋ねると、

「天之御中主神様はどこにおられるの?」
 という逆質問だった。
「天之御中主神様は富山県の剣岳に居られる」
 と答えた。
 下の地図が、剣岳と糸魚川の位置関係だ。

 胸に遣えているものがある。
 糸魚川に電話しているので、糸魚川に関連しているものなのだろう。

○ 同じ流れで心の神様が、

「5月4日(水)だよ」
 と言われる。

○ 天之御中主神(あめのみなかぬし)に関わる記録。

 2009(平成21)年1月1日(木)8時、
「あめのみなかぬしのみこと、おでましになられる」
 2009(平成21)年の2月14日(土)から奈良県を集中的に周り始めている。

 2013(平成25)年9月22日(日)、心の神様
「天之御中主命、今出陣!」
 前日の2013(平成25)年9月21日(土)、東京の九段下で「先生」の出版記念講演会を行っている。
 また、2013(平成25)年10月2日(水)夜8時から、伊勢神宮内宮の遷御(せんぎょ)だった。
 2014(平成26)年1月28日(火)
「あめのみなかぬしのみこと かしこみかしこみまおうす」
 2014(平成26)年というのは、音響椅子の現実化のために淡路島に関わり始めた年だ。
 淡路島では印鑑。
 これが伊邪那岐神宮とのご縁になった。

5月3日(火)、諏訪-糸魚川に向けて出発するため仮眠

 諏訪-糸魚川に向けて出発するため仮眠。

5月4日(水)、諏訪湖と糸魚川、4月28日に指定された日

(1)御射山神社
長野県諏訪郡富士見町原村。

(2)洩矢神社
 長野県岡谷市川岸東1丁目12

(3)藤島神社
 長野県岡谷市川岸上1丁目1

 藤島神社の東北隣地は「成田町2」に当たる。
 千葉県成田市の麻賀多神社から、山形県の藤島町に成田の先祖は渡った。
 遠い昔、同じような伝承がこの周辺に残っているような微かな予感がしてた場所だ。
 建御名方神(たけみなかたのかみ)の入諏訪伝承地に当たっている。
 諏訪湖の御釜を挟んで両側にあたる。

藤島神社と洩矢神社

5月5日(木)、糸魚川市

 糸魚川市の天津神社。
 糸魚川市の親不知海岸
 糸魚川市の羽黒神社
 糸魚川市の能生白山神社。

5月7日(土)、日本を知る会(小林充先生)、桃色の携帯電話

6月の予定のキャンセルの知らせ

 日本を知る会。
 講師は潜在意識のプラスイメージ活用法の小林充先生。
 勉強会が終わって片付けをしていると、香川のAKZWさんと佐渡島のTKMTさんが私のところにやってきて
「この人の同じ携帯なんだよ」
 といって見せてくれた。
 佐渡島と伊予の二名島だ、と思った。

○ 倭さんから、6月の予定のキャンセル連絡が日本橋にあり。

 4月9日(土)、千引の岩戸開きの発声練習と奏上文を書き始めたら、タイヤのパンクだった。
 4月23日(土)、タイヤに釘が刺さっていることを発見。
 昼前に心臓の内部に急に人物を感じる(審神者がいるようだ)。

5月8日(日)、6月の予定の神様会議、新月の会

天照大神と瀬織津姫神

 倭さんから6月の予定のキャンセル連絡が日本橋にあったことについて、神様会議。
「千引の岩戸は神様で開ける」
 と決定されたようだ。

○ 日本橋で新月の会。

 新月。4:30

 日本橋で新月の会。

 新月の会で天照大神と瀬織津姫神について話すことになった。
 瀬織津姫神についてはそんなに深く考えたことはなかったのだが、なぜかしら知っていた。

5月9日(月)、6月の予定の対処

 日本橋と6月の予定に対処。
 千引の岩戸は神が開ける。

○ 日本橋に小道具を持って行こうと伝える。

○ スマホが着いたという連絡あり。
 タイヤがパンクした4月9日(土)に注文していたものだ。

5月10日(火)、「アワのうた」を聞きながら目覚めた、琴の入手。

アメリカが3回目の「航行の自由」作戦

糸魚川の石井さんの助手から電話、千葉の石井さん

オバマ大統領が広島訪問と発表

「アワのうた」を聞きながら目覚めた。

 あかはまな

 いきひにみうく
 ふぬむうけ
 へねめおこほの

 もとろそよ

 をてれせゑつる
 すゆんちり
 しゐたらさやわ

○ 三原台の三浦さん。

 琴とクラシックのCD。

○ 米海軍のイージス駆逐艦「ウィリアム・P・ローレンス」が、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島にあるファイアリークロス(永暑)礁で現地時間の10日、「航行の自由」作戦を実施した。
 中国を牽制(けんせい)する同作戦は昨年10月、今年1月に続き3回目。
 ファイアリークロス礁で中国が造成した人工島には、3000メートル級の滑走路など大規模な施設が建設されている。
 米国防総省によると、駆逐艦は10日午前、中国に事前通報することなく、人工島から12カイリ(約22キロ)内を通過した。
 軍事行動を伴わない「無害通航」だとしている。
 一方、中国国防省は10日、米イージス駆逐艦に対し、戦闘機を緊急発進(スクランブル)させたほか、軍艦船を現場海域に派遣し離れるよう米軍側に警告したことを明らかにした。

○ 糸魚川の石井さんの助手から電話。

 おじさんの右肩に痛みが走って、現在固定しているという状況報告。

○ 千葉の石井さんから電話、これには困った。

 李さんと18時過ぎにようやく連絡が取れた。

○ オバマ大統領が広島訪問と発表。

○ 歯医者に行くのを忘れてしまった。

5月12日(木)、父親の命日に歯医者の治療、右下奥歯の親不知の追加治療

 今日は父親の命日。
 「あわうた」と琴の届いた5月10日(火)に歯医者に行くのを忘れてしまって、今日の午前中に歯の治療。
 この時、右下奥歯の親不知の追加治療も始まった。
 しかし、治療後ズっと歯が痛い。
 痛み止めを利用。

5月14日(土)、母親の命日に歯医者の下の右下奥歯の再治療

小林充先生に礼状を書き始める(1)

 今日は母親の命日。
 5月12日(木)に治療した下の右奥歯がズキンズキン痛む。
 急きょ、歯科医院に駆け込んだ。

○ 小林充先生に礼状を書き始める。

5月15日(日)、小林充先生に礼状を書く(2)

糸魚川へ向けて私の矢が飛んでいく

 小林充先生に礼状を書く。

○ 夕方休んでいるとき、

 糸魚川へ向けて私の矢が飛んでいく。
 私は
「オジサンがいるので嫌だ」
 と言ったのだが、
「時がせまった故、発射」
 という指示だった。
 一斉に矢が糸魚川に飛んで行った。
 糸魚川に何があるのだろう?

 熊本の「みやま彦」の不動岩と「みやまの里」、どういう関係?

5月16日(月)、朝の夢「神DOが踊り場で待っていた」

小林充先生への礼状の清書(3)

右下奥歯の治療中ヒラリー・クリントンが

三井寺金堂裏の九頭龍を象徴するモノ

 朝の夢。
 私が上空から階段の踊り場にたどり着くと、踊り場で神DOが待っていた。
「ここで何してるの?」
 質問すると、
「これから御神事をしようと、人を待ってるんだよ」
 という返答だった。
 しばらくたわいのない会話をしていると、踊り場の下の方から4-5名の人物が階段を上がってくる。
「成田さんもどう?」
 と誘われて、階段を上がっていった。
 御神事の内容は、今日金龍が現れるらしく、金龍の力をお借りする御神事のようだった。
 各自が各々、韓国語で呪文のような奏上文を唱えていくと、右側(あるいは東側)の神社から、金色の煙のような物体が現れてきていた。
 私には金龍には見えなかったのだ、何人かがその金色にたなびく煙を見て
「金龍が現れた」
 と納得顔の様子だった。
 御神事をやったのは、神DOをいれずに3名の男性だろうか。
 もう一人若い女性がいた。
 その女性は悲しい顔で神社に向かって中国語で歌い始めた。
 その哀れな歌にその場はうたれ静かな雰囲気になった。
 神社に向かって自分の地域の状況を報告しているだけだったが、彼女の思いは神社に伝わっていたようだ。

 目覚めて、変な夢を見たと思った。

 夢の中で、韓国語の呪文のような奏上文を聞いたし、中国語の神への奉納歌を聞いた。
 どういうことなのだろう?

○ 目覚めて、小林充先生への礼状を清書した。

 心の持ち方の整理にもなる。

○ 午前中に歯医者。

 右下奥歯の治療しているとき、ヒラリー・クリントンが現れてくる。
 なんでヒラリー・クリントンが現れてくるんだろう。

○ 夕方の白日夢。

 朝の夢の続きだと思う。
 踊り場の階段の下から、今度は少し図体の大きなモノ達の一団が上がってきた。
 こちらは「荒くれもの」の感じだ。
 朝の夢で、御神事をやった場所に集まり、気勢をあげている。

 この夢は、2012年8月24日(金)の座敷牢の場面の続きではなかろうか?

 この座敷牢のカギは、昨年senjyuさんに渡されていて、senjyuさんが開けているはずだ。
 カギが開けられているにも関わらず、このモノ達は座敷牢から出てこなかったのだ。
 よく考えてみれば、牢獄は安全な場所だ。
 逆から見れば、牢獄では三食付いているし、身の安全が保障されている。
 牢獄の中に悪事の本部を置いておけば誰も手出しできなくなる。
 昨日、糸魚川に向けて私の矢が射られたのは、牢獄の解体と撤去のためだったのではないか?

 ここまで考えてくると、九頭龍について思い当たることがある。

 箱根芦ノ湖に対応する九頭龍を象徴するモノと
 糸魚川-関山-戸隠に対応する九頭龍を象徴するモノと
 三井寺金堂裏の九頭龍を象徴するモノの三者がいる。
 これで納得できた。

(※)この記事を書いているときに茨城県南部で震度5弱の地震発生。

5月17日(火)、小林先生への礼状の完成(4)先生の連絡先を聞く

糸魚川で爆発の白日夢

 小林先生への礼状の完成。
 それを受けて、日本橋から先生の連絡先を聞いた。

○ TFに行く途中での映像。

 5月15日(日)に糸魚川に向けて放たれた私の矢が、
 ボコン!
 ボコン!
 と、爆発し始めた。

 運転しながら

「それでよいのじゃ」
 という声が聞こえてくる。
 TFでの金額はちょうど「1万円」だった。
「千」という単位がない。

○ 17時前、展地に先生への郵便の発送を頼んだ。

5月18日(水)、鉄のゴツゴツ感のある足環、休業補償のために会社謄本

東武東上線の中板橋―大山駅間で、普通電車(10両編成)が脱線

mika first kiss?

 朝の歯磨きのとき、私の両足に鉄のロボットアームのようなゴツゴツ感のある足環が現れていた。
「まだ、こんな足環がハメられているんだ。」
 少しショックだった。
 しかし、よく考えれば、身動きが取れない状態なの足環があってもおかしくない状態だ。

私の両足の足環

 下のような輪を見たのは2011(平成23)年5月31日(火)の朝の歯磨きのときだった。
 昨年の2015年2月16日(月)に、足にかけられていた輪が黄金のステージに変じていくような直感を得たのだったが、ロボットアームのようなゴツゴツした足環がまだあるんだ。

私の両足の足環

○ 休業補償申請のために資料の作成。

 会社謄本の申請。

○ 5月18日(水)午後0時16分ごろ、東京都板橋区の東武東上線の中板橋―大山駅間で、成増発池袋行き上り普通電車(10両編成)が脱線した。
 東武鉄道が詳しい原因を調べている。

○ 昼前に会社謄本を取って、横浜に配達。

 5月10日(火)に届いたお琴の配送。

○ 実加の夜が遅い。

 mika first kiss?

5月19日(木)、「今日じゃぞ」という声で目覚める

続いて「今日ですよ」という念押しの声、休業補償請求の提出

木花咲耶姫神「これからは私が受け持ちます」

   「姉の世界に行っていただいてありがとうございます」

 日が変わって何度かトイレに起きた。
 昨日の申請書類がうまく作成できるかどうか不安で、気持ちが落ち着かない。

○ 朝起きるとき、

「今日じゃぞ」
 という男の声で目覚める。
 起きると
「今日ですよ」
 と女の人(保険の中田さん?)の念押しの声だ。
 男の声は、神様(素戔嗚命)で、女の人の声は、保険の担当者の中田さんの声のようにも聞こえるが?

○ 昼過ぎに、休業補償書類を書き上げてポストに投函に行った。

木花咲耶姫神  その時、突然、神様辞典に掲載してある姿の木花咲耶姫神が現れて次のように言われた、
「これからは私が受け持ちます」
「今まで姉の世界に行っていただいてありがとうございます」
 という木花咲耶姫神からの感謝の言葉だった。
 休業補償請求の女性の中田さん、大阪の小林充先生が密接に関わって木花咲耶姫神のこの言葉があるようだ。

○ 過去を振り返ってみると、

 2009年3月8日(日)に奈良県の室生寺に行ったとき、宇陀市の八咫烏神社の神から
「そなたのこれからの苦労を見るに忍びない」
「立ち寄っていかれよ」

 と誘われ宇陀市の八咫烏神社に参拝に行っている。

 2009年というのは、9月16日(水)に鳩山由紀夫氏が第93代60人目の首相になった年で、未曽有の問題を抱える始まりになった年だ。

 翌年2010年6月4日(金)に鳩山由紀夫首相の辞任を受けて菅直人が総理大臣になった。
 菅直人の組閣の中日に当たる2010年6月6日(日)、物部神社の可美真手命(うましまち)がやってこられ、
「出雲のことは横に反れていて、そなたたちが痛手をこうむるぞ」
「しばらく待たれよ」

 という警告だった。

 可美真手命(うましまち)の警告に対して、もう一度御神意を問うように求めた。
 翌日、可美真手命(うましまち)
「そなたの言う通りであった」
「そなたたちと共にいよう」

 ということであった。

「全体が動くので個々のことは心配に及ばぬ」
 神様からの言葉だった。

 振り返ると、本当に全体が動いたな。

 上のように、2009年3月と2010年6月に、これから未来の苦労や痛手に対する助言を受けている。
 今日の木花咲耶姫神からの言葉は、2009年3月と2010年6月に助言を受けた苦労や痛手が緩和していく方向に動いていくということだろうか?
 本当の苦労は、2008年3月19日(水)から始まった。

○ 小林先生への手紙は昨日着いているはずだ。

 木花咲耶姫神のお声がかかるということは、小林先生が手紙を手にされたということかもしれない。

5月20日(金)、朝の夢「配送途中の川崎で道に迷う夢」

 〜 同じ配送の仕事でも配送エリアが違う

「金の延べ棒」の白日夢、電気のシャットダウン

「ひふみ ふじのいし」発見

22時12分に会社の携帯に電話があったその人は

 朝の夢。
 昔の配送の仕事をしている夢だ。
 寝過ごして起きれず、自分の配送の仕事に取り掛かれない夢だった。
 鈴木さんがちょうど配送に出かけようとしていた。
 鈴木さんに事情を説明し、鈴木さんの仕事を手伝ってから、自分の荷物の置いてある場所に連れて行ってもらおうと考えてた。
 鈴木さんの配送車に乗り込んで配送の仕事を手伝い始めた。
 鈴木さんの配送車の荷台は綺麗に整理されていて、どこに何を下ろしたらいいか一目瞭然になっていた。
 最初のお店(寺尾だろうか)の坂に留めて荷物を下ろして出発するとき、何故かしら私だけ歩いて次の販売店に行くことになった。
 昔は何度も配送に来ている場所だったのだが、今では地図状況を忘れていて、次の販売店にたどり着けなくなった。
 さらに悪いことに自分がどこにいるのか鈴木さんに知らせることができなくなってしまった。
 鈴木さんも私を探せなくて困ってしまっている。
 遅れてもいいから、なぜ自分の仕事の荷物のところに行かなかったのか、非常に後悔しながら目覚めた。
 自分の荷物のところに行けば、救援隊に要請もできるし、何とか自分の仕事をこなすことはできたはずだ。
 鈴木さんにも迷惑をかけることになったし、自分が配達すべき荷物を誰が配達するのだろう。

○ 上の夢って、世間ではよくある事例だろう。

 今の状況に置き換えて類推してみる。
 今週は出品していない(寝坊)。
 あるいはまだ店の出店まで行っていない(寝坊)。
 そのため、誰かに手伝ってもらおうとしている。
 相手の配送という同じ仕事を手伝ってから自分の仕事に連れて行ってもらおうと思っているのだが、しかし相手の配送店の最初の店で自分が迷子になってしまう。
 相手の課題(配送荷物)は明確なので、時間通りに配送せざるをえない。

 今週の過ごし方に対する警告の夢だと思う。
 とにかく出品だ。

○ 朝お風呂に入っているときの「金の延べ棒」の白日夢。

 朝の夢の私の荷物の前に立っている。
 私が運ぶ荷物はかなり大きい金の延べ棒だった。
 高さ1.5メートルくらい、
 長さ6-7メートルくらい
 奥行き2.5メートルくらい、
 この金の塊の前に私は立っていると初めて自覚した。
 これをどのように現実化し、多くの人に届けるかが問題だ。

 今の仕事の規模をどのように大きくするかだな。

○ 電気のシャットダウン。
 販売できるものをアチコチ探して、
『ひふみ富士のいし』
 を発見。
 神様事(かみさまごと)で達成したことであるが、最初の執着になっている。
 この時のモノを全て処分すると決めて、全て引っ張り出した。

○ 履歴をみると、22時12分に岡田さんから電話があった

金の延べ棒」の白日夢を見た日の電話だ。

5月21日(土)、お風呂での夢「干からびて崩れゆくタランチュラ」

〜蜘蛛とは癖のある「思い方」「考え方」の象徴だ

中野サロンが5月で終了という連絡

心の神様「倭の日巫女(やまとのひみこ)」

 朝、お風呂に入っているときの夢。
 頭の中で、大きなタランチュラが、黒く干からびて、今にも崩れそうになっている。
 この映像を見て、蜘蛛というのは「考え方」「思い方」の象徴だと自覚した。
 自分の中に毒をもつタランチュラの映像を見るということは、自分の「考え方」「思い方」の中に「毒っ気」の部分があるということになる。
 これが私のブラックユーモアの源だった。

 考える考え方の癖、思う思い方の癖はなかなか治らない。

 私の斜めから見るモノの見方は「小学校5年生」のときに、確かにあった。
 先生の対処の仕方がおかしいと思ったのが原因だった。
 中学校の時のテニス部の白幡先生のときも変だと思った。

 こうして、考える考え方の癖、思う思い方の癖が固まってきたのかもしれない。

 神様世界で蜘蛛で象徴される意味は、癖のある「思う思い方」「考える考え方」だということになる。

2014年5月29日(旧暦の5月1日)(木)、迫り来るタランチュラの夢を見ている。

 この時は、中野を音響椅子の販売の拠点にしようというのが趣旨で動いている時期で、2014年6月7日(土)の伊弉諾神宮の本名宮司のお話しの日に、中野サロンの鍵を頂戴したのだった。
 もしこの干からびたタランチュラがこの時のモノだとすると、この考え方が終焉しつつあるということだ。

2014年5月29日(旧暦の5月1日)(木)、迫り来るタランチュラの夢を見ている。】

 朝起きる時の映像。
 私の胸に上ってくるタランチュラ。
 タランチュラが私の顔面を覆ってきて身動きがとれない状態になった。
 今の状態で動くのは危険だ。
 危険が過ぎ去るまでは流れに身を任せるだけだ。

○ 19時18分に、岡田さんから電話があった。

「中野で母と試聴したい」
 ということであった。
 履歴を調べてみると「金の延べ棒」の白日夢を見た日の22時12分に着歴を残している人だった。
 千引の岩戸開きの奏上文を書き始め4月9日(土)の顧客だ。
 この時はソフトバンクに行くとき、後ろのタイヤがパンクしていた。
 これを受けて中野の手配を進めた。
 手配の途中で
「5月末で閉鎖」
 ということだった。

○ 心の神様が、

「倭の日巫女(やまとのひみこ)」
 と言ってくる。

5月22日(日)、満月でウエクサ祭

中野で岡田さんの試聴

 満月でウエクサ祭。

 パソコンから「1370」のレジストラエラーが検出された。

 この「1370」のレジストラエラーが検出とはどういうことだ?
 余分なことを言うな、ということだろうか?

○ 夕方5時から試聴。

 試聴しているときのイメージは、私に関わる関係性を顕在化させてくれる力があるらしい。
 4月9日(土)の車の左後輪のパンクは、千引の岩戸は人の力で開けてはいけない、という意味だったようだ。
 5月20日(金)の夜10時過ぎの電話は「金の延べ棒」の白日夢を見た日の電話だ。
 さらに、翌5月21日(土)に「干からびたタランチュラ」の映像を見た日に電話をもらい、中野サロンの終了ということを知った。

 試聴が終わって、サロンは5月で終了を告げると。

「今日じゃないと無理だったんだ」
「なんていうタイミングでしょ」
 という述懐だった。
 本当だ。

 岡田さんと夕食をご一緒にすると

「私には、話している人がお金持ちになるかどうかが何となく分かる」
 と言っていた。
成田さんは、お金持ちになられるわよ
 ということだった。

5月23日(月)、2016年の「144日目」の日

朝目覚めるときの夢「網構造体の上に立っている私」

モンスターズインクのサリバンの左手、怖がらせ屋の成田

糸魚川の写真の注文、写真から抜け出る映像

歯の治療中、浅間大社に行った平成13(2001)年のジャンパー姿の母

ソフトバンクから携帯到着の連絡

 1月1日を含めた日数で今日が2016年の「144日目」の日。
 1月1日を含めないと翌日5月24日(火)が「144日目」の日。

○ 朝起きるときの夢。

 薄暗さのなかで、白い網構造体の上に立っている自分がいる
 夢を見ながら、
「スゴイ」
 と喜んでいる自分がいる。

○ モンスターズインクのサリバンの左手が自分の左手から出てくる。

 優秀な“怖がらせ屋”一族の出身で、天性の“怖がらせ”の才能に甘えている自惚れ屋。
 巨体に恐ろしい吠え声という恵まれたルックスと技を持ち、いつでも余裕のデカい態度は注目の的。
 超難関の“怖がらせ学部”に楽勝で入学し、“怖がらせ”の実技は常にトップ。
 彼の脳ミソには「努力」という文字はない。
 だが、そんなサリーも、今までひとりで背負ってきた“優秀な一族のプレッシャー”に負けそうになる。

 おそらく「恐怖」が離れようとしている。

 畏れ畏敬恐怖は違う。
 前野社長から
お前は恐ろしいヤツだ
 と言われたことがあった。
 というと、自分の中に怖がらせ屋の「サリバン」が内在していたのかもしれない。
 ブラックジョークの成田と怖がらせ屋の成田。
 この2つの属性はどちらも私だ。

○ 起きてすぐに中野への送金のため7-11に行くが、ATMがまだ動いていない。

 続けて、発送準備するために、光が丘の郵便局でレターパックプラスを求めに行ったのだが、時間が早すぎて光が丘はやっていなかった。

○ 女房「写真を送ってあげないと心置きなく旅立てないよ」

 すぐさま写真の編集をして画像の注文した。
 午前中に糸魚川に速達で投函。
 明日には到着する。

○ 歯医者に行くとき、糸魚川の集合写真から全員の霊体が抜け出してきた。

 集合写真が空飛ぶ絨毯になったの如く、空を飛んでいる。
 我々家族がオジサンを天に送り届けるかのようでもあり、おじさんが空飛ぶ絨毯に変じて我々を案内してくれているかのようでもある。

○ 右下奥歯の治療中、浅間大社に着て行ったジャンパー姿の母の姿が現れる。

 海に入り、北北西(北朝鮮か?)に行こうとしているかのようだ。
 縁あって私の母になっているので、私は母に救いの手を差し伸べて、天の位置に引きあげた。
 光宮(みや)が生まれる前の平成13年秋口に浅間大社に行った時期が母にとっては一番思い出深い期間だったのかもしれないと思った。

○ ソフトバンクから携帯到着の連絡あり。

 5月25日(水)に行くことにした。

5月24日(火)、朝の夢「三貴神の日の神、次、月の神、次、地の神」

神導さんから10時40分にメール「同行できませんか?」

 朝方の夢。
 夢の中で、天明の三貴神のなかの「日の神」が私の胸の位置に現れてきた。
「あっ!日の神さんだ」
 と夢の中で嬉しビックリしている私だった。
 数秒おいて、月の神さんも現れてきた。
「月の神さんも天明が書いたような姿で居られるんだ」
 すると地の神さんも居られるはずなのだが、どこにいるんだろう、と探してみたものの見当たらない。
 日の神さん、月の神さんを見られるようになっただけでもスゴイな、と思った。

 三呼吸くらいおいて、地の神さんも現れてきた。

三貴神

○ 夢から目覚めて、三貴神を夢でみる意味を考えていた。

 2016年の144日目の昨日5月23日(月)に、地球の位置からみて日と月の関係性が整った、という事なのだろうか?
 2016年の2月8日(旧暦新年)からみて、144日目は6月30日(木)になる。

○ 神導さんから10時40分にメール、

「(仕事のとき)同行できませんか?」

 5月17日(火)に完成していた小林充先生へのお礼状をメールに添付して返信。
 5月14日(土)から書き始め5月17日(火)に完成した小林充先生への礼状が生きた格好だ。

5月25日(水)、朝の夢「三貴神の地の神」

日本橋に電話するときの白日夢「スカートの金色の裾」速佐須良比売

 朝の夢というか白日夢というか、なんというのだろうか。
 昨日の「三貴神の地の神」が私の心臓に鎮座されている。
 天明の絵とはポーズが逆になっている「地の神」だ。

○ 昨夜の神導さんのメール確認。

 明日の6時に池袋で会うことになった。

○ USUI さんから電話。

「私も大変!」
 そういう電話だった。

○ 昼前に、日本橋に電話する前に祝詞奏上。

 スカートの裾が金縁の女神が現れてくる。
 薄い絹で、縁は金縁になっている。
 この女神が動くと、金粉が舞ってくるようだ。
 私の心臓の右上部に現れていて、私の心臓に鎮座されている「地の神」は、その女神を見上げる形になっている。

 心の神様から

「速佐須良比売(はやさすらひめ)」
 という言葉だった。

 速佐須良比売という神は根の国・底の国にいらっしゃる。

 出口王仁三郎の「霊界物語」によれば、
神素盞嗚神速佐須良姫神(はやさすらひめのかみ)と謂(もう)すのである。」
 とある。

 2005(平成17)年10月23日(日)
 天の大神から
「速佐須良比売神はよいのか?」
 という問いかけがあったことがある。

○ ソフトバンクで携帯をもらえなかった。

 なんで?

5月26日(木)、伊勢志摩サミット初日

池袋で神導さんとお話

 南側からサミットが開かれる賢島を眺める速佐須良姫神。

○ 伊勢志摩サミット初日に伊勢神宮を参拝するG7の首脳たち。

あいう

○ 伊勢志摩サミット初日に池袋で神導さんとお話。

5月27日(金)、神導さんから前向きに進めたいというメール

大韓航空機が離陸滑走中に左側のエンジン部分から火

午後2時半すぎ、伊勢志摩サミットの閉幕

伊勢志摩の後にオバマ大統領、広島へ

 神導さんから前向きに進めたいというメール。
 趣旨は
「どうかな成田殿、神導と動く気はあるか?」
 という神様からの意向伺い。
 対する私の返信は5月30日(月)に返信

○ 大韓航空機が離陸滑走中に左側のエンジン部分から火。

 27日午後0時38分ごろ、羽田空港のC滑走路で、ソウルのキンポ(金浦)空港行きの大韓航空機が離陸滑走中に左側のエンジン部分から火が出ました。
 消防が消火にあたり、火は午後2時すぎに消し止められました。
 この飛行機には乗客302人、乗員17人の合わせて319人が乗っていましたが、全員、シューターを使って緊急脱出し、空港が用意したバスで国際線のターミナルに向かいました。
 東京消防庁によりますと、19人が気分が悪いなどと訴え、このうち、シューターから脱出する際に足を打つなど、26歳から74歳までの男女12人がけがをして病院に運ばれました。
 この機体は大韓航空2708便、ボーイング777型機で、国土交通省によりますと、左側の第1エンジンにトラブルが発生したということです。

○ 午後2時半すぎ、伊勢志摩サミットの閉幕。

 議長を務めた安倍総理大臣が、2日間の討議の成果を踏まえた記者会見を行ってすべての日程を終え、午後2時半すぎ、閉幕しました。

○ 伊勢志摩の後にオバマ大統領、広島へ。

○ 日本橋から、椅子購入の打診。

○ 神導さんへの返信。

5月28日(土)、朝の夢「東上空にいるスサノオ神」

岡田さんに区切りの電話、返信無し

今回の神導さんへの助言は「奇音命」だという

北海道で田野岡大和君(7)が行方不明

 朝の夢
「東上空にいるスサノオ神」
 日本列島を視野に入れている雰囲気。

東上空にいるスサノオ神

○ 今回の神導さんへの助言は「奇音命」か?

○ 岡田さんに区切りの電話。

○ 夕方、朝のスサノオ命が糸魚川に向けて何かやっている映像。

 地図で確認すると新潟県妙高市の関山神社あたりにスサノオ命が居られるようにも見える。
 心の神様。
「阿弥陀如来」
 関山には阿弥陀如来が祀られている。

○ 北海道で田野岡大和君(7)が行方不明。

 2016年5月28日(土)夕、北海道七飯(ななえ)町の林道で行方不明になった田野岡大和君(7)が行方不明になった。
 のは2016年5月28日夕のこと。父親が警察に通報し、同日夜から捜索が始まった。翌29日には警察と消防が約150人態勢で捜索を行い、30日、31日にはさらに範囲を広げたが、手がかりは得られなかった。

5月29日(日)、朝の夢「饒速日命」かなり臨場感がある

湯島天神の春の例大祭

 朝の夢。
「饒速日命」
 が現れている。
 かなりの臨場感がある

饒速日命

○ 中野サロンの件でオーナーにメール連絡。

○ 湯島天神の春の例大祭。

5月30日(月)、臨場感がある「饒速日命」がまだ抜けない

 臨場感がある「饒速日命」がまだ抜けない。
 なんかありそうだな。

○ 石神井公園で音響椅子の話。

「前職は何だったの?」
 そういう話からだった。
 何でこういう話になるのだろう?

5月31日(火)、朝の夢「エンジン(動力)を始動したものの・・」

保険の中田さん「給料台帳のコピー」

火星が地球に接近、中野の件で倭迹迹日百襲姫が打合せ中

 朝の夢。
 シッカリしたエンジン(動力)を始動したものの、ブ〜っンと唸ってパタッと止まった。
 エンジン(動力)の始動音は完璧だが、始動させるための燃料が足りない。
 燃料があれば、動けそうだ。

 すぐ次の夢になった。

 大きな講堂のなかに88鍵のキーボードがたくさんあって、そこでキーボードの講義を受けようとしていた。
 私の席は正面向かって右奥で真ん中より後ろに近い位置。
 隣には細身の青年が座っている。
 教師は30代くらい細身の男性。
 授業が進んでいくと、赤い実と花が着いた小枝を持って生徒たちに声をかけ始めた。
 私の前に着て
「この花の葉はなんというかご存知ですか?」
 私は、戸惑ったが、思いついた
「カキツバタ」
 と応えた。
 次の生徒にも同じように質問していった。
 私からみて、左手すぐ後ろに行って生徒に質問している先生に向かって、私の隣の生徒が立ち上がり歌を歌い始めた。
 実に郷愁のある韓国語の歌とメロディだった。
 彼の郷愁ある歌に触発されて、教室のあちこちでポツポツの歌声が聞こえ始めてきた。  この教室の韓国語の歌を歌える人たちがかなりいる。
 ひょっとすると1割くらいの人が歌えるのではないだろうか!
 この郷愁ある歌声に対して、教室の左手前方から北島三郎風の神輿を担いだ一団が
「わっせ!わっせ!」
「せやっさー!そやさー!」
 と掛け声勇ましく、練り歩き始めた。
 日本の祭りでお馴染みの風景だ。
 この祭りの一団の規模も大きくなり、郷愁ある歌声を圧倒し始めた。
 この祭りの一団と郷愁ある歌声のグループの喧騒のなかから、ある人物が覆面をとって、ライフルを身構えた。
 ライフルの銃口のさきには舞姫が見えている。
「倭さん、危ない」
 と声をかけると、その銃口に手をあてて、弾が出るのを阻止しようとした人物がいる。
 その人物の手によって銃弾は防がれた。
 それに気づいた倭さんは、弾を阻止した人物の「気」を送っているようだ。

 日本・韓国・中国の関係を見ているのだろう。

 この夢では、日本と韓国の小競り合いを利用して、ライフルを撃つタイミングを見計らっている人物がいる。

○ 夢の通り、12時過ぎにエネルギーが絶たれた。

 これには焦るよ!

○ 保険の中田さん、

「5月19日(木)に提出してもらった書類で、給料台帳原本のコピーが欲しい」
 この書類が不足しているため実行できず。
 これにも焦るよ!
 給料台帳をアマゾンに発注。

○ 火星が地球に接近(5月31日)。

火星

 5月31日(火)に火星が地球に最接近します。
 最接近時の火星と地球の間の距離は7,528万キロメートルです。
 火星は地球のひとつ外側にある惑星で、約780日(約2年2カ月)の周期で地球への接近(会合)を繰り返しています。地球の軌道はかなり円に近い形をしていますが、火星の軌道は少しつぶれた楕円形をしています。また、会合周期がちょうど2年ではなく2年2カ月であるため、火星と地球が接近する位置は毎回ずれ、距離も大きく変わります(最も近い位置での接近と最も遠い位置での接近では、距離が2倍ほど違います)。
 今回の最接近距離まで近づくのは、2005年11月20日以来です。
 2018年7月31日には5,759万キロメートルまで大接近します。
 2020年10月6日、6,207万キロメートル。
 2022年12月1日、8,145万キロメートル。
 2025年1月12日、9,608万キロメートル。
 2027年2月20日には1億142万キロメートルと一番遠い位置にいます。
 火星の接近というと最接近の日ばかりが話題になりますが、最接近前後の数週間は、地球と火星の距離はあまり変わりません。
 火星の直径は地球の半分程度と小さく、遠い時は表面のようすがよく観察できませんが、地球との最接近を迎えるころは火星が大きく見えるため、観察の好機となります。

○ 中野の件で倭迹迹日百襲姫が打合せ中。

 熱の領域でどうなるか?
 感じられてくる昆虫の世界は何なのだろう?
 コガネムシのような、カナブンのようなものだ。
 「昆虫」〜あなたの事を快く思っていない人がいる暗示とあるが実際はどうだろう。

6月1日(水)、朝のポスティング「おじさん区切りだね」

昨日は始動しきれなかった「エンジン(動力)」の始動

アイホンが再起動しなくなった

熊本地震の大和晃さん(22)の捜索再開

給与台帳の到着

 朝4時過ぎ、光が丘に向けて車を走らせたとき、三日月が見える中で女神の声
「あなた様のこれからの栄光をお祈りします」
 という声だった。
 そして、光が丘に足を踏み入れた時、
「おじさん、これでお終いだね」
 という決定事項を伝える声が響いた。
 区切りを付ける声が突然聞こえてきた。

○ アイフォンが起動しなくなった。

 再起動掛けても、再起動が完了しなくなった。

 相手からの通話は聞こえる。

○ 自宅に戻りながら、昨日は始動しきれなかった「シッカリしたエンジン(動力)」が静に動いているのを確認している。
 4つか5つのエンジン(動力)が始動し始めたようだ。

○ 熊本地震で6月1日(水)だけ捜索を再開。

 熊本地震で行方不明となっている大和晃さん(22)の捜索が1カ月ぶりに1日だけ再開されたが、有力な手がかりは見つからなかった。
 大和さんが行方不明になったとみられる阿蘇大橋周辺は土砂崩れなど二次災害の危険があり捜索は中断されていた。

(※)北海道の田野岡大和(7)君の捜索中の捜索になった。

○ 5月31日(火)に発注した給与台帳が夕方に早くも到着した。
 思ったより早くて助かった。
 これで税理士の先生の相談を受けられる。

6月2日(木)、朝の声「今のまま歩まれてください」

税理士の先生の名刺を探す、神導さんの同行

 4時前の朝の声
「今のまま歩まれてください」

○ 昨日給料台帳が届いたので、税理士の先生の名刺を探す。

 見つからない!
 焦る!
 2015年8月21日(金)に相談に行った練馬区民産業プラザの練馬ビジネスサポート(03-6757-2020)に問い合わせて、先生の連絡先を問い合わせる。
 対応は
「先生の方から連絡が行くようにします」
 というものだった。
 もう一度探してみると、名刺が出てきた。
 今日は神導さんの同行なので、明日電話しよう。

○ 13時から、神導さんの同行。

 5月24日(火)、「三貴神の日の神、次、月の神、次、地の神」の夢を見たとき日に神導さんからメール。
「買取に同行したい」
5月26日(木)、池袋で神導さんとお話。
5月27日(金)、神導さんから「どうかな成田殿、神導と動く気はあるか?」という神様メッセージ。
5月30日(月)、神導さんから「6月2日(木)に同行したい」
 これを受けて、神様メッセージに対する私の返信。

 2010年に北海道から東京にやってきている。

 松野 → 日本橋 という紹介ルートを辿っている。

○ 19時過ぎに、神導さんと別れると「塩生」さんというお客さんからの電話。

 塩が生まれるという名前が面白い。
 伊邪那岐命と伊邪那美命は塩をコオロ・コオロとかき鳴らして国を生んでいったのだ。
 福島の方だった。

6月3日(金)、休業補償請求の件で税理士の小林先生

田野岡大和(7)君、発見される

「7月1日(金)を迎えられるだろうか?」「大丈夫じゃ」

 午前中に、休業補償の件で税理士の小林先生に相談。
 Kobayasi Motohiro zeirisi toyotama(03※6914※6394)
 給与明細と給料台帳の意味するところのニュアンスがつかめなくて、保険の担当の方とも相談。
 結局、給料台帳の社判と社印が押されているものが必要ということだった。
 5月19日(木)に申請、5月31日(火)に不備の指摘。
 今日の6月3日(金)に作成し、6月4日(土)に送付するので、6月6日(月)に届く予定。

○ 北海道で、田野井大和(7)君、発見される。

 2016年5月28日(土)夕に北海道七飯(ななえ)町の林道行方い不明になったで行方不明になった田野岡大和君(7)が行方不明になった。

○ トイレに入るとき、

 7月1日(金)の映像が急に現れてきた。
 すると急に
7月1日(金)を迎えられるだろうか?」
 という不安が漠然とよぎったが、すぐさま
「大丈夫じゃ」
 というリアクションが帰ってきた。
 天之大神の声だと思う。

6月4日(土)、朝の夢「ケンシローについて」

「このままお進みください」と語る女を取り押さえる兵士

「ひふみ ふじの石」の処分開始(1)、日本を知る会

 朝の夢。
 ケンシローの事を振り返りながら目覚めた。
 ケンシローの登場を振り返ると下のようだ。
 風貌が、神導さんに似ているなあ。
(✓ฺ )平成23(2011)年2月27日(日)朝起きるときの瞬間的な夢。
 7時から9時の方角に暗闇が続いている洞窟に女神が立っている。
 その洞窟にはエレベーターがあるらしい。
 エレベーターに「ケンシロウ」(仮称)のような人物が乗っていた。
 どういう場面か判断に困った。
 女神が「ケンシロウ(仮称)」をエレベーターのところまで見送りに来ているように見えたし、逆に迎えに来ているようにも見える。
 瞬間的な夢だった。

 すぐ続けて、

 瞬間的に灰色の霧を集約させる無数の凹面鏡の映像をみた。
 一つづつの凹面鏡は、一人一人の「心」であるようだ。
 人の心の裏側にこびりついた「忌み嫌う気持ち」を凹面鏡のように働かせて、人の心の裏側の反対側の中心に「忌み嫌う気持ち」を集めるのだ。
 いわゆる煙たいヤツを集めるのだ。
 茨城県筑波市からニュートリノを放出し、岐阜県飛騨市神岡町(旧吉城郡)神岡鉱山内に建設されたニュートリノ検出装置スーパーカミオカンデでニュートリノを検出するのに似ていると思った。

(✓ฺ )平成23(2011)年2月28日(月)の白日夢。

 2010年3月29日(月)の「闇の大王」は「ケンシロウ」を叱責し、
お前がやらないんだったら俺がやる
 と自ら動く趣旨の発言をしている。

(✓ฺ )平成23(2011)年9月26日(月)

 ケンシロウに案内されてマグマを覘ける大きな穴、経理システムの稼動なるか?

(✓ฺ )平成27(2015)年2015年1月5日(月)、夕方の白日夢。

「ケンシロウ(仮称)」  兵が集められている広場があった。
 広場に「ケンシロウ(仮称)」がやってきた。
「ケンシロウ(仮称)」は、「ケンシロウ(仮称)」が通るためにあけられた道を歩みながら、道の両側の兵をバッタバッタと剣や鎌刀でなぎ倒しながら歩んでいく。
 誰ひとりとして「ケンシロウ(仮称)」に刃向かえるものはいない。
「ケンシロウ(仮称)」だけは、何をやっても許されているらしい。

 この「ケンシロウ(仮称)」の姿をみて、
「この人物をいつか見たことがあるなあ」
 と夢のなかで私は私の記憶をたどっていた。

 平成23(2011)年3月11日(金)の北日本大震災直前の平成23(2011)年2月27日(日)平成23(2011)年2月28日(月)の記録に「ケンシロウ(仮称)」に関する記述が残っている。

 平成23(2011)年2月28日(月)に、「ある人物」とウリ二つの「闇の大王」が現れて、「ケンシロウ(仮称)」を叱責していた。
お前がやらないんだったら俺がやる
 そういうイメージだった。
 そして、東日本大震災へと継っていった。

 この時の場面のことを、平成23(2011)年9月26日(月)に「ケンシロウ(仮称)」から説明してもらったところによると、
「地中のマグマを動かす」
 という説明だった。

○ いつも朝、

このままお進みください」
 と言ってくれている女の人がいるのだが、中国の人民服の兵隊の服装をした数名の兵士に取り押さえられる映像が送られてきた。
 取り押さえた兵士はヤマトの山中ドライバーに似ている。
 山中兵士は親指を立てて「グー」をしてくる。
 どういう意味か分からないが記録として残す。

このままお進みください

 という女の人と、
今のままお進みください
 という女の人がいる。
 同じような言い方なのだが、もしかすると決定的に意味が違うのかもしれない。

「ひふみ ふじの石」の処分開始

 5月20日(金)に電気のシャットダウンを通じて突き当たった「ひふみ ふじの石」。
 処分の時がきた。
 先週の5月28日(土)に処分しようとして、間にあわなかった「ひふみ ふじの石」が搬出された。

○ 湯島天神で、日本を知る会。

6月5日(日)、新月の会、関東地方の梅雨入り

「千引の岩戸」に一緒に行きたいという女の人

 新月。12:00。
 関東地方の梅雨入り

○ 日本橋で新月の会。

「千引の岩戸」
 に一緒に行きたいという女の人。

 1980年3月10日京都生まれの女の人だった。

6月6日(月)、「666」の日に購入申し込み、「大丈夫だよ、うまくいくよ」

歯医者での映像「かむろみのみこと」か?

中田さん「支払えるように善処したい」

中野サロンに「黒のアロン(黒の女王)」

【イスラエルの首都エルサレム】聖墳墓教会の修復作業

 2016年6月6日は、「666」の日。

○ 音響椅子の申し込みをしてから歯医者に行った。

あいう  先週、歯医者に行き忘れていた。
 その時の白日夢。
 右奥下と右奥上の治療をしていると、左下奥歯に女神が立つ。

 なんという神なんだろう。

 女房を迎えに行った帰りに、心の神様が
「かむろぎのみこと、かむろみのみことが動かないと・・」
 と言われてたので、「かむろみのみこと」なのかもしれない。

○ 昼前に中田さんから電話があった。

「支払えるように善処したい」

○ 昼過ぎに中野サロンに「黒のアロン(黒の女王)」が現れていた。

黒のアロン(女王)  この「黒のアロン(黒の女王)」はかなり現実感がある。
 真ん中の椅子の背後に立ち
「おのれ!」
 といら立ちを隠さない様子だった。
 朝のメールでの申し入れがダメなのかな、と思ったが心の神様が
「大丈夫だよ、うまくいくよ」
 と励ましてくれる
 13:39:28に返信メールがついていて、
「ダメです」
 というメールだった。

 さてどう流れていくだろう。

○ 夜、歯医者で見た左下奥歯に女神の姿がハッキリと分かるようになった。
あいう  スラッとして、凛としている女神だ。
 画像のような絵帽子は被らず、平安朝の白装束だ。
 心の神様が言われる「かむろみのみこと」なのかもしれない。
 あまりにも登場する神様の位が高いので、どのような場面の対処されているのか全く不明。
 私はただ記録を残しておくだけになっている。

○【イスラエルの首都エルサレム】聖墳墓教会の修復作業

 イスラエルの首都エルサレムにあるイエス・キリストの墳墓の上に建てられたとされている聖墳墓教会で6日、200年ぶりに修復作業が開始となった。
 今回、修復作業が行われることとなったのは、聖墳墓教会内にあるイエス・キリストが埋葬されたとされている石墓の部分となる。
 イエス・キリストが埋葬されたとされている石墓は、その上を囲む形でドーム状の祭壇が構築され、更にその祭壇を囲むように、現在の聖墳墓教会が建てらている。
 聖墳墓教会内のイエス・キリストの墳墓は、聖遺物とされているため、修復の手が加えられることはほとんどなく、前回、修復作業が行われたのはヨーロッパではナポレオン・ボナパルトが活躍、日本では江戸時代の平和と繁栄を謳歌した1810年となっていた。
 聖墳墓教会は、紀元335年に最初の原型が建てられることで成立したものとなる。
 1808年には火災が発生したことが大きく破損。
 その後、1809〜1810年にかけて大規模な修復作業が行われることでオスマン建築様式の現在の教会の形が形成された。
 今回の修復作業は、聖墳墓教会を管理しているギリシャ正教に加えて、カトリック教会、アメリカ・カトリック教会が共同で、聖墳墓教会内にあるイエス・キリストが埋葬されたとされている石墓を覆っている祭壇内外の修復作業を行うことが予定されている。

 2017年3月22日(水)に工事完了。

6月7日(火)、マクゴナガル先生風で黒いドレスの魔女っぽい女の誓い

中野サロンの区切り。桃の実6個、榊、日本酒の手配

 朝の夢。
あいう  ハリーポッターのマクゴナガル先生風で黒の服装をした魔女っぽい女が、私に近づいてきて、私に誓いを立てているようだ。
 この場面は、左奥歯の上の位置にあたるのだろうか?

○ 中野サロンの件で

  「これまでありがとう、お力になれずにゴメン!」
 とメールを出した。
 2年前の今日、鍵をお借りしている

○ 千引の岩戸開きの準備。

 桃と榊の購入。
 岡田商店(担当:小川) 電話:0859-39-7711
 鳥取県米子市宗像530-1
 桃は2個入り 398円×3パック=1,194円

 日本酒の購入。

 吉野杉の樽酒 720ml×3本=4,383円。

6月8日(水)、朝の夢「3本で一束のダイナマイト、新たな仕事場所」

パソコンが再起動しないので展地のパソコンで仕事、「水道代」

天之大神「よきことがあるぞ

日本酒の到着、壊れる携帯ストラップ、PCの仮復旧

 朝の夢。
 全体として変な夢だった。

 最初は、心の底からいろんな付着物が剥がれていく感じだった。

 次に、私が取り出した3本で一束のダイナマイトが下方に離れて行った。

 場面がカラリと変わった。

 私は東側上空から、大きな建物の外縁に降り立った。
 仕事道具が入った黒い入れ物(高さ60p、幅120p 奥行80p)が私のそばにあり、私に従ってきた動物もいる。
 しかし、その建物は分厚い強化ガラスが邪魔でなかに入れなかった。
 の入った堀があって、その外の道を妻と子供(光宮と美穂)が歩いていた。
 私は妻に中に入れないと事情を説明すると、妻が建物の管理人を呼んできて、内側から鍵を開けて中に招き入れてくれた。
 私が案内された部屋は、大きな畳の部屋が2つ続いている部屋だった。
 徳川幕府の大広間のような空間だ。
 これまでもここには何度か来た記憶が蘇ってきたのだが、そのときは照明のスイッチが入ってくれなくて仕事ができなかったのだ。
 今回はどうだろうと、恐る恐る2つある照明スイッチを押してみた。
 パッと明るくなった。
 これで仕事ができると安堵した。
 これでようやく私も仕事場を確保できたらしい。

○ 変な夢をみたと思いながら朝パソコンを再起動させたら、パソコンが起動してくれない。

 パソコンのハードが壊れてしまったようだ。
 何度やっても再起動してくれない。
 外付けのハードを展地のパソコンに繋いで展地のパソコンを私仕様に変更。
 これでようやく、銀行関係の資金移動を済ませることができたので、道代は何とかなった。
「良かった」

 と胸を撫で下ろした。

 支払いを済ませて、その場の光景を見まわしてみると、大きさが違うが、朝の夢の状況にソックリだと気づいた。
 外付けハードの形状、
 外付けハードの近くには2匹のライオンが書いてある筆箱があった。

 しかも、展地のパソコンは和室にある。

 ダイナマイトがパソコンの故障を象徴し、新しい仕事場で展地のパソコンを象徴しているかのようだ。

「この場面の夢を見ていたんだ」

 と思った。
 夢は不思議だ。

 すると、

よきことがあるぞ
 という声が聞こえてきた。
 天之大神の声だと思った。
 今までご指導を受けて、こういう風に言われたことは皆無に等しい。

○ 千引の岩戸開き用の日本酒(吉野杉)の到着。

 昨日注文した日本酒が到着するのも「良き事」の一つだ。

○ 昼頃、仕事をしていると、携帯ストラップが壊れて、携帯が下に落ちた。

 今日は私の持ち物が壊れる日になっているようだ。
 いろんな不都合が出てくるかもしれないので気を付けよう。
 パソコンが再起動できないので、プリンターを展地のパソコンに繋ぎなおさないといけない。
 磁石の付いたパブを私のパソコンの前に置くと、急にパソコンが再起動し始めた。
 ハブの底についている磁石とパソコンのキーボードとパソコン本体が反応してくれた感じだ。
「ラッキー」
 抜き出すデーターだけ取得し、いつ壊れてのいい状態にした。
 経理データーと色んな文書のテンプレートが痛かったのだ。
「本当にいいことがあった」
 と喜んでいると、
よきこととはそのようなことではないぞ
 という声だった。

○ 夜中野サロンの状況を日本橋に伝える。

6月9日(木)、千引岩戸の追加同行者

千引の岩戸開きと榊、5月22日の岡田さん

 日本橋から、朝の8時くらいに、umehara(36)さんが同行したいらしい、
 と電話があった。
 1980年3月10日に京都で生まれた人。

○ 千引の岩戸開きと榊。

 岩戸開きの御神事に榊は不必要。
 なんということだったんだろう。

○ 17時59分に、5月22日(日)に試聴した岡田さんから電話あり。

 岡田さん
「6月15日(水)には主人が休みなんだけど」
 という電話だった。

6月10日(金)、メルマガ発行「千引の岩戸開き」

天之大神「気持ちを散らさず、山や川、海や樹々を労り思えよ」

天之大神「よきこととはそのようなことではないぞ

 4時くらいに起きて、
「千引の岩戸開き」についてメルマガ発行を発行した。

 天之大神の助言、

「気持ちを散らさず、山や川、海や樹々を労り思え」

○ 高島平の谷口さんのところに行っているとき、

 昔一緒に働いていた仲間の姿が次々と出てくる。
 懐かしい。

○ 谷口さんの商品を流通させて、

「いいことがあったな」
 と思っていると、
よきこととはそのようなことではないぞ
 という声だった。
 天之大神の声なのだろう。

6月11日(土)、広島に向けて出発、千引の岩戸開き(1)

「ひふみ ふじの石」の処分(2)

 東京の日の出。4:24:44

 広島の日の出。4:57:13

○ 練馬高野台4時48分
 ANA382便 羽田06:55出発 米子08:10着。

【6月11日の移動行程表】

(1)米子空港 米子08:10着。
(2)米子駅。梅原ちづこ(1980年3月10日)。
(3)桃の購入。
 鳥取県米子市宗像530-1
 岡田商店(担当:小川) 電話:0859-39-7711
(4)比婆山御陵と千引岩戸。
 下の公園センターを目指すが、行先は、熊野神社を右手に見て、烏エボウシの駐車場。
 烏エボウシの駐車場に留めて、標識の後ろから登ると近道。
 〒729-5602
  広島県庄原市西城町油木156-14番地(公園センター)
  http://www.kenmori.jp/climbing/index.html
(5)島根県東出雲町の千引岩戸。
 (島根県八束郡東出雲町大字揖屋 )
 揖屋神社を右手にみて通過し、道路高架を超えてすぐを右折。
 右折すると線路越えになる。

○ 島根県東出雲町の千引岩戸では伊邪那美命が立ち現われていた。

 東出雲町の千引岩戸に到着したのは夜の7時前。
 島根県 日の入り 時間は「19:23」。
 日の光のあるギリギリの時間での御神業になった。
 千引の岩戸は開かれてくれたものらしい。

6月12日(日)、熊野大社、揖屋神社、粟嶋神社、夜見が浜、大神山神社

「立ち寄っていかれよ」いたのは豊臣秀吉だった

【6月12日の移動行程表】
(1)熊野大社
 〒690-2104
  島根県松江市八雲町熊野2451
  TEL 0852-54-0087
(2)近くの 揖夜神社(いやじんじゃ)。
 島根県松江市東出雲町揖屋字宮山2229
 古事記「故其所謂黄泉比良坂者、今謂出雲國之伊賦夜坂也」
 イザナミの黄泉の国への入口が当地にあるという。
(3)粟嶋神社
 鳥取県米子市彦名町1404
 0859-29-3073
 「サワケ命」の降臨するものして参拝しておいた神社。
(4)夜見が浜(淡道之穂之狭別島)
 黄泉国開きに備えます。
(5)大神山(おおかみやま)神社
  【奥宮】鳥取県西伯郡大山町大山
      電話 0859(52)2507
      大山寺旅館街より参道を徒歩15分

○ 大神山(おおかみやま)神社で御神事をしているときに、

「立ち寄って行かれよ」
 という声がする。
 この場合は素直に従うに限る。
 出雲大社への到着は17時過ぎ。
 本殿の中庭にいたのは豊臣秀吉だった。
 どういうメッセージ性だろう。
 豊臣秀吉の世界戦略との関わりでイメージ化したのだが・・・

あいう

6月13日(月)、便座が壊れている夢「最後に使ったのが展地」

「沖縄の名産・コンガリ焼けた餃子3人前」

歯医者での白日夢「おじさんに事情を説明する手紙だ」

金色のシンバルのような円盤が持ち上げられる(罪を測る天秤)

 朝の夢。
 私がトイレに向かうと、便座が壊れていた。
 使用できないくらいに壊れている。
「最後に使ったのは誰?」
 と問うと、
「展地だ」

 という答えだった。

 この夢に関連して展地自身はクモが腹部にいる夢を見ている。
 クモはいい予兆にも悪い予兆にもある。
 きっと私が原因でストレスが溜まっているんだ。
 何とかしなければいけない。

▼- - - - - - - - - - - - - - - - - -

 便座や便器が壊れる夢は、
 ストレスなどで体調が崩れていることを暗示しています。
 体の異変や、何か我慢していることはありませんか?
 そのまま放っておくと、大きな病気になってしまうかもしれません。
- - - - - - - - - - - - - - - - - -▲

○ 場面が変わり次の夢に移った。、

 沖縄に人に知られていない名産があるらしい。
 それはなんと焼き餃子だった。
 中皿にのった3人前の餃子がこんがりと焼けて実に美味しそうだ。
 こういう餃子なら通販で取り扱ってもおいしいかもしれないと思った。

▼- - - - - - - - - - - - - - - - - -

 餃子を夢占いで診断すると栄養やスタミナの意味があるとされ、
 肉体的に疲れがたまっていることを表しているとされます。
 餃子の夢を見た場合、餃子が印象に残るような夢を見た場合は、
 身体が休息を求めている可能性が高いでしょう。
 無理は禁物です! 早めの休息を。
 また、餃子のように手軽に食べられる料理の夢は
 気持ちが少し軽くなっていることを表しているとされます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - -▲

○ 歯医者での白日夢、

 親不知海岸でこちらを向いている神様服の人物がいる。
 そして、おじさんがいる辺りを掘り返しているようにも見える。
 おじさんを救い上げようとしているようにも見える。
「あなたの幸運を祈りなさい」
 そういう声も聞こえる。

 今のままじゃダメだ。

「おじさんに事情を説明する手紙だ」

金色のシンバルのような円盤に鎖がついて持ち上げられていく映像。

 金色のシンバルも音を出すものだ。
 シンバルの縁のほうに鎖が通されていて、
「持ち上げるよ」
 という心の神様の声とともに鎖が上に上昇し始めた。

 途中から天秤の上だと自覚するようになった。

 上昇していく私の向こうには真っ黒な塊が見える。
 罪の重さや大きさを示す「目方・目盛り」であるようだ。

天秤

 天秤宮(てんびんきゅう)は、黄道十二宮の7番目である。
 だいたい9月23日(秋分)から10月23日(霜降)の間まで太陽が留まる。

6月14日(火)、美穂の沖縄修学旅行、朝の夢「中心の牢に繋がれる女」

昨日の夢で壊れていた便座に代わって新しい便座

15時に都議会自民党が舛添知事の不信任決議案の提出決定

糸魚川に要請手紙、中野サロンの鍵の返却

ポールシフトで予告された日

 美穂の沖縄修学旅行だ。
 朝羽田まで送っていくつもりで、5時に起きたのだが、
「お母さんにいわれたので、友達と一緒に行くことにした」
 ということだった。

 もう一度ベットに横になった。

 その時に見た夢。
 ある女が、両腕がつかまれて引っ立てられていく。
 いくつもの門扉を通っていくと、通路や部屋部屋がだんだん狭くなっていった。
 一番中心(奥)の部屋に到着し、その女は中の小部屋に閉じ込められた。
 その女は、鉄格子のハマったのぞき穴に両手でしがみつき、女を閉じ込めた兵士たちをみている。

 それで夢の場面は終わった。

 この夢を見ながら、原子の構成だと思った。
 原子核の中心の最内奥に閉じ込められている女がいる。
 あるいは、地球の中心部の閉じ込められている女がいる。

 それは誰だ?

 8時くらいに起きて、夢の内容を女房に聞いてもらっていた。
 すると、
「遠い昔、そのようなことがあった。
 そのため、この世が大混乱になった」
 という声がする。
 天之大神の言葉だと思った。

 女房は洗濯を干しながら、

「いい天気ね」
 と語りかけてくれる。
 受けて
「そなたへの祝福の天気じゃ」
 という声だった。

 同じく天之大神の言葉だと思う。

○ 天に天照大神がいらっしゃるように、地にも天照大神がいらっしゃる。
 そういうことらしい。
 地の天照大神を封じてしまったものらしい。
 地の天照大神とは美穂か?
 私が美穂を最初に両手に置いたとき、あの嫌がりよう、今でも思い出す。

○ 御神前で祝詞を奏上中、新しい便座が届けられてきた。

 昨日の夢では便座が壊れてしまっていたのだ。

○ 15時に都議会自民党が舛添知事の不信任決議案の提出を決定。

 これで、都議会解散か辞職か失効の3つしか道が無くなった。
 3月16日(水)に都議会で舛添知事の高額出張費の追及されてから「公私混同」問題へと発展して、ついにここまで事態が悪化した。

○ 糸魚川に展地の学費の依頼、明日到着予定。

 明日6月15日に到着予定。

○ 中野サロンの鍵の返却。

 2年間使わせていただいた。
 感謝しています。

2016年2月9日(火)に掲載されたエキサイトニュース。

 科学者「2016年6月〜8月の間に急激なポールシフトが発生→70%の生物死ぬ」
 http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201601_post_8360.html

 博士が言うには、2016年6月14日(火)から2016年8月19日(金)の2カ月間で非常に急激なポールシフトが発生するという。
 現在まですでにゆっくりとポールシフトは進行しており、この6月から8月の2カ月間で急激に磁極の入れ替えが終了、ポールシフトが完了するというのだ。

6月15日(水)、朝の夢「次のステージに進む」

10時ごろ、糸魚川から「了解」の電話あり

10時ごろ、舛添知事が辞職願いを6月21日付で提出

沖縄の宮古島にいる美穂から電話

アメリカ大統領選のワシントンの民主党最終予備選終了(ヒラリー)

午後3時45分、中野サロンの件でメール

 朝の夢で
「次のステージに進む」

 という声で目覚めた。

 確かに昨日は区切りとなる出来事が多かった。
 昨日というのには、「ポールシフトで予告された日」であった。
 その日の15時に都議会自民党が舛添知事の不信任決議案の提出が決定決定され、私は糸魚川に要請手紙を書き、中野サロンの鍵の返却封書を投函した。
(1)糸魚川に私の手紙が今日到着し
(2)渋谷区の事務所に中野サロンの鍵が今日返却され、

(3)舛添知事の不信任決議案が今日成立する。

 今までの動きが区切られて、新しいステージにうまく立てるといいと思う。

○ 場面がすぐに変わった。

 青山を通って、私は一団の人の中にいて、宿に案内されていた。
 狭い庭を通って、一面ガラスのような部屋に案内された。
 ガラスだと思ったのでが、ガラスの鏡の中に入っていける。
 2次元の世界にある宿だった。
 3次元のように広い立体空間がなくとも、2次元の中なら凄い広さを感じる。
 幾重に折り重なっても自分の住む領域と他人の住む領域が異なっていると干渉しあうことがないかのように思えた。
 こういう世界があるんだ。

 2次元から三次元への通路がある。

「なんだ。2次元の世界からお金をもってこれるんだ」
 と思った。
 鏡にお金を映しておくとお金がやってくるような気がする。
 銭洗い弁天の理屈は、お金を水面に映して、水の中に沈めること。
 水面に映ったお金が水の流れによって自分に返ってくる。
 こういうのは秘儀に近いな。

○ 10時ごろ、糸魚川から電話あり。

「申し入れの件は了解しました」
 という連絡。

○ 午前9時41分に、

「舛添知事が辞職の意向固める」
 のテロップが流れた。

 6月21日(火)付での辞任になった。

○ 沖縄の宮古島にいる美穂から電話。
 いいタイミングになっている。

○ アメリカ大統領選のワシントンの民主党最終予備選終了。

 ヒラリークリントン(民主党)が勝利。

○ 午後3時45分、中野サロンの件でメールあり。

 こちらも区切りがついた。

6月16日(木)、朝の歌「始まるぞ 愛と希望の光」

 朝、歌で目覚めた。

    はじまるぞ、

    愛と希望の光
    この世を満たせ
    はるか永遠の時いたるまで、
    この世を満たせ。
    すばらしきかな、この世の建て替え。
    われら手を取り合って、
    永遠の光に向かって進め。
    時すぎて 人間たち
    我らにすがろうとも、
    われら振り返らず 進め。
    ありがたい ありがたい
    といって進めよ

   (平成7年12月5日の歌)

 歌い終わって自分の胸をみてみると、私の胸いっぱいに上の歌の歌詞が詰まっていた。
 私の胸は大きな泉であり、その大きな泉は上の歌詞でいっぱいになっていた。

 ホッとする夢だ。

 目覚めて、夢を振り返っていると、私の体は黄金に包まれているかのようだ。
 私が動くと、微細な金粉が舞い、周囲に届けられていく。
 とても豊かな気持ちになる。

6月17日(金)、賢一「用がある」、パソコンの修理

 夕方、賢一
「用がある」
 とやってきた。

○ 19時からパソコンの修理。

 6月8日(水)にハードが壊れたパソコンのハード交換だ。
 24,480円。
 このパソコンなら修理する価値がある。

6月18日(土)、「ひふみ ふじの石」の最終処分(3)

「ひふみ ふじの石」の最終処分(3)

 5月20日(金)に電気のシャットダウンを通じて突き当たった「ひふみ ふじの石」。
 6月4日(土)6月11日(土)6月18日(土)と3回に分けて処分した。
 そのうちの6月11日(土)が「千引の岩戸開き」にあたっている。

6月19日(日)、賢一から手伝いしてもらう、女房の自転車がない

 賢一から手伝いしてもらう。

○ 女房の自転車がない。

 これは大変だ。

6月20日(月)、9:08に比婆山近辺で地震

舛添要一知事が都庁から退庁

20:02に満月(ストロベリームーン)

 御神前で朝祝詞を奏上しているとき
「あなたがこの度どのようなことをなされてきたか間もなく分るでしょう」
 という女性の声であった。

 パソコンに向かうと、地震情報だった。

 震源地は島根県東部(北緯35.1度 東経133.0度)で6月11日に参拝した広島県塩原市が震度3を記録するものだった。
 6月11日(土)の千引の岩戸開きは、「地」に関係するものなので、どうしたって大地は動く。
 どのようにどの程度に動いていくかは、今現在この地球と日本で生きている方々の「思い」と「思う思い方」の総体によって決まってくる。
 まず、6月20日(月)の満月の日の「9時8分」に伊邪那美御陵と千引の岩戸に大地の揺れがあった、という事実の記録が大事だ。

地震

地震

6月15日(水)に辞表を提出した舛添要一知事が都庁から退庁。

 名目上の辞任日付は6月21日(火)付。

○ 6月20日(月)の満月の日は、太陽、地球、月、銀河の中心とほぼ同一線上に並びます。
 同じような現象が6月21日(火)の夏至の日も続くらしい。

満月

 夏至が近いこの時期は、月の高度が低いので、夕日の影響で月が赤い琥珀色に見える現象が起きます。
 これを西洋では、「ストロベリームーン」と呼びます。
 日本時間の夏至は明日の6月21日(火)ですが、アメリカ時間では「夏至」と「満月のストロベリームーン」が49年ぶりに重なるとあって、多くのメディアに取り上げられています。
 この現象が起きるのは1967年6月22日以来。次に見られるのは、46年後の2062年6月21日です。

6月21日(火)、夏至の日に舛添知事が辞職

 6月14日(火)に公明党と自民党が舛添要一知事の不信任案を提出するという決定を受けて、6月15日(水)に辞職願を提出し、6月20日(月)に退庁していた舛添要一知事の辞職。

(✓ฺ )6月14日(火)というのはポールシフトの開始とされている日。

(✓ฺ )退庁した6月20日(月)が満月(ストロベリームーン)の日。

(✓ฺ )辞職した6月21日(火)が夏至の日。

 6月20日(月)の満月の日と6月21日(火)の夏至の日は、太陽、地球、月、銀河の中心とほぼ同一線上に並びます。

6月22日(水)、参議院選挙の公示

「バス 256 隣の車両 3731」「午後に652の車両」

 参議院選挙の公示日。
 投票は7月10日(日)だ。

○ 「バス 256 隣の車両 3731」「午後に652の車両」

6月23日(木)、三井住友海上の担当者の写真撮影

天照皇大御神様、部屋の迷い込んだ蜂に「出ろ」と指差すと出て行った

熱が光の意向に汲み始めたとみることができそうだ

午後3時、イギリスのEU離脱か残留をめぐる国民投票

夕方の夢「天照皇大御神」「お父さんの大手術」「スーラじゃ」

天之大神に「天照大神の岩戸開きじゃ」と告げられる

 三井住友海上の担当者がやってこられる。

○ 部屋に迷い込んだ蜂に「出ろ」と指差すと出て行った。

 今日の午後、我が家に三井住友海上の方が来ていた。
 そのお客様が帰ってボーっとしていると、天照皇大御神様が私の心臓の位置に立たれると、ベランダから蜂(ハチ)が入ってきた。

 2008年のいくつかの経験から、

 蜂(ハチ)は「熱や火」の象徴だ、

 と気づいていた。

 だからなのかもしれないが、
 蜂(ハチ)が入ってきても、我々を刺すことはない、

 という確信めいた直感がある。

 蜂(ハチ)に託された、何らかのメッセージがありそうな気がする。

 妻が

「まだ蜂(ハチ)がいるよ」
 というので、私はベランダンに立ち、蜂に向かって手を挙げた。
 蜂(ハチ)が私のもとにやってきたので、私はベランダの外を指し示し
「出ろ」
 と言った。

 すると、蜂(ハチ)は私の指示の通りベランダの外に出て行った。

 その様子を見ていた妻は、
「今の何?」
 私
「こんなの初めてだ」
 と言った

 急に、左腕に痒みが走って、右手で掻いてしまった。

 左腕を掻き毟って、血を出してしまった。

 左腕の止血をしまがら、「蜂(ハチ)」について調べた。

 すると、ここでもルドルフ・シュナイターの所見に出会った。

▼- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 引用先:7

 http://plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/200612110001/

 個々の蜂の体自体は、古い土星段階に止まったのだが、蜂の巣の魂は通常の集合魂ではなく、それ自体特別な存在で、個々の蜂とは霊的に区別すべきで、蜂の個体は形態の中に、人間の肉体が土星で行ったようなことを保管したという。
 蜂の巣の霊は、個々の人間の霊よりも高次のもので、今日すでに金星-意識を有しているという。
 蜂は自らが死すべき運命にあることを知らない霊人の象徴であるという。
 この惑星がまだ土星の火のような状態であった時にもっていた霊性に、地球が後に金星となって再び火のようになる時、高次の段階でもう一度到達するという。

 それゆえ、神秘学では蜂を熱-存在あるいは火-存在と呼ぶという。

 人間は、蜂のように死を克服するといわれる。
 それは外見上、蜂が死してもなお蜂の巣を守ろうとすることに類似しているようである。
 蜂が蜂の巣の為なら、死を死とも思わないことをいっているのであろう。
 今日の人間は、この土星状態から自らの中に、、つまり血液の温度を受け継いだという。
 当時土星全体に分布していた、熱が土星から解き放たれ、今日の人間と動物の温血を形成したという。
 蜂の巣の温度を調べてみれば、人間の血液とほぼ同じ温度であることがこのことから判明するという。
 つまり、蜂の巣全体が、人間の血液の温度に相応して、同じ進化段階に戻るように、温度を展開しているという。
 このようなわけで、神秘学者は蜂を熱から生まれたもの、熱-存在と呼ぶという。

(※)シュタイナーの言う4大元素霊。

 蜂-熱(火)
 蝶-空気(風)
 魚-水
 蛇-土

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -▲

 ルドルフ・シュナイターの見解と私の考えは非常に近い。
 しかし、シュナイターの「蜂(ハチ)」の知見は私より遥かに深い。
 シュナイターのこの知識の源泉は何だ?

○ 蜂(ハチ)のこの現象は非常に幸運だ。

 熱が、私の意向に従い始めたという予兆とみることができるかもしれない
 熱と光が結びついて「火」に戻ることができる。
 火と水が結ばれて「神」だ。
 623の日にそういう示しがあった。

○ 夕方の白日夢。

 大きな気の流れと気の流れが合流しているかのようだった。
 千引の岩戸が開かれた結果、伊邪那岐命の世界と伊邪那美命の世界の交流・合流が始まったらしい。

 天照梅大御神が私の上に立たれ、私の胸に下降してくる。

 そして私と重なってこられた。
 午後の「蜂(ハチ)」の場面に続くものだ。

 大きな薄い茶色の○が現れて、中に小さな点が見える。

 その中に進んでいくと、小さな点が薄い茶色の○に変化して、また中に小さな点が見えてきた。
 心の神様が
「お父さんの大手術なんだよ」
 と今私が置かれた状況を説明してくれる。
 小さな点が薄い茶色の○に変化して、また中に小さな点が見えてくるという状態を数回繰り返していると、遠くに小さく輝いているものが見えてきた。
 天之大神が
スーラーじゃ」
 と告げてくれた。

(✓ฺ )スーラーについては、平成22(2010)年6月20日(日)に聞いている。

 何千何億の星の中に一筋の光を見る。

 それがテーマじゃ。
 この星スーラー)が素、今まで以上に光るぞ。
 これがやって来た時、そなた達は栄える。
 今はこの時ではない。

(✓ฺ )2010(平成22)年8月8日にみたスーラー

(✓ฺ )2011(平成23)年1月26日(水)夜寝るとき左目の前方上部にスーラーの映像が現れる。
(✓ฺ )2012年4月1日(日)、スーラーの光を受け取る夢(2010年6月20日に告げられている)

 スーラーから帰還していくと、緑色や白銀のいつもの色彩が見えてくる。
 私を取り巻くオーラの色らしい。
 心の神様が
「天照皇大御神様がお父さんの中に入って活動されるよ」
 という解説を受けた。
 ビックバーン以前の世界の修復の目処がついたのかもしれない。
「あめゆづるひあめのさぎりの命(天譲日天狭霧尊)」から、次の段階に進めるのかもしれない。

 そんなことを考えていると、薄暗い光の壁の場についた。

 11時30分から5時30分の方角に光の亀裂が走り、光が稲妻のようにほとばしった。
 天之大神から
「天照大神の岩戸開きじゃ」
 と告げられた。
 光の亀裂が開き、両壁ができ、私はその場で天照大神の登場を待った。

 そこに光宮(みや)がやってきて

「お父さん、お母さんが買い物に行けないから、光宮(みや)と一緒に行こう」
 と言ってきた。
 光宮(みや)のこのタイミングは絶妙だ。

 以前も下のようなことがあった。

 ロンドンオリンピック(2012年7月27日から8月12日まで)があった2012年8月24日(金)の夢

 地下牢に捉えられている女の白骨化した囚人の前に立ったとき、現実の光宮(みや)が入ってきた。
 たまたま部屋の入り口をみたとき、白骨化した女の囚人の姿と光宮(みや)の顔が重なった。
 白骨化した女の囚人は白衣を着ていて、白い△巾を頭につけている。
 ここで救いの手を出さないと風化して崩れてしまいそうである。
 私は鍵を開けて座敷牢に入った。
 ところが、座敷牢に入ったのは私ばかりでなく、私に重なった王仁三郎の須佐之男命も一緒だった。
 白骨化した女囚人の前で私と王仁三郎の須佐之男命は思案した。
 水をかければ復活すると思ったので、私の涙を取り出し、かけてあげようとすると、天の声、
「それはならぬ、引き上げよ」
 急に座敷牢は、狭いエレベータに変じて、白骨化した女囚人と私と王仁三郎の須佐之男命を乗せて上昇し始めた。

 続けて、同じような場面の夢をみた。

 いくつも並んだ地下牢に捉えられている無数の囚人たち。
 地下牢の隙間から手を差し出して救いを待っている。
 地下牢の鍵を開けると、一斉に沈静化した。
 その地下牢の奥には、大将と思しき人物が端座している。
 白い△巾をつけているがまだ生気がある。

(※)この大将が同級生だったと2015年8月に知った。

○ 日本時間の午後3時にイギリスでEU残留か離脱かの国民投票が始まる。

 今日の蜂の出来事は午後3時くらいの出来事だった。
 私は蜂に
「出ろ」
 と言っている。

 日本時間6月24日(金)の朝6時に投票が締め切られる。

6月24日(金)朝6時、イギリスでEU残留か離脱かの国民投票が終わる

イギリス「EU離脱」を選択

 日本時間朝6時(現地時間6月23日夜10時)にイギリスでEU残留か離脱かの国民投票が終わった。
 結果は、離脱支持票が僅差で残留支持を上回り、過半数に達する見通しとなった。
 1973年に前身の欧州共同体(EC)参加以来、43年にわたる英国のEU加盟に終止符が打たれる。
 域内2位の経済大国である英国の離脱で欧州は分裂し、大きな岐路に立たされる。
 また世界経済に大きな混乱を招くのは必至だ。

6月25日(土)昼ごろ心の神様「お父さん祈って」ヨーロッパの地図

透明な透き通る声で「糸魚川の叔父さんのために祈れ」

13時51分、糸魚川で地震、夕方に日本橋で打ち合わせ

糸魚川18時ごろ顔面硬直と40.3度の高熱

 昼ごろ、エレベータで降りて事務所に行こうとしたところ、心の神様が
「お父さん祈って」
 と言ってくる。
 心を落ち着けて祈ると、ヨーロッパの地図が浮かんでくる。

 昨日のイギリスがEUから離脱するというのは衝撃的な出来事だったのだ。

○ すぐに続けて、透き通る透明な声で、
「糸魚川の叔父さんのために祈れ」
 と要請してくる声がある。
 同じように透き通る透明な声で、
「そなたのことは分っておる」
 ということだった。
 この時間帯に糸魚川で地震があったらしい。

糸魚川で地震

 日本の国土に木の根が不足している。
 特に都会部に木の根や幹、梢がない。
 これでは非常に危機だ。

 音響装置でやり遂げるためにも頼む!

○ 夕方、日本橋で打ち合わせ。

○ 糸魚川18時ごろ顔面硬直と40.3度の高熱。

 翌日の昼ごろの知る。

6月26日(日)、「昨夕18時ごろ顔面硬直と40.3度の高熱」

夕方「1週間から2週間、入院することになりました」

鳩山元首相へAIIBの顧問にあたる「国際諮問委員会」への打診

 昼ごろ糸魚川の田村さんから電話あり
「昨夕18時ごろ顔面硬直と40.3度の高熱」
 女房が、
「おじさんの体調の変調で糸魚川の地の揺れを抑えてくれているんだ。」
 という感想を言った。

○ 夕方18時ごろ、糸魚川の田村さんから電話あり、

「病院の判断で入院することになりました」

「1週間から2週間の入院」

○ 鳩山由紀夫元首相が26日、訪問先の中国・北京で記者会見し、中国が設立を主導したアジアインフラ投資銀行(AIIB)の金立群総裁から、顧問にあたる「国際諮問委員会」の委員就任への打診があったことを明らかにした。中国側には、首相経験者をAIIBに関与させることで、米国とともに参加を見送った日本を揺さぶる狙いがあるとみられる。

6月27日(月)、朝の夢「巡回見回りする影の兵隊」

「長らく動いていなかった3つの航空母艦」

13時35分頃 上越沖で 震度3、九頭龍だ!

11階の映画館で映画をみて9階のエレベーターまで歩いていく夢

 朝の夢。
 宙に浮いて移動しているロボット兵。
 2体いる。
 左手は背が低くて小太りで、右手は普通の背があり少し細見だ。
 侵入者がいないかどうか自動で探査しているようにも見える。
 通路を進んでいくと、あちこち人のような人形が倒れているようにもみえる。

 こういう場面を通りながら、私は段ボール箱のようなものを開けた。

 なかには、飛行物体の模型のような中古の箱が入っている。
 その一つづつの模型のような飛行物体を取り出した。
 機体の上部には少し汚れがあるが
最新バージョンにグレードアップされておる
 という言葉による説明がった。

 エンジンの始動状況はどうか?

 今まではエンジンをかけてもすぐに燃料切れになることが多かった。
 今回は大丈夫らしい。
 燃料は「骨」だ。
 骨の骨導音と筒状の空間による響きがエネルギー源だ。
 3機体を感じることができる。

○ 13時35分頃 上越沖で 震度3。

 浮かび上がってくるのは九頭龍だ。

 糸魚川地方の地震状況。

 2016年6月25日 13時51分頃 震度4(糸魚川市)。
 2016年6月25日 15時25分頃 震度1(糸魚川市)。
 2016年6月25日 21時33分頃 震度2(糸魚川市)。
 2016年6月26日 2時44分頃  震度1(糸魚川市)。
 2016年6月26日 18時14分頃 震度1(糸魚川市)。
 2016年6月26日 19時33分頃 震度1(糸魚川市)。
 2016年6月27日 3時28分頃  震度3(糸魚川市)。
 2016年6月27日 3時34分頃  震度2(長野県北部)。
 2016年6月27日 13時35分頃 震度3(上越沖)
    北緯 37.6度 東経 138.1度(37.6,138.1)
 2016年6月27日 19時48分頃 震度2(糸魚川市)。
 2016年6月27日 20時11分頃 震度2(糸魚川市)。
 6月28日(火)には地震がない
 2016年6月29日 4時30分頃 震度2(糸魚川市)。
 6月30日(木)には地震がない
 (※)6月30日(木)に天之大神から
  「糸魚川の件は決着がついた」
  と言われている。
 2016年7月1日 8時4分頃  震度3(長野県北部)
 2016年7月1日 9時11分頃 震度1(長野県北部)
 7月2-3日(土-日)には地震がない
 2016年7月15日 15時17分頃 震度1(新潟県中越)
 2016年7月31日 4時58分頃 震度2.1(上越市)
 2016年8月11日 21時42分頃 震度1(魚沼市)
 2016年8月20日 8時14分頃 震度2(能登半島沖)
 2016年9月3日 8時29分頃 震度2(長野県北部)〜親不知の詰め物が取れた日。
 2016年9月3日 9時4分頃 震度1(長野県北部)〜親不知の詰め物が取れた日。
 2016年9月20日 1時19分頃 震度1(糸魚川市)。〜台風16号上陸。
 2016年9月26日 4時1分頃 震度2(佐渡付近)。
 2016年9月26日 4時9分頃 震度1(佐渡付近)。

あいう

あいう

○ 夕方の夢。

 私は映画を見ている。

 建物の11階が映画館で上映が始まった。
 映画が終わり時計は夜の10時前を指している。
 映画館のある11階から9階までは階段を歩いて下っていく。
 9階から電車の留まる改札階まではエレベーターがある。
「終電に間に合うかしら?」
 と言いながら映画館から多くの人たちが出てきて、9階まで下っていく。
 知り合いも同じ映画を見ていて、
「やあ、帰れそうかい?」
 と声をかけた。
 先方は
「大丈夫」
 という身振りをしてくる。

(※)同じ夢の場面をこの同じ6月に見ている。

6月28日(火)、六月の二十八日は因縁の日ざ

11時ごろ糸魚川に向けて「気持ちを鎮めて祝詞奏上せよ」

事務所マンション「明日工事のため水道が止まる」

 上つ巻 第24帖 (024)。
 七の日はものの成る日ぞ。
「ア」と「ヤ」と「ワ」は本(もと)の御用ぞ、「イ」「ウ」の身魂は介添えの御用ぞ。
 とはだんだん分りて来るぞ。
 六月の二十八日は因縁の日ざ、一二のか三。

○ 11時ごろ糸魚川の神社配置図を広げて祝詞の奏上。

「気持ちを鎮めて奏上せよ」
 ということだった。
 祝詞を奏上し終って椅子に座ると、ベランダから鳥が迷い込んできた
 8階のマンションに鳥が迷い込んでくるのは初めてだ。
 すぐに2013年5月14日(火)に亡くなった母親のお通夜の日・2013年5月17日(金)のことを思い出した。
 また、6月23日(木)には、蜂(ハチ)が迷い込んできていた。

 こういうのが多くなったのかもしれない。

 2013年5月17日(金)、本日は御通夜、好天なり。迷い込むツバメ

 天気明朗、本日好天なり。
 月山の全景が見え、鳥海山の頂上がみえ、金峰山の全景がみえ、終日風もなく穏やかな一日だ。
 朝、子供達が玄関のドアをあけるとツバメが一羽入り込んできた
 廊下に沿って飛び、亡骸の置いてある座敷に向い、台所に迷い込んできた。
 急いで台所の窓を開けると石油ポンプのある方に窓から抜け出ていった。
 母は、天命だったのだ。

○ 12時20分に事務所マンションの管理会社から電話あり。

「明日6月29日(水)の午前中に水道工事のための水道が一時止まる」
 こういう内容の電話だった。

○ 夕方心の神様からのメッセージ、

「全てうまく行った」
「お父さんの骨のイメージはそのようなモノになる」
「利用すれば利用するほど必要な富がやってくるようになるだろう」
「どこで利用するかは神様の指示があると思う」

○ 夜、19時30分に歯医者、

 歯医者の通い始めたのが2015年6月15日(月)だから、1年経つ。
 それでも治っていない。
 しかも、4月12日(火)から治療している右下奥歯の親不知の痛みも取れていない。
 漠然とした不満を感じていると、低く鎮まった声で
「その男に任せよ」
 とのことだった。
「保険を含めうまくまわっておる」
 ということだった。

6月29日(水)、朝の夢「戴冠しようとしている人物」

12時を過ぎて心の神様から「芦ノ湖はいいの?」「葬儀の準備をせよ」

白日夢「黒っぽくて細いにょろにょろした憎しみの実体」

自民党の小池百合子元防衛相、都知事選への立候補を表明

 朝の夢。
 仮装用の眼鏡をハメた人列の間を入って戴冠しようとしている人物がいる。
 4時から10時のほうに通路があり、両側を人がいっぱいいる。
 世界地図に当てはめていえば、イタリアのヴァチカンからイギリスに誰かが行進しているかのようにみえる。

○ 12時過ぎ、心の神様から

「芦ノ湖はいいの?」
 という問いかけだった。
 九頭龍は芦ノ湖にも鎮座している。
 これはフォッサマグナのなかだ。
 すぐさま、芦ノ湖を思い浮かべて祝詞の奏上。
「しばしそのままでいるように」
 という指示だ。
 御神前で沈思していると下界に蛇の海が見えてくる。
 クネクネシタものが辺り一面に蠢いている。
 しばらくして、その蛇の海に火を放つものがいる。
 この火はタチドコロニ燃え広がっていった。
 私は炎の中にいる蛇の群れを糸魚川に行くように誘導している。
 蛇は嫉妬・妬み・邪心を象徴しているが、何らかの原因によって発生しているものだ。
 糸魚川に行けば、最後の最後に救われかもしれないのだ。

 続いてすぐに

葬儀の準備をせよ
 という指示がきた。

○ 自民党の小池百合子元防衛相、都知事選への立候補を表明。

 自民党の小池百合子元防衛相(63)=衆院東京10区選出=は6月29日(水)、国会内で記者会見し、東京都の舛添要一前知事の辞職に伴う都知事選(7月14日告示、31日投開票)への立候補を表明した。
 自身のカラーである黄緑のシャツに、白いスーツをまとって11時からの会見に臨んだ。
(※)今回の葬儀には「百合」は必須だ。
 「純潔」「純粋」「無垢」「威厳」
 リリーはハリーポッターの母の名だ。

○ 白日夢「黒っぽくて細いにょろにょろした憎しみの実体」

6月30日(木)、旧暦で「144日目(最初の日を含める)」

天之大神「糸魚川の件は決着がついた」

「愛のなかに憎みが入り込み、愛は憎しみを育てた」

「黒っぽくて細いにょろにょろ」が降り立とうとしている

天之大神の杖、あと30年、練馬で震度3の地震

 旧暦で「144日目(最初の日を含める)」。

○ 朝のトイレに起きた時の声。

 キンキンした爬虫類っぽい声だ。
 何と言ったか覚えていないが、嫌な感じは受けなかった。
 感謝されていたのか、これからがんばれと励まされたのか、そんな感じのニュアンスだった。
「これがオジサンの実体だったんだ。」
 と思っている私がいる。

○ 天之大神からいくつかの説明があった。

「糸魚川の件は決着がついた」
 ということだった。
愛のなかに憎みが入り込み、愛は憎しみを育てた
愛の中に憎しみが入っていったこれまでの経路はふさがなければならぬ
 と話されて、幾重もの扉が閉ざされて、いつもの空間に戻っていった。
 私は「憎しみ」・「怒り」のど真ん中に産み落とされたものらしい。
 幼いころからの糸魚川との経緯を考えると、私はオジサンに「愛情」を持つ。
 同じようにオジサンは私に親愛の情をもつ。
「憎しみ」の実体の根拠といえども、この世にきては「愛情」をもつ。
 これが光と音が結びついてできている「この世」の本来の力である。
 昨年2015年11月1日(日)に亡くなられた鶴岡のオジサンと糸魚川の叔父さんは双軸をなしていたらしい。

○ 天之大神からいくつかの説明があったのち、

そなたにはワシの杖を進ぜよう
 と言われて、大神の杖は私の手元にある。
救いに使え
 とも言われた。
「この度のことを考慮して、あと30年そなたにあげよう」
 とも言われた。
 昨年の暮れに
「あと30年じゃ」
 と、30年寿命を頂戴していたので、これにもう30年加算されるらしい。

 いいことかどうかわからないが、最後まで見届けよう。

○ オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は、フィリピンが提訴した仲裁手続きについて、7月12日に判断を下すと発表。

 オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は6月29日、南シナ海の約90%に主権が及ぶとする中国の主張に反発してフィリピンが提訴した仲裁手続きについて、7月12日に判断を下すと発表した。

○ 昨日みた「黒っぽくて細いにょろにょろした憎しみの実体」は宙に漂っていたのだが、この実体は夜の場面に地上界に降り立ってくるかのようにも見える。
 どこに降り立つのだろう?
 この記録を書いているのが昼過ぎなので、今夜と言ったらヨーロッパだと思う。
 ヨーロッパで東京タワーより低い塔をもっている国はどこだろう?

○ 23区の直下型、練馬で震度3の地震。

あいう

 珍しい地震だ。

○ 木星のオーロラ、ハッブル宇宙望遠鏡撮影。
http://www.msn.com/ja-jp/news/techandscience/%e6%9c%a8%e6%98%9f%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%a9%e3%80%81%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%96%e3%83%ab%e5%ae%87%e5%ae%99%e6%9c%9b%e9%81%a0%e9%8f%a1%e6%92%ae%e5%bd%b1-nasa/ar-AAhPsFx シュタイナーの宇宙進化論
 地球の愛の結果が木星とは?
「…同様に、『地球』においては愛が形成されつつある。
 そして、『地球』の課題である。
 愛の形成の結果が『木星』に見られることになる。

7月1日(金)、「7月1日」を何とか迎えることができた

朝の夢「鹿児島行の飛行機に乗ろうとする夢」

ちゑおばさん「満夫さんをどうして寄越してくれないの?」

 6月3日(金)トイレに入るとき、に「7月1日」のイメージを見ている。

 6月3日(金)にトイレに入って「7月1日」の映像が急に現れてきた。

 すると急に
7月1日(金)を迎えられるだろうか?」
 という不安が漠然とよぎったが、すぐさま
「大丈夫じゃ」
 というリアクションが帰ってきた。
 天之大神の声だと思う。

○ 朝の夢。

 鹿児島行きの飛行機に乗り遅れそうだった。
 電車を降りて、チケット発行窓口でチケット購入をしようとした。
 その窓口の担当者の対応が実にノロイ。
 一秒を争っているので素早く対応してほしい。
 チケットを得て、搭乗ゲートにはいるとき、ちーちゃんのように動作の鈍い女性が前でノロノロしていた。
 この女性も鹿児島行に乗ろうとしているらしい。
 すぐ後ろにもう一人の男の人も詰まっていて、いらいらしながら後ろで待っている。
 鹿児島行に登場する最後の3人になってしまったようだ。
 なんとか飛行機には乗れたようだ。
 しかし、中に乗っている人たちの発する気が異常だ。
 濁った気体のような物体の人たちが沢山乗っている。
 中の人たちは、ある用紙の説明を受けながら署名することを求められていた。

 私の順番になって、私にも署名を求められたのだが

「署名してはならない、こちらの世界に戻ってこれなくなるぞ」

 という声が聞こえた。

 搭乗している人たちの異常なエネルギー体を鑑みて、
「署名は義務ですか?」
 と質問してみると、
「説明して了解をいただくことになっている」
 という回答だったので
「今回の署名は保留にしておきたいがどうか」
「それならそれでよろしいですよ」
 という回答だった。
 飛び立つ飛行機にしても変な飛行機だ。
 この世を飛んでいる飛行機のようにもみえるが、この世を飛んでいるものでもないらしい。

「変な夢だ。」

 と思いながら目覚めた。

 7月1日(金)を何とか迎えることができたらしい。

○ 黒い線状のお化けのQ太郎が私の元に現れて
「満夫さんをどうして寄越してくれないの?」
 と言ってくる。

 この「黒い線状のお化けのQ太郎」はちゑおばさんかもしれない。

 私は引き留めている訳ではないが、5月15日(日)の夕方に休んでいるときの白日夢を思い出した。
 5月15日(日)の夕方に、糸魚川へ向けて私の矢が飛んでいっていた。
 私は
「オジサンがいるので嫌だ」
 と言ったのだが、
「時がせまった故、発射」
 という指示だった。
 一斉に矢が糸魚川に飛んで行った。
 それから2016年6月25日(土)に糸魚川で地震があった。
 今こうして振り返ると、九頭龍の神霊的実体の「憎しみ」が糸魚川にあったのかもしれない。

7月2日(土)、朝の夢「母親と祖母の部屋の中間にある段ボール」

天之大神「それでは始めるぞ」

日本を知る会「賀茂神社の岡田宮司」

 朝の夢。
 変な夢だ。
 私は車で山形の田舎に帰っている。
 私の車は、実家の駐車場ではなくて、隣の家の庭兼通路に置いてある。
 母親とおばあちゃんの部屋の中間に、ある品物が入った段ボール箱がある。
 私は、その段ボール箱を取りに来たのだ。
 その段ボール箱を運び出すことを誰にも知られてはいけない。
 最初は、その段ボール箱を母親と祖母の前にあう廊下にいるが守っているように見えた。
 しかしすぐさま、台所で作業をしている30代頃の新潟の叔父さんが段ボール箱を守っているようにも見えてきた。
 居間の仏壇を背にして原さんが正座していて、私に目配せして、段ボール箱を運び出すタイミングを知らせてくれようとしている、
「今よ」
 と合図を送ってくれた。
 その瞬間に、私は玄関から入り、段ボール箱をおばあちゃんの部屋の窓から外にだし、車に積み込み、車で脱出を試みた。

 トイレに起きながら、夢の内容を振り返っていた。

 昨日の鹿児島行の飛行機の夢と言い、今日の夢と言い、7月に入ってから妙な具合の夢だと感じている。

 一呼吸おいて、

それでは始めるぞ!
 という声がした。
 天之大神の声だろうか?

○ 昼頃、女房と朝の夢について話し合った。

「その夢って、お父さんが大事にしておきたい思い出なんじゃない?」
「段ボールは、誰にも触れてほしくない思い出なのよ」
 そう言われて
「ドキっ!」
 とした。
 本当に大事な思い出の要素を全て含んでいる。
 両親の部屋、おばあちゃんの部屋、廊下にいる弟、お客さんのように居間にいる原さん、台所で作業している叔父さん。
 私の大切な思い出の全ての要素が入っている。
 疑問は、
なぜ叔父さんは台所で作業しているのか?
 だ。

 7月1日(金)にちゑおばさんが、

「満夫さんをどうして寄越してくれないの?」
 苦情っぽく私に言ってきていた。
 私の叔父さんに対するとても大切な思い出が、ちゑおばさんの願いの邪魔になってしまっているのかもしれない。

○ 湯島天神で日本を知る会。

 滋賀県近江八幡市の賀茂神社禰宜の岡田さん。

7月3日(日)、午前9時に台風1号の発生

 気象庁は3日、西太平洋のカロリン諸島近海で熱帯低気圧が午前9時に台風1号に変わったと発表した。
 今後発達しながら北西へ進み、7日ごろに沖縄県・先島諸島近海に達する可能性がある。

7月4日(月)、ちゑおばさん「満夫さんをどうして寄越してくれないの?」

青森のおばさん「このままいったら、おめがたが大変だ」

糸魚川は「 厭う(いとう)川 」で大きな爆発

日本橋で新月の会

 朝の夢。
 黒い線状のお化けのQ太郎が私の元に現れて
「満夫さんをどうして寄越してくれないの?」
 と私の元にやってきた。
 7月1日(金)に続くものだ。
 しかし今日は、私のところにオジサンを引き留めるものがなくなったことを確認したらしくすぐに離れて行った。

 場面は病院のベットに変わった。

 黒い線状のお化けのQ太郎は病院のベットの横に立った。
 オジサンの状態を確認すると、急に女神に変わった。
 なにかしらオジサンに話しかけているようだ。

○ 女房を職場に送っていった帰り、青森のおばさんが現れて、

「このままいったら、おめがたが大変だ」
「のお!」
 おばあちゃんに同意を求めていった。
「あとは、任せろ」
 ということだった。
 成田の過去帳をだし、御神前に供える。
 過去帳を手にした瞬間、かなり強い電流が手に伝わってきた。
 過去帳を通して何か自分の体の入ってきたのかもしれない。

○ 午後の白日夢。

 糸魚川は、「 厭う(いとう)川 」だ。
 どうしたって乗り越えていかなけばならない部分だ。
 糸魚川「 厭う(いとう)川 」で大きな爆発が起きる白日夢が見えてくる。
 容赦なく大地が噴煙を上げている。

○ 日本橋で、新月の会。20:02

7月5日(火)、通信制限になってしまった

歯科治療「右下奥歯と台所にいるオジサンの夢」

「私の思い出の力を、何かの動力に転化させていたのだろうか?」

 子供たち、とうとう通信制限になってしまった。

○ 今日は歯科治療の日だ。

 7月2日(土)の夢と、歯科治療が重なってくる。
 右下奥歯の「親しらず」の部分が、7月2日(土)の夢の台所の部分かもしれないと思うようになってきた。
 奥歯は、モノを噛み砕くので、人体にとっては「台所」に相当する。
 しかし、夢ではオジサンは調理するための「流し台」に立ってはいない。
 台所のテーブルに立って何かの準備をしているのでもない。
 台所の入口から入って、流し台に行く手前にあるテーブルの右に立っている。

 じゃ、おじさんはいったいそこで何をしているんだろう。

 弟のいる場所のイメージは何となく解る。
 思い出の中心の廊下になっている。

 弟は原さんを知っていた。

 それじゃ、台所でおじさんは何をしているんだろう?

 台所と叔父さんの位置関係の意味がよくわからない。

 昨日から、右下奥歯の「親知らず」の近くの根の部分の歯茎に小さな腫物ができていて痛い。
 膿が溜まりはじめているのだろうか?
 また、4月12日(火)から治療していて、いつになったら治療が終わるのだろう?

○ 昼ごろ、ちゑおばさんが私の思い出のなかの叔父さんの元に行った。

 私の思い出の中に入って、叔父さんに覆いかぶさり、叔父さんを連れて行こうとしているらしかった。
 思い出のなかで、叔父さんがいなくなったようなのだが、叔父さんがいた場所は、少し赤く焦げたようになっている。
 心の神様に意見を伺うと
「それでいいんだよ」
 ということだった。
 その赤く焦げたような場所は、溶岩のように赤く熱してきたような気もする。
 そういう場面に変じると、台所のドアは溶鉱炉のような入口に変わって、台所の装いを改めようとしている。

 こうなっていくと、もう人間・成田亨の思い出では無くなってしまう。

 私の思い出に足場を組まれてしまった違う場面の展開だ。
 私の思い出の力を、何かの動力に転化させていたのだろうか?

○ 歯医者に行く前に、予約システムについての問い合わせがあった。

 医師のレセプトとクーパンを組み合わせることができるか?
 という質問だった。
 レセプトの点数があるので、診療報酬との組み合わせはできないと応えた。
 電話の趣旨は、システム会社だったので、予約管理システムをどのように医師に広めていくのか、ということだった。
 私の考えを伝えた。
 そこまで研究されていないらしく、
「それではいいです」
 と切られてしまった。
 このビジョンや志に「間違い」があったらどうなるのだろう?

○ 夜19時、歯医者での治療で右下奥歯がようやく仮止めになった。

 治療を受けながら、
次回の治療の7月12日(火)までに決着がついているだろう
 という声が聞こえる。
 先週の6月28日(火)の治療の時に聞いた声の主かもしれない。

 その時の声というのは、

「その男に任せよ」
 とのことだった。
 また、
「保険を含めうまくまわっておる」
 ということだった。

○ 自宅に戻ったら青木からの電話だという。

 折り返しすぐに電話を返した。

○ 大祓祝詞の解説サイト『 古事記の秘密とはあめつちの言霊学 』。

   https://sites.google.com/site/ametutinokagami/wa/da-fu-zhu-ci-ooharainorito

7月6日(水)、朝の夢「コブラのような蛇(ヘビ)に咬まれたことがあったらしい」

「グラグラ揺らぐ立方体」「マッチに火をつけよ」、zhr というスペル

 朝の夢。 あいう
「コブラのような蛇(ヘビ)」が頭をもたげている。
 初めからこの「コブラのような蛇(ヘビ)」がいたらしい。
 私はこの「蛇(ヘビ)」に手を咬まれたらしい。
 この咬まれた影響が随所に現れたらしい。

「蛇(ヘビ)」の映像から、下の立方体の画像に場面が変わった。

立方体  左の立方体の各辺が、グラグラと揺らぎ始めている。
 これでは立方体の形を留めることはできなさそうである。

 

あいう
 しばらくすると、ヘビに重なってマッチ棒が現れてきて
「火をつけよ」
 と言われた。

 時のタイミングを見計らっった。

 zhr というスペルが見えるがなんだろか?

 zhr とは、天頂出現数(てんちょうしゅつげんすう)のことであり、流星群の流星の出現数を表現する数値である。
「天頂1時間流星数(てんちょういちじかんりゅうせいすう)」、「天頂修正出現数(てんちょうしゅうせいしゅつげんすう)」などとも呼ばれる。
 観測者に見える流星の理論的な最大数を表すもので、流星群の放射点が天頂にあって、光害のない理想的な条件で見ることのできる、1時間あたりの流星の数である。
 小さい流星群の天頂出現数は1から2であるが、ペルセウス座流星群、しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群などでは100をこえる。

 zhr というスペルで、天の運行に関わる事象を見ていると言っているのだろうか?

 時を見計らって、昼の12時ごろ、「コブラのような蛇(ヘビ)」とマッチ棒をプリントアウトし、御神前のローソクの火で燃やした。
 灰は、御神業に使うことにする。

神界を惑わした蛇
 2007年5月23日(土)「神界を惑わした蛇」

 この間の御神業と関係のある夢だろうか?

あいう

あいう

○ 今日の、火の御神業に対して、気になる4つの小さな動きがあった。

(1)小池百合子氏、東京都知事選挙への立候補を正式表明。

 6月29日(水)に神様から
葬儀の準備をせよ
 と言われた時に、小池百合子氏が選挙に出る準備があると発言したものだった。
 成田の家と「白百合」は非常に縁がある。
 この話が、どの規模に及ぶか?

(2)神導さんからメールあり。

 神導さんはあるプロジェクトに関わっているらしい。
 うまく行ったら協力できるかもしれない、という趣旨のメールだった。

(3)光宮(みや)、昼ごろ咳が止まらなくなったという。

 12時ごろにやった火の御神業に関わるらしい。
 夕方には体調は落ち着いている。

(4)実加と展地の協力。

 7月5日(火)に通信制限がかかってしまった件についての協力の申し出。

○ アメリカで、「ポケモンGO」の配信開始。

 配信初日から驚異的なスピードでダウンロード数が増えていて、連日アプリの人気ランキングで1位を占めている。

7月7日(木)、朝の夢「夜の都会の上空にあるチリ・アクタ・汚れの塊」

子供たちの通信制限の解除のため石神井公園へ

私の左手が、急に毛筆の毛になっていくイメージ

叔父さんが救われて天に昇っていくイメージ

私の「思い出の力」を使って生きてきた

8月5-6日で奈良県から三重県に行く工程の確認

 朝の夢。
 夜の都会の上空に、大きな塊が浮かんでいる。
 大きな都会を飲み込んでしまいそうな大きさだ。

 何でできているか見てみると、黒っぽくて灰色がかったチリ・汚れの集合体だ。

 6月29日(水)6月30日(木)に自覚した「黒っぽくて細いにょろにょろした憎しみの実体」に関わる映像なような気がする。
 おそらく、伊邪那美命が黄泉国に間引いた人の悪想念の総体なのだろう。
 黄泉国も開かれるので、今まで伊邪那美命が間引いていた悪想念もこの世に直接的に現れることになるのだろう。

○ 子供たちの通信制限の解除のため石神井公園へ

 その時の2つのイメージ。
(1)私の左手が、急に毛筆の毛になっていくイメージ。
 左手が筆で、指が筆先、腕が筆の持ち手。
 頭で考えたことが筆に伝わっていくイメージだ。
 迦具土命が間もなく復活されるからだろうか?
(2)7月2日(土)の夢の台所が、向こうから転がってくる巨大な岩に押しつぶされて、台所の中にいるオジサンも 潰されそうになっている。
 それを見た私は
「おじさん、早く逃げて」
 と呼びかけている。
 私の声に誘われて、叔父さんは宙に上昇していったような気がする。

 まずは、叔父さんが救われたようなので安心した。

 しかし、その代わりに王冠をつけた王子風の若い青年が身代わりになってしまったようだ。
 誰だろう。
 青年時代の自分の姿を見ているような気がする。

 私の「思い出の力」を使って生きてきた、ということだろうか。

○ 夕方、叔父さんの身代わりになった王冠をつけた王子風の若い青年は透明な「いわ」のなかに現れている。
 そして、おじさんは「こちら側−時計でいうと5時の側ー(この世?)の空間」にいて叔父さんの身代わりになった王冠をつけた王子風の若い青年を眺めている。
 叔父さんの身代わりになった王冠をつけた王子風の若い青年がいる側は危険がいっぱいだが、叔父さんのいる「こちら側−時計でいうと5時の側ー(この世?)の空間」は安全なのだ。
 心の神様の感想では
「余命の長さが示されている空間ではないか?」
 ということだった。

○ 日本橋から電話、

 8月5-6日で奈良県から三重県に行く工程の確認。

7月8日(金)、朝の夢「おじさんがエレベーターで上に上がる夢」

叔父さんの体から出てきた2枚の認証カード

「誰も入れぬ部屋」と「思い出から消える部屋」

今日は弟の誕生日で生きていれば、56歳を祝っただろう

 朝の夢の直前、心の神様が、
「お父さん、立って」
神様の杖をもって上に挙げて
 という。

 それから夢の中に入っていった。

 昨日の「こちら側−時計でいうと5時の側ー(この世?)の空間」がエレベーターに変わり、叔父さんがエレベーターのようなもので上に上がっていく。
 上に着くと、宇宙船の指令室のような装置が沢山並んでいる広い空間だ。
 中央に天之大神が立っており、叔父さんはその場に連れられて行っているようだ。
 何らかの会話をされて、叔父さんは幾人もの人に囲まれて1時方角の中に入っていく。

○ 起きても朝の夢の場面は続いている。

 幾人もの人に囲まれて入っていった叔父さんの体から、あるカードが出てきた。
 出てきたカードは2枚。
 口から吐き出されたカード、胸から取り出されたカードの2種類あるようだ。
 このカードが、昨年2015年1月1日(木)から探していた2枚の認証カードかもしれない。
 叔父さんを取り囲んでいる人々は固唾を飲んでそのカードの真贋を図ろうとしていた。
 カードの真贋を確かめて後、その2枚のカードが天之大神に差し出され、大神は深く頷かれたようだ。

 そして、天之大神は、

「残りの命(生存エネルギー)をあの者たちのために使ってはどうか」

 という提案をされているらしかった。

 この提案は私の心情を慮っての天之大神の配慮のようにも見えた。

 叔父さんは、即座にいい返事をしなかったようだ。

 叔父さんはまた幾人かに囲まれて「誰も入れぬ部屋」に入っていった。
誰も入れぬ部屋」とは、文字通り「誰も入れぬ部屋」だ。
 この部屋に入ったものは、人々の思い出から消失していくので「思い出から消える部屋」でもある。

 2015(平成27)年1月1日(木)6匹の亀の認証カードの夢を思い出す。
 夢では、2枚の認証カードが見つかっていなかったのだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 数年前私が放した6匹の亀(ミドリガメ)たちが戻ってきたという話題の夢だった。

 6匹の亀にはそれぞれの認証カードがあった。

 4匹の亀は保護され、認証カードの点検も行われた。
 ところが、2匹の亀の行方が分からないため、今回の夢の場面になっている。

「山形の実家に行っているかもしれない」

 と、閃いて、私は取り壊されているはずの実家に向かった。
 取り壊されているはずの実家の跡に、前の家に似ている映像が浮き上がっていて、その映像に重なって、木調の広い玄関が現れている。
 問題のミドリガメは、一階の赤い屋根の上に乗っかっている飾り屋根と一階の屋根の隙間に挟まれて引っ繰り返り身動きできないでいる。
 私の実家には飾り屋根はないのだが、夢では赤い飾り屋根があることになっている。

ひっくり返った亀

 私はハシゴを掛け、一階の屋根の上に腰が出るくらいまで上り、引っ繰り返ったミドリガメを引き抜くために、亀の甲羅へと手を伸ばした。
 亀は救いを待っていたらしく、手を差し出すと鋭い爪がある両足をジタバタさせる。

 私の両手を引っかいてくるので、ミドリガメの甲羅を掴むことができないでいた。

 思案の結果、このミドリガメの認証カードを、ミドリガメに当てれば亀の動きに変化が生ずるかもしれない、と考えて、認証カードをミドリガメに近づけたのだが、この認証カードも上手く反応してくれない。
 この作業をしていると、もう一匹残っていた大きな亀も私の方に近づいてきていた。
 実家の屋根で引っ繰り返って身動き出来ないでいる亀を心配して、この大きな亀もその場を離れることができないでいるらしかった。
 しかし、この大きな亀の身柄も確保しなければいけない。

 そこに声が響いた。

「成田の墓にいくように誘導せよ」
 すると、その大きな亀は、お墓の方に歩みながら目に涙を溜めている。

 屋根の上でひっくり返っている亀を案じているらしい。

 私はお墓に向かっている大きな亀の姿を確認しながら、下のような点について考えていた。
「なぜ、甲羅が屋根にくっついて離すことができないのか」

「どうしてこういうことになるのか」

「亀の内部の思う思い方と、認証カードが一致しなくなってしまったために引っ繰り返ってしまうのではないか」
 こういう結論に達した。

 すると、実家の左側が神社に変化していった。

 玄関は木調の広い玄関になっている。

 さらに場面は、実家が龍神の姿に変じている場面になった。

 龍神のゴツゴツした表皮の背にあるような部分に、引っ繰り返った亀の甲羅のキラメキが見える。
 龍神は山形を飛び出て、日本を飛び出て大気圏に出たようだった。

 昼の夢になった。

「修復完了」
「修復完了」
 という声が轟いた。
 続いて、
「解除します」
「解除します」
 という声が続いた。
 昨年来こういう声を聞くようになった。

○ 昼過ぎの13時ごろ上の記述をまとめている。

 ここまでまとめたのを確認されたかのように、心の神様が
「全てがうまく行くようにお父さんたちのために祈って」
 と言われる。

 御神前で、すぐに祝詞の奏上。

 滝が現れて、水が下界に流れて行っている。
 滝の流れの下にいるのはブッダのように頭の髪を上に結った人物だ。
 滝行のような沐浴をされている。
 そこに神様からの水が届けられたものらしい。

○ 珍しく3名からの電話あり。

 この滝の映像に関係あるだろうか?

○ うたた寝しているときの映像。

 少し薄暗いなかにお堂が見える。
 雪が降り始めている。
 妙な映像だが、どこの景色を見てるのだろう。
 信州だろうか?

○ 今日は弟の誕生日だ。

 生きていれば、56歳を祝っただろう

○ 日本人が世界最古の人類であると確定!。

 ドイツの研究機関、日本人からとんでもない遺伝子を発見
  http://sharetube.jp/article/1507/  

7月9日(土)、朝の夢「女の人が現れてマンションに燭光」

「ヤギが草を頬張る」、「宙に浴衣地の燃えカス」

おじさん「亨 悪かった」、歯の仮止めが取れて歯医者へ

 朝の夢。
 私はワンルームのマンションに住んでいる。
 日当たりの悪いマンションなのだが、そこで仕事もしている。
 このマンションの夢を何回かみている気がする。

 今朝の夢では、私は暗いマンションのベットで横に寝ていた。

 そこに窓のほうから女の人がやってきて、宙で私の様子を伺っていた。
「あら、まだ暗いままなのですね」
 そう言って、玄関に回り込んでドアを開けてくれる。
 女の人がドアを開けると、部屋の中に光が差し込んできた。
 そして、女の人がドアの左壁に手をかけると、そこに新しい部屋が現れてきた。
「ここにも部屋があったんだ」
 と狐にダマされたような感覚に夢の中でなっている。
 その部屋は、しばらく使われていなかった部屋で煤けているようにみえる。
 中にあるのはとても高価な品物の数々があるようにもみえる。

 場面が急に変わった。

 神様服を着た私の前に一匹の白いヤギがいる。
 ヤギの周りにはヤギの好きそうな青い草が沢山あって、ヤギは美味しそうに青草を食べている。
 そのヤギの姿をみて、私は安心していた。
 ヤギは私の星座なので、人間の私かもしれないと夢の中で思っている。

 すぐに場面が先ほどの夢のマンションに急に変わった。

 私が寝ていたリビングと思われる部屋の窓側に、浴衣地の焼け焦げた破片が現れていた。
 7月6日(水)にマッチと蛇を印字した紙を御神前で燃やした燃え残りの紙片に似ている。
 その紙片が浴衣地なのだ。
 その紙片がクスブリながらも燃え尽きようとしている。

○ 夢から目覚めても夢の続きにいる。

 御神前で燃やした燃え残りの紙片浴衣地の焼け焦げた破片には類似性がある、と思っていると叔父さんが急に現れてきて
「亨、悪かった、許してくれ」
「亨、悪かった、許してくれ」
 と言ってくる。
 今の私には「何が悪いこと」だったのか判断ができない。
 そのため、昨日7月8日(金)に天之大神からのお言葉を賜れる場を作っていただけたのだと思う。
 大神の前に立たれているのだから、私に事情を説明するのではなく、大神の言葉を信じるべきなのだと思う。
 叔父さんの背が割れて、背後から「黒っぽい気体」が抜け出してきそうである。

 洗面台で歯磨きすると、右上奥歯の仮止めが取れた。

 痛みもあるので、すぐに歯医者に走った。
 右上奥歯の3つの根は「九頭龍」に対応していそうである。
 叔父さんと関わっている今のタイミングで仮止めが取れてしまったのが重要だ。

 歯医者での治療中も叔父さんとの会話が続いていた。

 心の神様は、
「お父さん、祈ってあげて」

 と助言してくれる。

 叔父さんは、私に語りかけてくれる
「いい人生だった、亨、ありがとう」
「糸魚川も、ありがとう」
 という言葉だった。
 私にも叔父さんとのいい思い出がある。
 車椅子の背を押してもらいながら、夕日の方に進んでいった。
 左手をあげて私の別れを告げてくる。
(※)糸魚川の日の入りは19:10。
   東京都練馬区の日の入りは19:00。

 おじさんのこの映像に続いて、黒のバッドマンのような人物も現れてきた。

黒のバッドマンのような人物 「今までの件についてはとても感じ入るものがあった」
「天之大神様に拝謁できる機会まで頂戴して感謝申し上げる」
 と言ってくる。
 私が語るような形で寄与できるのであれば、
「未来に寄与したい」
 ということであった。
(※)心の神様は
 「スバル」
  と一言感想を漏らされている。

○ 練馬区北町の方の運転手をして商品の購入。

7月10日(日)、朝の直感「全てが終わった」という直感

参議院選挙の投票日、午後の夢「一滴の冷たさで目覚めた人物がいる」

「全てが終わった」
 という直感のもとで目覚めた。
 参議院選挙も終了したし、糸魚川のおじさんとやり取りすべき事柄も全て終了したと思える。

6月22日(水)に公示されていた参議院選挙の投票日。

 午前中に投票を済ませた。

○ 練馬区北町の方から電話「東武デパートに電話を入れて欲しい」。

 Wiiの注文の電話の本人確認だった。
 東武デパートに電話を入れた。

○ 午後の夢。

 暗闇の中に病人を乗せるようなベットがある。
 そのベットの置かれている部屋は薄暗い。
 ベットの上に濃い肌の青年が横たわっている。
 黒人のような黒さではない。
 小麦色の肌が非常に濃いのだ。
 その青年は細身でスラリとしている。
 生きているのか死んでいるのか不明だが、その青年の頭の方に70歳ぐらいの祭司風の人物が立っている。
 天から糸が垂らされて、その糸をツタって一滴の液体が垂れて行って、顔面に落ちて行った。
 その一滴の冷たさでその人物は目覚めた。
 夢の中では、その滴は私のものだと自覚している。

 小林充先生の勉強会の時、私は「18」より下がることができなかった。

 この時、私の大事な部分は18歳の時に亡くなったのだ、と自覚したのだ。
 また、美穂の魂鳴鐘の夢でなくなっている青年は自分かもしれないという直感があった。
 自分の中で死んでしまっている自分に命が与えられたのだろうか?

 場面が急に変わった。

 原さんが立っている。
 屈託のない笑顔だった。
 遠い昔に私は彼女に
「30年待っていて欲しい」
 と言った。
 その約束が果たされたのだろうか?

○ かの二宮尊徳は次のように言っている。

「道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である」

 大事を成さんと欲する者は、まず小事を務むべし。

 大事を成さんと欲して小事を怠り、その成り難きを憂いて、成り易きを務めざる者は、小人の常なり。
 それ小を積めば大となる。

7月11日(月)、参議院選挙の結果は、歴史的な結果。

改憲勢力で2/3議席を確保

未来への予言とは〜未来は一人の人間の想念のなかに存在している

「私の思い出の力」

永六輔さん(昭和8年4月10日生)が7月7日(木)に83歳で死去

 自民 56(単独過半数には57議席必要)
 公明 14
  お維 7
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
合計  7774議席獲得できれば改憲要件を満たせる)

  民進 32

  共産  6

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【産経新聞】

 「さあ、憲法改正への橋はかかった 総裁選出馬制限を撤廃し、山積した政治課題にじっくりと取り組め」

【未来への予言とは〜未来は人間の想念のなかに存在しているのだろうか?】

 2016年の今年になって気づいたことがある。

 オカルト競馬の研究をしていた1987年の出来事だ。

 1987年12月27日の有馬記念で、メジロヂュレンが勝ったのだが、この有馬記念がどういう枠順になるのかの予想を10月くらいからやったことがある。
 2か月かけた枠順予想では、16頭中14頭までの枠順を言い当てることができたので、やはり未来は決まっているのだ、と当時は確信したのだった。
 ところが、20年経って2016年の今、当時を振り返ると、
 枠順という未来は、私の頭や想像の中に形成されていたのではないか?

 と漠然と思うようになった。

 つまり、1987年10月から、私が2か月もかけて、
 枠順に馬名を書いていったので、それが実現化されてそういう枠順ができて行ったのではないのか?

 と思うようになってきた。

 未来というものは、確かに存在しているのだが、誰かの想念や思いの中に未来が形作られていて、その未来が時間の進行とともに現れてくるのではないか?

 という仮定で過去を振り返るようになった。

 場面はまるっきり違うが、
 1997年7月21日(月)元伊勢外宮の豊受大神社に参拝して祝詞を奏上しているときの事例がある。
 元伊勢外宮の豊受大神社で祝詞を奏上していると、御神前の中にスクリーンが降りてきて、
「本殿の中で鳩山由紀夫氏と菅直人氏が密談している映像」が写されてきた。
 この映像をみて、この両名は、神代の昔の白人・ 胡久美に準ずる働きをされるということを神様に告げられたのだと直感していた。
 そして、この両名は、必ず日本の政治の混乱期に、政治の中心にいる人物になっていくに違いない
 と思い続けてきた。

 その結果かどうか解らないが、2009年9月16日に鳩山由紀夫氏が総理大臣になり、

 2010年9月17日-2011年9月2日の間、菅直人氏が総理大臣になった。

 今回の参議院選挙の結果を踏まえて、私は未来に対してどのように御神意を問い、どのように思い定め動いた方がいいのか、しばし立ち止まって考え直している。

○ 永六輔さんが7月7日(木)、肺炎のため東京都渋谷区内の自宅で死去したと報道。

 1933(昭和8)年4月10日生まれで83歳だった。
 坂本九氏が歌った「上を向いてあるこう〜〜」の作詞者。
 奇しくも今日、日航123便が墜落した1985年ごろに身辺に起こった出来事を調べていた。
 そのとき、坂本九氏の「上を向いてあるこう〜〜」も目にしていた。

 奇しき因縁か?

「恋のバカンス」などのヒット曲で知られる双子の人気ポップスデュオ「ザ・ピーナッツ」の妹・伊藤ユミ(本名:伊藤月子)さんが5月18日(水)に亡くなっていたことが11日、わかった。
 75歳だった。
 同日、所属事務所が発表した。

7月12日(火)、朝の夢「安倍総理が『経済です』とガッツポーズ」

「黄色の未確認物体が3つ」

英次期首相にメイ内相就任、「EU離脱成功裏に進めたい」

歯医者の治療中「白衣の女の菩薩像の治療」「赤のカーネーション」

仲裁裁判所「中国の南シナ海支配を否定 歴史的権利なし」

 朝の夢。
ガッツポーズをした安倍総理  ポスターの安倍総理が現れて
「経済です」
 と右手を挙げてガッツポーズをした。
 その姿をみて私も
「そうだ」

 と思った。

 衆議院の解散をしなければ、2018年11月まで、自公で合わせて3分の2以上の議席がある。
 次の参議院選挙は、2019年7月までない。
 丸2年間は、憲法改正の発動要件があることになる。
 経済が整い、周辺外交が整い、国民世論が熟すればいつでも動ける状況だ。

 かの二宮尊徳も言っている。

「道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である」

 神霊界や人霊界の領域では、やることはやった。

 あとは、実際の業務でどうやって形に現していくかだけだ。
 私も経済の立て直しだ。

○ すぐに場面が変わって次の夢をみた。

 海岸部に黄色の未確認物体が3つ漂着している。
 中に高校生が入っていることを感じることができる。
「イタズラ!?」
 と直感したのだが、中から出れなくなって、その場でへたっている。
 20年近く前、神様から
「昔々、あるものの何気ないイタズラで大事になって、収拾つかなくなってしまったことがあった」
「それで、この世は大混乱をきたした」
 と聞いたことがあった。
 その事体に関連する可能性があるので、とにかく3つの黄色の未確認漂着物を回収し、天之大神の御判断に委ねよう。

○ 英次期首相にメイ内相、「EU離脱成功裏に進めたい」

 与党・保守党の党首選からレッドソム・エネルギー担当閣外相が撤退を表明したことを受け、メイ氏は7月11日に、保守党党首に就任。
 キャメロン首相は7月13日にエリザベス女王に辞表を提出し、メイ氏が同日新首相に就任する。
 メイ氏は英国は交渉戦略を策定するために時間が必要とし、年内は離脱手続きを開始しないとの立場を表明。
 この日にバーミンガムで行った演説では、国民投票のやり直しはないと表明すると同時に、
「首相として英国のEU離脱を確実に進めたい」
 との立場を示した。

○ 歯の治療中の映像。

 右上の奥歯の治療中の映像。
 白い衣服を着用した女の菩薩像の心臓にキリ針が入っていった。
 次に左耳の上部にキリ針が入っていった。
 次、後ろの肩にキリ針が入っていった。
 背骨をサスッテ、足のフクロハギにキリ針が入っていった。
 女房の具合の悪い患部の治療にもなっているかのようだ。

 上の歯の治療のあとに、右下奥の親不知の治療。

 先ほどの白い衣服を着用した女の菩薩像が赤いカーネーションを抱えている。
 治療の終わりかけになると、白いカーネーションも抱えている。

 赤いカーネーションの意味は、

 「母の愛」
 「愛を信じる」

 白いカーネーションの意味は、

 「尊敬」
 「純潔の愛」
 「私の愛情は生きている」
 尊敬や純潔など、素敵な花言葉ですが、白いカーネーションは亡くなった母へ贈るものとされています。

○ オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所の判断は。

 「中国の南シナ海支配を否定 歴史的権利なし

 南シナ海をめぐる中国の主張や行動は国連海洋法条約違反などとしてフィリピンが申し立てた仲裁手続きで、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は7月12日(火)、中国が「歴史的権利」として主張する「九段線」について国際法上の根拠は認められないとの裁定を公表した。
 南シナ海のほぼ全域の主権を主張して強引に進出する中国に対し、初めて国際法に基づく判断が下された。
 裁定は、南シナ海で実効支配の拡大を目指す中国側の主張を退ける内容。
 中国は一貫して裁定を無視する姿勢だ。
 罰則など強制的に裁定に従わせる手段はないが、国際社会が司法判断の尊重を求める圧力を高めるのは必至。
 中国の立場は苦しくなる一方、南シナ海情勢は一段と緊迫化する可能性がある。
 中国が「歴史的権利」として南シナ海のほぼ全域を取り囲む形で主張する「九段線」については、仲裁裁判所は管轄権を留保していたが、今回の裁定で中国の主張を退けた。

 今回の仲裁は2013年1月、フィリピンの申し立てを受けて開始。

 中国は参加を拒否したが、仲裁裁判所は昨年2015年10月、15項目の訴えのうち7項目で管轄を認め、同2015年11月に中国抜きで口頭弁論を開いていた。
 仲裁は海洋法条約で海洋紛争を解決する手段の一つとして指定されており、全当事者が受け入れなくても手続きを進めることができる。
 裁定は最終的な判断のため、上訴はできない。

 中国側の反応。

 中国側の陸氏は
「裁判所の構成は国際海洋法裁判所の元所長で日本人の柳井俊二氏が仕切っている」
 と指摘。
 さらに、柳井俊二氏は安倍晋三首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の座長を務めているとし、
「仲裁裁判所は政治化していたことが見て取れる。同裁判所は合法性がない」

○ 1週間前の7月5日(火)の歯の治療中に、

「次回の治療の7月12日(火)までに決着がついているだろう」
 ということだった。
 確かに、参議院選挙、イギリスの次期首相、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所の判断と3つの大きな区切りになった。

 確かに、大きな3つの「決着」があった。

 しかし、今日の夢では、安倍総理のガッツポーズの夢のあとに、黄色の未確認物体が3つ漂着している夢だった。
 今日中にもう一つの知らせが来るはずだ。

7月13日(水)、朝の声「そなたたちをこのままにしてはおけぬ」

天皇陛下 「生前退位」の意向示される

宮内庁の山本信一郎次長は報道を否定

 朝の声。
 最初に男性の声、
「そなたたちをこのままにしてはおけぬ」
 すこし間を置いて女性の声、
「あなたがたをこのままにしてはおけません」

 世界の政治の枠組みが決まろうとしていることに対応した声か?

 翌日7月14日(木)の朝の夢で、どなたの声か知る。

 竈神のオキツヒコ(奥津日子神)・オキツヒメ(奥津比売命)と知る。
 神道では三宝荒神ではなく、竈三柱神(稀に三本荒神)を祀る。
 竈三柱神はオキツヒコ(奥津日子神)・オキツヒメ(奥津比売命)・カグツチ(軻遇突智、火産霊)とされる。
 オキツヒコ・オキツヒメが竈の神で、カグツチ(ホムスビ)が火の神である。

天皇陛下 「生前退位」の意向示される。

 天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。
 数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています。

 天皇陛下は、

「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」
 と考え、今後、年を重ねていくなかで、大きく公務を減らしたり代役を立てたりして天皇の位にとどまることは望まれていないということです。
 こうした意向は、皇后さまをはじめ皇太子さまや秋篠宮さまも受け入れられているということです。
 天皇陛下は、数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています。
 これについて関係者の1人は、
「天皇陛下は、象徴としての立場から直接的な表現は避けられるかもしれないが、ご自身のお気持ちがにじみ出たものになるだろう」
 と話しています。
 海外では、3年前、皇室とも親交の深いオランダの女王やローマ法王などが相次いで退位を表明して注目を集めました。
 日本でも、昭和天皇まで124代の天皇のうち、半数近くが生前に皇位を譲っていますが、明治時代以降、天皇の譲位はなくされ、江戸時代後期の119代光格天皇を最後におよそ200年間、譲位は行われていません。
 皇室制度を定めた「皇室典範」に天皇の退位の規定はなく、天皇陛下の意向は、皇室典範の改正なども含めた国民的な議論につながっていくものとみられます。
 天皇陛下は、今の憲法のもとで初めて即位し、以来、象徴として望ましい天皇の在り方を求め続けられてきました。

 平成元年の即位にあたっての記者会見では、

「憲法に定められた天皇の在り方を念頭に置き、天皇の務めを果たしていきたい」
 としたうえで、
「現代にふさわしい皇室の在り方を求めていきたい」

 と述べられました。

 平成3年、長崎の雲仙・普賢岳の噴火災害では、そうした天皇陛下の考えが目に見える形で示されました。
 皇后さまとともに被災地を訪れ、避難所の板張りの床に膝をついて、被災者一人一人に同じ目の高さで話しかけられたのです。
 その後も、阪神・淡路大震災や東日本大震災など、大規模な災害が起きるたびに被災地を訪れ、被災した人たちに心を寄せられてきました。
 また、障害者や高齢者の施設を訪れるなど、社会で弱い立場にある人たちに寄り添われてきました。
 こうした活動について天皇陛下は、平成11年、即位10年に際しての記者会見で、
「障害者や高齢者、災害を受けた人々、あるいは社会や人々のために尽くしている人々に心を寄せていくことは、私どもの大切な務めである」
 と述べられました。
 そして、のちに、
「天皇の務めには日本国憲法によって定められた国事行為のほかに、天皇の象徴という立場から見て、公的に関わることがふさわしいと考えられる象徴的な行為という務めがあると考えられます」
 と話されました。

 こうした務めについて、天皇陛下は、

「戦後に始められたものが多く、平成になってから始められたものも少なくありません。社会が変化している今日、新たな社会の要請に応えていくことは大切なことと考えています」
 と述べられていました。
 天皇陛下は、
「昔に比べ、公務の量が非常に増加していることは事実です」
 としながらも、
「国と国民のために尽くすことが天皇の務めである」
 として、数多くの公務を一つ一つ大切に務められてきました。

(参考記事)2013.6.14 毎日 生前退位意向:5月から検討加速 宮内庁幹部ら5人

 明治時代以降初となる天皇の「生前退位」に関し、天皇陛下のご意向を受け、宮内庁の一部の幹部が水面下で検討を進めていたことが分かった。
 今年5月半ばから会合を重ねて検討が本格化。
 首相官邸にも連絡してすり合わせてきた。
 こうした動きは内々に進められてきたが、天皇制に関する転換点であることを踏まえ、今後、公表のタイミングを計り、広く国民の理解を図る考えだ。
 宮内庁関係者によると、検討を進めていたのは、風岡典之長官ら「オモテ」と呼ばれる同庁の官庁機構トップ2人と、「オク」と呼ばれ、陛下の私的活動も支える侍従職のトップ2人。
 皇室制度に詳しいOB1人が加わり、皇室制度の重要事項について検討。
 「4+1」会合とも呼ばれている。
 陛下は7年前から、皇太子さま、秋篠宮さまと3人でお会いする機会を月1回程度設けてきた。
 この中で、今後の皇室に関する話題も出ることがあったという。
 「4+1」会合はそれを受けて開かれることもあり、5月半ばから、早朝に会合を行うなど活動が加速。
 生前退位に伴う手続きの検討とみられ、午前8時過ぎに同庁長官室に集まることもあった。
 頻繁に会合を重ね、皇室典範の改正や新法、元号の問題、退位後の呼称なども検討。
 結果を首相官邸の杉田和博官房副長官とすり合わせ、方向性が定まったことについては両陛下に河相周夫侍従長らが報告してきた。
 最近では、両陛下が静養のため神奈川県の葉山御用邸に出発した今月11日の前日にも報告しており、風岡長官は参院選の最中にも官邸に足を運んでいた。


(参考記事)2013.6.13 19:21更新 産経ニュース

 内閣官房と宮内庁は2013年6月13日、同庁の風岡典之長官が、天皇の生前退位や皇位継承の辞退を可能にする皇室典範改正を安倍晋三首相に要請したとする週刊新潮6月20日号の記事について
「このような事実は一切なく、この記事はまったく事実無根」
 と、同誌編集部に対し文書で抗議し、訂正を申し入れた。
 風岡長官本人も同日の定例記者会見で、「事実無根」と否定した。
 記事では、風岡長官が今年2月1日、安倍首相に皇室典範の改正を提案したとしている。
 将来、皇太子さまが天皇に即位した後、早い段階で退位され、悠仁さまが皇位を継承されるという考えを宮内庁側が示し、そのために秋篠宮さまに皇位辞退の権利を認めるとしている。
 また、
「すべて天皇、皇后両陛下の思(おぼ)し召(め)し。すでに天皇・皇太子・秋篠宮の三者による頂上会談でも話し合われ、納得されている」
 と宮内庁幹部が解説したとしている。

○ 宮内庁の山本信一郎次長は報道を否定。

 天皇陛下が天皇の地位を生前に皇太子さまに譲る意向を宮内庁関係者に伝えられたとの報道を受け、同庁の山本信一郎次長は7月13日(水)夜、報道各社の取材に応じ、
「そうした事実は一切ない。陛下は憲法上のお立場から、皇室典範や皇室の制度に関する発言は差し控えてこられた」
 と否定した。

7月14日(木)、朝の夢「ゴジラ、ゴジラが崩れていく」

「崩れた沢山の立方体、下敷きになっている王子」「竈、釜、横川の釜飯」

天之大神「時は満ちた」、都知事選挙の公示日

「隣の父の様子を見にいってもらえますか?」シンクロか?

 朝の夢。
 大きなゴジラが見えるが急に崩れてきた。
 黒い立方体の瓦礫の山になっている。
 瓦礫の残骸の中央の端っこ下敷きになって、王冠をつけた若い王子がヘバッテいる。
 夢の中で、
「今の現状の私の姿だ」
 と自覚できた。
 今日の夢は、7月7日(木)に見た夢の内容、向こうから転がってくる巨大な岩が台所を押しつぶす夢に似ている、と夢の中で思っている。
 すぐに場面が変わって、大きな古ぼけた竈が現れて、竈から大きな釜が取り出されてきた。
 竈は火と水を使って煮炊きに使う。
 竈の神もいらっしゃるくらい人の生活には密着しているものだ。
 竈から釜が取り出され、続いて横川の釜飯が現れてきた。

あいう

あいう

 かまど神は竈・囲炉裏・台所などの火を使う場所に祀られる神。

 神道では三宝荒神ではなく、竈三柱神(稀に三本荒神)を祀る。竈三柱神はオキツヒコ(奥津日子神)・オキツヒメ(奥津比売命)・カグツチ(軻遇突智、火産霊)とされる。
 オキツヒコ・オキツヒメが竈の神で、カグツチ(ホムスビ)が火の神である。

 奥津彦はオオトシクラムスビの子。

 妹背の道を守りつつ諸国を巡って、「始め終りの慎まやか」の道を教えた。
 アマテル神はそのことを褒め、『竈守(カマドカミ)』の名を賜る。

沖津彦命

 どういう趣旨の夢を見ているのだろう?

 7月7日(木)に見た夢の内容。

 7月2日(土)の夢の台所が、向こうから転がってくる巨大な岩に押しつぶされて、台所の中にいるオジサンも潰されそうになっている。
 それを見た私は
「おじさん、早く逃げて」
 と呼びかけている。
 私の声に誘われて、叔父さんは宙に上昇していったような気がする。

 まずは、叔父さんが救われたようなので安心した。

 しかし、その代わりに王冠をつけた王子風の若い青年が身代わりになってしまったようだ。
 誰だろう。

 青年時代の自分の姿を見ているような気がする。

7月7日(木)夕方、叔父さんの身代わりになった王冠をつけた王子風の若い青年は透明な「いわ」のなかに現れている。
 そして、おじさんは「こちら側−時計でいうと5時の側ー(この世?)の空間」にいて叔父さんの身代わりになった王冠をつけた王子風の若い青年を眺めている。
 叔父さんの身代わりになった王冠をつけた王子風の若い青年がいる側は危険がいっぱいだが、叔父さんのいる「こちら側−時計でいうと5時の側ー(この世?)の空間」は安全なのだ。
 心の神様の感想では
「余命の長さが示されている空間ではないか?」
 ということだった。

 青年時代の自分の姿を見ているような気がする。

 また、夢の場面が変わった。

 7月12日(火)の歯医者の治療中に見た「白衣の女の菩薩像」が私を抱きかかえて、気付け薬のように、御自分の乳房をだし、私に飲ませようとしている。
 私には菩薩が与えてくれる命の乳を飲み込む気力も残されていなかった。
 これで私は目覚めた。

○ 朝のテレビの報道。

(1)昨日の天皇陛下の「生前退位」の意向について大きな話題になっていた。
(2)午前2時にイギリスのメイ首相がエリザベス女王から首相に任命されたと報道。
 EUとエリザベス女王の兼ね合いが悪いのかもしれない。
 イギリスはEUに戻ることはないだろう。

○ 午前中に大きな出来事を振り返って祝詞奏上。

(1)7月11日(月)、参議院選挙で改憲勢力で2/3。
(2)7月12日(火)、英次期首相にメイ内相就任
 「EU離脱成功裏に進めたい」
(3)7月12日(火)、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所の判断
 「中国の南シナ海支配を否定 歴史的権利なし」
(4)7月13日(水)、天皇陛下 「生前退位」の意向示される。

 祝詞を奏上しているとき、

「時は満ちた」
 天之大神のお言葉だと思う。
 今上陛下は「時の大神様」だ。

○ 都知事選挙の公示日。

 投開票日は7月31日(水)

○ 隣の新井さんの娘さんから電話があった、

「午前と午後に電話しているのだけれど、父が電話にでない」
「様子を見にいってもらえますか?」

 シンクロになっていると思う。

7月15日(金)、呻くような苦しい夢「糸魚川から電話がこない」

午前11時45分、上島(神島)の西で貨物船衝突、「第8大和丸」沈没

15時17分頃 震度1(新潟県中越)で地震発生

「7月19日(火)に退院に向けての話し合いをする予定です」

ある神「これまでの事実を確認するように」

「そしてあの椅子に座るように」

 呻くような苦しい夢
「糸魚川から電話がこない」
 糸魚川からの電話がこないことに苦しんでいる。

 続いて、これまでの夢を振り返ってみているようだ。

あいう  2009年3月6日(金)から見るようになったジュダイの父・ダースベータ(アナキン)も7月8日(金)の夢の場面の指令センターにやってきている。
 洞窟から、黒い気体が岩場にへばり付きながらこちら側にやってきている。
 これまでの映像が目まぐるしき駆け抜けているようだ。

○ 7月15日(金)午前11時45分ごろ、貨物船の衝突で「第8大和丸」が沈没。

 兵庫県姫路市家島町の上島(神島)の西約4キロの瀬戸内海で物船の衝突で「第8大和丸」が沈没。
 もう一艘の船名「豊昌丸」。
 ランドマークにされている「上島(神島)」は、豊雲野大神がお隠れになられているということで、出口王仁三郎という宗教家がちょうど今から100年前の1916年旧暦9月8日に「神島開き」の御神業をやられた場所になる。
  「上島(神島)」は、 型(予型)とすると、イスラエル地方に相当するらしい。

あいう

○ 昼の祝詞奏上中の映像。
 右側の奥の空間(右目か?)から、ケンシローに似た人物が、ウサギの耳を持って、こちらに歩いてくる。
 イメージから推測すると、「月」と「ウサギ」だ。

○ 15時17分頃 震度1(新潟県中越)で地震発生。

○ 15時40分に糸魚川の田村さんから連絡あり。

「順調に回復していて、7月19日(火)に退院に向けての話し合いをする予定です」
 ということだった。
 嬉しさ半分と言った微妙な気持ちだ。

○ 糸魚川からの電話を受けて御神前に端坐。

 ある神からの声。
「これまでの事実を振り返るように」
 私が生まれた年に伊勢湾台風があり、私は生死の間を彷徨ったという。
 この影響で、胃腸の機能が著しく低下し、水便の症状に苦しだ。
 当時の叔父さんと同じ30歳まで生きられないだろう、と思った。
 小学校に入る前の5歳ぐらいに、大国主命の因幡の白ウサギ伝承をみて
「あなたがここにいて、私がなぜここにいるのか」
 と思った。

 小学校4年生の春に叔父さんが結婚し、家を出ていった。

 それから私の胃腸障害が徐々に改善していった。
 小学校4年生だったか5年生の秋に、教室の後ろに掲示してある歴年表をみて「飛鳥奈良と安土桃山」が輝いて見えた。
 それから45年経過し、2013年に音響の椅子に関わるようになり、母が亡くなり、伊勢神宮の式年遷宮を終えてから、また再び叔父さんと深くかかわるようになった。
 これがこれまでの事実だ。

 2013年5月19日(日)に、天之大神から、

「いまでも弟のことを思うておるか」

 と問われたことがあったが、同じ性質の趣旨があると思われる。

あいう  これまでのことを振り返ると、私に語りかけてくれた神から
「今後のことについては一つだけ条件がある」
 として
「あの椅子に座るように」
 と東側にある黄金の肘掛のついた椅子を示された。
 非常に躊躇したのだが、あの椅子に座らないと私の未来が切り開かれないモノらしい。

 天に玉座があり、その玉座に座られた方が救いの道を説く。

 この椅子に対する私のイメージでは、救いを説くヨハネが座られていた椅子のようにも見える。
 この神の話を聞いている時間帯(15時17分頃 )に、新潟県中越地方で地震、これも九頭龍がらみだ。

あいう

7月16日(土)未明、トルコでクーデター発生

神様の杖をあげると、トルコのクーデターの鎮圧報道

 現地時間の7月15日(金)夜、トルコで、軍の一部がクーデターを試み、国営テレビを占拠して、外出禁止令を出した。
 エルドアン大統領は民間のテレビ局を通じて、国民に対し、外に出て抗議するよう呼びかけ、クーデターの試みを必ず失敗に終わらせると強調。
 トルコのユルドゥルム首相は、現地時間の7月15日(金)夜、トルコのテレビ局を通じて
「軍の一部が反乱を企てている。警察がこうした動きに加わったものを取り締まる」
 と述べ、軍の一部によるクーデターの試みが起きていることを明らかにした。
 軍の一部は国営テレビを占拠し、アナウンサーに声明を読ませ、市民に対し外出を禁じるとともに「全権を掌握した」と発表したと伝えています。
 トルコの通信社によりますと、トルコ軍のアカル参謀総長が反乱を企てた兵士に拘束されたということです。

○ 19時前、心の神様から

「神様の杖を挙げて」
 と促される。

○ 日本時間の夕方19時ごろ、クーデターは鎮圧と発表

 いったい私は何なんだ?

 昔、心の神様から

「エリチィンの命を救って」
 という要請を受けて動いたことがあったが、もっと規模の大きなことをやっているような気がする。
 どういう規模で、どういう広がりをもつのか全くもって不明!

7月17日(日)、朝の夢「何もなくなっている地下の空洞倉庫」

鳥海山の秋田側の麓の人の渡辺和美氏

光宮(みや)と美穂の席書大会、「書く」から「読まれる」

 朝の夢。
 筒状の線路を通過する新幹線に乗って、出発している。
 到着した場所は、地下の空洞倉庫だ。
 小さなドーム状の空間が短い筒で結ばれている倉庫だ。
 以前もここに来たことがる気がする。
 その時は、白骨が砂利のように敷き詰められていて、異様な空間だったと思う。
 今は、わずかな白骨の欠片があるだけで、きれいさっぱりに片付いている。

○ 朝の6:36に渡辺和美氏から友達リクエスト。

 2013年8月20日(火)に、相模原の人から紹介してもらった方だ。
 渡辺和美氏は鳥海山の秋田側の麓の人。

 鳥海山登山中に秋田県由利本荘市岩渕下、団体職員、中野谷護さん(55)死亡。

 17日午前7時55分ごろ、山形県遊佐町の鳥海山で、秋田県由利本荘市岩渕下、団体職員、中野谷護さん(55)が登山中に突然倒れたと、同行者の男性が119番通報した。
 地元消防などが救助したが、搬送先の病院で死亡が確認された。

○ 車で席書大会に移動していると、天之大神の御言葉があった。

「あってはならぬ世界じゃ」
 天之大神が言われる世界というのは、人の苦しみを養分にして生きていく世界のことだ。
 こういう世界があれば、いつまでたっても、この世の苦しみがなくならない。
 黄泉国(読み国)に「そういう世界」が作られたのだろうか?
 波動と波動の差分にそういう世界が生じているのかもしれない。
 スサノオ命は黄泉国の調査に行っていたのだ。
 渡辺和美氏から連絡が来るのに対応しているか?

 しばらくして、強烈な光を放つ爆発が起きて行った。

 地下の空洞倉庫が崩壊していった。
 これもトルコのクーデター未遂事件に関係しているのだろうか

○ 光宮(みや)と美穂の席書大会。

「書く」から「読まれる」。
 今日はそういう日なのだろう。

7月18日(月)、古着屋で「白い吹き流しが現れる」「さよならを言って」

天之御中主神の剣岳が天に上昇「お父さん、神様の杖を上げて」

 12時過ぎに新座の古着屋に行った。
 待っていると、急に「白い吹き流し」か「大幣(おおぬさ)のようなもの」が現れてきて、私の顔面を覆ってくる。
 心の神様が、
「お父さん、『さよなら』を言って」
 と話されてくるので、心の中で
「ありがとう、さよなら」

 と言った。

「吹き流し」って何?

 鯉たちになじんで風になびいているものの明らかに違うあの「吹き流し」とは一体どういうものなんでしょう?
 鯉のぼりの始まりは、実は、「吹き流し」から始まったという説があります。
 端午の節句に鯉のぼりが飾られるようになったのは江戸時代中期から。
 裕福な商人の家が、武家の行事に対抗して始めたとされています。
 その頃の武家では、端午の節句の際に家の中には鎧兜を、玄関には「のぼり」を立てて男の子の出世を祈っていたそうです。
 当時は身分の差がはっきりしていた時代だったので、十分にお金はあるのに武家より下に見られていた商人たちはこれに反発し、
「じゃあ俺たちもあげてやろうじゃないかい!!」
 と息巻いて始めたのが吹き流しをあげたのかもしれません。
 吹き流しは、武士が玄関に立てる「のぼり」と同じように、もともとは「目印」の意味です。
「うちにも立派なせがれがいるんだぜぃ!」
 という目印だったのですね。
 なぜ武家と同じく「のぼり」のみにしなかったのか?
 については、詳しくは分かりませんが、身分の差から同じようなことをするのが禁じられていたのかもしれませんね。
 そして、最初は吹き流しだけだったのが
「鯉は急流を上りきると竜になる」
 という中国の言い伝え(つまり出世の縁起物の意味)が加わって鯉のぼりも飾るようになったと言われています。

 陰陽五行説

 カラフルな吹き流しには次の5つの色が使われています。
 青(もしくは緑)、赤、黄、白、紫(もしくは黒)
 この5色は中国から伝わった「陰陽五行説」から取り入れられたものです!
 陰陽五行とは、この世のすべてのものは「陰・陽」の2つの気と、「木・火・土・金・水」の5つの要素(五行)で成り立っている、という思想です。
 もともとは別の思想だった「陰陽道」と「五行思想」の考え方がミックスされた陰陽五行は、古代の中国から伝わり、今や日本の文化にも深く根付いています。
 そして五行にはそれぞれ色が当てはめられておりそれがすなわち吹き流しの色なのです!
 木=青(緑)
 火=赤
 土=黄
 金=白
 水=紫(黒)
 さらに、五色を並べ五芒星に見立てることにより陰陽道でいう「魔除け」の意味があらわされることになります!
 「吹き流し」はいつしか、魔除けの意味が込められて男の子の無事な成長を祈るのに欠かせない役割になったのでした。

○ 昼過ぎに、天之御中主神の剣岳が天に向かって上昇し始めた。

 間髪入れずに、
「お父さん、神様の杖を上げて」
 と言われたので、神様の杖を天にかざし、天之数歌の奏上。
 どういうことをやっているのだろうか?
「神様にお父さんのことを聞き届けてもらえたんだよ」
 ということだった。

 女房に今日のことを話すと

「コツコツやっていると回るものは回ってくるのよ」
 という感想だった。

○ 新井さんからお土産。

7月19日(火)、「昨夜38度を超える熱だったのでもう少し経過を見る」

歯科治療の時の映像「正面左側の肩や、腰辺りに治療の渦」

昼の夢「大きな虎(とら)、シュモクザメ、鶏(ニワトリ)」

 朝の9時30分に糸魚川の石井さんから電話があった。
昨夜38度を超える熱だったので、退院についてはもう少し経過を見る」
 ということだった。
 今日は、退院の日程についての打ち合わせ日だった。

○ 11時に歯科治療の時の映像。

 田吾作の口髭のようなヒゲを蓄えた35-6歳くらいの平安時代の武官(文官)がいる。
 正面左側の肩や、腰辺りに治療の渦が入っている。
 先週の7月12日(火)は菩薩の映像だった。
 昨日の天之御中主神様の映像とつながっているのだろうか?

 病の患部に何らかのシコリや病巣があるということらしい。

 こういう映像で、学びの場を与えてくれているのだろう、

○ 昼の夢。

「休んで思いの中に入るように」
 ということだった。
 目覚めるとき、右側から大きな虎(とら)が歩いて出てきた。
 この虎は実に威風堂々としていて、毛ツヤも毛ナミも非常の整っている。
 この虎は、両側に目が飛び出したシュモクザメ(ハンマーヘッド・シャーク)を狙っているようにも見えるが、シュモクザメには手が届かない雰囲気だ。
 しかし、口に何かを加えているのを感じる。
 鶏(ニワトリ)を捕まえて口にくわえているようだ。

(※)北戴河区(ほくたいが-く)、「タイガー」は読みでは「虎」だ。

 
 虎は、威厳、権力、孤高、などのシンボルであり、それはあなた自身やあなたの将来の配偶者像である可能性があります。
予知夢として解釈する場合、立派で威厳ある虎を見たならばあなたは勢いよく豊かに道を進んでいけるでしょう。
 人生の転機に見ることが多い。  

 ニワトリ

 ニワトリを捕まえる夢は、幸運や願いを捕まえるという意味合いを持ち、吉兆を暗示する夢となります。  

 サメ

 サメとは「自分に危害を加えるもの」の象徴です。
 また、あなたが現実世界で抱えている問題や、不安に思っていること、怯えているものを暗示してます。
 この夢を見た人は、現実世界で何かしら問題を抱え、それに悩まされているようです。
 しかし、夢の中でサメとどのように接しているのか、対処しているのかによって、夢占いの意味が変わってきます。
 サメに追いかけられたり噛まれたり、とサメに恐怖を感じる夢であれば、現実世界でもあなたは精神的に傷ついたり、苦しむことになります。
 しかし、逆にサメを殺す夢や食べる夢など、あなたがサメに対して優位な立場にある夢であれば、あなたは現実の問題が解決することを暗示しています。
 もしサメが出てくる夢を見たら、自分の身の周りに問題が起きていないか一度確認してみましょう。


7月20日(水)、朝の夢「成田の先祖が神の列の入れるように祈って」

天之大神「全軍、攻撃(進軍)せよ」、霞ヶ浦の西側を震源地にした地震

光宮(みや)の体調が良くない

「総攻撃じゃ」、11時38分頃に上を震源地とした震度2の地震

ハマヤ「頭がないタコのニョロニョロ状のモノ」

「手足長イソギンチャクワカメ」を抓みあげる天之大神

朽ちようとしている大きな黒い木

 朝いくつか夢を見た。
 トイレに立ったとき、お袋が現れて
「ダメだの」
 と声をかけてくれた。
 再びトイレに立った時、青森のおばさんが現れて
「成田の先祖が神の列の入れるように祈れ・・」
 という。
 青森のおばさんの声におふくろの声も重なって聞こえてくる。
「成田の先祖が神の列の入れるように祈れ・・」
 過去帳を御神前に掲げて祈った。
 そしてベットに入った。  

 しばらくして、天之大神が

「全軍、攻撃(進軍)せよ」
 と号令をかけた。
 大きな筒状の穴のなかに私がおり、その私に向けて、竹竿やムシロ旗や郷士の槍刀を掲げて一群の人たちが押し寄せてくる。
 私は逃げようと思ったのだが、逃げる場所がない。
 為すに任せていると、一群の人たちは私の元に来ると下に折り重なっていき、私の立っている大地を押し上げてくれる。
 その結果、私は筒状の穴の底から抜け出すことができた。
 しかし、その底の上昇は続き、天に向けて上昇して行った。
 どういう世界を見ているのだろう。  

  7時25分頃に霞ヶ浦の西側を震源地にした地震があった。

  成田の出身は、麻賀多神社なので、私には解りやすい地震だ。

あいう

あいう

○ 光宮(みや)の体調が良くない。

 いつも行く医院に行って紹介状を書いてもらうことになった。
 医院から帰ってくるとき、
「家に戻ったら御神前で祝詞奏上するように」
 ということだった。
「む・う・あ、ですよ」
 という指示もあった。
 11時過ぎに祝詞奏上していると、天之大神が再び
「総攻撃じゃ」
 と言われているように感じた。
 すると、微かに揺れた。
 時間にして、7月20日 11時38分頃に「7時25分の地震」と同じような場所を震源地とした震度2の地震だった。

 私の動きに呼応して、確かに世の中が動いている。

「時の祝詞」奏上中に美穂が学校から帰ってきた。

○ 1時前にハマヤに行く時の白日夢。

 高速に乗ろうと大泉に向かっているとき、私に
「お父さん、お父さん!」
 と呼びかけてくる男の子の声が聞こえる。
 この男の子に心当たりは全くない。

 高速に乗ると、胸から黒い気体がメラメラ放射状に噴出してくる。

 次に、黒いタール状の液体のなかで蠢いている「頭がないタコのニョロニョロ状のモノ」が見えてくる。
これがあの者の実体じゃ
 と告げられた。
 どういうことなのか、焦点を合わせようとすると、
「ただ事実のみを記録せよ」
「あれこれ詮索すると、その思考の道筋をたどられる」
「過去の逃げられてしまうし、未来に逃げられてしまう」

「何も考えず、事実だけを記録せよ」

 この「頭がないタコのニョロニョロ状のモノ」は、どうやら私の胸と、今回地震があった辺りに潜んでいたものらしい。
 男の子の父が、「頭がないタコのニョロニョロ状のモノ」らしい。

 どこかの地域で、これに類する物語があるのだろう。

 大きな岩場の中央で「頭がないタコのニョロニョロ状のモノ」が、黒いタール状の液体のなかで蠢いているのがハッキリとわかるようになった。
 岩場の渕に、15-6名の検査官のような人物がいて、縄に縛られた男の子が、その光景をみて叫んでいる。
「お父さん、お父さん!」
 この子の縄を解けば、この子は、「頭がないタコのニョロニョロ状のモノ」に行ってしまうだろう。
 そして、一飲みにされてしまう。

「今夜がヤマバ」

 また、別の声で
「今夜がヤマバじゃ」
 と告げられる。
 今日は山羊座の満月だ。
 今日を逃したら、次の時の巡り合わせはいつになってしまうのだろう。
 8月6日(土)の迦具土命の復活と黄泉国開きという日程から見て、今日しかないのではないか?

○ 夕方の買い物を待っている時の白日夢。

 イソギンチャクのような足がいっぱいあって、その足はワカメのように長い。
 この物は、上の黒いタール状の液体のなかに生きていて黒いものだ。
手足長イソギンチャクワカメ」と呼んでおこう。
 今見ている白日夢の姿が、上の「頭がないタコのニョロニョロ状のモノ」の全体像だ。
 これに類する映像は2011年から沢山見てきている。
 大リーグボール養成ギブスとしても現れていて、私の体をガンジガラメにしていたものかもしれない。
 これが迦具土命の「火」の中に潜んでいたものらしい。
 伊邪那岐命は迦具土命を切り刻んで、迦具土命の各部位を神霊として蘇生し、各部位の検証の期間を設けた。
 迦具土命の各部位が散って、他の神々と混じらないように一つの血の家系で検証されたようだ。
 ようやく迦具土命の各部位での検証期間が終了し、全体像として現すことができるようになったものらしい。

 天之大神はこの「手足長イソギンチャクワカメ」を抓んで

「火の中にこれが混じっておっての」
「そなたにも苦労をかけた」

 と言われている。

 「手足長イソギンチャクワカメ」の根が、人の苦しみを養分にして生きていく世界に刺さっていて、そのダークエネルギーで生きていたのだろう。

 今日の朝、青森のおばさんの声におふくろの声も重なって、

「成田の先祖が神の列の入れるように祈れ・・」
 と言われていたことに関係するのだろう。

○ 夜になると、「手足長イソギンチャクワカメ」は「」に変わっている。

朽ちようとしている大きな黒い木」には幹の所に両目がある。
 この場面の理解に五行が参考になる。
 木が燃えて火になるので、火は木から生じ、土になっていく。
手足長イソギンチャクワカメ」は、「朽ちようとしている大きな黒い木」から生まれているのだ。

 木=青(緑)

 火=赤
 土=黄
 金=白
 水=紫(黒)

6月30日(木)、「愛のなかに憎みが入り込み、愛は憎しみを育てた」
 天之大神からいくつかの説明があった。
「糸魚川の件は決着がついた」
 ということだった。
愛のなかに憎みが入り込み、愛は憎しみを育てた
愛の中に憎しみが入っていったこれまでの経路はふさがなければならぬ
 と話されて、幾重もの扉が閉ざされて、いつもの空間に戻っていった。

7月17日(日)、朝の夢「何もなくなっている地下の空洞倉庫」

 筒状の線路を通過する新幹線に乗って、出発している。
 到着した場所は、地下の空洞倉庫だ。
 小さなドーム状の空間が短い筒で結ばれている倉庫だ。
 以前もここに来たことがる気がする。
 その時は、白骨が砂利のように敷き詰められていて、異様な空間だったと思う。
 今は、わずかな白骨の欠片があるだけで、きれいさっぱりに片付いている。

 車で席書大会に移動していると、天之大神の御言葉があった。

「あってはならぬ世界じゃ」
 天之大神が指摘されている「世界」というのは、人の苦しみを養分にして生きていく世界のことだ。
 こういう世界があれば、いつまでたっても、この世の苦しみがなくならない。
 黄泉国(読み国)に「そういう世界」が作られたのだろうか?
 波動と波動の差分にそういう世界が生じているのかもしれない。
 スサノオ命は黄泉国の調査に行っていたのだ。
 渡辺和美氏から連絡が来るのに対応しているか?

○ リオ五輪に向けていろんな競技のチームがブラジルへ出発し始めている。

 こういう点で、ブラジルのリオ五輪は始まっており、「黄泉国開き」が始動している。

○ 大橋巨泉(昭和9年3月22日)、7月12日(火)に逝去、と報道される。

 7月11日(月)には永六輔さん(昭和8年4月10日生)が7月7日(木)に83歳で死亡と報道されていた。
 同じ時期に同じような人が亡くなる。

7月21日(木)、朝の夢「虎の口から出される」、祖父の善六、父の春吉

「朽ちようとしている大きな黒い木」が隔離され始めた

ロシア陸上「ブラジルのリオオリンピックに出場不可」

「宇宙の音」を変換

 何度か起きてまたベッドに入った。

 その朝の夢。

✓ฺ 7月19日(火)に見た虎の口から出される私がいる。
 虎の口から出された私を、虎は励ましてくれているようだ。

 諺に「虎口を脱する」(危険な場所や状態からやっとのがれる)がある。

(※)北戴河区(ほくたいが-く)、「タイガー」は読みでは「虎」だ。

✓ฺ 成田の私のおじいちゃん(祖父の善六)が現れて、同時に「皿に入った料理」が現れる。
 ゴッタ煮のような炒め物のような妙な料理だ。
 料理は、台所(7月2日7月5日7月7日の夢)、竈と釜(7月14日の夢)、そして「火」で作られるものだ。
 今までの夢のマトメになっているのだろうか?

✓ฺ 「安心せよ」

 という声が聞こえる。
 天之大神の声だろうか?

✓ฺ 「むすこよ!」

「むすこよ!」
 と呼びかけてくれる声がある。
 天之大神の声ではない。

✓ฺ 朝の6時、私の父親が現れてくる。

 子供の時に遊んだことや、何気ない会話が思い返されてくる。
 父親は、私が神事に関わり始めた1995(平成7)に他界している。

○ 朝8時、昨日の 「朽ちようとしている大きな黒い木」が隔離され始めた。

 そして、結婚式場のような両開きの扉が閉められた。
 結婚式場のような立派な両開きの扉を開けると、大きな空間があって、下方に「朽ちようとしている大きな黒い木」が隔離されている。

 場面が変わって、研究施設の内部だ。

 三瓶山の埋没林を保管している螺旋階段のような階段も見える。
 その螺旋階段を通って、何人かの研究者が通っていく。
 この「朽ちようとしている大きな黒い木」を研究対象にしているようだ。

三瓶山の埋没林

○【スポーツ仲裁裁判所(CAS)】ロシア陸上、リオ出場ならず。

【ロンドン時事】
 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は21日、組織的なドーピングでロシア陸連が国際陸連(IAAF)から資格停止処分を科され、ロシア選手全てが原則として国際大会に出場できないことを不服としたロシア68選手の訴えを棄却した。
 CASは、資格停止を受けているロシア陸連の選手はIAAF規則で開催されるリオデジャネイロ五輪に出場する資格はないとの裁定を下した。
 これで、IAAFが認めた2人を除くロシア陸上選手はリオ五輪に出場できなくなった。
 国際オリンピック委員会(IOC)はCASの判断を考慮するとしており、24日に開く臨時理事会でロシア選手団全体を除外する可能性が高くなった。
 IOCは
「裁定を精査して、数日以内にロシア選手のリオ五輪参加可否について決定する」
 との声明を出した。
 ロシアのムトコ・スポーツ相は「CASの決定は主観的、政治的で、いかなる法的根拠もない」と批判した。
 世界反ドーピング機関(WADA)は18日、調査チームの報告書を発表し、ロシアが2014年ソチ冬季五輪などで国家主導のドーピング隠蔽(いんぺい)工作を行ったと認定し、リオ五輪からロシアを除外するようIOCに勧告した。
 IOCは19日の臨時理事会では、法的視点からの精査が必要として、ロシア選手団の出場可否判断を先送りした。

○「宇宙の音」を変換したら衝撃の結果が…

 まるで自然に触れた自分、なにかに包まれている感がヤバい
 https://www.youtube.com/watch?v=GNiOEqC-rd4

7月22日(金)、朝の気配「朽ちようとしている大きな黒い木」

茨城・土浦市にある桜川の河川敷に4000羽のシラサギ

10時過ぎにゲームアプリ「ポケモンGO」が配信される

「お父さんしかトドメを指すことができないんだよ」

捉えられた「少し金髪がかった35-6歳ぐらいの女性」

アメリカ共和党大会でトランプ氏の指名演説

「間一髪、間に合った」 「誰かマンションの人が亡くなった」

練馬区北町の方の引き取り

 7月20日(水)7月21日(木)に見ている「朽ちようとしている大きな黒い木」の映像が離れない。

○ 07/22 08:33 日本テレビ 【スッキリ!!】

 シラサギ約4000羽…大規模“住み処”で繁殖・フン害・泣き声…この季節“特にヒドイ”
 茨城・土浦市にある桜川の河川敷に4000羽のシラサギが群がり、住民たちは悪臭や騒音被害に苦しんでいる。
 シラサギの生態を研究する筑波大学・徳永幸彦准教授が解説。
 この周辺は、7月20日(水)の霞ヶ浦の西側を震源地に近い。
 やはり何かあるな、記録として。

○ 10時過ぎにゲームアプリ「ポケモンGO」が配信される。

 ゲームで世界が一つになる。
 オリンピックの効果を上回るかもしれない
 すごいことだ。

○ 午後の2時前の白日夢。

 昼食を用意をして、食卓に座った。
 急にベランダの方から、階段状の通路が現れて、富士山の左側から、騎馬兵が駆け下りてくる。
 その騎馬兵の目的は私を連れてくることにあるらしかった。
 私は、すぐさま、心の神様の方を見た
お父さんしかトドメを指すことができないんだよ

 ということだった。

 私は、駆け下りてきた騎馬兵と共に一緒に富士山の左側の方に向かった。
 しばらくして、富士山の左側のほうから、白いドレスを着用し、少し金髪がかった35-6歳ぐらいの女性が兵士に囲まれて降りてきた。

 どういう場面を私はみているのだろう?。

 心の神様は
間一髪、間に合った

 と言われる。

 富士山の左側の場所というと、箱根山(芦ノ湖)かもしれないし、和歌山県の串本、三重県の花の岩屋かもしれない。

 もっと先に伸ばすと、尖閣諸島、台湾、南シナ海へとつながっていく。

あいう  昼のニュースで、ちょうどアメリカでトランプ氏が共和党の大統領選挙の指名受託演説の前に、娘イヴァンカ・トランプさん(1981年10月30日生、35歳)の応援演説のテレビが始まった。

 年齢といい、金髪といい、私が見た白日夢の画像に重なる。

 また、時もよろしく、7月22日(金)に、台湾の蔡英文総統が「一つの中国」1992(平成4)年合意受け入れ拒否を表明している。

○ 2時30分ごろ実加が帰ってきた。

「誰かマンションの人が亡くなったんだね」
「ストレッチャーがエレベーターから出ていくところだったんだよね。」
 私も春日町のクライアントに行くためにエレベータに乗った。
 そこに大家が乗っていて、
「どなたか亡くなられたんですか?」
 と尋ねると
「7階の方が自宅で亡くなられたようです」
 という返答だった。
 7階の方だと、思い当たるのお二人。
 一人は私の駐車スペースの隣の方だ。

 こういうのはシンクロを引き起こす。

 7月14日(木)に、隣の新井さんの娘さんから
「隣の父の様子を見にいってもらえますか?」
 という要請があって、
 7月15日(金)に、糸魚川から
7月19日(火)に退院に向けての話し合いをする予定です」
 という電話が入った。

 シンクロの発生は厳格になってきたような気がする。

○ 練馬順天堂大学病院への紹介状。

 光宮(みや)の体調が思わしくないので順天堂大学病院へ。

○ 練馬区北町の方の商品を和光へ引き取り。

7月23日(土)、今までのない安心感の中で目覚めた

朝の夢「線(糸)と結びのあり方」

お袋「たまげたっちゃ。良くやったの」青森「あとは、連絡が来るのを待て」

神棚の下に置いてある事業計画書の文字の一つづつが兵士に変わった

光宮(みや)が順天堂大学病院へ

御巣鷹の尾根への登山道整備中に日航社員が滑落死

 メズラシく、今までのない安心感の中で目覚めた。
 その朝の夢。
(レ)線(糸)と「結び」のあり方についての夢。
 線(糸)と線(糸)で結ぶ方法にいくつかある。
 その方法を夢で解説を受けていた。

あいう

(レ)朝いくつかの夢を見たが、お袋の感想と青森のおばさんの感想が心に残っている。
 母親「たまげたっちゃ、よくやったの」
 青森「あとは、連絡が来るのを待て」

 夢の中で心の神様の意向を伺うと、首を縦にゆっくりと動かしてくれている。

(レ)続いて、神棚の下に置いてある事業計画書の文字の一つづつが兵士に変わっていった。
 書かれた文字が変じた兵士たちが活動を始めた。
 これは凄い。
 書いた言葉の趣旨に沿った動きをするようになったらしい。

○ やれることはやり遂げたらしい。

 あとは、天命を待つのみか?

○ 10時過ぎ、光宮(みや)が順天堂大学病院へ。

 1週間薬を飲んで改善が見られない場合は入院。

○ 昼の白日夢。

 三蔵法師のように馬に乗っている人物がいる。
 ヒマワリの花のような輪郭の飾りをつけて、馬に乗り、崖の上から下界を眺めている。
 方角は5時から11時を眺めているようだ。
 妙チクリンな雰囲気。

 心の神様からは「×印」が送られてくる。

○ 御巣鷹の尾根への登山道整備中に日航社員が滑落死。

 23日午前10時前、来月の日航ジャンボ機墜落事故の追悼行事に向けて、群馬県の山中の墜落現場に通じる登山道を整備していた日本航空の社員が、23日登山道から滑落し死亡しました。
 「ご被災者相談室長」の相馬裕さん(59)です。
 警察によりますと、相馬さんはほかの7人の社員や登山道の管理人と共に、昭和60年8月12日に起きた墜落事故の追悼行事に向けて登山道を整備中だったといいます。

7月24日(日)、旧暦6月21日、これまでを振り返ると

260万年ぶりに「天之機織り機」が動き始めた

15時前、光が丘のリヴィンで倒れる光宮(みや)

大和晃(ひかる)さん(22)の車両の一部をご両親が発見

ロシアのオリンピック参加は、各国際競技連盟が判断

 昼前のお風呂での白日夢。旧暦6月21日

260万年ぶりに「天之機織り機」が動き始めた。

 心の神様が現れて、
「ちょっと待っててね」
 と言われてすぐに、目の前にある装置が現れてきた。
 機織り装置のように見える。
 この機織り装置は、上品な木材でできている。
 心の神様が、指令を出すと、
「カシャン、カシャン」
 と動き始めた。
 動いたのを確認して、心の神様も喜ばれている。
「あっ!動いてくれた」
 こんな感じの言葉が聞こえてきそうな波動だ。

 天之機屋事件以来動いていなかった機織り機なのかもしれない。

 昨日の7月23日(土)にみた「線(糸)と結びのあり方」の映像に関係あるかもしれない。

 機織り機を動かすに当たって、糸や糸の結び目の状態を確認していたのだろうか?

 2015年12月9日(水)に、黒っぽくて、細い鉄材のような部材でできている「機織り装置」を見ているが、その時の機織り機とは、品格がまるで違う。

 機織りするときは、一つづつの糸に思いを伝えなければいけない。

 思いを伝えるときは「木の筒状」の樹幹を通して伝えた方が伝えやすい。
 動き始めた機織り機から、透明な織物が織られていき、下界に降ろされていく。
 下界に降ろされた透明な織物は、保護シールドとしての働きもするし、これから始まり激変の道徳的作用としても現れてくるかもしれない。

あいう

○ 15時前、光が丘のリヴィンで倒れる光宮(みや)。

 昨日の順天堂病院の続きの今日なので「いただけない」話。

4月16日(土)に行方不明になった大和晃(ひかる)さん(22)の車両の一部をご両親が発見。
 熊本地震で唯一、安否不明になっている熊本学園大4年、大和晃(ひかる)さん(22)=熊本県阿蘇市=の家族らが7月24日(日)、同県南阿蘇村の川で車の一部を見つけた。
 当時、晃さんが乗っていた車と同じ黄色の車体や、ハイブリッド車を示すロゴの一部を確認したという。
 家族は7月25日(月)にも車の引き揚げと早期の捜索再開を県に要望する。

 下の写真を見ると、7月14日(木)の朝の夢の場面に似ている。

「ゴジラ」が阿蘇の山並みで、その山並み(ゴジラ)が崩れていった。
 崩れた沢山の立方体の下敷きになって王冠をつけた若い王子がヘバッテいた。

あいう

○ ロシアのオリンピック参加は、各国際競技連盟が判断。
 国際オリンピック委員会(IOC)がリオデジャネイロ五輪からロシア選手団を全面除外する処分を見送り、プーチン露政権は自国の代表を同五輪に全く派遣できないという最悪の事態は回避した。
 ロシアのオリンピック参加問題は、他の分野については各国際競技連盟に判断を委ねる。

▼ - - - - - - - - - - - -< これまでを振り返ると > - - - - - - - - - - - - - -

4月8日(金)  右下奥歯の親不知に激痛が走った。
 歯痛を目覚まし代わりに、光が丘へ。
 ポスティングをしながら「む(う)あ」の発声練習をし始めた。
4月10日(日)  西金砂神社と筑波山神社。
4月11日(月)  4月8日(金)に激痛が走った右下奥歯の親不知に再び激痛が走った。
 黒いイソギンチャクが離れる映像。
4月12日(火)  4月8日(金)激痛が走った下の右下奥歯の親不知の追加治療も始まった。
 この歯の痛み、昨日の「黒いイソギンチャクが離れる映像」に関わっているかもしれない。
4月14日(木)  朝に国常立大神、午後に豊雲野大神
 熊本地方で震度7の地震発生。
4月16日(土)  未明の1時25分頃が熊本の本震。
 熊本学園4年生の大和晃(やまとひかる)さん(22)が行方不明。
4月22日(金) 「私の大きな手が超高層街に降ろす夢」
「ジェット機に引っ張られて成層圏へ行く夢」
 今日の月は「ミニ・ピンクムーン(満月)」
4月28日(木)  朝の夢、剣岳におられる天之御中主神様
「両手を広げて糸魚川方面をみる」
5月4日(水) (1)御射山神社
 長野県諏訪郡富士見町原村。
(2)洩矢神社
 長野県岡谷市川岸東1丁目12
(3)藤島神社
 長野県岡谷市川岸上1丁目1
5月5日(木)  糸魚川市の天津神社。
 糸魚川市の親不知海岸
 糸魚川市歌の羽黒神社
 糸魚川市の能生白山神社。
5月10日(火) 「アワのうた」を聞きながら目覚めた。
 糸魚川の石井さんの助手から電話。
 おじさんの右肩に痛みが走って、現在固定しているという状況報告。
 千葉の石井さんから電話、これには困った。
5月12日(木)  父親の命日。
 右下奥歯の親不知の追加治療も始まった。
5月14日(土)  母親の命日。
 母親の命日に右下奥歯の親不知の再治療。
5月15日(日)  糸魚川へ向けて私の矢が飛んでいく。
5月16日(月)  右下奥歯の親不知の治療中、ヒラリー・クリントンが現れる。
 三井寺金堂裏の九頭龍を象徴する人物を自覚する。
5月17日(火)  糸魚川で爆発の白日夢。
5月19日(木) 「今日じゃぞ」という声で目覚める。
 木花咲耶姫神
「これからは私が受け持ちます」
「姉の世界に行っていただいてありがとうございます」。
5月23日(月)  糸魚川の写真の注文、糸魚川の集合写真から全員の霊体が抜け出してきた。
 歯の治療中、浅間大社に行った平成13(2001)年のジャンパー姿の母。
5月24日(火)  朝の夢、
三貴神の日の神、次、月の神、次、地の神
 神導さんから10時40分にメール「同行できませんか?」
5月25日(水)  朝の夢「三貴神の地の神
 日本橋に電話するときの白日夢「スカートの金色の裾」速佐須良比売
5月26日(木)  賢島の南側からサミットが開かれる島々を眺める速佐須良比売
 伊勢志摩サミット初日に伊勢神宮参拝。
 池袋で神導さんとお話。
5月27日(金)  神導さんから前向きに進めたいというメール。
 伊勢志摩サミットの後にオバマ大統領、広島へ。
6月1日(水)  朝のポスティングの時の声
「おじさん区切りだね」
6月2日(木)  神導さんの同行。
6月8日(水)  朝の夢、
「3本で一束のダイナマイトが下方に離れて行った」
「新たな仕事場所があった」
 仕事しようとすると、パソコンが再起動しない(パソコンが壊れた)。
「よきことがあるぞ」。
6月11日(土)  千引の岩戸開き(1)。
 広島県比婆山御陵と千引岩戸、島根県東出雲町の千引岩戸。
6月12日(日)  千引の岩戸開き(2)。
 熊野大社、揖屋神社、粟嶋神社、夜見が浜、大神山神社。
6月13日(月)  朝の夢、
「私がトイレに向かうと、便座が壊れていた。」
 歯医者での親不知海岸についての白日夢、
「おじさんに事情を説明する手紙を書こう」
 罪を測る天秤
6月14日(火)  美穂の沖縄修学旅行。
 朝の夢「中心の牢に繋がれる女」
 昨日の夢で壊れていた便座に代わって新しい便座。
 15時に都議会自民党が舛添知事の不信任決議案の提出決定。
 糸魚川に要請手紙、中野サロンの鍵の返却。
 ポールシフトで予告された日。
6月15日(水)  朝の夢、
次のステージに進む」。
 10時ごろ、糸魚川から「了解」の電話あり。
 10時ごろ、舛添知事が辞職願いを6月21日付で提出。
 沖縄の宮古島にいる美穂から電話。
 アメリカ大統領選のワシントンの民主党最終予備選終了(ヒラリー)。
 午後3時45分、中野サロンの件でメール。
6月16日(木)  朝の歌「始まるぞ 愛と希望の光」。
6月17日(金)  賢一「用がある」、パソコンの修理で出費。
6月19日(日)  賢一から手伝いしてもらう、女房の自転車がない。
6月23日(木)  三井住友海上の担当者の写真撮影。
 天照皇大御神様、部屋の迷い込んだ蜂に「出ろ」と指差すと出て行った。
 熱が光の意向に汲み始めたとみることができそうだ。
 午後3時、イギリスのEU離脱か残留をめぐる国民投票
 夕方の夢、
「天照皇大御神」「お父さんの大手術」「スーラじゃ」。
 天之大神から、
「天照大神の岩戸開きじゃ」
 と告げられる。
 そこに光宮(みや)がやってきて、
「お父さん、お母さんが買い物に行けないから、光宮と一緒に行こう」
 と言ってきた。
6月25日(土)  昼ごろ心の神様、
「お父さん祈って」
 ヨーロッパの地図が示されてくる。
 次、透明な透き通る声で、
糸魚川の叔父さんのために祈れ
 13時51分、糸魚川で地震。
 糸魚川 18時ごろ顔面硬直と40.3度の高熱。
6月26日(日)  糸魚川から、
「昨夕18時ごろ顔面硬直と40.3度の高熱だったので、病院に行ったら、1週間から2週間、入院することになりました」。
6月28日(火)  11時ごろ糸魚川に向けて
「気持ちを鎮めて祝詞奏上せよ」
 祝詞を奏上し終って椅子に座ると、ベランダから鳥が迷い込んできた
6月29日(水)  12時を過ぎて心の神様から、
「芦ノ湖はいいの?」
 白日夢
「黒っぽくて細いにょろにょろした憎しみの実体」
 御神前で沈思していると下界に蛇の海が見えてくる。
 クネクネシタものが辺り一面に蠢いている。
 しばらくして、その蛇の海に火を放つものがいる。
 この火はタチドコロニ燃え広がっていった。
 私は炎の中にいる蛇の群れを糸魚川に行くように誘導している。
 蛇は嫉妬・妬み・邪心を象徴しているが、何らかの原因によって発生しているものだ。
 糸魚川に行けば、最後の最後に救われかもしれないのだ。
葬儀の準備をせよ
 自民党の小池百合子元防衛相、都知事選への立候補を表明。
6月30日(木)  天之大神
糸魚川の件は決着がついた
愛のなかに憎みが入り込み、愛は憎しみを育てた
 白日夢、
「黒っぽくて細いにょろにょろ」が降り立とうとしている。
 天之大神の杖、あと30年。
 練馬で震度3の地震。
7月1日(金)  黒い線状のお化けのQ太郎 ( ちゑおばさん ? ) 、
「満夫さんをどうして寄越してくれないの?」
7月2日(土)  朝の夢「母親と祖母の部屋の中間にある段ボール」。
 天之大神「それでは始めるぞ」
7月3日(日)  午前9時に台風1号の発生。
7月4日(月)  黒い線状のお化けのQ太郎(ちゑおばさん? )
「満夫さんをどうして寄越してくれないの?」
 青森のおばさん「このままいったら、おめがたが大変だ」
 糸魚川は「 厭う(いとう)川 」で大きな爆発。
7月5日(火)  通信制限になってしまった。
 歯科治療中の白日夢、
「右下奥歯の親不知と7月2日(土)の台所にいるオジサンの夢」
 昼ごろ、ちゑおばさんが私の思い出のなかの叔父さんの元に行った。
 私の思い出の中に入って、叔父さんに覆いかぶさり、叔父さんを連れて行こうとしているらしかった。
「私の思い出の力を、何かの動力に転化させていたのだろうか?」
 夜の歯科治療中、
次回の治療の7月12日(火)までに決着がついているだろう
7月6日(水)  朝の夢、
「コブラのような蛇(ヘビ)に咬まれたことがあったらしい」
「グラグラ揺らぐ立方体」
マッチに火をつけよ」、
 zhr というスペル。
 小池百合子氏、東京都知事選挙への立候補を正式表明。
7月7日(木)  朝の夢、
「夜の都会の上空にあるチリ・アクタ・汚れの塊」
 子供たちの通信制限の解除のため石神井公園へ。
 私の左手が、急に毛筆の毛になっていくイメージ。
 私が身代わりになって、叔父さんが救われて天に昇っていくイメージ。
 私の「思い出の力」を使って生きてきた。
7月8日(金)  朝の夢、
「おじさんがエレベーターで上に上がる夢」
 叔父さんの体から出てきた2枚のカード(認証カード)。
 〜あんなに探していたのを、オジサンがもってたんだ!?〜
 天之大神、
「残りの命(生存エネルギー)を、あの者たちのために使ってはどうか」
誰も入れぬ部屋」と「思い出から消える部屋
 今日は弟の誕生日で生きていれば、56歳を祝っただろう。
7月9日(土)  朝の夢、
「女の人が現れてマンションに燭光」
「ヤギが草を頬張る」、
「宙に浴衣地の燃えカス」
 歯の仮止めが取れて歯医者へ行った時の白日夢。
 心の神様は、
お父さん、祈ってあげて
 と助言してくれる
 叔父さんは、私に語りかけてくれる、
「いい人生だった、亨、ありがとう」
「糸魚川も、ありがとう」
 という言葉だった。
 私にも叔父さんとのいい思い出がある。
 車椅子の背を押してもらいながら、夕日の方に進んでいった。
 左手をあげて私の別れを告げてくる。
 おじさんのこの映像に続いて、黒のバッドマンのような人物も現れてきた。
「今までの件についてはとても感じ入るものがあった」
「天之大神様に拝謁できる機会まで頂戴して感謝申し上げる」
7月10日(日) 「全てが終わった」という朝の直感。
 参議院選挙の投票日。
 午後の夢、
「一滴の冷たさで目覚めた人物がいる」。
7月13日(水)  朝の声。
 最初に男性の声、
「そなたたちをこのままにしてはおけぬ」
 すこし間を置いて女性の声、
「あなたがたをこのままにしてはおけません」
(※)竈神のオキツヒコ(奥津日子神)・オキツヒメ(奥津比売命)。
 天皇陛下 「生前退位」の意向示される。
7月14日(木)  朝の夢、
「ゴジラ、ゴジラが崩れていく」
「崩れた沢山の立方体、下敷きになっている王子」
「竈、釜、横川の釜飯」
 天之大神 「時は満ちた」
 都知事選挙の公示日 ⇒ 投票日、7月31日(日)
 隣の娘さんから電話、
「隣の父の様子を見にいってもらえますか?」
 シンクロが起きるか?
7月15日(金)  午前11時45分、上島(神島)の西で貨物船衝突、「第8大和丸」沈没。
 15時17分 震度1(新潟県中越)で地震発生。
 15時40分、糸魚川から電話(シンクロ?)、
7月19日(火)に退院に向けての話し合いをする予定です」
7月17日(日)  朝の夢、
「何もなくなっている地下の筒状の空洞倉庫」
 天之大神、
「あってはならぬ世界じゃ」
 天之大神が言われる世界というのは、人の苦しみを養分にして生きていく世界のことだ。
 FBで鳥海山の秋田側の麓の人の渡辺和美氏からアクセス。
 光宮(みや)と美穂の席書大会、「書く」から「読まれる」。
7月18日(月)  キングファミリーで白い吹き流しが現れてきた。
 心の神様が、
「お父さん、『さよなら』を言って」
 天之御中主神の剣岳が天に上昇
「お父さん、神様の杖を上げて」。
「神様にお父さんのことを聞き届けてもらえたんだよ」
7月19日(火)  糸魚川の石井さんから電話あり、
「昨夜38度を超える熱だったのでもう少し経過を見る」
 昼の夢、
「休んで思いの中に入るように」
「大きな虎(とら)、シュモクザメ、鶏(ニワトリ)」
7月20日(水)  朝の夢、青森のおばさんの声におふくろの声も重なって、
「成田の先祖が神の列の入れるように祈って」
 天之大神 「全軍、攻撃(進軍)せよ」
 霞ヶ浦の西側を震源地にした地震。
 天之大神 「総攻撃じゃ」
 11時38分頃に上を震源地とした震度2の地震。
 ハマヤに行くとき、「頭がないタコのニョロニョロ状のモノ」
手足長イソギンチャクワカメ」を抓みあげる天之大神
これがあの者の実体じゃ
 これが迦具土命の「火」の中に潜んでいたものらしい。
 夜になると、「手足長イソギンチャクワカメ」は「木」に変わっている。
朽ちようとしている大きな黒い木」には幹の所に両目がある。
7月21日(木)  朝の夢
7月19日(火)に見た虎の口から出される私」
 祖父の善六、父の春吉。
朽ちようとしている大きな黒い木」が隔離され始めた。
 ロシア陸上「ブラジルのリオオリンピックに出場不可」
7月22日(金)  10時過ぎにゲームアプリ「ポケモンGO」が日本で配信される。
 富士山の左側から、騎馬兵。
お父さんしかトドメを指すことができないんだよ
 捉えられた「少し金髪がかった35-6歳ぐらいの女性」(トランプ氏の娘イヴァンカ・トランプさんに似ている)
 アメリカ共和党大会でトランプ氏の指名演説。
 心の神様、
間一髪、間に合った
(※)整理してみると、260万年ぶりに「天之機織り機」が稼働できるかどうかの瀬戸際だったようだ。
 実加が
「誰かマンションの人が亡くなった」
 という。
 私も仕事に行くとき、大家から7階の人が亡くなった、と聞いた。
7月23日(土)  今までのない安心感の中で目覚めた。その朝の夢。
「線(糸)と線(糸)の結びのあり方」
 母親「たまげたっちゃ、よくやったの」
 青森「あとは、連絡が来るのを待て
 神棚の下に置いてある事業計画書の文字の一つづつが兵士に変わった。
 光宮(みや)が順天堂大学病院へ。
7月24日(日)
旧暦6月21日
 260万年ぶりに「天之機織り機」が動き始めた。
 4月16日(土)に行方不明になった大和晃(ひかる)さん(22)の車両の一部をご両親が発見。
7月25日(月)
 ダースベータが叔父さんのお墓を開けて、叔父さんが中に入り、続いてダースベータがお墓の中に入っていった。
 7月20日(水)に青森のおばさんの声におふくろの声も重なって、
「成田の先祖が神の列の入れるように祈って」
 と言われたことに対応しているのかもしれない。
 生きながらにして、お墓に入るとはどういうこと?
 姿くらましのカクレンボしているつもり?
7月26日(火)
旧暦6月23日仏滅
 桜島噴火と相模原19名刺殺事件。
 夜の歯科治療中の白日夢、
「崩れゆく竜神(九頭龍)」
トドメヲ刺せ」。
〜 私は、この段階で「九頭龍問題」を克服したことになっている 〜
 → 7月28日(木)にsenjyu さんから「神武天皇」のお誘い。
 車椅子に乗っている叔父さんが、車いすごと天の渦状の回転へ巻き込まれていった。
「こうなっては、あの者でも制御できまい」
7月27日(水)  朝の声「最後のクイじゃ」(呪いに使ったものか?)
 米民主党全国大会2日目にヒラリー・クリントン氏を指名
7月28日(木)  朝の夢、
「白の剣道着のような着衣をまとった人物がまとわりついてくる」
「それはならぬ、天に引き上げよ」
(日本国内にある、日本人による反日感情だろうか?)
 関東甲信地方が梅雨明け。
 糸魚川病院「先生から退院の許可がでた」
 ロシアのオリンピック団がリオに向けて出発。
(※1)2013年7月28日(日)が第62回式年遷宮内宮の「お白石持行事」だった。
(※2)2012年7月28日(土)、第30回ロンドンオリンピック開幕と大阪セミナー。
(※3)1995年7月28日(金)夜、スサノオが来られた日。
   「岩戸は人の心の奥底に秘められている」。
7月29日(金)  「729」は「3の6乗、9の3乗」。
 ゴジラの公開。
 10時から、7月23日(土)に続いて、光宮(みや)が順天堂大学病院へ。
 大きな筒状の中心部から、細いウンコのような物体が線状に出てくる。
 大きな岩が現れて、その岩の割れ目が「ガツン!ガツン!」と閉じて行った。
 11時からヒラリークリントン、民主党大統領候補の受諾演説。
 ハワイ島のキラウエア火山の溶岩が2013年以来3年ぶりに海へ到達した。
 7月13日(水)の報道に対して、
「天皇陛下が自らのお気持ちを国民に表明される機会」
 宮内庁が検討。
7月30日(土) 朝の透明感のある声
「安心せよ、動くように動いている」
美穂と展地が別々に隅田川の花火大会に行った。
夕方、カラータイマーが鳴り黄泉国の化身が解き放たれる。
都知事選挙の運動の終了。
7月31日(日) 心の神様「お父さん、それじゃ始めるよ」
4時58分に関川神社の西側を震源として地震
都知事選挙の投開票日 ← 公示日、7月14日(木)
小池百合子の当選。
8月1日(月) 新参議院議員の初登院日。
15時過ぎ 素戔嗚命が見守るなか組閣に着手。
午後17時すぎ!気象庁が「震度7」と誤報、走行中の電車が一時停止。
午後19時ごろ歯医者で右上奥歯を治療中
八咫烏が出られるぞ
歯科治療中に、糸魚川から電話があった 〜
迦具土命が出られるぞ
8月2日(火)  小池百合子氏、初登庁。
8月3日(水)  家族会議(4名)
 石井さん「8月1日(月)の先生との相談の結果、8月9日(火)に退院。」
 第3次安倍再改造内閣の組閣。
 石破茂(鳥取一区)、谷垣禎一(京都五区)は入閣せず。
 防衛大臣の稲田朋美氏は、白山平泉寺のある九頭竜川流域の福井一区選出。
 日本橋で新月の会。
8月5日(金)  天之香具山の天岩戸神社で2本の鎌を賜る。
 高龗神を祀る3社(国常立神社・大和神社・丹生川上神社上社)
 大和晃さん(22)の捜索が8月9日(火)から再開される
8月6日(土)  迦具土命復活、黄泉国開き。
 産田神社と「朽ちようとしている大きな黒い木 」
 午前8時から、ブラジルのリオデオリンピック開幕式。
 広島市原爆死没者慰霊式の開催時間を意識した時間だ。
 午前8時15分、広島に原爆が投下された時間。
 外宮豊受大神「女神たちに各方面へ向けての文字を書かせている 」
8月8日(月) 「産田神社の玉砂利に十拳剣が突き立てられる」
展地を送って行くときの白日夢「大阪城に十拳剣」
大和晃さん(22)の捜索のための機材搬入
午後3時、天皇陛下が「生前退位」についてお気持ちを表明(ビデオメッセージ)
「生前退位」について宮内庁が7月13日(水)7月29日(金)に発表していた。
8月9日(火) 10時30分に施設の方に戻りました」
 と11時直前に病院から電話があった。
 11時から長崎の平和祈念式典
 黙祷中に呼び鈴が鳴り、実加が帰ってきた。
 11時25分に施設(石井さん)から電話があった。
「尿管を外すと熱がでるので、尿管をつけての退院
 弥都波能売神と関係があるということだ。
 大和晃さん(22)の捜索が再開、本日引き上げきれず/捜索1日目。
 18時に、オットセイのような牙をもつ黒豹が現れる。
8月10日(水)  午前10時5分ごろ、大和晃さん(22)発見の知らせ/捜索2日目。
 夕方の4時ごろ、雨のため引き上げは明日の午前中になった。
 22時過ぎに、日本橋・六本木・倭さんに2通のメール。
8月11日(木)  朝の夢「大己貴命のシラスとウシハクの講義」
 大国主命の物語整理。
 午後1時48分、大和晃さん(22)遺体収容/車の引き上げ3日目。
8月12日(金)  御巣鷹山31周年と光の天使21周年。
 夕方、大和晃(ひかる)さん(22)と身元確認ができず。
 sen さんが緊急入院 ⇒ 経過参照
8月14日(日)  日が変わってテロップ「スマップ解散!」。
 DNA鑑定の結果、大和晃(ひかる)さん(22)と判明。
 実加が大学弓道部3年夏で卒業。
8月15日(月)  光宮の夢「大事な神示、『亨1603年』と書かれた神示」
 松本さんFBから、糸魚川に秋葉神社(祭神:迦具土命)が3つ以上あることを知る。
8月16日(火)  朝の夢「眼前に迦具土命が端坐されている」
 8時ごろ、心の神様、
「全ての準備が整ったよ」
8月17日(水)  日が変わって、8月14日(日)に発生した台風7号が関東に近づく中、リオオリンピックの卓球で、福原愛・石川佳純・伊藤美誠が銅メダル獲得。
 朝の6時、目覚めるときの声、
「読み国(黄泉国)開きじゃ」
 sen さんから入院していた、と連絡あり ⇒ 経過参照
8月18日(木)  台風7号は去ったが、崩れた天気のなか実加が嬬恋村へ(1日目)。
 小池百合子知事、リオ五輪で旗を受け取りにブラジルに出発。
8月19日(金)  ポールシフトが完結すると予告されていた日。
 本日 旧暦7月17日の8時ごろ、神様世界でポールシフト完了。
 午後15時に台風9号発生、午後21時に台風10号発生。
 実加は群馬の嬬恋村へ行っている(2日目)
8月20日(土) 「ポールシフト完了!」 「今日は安静にしているように」。
 午前9時、日本の東で台風11号も発生した 〜 台風9号・台風10号に続く。
 午後、政府専用機で安倍晋三首相リオ五輪閉会式に出席のため出発。
 2時30分に実加が群馬の嬬恋村から戻ってくる(3日目)。
 即位されるのは「かむやまといわれひことのみこと」
 新井さんから桃4個、親不知が痛かった。
(※)この記録は、右奥下の親不知に激痛が走った4月8日(金)から書記し始めて、8月20日(土)の親不知の痛みで終える。

    〔先頭に戻る〕4月8日の親不知の痛みから、千引の岩戸開き・黄泉国開き

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -▲

7月25日(月)、「岩戸開き成ったぞ」と聞こえてくるが本当か?

ダースベータが叔父さんの車椅子を押しお墓の方にやってくる

お墓に入る叔父さんを確認しダースベータもお墓に入る

 4月からの出来事をまとめると、自動音声システムのような声で、
「岩戸開き成ったぞ」
「岩戸開き成ったぞ」
 ・・と聞こえてくるが本当だろうか?
 昨日7月24日(日)のIOCの発表では、ロシアのオリンピック参加問題がまだ未解決のままになっている。

 女房の感想

「様子を見て判断したほうがいい」
 私もそう思う。

○ 既に、岩戸開きは始まっている。

 6月11日(土)、千引の岩戸開き。
 6月23日(木)、天照大神の岩戸開き。
 7月23日(土)、「線(糸)と線(糸)の結びのあり方」の確認。
 7月24日(日)、260万年ぶりに「天之機織り機」が動き始めた。

 ただ、この世に現れていないので分らないだけだ。

○ 女房を迎えに行く前に、少し横になった。
 その時に見た夢。
 何とはなしに、信一オジサンのことを思っていた。
 私の父が亡くなった時、
「春吉が亡くなった時に、家に帰ってこないともう帰ってくる機会がないもの」
 と言って、長男の隆さんと一緒に川行に来て、父の葬儀に出席してもらった。
 そのとき、お寺参りもしてくれた。

 お墓参りもしてくれたようだ。

 何とはなしに、私も実家のお墓の方に歩みを進めると、鳥海山のほうから、ダースベータ(アナキン)が叔父さんの車椅子を押して成田のお墓の方にやってくる。
 様子を観察していると、ダースベータが叔父さんのお墓を開けて、叔父さんが中に入り、続いてダースベータがお墓の中に入っていった。
 成田の家のお墓の本体があり、右手に叔父さんと叔母さん、それにダースベータ(高龗神)も中に入っていった。

 しかし、生きながらにして、お墓に入るとはどういうこと?

 7月20日(水)に青森のおばさんの声におふくろの声も重なって、
「成田の先祖が神の列の入れるように祈って」
 と言われたことに対応しているのかもしれない。
 姿くらましのカクレンボしているつもり?

お墓

 天之香具山の国常立神社の配置に似ている、と何となく思う。

国常立神社の高龗神

7月26日(火)、旧暦の6月23日仏滅

桜島噴火、津久井やまゆり園19名死亡

朝の白日夢「金ぴかのお坊さん服を着た叔父さん」(カネ鳥か?)

五島勉さんの『聖徳太子の未来記』にあるような立像

「崩れゆく竜神」 「トドメヲ刺せ」〜 九頭龍に対してトドメが刺された

「車椅子に乗っている叔父さん、こうなってはあの者でも制御できまい」

石原伸晃「今日をもって小池氏は自民党の人間ではない」

 今日は旧暦の6月23日仏滅である。
 新暦の6月23日(木)にあったこととの対応で、旧暦も表示した。

(1)桜島・昭和火口で爆発的噴火。

 気象庁によると、7月26日(火)午前0時すぎ、鹿児島市の桜島・昭和火口で爆発的噴火があり、噴煙の高さが平成25年8月18日以来となる5千メートルに達した。
 今年に入っての爆発的噴火は47回目。
 噴火警戒レベルは3(入山規制)が続いている。

(2)相模原市の津久井やまゆり園19名死亡。

 7月26日(火)午前2時40分ごろ、相模原市緑区千木良(ちぎら)の障害者施設、社会福祉法人かながわ共同会「津久井やまゆり園」に、複数の刃物を持った男1人が侵入して暴れた。
 市消防局によると、午前7時半現在で19人が心肺停止状態となっているほか、負傷者26人が確認されている。負傷者のうち20人は重傷という。
 同日午前3時ごろに津久井署に出頭してきた自称・元同園職員、植松聖(さとし)容疑者(26)を殺人未遂などの容疑で緊急逮捕した。

○ 女房を送っていくときの白日夢。

 私の前面に、金ぴかのお坊さん服を着た叔父さん現れてきた。
 それからすぐに叔父さんの風貌から、坊さんの風貌に変わっていった。
 カネ鳥か?

 妙な胸騒ぎがする。

○ 三井住友海上の中田さんから電話。

 新暦の6月23日(木)には三井住友海上の担当者の写真撮影だった。
 旧暦の6月23日には中田さんからの電話だ。
 面白い!

 妙な胸騒ぎは三井住友海上の中田さんのものかもしれない。

あいう ○ 昼前から、五島勉さんの『聖徳太子の未来記』にあるような立像が現れている。
 何を意味しているか不明だが、昼前に、心の神様が
「お父さん、早く仕事をして」
「仕事をしていないとヤバいよ」
 と言われてから見ているような気がする。
 いったい何なんだ。

○ 夜の治療中の白日夢。

 今日は、右上奥歯を中心にした治療だった。
 右上奥歯の根の方から、金色の竜神のような生き物が現れてきた。
 竜神になりきれない、崩れているような竜神モドキである。
 これが九頭龍の実体であろうか?
 この実体を確認すると、声がする、
トドメヲ刺せ
 と。
 ここでも私は躊躇した。
 生きてウゴメイテいるので憐れんだのである。
「ここまで来たのだから、大神の面前に出て許しを乞え」
 と「崩れゆく竜神」に呼びかけていた。
「崩れゆく竜神」の頭に乗り、大神の元に誘導しようとすると、この竜神は大神の元に行くのは気持ちはなさそうだ。
 しかも、私を振り落とそうとする。
 私は神様の杖を上げて
「私を目掛けて矢を射れ」
 と天に向かって叫んだ。
 天から私目掛けて沢山の矢が降り注ぐ。
 天の矢は、私には当たらず、私をかすめて「崩れゆく竜神」に突き刺さっていく。
 私は、剣を取り、「崩れゆく竜神」の頭上にかかげ、脳天から腹部に至るように振り落とした。
崩れゆく竜神」は血ふぶきを放ち、崩れ去っていった。
崩れさった竜神」のそれぞれの部位をそれぞれの人たちが受け持たなければならない。

 お袋はこれを見て言った。

おめだげが苦労を背負う必要はない。

 すぐさま、場面が変わった。

 車椅子に乗っている叔父さんが現れた。
 そして、叔父さんが乗っている車いすごと、天の渦状の回転へ巻き込まれていった。
「こうなっては、あの者でも制御できまい」

 という評価だった。

 ということは、
 今まで私が見てきた叔父さんの映像は、全て叔父さんも制御できる性質の映像だった、
 ということになる。

 いったいどういう人なんだろう?

 私の体験では、この天の渦状の回転は、スーラーに繋がっている筒状の中にある。
 大太陽スーラの力は、大太陽の力を受け取る資格のあるものだけに作用するのであって、大太陽の力を受け取る資格のないものがこの筒状の空間に入ってしまっては、おそらく永遠に消滅してしまうのだろう。
 こういうことを考えていると
「これからの人類にもやってくることである」

 という響きがする。

○ 石原伸晃が三行半、
今日(7月26日)をもって小池氏は自民党の人間ではない。
 私はこのように思っている」
 7月26日(火)、党本部で開いた都連会合での自民党東京都連会長の石原伸晃経済再生担当相の発言。
 都知事選(31日投開票)に立候補している小池百合子元防衛相(64)について
「今日をもって小池氏は自民党の人間ではない。私はこのように思っている」
 と述べた。

7月27日(水)、朝の声「最後のクイじゃ」(呪いに使ったものか?)

米民主党全国大会2日目にヒラリー・クリントン氏を指名

実加が長野県に弓道合宿、西堀先生の白日夢

 ダークな杭・太いクギが、ダークな壁に刺っているのが見える。
 呪い・怨念に対して呪い・怨念で受けたものか?
 相手が呪い、こちらも呪う。
 呪いと呪いを組み合わせて、建物を作らざるを得ない時代があったようだ。
 憎しみが底流にあり、憎しみに裏付けられた呪いだ。
最後のクイじゃ
 と告げられる。

最後のクイ

○ 米民主党全国大会は2日目の26日にヒラリー・クリントン氏を指名。
 米民主党全国大会は2日目の7月26日(現地時間)、ヒラリー・クリントン前国務長官を党の大統領候補に正式指名した。
 主要政党では米史上初の女性候補として、11月の本選で共和党候補のドナルド・トランプ氏と対決する。
 日本時間の7月22日(金)にドナルド・トランプ氏が共和党候補の受諾演説を行っている。

○ 実加、長野県に弓道合宿。

○ 3時ごろ、展地をバイトに送って行った帰りの白日夢。

 黄色いトグロのウンコが溶けたようなものの上にある人物が座っている。
 その人物は西堀先生に迫っていっているんだが、当の西堀先生はその人物を極端に嫌っている。
「こっち来るなよ」
「おいおい!あっち行けよ」
 その様子を感じるにつけて、こちらまでもが、身の毛がよだつような嫌悪感に襲われてくる。
 なんでまた、西堀先生の声なんか聞くんだろう?
 記録として残しておこう。

○ 夕方、女房の迎えに行った時の映像。

 亀に乗った神様服を着た人物が私の眼前にいる。
 この亀、
 金色と思うと金色になるし、
 糸魚川の親不知海岸の亀かなと思うと、親不知海岸の亀になる。
 変な亀だ。
 家に帰ると、人が尋ねに来ていたということだ。

 心の神様の感想、

「この亀の実体がよく分らない」
 神様世界に実体のない映像を捉えるようだと、ちょっとマズイ。

7月28日(木)、「自虐・反日」武士が着るような白の剣道着のような着衣

「まとわりつく人物」「それはならぬ、天に引き上げよ」

関東甲信地方が梅雨明け、糸魚川病院「先生から退院の許可がでた」<

石井さん「8月1日(月)に退院の話をしにいく」

ロシアのオリンピック団がリオに向けて出発

3年前の2013年の今日が第62回式年遷宮の内宮の「お白石持行事」

4年前の2012年の今日がロンドンオリンピックの開幕式・大阪セミナ

21年前の1995年の今日がスサノオがやってこられた日

 朝の夢。
 叔父さんに似ているような、ある人物が妙にまとわりついてくる。
 武士が着るような白の剣道着のような着衣をまとった人物だ
 私も区切りをつけられないので、非常に憔悴している。
 私は夢のなかで剣を抜いた。
 すると声が聞こえる
それはならぬ、引き上げよ
 これと同じ言葉を2012年8月24日(金)に聞いたことがある。
 当時のアメリカの反日感情のことだったのではないかと思う。
 これから類推すると、日本国内にある自虐史観だろうか?
 日本国内にある、日本人による反日感情だろうか?

○ 日本橋とsenjyuさん(10時42分)。

 日本橋から8月の予定確認。
 同じ時間にsenjyuさんら「神武天皇」のお誘い。

○ 関東甲信越で梅雨明け宣言。

 気象庁は7月28日(木)午前、
「関東甲信地方が7月28日(木)ごろに梅雨明けしたとみられる」
 と発表した。
 平年よりも7日遅く、昨年よりも18日遅い梅雨明け。

○ 17時ごろ新座から戻っている途中の大泉中央公園を過ぎたところで携帯が鳴った。

 郵便局の前に車を留めて携帯をみると、糸魚川の病院からだ。
 担当の方は久保田さん。
「先生から退院の許可がでましたので糸魚川に来ることができますか?」
 という電話だった。
 施設の方にお願いしてある旨を伝えて電話を切った。

 心の神様の御神意は

「動くようになっているので、そのまま見守っていて大丈夫だよ」
 ということだった。

 お袋も現れて、

「神様が、そういってるんだもの、その通りにしろ」
 という。
 お袋も神様の声が聞こえる位置にいるらしい。
 7月20日(水)に、青森のおばさんの声におふくろの声も重なって、
「成田の先祖が神の列の入れるように祈って」

 と言っていたので、成田の先祖が神の列に入れたのかもしれない。

 成田の先祖が神の列の入れるようになったので、7月25日(月)にダースベータが叔父さんのお墓を開けて、叔父さんが中に入り、続いてダースベータがお墓の中に入っていったのだ。

 笹目通りのJOMOを通過したところで石井さんから電話があった。

8月1日(月)に退院の話をしにいくので、8月3日(水)か8月4日(木)に退院になると思う」

 ということだった。

○ ロシアのオリンピック団がリオに向けて出発。
 国ぐるみのドーピング発覚後、リオデジャネイロ五輪への出場が認められたロシアの選手らが28日、モスクワの空港からリオに向けてチャーター機で出発した。

 ロシア・オリンピック委員会のジューコフ会長によると、出発したのは約100人。

(※1)2013年7月28日(日)が第62回式年遷宮内宮の「お白石持行事」だった。
(※2)2012年7月28日(土)、第30回ロンドンオリンピック開幕と大阪セミナー。
(※3)1995年7月28日(金)夜、スサノオが来られた日。「岩戸は人の心の奥底に秘められている」。

7月29日(金)、「729」は「3の6乗、9の3乗」、ゴジラの公開

10時から光宮(みや)の順天堂での診察

11時からヒラリークリントン、民主党大統領候補の受諾演説

15時に練馬区北町の方から電話あり

ハワイ島のキラウエア火山の溶岩が2013年以来3年ぶりに海へ到達した

宮内庁検討「天皇陛下が自らのお気持ちを国民に表明される機会」

 「729」は「3の6乗」。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 3の1乗   3 ( 1月3日(日)は叔父さん83歳の誕生日)
 3の2乗   9 ( 1月9日(土)は私57歳の誕生日)
 3の3乗  27 ( 2月7日(日)は千引岩のメッセージ)
 3の4乗  81 ( 8月1日(月)
 3の5乗  243 ( 8月30日(火)
 3の6乗  729 ( 9の3乗、7月29日(金)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 3の7乗 2187 ( 月日による表現不能 )

○ 『シン・ゴジラ』が公開される。

 7月14日(木)の朝の夢で「ゴジラ」を見たことを思い出す。
 大きなゴジラが急に崩れてきて、黒い立方体(正六面体)の瓦礫の山になっていったのだ。
 瓦礫の残骸の中央の端っこに、瓦礫の下敷きになって、王冠をつけた若い王子がヘバッテいる。
 すぐに続けて、「竈、釜、横川の釜飯」が現れてきた。
 7月14日(木)という日は、都知事選挙の公示された日で、その日に天之大神から、
時は満ちた
 というお言葉を頂戴した日だった。

○ 10時から光宮(みや)が順天堂で診察。

 7月23日(土)の診察に続くものだ。

 その時の白日夢。

(1)大きな筒状の中心部から、細いウンコのような物体が線状に出てくる。
 イメージは、テレビのアンテナケーブルのアンテナ線のように見える。
 この映像は昨日から見ているものだ。
 おそらくアメリカ民主党の大統領候補指名に関わる映像だと思う。

 心の神様が、

「お父さん、もう少しだから耐えてね」
 と言ってくる。

(2)11時を周ると、場面が変わった。

 大きな筒状のモノが無くなり、射撃の標的のようなものに変じている。
 大きな筒状のモノから、アンテナ線のようホース状のウンコのような物体が出きったかのようである。
 変わりに、大きな溜池のような容器には、細いウンコのような物体がいっぱい溜まっている。

(3)その場所に、いくつかの下水管のような横穴が現れて、汚水を流しこんできている。

 本日ハワイ島のキラウエア火山の溶岩が2013年以来3年ぶりに海へ到達した、
 という報道だったので、この場面を見ているのだろうか?

(4)その溜池はある量に達すると、自動的にウズ状の回転を始めた。

 まるで洗濯機のようだ。

(5)ウズの中心を見入っていると、いつもの中心へ吸い込まれていく映像に変じた。

 心の神様が、
「む・(う)・あ、だよ」
 と言ってくれる。
 その呼吸に合わせて、心の中で発声をする。

 12時を周るころ、光宮(みや)は超音波検査になった。

 光宮(みや)を待ちながらの白日夢。

(6)大きな岩が現れて、その岩の割れ目が

 ガツン!ガツン!
 と閉じて行った

 閉じた岩は2つだ。

 まるで岩戸閉めのようにも見える

 この記録を書いているとき、15時に練馬区北町の方から電話あり。

 この電話も7月22日(金)に続いている。
 荷物の引き取りだ。
 お礼にお米を頂戴した。

○ 日本時間の11時からヒラリークリントン、民主党大統領候補の受諾演説。

 ドナルド・トランプ氏は、日本時間の7月22日(金)に共和党大統領候補の受諾演説を行っている。

○ 15時30分、

「やはり、電話はこないのかな?」
 と考えていると、
「そんなことはないよ、お父さん」
 と心の神様だ。

 祝詞を奏上している時のイメージ。

 伊邪那岐の命の時、
 彦火火出見尊の時、
 いずれも待てなかった。
 胸の奥底の方から金ピカの世界が切り開かれようとしているようだ。

 石垣島に荷物を発送した帰り氷川神社によると、

「ちょっと待たれよ」
 と声をかけられた。
 階段を降りる姿勢で低頭していると
「そなたの未来が栄えあるものなるように」
 と大幣を振っていただいた。
 ありがたいことだ。

○ ハワイ島のキラウエア火山の溶岩が2013年以来3年ぶりに海へ到達した。

 ハワイ島のキラウエア火山で、上空から噴火口に真っ赤なマグマがとらえられた。
 5月末から噴火が始まり、流れ出した溶岩は10kmをゆっくりと進み、2013年以来、およそ3年ぶりに海へ到達したという。
 当局は、町への影響はないとしているが、近づいて写真を撮ったりしないよう、観光客に注意を呼びかけている。

○ 宮内庁検討「天皇陛下が自らのお気持ちを国民に表明される機会」

 7月13日(水)に続いての報道。
 生前退位の意向を宮内庁関係者に示している天皇陛下が自らのお気持ちを国民に表明される機会を8月上旬にも設ける方向で、宮内庁が調整している。
 生前退位には皇室典範の改正などが必要となるが、憲法で天皇は
「国政に関する権能を有しない」
 と規定しており、お気持ちの表明は「退位」など直接的な表現を避けたものになる見通しだ。
 お気持ちを表明する日程は、内閣改造などの政治日程や広島、長崎の原爆の日を避け、8月8日(月)とする案が出ている。

7月30日(土)、朝の透明感のある声「安心せよ、動くように動いている」

美穂と展地が別々に隅田川の花火大会に行った

夕方、カラータイマーが鳴り黄泉国の化身が解き放たれる

都知事選挙の運動の終了、実加が軽井沢の合宿から帰宅

 朝方の夢。
 風の谷のナウシカのオームの頭の部分のグジュグジュした生き物、「手長イソギンチャクワカメ」に似たニョロニョロが見える。
 7月20日(水)に見た「手長イソギンチャクワカメ」とは違う気がする。
 上の夢は争いの中にあるので、日々の生活のシンドサの夢かもしれないと思い、焦る。
「どうしよう」
 と思いもがき、夢の中であれこれと対策を考えていた。
 そんな最中、朝の4時ぐらいに夢の中で声がする、
「安心せよ、動くように動いている」
 透明感のある声だ。
 この透明感のある声をたまに聞くことがある。
 私の本守護神の声だ。

「安心せよ、動くように動いている」

 という内容は、心の神様が話されてくれるモノと同じなので、ジッと耐えるしかない。
 天之大神にも言われているし、いろんな神様にも言われている。
 しかし、辛い!

○ 展地と美穂がそれぞれ別々に隅田川の花火大会に行った。

 子供は成長していくな。

○ 夕方17時過ぎに、ウルトラマンのカラータイマーのようなものが鳴った。

 カラータイマーが鳴っている世界をみると、何かの割れ目のなかに、トカゲのような、細長い鳥のようなものが見える。
 これまで伊邪那美命が波長のなかに封じてきた人々の悪想念の化身のようにも見える。
 この化身を封じていた空間の効力が切れる警報タイマーのようだ。
 今回は、黄泉国が開かれているので、延長措置が講じられずに、この化身たちはこのまま解き放たれていくようだ。
 カラータイマーが鳴り終ると、すぐさま、緊急警報が鳴った。
 黄泉国の化身たちが解き放たれて、伊邪那岐命が統治された領域に侵入しようとしているらしかった。
 元はと言えば、伊邪那岐命の領域の悪想念を、伊邪那美命が封じて時間を稼がれていたものであったが、時が満ちて、黄泉国から伊邪那岐命の世界に戻されていくかのようだ。

 下界では右往左往して大混乱しているかのような姿が見えてくる。

 天之大神は、伊邪那岐命の領域と伊邪那美命の領域が混じるので混乱が発生すると『ひふみ神示』で解説してくれている。

 心の神様が

「あまねく一切が・・・」
 と言われる。
 よくこの言葉を言われる。

○ 都知事選の選挙運動の終了。

 7月13日(水)の天皇陛下の「生前退位」の報道があり、翌日7月14日(木)に東京都知事選が公示され、16日間の運動が始まった。
 7月14日(木)に天之大神は、
「時は満ちた」
 とお話になられていた。

 7月29日(金)に、宮内庁から、

「天皇陛下が自らのお気持ちを国民に表明される機会を検討する」
 と報道されて、その翌日の今日、都知事選の選挙運動の終了した。

 奇しくも、隅田川の花火大会で祝っているかのようにも見える。

○ 実加が軽井沢の合宿から帰宅。

7月31日(日)、心の神様「お父さん、それじゃ始めるよ」

4時58分に関山神社の西側を震源として地震

都知事選挙の投開票日

11時ごろ、ある女神から「今後どのようになさるおつもりですか」

14時30分過ぎ「お父さん!次の時代に向けてGO!」

元横綱千代の富士の九重親方が死去

東京都知事に小池百合子氏(64)

ヤフオクの落札金額「34,623円」

 心の神様の4時30分の朝の声、
「お父さん、それじゃ始めるよ」
 確認のため記録に残すための起きてきた。
 天照皇大御神様も、私の眼前に立たれている。

 4:48東京の日の出だ。

○ 2016年7月31日 4時58分頃 新潟県上越地方の関山神社の西側を震源。

 4時53分が糸魚川の日の出だ。
 日の出後、5分しての地震なので、日の出の力を利用して動いている。
 関山神社は、九頭龍の胴体に位置している「国常立尊・伊邪那美命・素戔嗚命」を祀る神社だ。
 私の領域の九頭龍7月26日(火)に「トドメ」を刺しているので、それに対応した動きだろうか?

あいう
  糸魚川地震の履歴

7月14日(木)に公示された都知事選挙の投開票日だ。

○「あなたは、今後どのようになさるおつもりですか?

 と、昼ご飯を食べているときに、ある女神から質問を受けた。

 私の答えはいつもと同じで、次の4点につきる。

〔 第1点 〕2013年の天照大神との約束がある。
「人類に網構造体を授けてあるにも関わらず、利用できぬとなれば、人類史上最大規模の難となるでしょう」
 網構造体を利用できるところまで持っていかなければならない。

 網構造体を利用するノウハウはできつつある。

 人材も揃う可能性が見えてきている。
 あとは資金だ。
 動き出すための資金だけが問題だ。

〔 第2点 〕また、2016年2月6日(土)に天照大神から警告も受けている

「あなたが動かなければ、そのようになるでしょう」

〔 第3点 〕2016年6月30日(木)天之大神から杖を頂戴している。

〔 第4点 〕2016年7月15日(金)にある神から、

「あの椅子に座るように」
 と東側にある黄金の肘掛のついた椅子を示されている。
 これも天照大神と天之大神が示されている道の流れにあるものだ。

 以上のように、動く方向は明確だ。

 その女神は
「分りました、最終の確認に伺わせていただきました」
 とのことだった。

 私が知っている神様ではなく、「クス」という名の付く神様らしい。

○ 14時30分過ぎ、ヤフーへの支払いを済ませて、自宅に歩いて帰っている途中、心の神様が現れて、
「お父さん!」
次の時代に向けてGO!
 と語りかけてくれる。
 この感じがたまらなく嬉しい。

○ 18時過ぎ、光宮(みや)と一緒に西友に行っている時の白日夢。

 大きな暗闇の空間(空洞)に、何か破裂した小さな破片が宙を舞って上昇して行っている。
 紙吹雪は上から下に落ちるものだが、私が見ているイメージは、紙吹雪のようなものが上空に吸い上げられて行っている。
 この吸い上げられているイメージは、7月26日(旧暦の6月23日仏滅)に、車椅子に乗っている叔父さんが天の渦に巻き込まれていく雰囲気に似ている。
 7月26日(旧暦の6月23日仏滅)という日は面白い日で、桜島が噴火し、相模原市の津久井やまゆり園で19名死亡している日だ。
 そして、
「崩れゆく竜神にトドメヲ刺せ」
 と命じられ、九頭龍に対してトドメを刺した日でもあった。
 この日に、車椅子に乗って天の渦に巻き込まれている叔父さんに対して、
「こうなってはあの者でも制御できまい」
 と評価が下された日でもあった。
 同じタイミングで、石原伸晃氏が、
今日をもって小池氏は自民党の人間ではない
 と小池氏に対して評価を下した日でもあった。

 少し脱線した、今日の夕方の白日夢の内容に戻して話を続けよう。

 暗闇の虚空になった空間(空洞)に大きな閃光が走り、大きな爆発音が響いた。
 何度も何度も爆発音が響いた。
 どこが爆発しているのか探していると、7月8日(金)に存在を知った「誰も入れぬ部屋」のような気がする。
 叔父さんが連れて行かれた「誰も入れぬ部屋」の内部で巨大な爆発が起こったような気がする。
誰も入れぬ部屋」とは、「思い出から消える部屋」でもあるので、記録に残していなければ思い出すのに苦労する。

○ 18時過ぎに西友の駐車場で、上の映像を見ているとき、心の神様の声、

お父さん、結果が出たんだよ

 ということだった。

 都知事選挙の投票は20時に締め切られるのだが、18時過ぎの段階で結果が確定したものらしい。

◆ 小池百合子が立候補を表明した6月29日(水)を振り返ってみよう。

 6月29日(水)の朝の夢で、ある人物が戴冠しようとしていた。
 仮装用の眼鏡をハメた人列の間を入って戴冠しようとしている人物がいた。
 4時から10時のほうに通路があり、両側を人がいっぱいいる。
 この夢を見た6月29日(水)というのは、「黒っぽくて細いにょろにょろした憎しみの実体」が現れた日でもあったし、
葬儀の準備をせよ

 といわれた日でもあった。

 それから1週間後の7月6日(水)に小池百合子氏が正式立候補した。
 小池百合子氏が正式立候補した7月6日(水)というのは、
「コブラのような蛇(ヘビ)」の映像を見た日であり、
「グラグラ揺らぐ立方体」を見た日でもある。
 しかも、
マッチに火をつけよ」、
 といわれ、「神界を惑わした蛇」と今回の「コブラのような蛇(ヘビ)」を重ねて、マッチ棒の画像で燃やした日でもある。
 zhr というスペルを見た日でもある。

 糸魚川の九頭龍の動きに非常に深く結びついていることが解る。

 しかも、小池百合子はエジプトのカイロ大学を卒業している。

○ 元横綱千代の富士の九重親方が死去。

 7月31日(日)、大相撲の元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が東京都内の病院で死去した。
 61歳だった。
 九重親方の死が何を象徴しているかだ。

○ 20時に投票が締め切られると同時に、小池百合子氏の当確マークが表示された。

 圧倒的な差と言っていいかもしれない。
 これで、ブラジルのリオオリンピックに行くのは小池百合子に決まった。
 東京オリンピックで、各国の代表を迎えるのも、小池百合子の可能性が高くなった。

○ ヤフオクの落札金額「34,623円」。

 見よ!
 6月23日(木)、「天照大神の岩戸開きじゃ」
 旧暦6月23日(7月26日(火))の出来事、九頭龍にトドメが刺された日!

8月1日(月)、叔父さんの退院の打ち合わせ日

新参議院議員の初登院日、15時過ぎ 素戔嗚命が見守るなか組閣に着手

午後17時すぎ!気象庁が「震度7」誤報 走行中の電車が一時停止

歯医者で「八咫烏が出られるぞ」「迦具土命が出られるぞ」

八咫烏の羽ばたきを邪魔する「黒い糸」

中国海軍が東シナ海で大規模演習 日米韓をけん制

 7月28日(木)に、病院と施設から連絡をもらっていた日。
「叔父さんの退院の打ち合わせをする日。」
 夜19時の歯医者の治療中に携帯電話が鳴ったが出れなかった。

○ 新参議院議員の初登院日。

あいう ○ 15時過ぎに、7月15日(金)に見ていた椅子の上に、椅子よりはるかに大きな神様が座っているのが見える。
 私の本守護神にしては、少し骨太な感じだ。
 伊邪那岐命と伊邪那美命から生まれた素戔嗚命だろうか?
 参議院選挙を踏まえて、安倍総理大臣が組閣に着手し始めたのを見届ける態勢だ。

 東京都知事の椅子も決まった。

○ 午後17時すぎ、気象庁が「震度7」誤報 走行中の電車が一時停止。
 午後5時すぎ、気象庁が事業者向けに出している緊急地震速報で、千葉県の富津市を震源とするマグニチュード9.1、最大震度7以上の地震が発生するとした誤ったデータを配信し、すぐに取り消した。
 この影響で、都営地下鉄と小田急電鉄など一部の私鉄で走行中の電車が一時停止し、10分程度の遅れが発生した。
 JRの在来線や新幹線に影響はなかった。
 気象庁によると、今回発出されたのは、1カ所の地震計で一定以上の揺れを観測した場合に出される事業者向けの速報で、テレビやラジオの放送などで広く警戒を呼びかける緊急地震速報とは精度が異なるという。

あいう

○ 19時の歯医者の治療中の映像。
 右奥歯の根の治療を始めると、光のシャワーのようなものが流れ始めた。
 すると
八咫烏が出られるぞ
「八咫烏が出られるぞ」

 とコダマし始めた。

 この時、携帯が鳴った。
 治療中で出れなかったが相手を確認すると、糸魚川の施設からだった。
 八咫烏と糸魚川の叔父さんに関わりがあるということだ。
 記録として残しておこう。

 携帯の着信音に無頓着に、

八咫烏が出られるぞ
「八咫烏が出られるぞ」
「八咫烏が出られるぞ」
 と何度も何度も告げられていった。

 八咫烏のクチバシに、数本の稲穂がクワエられている。

 しばらく休憩があった。
 治療が再開すると、今度は、
迦具土命が出られるぞ
「迦具土命が出られるぞ」
「迦具土命が出られるぞ」

 と何度も何度もトドロいた。

 歯科医から自宅に歩いていると、八咫烏が飛び立とうとしているらしいのだが、八咫烏の羽々に黒っぽい糸が絡んでしまっていて、羽をはばたかせることが出来ないでいるようだ。
 八咫烏が羽ばたくのを邪魔している、黒っぽい糸を取り除くのに、迦具土命の火が使われるのだろうか?

 糸魚川だから、に関係あるのだろうか?

○ 中国海軍が東シナ海で大規模演習 日米韓をけん制。

 中国国防省などによりますと、中国海軍は軍の創立記念日に当たる8月1日、東シナ海の広さおよそ1万6000平方キロメートルの海域で大規模な実弾演習を行った。
 演習は海軍トップの指揮の下、およそ100隻の艦艇や戦闘機数十機が参加して実戦を想定して行われ、2つの組に分かれて作戦や装備を確認したり、数種類のミサイルを発射したりしました。
 沖縄県の尖閣諸島を巡って対立する日本や、最新の迎撃ミサイルシステムの韓国国内への配備を決定したアメリカと韓国をけん制するねらいもあるとみらる。

あいう

8月2日(火)、小池百合子氏初登庁、練馬区北区の方と島忠めぐり

 小池百合子氏、初登庁。
 東京都の百合はスタートした。

○ 19時から、練馬区北区の方と、島忠めぐり(和光と新座)

8月3日(水)、家族会議(4名)、石井さん「8月9日(火)に退院」

第3次安倍再改造内閣、石破茂(鳥取一区)、谷垣禎一(京都五区)

新月の日

 朝7時に、家族会議。

 私と妻、実加と展地。

○ 9時30分ごろ、石井さんから、8月1日(月)の病院との相談の結果を聞いた。
「退院日は8月9日(火)に決まった。尿管をつけての退院になるか、尿管を外しての退院になるかをこの1週間で見極めよう」
 ということになったらしい。
 8月9日(火)は長崎の日だ。

○ 第3次安倍再改造内閣。皇居での認証式。

 石破茂(鳥取一区)と谷垣禎一(京都五区-福知山市・綾部市・宮津市を含む)は入閣せず。
 防衛大臣の稲田朋美氏は、白山平泉寺のある九頭竜川流域の福井一区選出。
 現在の衆議院議員の任期は2018年12月まである。

○ 今後の選挙の予定。

 現在の自民党総裁の任期は、「2期6年」なので、安倍総理の自民総裁の任期は2018年9月までだ。
 (就任が2012年9月26日
 そのため、「2期6年を3期9年」に改正して、2021年9月まで延長し、東京オリンピックを成功させ、」改憲への道筋をつけるべきだという意見が出されている。
(※)2013年9月8日、アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会総会で、2020年の夏期オリンピックの東京開催が決まったが、その時に招致スピーチを行ったのが安倍晋三総理大臣。
 この時の東京都知事は石原慎太郎氏(副知事が猪瀬直樹氏)。

 来年は東京都議会選挙。

 前回は2013年6月23日に行われている。

○ 新月の会。05:45

 senjyu さんは9月に広島に帰るという。

8月4日(木)、第三次安倍内閣の本格始動

午後3時に、小笠原の南東海上で台風5号が発生

 第三次安倍内閣の本格始動。
 8月4日(木)午後3時に、小笠原の南東海上で台風5号が発生した。

8月5日(金)、黄泉国開きに出発、リンク顔の人物

天之香具山・畝傍山へ、天岩戸神社で2本の鎌を賜る

高龗神を祀る3社(国常立神社・大和神社・丹生川上神社上社)

新千歳空港で金属探知機を通過せず搭乗、1000人がエリア外へ

大和晃さん(22)の捜索が8月9日(火)から再開される

安倍晋三総理、8月21日(日)にリオに出発

 日が変わって奈良県に出発。
 車を運転している時の白日夢。
 何だろう?

あいう

 この映像に似ている姿を見たことがある。

 2015年8月10日(月)に見たことがある。

 2015年8月10日(月)の午前中に展地の退院だった。

 その日の午後の昼過ぎに突然現れてきた「一角で一つ目の黒っぽい人物」。

 この人物、私に次のように言ってくる。
「オイ、このまま行こうぜ」
「誰かにやってもらえばいいだろう」
「いつものようにこのまま行こうぜ」
 この人物を私は良く知っているらしく、私は愛情を込めて次のように返答した。
「あなたの尖った頭の角のように、あなたは尖った主張をし、あなたには眼が一つしかないから、あなたは一方的な見方しかできない」
「それで、この苦労になっているのではないですか?」
 私はこの人物を良く知っているような雰囲気の話しかただ。

一角で一つ目の黒っぽい人物

(1)最初に三輪山の大神神社の参拝。

 日本橋は、新潟県不知火海岸の名が書かれた汗拭きタオルを出している。

 近くの「すきや」で朝食を取ってから、今回の目的の参拝をスタートさせた。

 車を、奈良文化財研究所(橿原市南浦町608)に止めて、天香具山周辺を歩き参拝。

(2)泣沢の女神(啼沢の杜)〜畝尾都多本神社

  〒634-0025 奈良県橿原市木之本町114
 伊邪那美命が火の神生み給ひて、ひつちと成り給ひて、根の神の中の国に神去り給ひき。ここに伊邪那岐神泣き給ひければ、その涙になりませる神、泣沢女神(なきさわのめかみ)。

(3)天香山神社 〜 迦具土命を斬った十拳剣を洗った場所

  〒634-0022 奈良県橿原市南浦町608

(4)天香山の国常立神社

 参拝しながら、大和神社の高龗神社の参拝をした方がいいと感じる。

(5)天香山の伊邪那岐神社

(6)天香山の伊邪那美神社

(7)天香山の南側の天岩戸神社

 天照大神が岩戸からお出ましになられて、が2本現れて、お付の女官が届けてくれる。
 大祓祝詞に出てくる「焼鎌・敏鎌(やぎがま・とがま)」に対応するものと思われる

(8)御厨子神社 〜 迦具土神の血が石にこびりて成った神

  〒634-0021 奈良県橿原市東池尻町447

(9)大和神社 〜 高龗神も祀る。

 天之香具山の国常立神社の参拝時に、大和神社に立ち寄った方がいいと直感した。

(10)生国魂神社(生玉神社)。

 奈良県橿原市大久保町31-15
(参考⇒ ) 生国魂神社(生玉神社)

(11)橿原神宮。

  〒634-8550 奈良県橿原市久米町934

(12)神武天皇陵。

〒634-0061 奈良県橿原市大久保町71-1

(13)丹生川上神社上社 〜 高龗神を祀る。

 奈良県吉野郡川上村大字迫869−1
 奈良県から直線で三重県の尾鷲市に入る道程を通って行こうとすると、丹生川上神社上社を通ることになっていた。
 ちょうど都合よく高龗神の3つの神社を参拝することができた。
 天之香具山の国常立神社で
「大和神社に参拝したほうがいい」
 と感じた意味を知ることになった。
 黄泉国開きの前に、高龗神の総括になったようだ。
 (参考⇒ ) 高龗神とはどういう神なのか?

 産田神社に向かっている途中で、日本橋がシャックリが止まらなくなった。

 やはり、産田神社には何かある。
 さらにまた、産田神社に到着して参拝しようとすると、日本橋が便意をもよおした。
 産田神社にはトイレがないので参拝をせず、トイレのある花窟神社へ向かった。
 やはり、産田神社には、私の参拝を拒むような何かしらがある。

(14)花窟神社。

  〒519-4325 三重県熊野市有馬町上地130

(15)花窟の前の海岸

(16)産田神社(迦具土命が誕生された場所)。

 三重県熊野市有馬町1814

○ 18時30分に尾鷲市の宿に到着。

○ 珍しい事故・事件。

 新千歳空港で8月5日午後0時10分すぎ、若い女性客1人が国内線ターミナルの保安検査場で金属探知機を通過せず、羽田行きに搭乗して出発するトラブルがあった。
 この影響で機内や搭乗待合室など、制限エリア内にいた約1000人にのぼる全乗客がエリア外に出され、保安検査がやり直しとなり、欠航や大幅な遅延が発生した。
 空港関係者によると、女は保安検査場で搭乗券を読み取り機にかざした際、エラーが出たという。
 警備員が対応を協議するために離れた隙に、無断で通り抜けた。
 女はエア・ドゥ(ADO/HD)の札幌午後0時20分発羽田行きHD20便の航空券を購入していた。
 保安検査場の警備会社からは、同便の出発までにエア・ドゥへ連絡はなく、女は搭乗口の係員に
「搭乗券をなくした」
 と話し、購入履歴や本人確認がとれたことで、同便に搭乗した。
 HD20便は午後0時28分に札幌を出発。
 羽田には定刻より3分早い午後1時57分に到着した。
 エア・ドゥによると、この段階でも警備会社から同社に連絡はなく、女は身柄を拘束されることなく降機したという。
 この影響で、全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)など、合わせて15便が欠航。
 30分以上の遅延便も含めると、約2万人に影響が生じた。
 新千歳空港では、保安検査態勢の見直しなどを進めている。

○ 大和晃さん(22)の捜索が8月9日(火)から再開される。

 熊本地震で、ただ1人行方が分からなくなっている熊本県阿蘇市の大学生・大和晃さん(22)について、県は今月8月8日(月)に機材を運び入れたうえで、8月9日(火)に捜索を再開することを決めました。

○ 菅義偉官房長官は8月5日(金)午前の記者会見で、

「安倍晋三首相がリオデジャネイロ五輪閉会式に出席するため、8月21日(日)からブラジルを訪問する」
 と発表した。

8月6日(土)、迦具土命復活、黄泉国開き

産田神社と「朽ちようとしている大きな黒い木 」

リオオリンピックの開幕式、広島市原爆死没者慰霊式の開始

外宮豊受大神「女神たちに各方面へ向けての文字を書かせている 」

(1)5時30分から、花窟の前の海岸での御神業。
 三重県熊野市の日の出は5時11分、その直後の5時30分から御神業。

(2)花窟神社。

 神社に入ると、迦具土命の墓碑に「豊臣秀頼(秀吉57歳の時の子といわれている)」に似た人物が重なって見える。
 かなり大きい人物だ。
 迦具土命の復活に合わせて、姿を現すことが出来たらしい。

(3)花窟の前の海岸

 迦具土命が禊できるように、通路を整える目的で再度海岸で御神業。

(4)産田神社(迦具土命が誕生された場所)。

 ここでも、「豊臣秀頼」に似た人間くらいの大きさの人物が、本殿の前の玉砂利の上に現れる。
 本殿に重なって現れるのではなく、本殿から抜けて、玉砂利の上に現れてくるところが重要だ。

 本殿の後ろにある御神木は見覚えがある。

 7月20日(水)に見た「朽ちようとしている大きな黒い木」に似ていると思った。
 「朽ちようとしている大きな黒い木」は、7月20日(水)に天之大神が「手足長イソギンチャクワカメ」を抓みあげたあとに現れたのだ。
 五行の考え方で考えると循環がわかる。
 産田神社の御神木を中心に、問題の核心を集約してきたものらしい。
 それで、産田神社では我々が参拝に入ることを拒絶するような動きになるらしい。

 木=青(緑)〜 朽ちようとしている大きな黒い木

 火=赤
 土=黄
 金=白
 水=紫(黒)

 「豊臣秀頼(秀吉57歳の時の子といわれる)」の出生についてのウワサも参考になる。

○ 宿に戻り、朝食を取った。

 午前8時から、ブラジルのオリンピック開幕式が始まった。
 広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式の開催時間を考慮しての時間になったという。
 開会式:日本時間 8月6日(土)午前8時 ブラジル時間 8月5日(金)20時
 閉会式:日本時間 8月22日(月)6時 ブラジル時間 8月21日(日)18時。

午前8時から広島市原爆死没者慰霊式の開始。

 広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式もオリンピックと同じ時間の8時に始まっている。
 午前8時15分、広島の原爆投下時間(平和の鐘)。
 NHKでは、ブラジルのリオデオリンピック開幕式を中断して、広島の原爆慰霊祭の中継に切り替わった。

 ブラジルのオリンピック開幕式と広島に原爆投下日が見事に重なっている。

 こういうタイミングで、黄泉国開きと迦具土命の復活が行われている。

○(5)伊勢神宮の外宮に参拝。

 豊受大神が本殿のなかで陣頭指揮をとられている。
 多くの女神たちに、各方面へ向けての文字を書かせている。
 自分たちに向けての文書もあるのだが、書くべき内容が多くて、時間がかかるらしい。
 書記している女神が
「書き終えたら届けますね」
 というそんなメッセージを寄せてくれる。
 迦具土命が復活されたので、神が「書く」行為が蘇ったらしい。
「書く」から「読まれる」ので、そういう神代の昔の行為が復活したらしい。

○(6)伊勢神宮の内宮に参拝。

 天照大神の大きな顔が、玉垣内の砂利下から現れて、私たちの方を見てくれている。
 これで、全ての参拝を終了。

○ 東京に戻っている時のメッセージ。

 ちょっと乱雑な口調の男性の声、
「神がそなたたちにお○を届けることになったから心配するな」
 こういう声には「魔」が入ることが多いので、心の神様の意見を伺うと、
「信じていいんだよ」
 ということだった。

 夜8時に自宅到着。

 これから日常に戻る。

8月7日(日)、御神業記録の整理のとき「次に進めてよいか?」

 11時過ぎ、御神業記録の整理のとき
「次に進めてよいか?」
 と問いかけられる。
 それに対して、
「まもなく整理が終わるので、もう少し待って」
 と返答。
 最終的な推敲に入り、12時前には終わる。

(※)明日の「お気持ち表明」をこの日に収録しているのだという。

 上の問いは、天皇陛下の収録に関係しているかもしれないと8月8日(月)に思った。

8月8日(月)、朝の夢「産田神社の玉砂利に十拳剣が突き立てられる」

展地を送って行くときの白日夢「大阪城に十拳剣」

大和晃さん(22)の捜索のための機材搬入

午後3時、天皇陛下が「生前退位」についてお気持ちを表明

白日夢「右の人差し指の第一関節から血が出ている」

上の白日夢を見た瞬間に日本橋から携帯

夜寝るとき、右の人差し指を天に差し上げ願いを言った

 朝の夢。
 7月20日(水)から見ている「朽ちようとしている大きな黒い木」の実体が、産田神社の御神木だった。
 迦具土命が見ている前で、産田神社の玉砂利に伊邪那岐命が迦具土命を斬った十拳剣が突き刺された。

 産田神社周辺を鎮めるためである。

○ 8時に展地をバイトに送っていった。
 その時に、大阪城が現れて、大阪城の前広場に大阪城より大きな十拳剣が突き立てられているのが見える。
 大阪城は神武天皇が創建された生國魂神社があった場所であり、豊臣秀頼が生まれた場所である。

8月9日(火)から大和晃さん(22)を捜索するために重機が搬入された。

 大和晃(ひかる)さん(22)は、4月16日(土)から行方不明になっており、ご両親が7月24日(日)に車の一部を発見していた。
 7月24日(日)というのは、260万年ぶりに「天之機織り機」が動き始めた日である。

○ 午後3時、天皇陛下が「生前退位」について「お気持ちを表明」(ビデオメッセージ)

 天皇陛下の「生前退位」について、宮内庁が7月13日(水)7月29日(金)に発表していた。
 前日の8月7日(月)に収録したものだという。

あいう

○ 天皇陛下の「生前退位」について「お気持ちを表明」を聞き終えると、大きな建物が崩れていく映像が見える。
 ガラガラと全て崩れ去っていくようだ。
 構造物の崩落は瞬く間に進んだ。

 昨年2015年8月6日(木)から8月13日(木)までに起こったことを振り返っておこう。

 8月6日(木)、展地の気胸の手術のために入院。

 8月7日(金)、展地の気胸の手術。
 8月8日(土)、38年ぶりのクラス会。
 8月9日(日)、五十二才 二の世の始。五十六才七ヶ月みろくの世。
 8月10日(月)、午前中に展地の退院。
 8月12日(水)朝から最後の審判の始まりを告げる会議 〜 御巣鷹山30周年。
 8月13日(木)0時20分、天津市で大きな爆発。

○ 天皇陛下のお言葉が終わってからの白日夢、

「右の人差し指の第一関節から血が出ている」
 そうしたら携帯が鳴った。
 日本橋からだった。
 そういえば、2-3日前に、「右の人差し指の第一関節に包帯」をしていたのを思い出した。

 天皇陛下のお言葉に絡んだ血判でも押したのだろうか?

【参考】

 右手人差し指は「コミュニケーション」に拘わる部分です
「親指」・・・あなた自身、父親、夫
「人差し指」・・・理想の自分、母親、母性
「中指」・・・あなたの行いや行動力、財産
「薬指」・・・恋人、配偶者、人生のパートナー
「小指」・・・心の奥底にある秘密、子供、恋人、愛人。

○ 女房を迎えに行くときに練馬区北町の方から電話、

「いつもの引き取りをお願いします」
 夜歯医者なので今回は断った。

○ 台風5号の影響があって、夕方は少し風が強かった。

 8月4日(木)午後3時に、小笠原の南東海上で台風5号が発生した。

あいう

○ 夜寝るとき、血の滲んでいる右の人差し指を天に差し上げ願いを言った、
「それでいいんだよ」
 と心の神様の声だった。

8月9日(火)旧暦7月7日、朝の夢「幸田、佐藤、カメラ、さつき」

心の神様「渦状(ナルト紋)の飴のような棒(天の川銀河?)」

10時30分に叔父さん尿管を付けて退院、午前11時2分が長崎に原爆投下

大和晃さん(22)の捜索が再開、本日引き上げきれず

18時に新潟県の東にオットセイのような牙をもつ黒豹が現れる

 朝の5時前の夢。
 川辺での39年ぶり高校のクラス会だった。
 幸田、佐藤と久しぶりに会っていた。
 お互い、カメラをぶら下げていた。
 お互い、高校生だった時のカメラを持参してきていたのだ。
 私が、
「あんとき、このカメラで撮ったな」
 と言うと、幸田と佐藤も
「俺のも、このカメラだよ」
 と言ってレンズを開けて見せてくれた。
 この3人の輪の中にさつきも入ってきた。

 非常の懐かしい夢だ。

 この夢に触発されて、16歳(1975年)17歳(1976年)の履歴ページを作成した。
 この行為も大きな一歩で18歳より下降できた。
 隠岐の島(島前と島後)の配置か?
(※)1976(昭和51)年10月29日(金)に酒田大火があって、翌日の土曜日に幸田と一緒に見に行っている。

 夢の中で、大事な場面だと思って急いで起きてこの記録を書いている。

○ 朝食の時、渦状(ナルト紋)の飴の棒を右手の持って
「ここまで来たら大丈夫なんだよ」
 と心の神様が励ましてくれる。
「渦状(ナルト紋)の飴の棒」とは、天の川銀河の象徴になっているのだろうか?

11時に糸魚川の病院から退院の電話連絡があった。

10時30分に施設の方に戻りました」
 という連絡だった。
 時の運行が一つ回った。

午前11時2分、長崎に原爆投下(長崎の平和祈念式典)。

 迦具土命の復活に関して広島と長崎は外せない。
 黙祷を捧げているとき、タイミングよくドアの呼び鈴が鳴った。
 出てみると実加だった。
 午前11時56分頃から抽選会。
 長崎の日に、叔父さんの退院予定日になっている。

午前11時25分、石井さんから電話があった。

尿管を外すと熱がでるので、尿管をつけての退院となった」
 この動きは、神話の高龗神の抽出過程に関係しているかもしれない。
 「火」としての迦具土命の側面から高龗神を抽出にかかり、そして、「水」としての弥都波能売神の側面から高龗神を抽出にかかっているのと関係しているかもしれない。

 木=青(緑)〜 朽ちようとしている大きな黒い木

 火=赤 〜 迦具土命。
 土=黄 〜 ウンコだ。
 金=白
 水=紫(黒)〜 尿は、弥都波能売神だ。

 水が木を生む。

○ 大和晃さん(22)の捜索が8月9日(火)午前から再開された。

 熊本地震で、ただ1人行方が分からなくなっている熊本県阿蘇市の大学生・大和晃さん(22)。
 大和晃(ひかる)さん(22)は、4月16日(土)から行方不明になっており、ご両親が7月24日(日)に車の一部を発見していた。
 県は前日8月8日(月)に機材を運び入れていた。

 しかし、車体の一部が土砂に埋もれているのを確認したが、引き揚げには至らなかった。

 8月10日(水)も県警や消防など約80人態勢で捜索する。
 県によると、阿蘇大橋の崩落現場の下流約400メートルで車体やエンジンのようなものを確認。
 滑車とチェーンで引き出そうと試みたが、車体が埋もれて動かなかった。
 このため、周りの土砂を掘り、車体を露出させる作業を続けた。

あいう

あいう

あいう

○ 18時に女房の迎えに行くとき、オットセイのような牙をもつ黒豹が現れる。

 新潟の東側から糸魚川を見ているように感じる。
 群馬県の榛名山周辺だろうか?
 榛名山から見て糸井川の先には北朝鮮がある。
 このオットセイのような牙をもつ黒豹7月31日(日)に爆発した後の暗闇の空洞に潜んでいたものだと直感した。

7月17日(日)、朝の夢「何もなくなっている地下の空洞倉庫」。

 7月17日(日)の朝の夢。
 筒状の線路を通過する新幹線に乗って、出発している。
 到着した場所は、地下の空洞倉庫だ。
 小さなドーム状の空間短い筒で結ばれている倉庫だ。
 以前もここに来たことがる気がする。
 その時は、白骨が砂利のように敷き詰められていて、異様な空間だったと思う。
 今は、わずかな白骨の欠片があるだけで、きれいさっぱりに片付いている。

 朝の6:36に渡辺和美氏から友達リクエスト。

 2013年8月20日(火)に、相模原の人から紹介してもらった方だ。
 渡辺和美氏は鳥海山の秋田側の麓の人。

 車で席書大会に移動していると、天之大神の御言葉があった。

「あってはならぬ世界じゃ」
 天之大神が言われる世界というのは、人の苦しみを養分にして生きていく世界のことだ。
 こういう世界があれば、いつまでたっても、この世の苦しみがなくならない。
 黄泉国(読み国)に「そういう世界」が作られたのだろうか?
 波動と波動の差分にそういう世界が生じているのかもしれない。
 スサノオ命は黄泉国の調査に行っていたのだ。
 渡辺和美氏から連絡が来るのに対応しているか?
 しばらくして、強烈な光を放つ爆発が起きて行った。
 地下の空洞倉庫が崩壊していった。

 光宮(みや)と美穂の席書大会。

「書く」から「読まれる」。

 今日はそういう日なのだろう。

7月31日(日)、暗闇の虚空になった空間に大きな閃光が走り、大きな爆発音が響いた。
 心の神様の4時30分の朝の声、
「お父さん、それじゃ始めるよ」
 4時58分に関山神社の西側を震源として地震があった。

 14時30分過ぎ、心の神様が現れて、

「お父さん!」
「次の時代に向けてGO!」
 と語りかけてくれる。
 この感じがたまらなく嬉しい。

 18時過ぎ、光宮(みや)と一緒に西友に行っている時の白日夢。

 大きな暗闇の空間に、何か破裂した小さな破片が宙を舞って上昇して行っている。
 紙吹雪は上から下に落ちるものだが、私が見ているイメージは、紙吹雪のようなものが上空に吸い上げられて行っている。
 暗闇の虚空になった空間に大きな閃光が走り、大きな爆発音が響いた。
 何度も何度も爆発音が響いた。
 どこが爆発しているのか探していると、7月8日(金)に存在を知った「誰も入れぬ部屋」のような気がする。
 叔父さんが連れて行かれた「誰も入れぬ部屋」の内部で巨大な爆発が起こったような気がする。
誰も入れぬ部屋」とは、「思い出から消える部屋」でもあるので、記録に残していなければ思い出すのに苦労する。
 18時過ぎに西友の駐車場待で、上の映像を見ているとき、心の神様の声、
「お父さん、結果が出たんだよ」
 ということだった。

▼ - - - - - - - - - - - -< 入院の経過を振り返ると > - - - - - - - - - - - - - -

6月11日(土)  千引の岩戸開き(1)。
 広島県比婆山御陵と千引岩戸、島根県東出雲町の千引岩戸。
6月23日(木)  天照皇大御神様が私の心臓の位置に立たれた、
 部屋の迷い込んだ蜂に「出ろ」と指差すと出て行った。
 午後3時、イギリスのEU離脱か残留をめぐる国民投票
 夕方の夢、
「天照皇大御神」「お父さんの大手術」「スーラじゃ」。
 天之大神から、
「天照大神の岩戸開きじゃ」
 と告げられる。
 そこに光宮(みや)がやってきて、
「お父さん、お母さんが買い物に行けないから、光宮と一緒に行こう」
 と言ってきた。
6月25日(土) 心の神様「お父さん祈って」ヨーロッパの地図
透明な透き通る声で「糸魚川の叔父さんのために祈れ」
13時51分、糸魚川で地震。
叔父さん、18時ごろ顔面硬直と40.3度の高熱。
6月26日(日)  糸魚川から、
「昨夕18時ごろ顔面硬直と40.3度の高熱だったので、病院に行ったら、
 1週間から2週間、入院することになりました。」
7月15日(金) 7月19日(火)に退院に向けての話し合いをする予定です」
7月19日(火)  糸魚川の石井さんから電話あり、
「昨夜38度を超える熱だったのでもう少し経過を見る」
7月20日(水) 「成田の先祖が神の列の入れるように祈って」
 ハマヤに行くとき、「頭がないタコのニョロニョロ状のモノ」
手足長イソギンチャクワカメ」を抓みあげる天之大神
これがあの者の実体じゃ
 これが迦具土命の「火」の中に潜んでいたものらしい。
 夜になると、「手足長イソギンチャクワカメ」は「朽ちようとしている大きな黒い木」に変わっている。
朽ちようとしている大きな黒い木」には幹の所に両目がある。
7月28日(木) 8月1日(月)に退院の話をしにいくので、8月3日(水)か8月4日(木)に退院になると思う」
8月1日(月) 歯科治療中に、糸魚川の施設から電話、出れていない。
8月3日(水)  家族会議(4名)。
 石井さん「8月9日(火)に退院」
 尿管をつけての退院になるかどうかを1週間で決める。
8月5日(金)  天之香具山の天岩戸神社で2本の鎌を賜る。
 高龗神を祀る3社(国常立神社・大和神社・丹生川上神社上社)
 大和晃さん(22)の捜索が8月9日(火)から再開される。
8月6日(土)  迦具土命復活、黄泉国開き。
 産田神社と「朽ちようとしている大きな黒い木 」
 午前8時から、ブラジルのリオデオリンピック開幕式。
 広島市原爆死没者慰霊式の開催時間を意識した時間だ。
 午前8時15分、広島に原爆が投下された時間。
 外宮豊受大神「女神たちに各方面へ向けての文字を書かせている 」
8月9日(火) 10時30分に施設の方に戻りました」
 と11時直前に病院から電話があった。
 11時から長崎の平和祈念式典。
 黙祷中に呼び鈴が鳴り、実加が帰ってきた。
 11時25分に施設(石井さん)から電話があった。
「尿管を外すと熱がでるので、尿管をつけての退院」
 弥都波能売神と関係があるということだ。
 大和晃さん(22)の捜索が再開、本日引き上げきれず/捜索1日目。
 18時に、オットセイのような牙をもつ黒豹が現れる。
8月10日(水)  午前10時5分ごろ、大和晃さん(22)発見の知らせ/捜索2日目。
8月11日(木)  朝の夢「大己貴命のシラスとウシハクの講義」
 大国主命の物語整理。
 午後1時48分、大和晃さん(22)遺体収容/車の引き上げ3日目。
8月12日(金)  御巣鷹山31周年と光の天使21周年。
 夕方、大和晃(ひかる)さん(22)と身元確認ができず。
 sen さんが緊急入院 ⇒ 経過参照
8月14日(日)  日が変わってテロップ「スマップ解散!」。
 DNA鑑定の結果、大和晃(ひかる)さん(22)と判明。
 実加が大学弓道部3年夏で卒業。
8月15日(月)  光宮の夢「大事な神示、『亨1603年』と書かれた神示」
 松本さんFBから、糸魚川に秋葉神社(祭神:迦具土命)が3つ以上あることを知る。
8月16日(火)  朝の夢「眼前に迦具土命が端坐されている」
 8時ごろ、心の神様、
「全ての準備が整ったよ」
8月17日(水)  日が変わって、8月14日(日)に発生した台風7号が関東に近づく中、リオオリンピックの卓球で、福原愛・石川佳純・伊藤美誠が銅メダル獲得。
 朝の6時、目覚めるときの声、
「読み国(黄泉国)開きじゃ」
 sen さんから入院していた、と連絡あり ⇒ 経過参照

8月10日(水)、歯磨きの時「私の胸から豹が顔をだす」

午前10時5分ごろ、大和晃さん(22)発見の知らせが入った/捜索2日目

車が吊り上げられる映像と捜索犬が探索している映像

22時過ぎに、日本橋・六本木・倭さんに2通のメール。

 朝の歯磨きの時、私の胸から斑模様の豹が顔を出す。
 日本列島でいえば、胸は秋田県・山形県の相当する。

 昨日のオットセイのような牙をもつ黒豹の白日夢の影響だろうか?

○ 熊本地震で唯一、安否不明になっている熊本学園大学4年、大和(やまと)晃(ひかる)さん(22)を捜索している熊本県は、8月10日(水)午前、同県南阿蘇村で崩落した阿蘇大橋の下流約400メートル付近の捜索現場で
「人らしきものが発見された」
 と発表した。
 県警や消防が現場で収容作業を続けている。

 夕方の4時ごろ、雨のため引き上げは明日の午前中になった。

○ 11時30分ごろ、壊れた車が吊り上げられる映像を見ている。

 そして、捜索犬も私の所に近づいてきてくれる映像をみている。

あいう

 おそらく、私は「名」のなかで生きているのかもしれない。
 7月14日(木)に見た「ゴジラ」と「崩れた沢山の立方体がいっぱいあって、その下敷きになっている若い王子」の映像に区切りがついた。

○ 22時過ぎに、日本橋・六本木・倭さんに2通のメール。

 8月5-6日の御神業の整理メール。

8月11日(木)、朝の夢「岡の上で警察犬が下界を見ている」

朝の夢「大己貴命のシラスとウシハクの講義」

午後5時45分、大和晃さん(22)遺体収容/車の引き上げ3日目

夕方ごろから糸魚川に天之御中主神が立たれる

 朝の夢。
 岡の上で警察犬が下界を見ている。
 おそらく、大和晃さん(22)が無事に引き上げられるのを見守ろうとしているのだ。

あいう

○ 朝の夢(2)
 夢のなかで大己貴命(大国主命)が現れていて、講義を聞いていた。
 いくつかの要点があったがよく思い出せない。
 シラスとウシハクの違いについての説明だった部分は何となく覚えている。

 また、大国主命の試練があった。

 まず、大国主命は2度死んで、2度救命されている。
 木国に逃れ、そして根の堅州国に逃れてスサノオの試練を受けている
(1)手足も出ない蛇の部屋に寝る。
(2)翌日、手足がたくさんあって迷うムカデと蜂の部屋に寝る。
(3)原野で矢を探すとき火を放たれて、ネズミに救われる。
(4)スサノオの頭髪のシラミ掃除。
(5)スサノオの太刀弓矢を持ち、スセリビメのを持ち、スセリビメを背負って脱出。
(6)スサノオは、葦原中津国(地上)に通じる黄泉比良坂(よもつひらさか)まで葦原色許男神を追ったが、そこで止まって逃げる葦原色許男神に
 「お前が持つ大刀と弓矢で従わない八十神を追い払え。そしてお前が大国主、また宇都志国玉神(ウツシクニタマ)になって、スセリビメを妻として立派な宮殿を建てて住め。この野郎め」
  といった。

○ 17時51分配信の情報:大和晃さん(22)の遺体収容/車の引き上げ三日目。

 ブルーシートがかけられた捜索現場から車の一部分とみられる塊が引き出された。
 =11日午後1時48分、熊本県南阿蘇村、長沢幹城撮影。
 11日午後5時45分、捜索現場で遺体が収容された
 熊本・南阿蘇村の崩落現場では、捜索隊がオレンジ色のシートに包まれた遺体を運ぶ姿がみられ、遺体はヘリに収容された。
 大和晃さんの父・卓也さん
「やっとこれで…、自分たちの時間が動きはじめたのかなと思っています」
 夜には、大和晃さんの家族が警察で遺体と面会し、焼香したという。

あいう

 4月16日(土)から行方不明。
 7月24日(日)にご両親が車の一部を発見。
 8月8日(月)天皇陛下のお言葉があった日に機材の搬入。
 8月9日(火)、長崎平和祈念式の日に、引き揚げ作業の開始(第一日目)
 8月10日(水)、午前中「人らしきものが発見された」(第二日目)
           夕方、雨のために作業を中断。
 8月11日(木)、遺体収容/引き揚げ作業(第三日目)
 8月12日(金)夕方、大和晃(ひかる)さん(22)と身元確認ができず。
 8月14日(日)昼、DNA鑑定の結果、大和晃(ひかる)さん(22)(熊本県阿蘇市)と判明。

7月7日(木)の朝に見た夢の内容 〜 巨大な岩に押しつぶされる台所

 7月2日(土)の夢の台所が、向こうから転がってくる巨大な岩に押しつぶされて、台所の中にいるオジサンも潰されそうになっている。
 それを見た私は
「おじさん、早く逃げて」
 と呼びかけている。
 私の声に誘われて、叔父さんは宙に上昇していったような気がする。

 まずは、叔父さんが救われたようなので安心した。

 しかし、その代わりに王冠をつけた王子風の若い青年が身代わりになってしまったようだ。

 自分の姿を見ているような気がする。

7月7日(木)夕方、叔父さんの身代わりになった王冠をつけた王子風の若い青年は透明な「いわ」のなかに現れている。

(※)旧暦7月7日の8月9日(火)から阿蘇の大和晃(22)さんの救出活動が再開した。

 そして、おじさんは「こちら側−時計でいうと5時の側ー(この世?)の空間」にいて叔父さんの身代わりになった王冠をつけた王子風の若い青年を眺めている。
 叔父さんの身代わりになった王冠をつけた王子風の若い青年がいる側は危険がいっぱいだが、叔父さんのいる「こちら側−時計でいうと5時の側ー(この世?)の空間」は安全なのだ。
 心の神様の感想では
「余命の長さが示されている空間ではないか?」
 ということだった。

7月14日(木)に見た夢の内容。

 大きなゴジラが見えるが急に崩れてきた。
 黒い立方体の瓦礫の山になっている。
 瓦礫の残骸の中央の端っこ下敷きになって、王冠をつけた若い王子がヘバッテいる。
 夢の中で、
「今の現状の私の姿だ」
 と自覚できた。
 今日の夢は、7月7日(木)に見た夢の内容、向こうから転がってくる 巨大な岩台所を押しつぶす夢に似ている、と夢の中で思っている。

 すぐに場面が変わった。

 大きな古ぼけた(かまど)が現れて、(かまど)から大きな釜が取り出されてきた。
 (かまど)は火と水を使って煮炊きに使う。
 (かまど)の神もいらっしゃるくらい人の生活には密着しているものだ。
 (かまど)からが取り出され、続いて横川の釜飯が現れてきた。

 祝詞を奏上しているとき、

 天之大神 「時は満ちた」
 天之大神のお言葉だと思う。

 昨年2015年8月6日(木)から8月13日(木)までに起こったことを振り返っておこう。

 8月6日(木)、展地の気胸の手術のために入院。

 8月7日(金)、展地の気胸の手術。
 8月8日(土)、38年ぶりのクラス会。
 8月9日(日)、五十二才 二の世の始。五十六才七ヶ月みろくの世。
 8月10日(月)、午前中に展地の退院。
 8月12日(水)朝から最後の審判の始まりを告げる会議
       〜 御巣鷹山30周年 〜 光の天使20周年。
 8月13日(木)0時20分、天津市で大きな爆発。

 7月29日(金)に練馬区北町の方の商品引取りの手伝いで頂戴した新潟県のお米がようやく無くなった。
 このお米の臭いがキツイ食べにくいお米だった。

 いろんな工夫をして食用にさせていただいた。

○ 夕方から、「古事記絵詞」にある天之御中主神が糸魚川に立たれて、私の方を見ている気がする。

8月12日(金)、御巣鷹山31周年と光の天使21周年

朝の夢「糸魚川からこちらをみている天之御中主神」

9時30分ごろ、ギターの第二弦が劣化のために切れた

糸魚川と天の川

夕方、大和晃(ひかる)さん(22)と身元確認ができず

sen さんが緊急入院

 御巣鷹山31周年と「光の天使」21周年。

 7月23日(土)に、御巣鷹山の尾根への登山道整備中に日航社員が滑落死。
 7月23日(土)午前10時前、来月の日航ジャンボ機墜落事故の追悼行事に向けて、群馬県の山中の墜落現場に通じる登山道を整備していた日本航空の社員が、登山道から滑落し死亡しました。
「ご被災者相談室長」の相馬裕さん(59)です。
 警察によりますと、相馬さんはほかの7人の社員や登山道の管理人と共に、1985(昭和60)年8月12日に起きた墜落事故の追悼行事に向けて登山道を整備中だったという。

○ 朝の夢。

「古事記絵詞」にある天之御中主神が糸魚川に立たれて、私の方を見ている気がする。
 このイメージは昨日から浮かんでいる。

 11時ごろから、天之御中主神が時計回りの回転し始め、少しづつ上昇し始めた。

○ 9時30分ごろ、ギターを展地が演奏しようとすると、第二弦が劣化のために切れた。

○ 糸魚川と天の川。

 夕方の仮眠のときのメッセージ
「糸魚川の件は、それはできない」
 という低くて鈍い声の男性から言われた。
 夢の中で、
「そうなんだ」
 と納得したのだが、目覚めながら
「それはおかしいだろう」
 という疑問を持ちながら目覚めた。
「今のこの時期に、糸魚川と天の川をつなげ、渡ってもらう」
 と決心した。
 神様からもらった杖を、天之御中主神様いらっしゃる糸魚川のウズ状の回転部分に突き刺した。
 そこに、天の川銀河の中心からの力が加わるように祈った。

○ 8月12日夕方、大和晃(ひかる)さん(22)と身元確認ができず。

 前日の8月11日(木)に収容された男性の遺体が、熊本県阿蘇市の熊本学園大4年、大和晃(ひかる)さん(22)と確認ができなかった、と熊本県警の発表。
 今後、DNA鑑定をして身元の確認を急ぐ。
 死因は多発外傷の可能性が高く、死後数カ月たっているという。

○ sen さんが緊急入院。

 広島から帰って、深夜、24時間受け付けの横浜新都市脳神経外科の外来受診。
 MRIで右椎骨動脈解離の状態で有ることがわかり、そのまま即入院したらしい。

8月13日(土)、「攻撃型戦闘機が地球の大気圏の影響を受けない位置」

「糸魚川と天の川を繋げながら目覚める」

糸魚川の産土神々に対して直談判

天之御中主神の位置に天照皇大御神、美穂の破局

 朝の夢。
 糸魚川と天の川を繋げようとしながら目覚めた。
 夢の中で、実証機「心神」に似ている攻撃型戦闘機が地球の大気圏の影響を受けない位置を飛んでいる。
 燃料を噴射し、どの程度燃料があるのかを確認。
 燃料は十分確保されているし、足りなくなっても、自動で補給できるルートも確保されているようだ。
 爆破に耐えられるかどうかのチェックも行われた。
 地上から追尾ロケットを発射し、命中させても空中に留まっていられる。
 内部に侵入されて自爆攻撃にさらされた場合のチェックも行われた。
 内部自爆にも耐えられるようになった。

 夢の場面がガラリと変わった。

 断崖絶壁から、ブルドーザーが何らかの残骸を放り投げている。

 自分の関係するものを投げているような感じだ。

○ 糸魚川の産土神々に対して直談判。

 さて、どのような形になっていくか?

○ 夕方ごろから、糸魚川の天之御中主神の位置に天照皇大御神様がお立ちになられている。
 場面がどのように変わったのだろうか?

○ 美穂の破局。

 道があると思うのに、その道が見つけきらない。
 葛藤の中で、少年は
「あるかもしれない道だけをみつめたい」
 そういう時期があるものだ。
 ガンバレ!少年!

8月14日(日)、日が変わってテロップ「スマップ解散!」

午前3時、マリアナ諸島で台風7号「チャンスー」が発生した

天之御中主神が親不知海岸の方に歩かれているようにもみえる

DNA鑑定の結果、大和晃(ひかる)さん(22)と判明

実加が大学弓道部3年夏で卒業

 日が変わってNHKでテロップが流れた。
 錦織圭がイギリスのアンディ・マリーと準決勝の対戦している時だ。
「スマップ、2016年12月31日(土)をもって解散」

 ジャニーズ事務所からの発表だった。

 1988(昭和63)年当時人気絶頂だった光GENJIのバックで踊る「スケート・ボーイズ」メンバーから、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、森且行の6人で1988(昭和63)年4月に「SMAP」が結成された。

 2016年1月13日(水)

「スマップ、解散か?」
 と報道されていた。
 1月6日(水)にベッキーの不倫騒動が報じられて一週間だ。
 ネット上では、タレント不倫の1週間後に人気グループが解散し、その1週間後に関西で地震が起きる、と噂されていた。

 スマップが結成された1988(昭和63)年4月というのは、

 私にとって人生最大の勝負の時期だった。

 1988(昭和63)年4月10日(日)に第48回桜花賞(G1)が行われ、翌週の4月17日(日)に第48回皐月賞(G1)行われていた。

 1988(昭和63)年4月10日(日)に第48回桜花賞(G1)の結果。

 2枠4番 アラホウトク 牝4 55 河内洋
 1枠1番 シヨノロマン 牝4 55 武豊
 枠連 1 - 2   1,590円

 1988(昭和63)年4月17日(日)に第48回皐月賞(G1)の結果。

 1枠1番 ヤエノムテキ 牡4 57 西浦勝一
 8枠16番 ディクターランド 牡4 57 菅谷正巳
 枠連 1 - 8   6,940円

 スマップのCDデビューは1991(平成3)年9月9日。

 1991(平成3)年「Can’t Stop!! −LOVING−」でCDデビューを果たした。
 1991(平成3)年、紅白歌合戦に初出場した。

 1996(平成8)年5月まで森且行が所属。

 結成時のメンバである森且行は、1996(平成8)年5月までは、SMAPのメンバーとして活動したのち、オートレースの道に進んだ。

○ 14日午前3時、マリアナ諸島で台風7号「チャンスー」が発生した。

 名前はカンボジアが用意した「チャンスー」。
 花の名前です。
 台風7号は今後、北上する見込みです。
 スマップの解散報道を受けて発生したか?
 SMAP(スマップ)『世界に一つだけの花』という歌がある。
 SMAP(スマップ)『One Chance!(ワン チャンス)』という歌もある。
 神様からの計らいか?

あいう

○ 天之御中主神が、親不知海岸の方に歩かれているようにもみえる。

○ DNA鑑定の結果、大和晃(ひかる)さん(22)(熊本県阿蘇市)と判明。

 熊本県は8月14日(日)、同県南阿蘇村の地中に埋まっていた車体の運転席から見つかった遺体は、熊本地震で行方不明になっていた大学生、大和晃(ひかる)さん(22)(熊本県阿蘇市)と判明したと発表した。

 これで地震による直接の死者は計50人になった。

 4月16日(土)から行方不明。
 7月24日(日)にご両親が車の一部を発見。
 8月8日(月)天皇陛下のお言葉があった日に機材の搬入。
 8月9日(火)、長崎平和祈念式の日に、引き揚げ作業の開始(第一日目)
 8月10日(水)、午前中「人らしきものが発見された」(第二日目)
           夕方、雨のために作業を中断。
 8月11日(木)、遺体収容/引き揚げ作業(第三日目)
 8月12日(金)夕方、大和晃(ひかる)さん(22)と身元確認ができず。
 8月14日(日)昼、DNA鑑定の結果、大和晃(ひかる)さん(22)(熊本県阿蘇市)と判明。

○ 実加が大学弓道部3年夏で卒業。

 2年半年の間の部活動。
 バイトと学業と部活。
 スゴイ子だ。

8月15日(月)、光宮の夢「大事な神示、『亨1603年』と書かれた神示」

天皇陛下が生前退位の希望を表明して初めての終戦記念日

松本さんFB、糸魚川の3つの秋葉神社(祭神:迦具土命)

 光宮(みや)の夢、
「大事な神示、『亨1603年』と書かれた神示」
 手前の長屋のような家屋に『神示』がある。
 その『神示』を手に入れようと、多くの人が争っていた。
 本当の『神示』は、奥の建物にあることに誰も気づいていない。
 その『神示』を手にすることができた。
 ページを開いてみると、
「亨 1603年」
 と書かれていた。
 この『神示』には世界の人殺しのやり方が書かれてあった。
(※)1603年というのは、徳川家康が征夷大将軍に任官した年で、江戸幕府が始まった年である。

○ 天皇陛下が生前退位の希望を表明して初めての終戦記念日。

○ 午前中の白日夢。

 糸魚川の先の能登半島があり、その先は朝鮮半島だ。
 朝鮮半島で、巨大なキノコ雲が上がっているかのように見える。

○ 糸魚川に3つの秋葉神社(祭神:迦具土命)があると知った。

 糸魚川市横町の秋葉神社。
 この神社がルートインから見えていた神社だ。
 次、糸魚川市能生白山神社の秋葉神社。
 次、能生駅近くの秋葉神社。
 次、糸魚川市青海川河口の秋葉神社だ。
  (糸魚川市大字青海字向山4489番104及び4489番105)

 見逃していた感が否めない。

8月16日(火)、朝の夢「迦具土命」、時計回転に上昇、自転のように下降

心の神様「全ての準備が整ったよ」

 朝起きるときの映像。
 ある神様の姿を見ながら目覚めた。
 夢のなかで
迦具土神様だな」
 と思っている自分がいる。
 昨日の夕方、松本さんの記事から糸魚川に迦具土命を祀る秋葉神社があることを知ったからだろう。
 5月の連休に糸魚川に行ったときに泊まったルートインの窓から見えた神社も秋葉神社だった。
 能生白山神社にも摂社の秋葉神社があった。
 糸魚川は迦具土命(秋葉神社)に対する信仰も根強くある地域らしい。

 迦具土命は、

 8月1日(月)に「八咫烏が出られるぞ」「迦具土命が出られるぞ」と告げられ、
 8月6日(土)に復活。
 そして、今日の8月16日(火)に私の夢に現れてくれるようになったらしい。

 心に「火」が点らないと、情熱が続かない。

○ 8時ごろ、上の記録を書いているとき、心の神様が、

「全ての準備が整ったよ」
 と知らせてくれる。
 迦具土命が活動できる状態になるまで待っていたのだろうか?

○ 夕方18時ごろ、糸魚川の迦具土神が時計回転に上昇。

 そして、自転の回転のように下降していった。
 糸魚川には、肉食の哺乳類が現れている。

○ 心の神様、

 夜、心の神様から、
「お父さん、実加ちゃんを大事にしてあげてね」
 子供にはご苦労をかけている。

○ リオオリンピックのバドミントンで決勝進出。

 日本時間の夜8時バドミントンの「タカ・マツ」ペアが韓国の選手に勝って、決勝に進出。
 高橋礼華(1990年4月19日奈良県橿原市生まれ)
 松友美佐紀(1992年2月8日徳島県板野郡藍住町生まれ)

○ リオオリンピックの卓球で銅メダルをかけて台風7号が関東に近づく中。

 福原愛(昭和最後の1988年11月1日宮城県仙台市生まれ)
   1992(平成4)年8月13日から卓球を始めた
 石川佳純(平成5年-1993年2月23日山口県山口市生まれ)
 伊藤美誠(2000年10月21日静岡県磐田市生まれ)

8月17日(水)、日が変わって卓球女子が銅メダル獲得

朝6時の声「黄泉国開きじゃ」〜 平成を象徴するスマップと福原愛

女房の夏休み終了

 台風7号が関東に近づく中、リオオリンピックの卓球で、福原愛・石川佳純・伊藤美誠が銅メダル獲得。
 福原愛(昭和最後の1988年11月1日宮城県仙台市生まれ)。
   3歳9カ月の1992(平成4)年8月13日から卓球を始めた。
 石川佳純(平成5年-1993年2月23日山口県山口市生まれ)。

 伊藤美誠(2000年10月21日静岡県磐田市生まれ)。

 福原愛もスマップと同じように平成の申し子のような選手。  

 昭和最後の昭和63年-1988年11月1日宮城県仙台市生まれる。

 3歳9カ月の1992(平成4)年8月13日から卓球を始めた。
 4歳でテレビに「天才卓球少女・泣き虫愛ちゃん」として登場。
 4歳で全日本選手権バンビの部(小学校2年生以下)で16強に入り、翌年から3連覇。
 小学校4年生でプロ宣言をし、ミキハウスとの専属契約を機に大阪へ移住した。
 青森山田高を経て、早稲田大学スポーツ科学部に入学し、その後中退する。
 2004年の11歳の時に両親が離婚。
 11歳で日本代表入りして2004年アテネ五輪に日本最年少(15歳)で出場し、ベスト16。
 2005年には中国卓球クラブ超級リーグへ初参戦。2008年の北京五輪の団体で4位入賞、シングルスはベスト16。
 2012年の全日本選手権のシングルスで優勝し、同年のロンドン五輪では石川佳純・平野早矢香とともに臨んだ団体で銀メダルを獲得。
 シングルスは5位入賞だった。  

(※)水谷隼 1989年6月9日 静岡県 磐田市

  内村航平は、1989年1月3日 福岡県 北九州市

○ 朝の6時、目覚めるときの声、

 「読み国(黄泉国)開きじゃ」
 昨日8月16日(火)に迦具土神(書く神)が現れたことを受けて読み国(黄泉国)が開かれたらしい。
 何度もいうが、
「書くから読まれる」

 のだ。

 スマップは歌という空気振動の世界。
 福原愛は、卓球という空気中を移動する球を打ち合う競技。
 空気や大気の領域に属する。

 そして、スマップも愛ちゃんも、昭和最後の年に生まれたり誕生している。

 スマップの解散報道がなされた8月14日(日)に発生した台風7号は朝の6時現在、福島沖にいる。

○ 女房の夏休み終了。

○ sen さんが入院していた。本日 2016年8月17日(水) 22:32の連絡。

8月5日(金)  山口入り→萩、松陰先生。
 (※)奈良県〜迦具土命の復活と黄泉国開きに向けて。
8月6日(土)  鍵山教師塾 → 鍵山相談役日帰り。
 (※)花窟神社で迦具土命の復活と黄泉国開き
8月7日(日)  興進小学校掃除。
8月8日(月)  宇部市役所にて副市長と産業振興課との面談。及び、市議との面談。
 この日から、明らかに右半分に頭痛。
 6〜7日は炎天下の中動き回ったので、熱中症だと判断。
 そのまま、新幹線にて広島に移動。
(※)大和晃さん(22)の捜索のための機材搬入。
(※)伊邪那岐命が十拳剣を産田神社と大阪城に突き立てていた。
(※)午後3時、天皇陛下が「生前退位」についてお気持ちを表明。
8月9日(火)
旧暦7月7日
 昨日から頭痛がひどいので病院に行くと髄膜炎を疑われ、日赤広島原爆病院に移され入院。
(※)叔父さんが尿管をつけたまま退院。
(※)長崎原爆。
(※)大和晃さん(22)の捜索が再開、本日引き上げきれず。
8月10日(水)  日赤広島原爆病院での検査の結果、髄膜炎の疑いも晴れ、CTも問題なし。
 しかし、激痛が右側の頭部におきるのです。
 今のところ痛み止めしか方法は無いとの担当の先生が言うので、ICUから一般病棟に変わる予定をお断りして旅?の途中なので帰りますと、了解していただきました。
(※)午前10時5分ごろ、大和晃さん(22)発見の知らせが入った/捜索2日目。
8月11日(木) (※)午後5時45分、大和晃さん(22)遺体収容/捜索3日目。
8月12日(金)  広島から新横浜まで新幹線で帰る。
 痛みを堪えて横浜に帰宅。
 深夜、24時間受け付けの横浜新都市脳神経外科の外来受診。
 MRIで右椎骨動脈解離の状態で有ることがわかり、そのまま即入院しました。
 看護師さんの、来てよかったですね!の一言に、心から安堵しました。
(※)御巣鷹山31周年と光の天使21周年
(※)夕方、大和晃(ひかる)さん(22)と身元確認ができず。
8月14日(日)  輝晃がお見舞いにくる。
(※)未明、スマップ解散報道。
(※)昼、DNA鑑定の結果、大和晃(ひかる)さん(22)と判明。
8月15日(月)  カテーテル検査を受ける。
 淡路より、晴香が見舞い。
(※)松本さんFBから、糸魚川に3つの秋葉神社(祭神:迦具土命)があると知った。
8月16日(火)  カテーテル検査の結果、動脈剥離が2か所発見
 自然治癒するかどうかの経過観察。
(※)糸魚川で迦具土神の御活動が始まりました。
8月17日(水)  本日 2016年8月17日(水) 22:32の連絡。
 退院予定です。
(※)迦具土神の御活動が始まったので、本日に読み国(黄泉国)開きが行われました。

8月18日(木)、満月 18:27 水瓶座

台風7号は去ったが、崩れた天気のなか実加が嬬恋村へ(1日目)

小池百合子知事、リオ五輪で旗を受け取りに出発

20時から歯医者の治療、美穂「急に不安感が湧き上がってきた」

 昨日2016年8月17日(水)は 読み国(黄泉国)開きが行われた日だ。
 そして、今日が満月 18:27 水瓶座 だ。

○ 実加は群馬県吾妻郡嬬恋村の別荘にお泊りに10時ごろに出発(1日目)。

 8月18日(木)から8月20日(土)の二泊3日の予定で群馬県吾妻郡嬬恋村へ旅行。
 中日の2016年8月19日(金)ポールシフトの完了日としてネットで指摘されていた日だ。
 前日に台風が去ったばかりなので、普通なら晴れるものだが、今日はぐずついた天気になっている。
 特に、群馬県吾妻郡嬬恋村では土砂災害などの警報が発令されている。

 実加が帰ってくる8月20日(土)は晴れの予報だ。

○ 東京都の小池百合子知事は18日午前中、リオデジャネイロ五輪の閉会式に出席するため羽田空港を出発した。
 空港内で取材に応じた小池知事は
「(五輪の)旗をしっかり受け継ぎ、都民や国民、世界が盛り上がるような東京五輪・パラリンピックにしたい」
 と語った。
 閉会式は、ブラジル時間8月21日18時(日本時間8月22日(月)朝6時)から。
 8月24日(水)に帰国予定。

○ 20時から歯医者の治療

 前回の治療は8月8日(月)だった。
 今回は普通の治療。

○ 美穂が突然、

「急に、不安感が湧き上がってきた」
 という。
 私は、
「実加が美穂のことを思っているんだよ」
 と答えたが、ポールシフトの影響もあるのだろうか?

8月19日(金)、ポールシフト予告日

女房の夢「天頂の髪の毛が禿げて、天頂が右前方に移動している」

私「夢をみるでもなく、無性に不安になっている」

本日 旧暦7月17日の8時ごろ、神様世界でポールシフト完了

夕方、2丁のライフル銃とイギリス兵とアメリカ兵

午後3時に台風9号発生、午後9時に台風10号発生

日本橋から9月の予定について連絡あり

実加は群馬の嬬恋村へ行っている(2日目)

 今日は、ポールシフトと予告された日。
 2016年2月9日(火)に掲載されたエキサイトニュース。
 科学者「2016年6月〜8月の間に急激なポールシフトが発生→70%の生物死ぬ」

 http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201601_post_8360.html

 博士が言うには、2016年6月14日(火)から2016年8月19日(金)の2カ月間で非常に急激なポールシフトが発生するという。
 現在まですでにゆっくりとポールシフトは進行しており、この6月から8月の2カ月間で急激に磁極の入れ替えが終了、ポールシフトが完了すると予測している。

○ 女房の夢、

「天頂の髪の毛が禿げて、天頂が右前方に移動している」
 というものだった。
 これはポールシフトに関わる夢だ。
 私も今日はそこはかとない不安感で目覚めた。
 不安感があるときというのは、何らかの原因があるのだが、今日の不安感が明確につかめない。
 そういえば、美穂も昨日
「急に、不安感が湧き上がってきた」

 と言っていた。

○ 朝パソコンから離れ、洗面台に向かおうとしたとき、ちゑおばさんの写真が私に微笑みかけてきた。
 珍しい!
 7月1日(金)7月4日(月)
「満夫さんをどうして寄越してくれないの?」
 と苦言を言われていたのだ。

 洗面台に行って歯磨きしていると、

8月22日(月)のリオオリンピック閉会式まで待っていては、あなたがたがもちませんからね」
 と女の人の声がしてくる。

○ 8時15分に展地をバイトに送ってきた。

 自宅に戻っている途中に
「ポールシフト完了!」
「ポールシフト完了!」
「ポールシフト完了!」
 という声が轟いた。
 心の神様に、状況の確認をした。
 神様世界の「時」の状況・配置のなかでポールシフトが完了したということであって、すぐに現実的に現れてくるものではない、ということであった。
 しかし、ポールシフトは完了している、ということであった。
 本日は旧暦7月17日

○ 女房を迎えに行く前の夕方の白日夢。

 横になっている私の胸の背骨から、ライフル銃が2つ取り出された。
 それを見た私は
「まだ、こういう武器が隠されているんだ」
 と思った。
 取り出された2丁のライフル銃をアメリカ兵やイギリス兵と思われる兵士が手にして、雑木林から出て巡回に出るところだった。

○ 19日に、台風9号と台風10号が発生。

 19日午後3時、マリアナ諸島で熱帯低気圧が台風9号に変わり、北へ進んでいます。
 名前は北朝鮮が用意した「ミンドゥル」で、「たんぽぽ」という意味です。

台風9号

 19日(金)午後9時、八丈島の東の熱帯低気圧が発達して台風10号になりました。
 名前は「ライオンロック」です。
 これは香港が用意した名前で「山の名前」を意味するそうです。

台風10号

 台風9号と台風10号を重ねると十字架のように見える。

台風9・10号

○ 日本橋から9月の予定について連絡あり。

○ 実加は群馬の嬬恋村へ行っている(2日目)

8月20日(土)、「ポールシフト完了!」「今日は安静にしているように」

8時14分頃 能登半島沖で地震発生 震度2

9時に台風11号の発生 〜 台風9号・台風10号に続く

午後、政府専用機で安倍晋三首相リオ五輪閉会式に出席のため出発。

2時30分に実加が群馬の嬬恋村から戻ってくる(3日目)

即位されるのは「かむやまといわれひことのみこと」

新井さんから桃4個、親不知が痛かった

 昨日に続いて、夢の中で
「ポールシフト完了!」
「ポールシフト完了!」
「ポールシフト完了!」
 という声が轟いた。

 続けて、

「本日は安静にしているように」
 という助言だった。

 朝起きると、台風10号が発生していると知った。

 ポールシフトに関係する昨日の2016年8月19日(金)には、台風が2つ発生していたことになる。
 2016年8月19日(金)午後3時に台風9号発生、
 2016年8月19日(金)午後9時に台風10号発生。

○ 今日の2016年8月20日 8時14分頃 能登半島沖で地震発生 震度2。

○ 8月20日(土)午前9時、日本の東で台風11号も発生した。
 台風は1時間におよそ45キロの速さで北西へ進んでいる。
 中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。
 このあと台風11号は北西へ進み、今夜には関東の東へ達し、さらにあすにかけて東北や北海道に接近する恐れがある。

台風11号

 台風9号・台風10号・台風11号の配置図。

台風10号

 2016年6月27日(月)の朝の夢と夕方の夢。

○ 朝の夢。

 宙に浮いて移動しているロボット兵。
 2体いる。
 左手は背が低くて小太りで、右手は普通の背があり少し細見だ。
 侵入者がいないかどうか自動で探査しているようにも見える。
 通路を進んでいくと、あちこち人のような人形が倒れているようにもみえる。

 こういう場面を通りながら、私は段ボール箱のようなものを開けた。

 なかには、飛行物体の模型のような中古の箱が入っている。
 その一つづつの模型のような飛行物体を取り出した。
 機体の上部には少し汚れがあるが
最新バージョンにグレードアップされておる
 という言葉による説明がった。

 エンジンの始動状況はどうか?

 今まではエンジンをかけてもすぐに燃料切れになることが多かった。
 今回は大丈夫らしい。
 燃料は「骨」だ。
 骨の骨導音と筒状の空間による響きがエネルギー源だ。
 3機体を感じることができる。

○ 九頭龍を中心にした糸魚川で、地震が頻発した。

○ 夕方の夢では、私は映画を見ている。

 建物の11階が映画館で上映が始まった。
 映画が終わり、時計は夜の10時前を指している。
 映画館のある11階から9階までは階段を歩いて下っていく。
 9階から電車の留まる改札階まではエレベーターがある。
「終電に間に合うかしら?」
 と言いながら映画館から多くの人たちが出てきて、9階まで下っていく。
 知り合いも同じ映画を見ていて、
「やあ、帰れそうかい?」
 と声をかけた。
 先方は
「大丈夫」
 という身振りをしてくる。

(※)同じ夢の場面をこの同じ6月に見ている。


 五十黙示録 第06巻 至恩の巻 第十帖。

 国常立神も素盞鳴命も大国主命も、
 総て地(智)にゆかりのある神々は皆、(光)と(透)の世界に居られて時の来るのをおまちになってゐたのであるぞ、
 地は智の神が治(し)らすのぞと知らしてあろうが、
 天運 正にめぐり来て、千(智)引の岩戸(言答)はひらかれて、これら地(智)にゆかりのある大神達が現れなされたのであるぞ、
 これが岩戸ひらきの真相であり、誠を知る鍵であるぞ。

○ 昼前後、能登半島へ向けて巡航する戦闘機型の航空母艦。

 14時過ぎに、糸魚川方面に踵を返している。
 糸魚川の青海周辺に照準を定めているようだ。
 次、
 戦闘機型の航空母艦は、剣岳に納まったようだ。
 しばらくして、黒い機体のジェット機が北極方面に向かって発進していった。

○ 午後、政府専用機で安倍晋三首相リオ五輪閉会式に出席のため出発。

 菅義偉官房長官は8月5日(金)午前の記者会見で、
「安倍晋三首相がリオデジャネイロ五輪閉会式に出席するため、8月20日(土)からブラジルを訪問する」
 と発表していた。

○ 2時30分に実加が群馬の嬬恋村から戻ってくる(3日目)

8月18日(木)から8月20日(土)の二泊3日の予定で群馬の嬬恋村へ旅行。

○ 夕方、新井さんが桃を4個差し入れてくれた。

 千(智)引の岩戸(言答)には桃がふさわしい。

○ 夕方の直感だ。

 第125代天皇陛下のあとに、即位されるのは
かむやまといわれひことのみこと」だ。
 第126代の人皇はあり得ない。
 神代の継承として、うがやふきあえずの命の次の御代を継承する。

○ 今日は一日、治療中の親不知が痛かった。

 歯科医院から頂戴していた薬の服用。

8月21日(日)、「これまでのことをまとめ次に進め」

午前中(10時ころ)蛇口が閉められた、みずほから「相殺通知」

夕方(18時くらい)ある蛇口から水が出始めたのが分る

台風11号は、21日夜遅くに北海道・釧路市付近に上陸

 昨日は親不知が痛くて眠れなかった。
 親不知が痛くて、起きては水を飲み、トイレに行った。

 そんな中の朝のイメージ。

「これまでのことをまとめ次に進め」

 という。

 4月8日(金)の親不知の痛みから始まって、昨日8月20日(土)の親不知の痛みで期間が区切られたようだ。
 記録として残されている。

○ 午前中(10時ころ)の白日夢。

あいう  少し黒っぽい蛇口が現れてきた。
 場所を確認すると、糸魚川のようにも見える。
 黒っぽい蛇口が閉められようとしており、一滴の水滴が落ちた。

 これが最後の水滴のようだった。

 この夢を見た直後の11時30分に、みずほ銀行から「相殺通知」が届いた。
 実加が嬬恋村に出かけた8月18日(木)に処置済みであった。
 8月18日(木)の天候不順の意味はここにもあったようだ。
 もう!真っ青だ!

 8月19日(金)に洗面台に行って歯磨きしていると、

8月22日(月)のリオオリンピック閉会式まで待っていては、あなたがたがもちませんからね」
 と言われていたことを思い出す。
(※)8月19日(金)というのは,「ポールシフト完了日」だ。

○ 18時くらいの白日夢。

 ある黒っぽい蛇口から水が出始めている。
 糸魚川から諏訪湖にかけてのフォッサマグナ辺りだろうか?

○ 台風11号は、21日夜遅くに北海道・釧路市付近に上陸。

 8月20日(土)午前9時に発生した台風11号は、21日夜遅くに北海道・釧路市付近に上陸し北上していたが、8月22日(月)午前3時に、温帯低気圧に変わった。

8月22日(月)午前3時、台風11号は温帯低気圧に変わった

朝の夢「金の糸でできた細工や装飾品」「糸魚川に獣」

「今、大変なことになってしまっているんだよ」「神様に相談してごらん」

8時、リオオリンピック閉幕式と東京への引き継ぎ

 8月20日(土)午前9時に発生した台風11号は、8月21日(日)夜遅くに北海道・釧路市付近に上陸し、8月22日(月)午前3時に、温帯低気圧に変わった。

○ 朝の夢。

 金細工で出来たテーブルや箱などの装飾品をみている。
 柳の木の枝も「金の糸」でできている。
 空から垂れ下がっている吹き流しの糸も金だ。
 これら全ての「金の糸」は世界の隅々に繋がっているものらしい。
 無理に引っ張ったりすると、こんがらかってワケが解らなくなる。
 そういえば、昨日光宮(みや)にゴールド系のチェーンのカラマリと解いてもらったのを思い出す。
 天之大神に教えていただいた「霊線が複雑に絡み合っている」状態を見せていただいたのかもしれない。

 1995(平成7)年6月24日(土)に須藤さん降りている天使との会話の時、

「宇宙とはあなたのなかにあります」
 といってきらびやかな線状の空間が示されたことがあった。
 今日の映像はそれに続くものだと思う。

○ 場面がカラリと変わった。

 糸魚川に4つ足の怪獣が現れていて諏訪湖方面に移動している。
 それを迎え撃つ形で、伊豆半島から諏訪湖に向かって、これまた怪獣が移動している。
 2016年8月19日(金)に発生した台風9号台風10号の関係を見ているのだろうか?

(※)昼前に練馬区の年金担当者の訪問を受けた。

  私と女房の補助申請の仕方の説明だった。
  これが夢と合致しているか?

○ 女房を職場に送って行くとき、心の神様の言葉だった、

「今、大変なことになってしまっているんだよ」
「神様に相談してごらん」
「今あらわれている状態が、ありのままの姿なんだよ」

雨の中、ブラジルのオリンピックの閉幕式で東京オリンピックへの引き継ぎ。

 閉会式:日本時間8月22日(月)朝8時(ブラジル時間 8月21日20時)。
 開会式:日本時間8月6日(土)朝8時(ブラジル時間 8月5日20時)。

 五輪旗を引き継ぐ小池百合子東京都知事。

あいう

 リオからマリオブラザーズが土管(シャンバラの世界)に入って行った。

 渋谷のスクランブル交差点に、ドラえもんが土管(シャンバラの世界)を据え、マリオが世界地図でリオの位置を確認。
 そして、マリオが赤い球を持って、土管の中に入って行った。
 会場に土管(シャンバラの世界)が現れて、土管(シャンバラの世界)の中から安倍総理が登場し、マリオブラザーズから赤いボールを受け取り、引き継ぎ完了。
シャンバラの世界」の中心が日本に移ったことを象徴しているように思える。

あいう

○ リオオリンピックの閉会式が終了して、約2時間後、強い台風9号は8月22日(月)午後0時30分ごろ、暴風域を伴って千葉県館山市付近に上陸した。
 8月23日(火)午前にかけて、東北地方や北海道へ縦断する恐れがある。
 本日は、リオオリンピックから東京オリンピックへ「赤玉(火球)」で引き継がれている。

台風9号

○ 2008(平成20)年から2016(平成28)年の正味8年の御神業の区切りがついた。

▼ - - - - - -< 2008(平成20)年から2016(平成28)年の正味8年 > - - - - - - - -

 2008(平成20)年3月14日(金)、「身も心も・・」から始まった熱の領域での御神業。
 2008(平成20)年4月20日(日)、出雲大社の仮殿遷座祭につき、
          59年ぶりにご本殿が一般公開される。
 2008(平成20)年6月2日(月)から6月3日(火)
          「ここから先、そなたを守ることのできるのはそなただけである」。
 平成20(2008)年8月12日(火)〜17日(日)、神武天皇の史跡を周りはじめる、
          伊勢・熊野(神武天皇のご兄弟)・畝傍山【37神社】。

     - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 2009年5月6日(水)、京都からの帰りの車の中で
          「かむやまといわれひこのみこととしてたたれよ」
 2009年5月8日(金)、大きな雷鳴の音の中で
          「かむやまといわれひこのみこととしてたたれよ」

     - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 2012(平成24)年7月28日(土)日本時間の5時、第30回ロンドンオリンピック開幕、
          継体天皇の即位された宮へ、大阪でセミナー(第一日目)。
 2012(平成24)年8月17日(金)、「そなたたちに頼まなければならない事柄はなくなった」
          「そなたたちが人としての勤めを果たした後、またお会いしよう」
 2012(平成24)年12月21日(金)、冬至の日、女房の誕生日、26,000年の春

     - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 2013(平成25)年5月10日(金)、伊勢神宮第62回式年遷宮と合わせて、出雲大社60年ぶりに本殿遷座祭「神様の引っ越し」。
 2013(平成25)年5月14日(火)成田清(80歳)が脳梗塞で逝去
 2013(平成25)年5月31日(金)退職
 2013(平成25)年7月28日(日)、内宮の第62回式年遷宮「お白石持行事」
 2013(平成25)年8月23日(金)、外宮の第62回式年遷宮「お白石持行事」
 2013(平成25)年10月2日(水)夜8時から、伊勢神宮内宮の遷御(せんぎょ)。
 2013(平成25)年10月5日(土)、伊勢神宮外宮の遷御(せんぎょ)。

     - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 2016(平成28)年6月11日(土)、広島の比婆山で千引の岩戸開き
 2016(平成28)年6月12日(日)素戔鳴(すさなる)神の岩戸開き
 2016(平成28)年6月23日(木)、「天照大神の岩戸開きじゃ」。
 2016(平成28)年7月24日(日)旧暦6月21日、260万年ぶりに「天之機織り機」が始動。
 2016(平成28)年7月26日(火)旧暦6月23日、「九頭龍にトドメが刺された日」。
 2016(平成28)年8月6日(土)、広島の日、リオオリンピック、迦具土命復活
 2016(平成28)年8月8日(月)午後3時、
            天皇陛下が「生前退位」についてお気持ちを表明。
 2016(平成28)年8月17日(水)、「黄泉国開きじゃ」
 2016(平成28)年8月19日(金)、神様世界でポールシフト完了。
 2016(平成28)年8月20日(土)、即位されるのは「かむやまといわれひことのみこと」。

 2016(平成28)年8月22日(月)、リオオリンピック閉幕式と東京への引き継ぎ。

- - - - - -< 2008(平成20)年から2016(平成28)年の正味8年 > - - - - - - - -▲

 しかし、私には苦労の結果、大きな凹みだけが残ってしまった。
 早く、修正しないと間に合わなくなりそうだ。

○ グーグルから入金!ラッキー!

8月23日(火)、美穂がゆうちょで当選!湯気あるいは冷気(霊気)

糸魚川のおじさんに水羊羹を送る、安倍総理リオから帰国

 美穂にゆううちょから通知がきていた。
 給料支払い口座を設けたので、1000円当選したという通知だった。
 ラッキー!

○ 昼の白日夢。

 湯気のようなものが見える。
 氷やドライアイスが発する冷気(霊気)のようなものだろうか?
 アンモニアのようなものが蒸発している映像だろうか?
 昨年2015年6月15日(月)に古物の資格を光が丘警察に申請した日にも見ている。

○ 糸魚川のおじさんに水羊羹を送る。

 ご機嫌伺いだ。
 こうなれば、東京オリンピックが終了するまで元気でいてほしい。

○ 夕方、安倍総理リオから帰国!

  安倍晋三首相は8月23日(火)夕、リオデジャネイロ五輪閉会式への出席を終え、政府専用機で羽田空港に帰国した。

8月24日(水)、小池百合子、五輪旗を持ってブラジルから帰国

糸魚川から連絡なし

 小池百合子都知事、五輪旗を持ってブラジルから帰国。
 日本時間の8月22日(月)8時に閉幕したリオデジャネイロ五輪の閉会式で引き継がれた五輪旗が8月24日(水)午前、2020年東京五輪の開催地、東京の羽田空港に到着した。
 東京都の小池百合子知事は飛行機のタラップ上で五輪旗を披露し、式典で
「皆さんと一緒に素晴らしいオリンピック・パラリンピックにする象徴としたい」
 とあいさつした。

あいう

○ 糸魚川から連絡なし。

 いつもならすぐに電話をくれるのにどうしたのだろう?

 2011年1月31日(月)の朝の夢。

 私は「あるもの」を訪ねていった。
 4階建てのアパートで、私が現在住んでいるガーデンコートより一階あたりの住居数が多そうだ。
 アパートの窓側は大きな空地になっており、緩やかな降る傾斜をなしている。
 手前8時に方角にある木の隙間だらけの物置に私の探し物があるようだった。
 物置の方角からアパートを見ると、4階の一番奥のハズレにある「あるもの」の部屋だけが明かりがついていた。
 私は物置の扉を恐る恐る開けて、「探し物」を探り当てた。
 それは私が「あるもの」にプレゼントした「サンダルのような履物」だった。
 私の「思い出」の足跡であり、これがあれば私の思い出のあるところにはいつでもどこでも飛んでいけるものだった。
 そのとき、外で子供の声がした。
「パパが帰ってきた」
 と私に駆け寄ってくる子供がいた。
 後ろには見覚えのあるようなブラジル人の女性が立っている。
 その直後、人のよさそうなマフィア風の人物が数名あたりを物色し始めた。
2011年8月15日(月)のマフィア総会用の事務所を探しているらしい」
 この物置のならびに低い家屋が突如現れていて、そこが利用されるらしい。
 ついでにこの物置も借りるらしい。
 これを借りるにあたっての段取りを私に聞いてくるので、その対応のため私はしばらく身動き取れなくなった。
 この対応のとき「サンダルのような履物」を紛失しては困ると思って、私はまたブラジル人の女性に預けた。
 傾斜地でこの騒動を遠目で見ていたブラジル人の女性と子供のそばに夫がたっている。
 夫が帰って合流してきたものらしい。
 私はアパートの玄関で、私の探し物だった「サンダルのような履物」を、ブラジル人の女性から手渡してもらい、リュックに入れ、建物の多くの住人のから見送られながら日本に向けて旅立つところだった。
 みんなに別れを告げるとき
2011年8月15日(月)から3日間、気を付けなよ」
「私は日本だよ」
 と言ってリュックを背負って日本に向けた飛行機に乗った。
 この「サンダルのような履物」があれば私は、いつでもどこでも、いろんなところに赴ける。

8月25日(木)、朝の夢「暗闇の通路が閉じられ、円形の鏡」

「鈴木」は、日前神宮・國懸神宮にあったのではないか

糸魚川から水羊羹のお礼

 朝の夢。
 暗闇の通路が閉じられる映像。
 暗闇の通路の中に円形の鏡がハメられ、その鏡の縁が壁の一部のように塗りハメられていく映像。
 暗闇とは「夜の食国(よるのおすくに)」を象徴しているかもしれない。
「夜の食国(よるのおすくに)」には、「日矛鏡(ひぼこのかがみ)」なのだろうか?

 日像鏡(ひがたのかがみ)をハメる日矛鏡(ひぼこのかがみ)に対応するのだろうか?

○ また上の映像は、現在の状況も暗示しているかのようにも見える。
「ハマりこんではならない世界」
「今置かれている世界が全てである」
「現状に感謝して一歩づつ進め」

 うましあしかびひこじ神のときは、初めは全て失敗していった。

 出雲大社/本殿御客座(島根県出雲市)
 浮嶋神社(愛媛県東温市)

○ 6時前に女房が起きていてテーブルにいる。

「どうしたの?」
 と尋ねると
「頭が痛くって」
 という。
「ちょっと腰をサスッテ揉んでくれる」
 と頼まれたので、いつもの肩甲骨周辺を揉んでいると、
「もう少し下」
 このあたりだと、骨盤の上あたりになる。

 日本列島に即していうと和歌山県の辺りだと思う。

○ 朝の夢と、女房のことを考えながら8時過ぎにお風呂に入っていると、「鈴木」は、日前神宮・國懸神宮にあったのではないか、という直感が湧き上がってくる。  だから、「木ノ国」というのだ。

○ 糸魚川から水羊羹のお礼。

 昼から、色んな伝票の整理。

8月26日(金)、光宮(みや)の病院、台風10号けさUターン

「さくらい」の元夫とたまたま会う?

魚谷さんに「9月24-25の問い合わせ」

 10時30分から光宮(みや)の順天堂大学病院への通院。

2016年8月19日(金)に発生した台風10号がけさUターン。

 ややこしい動きをしている台風10号。
 きょう未明までは南西方向に進んでいたが、けさ9時には進路を東向きに変えた。
 進路図を眺めていると、まるで水泳選手がターンをして戻ってくるようだ。
 この台風はこのあとさらに発達。
 28日(日)の朝には中心気圧が920ヘクトパスカルまで下がって、猛烈な勢力となる見込みだ。

あいう

○ 「さくらい」の元夫とたまたま会う?
 これって、21年前に戻っていること?
 台風が引き返したことによる影響か?

○ 夜、魚谷さんに「9月24-25の問い合わせ」

8月27日(土)、日本を知る会

 日本を知る会。

8月28日(日)、和歌山県友が島(おのころ島)の整理

 和歌山県の友が島(おのころ島)の編集。

8月29日(月)、魚谷さんに電話し、9月25日に友が島に渡る

光宮(みや)の背中に一つ目小僧の霊体

 魚谷さんに電話し、9月25日に友が島に渡ることに決まった。

○ 台風10号の接近、8月30日夕方に東北に上陸予定。

台風10号

 光宮(みや)の背中に一つ目小僧の霊体がいる。
 台風10号の影響だろうか?
 光宮(みや)の話しでは
「光宮(みや)の体をシェアしよう」
 と言われていたという。

一つ目小僧の霊体

8月30日(火)午後6時前、岩手県大船渡市付近に上陸

243日目(3の5乗)の日

 大型で強い台風10号は8月30日(火)午後6時前、岩手県大船渡市付近に上陸した。
 気象庁によると、東北地方太平洋側への台風上陸は統計のある昭和26年(1951年)以降、初めて。
 進路を西寄りに変えながら東北地方を横断し、8月30日(火)夜には秋田県の日本海側へ抜ける見込み。
 進路周辺では猛烈な風が吹き、非常に激しい雨が降るため、気象庁は警戒を呼びかけている。

台風10号

○ 243日目(3の5乗)の日。

8月31日(水)、準備中

 準備中。

9月1日(木)、新月、sen さん

秋吉台の鍾乳洞の奥の院の柱の根元にヒビ

 9月1日(木)午前9時、沖縄の南で台風12号が発生した。  台風の名前はラオスが用意した「ナムセーウン」で、川の名前です。  週末にかけて、沖縄や西日本に接近する見込み。

○ 日本橋で新月の会。

 久しぶりにsen さん。
 9月中に広島に帰るという。
 この時の話に秋吉台の鍾乳洞の話があった。
 秋芳洞は、山口県美祢市東部、秋吉台の地下100-200mにある鍾乳洞で、約1kmの観光路をもって公開されている。
 鍾乳洞としては日本最大規模。
 洞奥の琴ヶ淵より洞口まで、約1kmにわたって地下川が流れ下っている。
 熊本地震の影響があったらしく、奥の院の柱の根元にヒビが入ったという。

9月2日(金)、朝の夢「ゴールを駆け抜けて馬が落馬」

緊急防波堤を越えられない竜神たち

岩手県岩泉町にある鍾乳洞「竜泉洞」が被害

 朝の夢。
 競馬場の観客席に私はいる。
 私の応援している馬がゴール板を通過すると、左前脚を骨折して前のめりに崩れ、騎手は前方に放り投げられていった。
 馬の左前脚は木が真っ二つに折れるようになっていた。
 普通ならこれで予後不良で殺処分になってしまうところだ。
 騎手は芝生に落ちたので状態に異常はなさそうだ。
 場面を変えて、同じように競馬で馬がゴールを過ぎて落馬し、騎手が落ちる映像を二つ見ている。

 今まで夢で見ているこういう場面は、現実化して現れていることが多い。

 昨日sen さんから秋吉台(山口県美弥市)の鍾乳洞の奥の院にある鍾乳石に「ひび割れ」が入って、精気が失われたようになっている、と聞かされている。
 それに関係するだろうか?

 家族の異変に現れないように神様にお願いする。

○ 女房を迎えに行く前の夢。
 竜神たちが海を泳いで、日本に向かっている。
 ある時を境にして海の底から、昆布に似ている汚れのようなものが浮き上がってきた。
 日本の港は、この汚れを防御するために、港の入口にある緊急防波堤が上昇し始めている。
 この防波堤が上昇してしまうと竜神たちは日本に戻れなくなってしまう。
 それは解っていても、その昆布に似た汚れが邪魔になってうまく泳げない竜神たちがでてきた。
 ある竜神は、緊急防波堤を超えて日本の中に入ろうとするのだが、防波堤を乗り越えることが出来ず、防波堤の上に綱が掛けられるように引っ掻ってしまっている。
 どういう夢を見ているのだろう。
 心の神様に意見を伺った。
「神代の力が加わり始めていて、苦しんでいるんだよ」

 という趣旨のお答えだった。

○ 台風10号による豪雨で、岩手県岩泉町にある鍾乳洞「竜泉洞」が被害に遭ったことが9月2日(金)、分かった。
 地底湖の水があふれて内部の通路が冠水し、入り口から噴き出している。
 日本三大鍾乳洞の一つとされ、国指定の天然記念物。
 再開の見通しは立っていない。
 事務所によると、台風による雨が激しくなる前の8月30日(火)午前から地底湖の水位が上がり、洞内の通路が水没。
 8月31日(水)早朝、入り口から水が噴き出しているのを確認した。
 8月30日(火)から休業しており、けが人はいない。
 昨日、日本三大鍾乳洞の一つの秋芳洞(あきよしどう)の奥の院。

@龍泉洞(りゅうせんどう)/岩手県

  岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉神成1−1
A秋芳洞(あきよしどう)/山口県
  山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
B龍河洞(りゅうがどう)/高知県
  高知県香美市土佐山田町逆川1424

9月3日(土)、朝の食事のとき、右奥下の親不知

 朝の食事のとき、昨日治療した右奥下の親不知の詰め物が取れた。
 朝一番で歯科医院に行く。
 同じ時間帯に、糸魚川の近くの長野県北部が揺れている。
 2016年9月3日(土) 8時29分頃 震度2(長野県北部)
 2016年9月3日(土) 9時4分頃 震度1(長野県北部)

 このタイミングはどうしたことだろう。

 2016年6月25日(土)から始まった糸魚川周辺の地震が始まっている。
 この間の記録で、糸魚川は急所だ。

9月4日(日)、高尾山で滝行

 高尾山で滝行の後、武蔵野御陵(大正天皇と昭和天皇)の参拝。
 滝行の途中から、頭が痛くなってきた。
「sen さんと同じになったらマズイ」
 と咄嗟に思い、大きな声で真言を唱え、内から気を出そうとした。

 この頭の痛さは翌日9月5日(月)いっぱい続くことになった。

○ 日本時間の9月4日(日)午後4時半ごろから、G20サミットが、中国浙江省の杭州で開幕した。
 主要20か国の首脳らが世界経済について討議する。
 安倍総理大臣ら各国の首脳は「世界経済、成長戦略」をテーマに最初の討議に臨んだ。
 中国・杭州で9月4日(日)開幕した20カ国・地域(G20)首脳会議は、初めて議長を務めた習近平国家主席にとって試練の場となった。
「大国外交」を高らかにアピールするはずが、東・南シナ海をめぐる問題や世界経済の成長鈍化で、“震源地”の中国に対する国際社会の視線が急速に冷たくなったためだ。

 構成国・地域。

 【G8の9か国】
   アメリカ合衆国、
   イギリス、
   フランス、
   ドイツ、
   日本、
   イタリア、
   カナダ、
   欧州連合、
   ロシア、
 【新興国の11か国】
   中華人民共和国、
   インド、
   ブラジル、
   メキシコ、
   南アフリカ、
   オーストラリア、
   韓国、
   インドネシア、
   サウジアラビア、
   トルコ、
   アルゼンチン
   である。

(※)

 主要20か国・地域ともいい、NHKでは先進国会合であるG8と区別して先進国に新興国を加えた主要20か国と表現している。
 20か国・地域首脳会合(G20首脳会合)および20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議(G20財務相・中央銀行総裁会議)を開催している。

9月5日(月)、昨日に続き頭が痛い、G20サミットの閉幕

 昨日に続き頭が痛い。
 そして、異様に食欲がある。

 仕事の量が通常に戻ったからだろうか?

○ 中国で開かれているG20サミットは9月5日(月)夜、世界経済の成長を達成するため、金融、財政および構造政策を個別にまた総合的に活用することや、鉄鋼などの過剰生産能力が世界的な課題と認識し、貿易大臣などによる「グローバル・フォーラム」を設立することなどを盛り込んだ首脳宣言を採択し、2日間の日程を終えて閉幕した。

9月6日(火)、12冊の『霊界物語』が一冊の本にまとまる 〜 転換点だ

悠仁親王(ひさひとしんのう)の10歳の誕生日

沖縄県の宮古島付近で台風13号が発生

ASEAN関連の首脳会議の開幕

オバマ大統領とフィリピンのドゥテルテ大統領の会談中止

大根おろしの食べ始め

 12冊の『霊界物語』が一冊の本にまとまる。
 この最後の一冊は12章立てになっている。
 以前81冊の『霊界物語』が12冊にまとまったことがあった。
 王仁三郎が説いてくれた因縁が解けて、12冊が1冊にまでなったということだ。

 最後の1冊だ。

○ 皇位継承第三意の悠仁親王(ひさひとしんのう)の10歳の誕生日。
 2006年〈平成18年〉9月6日 に生まれている。

 この日は、5社共同のサイトがサーバーにアップされた私にとっては因縁の日。

○ 9月6日(火)午前9時ごろ、沖縄県の宮古島付近で台風13号が発生し、勢力を強めながら7日未明に鹿児島県奄美地方に近づく見通しだ。

○ 9月6-8日(火-木)の3日間の日程でASEAN関連の首脳会議の開幕。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)と日米中などが参加するASEAN関連の首脳会議が、9月6-8日(火-木)の3日間の日程でラオスの首都ビエンチャンで開かれる。
 中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題を主要議題に討議が行われる見通しだ。
 一連の会議は9月6日(火)のASEAN10カ国による首脳会議でスタート。
 9月7日(水)にASEANと日本や中国など域外国との首脳会議、
 9月8日(木)にASEAN各国と安倍晋三首相、オバマ米大統領、中国の李克強首相ら計18カ国の首脳が一堂に会する東アジアサミットが予定されている。
 南シナ海問題をめぐっては、中国と領有権を争うフィリピンのドゥテルテ大統領の動向に注目が集まる。
 6月末の大統領就任後、初めて国際会議に出席するドゥテルテ氏は当初、フィリピンが中国に勝訴した7月12日(火)のオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所の判決について、今回の会議では「自分からは取り上げない」と述べるなど、中国に融和的な姿勢を示していた。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)の参加国。

 インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス(全10か国)。

○ フィリピンのドゥテルテ大統領のオバマ大統領の侮蔑発言で、会談の中止。

 米ホワイトハウスは6日、オバマ大統領がフィリピンのドゥテルテ大統領との会談を中止したと明らかにした。
 ドゥテルテ大統領はオバマ大統領を品位を欠く言葉で表現していた。

○ 今日から大根おろしを無性に食べたくて仕方がない。

9月7日(水)、朝の夢(1)「大根おろしが大地の血」

朝の夢(2)「狭い通路にカプセル型のベット」

光宮(みや)が熱があって学校を休む

朝の夢のゴミ袋が金貨を入れるドル袋の急変!

 朝の夢(1)。
 ここ2日間、夕食に大根おろしをたくさん食べている。
 そのせいか、夢にまでみた。
大地の血だ」
「大地の血を浴びるほど食べられるんだ」
 大根おろしを食べて、大地の血を食べているような錯覚になる。

○ 朝の夢(2)。

 狭い通路を歩いてくる、指揮官風の人物が後ろの数名従えている。
 高龗役の黒い人物に似ているが、着ているのは少し色彩のあるものだ。
 狭い通路の両側は、人が寝ることのできるようなカプセル型のベットが置かれている小部屋だ。
 そのカプセル型のベッドが開らかれている。
 本来なら、カプセル型のベットに寝ている人物がいるはずなのだが、その場には誰もいない。
 この通路の最後はゴミを集める部屋のなっているようだ。
 何となく私の心臓付近の空間に当たっているような気がする。
 そこに薄い青色のコンビニ袋の口を閉じたようなものが横に置かれている。
 30個〜60個くらいあるだろうか?
 このゴミ袋は、カプセルで寝ていた人たちの用具が入っていたかのようだった。

○ 光宮(みや)が熱があって学校を休む。

○ 梶田さんから電話。

 10時から11時くらいの間にチラシを取りに行く予定だったが、梶田さんのほうで、面接が入っているということだったので12時前に変更になった。

○ チラシを取りに行くときの白日夢。

 朝の夢のゴミ袋が、金貨が目いっぱい詰まったドル袋に変化している。
 2015年12月22日(火)冬至に、天之大神から
あと30年じゃ、この世の理を楽しんでゆっくりとこちらに戻られよ
 と言われている。
 さらに、千引の岩戸開き、素戔鳴(すさなる)神の岩戸開き、天照大神の岩戸開きを踏まえて、6月30日(木)に天之大神から「30年」頂戴している。
 それぞれの年月に対応するゴミ袋(金貨)だろうか?

9月8日(木)朝の6時、第15回パラリンピックの開幕

光宮(みや)が学校を早退、魚谷さんにお手紙

 朝の6時(現地時間9月7日18時)、第15回パラリンピックの開幕式。
 9月19日(月)朝の6時(現地時間9月18日18時)が閉会式。
 12日間の熱戦が始まった。

○ 光宮(みや)が学校を早退。

○ 魚谷さんにメールとファックス。
 8月26日(金)の夜にファックスとメールで魚谷さんに連絡し、8月29日(月)に電話した件。

9月9日(金)、北朝鮮の建国記念日に5回目の核実験、富山さんの命日

自民党の加藤紘一元幹事長(77歳)が9日、死去した

西田さんと先生の話し合い

 北朝鮮の建国記念日に5回目の核実験。
 この日は、富山さんの命日だ。

○ 自民党の加藤紘一元幹事長が9日、死去した。77歳だった。

○ 西田さんと先生の話し合い。
 西田さんの頭痛がひどくて話の途中で終わったらしい。
 結果は、この日に先生が西田さんへのトリガーを弾いたのだ。

9月10日(土)、魚谷さん「加太から行きましょう」

午後、天皇皇后両陛下、特別機で山形県の庄内空港に到着

小池百合子都知事は、豊洲市場(江東区)の床下が空洞、と発表

プロ野球のセ・リーグは、広島が1991年以来25年ぶり7度目の優勝

 魚谷さんから電話があった。
「加太から行きましょう」

天皇皇后両陛下、午後、特別機で山形県の庄内空港に到着。

 天皇皇后両陛下は、9月11日(日)に開かれる「全国豊かな海づくり大会」の式典に出席するため、9月10日(土)午後、特別機で山形県の庄内空港に到着されました。
 天皇陛下が、「生前退位」の意向がにじむお気持ちの表明後、公務で地方を訪問されるのは初めてです。
 両陛下の山形訪問は去年6月以来2年続けてです。
 両陛下はこのあと、クラゲの水族館として知られる鶴岡市の加茂水族館を訪れ、直径5メートルの大水槽を泳ぐクラゲの様子などをご覧になりました。
 水族館の館長が、クラゲの多くを自分たちで育てたことを説明すると、天皇陛下は、餌の種類や、クラゲを育てるのにかかる時間などを尋ね、飼育の苦労をねぎらわれていました。
 天皇皇后両陛下は9月12日(月)まで3日間、山形県に滞在し、9月11日(日)は酒田市で開かれる「全国豊かな海づくり大会」の式典に出席したあと、鶴岡市の鼠ヶ関港に移動して、ヒラメやクロダイの稚魚の放流行事に参加されます。

○ 小池百合子都知事は、豊洲市場(江東区)の床下が空洞、と発表。

 小池百合子都知事は10日、緊急会見を開いて、築地市場(東京都中央区)の移転先である豊洲市場(江東区)の各市場棟の床下で、土壌汚染対策のはずの高さ4・5メートルの盛り土が行われておらず、空洞になっていたことを明らかにした。
 都はこれまで、汚染した土壌を入れ替えたうえ、すべての敷地で高さ4・5メートルの盛り土をすると説明してきた。
 都の中央卸売市場が2009年2月に発行した『疑問解消BOOK』の中でも、専門家会議(座長・平田建正和歌山大学システム工学部教授=現在、放送大学和歌山学習センター所長)が08年に提言した土壌汚染対策に基づいて、市場建物の下を含む豊洲用地で、
「ガス工場操業時の地面の下2mを掘り、きれいな土と入れ替えます」
「その上に厚さ2・5mのきれいな土壌を盛ります」
 といった対策を行うことで、
「食の安全・安心を十分確保していくことができます」
 などとうたっていた。

○ プロ野球のセ・リーグは、広島が1991年以来25年ぶり7度目の優勝。

 プロ野球のセ・リーグは、広島が1991年以来25年ぶり7度目の優勝を果たした。
 9月10日(土)の優勝決定は、2リーグ制後2番目の早さ。
 胴上げ前、弱かった時代を経験している黒田博樹と新井貴浩のベテラン2人が抱き合う姿は感動的だった。

9月11日(日)、魚谷さん「sen さんはこられるんですか?」

 魚谷さんから電話があった。
「千手さんは来られるの?」
「残念やは」
「あの讃美歌は、地球にやってきたときの仲間しか知らない歌なのに、なんで知ってはったんやろ」
「頭に効く食材を発明したんで食べてもらおうか」

9月12日(月)、sen さんからのメール、西田さんくも膜下出血で緊急入院

韓国南部 M5以上の地震2回 「観測史上、最大規模」

 魚谷さんの問い合わせに対する、sen さんからのメール。

夕方、西田さんくも膜下出血で緊急入院。

 置かれた状況の中で、一番最善の動きをしている、と思う。

○ 韓国南部 M5以上の地震2回 「観測史上、最大規模」。

 ちょうど女房と西田さんの御主人が話している時間だった。

 2016年9月12日 19時44分頃 朝鮮半島南部 M5.1。

あいう

 2016年9月12日 20時32分頃 朝鮮半島南部 M5.7。

あいう

9月13日(火)、西田さんの件を先生に報告、トリガーを引いたのは先生

歯科治療「右下奥歯の親不知から膿が出ていた」

午前3時、フィリピンの東で台風16号「マラカス」が発生

 妻が、昨日の西田さんの件を先生に報告。
 先週9月9日(金)にトリガーを引いたのは先生だ。

○ 昼の歯科治療の所見、

「右下奥歯の親不知から膿が出ていた」
 そのせいで、親不知が落ち着いていたのかもしれない。

○ 午前3時、フィリピンの東で台風16号「マラカス」が発生。

 「マラカス」とはフィリピンの言葉で、「強い」という意味です。

9月14日(水)、朝の夢(1)「白い花包み紙にくるまれた人の亡骸」

朝の夢(2)「4本のペン入れがあり、1本欠落し3本に」

 朝の夢(1)。
 白い花包み紙にくるまれたものがあった。
 中を開いてみると、人の亡骸が横たわっていた。
 榊と同じように、根元(足)を手前に向けて、神様に捧げられるもののようだ。

 場面が変わった。

 朝の夢(2)。
 4本セットのペン入れがあった。
 左側のペンが無くなっている。
 無くなっているペンの色は分らないが、
残っている3本のペンの色は左から、の色だ。
 常識的に考えれば、無くなっている色はだろうな。

 残り3本のうち、真ん中のペンが異様に大きい。

 このペン入れにはもう入らないだろうと思われるほど大きい。

9月2日(金)に落馬骨折の夢を見ていることを思い出した。

 ゴールを駆け抜けて馬が崩れて転んだ。
 馬の左前脚が骨折している。
 普通なら予後不良で殺処分になる。

9月15日(木)、小池百合子知事はリオデジャネイロ・パラリンピック閉会式に出席

 東京都の小池百合子知事は9月15日(木)午前、リオデジャネイロ・パラリンピック閉会式に出席するため、羽田空港を出発した。
 9月21日(水)に帰国する予定。

9月16日(金)、豊洲市場の地下空洞が連日報道されている

7月に地下空洞の夢を見ている

中国、天宮2号の打ち上げ

 豊洲市場の地下空洞が連日報道されている。
 発端は、9月10日(土)の小池百合子都知事の緊急記者会見からだ。
 そして9月12日(月)には、豊洲市場の施設の地下空洞に地下水がしみ出している恐れがある問題で、盛り土が行われなかった主要施設3棟の地下空洞に水がたまっていることが、東京都への取材で分かった。
 築地市場の移転先の豊洲市場で、土壌汚染対策の「盛り土」が行われていなかった問題で、青果棟の地下の空洞の床には、コンクリートが敷かれていないことが分かった。
 豊洲市場の土壌汚染対策をめぐっては、東京都はこれまで汚染された土壌を深さ2メートル分取り除いた上で、高さ4.5メートル分新しい土で「盛り土」をしたと説明していたが、実際には、水産卸売場棟など主な5つの建物の地下は空洞になっていて「盛り土」は行われていなかったことが分かっている。
 このうち水産卸売場棟と水産仲卸売場棟の地下の空洞の床にはコンクリートが敷かれているが、青果棟の地下の空洞の床にはコンクリートは敷かれておらず、石が約50センチの厚さで敷き詰められたままとなっていることが分かった。
 小池百合子知事は同日、幹部会議を開き、水がたまった原因や盛り土をしなかった経緯を調査し、安全対策を検証するよう指示した。

○ 7月頃から、地下空洞の夢を見ている。

 8月9日(火)18時に現れたオットセイのような牙をもつ黒豹は、7月31日(日)に爆発した後の暗闇の空洞に潜んでいたものだと直感した。

(※)7月31日(日)というのは、東京都知事に小池百合子氏(64)が当選した日だ。

 7月17日(日)の朝の夢で「何もなくなっている地下の空洞倉庫」があった。
 天之大神は、
「あってはならぬ世界じゃ」
 と言われている。
 天之大神が言われる世界というのは、人の苦しみを養分にして生きていく世界のことだ。

○ 中国、天宮2号の打ち上げ。

9月17日(土)4:05、魚座の満月、実加は鎌倉にゴンリンとお泊り

朝の夢(1)、ウソ発見器のある集中治療室に、「なたであるそ」

朝の夢(2)、泥のような塊が真ん中から崩れ、エンタープライズ号

夕方の夢、エンタープライズ号に似た飛行体の夢は以前みていた

エンタープライズ号の司令塔の中に御札立の到着

 満月 9月17日(土) 4:05 魚座。

○ 朝早くから、実加は鎌倉にゴンリンとお泊り。

○ 今日の朝の夢(1)。

 私は病院の通路に降り立った。
 先に行こうとすると、廊下の真ん中にある装置が置いてあった。
 その装置には「ウソ発見器」と書いてある。
 ウソ発見器に左手をかざすと、右側を通ることができた。
 一番奥の病室(集中治療室)に私は歩いている。
 一番奥の病室(集中治療室)につくと、ネームプレートが掲げられてあった。
「なたであるそ」
 というネームプレートだ。
 一字ちがえると、
「そなたである」
 になる。
 ちょっとギョっ!とする。
 病室をおそるおそる覗いた。
 治療中のベットはあるが誰も寝ていない。
 病人はいなくなったような雰囲気だ。
 9月6日(火)から大根おろしを食べたくて仕方なかったのだが、私の体調に異変があったのかもしれない。
 病室を確認して、引き返そうとした。
 隣の病室のドアが開いているので様子を伺うと、誰か寝ている。
 美穂に似ている。
 ここのところ美穂の体調が思わしくなかった。

あいう

○ 今日の朝の夢(2)。
 ゴマ豆腐のような、泥のような大きな塊があり、それが崩れていく。
 中心部が割れて谷のようになり、跡形もなく崩れていく。
 この夢は、非常によく見る夢だ。
「ゴマ豆腐のような泥のような大きな塊」は罪穢れのようなものであり、暫定的にそれを固めて形を作り、時がきたら、その塊を崩し中から本来あるべきものを抽出するのだ。
 今日も同じ夢の場面だった。
 いつものように、ゴマ豆腐のような泥のような大きな塊が、中心ラインから割れて崩れていった。
 しかし、今日は、崩れていく大きな塊の中心から、エンタープライズ号のような飛行体が現れてきた。
 夢の場面を見ながら、淡路島の魚谷佳代さんの話を思い出していた。
 魚谷佳代さんは、
「私らは、大きな母船に乗ってこの地球にやって来たんだって」
 と話されていた。
 今日は「魚」座の満月である点と、塊の中央部が「谷」のように割れて崩れていった場面からも、「魚谷」が暗示されているようにも見える。
 ただ、私の夢の中での直感は、「うましあしこびこじのかみ」の時代の物語に繋がっているような気がする。
 138億年前のビックバーンのあと、宇宙の再生のために、天之御中主神様が立たれた。
 高皇産霊神様、神皇産霊神様が続き、実際の再生は「うましあしこびこじのかみ」様から始まった。
 ところが、「うましあしこびこじのかみ」様のやることなすこと、全てが失敗に帰したようだ。
 「うましあしこびこじのかみ」様は、度重なる失敗に耐えつづけ、失敗の事態が鎮静化するのを待たれた。
 失敗の原因物質が下層に沈殿するのを待ち、そして、時代に建設に着手されてこられた。
 下層に沈殿した物質が攪乱しないように、杭が打たれ、時が来るまで、失敗の原因物質が下層に留めおかれた。
 この下層に沈殿した物質が浮き上がってくると、また再びビックバーンのような状況がもたらされてしまう可能性があったのだろう。
 おそらく杭は12本打たれた。
 12は天の配置に基づく数だ。
 この杭を守り、下層に沈殿した物質を安定化させるために、下層に沈殿した状態のところへ、現在でいう検査官・保守官のような神々が派遣されることになった。
 こうして、魚谷さんが語る物語に繋がることになる。
「私らは、大きな母船に乗ってこの地球にやって来たんだって」

あいう

○ 夕方の夢。
 エンタープライズ号に似た飛行体が、大きな姿になって私に迫ってくる。
 この飛行体は私の中にいたのだろうか?
 この飛行体と私の世界が接続されて、行き来できそうな雰囲気だ。
 この種の夢を以前みていたことを思い出した。
 エンタープライズ号に似た飛行体にジョイントしようとしたのだが、以前は失敗していたのだ。
 今回は、ジョイントに障害はなさそうだ。

あいう

 私は、飛行体の司令塔の中に入ることを許されたようだ。
 飛行体の司令塔のなかに、2010(平成22)年8月1日(日)に見た4つの角のある変形平面体状に光る物体がいくつか立っていた。

 数える時間の余裕もなかたのだが、12個くらいあったのだろうか?

 2010(平成22)年8月1日(日)の夢。

 大きな球体が出てくるもっと奥深くは、小さな滝が流れている場所だった。

 恵理原や元伊勢の天岩戸で祀られる水源のようにもみえる。
「生命の水」といっていい場所だろうか。
 水が流れて水ダマリをつくっている。
 しかし、流れているは水のように見えるが、光の液体のようにもみえた。
 その液体のなかに4つの角のある変形平面体状に光る物体が立っていた。
 その物体をよく見つめると異空間のキラメキのようにもみえた。
 もっと近づいていくと、私の中の気持ちが転写され、瞬く間にモザイクのように外化実体化されていった。

 2回近づいたが2回とも私の気持ちがモザイクのように外化実体化されていった。

「心のまつり」を推し進めていくと「心」のなかの気持ちが外化実体化されて現れてきやすくなる、と理解することもできそうだ。

異空間のキラメキ

 異空間のキラメキをもつ4つの角のある変形平面体状に光る物体は、幾重にも固く閉じられた扉のようにも見える。
 近づきながら、私の気持ちが転写されていきながらもその姿を私は感じ取ったと思う。
固く幾重にも閉じられた扉

○ 夕方に、御札立の到着。

9月18日(日)、御札立の製作と発送、実加鎌倉からお帰り

ビックバーン宇宙と外の宇宙 〜 ビックバーン宇宙への救い

 御札立の製作と発送。

○ ビックバーン宇宙と外の宇宙。

 現在の宇宙がビックバーンを起こす直前、他の宇宙が、正12面体で保護シールドで覆った。
 その保護シールドのなかで、かむろぐの命・かむろぎの命・かむろむの命がさら出現されて、ビックバーン宇宙を被膜で覆われた。
 ビックバーン宇宙に対して、どこまでも救いの手が差し伸べられている。

○ 実加、鎌倉からお帰り。

9月19日(月)朝の6時、第15回パラリンピックの閉幕式

「天宮1号」が2017年後半辺りに地球に墜落する見通しと発表

 9月19日(月)朝の6時(現地時間9月18日18時)、第15回パラリンピックの閉会式。
 小池百合子氏がパラリンピックの引き継ぎをする。
 9月8日(木)朝の6時(現地時間9月7日18時)に開幕式に開幕式が行われた。

○ 「天宮1号」が2017年後半辺りに地球に墜落する見通しと発表。

 2016年9月19日(米国時間)、Popular Mechanicsに2016年9月19日(米国時間)に掲載された記事「China Confirms Its Space Station Is Falling Back to Earth」が、中国が2011年9月29日に打ち上げた宇宙ステーション「天宮1号」が制御不能に陥っており、2017年後半辺りに地球に墜落する見通しであることを発表したと伝えた。
 今のところ、墜落の時期や場所に関する予測は発表されておらず、2017年の後半に墜落する可能性が高いということだけが明らかになっている。

9月20日(火)午前0時過ぎ、台風16号が鹿児島県・大隅半島に上陸

1時19分頃に糸魚川で地震

台風第16号は、午後21時に東海道沖で温帯低気圧に変わった

 非常に強い台風16号は9月20日(火)午前0時過ぎ、鹿児島県・大隅半島に上陸した。

○ 2016年9月20日 1時19分頃に糸魚川で地震。

 糸魚川の地震は、2016年6月25日から始まった。
 今日のポイントはその場所が揺れた。

○ 台風第16号の中心は、9月20日(火)11時頃に、室戸岬付近を通過しました。

 ちょうど魚谷さんと日本橋に、室戸岬についてのメールを書いている時間だ。

○ 台風第16号の中心は、9月20日(火)13時半頃、和歌山県田辺市付近に上陸しました。

 新井さんがドアにつかまってうずくまっている時の上陸。

○ 台風第16号は、午後21時に東海道沖で温帯低気圧に変わった。

 台風第16号は、2016年9月20日午後21時に東海道沖で温帯低気圧に変わった。
 ちょうど南海トラフの予想震源域を地図に落としている時だったので、ちょっとビックリ!
 台風第16号が温帯低気圧に変わった東海道沖というのは南海トラフの東側の起点。
 東海道沖で温帯低気圧に変わる台風なんて超珍しい。
 南海トラフに溜まった地質学的エネルギーを台風16号の「荒れ」に置き換えてくれているようにも見える。

台風16号の軌跡
 http://www.imocwx.com/typ/tyani_16.htm

南海トラフの予想震源域

○ sen さんからメール。

9月22日(木)秋分の日の朝、sen さんから本のプレゼント

 朝、sen さんから本のプレゼント。
 お菓子も入っている。

9月23日(金)、生前退位の有識者会議のメンバーを発表

夜10時、徳島と高知に向けて出発

 生前退位の有識者会議のメンバーを発表。
 生前退位の有識者会議きょう初会合〜提言に向け検討本格化。
「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」
 安倍総理大臣、
 菅官房長官のほかに、
 経団連の今井敬名誉会長、
 東京大学の御厨貴名誉教授
 慶應義塾の清家篤塾長、
 東大の山内昌之名誉教授。
 上智大大学院の小幡純子教授、
 元NHKキャスターの千葉商科大教授(国際政治学)宮崎緑。
 ・・・合わせて6人が選ばれた。

○ 夜10時、徳島県阿南市の伊島と、高知県室戸岬に向けて出発。

9月24日(土)、阿南市の伊島・室戸岬の参拝

神明窟にC-3PO(シースリーピーオー/シースリーピオ)

 徳島県阿南市の伊島、

 高知県室戸市の室戸岬の参拝。

 御厨人窟の五所神社(祭神:大国主命)

 神明窟の神明宮(祭神:大日霊貴)

 御厨人窟には空海が端坐し、神明窟にはスターウオーズのC-3PO(シースリーピーオー/シースリーピオ、See-Threepio)が半身を隠しながら、こちらを見ている。
スターウォーズ  このC-3PO(シースリーピーオー/シースリーピオ)は、2014年12月7日(日)に見ているものだが、どういう脈絡だろう?

9月25日(日)、シオン山・伊弉諾神宮の稲刈り神事・おのころ島

 シオン山の早朝参拝。
 伊弉諾神宮の稲刈り神事。
 和歌山県の友が島へ。
 定員制限があって渡れず。
 玉津島神社と竈山神社。

9月26日(月)、日が変わってから東京に到着

朝の夢「室戸岬が見えて爆破、伊島でも爆発」

佐渡近海で地震が2回、北海道と沖縄でも地震が発生

 日が変わってから東京に到着。

○ 朝の白日夢。

 室戸岬が見えて、爆破を起こした。
 室戸灯台と御厨人窟と神明窟の三か所だ。
 続いて、伊島でも爆発を起こした。

 どういうことなんだろう?

○ 佐渡近海で地震が2回発生、北海道と沖縄でも地震が発生。
2016年9月25日(日) 20時48分頃 兵庫県北部 震度3 M3.1
2016年9月25日(日) 21時10分頃 兵庫県北部 震度2 M2.6
2016年9月25日(日) 22時56分頃 兵庫県北部 震度2 M3.1
2016年9月26日(月) 4時1分頃 佐渡付近 震度2 M4.1
2016年9月26日(月) 4時9分頃 佐渡付近 震度1 M3.2
2016年9月26日(月) 11時24分頃 北海道浦河沖 震度3 M4.7
2016年9月26日(月) 14時13分頃 北海道浦河沖 震度4 M5.5

2016年9月26日(月) 14時19分頃 沖縄本島近海 震度5弱 M5.6

 北海道(国常立大神の隠退地)と喜界島(豊雲野大神の隠退地)近くの沖縄が間髪入れずに揺れているのが印象的だ。

9月27日(火)、「おのころの四音」開きが始まる

アメリカ大統領選のテレビ討論会が始まる、sen さん横浜を発つ

神様から「そなたたちが讃えられることを願う」

 朝の映像。
 日の出過ぎに、友が島が揺れていく映像が現れる。

「おのころの四音」開きが始まったらしい。

 9月25日(日)に今回私たちが友が島に行こうとした気持ちを汲んでくださって、大神が動かれてくださったようだ。

○ アメリカの大統領選の討論会が始まった。

(第1回)第一回大統領候補者テレビ討論会(ニューヨーク州)
 日本時間9月27日(火)10時(現地時間9月26日)
(第2回)第二回大統領候補者テレビ討論会(ミズーリ州)
 日本時間10月10日(月)(現地時間10月9日)
(第3回)第三回大統領候補者テレビ討論会(ネバダ州)
 日本時間10月20日(木)(現地時間10月19日)
(第4回)本選挙ー大統領選挙人の投開票日
 日本時間11月9日(水)(現地時間11月8日)

○ sen さん「横浜市都筑区荏田東4丁目25-5」を発つ

 パークシティーlala横浜「神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-13」のちょうど北側に位置する住所だった。
 2015年10月14日(水)、新月の会があった時、パークシティーlala横浜の杭の偽装工作が発覚した。

○ 女房を迎えに行った帰り、神様から、

「そなたたちが讃えられることを願う」
 こういう声はありがたい。

9月28日(水)、sen さんは伊勢神宮、夕方魚谷さんから電話あり

 sen さんは伊勢神宮。

○ 夕方魚谷さんから電話あり。

 昨日、「おのころの四音」開きについてFAXを送っておいた件についてだ。

9月29日(木)日が変わってすぐ、神様の声「2日じゃ」続けて「3日じゃ」

 日が変わってすぐ神様の声、
「2日じゃ」
「2日」というのは「おのころの四音」開きが終了するまでの日数と捉えられ、9月30日(金)になる。
 続けて
「3日じゃ」
 と言われたのは、天照大神様の光が「音」とともにシオン山に降り立つまでの日の指定と捉えられ、10月1日(土)になる。
 特に10月1日(土)は新月にあたり、新暦・旧暦ともに月替わりになっている。
 当初私が考えていた日程を汲み取っていただけたのだ思う。

○ 大神の言葉は何通りにも変化していく。

 10月2日(日)10月3日(月)に変じていくこともありうる。

9月30日(金)、日本橋で新月の会

魚谷さん、夕方に遥拝所の設置と

 日本橋で新月の会。
 倭さんと重吉さんが来ていた。

○ 夜の9時過ぎに魚谷さんから電話があった。

 ちょうど日本橋にいる時だった。
 今日、遥拝所を設けたという連絡、12個の石の配置という連絡だった。
 その電話に、日本橋と倭さんが電話に出た。
 いいタイミングの電話だ。

○ 「おのころの四音」開き継続中。

10月1日(土)〜旧暦9月1日、「おのころの四音」開きが成り、天照大神の降臨

朝の夢「名探偵コナンになった私がもらったメガネをつける」

新月が9時12分

魚谷さん、弁天池の御神業

「おのころの四音」開きが成り、シオン山に天照大神の降臨される映像が届けられた。
 天照大神が「おのころの四音」に足場を組まれた最初の日となった。
 白い洋風の服装に黒い帯を付けて、左側で縛っている姿。
 誰かに似ているような気がして、ズームしてみると西田さんに似ている。
 右の口元の小さなほくろがあった。
 太陽の黒点のようなものだろうか?

(※)10月9日(日)の妻との会話。

 この天照大神の降臨が、この世への着床と捉えることが出来るとしたら、現実的な現れは、10月10日後(288日)に現れる?
 波のリズムの18日後は、2016年10月18日(火)
 体温の36日後は、2016年11月6日(日)
 脈拍の72日後は、2016年12月12日(月)
 血圧の144日後は、2017年2月22日(水)
 288日(10月10日)後は、2017年7月15日(土)になる。  

○ 朝の夢。

 メガネをもらった。
 名探偵コナンになった私がもらったメガネをつけるのだが、度の入っていないメガネで、ぼやけて見えない。
 それに顔の三分の一を隠すくらい大きくてちょっとおちゃらけに見える。

○ 新月。9:12。

○ 夕方5時過ぎに魚谷さんから電話があった。

 昨日設置した遥拝所から水と石を下げようと登っていったところ、下の採土場に太陽パネルを設置する工事が始まったのだという。
 対処の仕方の問題がある。

10月2日(日)、朝の夢「賢一の車にのって上昇」

魚谷さん、元井戸の御神業

 朝の夢。
 賢一が運転する白い作業用ワゴンに乗っている。
 後ろの荷置き場には、道路工事を表示する紅白のコーンがいくつか置かれている。
 ゆっくりと左へカーブする道路を走っていて、カーブの直前で賢一がアクセルをふかした。
 ワゴン車はスピードを増して道路をはみ出していった。
 金色に実った稲穂の上30pくらいのところをスベるように走り、さらに速度を増していった。
「このままいくと川の両側の木立に激突してしまうと観念し、
『神様、助けて!』
 と叫んだ。」
 賢一の運転するワゴン車はそのまま速度を上げて、川の両側の木立に進んでいった。
 激突間際、ワゴンは杉木立の上空を飛んで行った。
 非常に肝を冷やす夢だ。
 今、この記録を書いているが、白いワゴンは上空を飛んでいる。

○ 夕方5時18分に魚谷さんから電話があった。

 ちょうどメールを発信しようとするときだった。
「今までテレビの取材(佳の舞)があって時間がかかった」
「これから元井戸に行ってきます」
 これで元井戸も動く。

10月3日(月)、朝の夢「宙を舞うお金をつかめ」と言われ、沢山つかんでいる夢

美穂の夢、八咫烏が前の神社の屋根に留まり、道に降りる

新井さん「引っ越しが決まったので、掃除機など処分」

絵から私が抜け出ていく映像、埋め込まれた字が浮きあがる

 朝の夢。
「宙を舞うお金をつかめ」
 と言われ、夢のなかで沢山つかんでいる夢を見た。
 お金は羽を付けて飛んでいくことの方が多いものだが、羽の付けたお金が私の元に沢山舞い降りてきていた。
 美穂の夢。
 八咫烏が前の神社の屋根に留まり、道に降りていた。
「八咫烏って3本足じゃないんだ」
 美穂の夢の内容はいつもすごい。

○ 新井さんが朝一番でやってきた。

「引っ越しが決まったので、掃除機など処分」
 ネット販売だ。

○ ピーターパンが書かれている絵から、ピーターパンが抜け出る白日夢。

 絵は2次元の世界だが、2次元の世界が開かれて、立体化される映像だ。
 私の絵もいろんなところにあり、その絵から私が抜け出し、活動を始めたようだ。
 同時に、埋め込まれた字も浮き上がってきて、字も息を吹き返した。
 字も命を吹き返したようだ。

10月4日(火)、私の瓦礫だらけ体に天照皇大御神様が降り立たれた

神DOから電話あり、この間の状況を伝える

 朝の夢。
 私の体が切り開かれていた。
 私の体は、瓦礫でいっぱいになっている。
 天照皇大御神が私の体の中に降り立たれて、再利用出来そうもない瓦礫をみて
「瓦礫だらけだな」
 と言われた。
 瓦礫の中に、貴金属や希少金属があれば取り出すこともできようが、そういうものがない、絞りかすになった瓦礫だらけだ。
 廃墟といえば、そこには、何かあったことがわかる形が残っている。
 廃墟と呼ぶことすらできず、瓦礫というにふさわしい状況だ。
 天照皇大御神様が右手を上げると、11時の方角から黒い蒸気機関車がやってきた。
 瓦礫を撤去してくださるのだろうか?

 1995年、21年前、神様事に入る前、神様に誓いを立てた

「成田の家がどうなろうともやり遂げる」
「間違いがあってはいけないので、命は天にお返しする」
 こうして御神業に関わってきた。  ついにやり遂げるべきことはやり遂げた。
 ただ私に残ったのは、今日夢で見た瓦礫の山だった。

○ 神DOから久しぶりに電話があった。

 この間の状況の変遷を伝える。
 2016年6月11日(土)、伊邪那岐命と伊邪那美命の千引の岩戸開き。
 2016年6月12日(日)、素戔鳴(すさなる)神の岩戸開き。
 2016年6月23日(木)、天照大神の岩戸開き。
 2016年7月24日(日)、天之機屋の機織り機が再稼働。
 2016年7月26日(火) 旧暦6月23日、九頭龍問題にトドメが刺される。
 2016年8月1日(月)、八咫烏と迦具土命が神代の状態を回復。
 2016年8月6日(土)、迦具土命の復活。

 2016年8月8日(月)、天皇陛下が「生前退位」についてお気持ちを表明。

 2016年8月17日(水)、黄泉国開き。

 2016年9月27日(火)日の出から、「おのころの四音」開き始まる。
 2016年10月1日(土)日の出に、「おのころの四音」開き成り、天照大神様が「音」とともにシオン山に降臨。
          夕方、魚谷佳代さんが弁天池で御神業。
 2016年10月2日(日)夕方、魚谷佳代さんが元井戸で御神業。
  2016年10月16日(日)、天皇陛下の生前譲位の意向を受けて、政府が発表。
          「2018(平成30)年の11月に大嘗祭を行うことで調整」

10月5日(水)、天照皇大御神様の撤去作業

「佳の舞を売るのはやらないほうがいい」と心の神様がピシャリ!

「(淡路島)もうこれ以上関わってはならぬ」

夜9時に台風18号が佐渡沖で熱帯低気圧の変わる

 昨日から、私の瓦礫のなかで天照皇大御神様の撤去作業が続いている。
 天照皇大御神様が何か探しているらしい。
 何かを見つけたらしく、前かがみになられた。
 小さなコツボを手にされた。
 小さなコツボには乳白色の液体が入っている。

○ 女房の職場に行くとき、

「佳の舞を売ってみようか?」
 と女房に言うと、間髪入れずに心の神様から
「やらないほうがいい」
 という助言だった。
 岡本三典さんの位置がどういうものだったか思い出してみる必要がある。

○ 午後になると、もっとハッキリしてきた。

「もうこれ以上関わってはならぬ」
 出口王仁三郎も淡路島は禁足地にされてこられた。
 元井戸が終了すると白山義高氏も辻天水氏も武智時三郎氏も淡路島には関わらなかった。
 淡路島というのはそういう地らしい。

○ 夜9時に台風18号が佐渡沖で熱帯低気圧の変わる。

 韓国に上陸して、佐渡沖にやってきた。

10月6日(木)、天照皇大御神様の撤去作業が依然と続いている

私のやるべき神事はやり終えている、残る課題は仕事だ

私は心のなかで「私はやり遂げたぞ!私はやり遂げたぞ!」

隣の新井さんの娘さんに第三子誕生

 天照皇大御神様の撤去作業が依然と続いている。
 また、小さなコツボに入っている乳白色の液体を手にされている。

○ 私のやるべき神事はやり終えている。

 残る課題は仕事だ。

○ 仕事が詰まっていて、横になってそのまま寝てしまった。

 夜11時過ぎだと思う。
 心の中で私は、天に向かって叫んでいた。
「私はやり遂げたぞ! 」
「私はやり遂げたぞ! 」

 と。

 何度も何度も
「私はやり遂げたぞ! 」
「私はやり遂げたぞ! 」

 と叫んでいた。

 そして、1995年に誓ったことを思い出していた。
 全てを投げ打ってでもやり遂げる。
 命を天に差出し、命がけでやり遂げる。

 そして、21年をかけて、ついにやり遂げた。

 21年前に誓ったように、私の中の全てが崩れてしまったようだ。
 経済的にも窮地に陥り、いろんな所から追い詰められ、子供にも意見され、私の中の全てが崩れてしまった。
 それでも、
「やり遂げねばならぬ」
 として、無理を承知でここまでやって来た。
 そして、何度も何度も天に向かって
「私はやり遂げたぞ! 」
「私はやり遂げたぞ! 」
 と叫んでいる。

○隣の新井さんの娘さんに第三子誕生、と10月8日に知った。

10月7日(金)、昨夜からの続き「道は切り開かれる」

天照皇大御神様は、王仁三郎の絵の姿の状況になられている

実加の涙目、現実が厳しいには厳しい

室戸岬にある筒状の管がドッキング

同級生 sen さんの誕生日

 日が開けて、
「私はやり遂げたぞ! 」
 という私の叫び声が天に届いたらしく、天で協議が始まった。
「道は切り開かれる」
 という声が降りてきた。

 天照皇大御神様は、私の中に立ちながらも王仁三郎の絵の姿の状況になられている。

天照皇大御神様

○ 実加の涙目。

 現実が厳しいには厳しい。
 2つの携帯代。

○ 願いが叶うリスト。

 http://ameblo.jp/premica/entry-12084605277.html
 私の人生を表す歌は「君が代」だった。

○ 女房を迎えに行く前の夢。

 自分の世界に「ある筒状の管」が接続されてきた。
 これをみて、室戸岬に「ある筒状の管」がドッキングされてきたのだと思った。
「室戸」は「何かの戸」になっているのかもしれない。
 ひょっとすると、宇宙からの「音」の流入口になっているのではあるまいか?
 このドッキングしてくる「筒状の管」を監視しようと防毒マスクを着用した人物が立っている。
 この人物、青年(展地か?)に見える。

防毒マスクを着用した青年

10月8日(土)、阿蘇山の中岳(1,506m)が36年ぶりに噴火

朝の夢「室戸にエネルギーが溜まっている」

日本を知る会、sen さんに会う

実加がゴンリンとお出かけ泊まり?

西田さん、本日に退院

 10月8日(土)午前1時46分、熊本県・阿蘇山の中岳(標高1506メートル)第1火口で爆発的噴火が発生した。
 気象庁は噴火速報と火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。
 火口から約2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けている。
 気象庁によると、同火口での爆発的噴火は1980年1月以来、36年ぶり。
 噴煙は天候不良のため地上からは観測できないが、気象衛星で高さ1万1000メートルの高さまで上がっているのを確認した。
 この噴火により1キロを超える広い範囲に噴石が飛散した可能性がある。

○ 朝の夢。

 室戸にエネルギーが非常に溜まっている。
 昨日の防毒マスクにも似ている。

室戸にエネルギーが溜まっている

○ 日本を知る会が始まる直前に、北町の方から電話があった。
「中古車を扱っていますか?」
 という問い合わせだった。
 すぐさま、お隣の新井さんに娘さんに電話。

 すると、10月6日(木)に子供が生まれた、とうことを聞かされた。

スターウォーズ ○ 日本を知る会で、sen さんに会う。
 日本を知る会の帰り、高野台駅から自宅に歩いているとき、9月24日(土)に室戸岬でみた「C-3PO」が現れて、
「あなたは偉大だ」
 と称えてくれる。
 9月27日(火)に神様に
「そなたたちが讃えられることを願う」
 と願っていただいている。

○ 実加がゴンリンとお出かけ泊まり?

 で、どうなった。

○ 西田さん、本日に順天堂大学病院を退院。

10月9日(日)、Mikaが朝帰り?

 Mikaが朝帰り?
 で、すぐにまた出かける?

10月10日(月)、魚谷さんから「御神石」と「御神水」の到着

淡路島の神戸淡路鳴門自動車道、5台の事故で10人搬送

アメリカ大統領選、第二回目のテレビ討論会

 魚谷さんから「御神石」と「御神水」の到着。
「佳の舞」も入っていた。

 嬉しい!

 2016年10月1日(土)の天照大御神様の降臨が、この世への着床と捉えることが出来るとしたら、着床に10日かかるだろう。

 2016年10月1日(土)から10日後とは、本日の2016年10月10日(月)のことだ。

 波のリズムの18日後は、2016年10月18日(火)
 体温の36日後は、2016年11月6日(日)
 脈拍の72日後は、2016年12月12日(月)
 血圧の144日後は、2017年2月22日(水)
 288日(10月10日)後は、2017年7月15日(土)になる。

○ 淡路島の神戸淡路鳴門自動車道、5台の事故で10人搬送 。

 10日午前5時20分ごろ、兵庫県洲本市の神戸淡路鳴門自動車道上り線で、軽乗用車やライトバンなど計5台が絡む多重衝突事故があった。
 消防などによると、30〜70代の男女10人が負傷して救急搬送されたが、全員命に別条はないという。
 県警高速隊によると、現場は片側2車線の直線道路。
 軽乗用車にライトバンが追突し、避けようとした後続の乗用車が横転するなどしたという。
 この事故で、洲本―津名一宮インターチェンジ間の上り線が通行止めになったが、午前8時40分ごろに解除された。

○ アメリカ大統領選、第2回テレビ討論会。

 米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(68)と共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)による第2回テレビ討論会が9日、中西部ミズーリ州セントルイスの大学で始まった。

○ 魚谷さんへ礼状(手紙)作成。

 当日中に終わらず、日が変わった。

10月11日(火)、魚谷さんへの礼状(手紙)作成

天照大御神「あなたは偉大な方です」

黒い魔女風のアロン(?)、ネズミ役のピーター・ペティグリュー

咎人(とがびと)の白い服を着た sen さん

 日が変わって、魚谷さんへの礼状(手紙)が完成。
 天照大御神様の御神影が現れて、
「あなたは偉大な方です」
 と讃えてくださる。

 9月27日(火)に天之大神様に

「そなたたちが讃えられることを願う」
 と願っていただけたからだろう。

天照大御神様の御神影

○ 朝目覚めるとき、天照大御神様の御神影が現れて、

「目覚めてください、偉大な方よ」
 と呼びかけられ、目覚めた。
 7時に、魚谷さんへFAX送信。
 sen さんへも手紙を書いて、魚谷さんの「佳の舞」と一緒に発送。

○ 黒い魔女風のアロン(?)が久しぶり、に現れて

「偉大な方よ!私はどうなるのです?」
 と狼狽えながら尋ねてくる
 私、
「ここまできたら、天之大神の前に出ていくしかないよ」

 と告げると、シュ〜っと萎んでいくかのようだった。

あいう ○ 次、ハリーポッターのネズミ役のピーター・ペティグリューが現れてきて
「わが君よ!私たちもお救いください」
 と願ってくる。
 それに対して、
「モーゼの書に記載されている者たちには救いが約束されているよ」
「モーゼの書に記載されていない者たちは、天之大神の前に進み出ていく必要があるよ」
「そして、自分に相応しいところへ自分で歩んでいくんだよ」
「全ての人に救いは約束されているよ」

○ 次、咎人(とがびと)の白い服を着た sen さん、

 腰ひもに縄が掛けられて宙に吊り上げられている。
 この映像、何度か見ている。
 宙に吊り上げられた女の人の姿には満足感が漂っているように見える。

10月12日(水)、光宮(みや)の病院

岡山の方から椅子についての問い合わせ

東京電力の新座中継所で火事

 10時30分から光宮(みや)の病院。

○ 12時前に、岡山の方から椅子についての問い合わせの電話。

 月の光をみての問い合わせだった。

○ 東京電力の新座中継所で火事。

 35年使用してきたケーブルが発火。
 かなり広範囲に停電が発生したが、我が家は無事だった。
 不思議なことだ。

10月13日(木)、朝の歯磨きのとき、私に重なって天照皇大御神様

お隣の新井さんの引っ越し準備「明日引っ越し」

心の神様「ドカン!と来るぞ!」「ビックリするぞ!」

 朝の歯磨きのとき、私に重なって天照皇大御神様が見える。
 今までの自分と違ってきたのかもしれない。

○ お隣の新井さんは、朝から荷造りをしている。

 荷造りが終わって、
「明日引っ越します」
 と夕方にご挨拶に来られた。
 深大寺に住んでいる娘さんの近くに引っ越すのだという。
 我々の3か月前に引っ越してきたというから1999年12月ごろに来られたのだ。
 我々は2000(平成12)年2月から引っ越し作業に入った。

 時の配置が変わったのをここでも知る。

○ 西友の駐車場で女房を待っているとき、久しぶりに心の神様の声、

「ドカン!と来るぞ!」
「ビックリするぞ!」

10月14日(金)、お隣の新井さんの引っ越し

「御神水は九頭龍の場所?」「天照大神の御神水、広島はどう?」

 お隣の新井さんの引っ越しを受けて、時の変遷を感じる。
 我々がこのマンションに越してきたのは美穂が生まれた年の2000(平成12)年だった。

○ 「あめつちのおおかみ」

 と心の神様が言われる。
「ひふみよいむなやここのたり、
 は天照大御神の戦いの合図なんだよ」
 天照大御神様が最初に降りられた御神水は、九頭龍の場所に置きたいがどうだろう?
「九頭龍が寂しがるよ」
「天照大神様の御神水は、広島は?」

10月15日(土)、天之大神「そなたが活動しやすいように配置換えじゃ」

 朝お風呂に入っている時、大神の声、
「そなたが活動しやすいように配置換えじゃ」
 小さい粒粒状の気体(大気)が急速に動き立体化していく。
 バラバラなルービックキューブが整っていくかのように、透明で綺麗な建造物が現れてきた。
 この建造物の端は鋭く尖がっており、鋭利だ。
 線と面が非常に美しく組み合わされた建造物だ。
 非常に美しいが、その分、危険だ。
 慣れている者たちに美しい。
 慣れていない者にとっては危険だ。
 動きが透明で透けて見えるような状態。
 非常に美しい。
 線と面が非常に美しく組み合わされた状態だからこそ、曲線や曲面の美しさが現れてくるのだろ。

10月16日(日)、牡羊座の満月、

天皇陛下「2018(平成30)年に大嘗祭(だいじょうさい)を行いたい」

 産経ニュースから。
 2010(平成22)年7月22日(木)夜。
 皇室に関する重要事項などについて、陛下の相談役を務める当時の宮内庁参与3人が皇居・御所の応接室に集められた。
 いわゆる参与会議といわれる場だ。
 天皇、皇后両陛下のほか、宮内庁の事務方トップの長官、側近トップの侍従長も顔をそろえていた。
 会議関係者によると、いつもの通り「座長役」を務めた陛下が、おもむろにこう切り出された。
「近い将来、健康上の問題が起きる前に『譲位』ということを考えたい」
 2016年8月8日(月)のお気持ち表明当日、当時の風岡典之長官は
「5、6年前から折に触れ、長官らに『象徴としての務めを果たすことが困難になった場合、象徴の務めについてどのように考えればいいのか』と話されてきた」
 と説明していた。

○ ヤフーニュース(産経新聞)から

 天皇陛下の「お気持ち」ご表明を受け、政府は、
 天皇陛下から皇太子さまへの皇位継承に伴う重要な儀礼である「大嘗祭(だいじょうさい)」を2018(平成30)年11月に執り行う方向
 ・・・で検討に入った。
 準備に1年近くかかるため、来年(平成29年)の通常国会で皇室典範改正を含む法整備を行わねば間に合わなくなる。
 10月17日(月)に始まる有識者会議でも論点の一つとなる見通し。
 天皇陛下は2016年8月8日(月)に公表された「お気持ち」のビデオメッセージで
「2年後には平成30年を迎えます」
 などと語り、在位30年を節目としての「生前退位」をにじませられた。
 退位に伴う皇太子さまへの皇位継承でもっとも重要となる大嘗祭は、天皇が即位後初めて行う新嘗祭を指す。
 その中心的儀礼である「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」では、天皇が「悠紀殿(ゆきでん)」と「主基殿(すきでん)」で自ら新穀を供え、神々とともに食し、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝するとともに、国家・国民の安寧(あんねい)を祈念する。
 これにより「神格」を得て完全な天皇になるとされる。
 この前に行われる「即位の礼」は、皇位継承を内外に示す国事行為で、外国王室の戴冠(たいかん)式にあたる。
 大嘗祭の時期は、戦前に皇位継承に関する法令を定めた「登極令」(昭和22年廃止)に「即位ノ礼及大嘗祭ハ秋冬ノ間ニ於テ之ヲ行フ」とある。
 天皇陛下が平成2年11月22、23両日に大嘗祭を執り行った際も登極令を踏襲された。

○満月 10月16日(日) 13:23 牡羊座

○ クフ王のピラミッド、隠れた空間あった 〜 日本の技術で確認
 「ミュー粒子」使い探索に成功
 エジプトで日本の最新デジタル技術を活用しピラミッドの内部構造を調べている研究チームは10月15日(土)、首都カイロ近郊ギザにあるクフ王のピラミッドに、隠れた空間が存在することを確認したと発表した。
 未解明な部分の多いピラミッドの構造解明に向け期待が高まっている。
 チームには名古屋大の研究者らのほか、エジプトやフランスの専門家が参加した。
 調査は2015年に開始。
 ピラミッドを破壊せずに内部の様子を探る試みで、宇宙線から生じ、厚さ数キロの岩盤を突き抜けるほど、物を通り抜けやすい性質を持つ「ミュー粒子」を利用した。

10月17日(月)、生前譲位の有識者会議きょう初会合

数本の稲穂が垂れる映像と、黒っぽく変色している稲穂

 生前退位の有識者会議きょう初会合〜提言に向け検討本格化。
「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」
 初会合には、
 安倍総理大臣、
 菅官房長官のほかに、
 経団連の今井敬名誉会長、
 東京大学の御厨貴名誉教授
 慶應義塾の清家篤塾長、
 東大の山内昌之名誉教授。
 上智大大学院の小幡純子教授、
 元NHKキャスターの千葉商科大教授(国際政治学)宮崎緑。
 ・・・合わせて6人が出席しました。

○ 女房の買物を待っているときの白日夢。

 自分の胸に空洞が出来、そこから数本の稲穂が垂れてきていた。
 これを見ながら
「いい映像だ」
 と思っている自分がいる。
 そして、稲穂の映像の奥の方をみると、黒っぽい稲穂もあって立ち枯れしそうになっている。
 実って喜ばれる稲穂と、黒っぽく変色している稲穂。
 どういう映像だろうか?
 この時間は、生前退位に係る有識者会議が開催されている時間だ。

 魚谷さん(10月31日) 10月17日ひとみ イシス シオンの岡の青竜を解放せよ

10月18日(火)、朝の夢、天照大御神様「まとめあげてください」

「三十年で世の立替」の分岐点、2018年(父母)と2025年(子の立場)

カーナビの液晶が表示されてこない〜仕事にいけないじゃないか

御神水は山形の御先祖のところに持っていくべきだ

 朝の夢。
 御神影の天照大御神様が、呼びかけてくれる、
「あなたしかできる人がいません」
「まとめあげてください」

 夢の中で「君が代」の歌のことだと思った。

『ひふみ神示』のいう「三十年」というまとまりには2つある。
 1989(平成元)年からカウントする「三十年」と1995(平成7)年からカウントする「三十年」だ。
 天皇陛下は、父母の立場から1989(平成元)年から動き、この世の末を2018(平成30)年として号令を掛けられた。
 私は子の立場として1995(平成7)年から動いたので、この世の末を2025(平成37)年と願い出ることもできるらしい。
 2018(平成30)年の「三十年」は、父母の立場からの動きだ。

 2025(平成37)年は、子の立場からの動きだ。

『ひふみ神示』第13巻 雨の巻 / ( アメのキ)  第五帖
「三十年一切(ひときり)ぞ、ひふみ肚に入れよ」

『ひふみ神示』第29巻 秋の巻 第一帖

「三十年で世の立替いたすぞ。」

 実加を学校まで送りながら朝の夢を考えていた。

「動くにしても経済が成り立たなければ動きようがないな」
「天照大御神様からの要請でも動ききれないな」
 と思って車を運転していると心の神様に似た青年の声(展地?)で
「断っちゃだめだよ」
 と語りかけてくれる。

 7時過ぎに、自宅に戻り女房のその話をすると、

「生活できようができまいが、全て受け止めてやってみればいいじゃない」
「やろうとしても、経済が整っていなければできないんだから、それは神様がやる必要性を感じていないことだったのよ」

 簡単に考えようということだった。

 8時過ぎ、妻と展地を送って行こうとすると、カーナビが動かなくなってしまっている。

 カーナビが動かないと仕事にいけないじゃないか!?

○ 午前中に整理して、
「天照大御神様の意向に沿って動く」
 と決めた。
 昼前に仕事にいくために車に乗り込むとカーナビが動いていた。
 天照大御神様の意向に沿って動かなければ、おそらくカーナビが動かず、これからの仕事に支障をきたしたものらしい。
 どうやら仕事の内容が変わって行く気がする。

 『ひふみ神示』のいう「30年」の区切り方の問題だ。

 平成元年から区切るか、それとも平成7年から区切るかの問題だ。

○ 夜、光が丘のダイソーに買い物に行ってお店から戻るときの直感、

「天照大御神様の御神水は山形の御先祖のところに持っていくべきだ」
 そういう直感が湧き上がってくる。
 その上でこれからの運動を組み上げるべきだ。

2016年10月1日(土)の天照大御神様の降臨。

 天照大御神様の降臨が、この世への着床と捉えることが出来るとしたら・・
 着床に10日かかるとしたら、10日後とは、2016年10月10日(月)のことだ。
 波のリズムの18日後は、2016年10月18日(火)
 体温の36日後は、2016年11月6日(日)
 脈拍の72日後は、2016年12月12日(月)
 血圧の144日後は、2017年2月22日(水)
 288日(10月10日)後は、2017年7月15日(土)になる。

10月19日(水)、朝の白日夢「縦に波状のギザギザのある鉄扉が開かれる」

魚谷さんへ手紙を書き始める、御神影の注文

 朝、女房を送っている時の白日夢。
 鉄製の縦に波状のギザギザのある扉が急に現れて、
「ガシャン!ガシャン!」
 と大きな音を立てて開かれていった。
 開かれた先をみてみると、明るい舞台になっているようだ。
 午前中にその他の扉も開かれていっているようだ。
 上空からよく観察してみると、舞台の中央に何かしらのモノが据えられてて、そのモノの扉が開かれていっているようだ。
 この白日夢、間もなく現実化しそうな夢らしい。

あいう

○ 魚谷さんへ手紙、着手。

 御神影の注文(5枚)。

10月20日(木)、光宮(みや)の14歳の誕生日

魚谷さんへ手紙の推敲をして午前中に発送

10時からアメリカ大統領選の第三回テレビ討論会

 光宮(みや)の14歳の誕生日。

○ 魚谷さんへ手紙の推敲をして午前中に発送。

 御神影も同封されている。

○ 日本時間の10時(現地時間10月19日)からアメリカ大統領選の第三回テレビ討論会。

10月21日(金)、朝に御神前のお掃除、御神石と御神水

歯の治療中に実加から電話「第三病院で治療」

午後2時7分ごろ、鳥取で震度6強の地震

アメリカの米海軍が、4回目の「航行の自由作戦」を実行

 朝に御神前のお掃除。
 魚谷さんから頂戴した御神石と御神水を中心に祀りかえた。

○ 歯の治療中に実加から電話。

「歯が痛くて第三病院で治療している」
 面白いタイミングの電話だ。

○ 鳥取で震度6強の地震。

 10月21日(金)午後2時7分ごろ、鳥取県中部を震源とするマグニチュード6.6の地震が発生。
 鳥取県倉吉市、湯梨浜町、北栄町で震度6弱を記録したのをはじめ、九州地方から関東地方の広範囲で揺れが観測された。

○ アメリカの米海軍が、4回目の「航行の自由作戦」を実行。

 10月21日(金)はスカボロ―礁の領有権をめぐって中国と争うフィリピンのドゥテルテ大統領が、北京を訪問している最中だった。  4回目の「航行の自由作戦」は、初めて第3艦隊の指揮下で行われた。

 過去の航行の自由作戦。

 第一回目、2015年10月27日(火)
 第二回目、1月30日(土)
 第三回目、5月10日(火)
 第四回目、10月21日(金)

10月22日(土)、君が代の調査

夕方に御神影が魚谷さんのところに到着

 君が代を調べた。
 http://tukinohikari.jp/kimigayo/index.html

○ 夕方に御神影が魚谷さんのところに到着。

10月23日(日)、記念式典のイメージ

衆議院選挙の補選の結果は自民党の圧勝

 記念式典のイメージ。

 洲本市文化体育館。
 大ホール  午前・午後 66,000円。
 文化ホール 午前・午後 41,000円。
 夜は懇親会 ホテルニューアワジ 5,000円。

○ 衆議院選挙の補選の結果は自民党の圧勝。

 福岡6区、鳩山邦夫氏の死去。
 東京10区、小池百合子氏の失職。

10月24日(月)、世界各国で公演会「ソーラン節、かごめ、君が代」の開催

朴大統領、「親友」に閣議資料を手渡したという疑惑が報道される

 世界各国で公演会「ソーラン節、かごめ、君が代」の開催のイメージ。

○ 朴大統領、「親友」に閣議資料を手渡したという疑惑が報道される。

 韓国中央日報傘下のケーブルテレビ局であるJTBCテレビは10月24日(月)夜、朴槿恵大統領の演説草稿や閣議資料のファイル44点が、演説や閣議の開始前に、朴氏の「親友」とみられる女性に提供されていたことが分かったと報じた。

10月25日(火)、和光市で光宮(みや)の中2の合唱コン

中2の合唱コンでの白日夢「左側に巨大な岩戸」

朴大統領、「親友」に閣議資料を手渡したことに対して謝罪

自民総裁任期「3期9年」決着 安倍首相3選に道

 和光市で光宮(みや)の中2の合唱コン。
 2年生の合唱が始まる前の白日夢。
 左側に泥(穢れの塊?)の巨大な岩壁が現れて、左側に光宮(みや)が開けようといている。
 10月19日(水)に見た「鉄扉」のイメージにつづくものだろうか?

○ 朴大統領、「親友」に閣議資料を手渡したことに対して謝罪。

 韓国中央日報傘下のケーブルテレビ局であるJTBCテレビは10月24日(月)夜、朴槿恵大統領の演説草稿や閣議資料のファイル44点が、演説や閣議の開始前に、朴氏の「親友」とみられる女性に提供されていたことが分かったと報じた。
 JTBCの報道によれば、漏洩した資料の中には、国家安全保障に関わる資料や大統領の演説原稿、スケジュールなども含まれており、事態の深刻さから報道の翌日10月25日(火)には大統領自らが国民に向けて謝罪した。

○ 自民党、党総裁任期を現行の「連続2期6年」から「連続3期9年」。

 自民党は10月25日(火)、党総裁任期を現行の「連続2期6年」から「連続3期9年」に延長する方針を固めた。
 10月26日(水)に開く自民党・政治制度改革実行本部(本部長・高村正彦副総裁)の役員会と全体会議に提示する。
 会議では反対論は広がらない見通しで、了承される方向だ。

○ 自宅に戻ってからの白日夢、

「星がいっぱいある雲が足元から布団のように流れてくる」映像。
 すぐに声が届いてきた。
「そなたを救うためのものじゃ」
 天之大神の声だ。

○ 夜、日本橋から電話。

 FBAキャッチをどうする。

10月26日(水)、実加を送って行くときの声「引き継ぎ完了」

自民総裁任期「3期9年」決着 安倍首相3選に道

 先週の月曜日(10月17日)から実習のために車で国領まで送っていっている。
 朝家を出て、笹目通りを南下しはじめると
引き継ぎ完了
 と清らかな声で告げられた。
 その声を聞いて、
ようやく整ったか
 と安堵の声を発している自分がいる。
 この声は「心の私」の声だ。
 最近「心の私」の声を聞く頻度が増しているような気がする。

 これまでの扉のイメージや星のイメージに続くものだろうか?

 10月19日(水)に見た「ギザギザの鉄扉」が開くイメージ。
 10月25日(火)の中2の合唱コンでの白日夢「左側に巨大な岩戸」。
 10月25日(火)「星がいっぱいある雲が足元から布団のように流れてくる」映像。

○ 自民総裁任期「3期9年」決着 安倍首相3選に道。

 10月26日(水)に開く自民党・政治制度改革実行本部(本部長・高村正彦副総裁)の役員会と全体会議で、党総裁任期を現行の「連続2期6年」から「連続3期9年」に延長されるいことになった。

 党総務会を経て、2017年3月の党大会で党則を改正する

(※)現在の自民党総裁の任期は、「2期6年」なので、安倍総理の自民総裁の任期は2018年9月までだ。
 (就任が2012年9月26日
 そのため、「2期6年を3期9年」に改正して、2021年9月まで延長し、東京オリンピックを成功させ、」改憲への道筋をつけるべきだという意見が出されている。
(※)2013年9月8日、アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会総会で、2020年の夏期オリンピックの東京開催が決まったが、その時に招致スピーチを行ったのが安倍晋三総理大臣。
 この時の東京都知事は石原慎太郎氏(副知事が猪瀬直樹氏)。

10月27日(木)、成田の家の仏壇「成田の家を再興せよ」

三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下、薨去(こうきょ)

昼ごろから、右の頂上の頭が痛い

 朝の夢。
 君が代を考えているおかげで君が代の歌を聞きながらの夢の場面になった。
 山形の仏壇が現れてきた。
 仏壇の前には、広い食テーブルがある。
 一つだけローソクが灯され、残りは煙が燻っている。
 そこで声がした。
「成田の家を再興せよ」
 そういう凛とした声だ。
 夢の声の通り、再興で来たらすばらしいことだ。

あいう

○ 大正天皇の第4皇男子で、天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が入院していた東京都中央区の聖路加国際病院で午前8時34分、東京都中央区の聖路加国際病院で薨去(こうきょ)された。
 昭和天皇の弟に当たられる。
 1915年(大正4年)12月2日生まれ。
 100歳で、皇位継承順位は第5位であられた。三笠宮さまの薨去により、皇室は19方、皇位継承資格者は4方となった。

 昨日の10月26日(水)朝、実加を送っていっているとき、

引き継ぎ完了
 と清らかな声で告げられていた。
 おそらく三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下の状態に関わるメッセージだったのだろう。
 それで今朝の成田の家の仏壇の映像になる。
 どういう脈絡になっているのだろうか?

○ 昼ごろから、右の頂上の頭が痛い

 頭皮と頭蓋骨の境辺り。
 急に痛み出した。

10月28日(金)、いろんな夢「心の御柱に大神の杖を重ねる」

鳳凰の尻尾が両側に開かれて黄金の舞台へ続く

目覚めるときは八咫烏の映像だった、白井さんからメッセージ

 いろんな夢を立て続けにみた。
 伊勢神宮内宮の「心の御柱」を開き、天之大神の杖を重ねる夢。

 キジに似た孔雀に似た鳳凰の尻尾が両側に開かれて、黄金の舞台が現れてくる夢。

あいう  目覚めるときは、八咫烏の映像だった。
 目覚めても私の心臓の位置におられる。
 早朝に、白井さんからメッセージが届いていた。
 ということは、白井さんが八咫烏の流れの方だということだ。

10月29日(土)、朝の夢「仏壇の前の最後のローソクが消えた」

チョロ風の人物が剣を持った女の戦士に「お前まで私を裏切るのか」

 3時に起きて洲本市の文書を書いているのだが、右の頭が痛い。
 女房も起きてきて、胃のあたりがムカムカするという。
 しばらくして、また休んだ。
 朝の6時過ぎの朝の夢。
 10月27日(木)に見た仏壇とローソクの映像がパッと現れてきて、最後のローソクの火が消えた。

あいう

あいう  その瞬間に、「風の谷のナウシカ」の敵役の女将軍「クシャナ」が現れてきて、「大王四神記」のチョロ(カンミ城の城主)風の人物に
「剣を取って争うのに疲れたよ」
 と戦うのを止める宣言をした。
 チョロ(カンミ城の城主)風の人物は女将軍に向かって
「おのれ、お前も私を裏切るのか」

 と言葉を発した。

あいう  この言葉は、2015(平成27)年2月20日(金)に聞いた、
「おのれ、○シファー、裏切るつもりか」

 という言葉に続くものかもしれない。

 この時のこの言葉は、中国問題の第一人者、マイケル・ピルズベリー氏(ハドソン研究所中国戦略センター長)の
『100年マラソン--超大国・米国に取って代わる中国の秘密戦略』
(The Hundred-Year Marathon : China’s Secret strategy to Replace America as the Global Superpower)
 ・・・が2015年2月に発行されていて、この著作の発行から、アメリカの中国に対する見方が全く異なるものになってきた、ということに対応していた。

 アメリカの航行の自由作戦はこの年2015年から始まった。

 第一回目、2015年10月27日(火)
 第二回目、2016年1月30日(土)
 第三回目、2016年5月10日(火)
 第四回目、2016年10月21日(金)

(※)上の夢の場面は、韓国の深層意識を反映しているのだろうか?

 燻っている煙は、朴槿恵(パク・クネ)第18代大統領の時代の事件としてみて、最後のローソクが、現在のスキャンダルなのではないか?
 2013年2月25日、朴 槿恵(パク・クネ)第18代大統領に就任。
 2014年4月16日、大韓民国の大型旅客船「セウォル(世越)」転覆事件。
 2014年8月7日、産経新聞のウェブサイト韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件。
 2014年12月5日、大韓航空ナッツリターン事件。
 2015年5月から、韓国で、MERS(マーズ)がパンデミックに発展しつつある。
  旅行業に大打撃。
 2016年8月31日、韓進海運は日本の会社更生法に相当する「法定管理」を裁判所に申請して破綻した。
 2016年8月17日から発売された新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」で発火事故が相次ぎ、発売開始からわずか2か月で販売・生産打ち切りに追い込まれた。

○ 日本シリーズで広島が破れ、日本ハムの日本一で終了。

 ここでも、火が消えた。

10月30日(日)、10時30分ごろ新井さんの婿さんが来てくれる

「杖を掲げて、天之御中主神にそなたの状況を伝えよ」

聖墳墓教会「キリストの墓」の大理石の厚板を3日間にわたって取り外し

 10時30分ごろ新井さんの婿さんが来てくれる。
 車を持っていったので、新井さんもこれで区切りがついたな。
 婿さんから
「北町の方の車は買い取った」
 という報告を受け取った。

○ 午後、新井さんの姿がチラチラしている時、神様が次のように言われる、

「杖を掲げて、天之御中主神にそなたの状況を伝えよ」
 隣に光宮(みや)が風邪で横になっているなかで、右腕を上げ祈った。

 まるで韓国の経済状況のようだ。

 IMFによる韓国救済は、1997年12月3日、韓国が通貨危機(国家破綻の危機)を経験し、国際通貨基金 (IMF) からの資金支援の覚書を締結した事件である。
 2001年 8月23日、IMF支援体制からの脱却(195億ドルを全額返済)

○ 「キリストの墓」の大理石の厚板を3日間にわたって取り外した。

【10月30日 エルサレム】
 エルサレム旧市街の聖墳墓教会(Church of the Holy Sepulchre)にある「キリストの墓」の大理石板が、修復作業の専門家によって少なくとも2世紀ぶりに開かれた。
 AFPのカメラマン、ガリ・ティボン(Gali Tibbon)は修復作業の一部に立ち合い、紀元後33年頃にキリストの遺体が安置されたとされる岩窟の上に建てられたこの教会で撮影を行った。
 現場の専門家らがAFPに語ったところによると、修復作業と考古学調査の一環で、キリスト教の聖地であるこの場所の大理石の厚板を3日間にわたって取り外した状態にした。
 教会関係者によると、厚板を動かしたのは、火災を受けて1810年以前に行われた前回の修復作業以来という。
 キリストは岩窟に葬られた後に復活したとされる。
 この岩窟の上には19世紀に聖堂が建てられ、毎日大勢の観光客や巡礼者が訪れている。
 修復プロジェクトは来年3月の復活祭頃に完了する予定。見学や礼拝は可能だが、装飾が施された聖堂の周囲には足場が組まれている。

10月31日(月)、新月、朝「天之御中主神様・・」展地

9時30分に魚谷さんに電話「来年5月14日のイスラエル建国記念日」

有識者会議が実施する専門家16人のヒアリング日程が決まる

韓国検察、崔順実氏を逮捕

日本橋で新月の会、安成さん「自分のやるべき課題をやり終えた」

 新月。02:39。

○ 昨日の続き、朝も天之御中主神様に呼びかけていた、

「天之御中主神様・・」
 すると、玄関のドアが開いた。
 5時過ぎの展地の朝帰りだった。
 タイミングはバッチリだった。

○ 9時30分に魚谷さんに電話、

「来年5月14日のイスラエル建国記念日とユダヤ遺跡発掘記念」の件。

○ 有識者会議が実施する専門家16人のヒアリング日程が決まる。

 10月31日(月)政府は、天皇陛下が意向を示された譲位への対応などを検討する「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が11月に3回に分けて実施する専門家16人からのヒアリングの詳細日程を発表した。
 7、14両日は皇室制度と歴史、30日は憲法や公法の専門家から意見聴取する。
 日程は次の通り。
(敬称略)

 11月7日(月)第3回会合 皇室制度と歴史。

 平川祐弘(東大名誉教授 比較文学)、
 古川隆久(日大教授 日本近現代史)、
 保阪正康(ノンフィクション作家)、
 大原康男(国学院大名誉教授 宗教行政論)、

 所功(京都産業大名誉教授 日本法制文化史)

 11月14日(月)第4回会合 皇室制度と歴史。

 渡部昇一(上智大名誉教授)、
 岩井克己(ジャーナリスト)、
 笠原英彦(慶大教授)、
 櫻井よしこ(ジャーナリスト)、
 石原信雄(元官房副長官)、
 今谷明(帝京大特任教授)

 11月30日(水)第5回会合 憲法や公法。

 八木秀次(麗沢大教授)、
 百地章(日大教授)、
 大石真(京大大学院教授)、
 高橋和之(東大名誉教授)、
 園部逸夫(元最高裁判事)

○ 【激震・朴政権】

 韓国検察、崔順実氏を逮捕。
 朴槿恵大統領から機密資料提供、国政介入疑惑

○ 日本橋で新月の会。

 佐藤さんの話。
「安成さんは、
『これでようやく自分のやるべき課題をやり終えた』
 と言っていた」
 ここでも区切りがついていた。
 安成さんの話では、
「自分は、ル○ファーの罪深さを背負った一人だ。」
 という趣旨の話をされていた。

11月1日(火)、朝の夢「エレベータで最上階」

韓国海洋警察の警備艇、中国漁船に対し警告射撃

午後の誓い、「君が代」運動は命がけの運動だ。

 朝の夢。
 エレベーターで最上階に着いた。
 すると、30前後の黒縁の眼鏡をかけた30前後の女性が私を待ってくれている。
 これからの予定を示してくれている。
 大きなホテルのスイートルームから外をみると、都会の夜景が綺麗だ。
「ようやく解放された」
 という実感を持つ。

 現実は非常に厳しいものだが・・

 2016年6月27日に、11階の映画館で映画をみて9階のエレベーターまで歩いていく夢を見ているが、その夢と関わりがあるのだろうか?
 糸魚川で地震のあった2016年6月27日の夢。

 私は映画を見ている。

 建物の11階が映画館で上映が始まった。
 映画が終わり、時計は夜の10時前を指している。
 映画館のある11階から9階までは階段を歩いて下っていく。
 9階から電車の留まる改札階まではエレベーターがある。
「終電に間に合うかしら?」
 と言いながら映画館から多くの人たちが出てきて、9階まで下っていく。
 知り合いも同じ映画を見ていて、
「やあ、帰れそうかい?」
 と声をかけた。
 先方は
「大丈夫」
 という身振りをしてくる。

○ 韓国海洋警察の警備艇、中国漁船に対し、M60機関銃で約700発の警告射撃。

【聯合ニュース】
 韓国北西部・仁川(インチョン)沖の黄海で1日午後6時50分頃、違法操業を取り締まっていた韓国海洋警察の警備艇5隻が中国漁船に対し、M60機関銃で約700発の警告射撃を行った。
 韓国海洋警察が違法操業船に銃器を使用したのは初めて。
 韓国海洋警察が中国漁船2隻を拿捕(だほ)した際、周辺にいた中国漁船約30隻から妨害を受けたことに対応する措置。漁船の破損やけが人は確認されていない。
 警告射撃を受けた漁船は約1時間後に逃走した。

○ 午後の誓い、「君が代」運動は命がけの運動だ。

 特に、キッカケになる洲本市の式典がうまく行かないと、全てがうまく行かない。

11月2日(水)、朝の夢「ガチャン!ガチャン!」

「これまでの生き方とこれからの生き方の接続」

「173・・・」神様の救い!

元赤坂の宮邸で、故・三笠宮崇仁(たかひと)さまの通夜が始まる

 朝の夢。
「ガチャン!ガチャン!」
 と太い鋼が横に接続される音がする。
 とても重量感がある音だ。
「そなたのこれまでの生き方と、未来に用意されているこれからの生き方が接続される音じゃ」
 と説明の声がする。

○ 昼ごろ「173・・・」

 という番号が頭の中をちらついてくる。
「もしかして・・」
 とネットを見てみると、ビックリ仰天!
 神様の救いだと思った。
 これで明日、湯島天神に行ける。

○ 元赤坂の宮邸で、故・三笠宮崇仁(たかひと)さまの通夜が始まる。

 故・三笠宮崇仁(たかひと)さまのご遺体が安置された東京・元赤坂の宮邸で2日、通夜が始まった。
 喪主の妻・百合子さま(93)や皇太子ご夫妻、親族らが参列。
 30分ごとに参列者が入れ替わり、三笠宮さまをしのんだ。
 床や壁などを白い布で覆った部屋で、ひつぎの周りには天皇、皇后両陛下から贈られた菓子や果物などが飾られた。
 車いす姿の百合子さまや皇太子ご夫妻が拝礼した。
 これに先立ち、ひつぎを宮邸内の正寝と呼ばれる部屋に移す儀式「正寝移柩(せいしんいきゅう)の儀」が行われ、百合子さまや秋篠宮ご夫妻、皇族方が参列。宮内庁によると、百合子さまは皇族方が拝礼する様子を静かに見守ったという。
 「正寝移柩の儀」の後には、両陛下が宮邸を訪れ、拝礼した。

11月3日(木)、朝に天照大御神様が夢枕に「それでは始めます」

湯島天神の秋の例大祭、講和は伊那市の伊那食品の社長

 朝の夢、天照大御神様が夢枕に立たれ、
「それでは始めます」
 10月18日(火)に、天照大御神様から
「まとめあげてください」
 という要請を受けた事柄の動きが始めるということだと思った。
 これまで、思い悩んだことが現れるのだろう。

 今日は湯島天神の秋の例大祭だ。

 本殿前の広間に伊邪那美命か天照大御神さまが立たれて舞いながら、指示を出されているようだ。
 講和は、伊那市の伊那食品の社長である井上さんだった。

11月4日(金)、天照大御神様に対するドクロ星

朴槿恵大統領「すべての責任をとる覚悟ができている」

三笠宮さまの葬儀に当たる「斂葬(れんそう)の儀」

「そなたのオジが亡くなられたら歯医者を変えよ」

伊那食品と伊那の赤い車、神性の剥がれた天照神が叔父さん

ダマシタ神 + 伊邪那岐命と伊邪那美命の願い = 天照神

「そなたが悟った時点で、あのものの寿命は尽きる」

 ここのところ天照大御神さまと一緒に目覚める。
 今日は2011(平成23)年12月31日(土)2012(平成24)年1月3日(火)に見たドクロ星がオジサンと一緒に浮き上がってきた。  

 どういうことだろうか?

2011(平成23)年12月31日(土)に山形で見たドクロ星。  

 朝の7時に東京を出て、昼の2時前に山形に着いた。

 実家に着いたら、車を留める場所がないほどに雪が積もっている。
 屋根からの雪が落ちて、玄関前に山になっている。
 まず、雪の除去から始めた。
 実加と展地は一人前の仕事を出来るようになった。
 美穂にも手伝ってもらい、光宮(みや)にも手伝ってもらった。
 実に頼もしい。
 幸福感を感じる。  

ドクロ星

○ 夕方、ドクロ星のような陣地が爆発。
 ところが、木っ端微塵に砕けなかったのだ。
 針金のような枠組みがシッカリ残されている。
 このドクロ星の素材は、線宇宙のもので作られているのかしれない。
 水蛭子と淡島を生んでしまったため、こういう形で結実したのかもしれない。
 この枠組みをどうやったら除去できるのだろう。
 これを除去出来なければ元の木阿弥。
 水蛭子と淡島で汲み上げた世界の枠組みがどうしても残ってしまうのだと思った。
 水蛭子と淡島を生み上げるときの「執着」「後悔」がドクロ星の枠組みに刻まれてしまっている。
 ドクロ星の枠組みになったものが、「怒りと憎しみ」に存在根拠を与えてしまったようだ。  

2012年1月3日(火)麻雀で苦しむ夢、大将の軍配が振られドクロ星に攻撃。

 朝の夢。
 25・6歳頃からの若い頃の夢だと思う。
 雀荘にいてゲームを楽しんでいるのだが、あがりきることが出来ず相手の当たり牌を選んで河に捨ててしまっているようだ。
 財布に入っているお札が一枚無くなり、また一枚無くなり、その場を立つことが出来ないでいる。
 苦しみながら目覚めた。
 トイレに立って眠りにつくと場面が変わった。
 大将の軍配が振られた。
「撃て!」
 東の上空に浮かぶドクロ星に向かって一斉に大砲が火を噴いた。
 ドクロ星を自覚したのは、平成23(2011)年12月31日(土)の夕方である。
 平成23(2011)年12月29日(木)に考察したオリオン座を構成するベテルギウスとドクロ星とは深い関わりがあるらしい。
 宇宙におけるドクロ星の一つがベテルギウスだ。

○ いつもの励まし。

 「宇宙的出来事なんだよ」
 「それはすごいことなんだよ」
 「このままじゃ、あなた方もあの世に行っちゃうよ」
 「まずは日々の生活を大切に・・その想念が輪を作っていく」
 「・・お金はやってくるよ・・」

○ 朴槿恵大統領、捜査受け入れ表明、

「すべての責任をとる覚悟ができている」
 韓国の世論調査会社、韓国ギャラップ社が4日発表したところでは、朴槿恵(パククネ)大統領の支持率が5%となった。
 前週調査より12ポイント低い急落ぶりで、政権発足後の最低を更新した。

 一方、不支持率は15ポイント増の89%で同政権で最高となった。

○ 三笠宮さまの葬儀に当たる「斂葬(れんそう)の儀」が、午前10時すぎから東京の豊島岡墓地で始まった。
 先月2016年10月27日(火)に100歳で亡くなられた三笠宮さまの葬儀に当たる「斂葬(れんそう)の儀」が、午前10時すぎから東京の豊島岡墓地で行われた。
 三笠宮さまのひつぎを乗せた車は、宮家の職員らが見送る中、午前9時前に東京の赤坂御用地にある三笠宮邸を出発した。
 そして、皇居前などを通って、東京・文京区の豊島岡墓地に到着すると、葬列は徒歩列に変わり、皇太子ご夫妻や安倍総理大臣など参列者が見守る中をゆっくりと進みました。
 三笠宮さまのひつぎは式場正面に設けられた葬場に安置され、午前10時すぎから告別式に当たる儀式が始まった。  

ドクロ星

○ 12時前に歯医者に向かっている時の白日夢。

 12時前に歯医者に向かっている時、私の左前方の胃のあたりの部分に、ドクロ星が浮いている。
 心の神様が
「変にいじらないように注意してよ」
 と語りかけてくれている。
 どうやら、三笠宮と朴槿恵大統領の動きに関わっているようだ。
 どういうことが行われているのだろうか?

○ 12時に歯医者の治療中に男性のシッカリした声、

「そなたのオジが亡くなられたら歯医者を変えよ」
 という声だった。
 歯科治療し始めて非常に長い。
 出雲に行っていた2014年11月10日(月)の夕食時に、右奥歯の治療跡が壊れた。
 翌年2015年6月15日(月)から治療を開始。
 今年2016年4月8日(金)に右奥下の親不知に強烈な痛みが走ってこちらの治療もすることになった。
 歯がおかしくなってから丸二年なる。
 歯性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん)とは
 副鼻腔と上顎洞だ。
 鼻から入っては、歯性上顎洞には対処できない。
 歯と鼻の関わりだ。

○ 大王四神記のような物語が本当にあるんだ。

 崔順実(チェ・スンシル 〜 1956年6月23日 )。
 1970年代からの朴槿恵に身内の喪失に取り入って、朴の韓国大統領としての権限を悪用して政商行為をしていたため数々の疑惑や不正が明るみに出て物議をかもした。
 故・崔太敏(チェ・テミン)牧師(大韓救国宣教会総裁)は、1974年に在日朝鮮人の文世光によって朴槿恵の母親の陸英修が暗殺されたとき、手紙を送り、
「お母さんはあなたの時代を開くために道を譲った」
 と諭したという。
 それをきっかけに父娘2代、40年以上に及ぶ「相互依存」関係が続いた。
 母親喪失による朴親子の虚をつき、朴槿恵の父親である朴正煕大統領に取り入って利権を貪って財をなした。
 朴槿恵が1970年代にファーストレディ代行をしていた時代に常に朴親子の側にいた故・崔太敏(チェ・テミン)牧師(大韓救国宣教会総裁)の娘が崔順実(チェ・スンシル 〜 1956年6月23日 )だ。
 崔順実(チェ・スンシル 〜 1956年6月23日 )は、1979年に朴正煕大統領が大韓民国中央情報部(KCIA)部長の金載圭に暗殺されて、さらに傷心になっていた朴槿恵と親しくなって40年以上の付き合いがある。
 皮肉なことに金載圭の暗殺の動機の1つが
「崔太敏の疑惑を進言したのにそれを朴正熙大統領が聞き入れなかった」

 ・・・ことだったといわれている。

 2012(平成24)年8月23日(木)に、私は鉄格子のハマッタ部屋に入った。
 中には4名いる。  

 人のように思えるのだが、妖怪のごとく醜く変じている。

(※)安倍晋三氏が2012(平成24)年9月、谷垣の後を受けて総裁就任に就任。
  総理大臣になるのは、2012(平成24)年12月26日である。  

鉄格子の部屋に封じられている4名の夢

 事情を飲み込めないので、調査のために町に行って調べてみよう、ということになった。
 家の外に出ると、部屋の外の部分の窓にも堅牢な鉄格子がハマッテいる。
 車の方に歩いていくと、どういうわけか、アルファードがお祓い所に入っていて、私たちが入れそうにない雰囲気だった。
 そのため、町に歩いて出かけたのだが、私たちを町に行かせないように、追っ手が迫ってくる。
 走って逃げ切れるものではないと悟り、車のところまで戻った。
 車に戻ってみると、アルファードは祓え所の処で4つのタイヤが奪われてしまっていて、身動き取れない状態だった。
 見ていると、4つのタイヤが奪われたアルファードから、2つの足が生えてきて、アルファードは自由に動き回れるようになっていた。
 2つの足は赤い靴をはいている。
 フロントガラスには両目が浮かび、シッカリ動く準備が整っている。
 どうやら、アルファードには乗ることは出来るらしい。
 これが2012(平成24)年9月20日(木)に「伊奈に救われた出来事」として現われたようだ。

 翌日の2012(平成24)年8月24日(金)も白日夢が続いている。

 4人は鉄格子のハマッタ部屋から出ることが出来て、大きな西日が差す方に歩いていった。

 そして、2012(平成24)年8月24日(金)の夕方の映像に続いていく。

 2012(平成24)年8月24日(金)夕食後、地下牢に捉えられている女の白骨化した囚人の前に立ったとき、現実の光宮(みや)が入ってきた。
 たまたま部屋の入り口をみたとき、女の白骨化した囚人の姿と光宮(みや)の顔が重なった。
 白骨化した女の囚人は白衣を着ていて、白い△巾を頭につけている。
 ここで救いの手を出さないと風化して崩れてしまいそうである。
 私は鍵を開けて座敷牢に入った。
 ところが、座敷牢に入ったのは私ばかりでなく、私に重なった王仁三郎の須佐之男命も一緒だった。
 白骨化した女囚人の前で私と王仁三郎の須佐之男命は思案した。
 水をかければ復活すると思ったので、私の涙を取り出し、かけてあげようとすると、天の声、
「それはならぬ、引き上げよ」
 急に座敷牢は、狭いエレベータに変じて、白骨化した女囚人と私と王仁三郎の須佐之男命を乗せて上昇し始めた。

 すぐに続けて、同じような場面の夢をみた。

 いくつも並んだ地下牢に捉えられている無数の囚人たち。
 地下牢の隙間から手を差し出して救いを待っている。
 地下牢の鍵を開けると、一斉に沈静化した。
 その地下牢の奥には、大将と思しき人物が端座している
 白い△巾をつけているがまだ生気がある。

 翌日8月25日(土)に、心の神様から

「出しちゃいけないものを出しちゃった」
困難な状況に引きずり込まれちゃうよ
「対処の方法を考えてみる」

 という助言だった。

 9月20日(木)に、アルファードが光が丘のロータリーで動かなくなった。
 9月22日(土)の勉強会の場所を借りるため、光が丘に行ったのだ。
 「赤い車」に救援要請。
 救援要請したタイミングがバッチリだった、と伊奈はいう。
 この場面が、2012(平成24)年8月23日(木)赤い靴だったようだ。
 自宅に戻って、2012(平成24)年9月20日(木)のことを女房に話した。
 女房に話していると、2012(平成24)年8月23日(木)に見たアルファードから、新しい屈強なタイヤをはいた新車が祓え所の所から出てくる映像が届いた。
が動き始める映像が届いた。
 平成24(2012)年8月23日(木)に見たアルファードは祓え所の処で、4つのタイヤが奪われてしまっていて、身動き取れない状態だったのだ。
 その車はアルファードではないが、中には男の人が乗っているような気がする。

 この場面が2012(平成24)年11月5日(月)の役員会で新車を見た場面に重なる。

 2012(平成24)年11月5日(月)以降システム上に経津主大神がいろんな足跡を残されている。

○ 昨日は湯島天神で伊那食品の井上社長の講和会だった。

 今日、女房を送って行くとき、マンションの前で伊那の赤い車を見ている。
 この共時性には何かある。
 今年の5月連休は天竜川の洩矢神社と藤島社に立ち寄ってから、糸魚川に行っている。
 そして、洩矢神社と藤島社の近くに成田町があるのだ。
 何かを感じ取れと言われているような気がする。

 だからね、感じ取る急所はね、

「神性(伊邪那岐命と伊邪那美命の願い)の剥がれた天照神が叔父さんだ」
 ということになりそうだ。
ダマシタ神 + 伊邪那岐命と伊邪那美命の願い = 天照神
 道の選択のとき、自分の気持ちや御神意を無視するとダマシス神が生じ、「ダマシタ神」として実体化する。
 だから、sen さんも直感的に感じて昨年2015年8月12日(水)日に糸魚川に引き寄せられたのだ。

 そういう結論になりそうだ。

 朴槿恵大統領と高校時代の同級生の関わりもあるが、朴槿恵大統領の背後には崔順実(チェ・スンシル 〜 1956年6月23日 )が隠れていた。
 朴槿恵大統領と高校時代の同級生の両名は牢獄の中に入っていない。

 牢獄のような場所に入っているのは叔父さんだ。

叔父さんが、大将だ。
「神性の剥がれた天照神が叔父さんだ」

 2016年6月11日(土)、伊邪那岐命と伊邪那美命の千引の岩戸開き。

 2016年6月12日(日)、素戔鳴(すさなる)神の岩戸開き。
 2016年6月23日(木)、天照大神の岩戸開き。
 2016年7月24日(日)、天之機屋の機織り機が再稼働。
 2016年7月26日(火) 旧暦6月23日、九頭龍問題にトドメが刺される。
 2016年8月1日(月)、八咫烏と迦具土命が神代の状態を回復。
 2016年8月6日(土)、迦具土命の復活。
 2016年8月8日(月)、天皇陛下が「生前退位」についてお気持ちを表明。
 2016年8月17日(水)、黄泉国開き。
 2016年9月27日(火)日の出から、「おのころの四音」開き始まる。
 2016年10月1日(土)日の出に、「おのころの四音」開き成り、天照大神様が「音」とともにシオン山に降臨。夕方、魚谷佳代さんが弁天池で御神業。
 2016年10月2日(日)夕方、魚谷佳代さんが元井戸で御神業。
  2016年10月16日(日)、天皇陛下の生前譲位の意向を受けて、政府が発表。
          「2018(平成30)年の11月に大嘗祭を行うことで調整」
 こうして、
 2016年10月27日(火)に皇位継承順位5位の三笠宮崇仁(たかひと)さまが逝去されている。

○ 女房を迎えに行く前に、上のことに初めて気づいた。

 女房を待ちながら、
「そなたが悟った時点で、あのものの寿命は尽きる」
 というお話だった。
 叔父さんは、人霊の生まれではなかったのだ。
 神代の昔から「ダマシタ神」の流れでここまで来たのだ。
ダマシタ神」の流れであるからこそ、成田の家の仏壇が大日如来の本源であったのか。
 同い年である母親と叔父さんの奇しき縁だ。

4月8日の親不知の痛みから、千引の岩戸開き・黄泉国開きまでの経緯

 2016年6月30日(木)、天之大神が
「糸魚川の件は決着がついた」
 といわれている。
 2016年7月9日(土)、朝の夢で叔父さんは、私に語りかけてくれる、
「いい人生だった、亨、ありがとう」
「糸魚川も、ありがとう」
 車椅子の背を押してもらいながら、夕日の方に進んでいった。
 左手をあげて私の別れを告げてくる。
 おじさんのこの映像に続いて、黒のバッドマンのような人物も現れてきた。
「今までの件についてはとても感じ入るものがあった」
「天之大神様に拝謁できる機会まで頂戴して感謝申し上げる」
 糸魚川の件は、2016年6月30日(木)2016年7月9日(土)で決着がついている。

11月5日(土)、天照大御神様「それでは始めます。」

「愛と希望の光、この世を満たせ」

天皇、皇后両陛下が、豊島岡墓地の三笠宮さまの墓所を参拝

糸魚川市外波の北陸自動車道の下り線上(親不知IC)に熊

賢一18歳のときの岡田何某から取り下げ通知

 天照大御神様が夢枕に立たれて、
「それでは始めます。」

 と告げられると、次の歌が詠まれてきた

  はじまるぞ、
  愛と希望の光
  この世を満たせ
  はるか永遠の時いたるまで、
  この世を満たせ。
  すばらしきかな、この世の建て替え。
  われら手を取り合って、
  永遠の光に向かって進め。
  時すぎて 人間たち
  我らにすがろうとも、
  われら振り返らず 進め。
  ありがたい ありがたい
  といって進めよ

 1995(平成7)年12月5日(火)に天之大神の御言葉に続いて聞こえてきた歌。

○ 天皇、皇后両陛下が、豊島岡墓地の三笠宮さまの墓所を参拝。

 三笠宮さまの本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」から一夜明けた5日、天皇、皇后両陛下が豊島岡(としまがおか)墓地(東京都文京区)に設けられた三笠宮さまの墓所を参拝された。

 両陛下は、慣例に従って葬儀に参列しなかったため、日を改めて訪問された。

○ 午後14時ごろ、

「新潟県糸魚川市外波の北陸自動車道下り線上に熊がいる」
 と通行していた車の運転手から110番通報があった。
 県警は同3時10分から親不知IC(新潟県)〜朝日IC(富山県)の下り線を通行止めにし、熊を排除しようとしているが、同日午後7時時点で道路上から動いていない。
 県警高速隊によると、熊は足にけがをしている様子だといい、
「熊を排除でき次第、通行止めを解除する」
 としている。
 地元猟友会が同19時半過ぎに射殺。
 同20時15分に通行止めを解除した。
 この事件も今の懸案と同じ時空で起きている。

10月14日(金)付で賢一18歳のときの岡田何某から取り下げ通知が来ていた。

 この日は、お隣の新井さんが引っ越して行った日だ。

 2001(平成13)年9月25日の女子。
 2003(平成15)年5月16日の男子。

 2004(平成16)年9月16日の女子。

 2009(平成21)年8月8-11日、賢一と真由美さんと一緒に白山登山の代わりに第二次天孫降臨の跡を追った。
 2012(平成24)年1月26日 日麻里 生まれる。

11月6日(日)、朝の夢「山形の居間に壊れかかった仏壇」

魚谷さんにファックスの送信「それでは糸魚川に行こう」という声

天照大御神様降臨から36日後〜これは体温という熱の領域だ

 朝の夢。
 どこかの居間にいて仕事をしている。
 夢の中で、夢の自分が急に金縛りになった。
 夢を見ている私は、夢の中にいる私に向かって気を送った。
 夢の中の中にいる私は正気を取り戻した。
 今自分がどこにいるか確認してみると、山形の自宅の居間だ。
 居間の正面をみてみると、位牌が入っていなくて、壊れかかった仏壇が置いてある。
 位牌が置いてあった段の下の底部の板が外れて崩れているし、左側面の板も外れかかっている。
 位牌をお寺のお堂に置きっぱなしなので、古い仏壇がおそらく処分されきらないのだ。
 早く仏壇を求めて先祖供養する必要がある。
 仏壇は小さくとも新規に購入しよう。

 次の夢。

 心は光と音でできているものなので、物事は動くときにしか動かない。
 天照大御神様からの暗示だろう。
 小さなことを積み重ねていくのが一番の近道だ。

 お袋の声

「おめがたは、頑張ってきた」
 この声に重なって美智子妃殿下の映像が現れてくる。

○ 18時40分、魚谷さんにメールを送信し、ファックスを送った。

 すると、心のなかで
「それでは糸魚川に行こう」
 という声がしてきた。
 これは私自身が思った声だという。

○ 惑星「ニビル」の。

 11月6日(日)午後5時20分ごろ、東京・新宿区霞ヶ丘町の明治神宮外苑のイベント会場でジャングルジムの木製の展示物が燃えた。
 燃えた展示物は日本工業大工学部のクラブ「新建築デザイン研究会」が出品。「素(す)の家」と名付けられ、中におがくずを入れてライト(白熱電球)を下から当てていた。
「学校作品展」エリア内にある体験型展示物で、当時も複数人が遊んでいたが健仁ちゃんだけが逃げ遅れたとみられる。
 警視庁は、白熱電球の熱によって、おがくずから出火したとみて調べている。
 この火事で、東京・港区の幼稚園児、佐伯健仁くん(5)が搬送先の病院で死亡が確認されました。
 また、助けようとした健仁くんの44歳の父親と、別の40代の男性が顔にやけどをしましたが、いずれも命に別状はないということです。
 火災現場の近くで作品を出品していた20代の男性は火災が起きたときの状況について、
「燃えたオブジェは学生が作ったもので、すべて木でできていてジャングルジムのように子どもが登って遊べるようになっていた。
 地面には木材のチップのようなものが敷かれていた。
 午後6時ごろ、突然、火があがり、その直後に“中に人がいるぞ”と声があがって、周りの人がオブジェを持ち上げて助け出した様子だった。オレンジ色の炎が高さが6メートルくらいまであがって、煙と熱気もすごかった。
 スタッフが消火器で火を消そうとしていたが、間に合わなかった」
 と話していました。

2016年10月1日(土)の天照大御神様の降臨。

 天照大御神様の降臨が、この世への着床と捉えることが出来るとしたら・・
 着床に10日かかるとしたら、10日後とは、2016年10月10日(月)のことだ。
 波のリズムの18日後は、2016年10月18日(火)
 体温の36日後は、2016年11月6日(日)(熱の領域)。
 脈拍の72日後は、2016年12月12日(月)
 血圧の144日後は、2017年2月22日(水)
 288日(10月10日)後は、2017年7月15日(土)になる。

11月7日(月)、朝の映像「実家から持ってきた遺影の箱から黒っぽい塊」

夕方、糸魚川の叔父さんの幸福感が伝わってくる

首相官邸で有識者会議第三回会合「皇室制度と歴史」

賢一、仕事の帰りに事故

 朝方のイメージ。
 実家から持ってきた遺影の箱から黒っぽい塊が浮き出てくる。
 その背後には、金色(こんじき)のモノで造られたお墓が見える。
 この金色(こんじき)のモノで造られたお墓は、昨日11月6日(日)の壊れかかった仏壇の背後からも現れ出ようとしているようにも見える。

○ 夕方19時ごろ、女房を迎えに行って、それから中野のディスクユニオンに行った。

 女房と話していると、そこはかとなく幸福感が伝わってくる。
 糸魚川の叔父さんの幸福感だと感じ取れた。
 施設の人たちの優しさに接して、頑なだった心の殻が解れてきたんだ。
 何回も何回も生まれては死んで、そうして繰り返されてきた心の殻だ。
 女房にこの話をすると
「お父さんがお店に行っている時、私も叔父さんのことは感じていた」
 という。
 タイミングがアメリカ大統領選挙に関わっているのかもしれない。

11月7日(月)第3回会合「皇室制度と歴史」首相官邸で。

 平川祐弘(東大名誉教授 比較文学)、
 古川隆久(日大教授 日本近現代史)、
 保阪正康(ノンフィクション作家)、
 大原康男(国学院大名誉教授 宗教行政論)、

 所功(京都産業大名誉教授 日本法制文化史)

 保阪氏は「人間的、人道的観点からこの問題を考える必要がある」と述べ、天皇の意向を尊重し、退位の制度を設けるよう求めた。
 所氏も「高齢化のみを理由に決心された高齢譲位の問題提起を真摯(しんし)に受け止める」と賛成する姿勢を示した。
 これに対し、
 平川氏は「退位せずとも高齢化への問題の対処は可能」だとして、皇室典範に規定がある摂政を置いて対応するよう主張した。
 大原氏も「同じ天皇がいつまでもいらっしゃるご存在の継続が国民統合の要となっている」と述べ、退位の制度を設けることに反対した。
 古川氏は「退位は皇位継承の安定性確保のためには避けるべきだ」と指摘しつつ、「国民の意思として認めるなら否定する理由はない」と述べ、世論の支持を前提に容認する考えを示した。

 11月14日(月)第4回会合 皇室制度と歴史。

 渡部昇一(上智大名誉教授)、
 岩井克己(ジャーナリスト)、
 笠原英彦(慶大教授)、
 櫻井よしこ(ジャーナリスト)、
 石原信雄(元官房副長官)、
 今谷明(帝京大特任教授)

 11月30日(水)第5回会合 憲法や公法。

 八木秀次(麗沢大教授)、
 百地章(日大教授)、
 大石真(京大大学院教授)、
 高橋和之(東大名誉教授)、
 園部逸夫(元最高裁判事)

○ 賢一から、11月5日(土)の取り下げの件について電話があった。

「○○○興業にいるときの、命令を取り下げるように裁判所から指導が入ったということだった」
 仕事の帰りに事故。
 要点は、ガソリンスタンドから給油を終えた車が安全確認をせず、路上に出てきたらしい。
 前を走っていたクラウンが急ブレーキをかけて危険を回避。
 その直後を単車で走っていた賢一も急ブレーキをかけ、転倒。
 その勢いで、クラウンに接触してしまった。
 自分の単車のハンドルも曲がってしまった。
 この事故はそれぞれ自分で処理するという解決になったらしい。

11月8日(火)、アメリカ大統領選の最後の運動と投票日

遺影のある箱から叔父さんの生首が現れる、福岡で巨大な穴が開く

叔父さんから抜け出す人物、棒状の霊体「ダマシタ神じゃ」

「八岐大蛇、改心せよ!」「人間に手を出すな!」

 日本の方が16時間進んでいるので、日本時間の今日の早朝までアメリカ大統領選挙の最後の選挙運動が行われた。
 日本時間の夜から投票が始まる。
 選挙は州ごとに争われる。
 最も締め切りの早い米国東部では、日本時間の11月9日(水)午前8時から開票が始まる。
 早ければ日本時間の11月9日(水)昼前後に全容が明らかになり、接戦の場合は夕方以降に新体制が決まると予想される。

○ 昨日、遺影が入っている箱から黒っぽい塊が浮き出てきていたが、今日は叔父さんの顔が出ている

 遺影のある箱から、叔父さんの生首が現れてくると奇妙な感じがする。

○ 福岡県博多区で巨大な穴が開く。

 このあたり一帯は、君が代で歌われている「千代」に関わる「千代の松原」があった場所に近い。
 ここが大成建設の地下鉄工事の影響で巨大な穴が開くことになってしまった。

○ 夜寝るときの映像。
 四肢不自由な叔父さんの体から抜け出てくる人物がいる。
 叔父さんから抜け出したこの人物は、7月28日(木)にみた「武士が着るような白の剣道着のような着衣」を着た人物に似ている。
 叔父さんの体から抜け出した人物は、自分の体にまとわりついた「おじさんという人霊」のマトイを取り払っているかのようだ。
 これで、人霊としての「おじさん」の役目は終えられたようだ。
 叔父さんは四肢不自由であったが、叔父さんの人霊も四肢不自由であって、この人霊の四肢不自由という不自由さがこの人物の自由を奪っていたようだ。
 この人物は、叔父さんの体から抜け出してようやく自由を獲得したようだ。
 自由を獲得したその人物は、叔父さんの体を汚らわしいものをみるような目で見降ろしている。
 さらに、その人物から棒状の物体(霊体)が抜け出てきた。
ダマシタ神じゃ」
 という声がする。
 棒状で思い出すのは、素戔嗚命が「神界を惑わした蛇」と知らせてくれた蛇が絡まっている棒があった。
 その棒に似ているかもしれない。
 疑似の枝にもなるし、線宇宙の隙間に入って、線宇宙の一部にもなれる。

 そういうものなのかもしれない。

 2007年5月23日(水)の高橋さんの売買契約の日の夜の映像。

 夜、棒に絡みついている蛇の映像が見えた。

「神界を惑わした蛇である」
「手を出すでないぞ」
 素盞鳴命のお言葉であった。
 代表かtakahashiさんに絡んでの映像だろうか。

神界を惑わした蛇

 蛇が絡み付いている「棒」に相当する場所が「吉野」であるという。
 〜2012(平成24)年2月14日(火)に心の神様より。

 心の神様に状況を確認しようとすると、心の神様も非常なる御活動。

「八岐大蛇、改心せよ!」
「人間に手を出すな!」
「そこに膝まづき、神に許しを乞え!」
 私の映像に対してご意見を伺えないほどの御活動だ。
 この時間帯、アメリカの大統領選挙の投票が行われている時間帯だ。

11月9日(水)、高橋先生が心臓の手術、光宮(みや)の病院、柿購入

心の神様に似ている声で「トランプだよ」

午前8時からアメリカ大統領選の開票の結果はドナルド・トランプ

叔父さんから抜け出た人物〜拷問や磔の場面

海上に大きな吊り橋、斧で綱を切る人物

出雲の神在月(神在祭)が始まる

 高橋先生が心臓の手術ということで、女房の休み。
 それで今日はたまたま家にいて、アメリカ大統領選挙の報道を見ている。
 10時から、光宮(みや)の順天堂大学病院。
 診察が終わって薬をもらいに行こうとしたとき、陸橋で笹目を超えて降りるとき
「糸魚川に連絡しないと、そなたたちが持たぬぞ」
 と言われたので、イトーヨーカドーに向かった。
 庄内柿がおいてあったら購入するつもりだった。
 イトーヨーカドーに到着すると、まさに庄内柿の箱がたくさん積み重ねてあった。
 2箱購入。

○ 朝の8時からアメリカ大統領選の開票が始まった。

 ヒラリーが勝つんだろうか?
 朝の報道をみていると、心の神様に似ている声で
「トランプだよ」
 という声が聞こえる。

 本当なんだろうか?

○ 最も締め切りの早い米国東部では、日本時間の11月9日(水)午前8時から開票が始まった。
 日本時間の11月9日(水)16時40分ごろドナルド・トランプ氏の当選が確実視された。
 ドナルド・トランプ氏は第45代大統領になる。
 直近の世論調査でリードを許していた民主党候補ヒラリー・クリントン氏を破る大番狂わせ。
 既成の政治勢力を拒否したトランプ氏の予想外の勝利は、金融市場を揺るがすばかりか、米国の各政策の優先順位や米国と世界の関係を根底から変える可能性がある。

 昨夜心の神様が八岐大蛇に向かって呼びかけていた。

 心の神様に状況を確認しようとすると、心の神様も非常なる御活動。
「八岐大蛇、改心せよ!」
「人間に手を出すな!」
「そこに膝まづき、神に許しを乞え!」
 私の映像に対してご意見を伺えないほどの御活動だ。

 この時間帯、アメリカの大統領選挙の投票が行われている時間帯だった。

○ 夕方に大統領選の結果が判明してから、叔父さんに手紙を書こうとすると思いが定まらない。
 11月8日(火)に叔父さんから抜け出した武士風の白の剣道着を着た人物が、拷問の場面をみている。
 両手を縛り、鞭を打っている場面だ。
 十字架に人を吊り下げている場面だ。
 さらに、円状の鍋蓋に多くの人が吊り下げられていて、干し肉にされていうかのような場面だ。
 下に醤油ともタールとも判別付かない液体がおいてあって吊り下げられている人体が下の液体に漬けられていく。
 叔父さんから抜け出したこの人物は、7月28日(木)にみた「武士が着るような白の剣道着のような着衣」を着た人物に似ている。
 7月28日(木)に知ったところでは、
 この人物の象徴するところは、日本のなかにある「自虐・反日」的な考え方だった、
 ということだ。

○ 心の神様からの助言。

「糸魚川の件はホッタラカしにしてみていれば」
「道がかってに開けていくよ」
 という助言だった。
 アメリカ大統領選の結果が出たのを踏まえて、1日だけ状況を見ていてみよう。

○ 心の神様に言われてすぐにみた映像。

 海上に大きな吊り橋が見える。
 場面が変わって、斧をもって大きな綱を切る人物が現れた。
 諏訪の祭りの木下しのような場面だ。
 私のようにもみえるし、国常立尊のようにも見える。
 また、場面が変わった。
 先ほどと同じように斧をもって大きな綱を切る人物が現れた。
 今度は素戔嗚命のようにも見える。

 翌日この場面を心の神様に確認。

 海上の大きな吊り橋は、日本列島でもあり「この世」でもある。
 斧をもった人物とは「彦火火出見尊」ではなかろうか?
 ということであった。

○ 出雲の神在月(神在祭)。

 11月9日(水)の19時から始まる。
 神迎神事(稲佐の浜)・神迎祭(神楽殿)。
 11月16日(水)16時の神等去出祭(仮拝殿)で終了。
 この1週間に出雲に神々が集まっている、とされる。

11月10日(木)、叔父さんに柿の発送、「成田為蔵」

薄れていく拷問・磔・ドクロ星

 昨日購入した庄内柿をどうしようと、思いあぐねていると、女房が、
「柿だけ送ってあげればいいのよ」

 という事だった。

 それで、午後に仕事から帰ってきて荷造りをして発送の準備に入った。

 荷造りをしていると、幸せな気持ちが伝わってくる。

 幼いころに食べたこの庄内柿を食べて、遠い昔を思い出すんだ、と思った。
 同時に、叔父さんのなかから抜け出てきた「武士が着るような白の剣道着のような着衣」を着た人物とは、「成田為蔵」であるという直感がする。
 山形での成田の始まりは、2013(平成25)年12月12日(木)に告げられた「成田為五郎」という方だが、その「為」の一致からその方の子供かもしれない。  川行に来る流れを作られた先祖の方かもしれない。
成田為蔵」という方も、遠い昔に食べた庄内柿の味覚を思い出し、浄化してくれるような気がする。
 この流れは全てにの有識者会議の第三回会合「皇室制度と歴史」が首相官邸で開かれた11月7日(月)の叔父さんのそこはかとない満足感から始まった。

○ 庄内柿を発送し終えた夜の映像。

 11月9日(水)の映像が薄らいでいく。
「両手を縛り、鞭を打っている場面だ。
 十字架に人を吊り下げている場面だ。
 さらに、円状の鍋蓋に多くの人が吊り下げられていて、干し肉にされていうかのような場面だ。
 下に醤油ともタールとも判別付かない液体がおいてあって吊り下げられている人体が下の液体に漬けられていく。 」

11月4日(金)に見たドクロ星も薄れていく。

ドクロ星

11月11日(金)、歯医者に行くとき「今までの歯科医は今日が最後です」

夕方までに、JR博多駅前の道路陥没事故でできた巨大な穴が埋まった

5時過ぎに神DOから電話、柿が到着したのは18時頃だった

女房が仕事で遅い日に、声優の件で渋谷へ

 12時から歯医者だ。
 マンションを出てエレベーターを待っているとき
「今までの歯科医は今日が最後です」
 とある女神(よく聞いてる?)から助言された。
 一週間前の11月4日(金)
「そなたのオジが亡くなられたら歯医者を変えよ」
 という助言と対応するものだ。
 今から2年前の2014(平成26)年11月10日(月)に出雲に金屏風を奉納しに行ったとき、上の右奥歯を破損したのだ。
 それからちょうど2年経った。

 治療中の映像。

 11月7日(月)に叔父さんのそこはかとない幸福感によって解けはじめた鋼鉄のようなもので編みこまれた層があったのだが、この層が解けて液状化し、泥水のように私の治療中の奥歯から出てくる。
 同時に、叔父さんに似ている霊体も抜け出ているかのようだ。
 熱の中で籠の中に捉えられているル○ファーだと自覚している。

 歯科の先生の話によると、今度は2週間後の治療だという。

 根に腫れがあるのに
「2週間後に来てくれ」
 というのはオカシイね。
 ある女神が、
「今日が最後です」
 というには理由があることなのだ。

○ 5時過ぎに神DOから電話。

 学校の件と椅子の件で神戸にサロンを持つ、という話だった。
 着実に進んでいていい話だ。
 新潟県長岡市の宝徳山稲荷大社に行ったときikeda さんの同行3名にあったと言っていた。
 takeda 君も離れているらしい。

○ 柿が到着したのは17時13分頃だった。

 ドライバーに電話で問い合わせ
「荷物の都合があっていつも午前中なのに、今日は最終の配達になった」
 ということだ。
 これでは今日の夕食には間に合いそうもない。

○ 夕方までに、JR博多駅前の道路陥没事故でできた巨大な穴が埋まった。

 福岡市のJR博多駅前の道路陥没事故でできた巨大な穴が、11日夕までにほぼ埋まった。
 市交通局によると、地表から深さ3メートルまで埋め戻し、現在は水道やガスなどライフラインの復旧に向け、管やケーブルの埋設工事を本格化させている。
 11月8日(火)早朝の事故発生から3日で埋め戻した。
 市は11月13日(日)までにライフラインを復旧させると同時に穴を地表まで埋め戻す作業を続け、11月14日(月)には道路を通れるようにする仮復旧を目指している。
 山崎さんが福岡に行っている間の出来事になった。

○ 今日は女房が遅い。

 私は渋谷へ。
 声優・・?
 若い人たちは一生懸命じゃないか。
 一つの道を見つめて必死で頑張っている。
 こういう姿を見られただけでも今日来てよかった。
 私にはやり切らなければいけないことがある。

11月12日(土)、朝の夢「地の底のル○ファーが天に引きあげられる」

白日夢「トゲがいっぱいあるトカゲを取りだす」

日本を知る会に matsumoto さんと yayoto さん、narasaki さん

 朝の夢。
 ミルトンは『失楽園』のなかで、
 地に転落しながらも最後まで気高さを失わなかった
 ・・・と「ル○ファー」を記述している。
 こういうところに「ル○ファー」の英雄性が象徴されているが、逆に、その気位の高さが、傲慢や思う通りにならない時の暴力や破壊につながっていったのだ。
 1995年から21年経っても、地の底に転落しその場にとどまっている「ル○ファー」の姿を確認できていたが、本日ようやく地の底から引き上げられていった。

 10月31日(月)、日本橋であった新月の会で佐藤さんから

『安成さんは「自分のやるべき課題をやり終えた」と言ってた』
 と聞いている。

 この引き上げられていく「ル○ファー」と叔父さんの姿が重なって見えていた。

 私が5歳のとき、私の右隣りに寝ていたのは叔父さんだった。
 叔父さんは、地に転落しながらも最後まで気高さを失わなかったと「ル○ファー」と関係があるということなのだろうか。
 大地の底が揺れ大きく動いていくなかで「ル○ファー」が引き上げられていく映像をみているとき、 6時43分頃に実際に宮城県沖を震源に地震が起きた。
 天照大御神様が大地に足場を組んで、「ル○ファー」に救いの光を差し伸べてくださったのだろうか?

 下の歌は1995(平成7年)年10月6日(金)の夜に一晩中聞こえていた歌。

かごめかごめ カゴ・メー カゴ・メー 誰が守る
かごの中の鳥は カグ・ノェ・ナカノ・トリー 硬く安置された物を取り出せ
いついつでやる イツィ・イツィ・ディ・ユゥー 契約の箱に納められた
夜明けの晩に ヤー・アカ・バユティー 神譜を取り、代わるお守りを作った
鶴と亀がすべった ツル・カメ・スーベシダ 未開の地に水を沢山引いて
後ろの正面だ〜れ ウシラツ・ショーメン・ダラー 水を貯め、その地を統治せよ!

あいう

○ 日本を知る会に行く途中の白日夢。
 自分の心の中に、トゲがいっぱいあるトカゲのような生き物がいる。
 大神が
「今トドメを刺すのでじっとしているように」
 という助言だ。
 自分の心の中に「剣」が入っていく。
 そして、剣がトゲがいっぱいあるトカゲのような生き物を絡め取っていく。
 この映像を見ながら、人に対して皮肉っぽくチクリとしたことを言いたくなる性分がこの「トゲがいっぱいあるトカゲのような生き物」にあるのだと知った。
 人の心の中にはいろんな生き物が住んでいるらしい。

○ 日本を知る会に matsumoto さんと yayoto さんが来ていた。

 夕方、6時30分に糸魚川のtamura さんから電話。
「昨日の夕方、柿が着いたこと」
「今日叔父さんに知らせたこと」
「昨日11月11日と今日11月12日に血尿が多かったので、病院の受診してきたこと」
「11月14日にも再度受信する予定になっていること」
 以上が話の要点だった。
 糸魚川の能生の出身の matsumoto さんが来られている時の電話だ。
 本当に糸魚川とは深い縁がある。

 また、今日の朝の地震に対応してなのか、narasaki さんも来られている。

 金華山の北側が震源地。
 何かしら大きな区切りになった日か?

11月13日(日)、朝の夢「壊れたガラスを回収している」

美穂の朝の夢「山形の実家跡に新しい家」

白日夢「大きなワニ(日本列島)の背に乗っている私」

ニュージーランド南島クライストチャーチでM7・8の強い地震

 朝の夢。
 壊れた板ガラスを回収し、A3が入る封筒にしまっている。
 どうやら昨日見たトゲがいっぱいあるトカゲのような生き物が入っていた透明なガラス籠のようだ。
 この透明なガラス籠が壊れて破損してしまったらしい。
 この破損したガラスを回収し、私はA3の封筒にしまっている。
 このガラス籠が破損したらトゲがいっぱいあるトカゲのような生き物は自由に動き回ることができる。
 透明なガラス籠に入ったトゲがいっぱいあるトカゲのような生き物は、今までは私の心の中にいたのだ。
 それが今日の朝、この世に登場してきた、ということだろうか?
 トランプが大統領に当選したアメリカの状況を見ているのだろうか?

(※)トゲとトカゲの象徴。

トゲ「自分や人を傷つける」
トカゲ「金運や幸運」

○ 美穂の朝の夢「実家跡に新しい家」。

 山形の土地に新しい家が建っていた。
 自分たちは、おばあちゃんが住んでいた場所なので、ご供養のために中に上がらせてもらったのだという。
 そういう風にして過ごしていた。

○ 夕方の白日夢。

「大きなワニ(日本列島か?)の背に乗っている私」
 ワニと月とウサギは非常に親和性が高い。

○ ニュージーランド南島クライストチャーチでM7・8の強い地震。

 米地質調査所(USGS)によると、14日午前0時(日本時間13日午後8時)すぎ、ニュージーランド(NZ)南島クライストチャーチの北東約90キロを震源とするマグニチュード(M)7・8の強い地震があった。
 震源の深さは約23キロ。
 NZの災害対策当局は同日午前1時すぎ、南島と北島東部の沿岸部に津波警報を発令した。
 現地からの報道によると、揺れは首都ウェリントンがある北島を含む全土で感じられた。強い余震が続いており、一部の地域では停電や地割れなどが報告されているという。南島の北東部カイコウラで、2メートル超の津波が観測されたとの情報もある。
 NZでは2011年2月、クライストチャーチ市付近を震源とするM6・3の地震が発生し、計185人が死亡。
 語学研修中だった日本人らも犠牲になった。

(参考)イタリア地震。

 ローマ(CNN) イタリア中部で10月26日、強い地震が2度にわたって発生した。
 同国では8月24日にアマトリーチェを襲った地震でも300人近い死者が出ていた。

11月14日(月)、朝の告知「成田満夫死亡〜20160813」

首相官邸で有識者会議第4回会合「皇室制度と歴史」

22:52、おうし座(プレアデスがある)満月 ウルトラスーパームーン

 朝の告知、
「成田満夫死亡」
 という文字が現れて目覚めた。
 この文字に「20160813」から始まる数行のナンバリングが見える。
 2016年8月13日(土)に決まったということだろうか。

「感情を入れずタンタンと処理せよ」

 神様からの指示だ。

11月7日(月)第3回会合 皇室制度と歴史。

 平川祐弘(東大名誉教授 比較文学)、
 古川隆久(日大教授 日本近現代史)、
 保阪正康(ノンフィクション作家)、
 大原康男(国学院大名誉教授 宗教行政論)、

 所功(京都産業大名誉教授 日本法制文化史)

11月14日(月)第4回会合 皇室制度と歴史。

 渡部昇一(上智大名誉教授)、
 岩井克己(ジャーナリスト)、
 笠原英彦(慶大教授)、
 櫻井よしこ(ジャーナリスト)、
 石原信雄(元官房副長官)
 今谷明(帝京大特任教授)

 四人が退位に反対・慎重意見を述べ、二人は賛意を表明した。

 政府は11月14日(月)、天皇陛下の生前退位を巡る有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)の第四回会合を首相官邸で開き、前回に続いて皇室の歴史や制度に詳しい専門家六人から意見を聴いた。
 ジャーナリストの桜井よしこ氏ら四人が退位に反対・慎重意見を述べ、石原信雄・元官房副長官ら二人は賛意を表明した。
 桜井氏、上智大の渡部昇一名誉教授、慶応大の笠原英彦教授の三人は、摂政や国事行為の臨時代行を置く要件の緩和で対応すべきだなどと主張した。
 桜井氏は
「歴史を振り返れば、譲位はたびたび政治利用されてきた」
 と指摘。
 渡部氏は会合後、記者団に
「体は宮中にあっても、国民のために祈ることが一番大切なことだと(天皇陛下を)説得なさればいい」
 と語った。
 笠原氏は、天皇が生前退位すれば、次の天皇と権威が「二元化」するとの懸念を示した。
 帝京大の今谷明特任教授は、退位の容認は
「与野党(の意見が)一致するまで見送りが相当だ」
 と慎重な対応を求めた。
 これに対し、石原氏は、まず特別法の制定で退位を認めた上で、将来的に皇室典範を改正する場合は「重い病気」といった摂政設置の要件でも退位を可能にすべきだと訴えた。
 ジャーナリストの岩井克己氏は崩御の際に限った皇位継承は「残酷な制度だ」と高齢を理由とする退位に賛成。
 退位した天皇が上皇として権力を握る弊害が歴史上あったが「現代では考えにくい」と述べた。

 11月30日(水)第5回会合 憲法や公法。

 八木秀次(麗沢大教授)、
 百地章(日大教授)、
 大石真(京大大学院教授)、
 高橋和之(東大名誉教授)、
 園部逸夫(元最高裁判事)

○ 22:52。おうし座の満月(スーパームーン)

 今年のうちで、月がもっとも地球に近づいたタイミングでおうし座の満月(スーパームーン)になるのが11月14日(月)。
 距離は、356,511km。
 2011年3月20日(日)のスーパームーンの最短距離は356,577km。
 今年は月と地球の距離がぐっと縮まって、なんと68年ぶりの近さにないます。
 スーパームーン中のスーパームーンで、名づけるとしたら「ウルトラスーパームーン」という感じです。

 2016年11月14日(月)の満月のときの、計算上の月の地心距離は356520.2km。

 イスラエルの建国された68年前の1948年1月26日(月)の満月のときの地心距離は356490.6km。
 その差はたった30kmです。
 また、44年前の1972年11月21日(火)の満月のときの地心距離は356523.8kmと、2016年11月14日(月)には及ばないものの、その差は、4キロメートル程度とごくわずかです。
 月を地平線近くで見るか、天頂近くで見るかによって、観察者から月までの距離は約6,400km違います。
 観察者から月までの、この約6,400kmという大きな距離の差は考慮されない一方、月の地心距離の数十kmという小さな差が大きく取り上げられるのは、やや不思議な感じがしますね。

 プレアデスのあるおうし座。

 http://www.zero-co.com/seiza/guide/tau.html

あいう

11月8日(火)早朝の事故発生した福岡市の穴が埋め戻されて、通行再開は15日の明け方になると発表した。

11月15日(火)明け方5時、博多駅前の道路の再開

朝の夢「民衆の間をうろつく私・申告違反」

朝の夢「チョコレート棒を分半に切ろうとする私」

光宮(みや)「月光」という習字で金賞(全国書画展覧会)

「ネズミさんたちのことはそのままにして、待っているといいよ」

 JR博多駅前で起きた大規模な道路陥没事故による通行止めは5時に解除され、通行再開となった。
 市は地盤工学の専門家らによる会議を開き、埋め戻した地面の強度など現場の安全性を確認したが、雨で舗装作業の着手が遅れていた。

○ 朝の夢(1)

 民衆の間を力なくうろついている私がいる。
 立っている気力すらない。
 そこに、アメリカ兵なのか、イギリス兵なのか、イタリア兵なのかちょっと判別つかないが、外国の兵士が乗ったジープがやってきて、私を救出していく。
 ジープの荷台に乗っても、力なく茫然自失の状態だ。
 韓国の朴槿恵大統領の現状に近い状態なのか?

 朝の夢(2)

 急に「申告違反」という文字が現れてきた。
 昨日の朝告知された内容は私の申告に基づいて「告知」されたもので、私の申告の内容が違反している、という通知だった。
 どこが出している通知か探査すると、新潟県長岡市の宝徳山稲荷大社にであるようだ。
 すぐさま、私は「申告違反」の見直しを求めた。
 私から見直しの提訴を受けて、宝徳山稲荷大社のネズミさんたちは右往左往の大騒ぎ。
 私のように、御神意として下されたものに対して「見直し」を求める人は皆無なのだろう。
 ネズミにしてもキツネにしても、稲の恵みで生き、稲とともに生きる。
「一旦御神意として下達されたことを取り消すにはご本人に来ていただくしかない」
 という主旨が伝わってくる。
 それに対して、
「それもおかしい」
 と異議申し立てをし、見直しを求めた。
 長岡は練馬からは近い。
「機会を捉えて、とても大事な水を少しだけお裾分けしてあげるよ」
「天照大御神様の御神意が届くといいよね、ネズミとネズミさんたち」

 朝の夢(3)

 上の夢の影響のせいで、袋の中に2つ入っている生クリームの入ったチョコレートパンを一つ取り出し、半分にして食べようとしていた。
 黄色で透明な少し大きめの「C-3PO(シースリーピオ)」が現れて、
「半分にすると飛び立てなくなるぞ」
 という助言だった。
 私もそう思う。
 2つのエネルギー体でないと飛び立てないのだ。

 どうしたらいいか対策を考えた。

 結局一番身近で一番やらなければならないことをやっていると道が開けていく、
 そういうイメージだった。
 御札立てを急いで作ろう。

○ 光宮(みや)「月光」という習字で金賞(全国書画展覧会)。

 朝の食事の時に知った。
 スーパームーンの次の日で「月光」なので縁起がいい。

○ 夜、買い物の女房を待っていると、突風が吹いてくる。

 朝のネズミさんたちがやって来たのだと思った。
 心の神様のお考えを聞いた、
「ネズミさんたちのことはそのままにして、待っているといいよ」
 という助言だった。
 そのあと自宅に戻る途中、今朝の夢のネズミの話を女房のしながら車の運転をしていると、車の前方の道をネズミが横切っていった。
 東京でこういう場面は一年に数回しか出会わさないが、ネズミの話をしている時に、ネズミが現れるので奇妙な感じがする。
 この時間帯、東京では突風に似た強めの風が吹いている。

11月16日(水)、朝の夢「水玉のような米粒を抱きかかえたネズミ」

出雲の在月(神祭)在の終了神

GOリが25?、実加のお泊り

大豊神社の狛ネズミ  朝の夢。
 昨日に見たネズミ水玉のような米粒を抱えて現れている。
 同時に
合格
 という文字も現れてきた。
 昨日やってきた「申告違反」という文字に対して私は異議申し立てをしていたのだ。
 私の異議申し立てに対して、今朝の夢になったようだ。
 水玉のような米粒は昨日の誤った通知に対するお詫びの徴であるらしかった。
 御好意を受け止めて、機会があれば参拝させていただこう。
 新潟県長岡市の宝徳山稲荷大社でいいのだろうか?

○ 出雲の神在月(神在祭)の終了。

 神等去出祭(からさでさい)11月16日(水)16:00〜(場所:拝殿)
 全国から集まられた神様方に感謝の祈りを捧げ、お帰りをお送りする神事です。

○ 女房を迎えに行くとき、ネズミが新潟県に陣取っている。

 朝のネズミだ。
 糸魚川あたりに尻尾をおいて、新潟県長岡市の宝徳山稲荷大社辺りで何かをかじっている。
 何をかじっているのだろう。

○ GOリが25?、実加のお泊り。

 やれやれ!

11月17日(木)、朝の夢「トキが大きく動く」〜トキの神

美穂の八咫烏の夢

安倍晋三首相がAPECとTPPに出発

糸魚川中学校(同市上刈4)で今年度、2年生の女子生徒に対するいじめ

白い神様服を着た私が家の前の小さい小川の水を飲んだ

 朝の夢。
 夢の中で、「ある神」が立たれている。
 天之御中主神様のようにも感じられるし、違うようにも感じる。
 振り返ると、この神の気配は時々見ていたような気がする。
 足が見えず、気配が徐々に薄くなりつつある。

 場面が変わって、また違う神が、上空で時計回りの回転をし始めた。

天之御中主神トキが大きく動く
 という声だった。
 すると、最初の夢の「ある神」というのは、「トキの神」なのかもしれない。
 右の画像の天之御中主神の御神影に近い雰囲気で、今も近くにおられる。

 トキには大小さまざまあり、そのトキそのトキで現れ方が違ってくるらしい。

 11月4日(金)に「ダマシタ神」について自覚し、11月8日(火)に「ダマシタ神」の抽出に成功。
 そして、アメリカの大統領選挙でトランプが勝利した。
 福岡県博多区の穴、11月8日(火)11月15日(火)

 出雲の在月(神祭)在の終了神 11月9日(水)11月16日(水)

○ 美穂の八咫烏の夢。

 最近、よく見るようになったという。

○ 安倍晋三首相は11月17日(木)、米国、ペルー、アルゼンチンの3カ国訪問に向け出発する。
 17日午後(日本時間18日午前)には、ニューヨークでトランプ次期米大統領と会談。
 その後ペルーに移動し、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議や、日米を含む環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加12カ国による首脳会合に出席する。
 オバマ米大統領と12月に来日するロシアのプーチン大統領ともそれぞれ会談する予定。アルゼンチン訪問を経て、11月23日に帰国する。

○ 糸魚川中学校(同市上刈4)で今年度、2年生の女子生徒に対するいじめ。

 こういうタイミングで全国的に報道されていることが重大だ。
 中学校2年生といえば光宮(みや)と同じ学年だ。
 新潟県糸魚川市立糸魚川中学校(同市上刈4)で今年度、2年生の女子生徒に対するいじめがあり、女子生徒が30日を超える不登校となっていることが明らかになった。
 市教育委員会は、市のいじめ防止基本方針に定める「重大事態」と判断。第三者による「いじめ問題専門委員会」で調査する。
 同校の重大事態は昨年度までの2件に続き3件目で、いじめの連鎖を断ち切れない状況が続いている。
 市教委が15日の市議会総務文教常任委員会で報告した。

○ 午後2時くらいのうたた寝しているときの夢。

 白い神様服を着た私が、山形の実家のある土地に前の道路に立っている。
 喉の渇きを覚えて、家の前の万太郎側の小さい小川の水を飲んだ。
 小川の水を飲み終えて、水の濁っているのを知り、
「この水を飲んだのか」
 と後悔していた。
 今後の体調の変化に耐えられるか急に不安になっていた。

 後ろを振り返ると、今は実家もなく更地になっていた。

 この夢は、私が母親の中に入るときの状況を思い出しているのではないか?

 生まれた年の1959(昭和34)年9月26日(土)潮岬(串本)に上陸した伊勢湾台風の時に、私はお腹をこわし死線をさまよったという。
 そして、小学校の4-5年まで、お腹は超特急だった。
 お腹が弱いのは今でもそうだ。
 白い神様服を着た私が、喉の渇きを覚えて、実家の小さい小川の水を飲んだことから私の人生は始まったのだろう。

11月18日(金)、伊勢湾台風と弟の生まれる因縁、万太郎との関係

安倍総理とトランプ氏の会談

本来であれば今日が歯科治療日の予定だったが・・

「電脳せどり」のステップメールの製作開始、ドメイン設定

 朝の夢。
 1959(昭和34)年9月26日(土)潮岬(串本)に上陸した伊勢湾台風のことを考えながら目覚めた。
 この伊勢湾台風の日を起点にして10月10日後(288日後)はいったい何日になるのか。
 夢の中で一生懸命考えていた。
 夢で考えるより、起きて調べた方が早いと思って、すぐに飛び起きた。
 時計は朝の6時だが、まだ暗い。
 288日後(10月10日後)は、1960(昭和35)年7月9日(土)になる。
 弟の誕生日は、前日の1960(昭和35)年7月8日(金)だ。
 私が「濁った水」を飲んでしまったので、その汚れの浄化のために、伊勢湾台風がやってきて、その象徴として弟の守が生まれてきた。
 そういう理屈になっていたらしい。
 夢の中では「万太郎」に入れたのではないか、と思っていたのだが、夢の場面を思い返すと、その小さい小川の流れは鉄壁で、どうしても飛び越すことの出来ないモノとなって現れていた。
 霊体にとって水の流れは壁になる。
 私は万太郎を見ながら、後ろの成田の家に吸い込まれていったものらしい。

 そして、翌年、弟がこの世にやって来たものらしい。

○ 朝の7時(現地時間の17日午後5時)から安倍総理とトランプ氏の会談が始まった。

○ 本来であれば、歯科治療の日なのだが、今日は外されて来週になった。

 前々回の治療日は11月4日(金)
 「・・・なられたら歯医者を変えよ」

 (※)11月4日(金)が、天照神と「ダマシタ神」の関連について自覚した日。

 前回の治療日は11月11日(金)
 「今までの歯科医は今日が最後です」
 (※)柿が到着した日。

○ 11月18日(金)に、「電脳せどり」のステップメールの製作開始、ドメイン設定(ee-report.com)。

 電脳せどり用のドメインを設けた。
 「ee-report.com」
 今までアフィリエイトのサイトとして使っていたものだ。
 このドメインを電脳せどりに組み換え。

 11月20日(日)にさらに、本業の「リサイクル」用のドメイン(i-ansin.com)を設定した。

 リサイクル仕入と電脳仕入れの2本立てで、ネットビジネスの参入する。

ライバル不在の実店舗せどり完全マニュアル

 ライバル不在の実店舗せどり完全マニュアル
 http://www.infotop.jp/click.php?aid=24468&iid=62222

11月19日(土)、朝の夢「どの家に生まれるかの選択」

私の位置を見定めて戦闘機が近づいてくる 「わが君を確認」

昼前、山形の隣の婆さんと爺さん「かじや(鍛冶屋)なんか潰れてしまえ」

14時に、川行の実家跡を中心に磁場崩壊が起こり始めた

鍛冶屋(成田の家)があった場所が沸騰している映像

鍛冶師(かぬち)の天津麻羅(あまつまら)とは?

 朝の夢。
 11月17日(木)の午後の夢で私が降り立った場所はどこだったのだろう、と考えていた。
 おそらくその場所は、鍛冶屋と万太郎の間にある道路だったような気がする。
 この場所は棚倉構造線上のエネルギー(波長)の集積ポイントになっているのだろう。

川行

 11月17日(木)の午後の夢と11月18日(金)の朝の夢、11月19日(土)の朝の夢を総合して考えると、私が生まれ出る候補となる家は3軒あったようだ。
 一つは九五郎で、もう一つは万太郎だ。
 今日の朝の夢の中で、4歳か5歳くらいだった時の場面を思い出していた。
 九五郎に行ったとき、
「中に確かもう一人外に出れない人がいたはずだ」
 と思っていた。
 中の方を伺うと、確かにダウン症の長男がいた。
 そのことを私は生まれる前から知っていたと思った。
 次、万太郎に遊びに行ったとき、
「なんで私はこの家の子として生まれてこなかったのだろう」

 と素朴に疑問に思ったことを、夢の中で思い出していた。

 川行の私の家の隣には身障者が一人はいる。
 九五郎にはダウン症の長男がいて、万太郎にしても左足の悪いお兄ちゃんがいる。
 隣の同級生の娘は耳が遠いという障害を持っていた。
 としろうさんには、素行不安定な人がいる。
 鍛冶屋(成田の家)は日本脳炎による四肢不自由の叔父さんがいる。
 この5軒とも身体や精神に障害がある家だ。

 鍛冶屋(成田の家)と「としろう」さんは、世代が父親の世代になっている。

 この3日間の夢では、小川を越えて、万太郎に行く選択をしたのだが、小川の水を飲んでしまい、鍛冶屋に吸い寄せられていったようだ。

 母が亡くなるとき、

「家は取り壊して、土地は万太郎に返せ」
 という遺言だった。
 江戸末期からこれまで成田があった場所は万太郎の地所になっている。

 今朝起きると私は、万太郎に敷地の中に在る木立の上空にいる。

 万太郎の敷地の中心的な位置だと思う。
 千引の岩戸が閉められているので「万」という単位に入れないでいたらしい。
 本年に千引の岩戸が開けられているので、11月の中旬になって万という単位の中心的な位置に立てるようになったのだ。

 地理的には、ジョン万次郎の出身地である四国の足摺岬だろう。

 この上空の位置から鍛冶屋(成田の家)があった場所を眺めると、上空に黒灰色の暗雲がトグロを巻いて渦巻いている。
 この世の次元ではなく、違う時空の世界への入り口になっている。
 注視すると、地球の内部に繋がっていて、あたかも原子炉の中心に向かう口がポッカリと開いているようだ。
 この中心からエネルギーが漏れ出てくるので、鍛冶屋(成田の家)から異様な気が漂っているように見えたのだ。

 だから、鍛冶屋(成田の家)の周辺の家にいいことが起きていない。

 鍛冶屋(成田の家)では、弟が18才で亡くなり、
 「としろう」さんでは、あつしさんが若くして亡くなり、
 悟さんの奥さんは農薬自殺、
 万太郎のおさむさんも亡くなった。

 私の位置を見定めて、戦闘機が近づいてくる。

 中の操縦兵士の顔や声も確認できる。
わが君を確認。
発射!
 私を座標軸に据えて、ミサイル砲のような、ビーム砲のようなものが、上空にある黒灰色の暗雲のトグロの中心に打ち込まれていった。
 黒灰色の暗雲のトグロの中心から、「ダマシタ神」が生じる。
 この3日間の夢の復習では、選択の時に起きる感情の起伏が「ダマシタ神」の発生原因だ。

 11月17日(木)の午後の夢、

 11月18日(金)の朝の夢、

 11月19日(土)の朝の夢。

 ある道を選択したいのだけれど、ある道では苦労しそうだから、こちらの道を行こう。
 このように自分で自分をダマスから、結果としてダマシタ神が生じる。
 神様の世界にも、選択の迷いから気持ちの揺れが生じ、ダマシタ神が生じる原因となったのかもしれない。

○ 昼前に、トイレに入っていると久しぶりに隣の婆さんと爺さんが現れて、

「かじや(鍛冶屋)なんか潰れてしまえ」
 という呪いの言葉を言ってくる。

 あの土地には「呪い」も掛かっていたんだな。

 母親が亡くなった年の2013(平成25)年10月28日(月)にも、夜山形に行くとき雪江おばあさんの背後に「隣の婆さん」を感じたし、2013(平成25)年10月30日(水)にもお隣の婆さんが
「まず隣の家がつぶれてくれて良かった」
 と言っているのを感じた。
 呪いの念は残るんだ。
 でも、なんで今頃そういう声を聴くんだろう?

○ 14時に、川行の実家跡を中心に磁場崩壊が起こり始めた。

 鍛冶屋(成田の家)があった場所の上空に黒灰色の暗雲のトグロが渦巻いており、違う時空の世界への入り口になっていた。
 私を座標軸に据えて、ミサイル砲のような、ビーム砲のようなものが、上空にある黒灰色の暗雲のトグロの中心に打ち込まれていった。
 同時に、隣の婆さんと爺さんの呪いの言葉がトリガー(弾きがね)となって、磁場崩壊が生じ始めた。

 磁場崩壊のエネルギーを用いて、そのままひっくり返してしまえばいいのかもしれない。

○ 14時過ぎに女房と午睡をし、鍛冶屋(成田の家)があった場所が沸騰している映像を見ながら、16時前に目覚めた。
 磁場が崩壊したことによって、密度が高まり温度が急上昇し、全てのものが沸騰しているのだ。
 沸騰しているような水面を見ながら、
「あ〜っ・・・!! 全て終わった」
 と感慨深い感想を述べながら目覚めた。

川行

○ 実家の解体に向かっていった2013(平成25)年の後半を振り返っておこう。

 2013(平成25)年10月29日(火)、鶴岡市錦町の貸家の売買契約。
 2013(平成25)年11月12日(火)、実家の場面がのようなイメージで、膣のヒダのなかから翼竜や顔の尖がった人物などが現れ出てきた。
 2013(平成25)年11月27日(水)、笛を吹き、実家の奥にある外陰部(膣)に弓を見定める。
 2013(平成25)年11月29日(金)、鶴岡市錦町の貸家の売買契約の最後の決済。
 決済が終わり、自宅が形ある中での最後の御祈祷を行ってもらった。
 2013(平成25)年11月30日(土)、 私はあばら家にいる。
 そこで巨大な男根をだすと大河のような精子が流れ出ていった。
 取り壊そうとしている実家に重なって、大陰(膣)の映像に関係しているのは間違いないだろう。

 2013(平成25)年12月2日(月)、山形の実家の解体のために重機が入った。

 2013(平成25)年12月10日(火)、山形の実家の解体作業の終了。
 2013(平成25)年12月17日(火)、9時47分「叔父さんのお墓が出来た」との報告があった。
 2013(平成25)年12月18日(水)、私が山形に行って実家の更地の状況を確認し、万太郎に返却の御祈願。

 山形の実家が更地になり、叔父さんのお墓が出来て、ほぼ3年経つ。

2013(平成25)年11月30日(土)の記録

 天之岩戸開き

 そこで、八百万の神々が天の安河の川原に集まり、対応を相談した。

 思金神の案により、さまざまな儀式をおこなった。

(1)常世の長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせた。
(2)鍛冶師(かぬち)の天津麻羅(あまつまら)を探し、
(3)伊斯許理度売命に、天の安河の川上にある岩と鉱山の鉄とで、八咫鏡(やたのかがみ)を作らせた。
(4)玉祖命八尺の勾玉の五百箇のみすまるの珠(八尺瓊勾玉・やさかにのまがたま)を作らせた。
(5)天児屋命と太玉命を呼び、雄鹿の肩の骨とははかの木で占い(太占)をさせた。
(6)賢木(さかき)を根ごと掘り起こし、枝に八尺瓊勾玉と八咫鏡と布帛をかけ、
(7)フトダマが御幣として奉げ持った。
(8)天児屋命が祝詞(のりと)を唱え、
(9)天手力雄神が岩戸の脇に隠れて立った。
(10)天宇受賣命が岩戸の前に桶を伏せて踏み鳴らし、神憑りして胸をさらけ出し、裳の紐を陰部までおし下げて踊った。

 すると、高天原が鳴り轟くように八百万の神が一斉に笑った。

 天之岩戸開きのときの「鍛冶師(かぬち)の天津麻羅(あまつまら)」とはある場所の特定の時空間なのではないか?
 成田の家が「鍛冶屋(かじや)」ということもあって、「鍛冶師(かぬち)の天津麻羅(あまつまら)」の箇所は常に引っかかりを感じてきた場所だ。
 「かぬちあまつまら」の「」とは場所を示す「ち(地)」という意味の「おと」で、ある特別な「時空間」が存在する場所であるように感じられてきている。
 山形の実家を解体しながら、いろんな白日夢(映像)から類推すると、八咫鏡(やたのかがみ)や五百箇のみすまるの珠(八尺瓊勾玉・やさかにのまがたま)を作ることのできる「ある特別」の場所の「特定の時空間」を示す言葉が、「かぬちあまつまら」であって、「鍛冶師(かぬち)」という特定の人物ではないのだろう。
 特定の人物であれば「〜〜命」あるいは「〜〜神」と呼ばれているはずである。
 「かぬちあまつまら」の場所を、私は山形県の庄内平野の月山と鳥海山が見える上空の場所だったのではないかと推測している。
 この土地もダマシタ岩戸開き関与したため重大な責任を負うことになってしまったのだと思う。
 私が1500ヶ所以上の神社を周らなければいけないと思えたのは、天照大神の「ダマシタ岩戸開き」の罪を償うためのものでもあったのかもしれない。

○ 夕方、プレートや断層で傷だらけの日本列島のツギハギが薄れていく映像が現れた。

川行

棚倉構造線

11月20日(日)、朝の夢「ギザギザの縦扉が開き、綺麗な正20面体」

これまで見た一連の夢 〜 ル○ファー・ダマシタ神・鍛冶師の天津麻羅

山形から持ってきた父母弟や祖父母の遺影の整理 〜 3年ぶり

 朝の夢。
 これまでのようにテーマのある夢を今日は見ないなあ、と夢のなかで思っていた。
 これまでの夢の中身を振り返っていると、中空で、ギザギザの縦扉が開き、綺麗な正20面体が現れている。
 とても綺麗だ。

あいう

 朝起きると、外は濃霧で遠くが見えない。
 太陽の輪郭は分るので晴れのようだ。
 霧が取れれば晴天だ。
 10時30分ごろ、ようやく霧が取れはじめた。

(※)これまで見た一連の夢の整理 〜 ル○ファー・ダマシタ神・鍛冶師の天津麻羅。

 11月4日(金)
    「そなたのオジが亡くなられたら歯医者を変えよ」
   「神性(伊邪那岐命と伊邪那美命の願い)の剥がれた天照神が叔父さんだ」
    ダマシタ神 + 伊邪那岐命と伊邪那美命の願い = 天照神
 11月5日(土)、天照大御神様「それでは始めます」。
 11月6日(日)、朝の夢「山形の居間に壊れかかった仏壇」。
 11月7日(月)、朝の映像「実家から持ってきた遺影の箱から黒っぽい塊」。
 11月8日(火)、遺影のある箱から叔父さんの生首が現れる。
       叔父さんから抜け出す人物、棒状の霊体「ダマシタ神じゃ」。
       「ダマシタ神」の抽出成功。
 11月9日(水)、叔父さんから抜け出た人物〜拷問や磔の場面。
 11月10日(木)、叔父さんに柿の発送、「成田為蔵」という名前が浮かぶ。
       山形での成田の始まりは、2013(平成25)年12月12日(木)
       告げられた「成田為五郎」という方だが、
       その「為」の一致からその方の子供かもしれない。
       川行に来る流れを作られた先祖の方かもしれない。
 11月11日(金)、歯医者に行くとき「今までの歯科医は今日が最後です」
 11月12日(土)、朝の夢「地の底のル○ファーが天に引きあげられる」
       日本を知る会に行く途中の白日夢。
       自分の心の中に、トゲがいっぱいあるトカゲのような生き物がいる。
        大神が、
       「今トドメを刺すのでじっとしているように」
        という助言だ。
 11月13日(日)、朝の夢「壊れたガラスを回収している」。
 11月14日(月)、朝の告知「成田満夫死亡〜20160813」。
 11月15日(火)、朝の夢「民衆の間をうろつく私・申告違反」。
       朝の夢「チョコレート棒を分半に切ろうとする私」。
 11月16日(水)、朝の夢「水玉のような米粒を抱きかかえたネズミ」。
       前日の「申告違反」の解除。
 11月17日(木)、朝の夢「トキが大きく動く」〜トキの神
    午後2時くらいのうたた寝しているときの夢。
    白い神様服を着た私が、山形の実家のある土地に前の道路に立っている。
    喉の渇きを覚えて、家の前の万太郎側の小さい小川の水を飲んだ。
 11月18日(金)伊勢湾台風と弟の生まれる因縁、万太郎との関係。
 11月19日(土)、朝の夢「どの家に生まれるかの選択」。
       ダマシタ神選択の迷いから発生。
       14時に、川行の実家跡を中心に磁場崩壊が起こり始めた。
       鍛冶師(かぬち)の天津麻羅(あまつまら)とは?

○ 山形から持ってきた父母弟や祖父母の遺影の整理

 母親が亡くなり、実家を取り壊してから3年も遺影がそのままになっていた。
 また、固定電話を使わなくなったので、2台の大きい固定電話を片付けた。
 仕事をする周辺をとにかく掃除だ。

11月20日(日)に、本業の「リサイクル」用のドメイン(i-ansin.com)を設定した。

 ブログ発信するために、
 i-ansin.com/blog/
 を設ける。
 こちらのブログは、独立支援のための実地講習用のブログ。
 リサイクル仕入と電脳仕入れの2本立てで、ネットビジネスに参入する。

 11月18日(金)に、「電脳せどり」のステップメールの製作開始、ドメイン設定(ee-report.com)。

 電脳せどり用のドメインを設けた。
 「ee-report.com」
 今までアフィリエイトのサイトとして使っていたものだ。
 このドメインを電脳せどりに組み換え。

11月21日(月)、朝の夢「パソコンが終了するような音」

「キュウ〜ン!ポン!」という音とともに何かが段ボールに吸い込まれる

「リサイクルの安心からの提案」のレポート作成開始(1)

 朝の夢。
 パソコンが終了するような音、
「キュウ〜ン!ポン!」
 という感じの音が何度か聞こえてきて、昨日私の目の前に掲げている写真から何かが、山形の実家の遺影を入れた段ボールに吸い込まれていったような気がする。

○ 「リサイクルの安心からの提案」のレポート作成開始。

 実地講習用の案内。
 電脳せどり→実地講習の流れを組む。

11月22日(火)5時59分、福島沖でM7.4 震度5弱の地震

「リサイクルの安心からの提案」のレポート作成中(2)

糸魚川にお手紙

 朝早く起きて、「リサイクルの安心からの提案」のレポート作成中。
 5時59分に、福島沖でM7.4 震度5弱の地震。
 揺れるな。

○ 糸魚川にお手紙。

 ようやく書けた。
 ビジネスモデルが見えてきたおかげかもしれない。

11月23日(水)、朝の夢「蜂の巣の夢」

新嘗祭、皇居の勤労奉仕団の結団式

 朝の夢。
 暗闇の中から右下で上を向いた蜂の巣が現れてきた。
 蜜蜂の蜂の巣だろうか?
 と、考えていると左上部からスズメバチの巣のようなものも現れてきた。
 天照大御神さまの岩戸開きがあった2016年6月23日(木)に「」が迷い込んできたとき、シュタイナーの勉強をし、蜂の巣のことについて学んでいた。
 蜂の巣の霊は、個々の今日既に人間の霊よりも高次で、金星-意識をもっている。
 金星-意識とは、インスピレーション(ブッディ;霊聴力)意識のことだ。
 ちなみに、霊視力(イマジネーション・マナス)は木星意識とされ、「怖れと不安」が付きまとう。

 虚空蔵求聞持法とは、天耳通(てんにつう)のことだ。

 空海の密教では物質の構成要素として地・水・火・風の物質性を考え、そこに重々無尽(融通無碍)に浸透している、虚空(空・エーテル・氣)を考えました。(五大)
 弘法大師空海は、その虚空の空間に入ると
「五大に響きあり、十界に言語を具す(物質と精神には響きがあって、それぞれに言葉を用意している。声字実相義)」
 と述べています。
「創造の波動として、宇宙に鳴り響いている宇宙原音に意識を合わせた行者は、その音を直ちに自分の理解できる言葉として聞くことが出来る」
 と述べています。
 善無畏訳
「虚空蔵菩薩能満所願最勝心陀羅尼求聞持法」
 の中に
「一経耳目文義倶解。記之於心永無遺忘」
 とある。
 お経を一度見聞きする事が有ればお経の意味を理解する事ができ、永く忘れる事が無い。
 御大師様(弘法大師空海)の「三教指帰」に
「爰有一沙門。呈余虚空蔵求聞持法。其経説。若人依法。誦此真言百万遍。即得一切教法文義暗記」
(一沙門より虚空蔵求聞持法を授かる。法に依って此の真言百万遍を誦すれば、一切の教法の文義を暗記する事を得)。
「若能常誦此陀羅尼者従無始来五無間等一切罪障悉皆消滅・・・」
(若し能く常にこの陀羅尼を誦する者は、無始より来たる五無間等の一切罪障は悉く消滅す・・・)等など。
「三教指帰」に「阿国大滝嶽に躋り攀ち、土州室戸崎に勤念す。谷響を惜しまず、明星来影す。」
 御大師様(弘法大師空海)が求聞持法を修されたことが書かれております。

 土星紀では、人間は霊-魂の存在で、総じて皆同じ肉体を持ち、低次の段階で、自らの不死を知りながら、その肉体を絶えず変化させていた。このような進化過程も、ある生命体になおも保持されている。
 その生命体の共同生活は非常に独特で、これを一種の集合魂とみなすと、ある意味、人間より遥かに高次の存在といえるが、その生命体とは、のことである。
 蜂の巣全体を、個々のとは別個にみなす必要がある。蜂の巣は、1つの霊性を担っている。
 これはある意味、かつての土星での低次段階の人間に一致するが、人間は、次の金星状態において、高次の段階で、再びこの本性に到達するだろう。
 は、土星段階にとどまった。
 蜂の巣と個々のとをよく区別すべきである。
 蜂の巣の魂は、他の集合魂とは異なり、特別な存在で、個々の蜂は、人間の肉体が土星で行っていたようなことを、その形のなかに保管した。
(日本では、蜂の巣が魔除けとして玄関に飾られるが、この秘教的意味から考えるとよくわかる。)

 蜂の巣の霊は、個々の今日既に人間の霊よりも高次で、金星-意識をもっている。

 蜂は死すべき運命について何も知らない霊人の象徴なのである。
 この惑星がまだ火のような状態の[土星]のときにもっていた霊性に、この惑星が金星となって再び火のような状態になるとき、人間は、高次の段階で再度、この霊性に到達するだろう。

 それ故、秘教学では、蜂を熱-生命体、あるいは火-生命体と呼ぶ。

 (ミツバチは胸部筋肉の代謝を巧みに高めることで体温を変化させ、温度を調節するという。)
 自然科学があまり多くを語れない平衡(恒常)現象を追求するのは大変興味深い。
 今日の人間は一体、土星状態から、自らの中に何を受け継いだのか?

 それはである!

 血液の温度である。
 当時、土星全体に分布していた熱が解放され、今日の人間や動物の体温となった。
 蜂の巣の温度(33〜36℃)を調べれば、人間の血液の温度とほぼ同じであることがわかる。
 つまり、蜂の巣全体の温度が、人間の血液の温度とほぼ同じなのは、人間が、蜂の巣と同じ進化段階に向かうことを暗示している。
 以上のことから、秘教学者は、を、から生まれた生命なので、熱-生命体と呼ぶが、同様に、を、空気から生まれた生命なので、空気-生命体と呼び、-生命体、-生命体と呼ぶ。

◆ 七つの意識の段階

(1)土星意識。

 鈍くボンヤリとしたレベルの意識、深いトランス状態、デルタ波の多い熟睡状態、徐波睡眠の状態。
 土星意識とは、深い睡眠のことである。
 人間はこの深い睡眠状態に入ることで、自然治癒力を発揮する。
 だから、病気になったときには、この深い睡眠状態に誘導することが重要になる。
 しかし下手すると、白昼夢を見ながら歩きまわる羽目に陥る。
 (※)は、土星段階にとどまっている。

(2)太陽意識。

 狭い範囲だが明るい(知的)レベルの認識、浅いトランス状態、徐波睡眠を除いたノンレム睡眠。

(3)月意識。

 眠中の夢のなかでみる像の認識、レム睡眠。
 月意識;地球意識のなかでの「恥ずかしさ」

(4)地球意識。

 明るい昼の覚醒した認識。
 現在、地球上で、人類は明るい昼の意識を獲得している。
 この意識は、次の木星上で、再び月の像の意識を違った形で再現し、ただし、そのときには昼の意識で明るく照らされた像の意識で、その木星意識を発達させるときにも、かつての月紀とは違い、自我の意識を保ったまま進化する。

(5)木星意識。

 明るく照らされた像の認識、イマジネーション(マナス;霊視力)意識

 木星意識;地球意識のなかでの「恐れと不安」

 人類は更に2つの意識の段階、つまり、インスピレーション(霊聴力)意識とインテュイション(霊人;神通力;天地合一;神人一体)意識へと順次上昇して行くことになる。
 なので、明るい昼の意識(地球意識)は、かつての月意識と木星の照らされた像の意識との中間状態に位置する。

(6)金星意識

 インスピレーション(ブッディ;霊聴力)意識。
 蜂の巣の霊は、個々の今日既に人間の霊よりも高次で、金星-意識をもっている。

(7)ウルカヌス(ヴァルカン)意識。

 インテュイション(アートマ;霊人;神通力;天地合一;神人一体)意識。

 秘教学徒は、いつの日か木星意識が、自らに現れるのを待てないといけない。

 遅かれ早かれ誰でも、この木星意識に到達するだろう。
 これは、各々の人の受容力、その人の内面の準備、精神の鍛錬の程度にかかっている。
 仏教徒は修行をして精神鍛錬をしている。
 人間は誰でも、内に木星意識の萌芽(マナス)を担っている。
 未来の意識は、現代人には気づかれないような非常に繊細な一過性の形で現れる。
 秘教探究は、かなりの程度、自身と周囲に生じる微妙な経過を正しく説明し、学ぶことから成立する。

 人間の心理の経過など。

 他者が考えていることが手に取るようにわかるなど。

 端的にいえば共感力である。

 かつての月意識もまた完全に消滅するわけではない。
 その最後の名残りが残り、月意識と新しい木星意識の両方が現代人の中にも霊視できるが、それは現代人の心のなかでは、月意識は「恥ずかしさ」の感情の中に、木星意識は「恐れと不安」の感情の中に発見できる。

◆ 月意識;地球意識のなかでの「恥ずかしさ」

 聖書はこのことを、アダムとイブが地上に生まれたときに、裸なのに気づき、「恥ずかしさ」を覚え、裸を隠したと記述している。
 現代風に要約すると、人間の魂が肉体に宿ったことで、自我が芽生え、自分の肉体をみて、「恥ずかしい」と思ったのである。
 それまでは、宇宙と一体という意識や集合意識しかもたなかった。
 自我がなかったので、裸だという意識がなかったのである。
 動物は集合意識しかもたないので、裸で平気なのである。
 月意識では、自我がないから、自分が裸かどうかわからないのである。

◆ 木星意識;地球意識のなかでの「恐れと不安」

 血液は「恥ずかしい」という感情から、体の表面や、周辺へと押しやられるが、その感情の中には月意識の最後の名残りが残っている。
 逆に、「恐れと不安」という感情の中で、血液は心臓へと向かうが、その中には、木星意識が自らを表現する。
 現代の自我、つまり起きているときの日常の昼の意識は、これら2つの方向の中間にある。

「恥ずかしさ」;血液の体表への拡張。

 恥ずかしいと赤面するのは、血液が顔面の体表に向かうからである。
「恐れと不安」;血液の心臓への収縮。
 恐れと不安のなかで鼓動が高くなるのは、この血液の心臓への流れが増加するからである。
 何かを恥じて赤くなるとき、かつての月意識の思い出の何かを経験している。
 例えば、いま月人間を想像する。月人間は、まだ自分のことを「私」とは言えないが、なんらかの集合体の像の意識の中に生き、月人間同士を結び付け、月(当時の地球)全体と調和しているように感じ、月のアストラル(感情)を司る神々の中に安らぎ、まるで母体のなかで癒された音楽を聴きながら完全に眠った状態で生活していた。
 いまでいうところの植物人間の状態。眠り病である。
「居眠り先生」という小説が参考になる。
 そのような月人間が、ある日突然、
「私は『私』である。私は他の人間とは違う。私は一個の独立した存在であり、私の周囲の存在たちは皆、私を見ている。」
 と感じ始めた様子を想像すれば、そのような月人間が感じた「恥ずかしさ」は、月人間の中で圧倒的な力で燃え上がっただろう。
 もし、月人間が、そのような未成熟な「私」の感情を経験していたなら、月人間はこの世から消えてしまおうと、恥ずかしさのあまり死んでしまおうとしただろう。
 我々も「恥ずかしさ」を感じるときには、その場から消えてしまいたい、床の下に入り込みたい、「私」をどこかに消し去ってしまいたいように思うだろう。

 日本人は、この体験はお馴染みだろう。

 没個性である。
 この意味で日本人の意識は遅れている。
 では、太古の月人間が、いかに周囲の力や存在と調和していたかを思い描いてみる。
 例えばもし、敵意を抱いた他の存在が、月人間に近づいてきても、どうしたらよいかなど考える必要もなかった。
 月人間は本能的に、敵を避ける方法を知っていたからである。
 いまの動物が敵から瞬時に逃げることでわかるだろう。
 このような月人間が、もし自我の意識をもっていたら、次のように考えるだろう。
「敵の野生動物が、私を消し去るのを、自然界の神々が赦すはずがない。宇宙の全てが調和するために私は存在し、だから、敵から身を守る手段が必ず存在するのを私は知っている。」
 とでも表現できるような方法で行動した。
 太古の月人間は、自身が宇宙の神々と完全な調和の中にあると感じていた。
 しかし、逆にもし、個人的な「私」という感情が月人間のなかに目覚めたなら、この調和は瞬時に失われただろう。
 そして、実際、地球上で個人的な「私」の感情が人間に浸透しはじめたとき、月人間と周囲の環境との間に、不調和を次第にもたらすようになっていった。
 http://plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/201505070000/

○ 今日は新嘗祭。

 新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)は、全国の神社で毎年11月23日に行われる儀式です。
 特に宮中祭祀として、天皇陛下が収穫を神に感謝する大祭のことを指します。
 伊勢神宮外宮では、早朝7時から外宮での「奉幣(ほうへい)の儀」
 伊勢神宮内宮では、11時から「大御饌(おおみけ)の儀」、
          14時から「奉幣の儀」があります。
 伊勢神宮外宮での大御饌の儀は夜間におこなわれます。
(※)大御饌(おおみけ)の儀:天照大御神に食べ物を供える祭儀。
 宮中では、18時から「夕(よい)の儀」から2時間。
      23時から「暁の儀」が2時間。
   毎年11月23日の夜から24日の未明にかけて皇居内の神嘉殿にその年収穫された穀物を供えます。
 午後6時から、午後11時からは「暁の儀」が2時間ずつおこなわれます。

○ 皇居の勤労奉仕団の結団式。

 東京駅八重洲口。

11月24日(木)、久しぶりにお酒を飲んでダウン、金縛りにあう

都心で11月の初雪は1962年以来54年ぶり

6時23分、昨日と同じ福島県沖の震源地で震度4の地震

10億円の宝くじと「太陽系生成のときの10置く(10億)」

 朝、久しぶりにお酒を飲んでダウン。
 起きてはトイレに行き、起きてはトイレに行っていた。
 そんな状態でウツロウツロに寝ていると、金縛りになった。
 自分の胸に何か覆いかぶさってきている感じだ。
 2体の霊がいる。
 一つは、糸魚川の叔父さんだ。
「幼いころから感謝しています」
 こういう思いを伝えた。
 二つ目は、昨日会った女の人の霊。
 この人は、昨日の会話を振り返っていたのだろう。
 振り返り思い出すときに想念がこちらに飛んでくる。

○ 気象庁は11月24日(木)午前6時15分ごろ、東京都心で初雪を観測したと発表した。

 11月中に都心で降雪が観測されたのは1962年以来54年ぶり。
 1962年は女房が生まれた年だ。
 さらに積雪が観測されれば、記録が残る61年以降で初めてになる。

6時23分、昨日と同じ福島県沖の震源地で震度4の地震。

 雪といい、地震の起きた時間といい、今日は女房の日だ。

○ 夕方、10億円の宝くじが発売される、と報道されていた。

「10億」という響きがいい。
 太陽系を生みあげるとき、数を奏上した。
「ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここの、たり」
 という風に10を置いたので「10億」という期間が過ぎた。

11月25日(金)、朝の夢「若い女の声で『お前たちは潰れてしまえ』」

歯医者の治療日、光宮(みや)100校の抽選で演劇都大会

 朝の夢。
 もう寝苦しくて起きた。
 若い32-33歳くらいの女の人の声がする。
「お前たちは潰れてしまえ」
 こういう呪いの声だ。
 想念(光の領域)の呪いの念は「熱」の領域に留まり「凝り固まり」になる。
 熱の部分のこの「凝り固まり」が溶けていくと、実体化して、こういう声になって現れていく。
 千引の岩戸が開かれて、天照大御神様も岩戸から出られて、迦具土命も復活され、黄泉国の開かれているので、言葉として発生されたものは実体化されていく。
鏡像反転の理」がある。
 昨日の金縛りに続く重たい雰囲気で目覚めた。

○ 歯医者の治療のために歩いているとき、

「おのれ、治療に行くつもりか」
 と威嚇してくる男の声がする。
 というのも、前回11月11日(金)の歯科治療に行くとき、
「今までの歯科医は今日(11月11日(金))が最後です」
 とある女の声(よく聞いてる?)で助言されていたからだ。
 その声に従っていれば、今日の歯科治療に行っては行けないはずだった。
 この世の常識に従えば、治療に行くべきなので、治療院に向かって歩き出すと、もう不愉快な気持ちが湧き上がってくる。

 私の歯科治療をさせたくない人たちがいるようだ。

 歯の治療をしていると、白い丸いクッションイスに右膝を組んで座っている叔父さんが現れてきた。
 すぐに、叔父さんの姿は、帽子を被りチョビ髭姿のアドルフ・ヒトラーに変わっていった。
 ヒトラーの霊性の本筋の在り方が示されたのだろう。
 今日歯科治療をするとこの部分にメスが入るので、歯科治療をさせたくなかったのかもしれない。

 11月23日(水)蜂の巣の映像を見ている。

 蜂の巣にも2つあった。
 蜜蜂の蜂の巣と、スズメバチの蜂の巣だ。
 熱の領域の、「凝り固まり」に関連していそうだ。

 治療が終わって、次回の予約の話になった。

12月2日(金)は?」
 と言われたのだが、12月2日(金)は勤労奉仕団の最終日になっていて日中は時間が取れない。
 今回は2週間の間があいてもよくて、次回は1週間後だという。

 なんで今回だけ2週間の時間が開いたの?

 私のこの間が開いた2週間の精神的しんどさは並大抵ではなかった。
 この2週間の私の気持ちのブレ!
 この時間の開かせ方はいったいなんだったんだ。
 先生の感覚に感応する何らかの「思い(霊性)」があったんだろう。
 治療方針がブレテいて、どうも定まらなくなった気がしてきた。
 私の予定では、12月5日(月)なら大丈夫だ。

○ 光宮(みや)が演劇で都大会の出場が決まる。

 100校の抽選で決まったという。
100」は「」だ。

11月26日(土)、朝の夢「ブランドが開けられて、日本の国旗が」

洲本文化体育館に電話

 朝の夢。
 横のブランドが開けられて、日本の国旗が現れてきた。
 左に掲揚棒、右手の方に旗が開かれている。

○ 日本の国旗を見ていることもあって、意を決して洲本文化体育館に電話。

 1000名クラスの場所は借りられず。
 500名クラスの部屋は、月曜日の準備のためにある団体が押えているという。
 その団体と交渉するので時間を欲しいということだった。

11月27日(日)、朝の夢「お寺で人形供養、洞窟の道で金の延べ棒」

夕方に魚さんから電話が入っていた

インターナルという会社の役員が3名逮捕

 朝の夢。
 ある大きなお寺があった。
 そのお寺の坊さんが私が納めた人形を供養をしてくれていた。
 私が納めたガラスケースに入った和服を着た人形が、私の目の前に現れてきて、
「このように綺麗になりました」
 と和服の両裾を少しツマミお辞儀をしてくる。
「まだ、首はこんなんですけどね」
 と首を取って見せてくれた。
 もうしばらく供養してもらえれば修復されそうだ。
 それにしても、読経の上手い坊さんだ。
 広い講堂で右手に向かって 読経している坊さんに挨拶させてただいた。
 しばらくして、右後ろの出口から家族そろって退出した。
 靴を履きながら、坊さんへのお礼をどうしようと思ったのだが、あいにくと持ち合わせがないので、自宅に戻ってから電話をかけて、手筈を整えようと思った。
 外でドイさんが待っていた。
 私たちの車を商店街を抜けた駐車場に止めておいたということだった。
 お祭りでにぎやかな商店が並んだ通りを抜けていくと、前方に少し広めの通りに出る。
 その通りに面した右手の方に、以前乗っていたハイエース(アルファード)が留めてあった。
 夢の中で、
「ようやくハイエース(アルファード)に乗れるようになった」
 と思っている自分がいた。

 次、場面が変わった。

 私は岩窟の通路を歩いている。
 前方から、私に目がけて激しい水流のようなものが迫ってくる。
 前に進めず押し戻されるのか、と思っていると、私の直前でとまり、渦となりそして金の延べ棒に変じて行った。
 先に進むにはその金の延べ棒をゲットして行け、ということらしかった。
 すぐに違う場面に変わったのだが、前のと同じような場面だった。
 前方から、私に目がけて激しい気流のようなものが迫ってくる。
 前に進めず押し戻されるのか、と思っていると、私の直前でとまり、渦となりそして金の延べ棒に変じて行った。
 先に進むにはその金の延べ棒をゲットして行け、ということらしかった。
 この二つの夢から、先に進むと激しい流れが押し寄せてくるが、しばらくすると、先に進むための資金や武器になってくれるという暗示だと思った。
 自分が判断する前に、迫りくるものが変化していっている。

○ 夕方の4時に淡路島の魚さんから留守電が入っていた。

 11月26日(土)に洲本文化体育館に連絡したのが、回りまわって魚さんに連絡が行ったのだという。

○ インターナルという会社の役員が3名逮捕。

 人気オンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ」を有利に攻略できるチートツール(だます道具)を販売したとして、11月10日(木)、ソフト開発会社「インターナル」(横浜市西区)社長、石田渉容疑者(40)ら3人が、神奈川県警に逮捕された。
 組織犯罪処罰法違反の偽計業務妨害容疑での摘発は全国初。
 このため買いたいと思っていたツールが買えなくなっている。

11月28日(月)、昨日の夕方に魚さんから電話が入っていた

インターナルという会社の役員が3名逮捕

 朝の携帯の電池が切れていて、充電したら魚さんから電話が入っていた。
 内容は、11月26日(土)に洲本文化体育館に連絡したのが、回りまわって魚さんに連絡が行ったのだという。
 ザックリしたところは話した。

○ インターナルという会社の役員が3名逮捕。

 ツールの販売会社だった。

11月29日(火)、皇居勤労奉仕団(1)。新月

朴槿恵大統領、午後2時半から事実上の「辞意表明」

 皇居勤労奉仕団(1)。
 午前中は本丸の案内。
 午後1時から、天皇陛下のお会釈。
 一番最後のお会釈で、
「日本を守る会」

あいう

○ 朴槿恵大統領、午後2時半から事実上の「辞意表明」。
 朴槿恵大統領はなぜ、11月29日(火)午後2時半からに事実上の「辞意表明」をしたのか。
 野党は30日にも朴氏への弾劾訴追案を発議する姿勢をみせ、与党の主流派からも退陣を求める声が上がっていた。
 朴氏が主導権を発揮しうる「最後の1日」だったといえる。
 国民への談話発表は、10月25日と11月4日に続き、これで3回目となる。

○ 新月の会。

 新月。21:19。

11月30日(水)、皇居勤労奉仕団(2)、安倍総理に出会う

国賓としてシンガポール共和国大統領

秋篠宮の51歳の誕生日

有識者会議第5回会合 憲法や公法

 皇居勤労奉仕団(2)
あいう  タン・シンガポール共和国大統領が宮殿に来られていた。
 そのため、作業をせずに待機。
 シンガポールの国旗は5つの星に月を配する。
 安倍総理が手を振りながら通過。
 自衛隊の鼓笛隊。
 ちょっとロスが多くて、癇に触った八木さん。

あいう

11月7日(月)第3回会合 皇室制度と歴史。
 平川祐弘(東大名誉教授 比較文学)、
 古川隆久(日大教授 日本近現代史)、
 保阪正康(ノンフィクション作家)、
 大原康男(国学院大名誉教授 宗教行政論)、

 所功(京都産業大名誉教授 日本法制文化史)

 11月14日(月)第4回会合 皇室制度と歴史。

 渡部昇一(上智大名誉教授)、
 岩井克己(ジャーナリスト)、
 笠原英彦(慶大教授)、
 櫻井よしこ(ジャーナリスト)、
 石原信雄(元官房副長官)、
 今谷明(帝京大特任教授)

 ⇒ 11月30日(水)第5回会合 憲法や公法。

 八木秀次(麗沢大教授)、
 百地章(日大教授)、
 大石真(京大大学院教授)、
 高橋和之(東大名誉教授)、

 園部逸夫(元最高裁判事)

 11月30日(水)は憲法の専門家5人から聴取し、4人が退位を容認し、1人が反対した。

 1、2回目と合わせた16人では、半数を超す9人が退位を容認した。

 このうち現在の天皇陛下に限り退位を可能にする特例法制定を容認する考えを示したのは5人だった。
 このうち、八木氏は
「自由意思による退位容認は、次代の即位拒否と短期間での退位を容認することになり、皇位の安定性を一気に揺るがす」
 として、退位に反対を表明し、国事行為の臨時代行など現行法で対応すべきだとした。
 百地氏は
「一時的な国民感情やムードだけで簡単に『終身制』を否定すべきではない」
 としつつ、 「高齢化社会に対応すべく、例外的に『譲位(退位)制』を認めることは賛成」
 と退位に理解を示した。  皇室典範の付則に退位を例外的に認める規定を明記した上で、「高齢」を条件とすることを特別法で定め、制度化する手法を提案した。
 大石氏は
「高齢社会を迎えた今日、終身在位制は広範囲にわたる公務の遂行とは両立しがたい現状に至っており、退位を認めるべきだ」
 とし、皇室典範を改正して恒久的な制度とすべきだと主張した。
 高橋氏は
「憲法は退位制度の創設を禁止していない」
 としつつ、法制上の措置については 「特例法あるいは皇室典範の特例規定(で対応すること)に憲法上、問題はない」
 とした。
 園部氏は特例法での対応に理解を示した上で
「制度化については引き続き議論を行うとしてはどうか」

 と提案した。

 専門家16人のうち一代限りの特例法容認の考えを示したのは5人にとどまったが、政府は特例法を軸に検討を進める姿勢は崩していない。
 会合後に記者会見した御厨貴・座長代理は「意見は相当拡散しているが、論点をうまく出していけば、議論を寄せていくことは可能ではないか」と述べた。
 これで16名の有識者の意見を聞き終えた。

12月1日(木)、皇居勤労奉仕団(3)、シオン山からのお水の献納

 皇居勤労奉仕団(3)。
 宮中三殿(皇霊殿・賢所・神殿)の周辺にシオン山からのお水の献納。

12月2日(金)、皇居勤労奉仕団(4)皇太子殿下

「GRとのお付き合いは御終いにする」

 皇居勤労奉仕団(4)。
 皇太子殿下のお会釈。

○ 自宅に帰ってくると、実加が

「GRとのお付き合いは御終いにする」
 と言ってきた。

 恋愛と夫婦の違いで、いつかはやってくる場面だ。

 

12月3日(土)、朝の夢「水没している足元」「水面下に線路」

「随分と乱暴に生きてきてしまったようだ」

3日未明、朴大統領の弾劾訴追案を国会に共同で提出

トランプ次期米大統領は2日、台湾の蔡英文総統と電話協議

実加が「お別れしてきた」 〜 大人になった

 朝の夢。
 大きな足場から離れて、自分のいる足場が離れて行っている。
 自分とともにいるのは数名だが、離れていく自分の足場も水面下に浸ってしまっている。
 離れていこうとしている大きい足場も、まもなく水面下に浸ろうとしているかのようだ。
 場面が変わった。
 水面下に鉄道の線路が浸っている。
 未来の映像なのか、過去の映像なのか、

「随分と乱暴に生きてきてしまったようだ」

 と自分の半生をしみじみと振り返っている自分がいる。
 私の本守護神の声だろうか?

○ 3日未明、朴大統領の弾劾訴追案を国会に共同で提出した。

 韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件をめぐり、野党3党と無所属の議員171人は3日未明、朴大統領の弾劾訴追案を国会に共同で提出した。

 12月8日(木)に議長が本会議に報告し、12月9日(金)に採決される。

(※)朴槿恵大統領が誕生した時のアジアの指導者。
 2012(平成24)年11月6日(火)のアメリカ大統領選の結果、オバマ大統領の再選。
 2012(平成24)年11月14日(水)中国共産党総書記に習近平氏が就任。
 2012(平成24)年12月16日(日)の衆議院選挙の結果、安倍晋三氏の自民党が圧勝。
 2012(平成24)年12月19日(水)に韓国大統領選で朴槿恵候補が勝利。
 2012(平成24)年12月21日(金)2万6千年の春
 2013年2月25日(月) 韓国で朴槿恵(パク・クネ)氏(61)の第18代大統領就任式。
 2013年は伊勢と出雲で遷宮と遷卸のある年だ。

○ トランプ次期米大統領は2日、台湾の蔡英文総統と電話協議し、

「米国と台湾の経済、政治、安全保障面での緊密な結びつき」
を確認した。
蔡氏は今年5月に就任しており、両者は互いに祝意を伝え合ったという。
トランプ氏の政権移行チームが発表した。
 1979年1月1日(月)に当時のカーター大統領が米中の国交を正常化させて以来、「一つの中国」原則を認識し、異論を唱えないとする立場から台湾の総統との接触を控えてきた。
 米メディアによると、米大統領や当選した次期大統領による協議が明らかになったのは1979年以来で初めて。

○ 19時に実加が

「お別れしてきた」
 と言って帰ってきた。
 大人になった
 4月24日(日)、実加の初デート。
 5月18日(水)、実加の夜が遅い。
 8月18日(木)から8月20日(土)の二泊3日の予定で群馬の嬬恋村へ旅行。
 12月3日(土)、実加のお付き合いが終了。

12月4日(日)、菅家さんの講演会・懇親会

 菅家さんの講演会・懇親会。
 新宿 ヒルトン 14時 13時30分
         18時 

12月5日(月)、歯科医に行く前の夢「鍋の湯が沸騰」

夜に魚谷さんから電話、夜寝る瞬間に毒蛇の映像

 歯医者に行く前の夢。
 鍋にお湯が入っており、その鍋がお湯が沸騰している。
 お湯が沸騰している映像は11月19日(土)にも見ている。
 この時の夢は、14時過ぎに女房と午睡をしていた時の夢だ。
 鍛冶屋(成田の家)があった場所が沸騰してい夢だ。
 隣の婆さんと爺さんの呪いの言葉がトリガー(弾きがね)となって、鍛冶屋(成田の家)の磁場が崩壊したことによって、密度が高まり温度が急上昇し、全てのものが沸騰しているのだ。
 沸騰しているような水面を見ながら、
「あ〜っ・・・!! 全て終わった」
 と感慨深い感想を述べながら目覚めた。

川行

○ 夜に魚谷さんから電話。
 来年2017年5月14日(日)の式典の打ち合わせ。

○ 夜寝る瞬間に毒蛇の映像。

 赤茶の黒っぽい蛇が突然現れて、私の左足に噛み付いてきた。
 夢の中で
「しまった!毒蛇に左足を咬まれた」
 咬まれた左足の無事を神様に祈った。
「ダンは、道端の蛇、小道のほとりに潜むマムシ。
 馬のかかとをかむと乗り手はあおむけに落ちる。」
 と予言されました。
 のちにはペリシテ人の圧迫に耐えかねてイスラエル領内を民族まるごと移住する小さなダン族から、その移住の前にペリシテ軍に甚大な被害を与えた豪傑サムソンが出てきたのは、この予言が「小さくても敵には勝利する」という意味だったのでしょう。

12月6日(火)、USUIさんから電話

夕方に魚谷さんから電話、小池百合子氏支援の区議7人除名

 USUIさんから電話。
 トイザラスのIDの取得。

○ 夕方に魚谷さんから電話。

「急に恐ろしくなってきた」
 という電話だった。

○ 小池百合子氏支援の区議7人除名 自民党都連が決定。

 自民党東京都連の下村博文会長は6日、都知事選で党の方針に反して小池百合子知事を支援した豊島、練馬両区議の7人を除名処分にしたと明らかにした。

12月7日(水)、朝の夢「2人の女性からの絡み」

夕方に魚谷さんから電話

 朝の夢。
 体育館に2人の女の人がいた。
 一人は糸魚川に由来し、もう一人は阿波に由来する。
 糸魚川が声をかけてきた。
 話していると、もう一人が私の背後に回り、後ろから私を抱きかかえてきた。
 力が強くと身動きが取れない。
 右手がスルスルと中心に伸びて行った。
「オイ、オイ」
 と思うのだが自分の手が動かない。
 相手の為すがままになっていた。
 その2人は私の処置が終わると
 場所を変え、別の男性の処置をしている。
 そこに、ある男性が近づいてきた。
「○○○」
 と言っているのだが、その○○○を聞き取ることが出来ないでいる。
 何かの秘儀のようなのだが、意味がよくわからない。

 変な夢だ。

 記録に残しておこう。

12月8日(木)、弟の命日。イスラエル大使館に電話

万太郎の家に引っ越し

 弟の命日。

○ イスラエル大使館に電話。

 イスラエル独立記念日は旧暦でお祝いする。
 旧暦の2017年5月2日(火)仏滅
 旧暦の2018年4月19日(木)赤口
 coheneli_1999@yahoo.com

○ 夕方の夢。

 我が家は、家族全員で万太郎の家に引っ越している。
 引っ越しの作業に疲れて、私は仏間に横になった。
 そしてすぐに金縛りにあった。
 天井に大きな毒蜘蛛がハベッテいて私の様子を伺っている。
 危機感を感じた私は、起き上がろうとするのだが、体が金縛りの状態になって身動きできない。
 声を出せれば、この金縛りの状態を解除できるのだが、声も出せない。
 何とか夢の中で声を出せて身動きできるようになって、玄関にでると、光宮(みや)が水を飲んでいる。
「光宮(みや)、お父さんの声が聞こえたらこっち来いよ」
 と言って頭を小突いた。
 そしたら、現実の玄関の扉が開いて、光宮(みや)が入ってきた。
 この現実とも夢ともつかぬ交差、不思議だ。

12月9日(金)、USUIさんとトイザラス豊島園、女房は健康診断

韓国国会本会議で朴氏に対する弾劾訴追案が可決

魚谷さんと打合せ〜内からの反対に対応、ヒカルランドのKOGURE さん

 USUIさんとトイザラス豊島園に。

○ 女房は仕事を休んで、健康診断へ。

 ところが、健康診断が11月までだった。

○ 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人で女性実業家、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件に絡み、国会本会議で12月9日(金)、朴氏に対する弾劾訴追案が野党側などの賛成多数で可決された。
 憲法裁判所が最長180日間の審理に入り、判断が出るまで朴氏の大統領権限は停止され、黄教安(ファン・ギョアン)首相が職務を代行する。
 国政混乱の長期化は決定的となった。
 可決には、国会議員の3分の2に当たる200人以上の賛成が必要。弾劾案を提出した野党勢力に加え、与党、セヌリ党議員も朴氏と距離を置く「非朴派」を中心に賛同に回り、賛成は234票に達した。

○ 魚谷さんと打合せ。

 資料の利用を問題視している人たちがいるらしい。
 ヒカルランドのKOGURE さんに事情を聴いてみることになった。

12月10日(土)、日本を知る会、ヒカルランドのKOGURE さん

 日本を知る会が始まる直前に、ヒカルランドのKOGURE さんから電話を頂戴した。
 要点は、マークを使っていること。
 本を誰の承諾で引用しているのか、との2点だった。

12月11日(日)、コーヘン氏へ講演依頼を英文で作る

 講演依頼を英文で作る。

12月12日(月)、魚谷さんに英文をFAX

天照大御神様の降臨から72日目(脈拍の数)

 魚谷さんに英文をFAX。

○ 昼にUSUIさんから電話あり。

 マレーシア発のMLMの商品がある。

2016年10月1日(土)の天照大御神様の降臨から72日目。

 天照大御神様の降臨が、この世への着床と捉えることが出来るとしたら・・
 着床に10日かかるとしたら、10日後とは、2016年10月10日(月)のことだ。
 波のリズムの18日後は、2016年10月18日(火)
 体温の36日後は、2016年11月6日(日)
 脈拍の72日後は、2016年12月12日(月)
 血圧の144日後は、2017年2月22日(水)
 288日(10月10日)後は、2017年7月15日(土)になる。

12月13日(火)、朝の夢「ウンコをしようとしてトイレに入り、綺麗かどうか」

天照大御神様の降臨から72日目(脈拍の数)

 朝の夢。
 ウンコをしようとしてトイレに入った。
 そして、そのトイレの便座が綺麗かどうか確認していた。
 便座は綺麗だったので、座ってウンコできそうだと安堵している。

○ コーエンさんに送る原稿の件で打ち合わせ。

 白山義高さんの親族は?
 菰野の水野電気工務所に長男が養子に入っているらしい、という情報を得る(okadaさん)。

12月14日(水)、菰野の水野電気工務所にお手紙

天皇陛下の譲位、一代限りとする特別措置法を提言することが有力

 満月 12月14日(水) 9:06 双子座。

○ 菰野の水野電気工務所にお手紙。。

○ 政府は14日、天皇陛下の譲位への対応などを検討する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)の第7回会合を首相官邸で開いた。 会合では譲位の恒久制度化への慎重論が相次ぎ、譲位を一代限りとする特別措置法を提言することが有力となった。

12月15日(木)、山口県でプーチン大統領と安倍総理の会談

「コーヘンさん、日本とイスラエルの関係についてお話しできる方?」

 山口県でプーチン大統領と安倍総理の会談。

○ 来年の収支内訳を魚谷さんへ。

 心の神様
「コーヘンさん、日本とイスラエルの関係についてお話しできる方?」
 と聞かれて、
「えっ!」
 と思った。

12月16日(金)、東京でプーチン大統領と安倍総理の会談

広尾のユダヤ教団に電話とメール、白山さんのお子さんは?

 山口県から東京に戻って、プーチン大統領と安倍総理の会談。

○ 広尾のユダヤ教団に電話とメール。

○ 菰野の水野電気工務所から返しの連絡がきました。

12月17日(土)、菰野の水野電気工務所から返しの連絡を魚谷さんとokadaさんへ返し

広尾のユダヤ教団に電話とメール、白山さんのお子さんは?

 菰野の水野電気工務所から返しの連絡を魚谷さんとokadaさんへ返し。

○ okadaさんとFBでやり取りしている時、お隣の挨拶。

 岡田さんという方で、来年子供が生まれるのだという。
 すごい共時性だ。

12月18日(日)、天之大神「ヒモの先まで油が塗ってある」

事務所の隣は戸毛さんという老人

 天之大神からの助言。
 ハマれば当たる。
 トラブルはそなた達の身を守るためのものじゃ。
 ヒモの先まで油が塗ってある。
 平成30年は30年で動いている。
 人々の思惑を超えたところで動いている。

○ 事務所の隣に引っ越してこられた。

 戸毛さんという老人だ。

○ 「十部族を発見するための条件」

(1)ユダヤ人が発見する。
(2)経済的に急成長する。
(3)選民意識がある。
(4)今も偶像の国である。
(5)埋没された民族である。
(6)いっせい行動のできる民族である。

 小石豊氏『日本人とユダヤ人の連合を世界が恐れる理由』(カッパブックス)より。

12月19日(月)、魚谷さん「アキエさんから連絡があった」

【鳥インフル】 宮崎・川南町の養鶏場で陽性反応

 魚谷さん
「アキエさんから連絡があった」
「最悪ビデオメッセージで対応」
 http://tukinohikari.jp/izumo/kushimikatama/inaba/index.html

○【鳥インフル】 宮崎・川南町の養鶏場で陽性反応。

 宮崎県は19日、同県川南(かわみなみ)町の養鶏場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。
 20日に結果が判明する遺伝子検査で高病原性の疑いが強まれば、家畜伝染病予防法に基づきこの養鶏場の約12万2000羽を殺処分し、半径10キロ以内で鶏や卵の移動を制限する。

12月20日(火)、朝の夢「六角形が敷き詰められた大地と五角形が敷き詰められら大地」

代官山の遺伝子が発する目覚まし音

夕方、お母さんの体からとても綺麗な神様が現れてきた

 朝の夢。
 六角形が敷き詰められた大地の映像を見た。
 六角形と言えば、蜂の巣の夢に続くと思った。
 すぐさま、五角形が敷き詰められた大地の映像に変わった。
 ユークリッド幾何学では五角形を隙間なく敷き詰めるのは不可能なのだが、夢では綺麗に敷き詰められていた。

 場面が続くのだが、コロリと変わって、代官山の遺伝子が発する目覚まし音。

○ 夕方、お母さんの体からとても綺麗な神様が現れてきた。
 人霊からの脱皮であるかのようにも見える。
 凄い!
 難という神様なんだろ?
 翌朝、心の神様から
「花窟のことは、お母さんが決めたんでしょう」
 と言われたらしい。
 花窟といったら、伊邪那美命じゃん!
 これまた、凄い。

12月21日(水)、女房の54歳の誕生日に「hase さんの姿」

心の神様「花窟はお母さんが決めたのでしょう」

最後のしがらみ(血管がこんがらかったような状態)

夜9時から本名宮司への式典の依頼文の作成開始(1)

 女房の54歳の誕生日。
 夢では、「hase さんの姿」がグっ!と現れてくる。
 なんでだろう?
 なんでだろう?
 なんでだろう?

○ 朝の女房を送ってきながら、昨日の夢について心の神様に尋ねた。

 心の神様
「花窟はお母さんが決めたのでしょう」
 すると、お母さんの御魂を通して伊邪那美命が顕れたことになる。
 これは凄い。

○ 肝臓や腎臓のような血管が密集したところに泥のような汚れがたくさんある映像。

「最後のしがらみ」
 心の神様に確認。
「その部分に気持ちを合わせない方がいいよ。」
 と助言を受けた。
 解けぬしがらみを背負って去っていってくれた素戔鳴神の苦労が水の泡となるのかもしれない。

○ 午後からは、発送などの準備や支払いを済ませせた。

 夜9時くらいから本名宮司への依頼文の作成に入った。

12月22日(木)10時30分、糸魚川で火災

お母さん・光宮と私で吉祥寺へ、お札立ての到着

本名宮司への式典の依頼文の作成(2)

 12月22日(木)10時30分ごろ、新潟県糸魚川市大町の中華料理店から出火した。
 第四銀行の糸魚川支店のある通りに周顕和(72)が経営している上海軒(糸魚川市大町1-2-7)という中華料理屋さんが出火元という。
 折からの強風で、近くの住宅や店舗に火が燃え広がった。現場はJR糸魚川駅に近い市の中心部で、木造の建物が密集しており、140棟以上が延焼。
 第四銀行の糸魚川支店の隣にある加賀の井酒造酒蔵全焼した。
 市消防本部は12月22日(木)午後20時50分に火災を鎮圧し、延焼の恐れがなくなった、と発表した。
 火事の原因は、鍋の空焚きだという。
 沸騰している鍋の映像は2回見ている。
 2016年11月19日(土)
 2016年12月5日(月)
 2回目の鍋は沸騰して空になって熱を帯びた鍋だった。

○ 15時にお母さん・光宮と私で吉祥寺へ。

○ 夕方にお札立の到着。

○ 本名宮司への式典の依頼文の作成(2)

12月23日(金)天皇誕生日で祝日、83歳になられる

お札立ての製作(1)

 天皇誕生日。
 天皇陛下は83歳になられる。

○ お札立の製作。

12月24日(土)、お札立の発送、さらに製作(2)

 お札立ての発送と製作(2)。

12月25日(日)、クリスマスが展地の誕生日、お札立の製作と発送(3)

糸魚川大火〜被害144棟、8割全焼

夕方の夢「私の背から蠅(ハエ)がふ化、次トンボがふ化」

心の神様の感想「糸魚川の寿命が近いのかもしれない」

伊勢神宮と田布施の位置関係(おのころの四音を挟んで)

 クリスマスが展地の誕生日。
 朝から、お札立の製作と発送をしていた(3)

○ 糸魚川大火〜被害144棟、8割全焼。

 糸魚川大火の被災証明の発行始まりる。
 被害144棟8割全焼
 2016年12月25日という日は、360目に当たる。

 五十黙示録 第01巻 扶桑の巻 第一帖

 天に神の座あるように、地には人民の座があるぞ、天にも人民の座があるぞ、地に神の座があるぞ。七の印(しるし)と申してあるぞ、七とはモノのなることぞ、天は三であり、地は四であると今迄は説かせてあったなれど愈々時節到来して、天の数二百十六、地の数一百四十四となりなり、伊邪那岐三となり、伊邪那美二となりなりて、ミトノマグハイして五となるのであるぞ、五は三百六十であるぞ、天の中の元のあり方であるぞ、七の燈台は十の燈台となり出づる時となったぞ、天は数ぞと申してあろう、地はいろは(意露波)であるぞ。
 判らん者が上に立つこととなるぞ、大グレン目の前、日本のみのことでないぞ、世界中のことであるぞ、今度は三千世界が変るのであるから今迄のようなタテカヘではないのであるぞ。何も彼も鏡にうつるのであるぞ。鏡が御神体であるぞ。何もうつらん御神体のカガミは何もならんぞ。

○ 作業を終えて夕方に午睡、その時の夢。

 両肩が痛いせいか、体を屈めてうずくまっている私が見える。
 私の背中の背が割れて、大きな蠅(ハエ)(蜂にも見える)が飛び出してきた。
 この映像をみて
「ベルゼブブだ」
 と思った。
 ベルゼブブは光の当たらない領域を司る。
 2015年2月20日(金)に、
「おのれ、○シファー、裏切るつもりか」
 という声を聴いているので、この段階でアロンの問題は決着がついていると考えていい。
 これから1年10か月(22か月)経って、ベルゼブブ問題も処理の目処がついたのかもしれない。
 次、大きな目玉のトンボが飛び出してきた。
 弟は私を「トンボ」と呼んだ。
 トンボが飛び立つということは、私の次の課題に移れるということかもしれない。

 ベルゼブブの位置にいるアロンは、「表のアロン」ではない。

 区別するために「表のアロン」と「ベルゼブブの位置にあるアロン」(表紙の裏のアロン)と表現しておこう。
 ○シファーは、「ベルゼブブの位置にあるアロン」(表紙の裏のアロン)に到達していて、身動き取れない状態になってしまったようだ。
 「ベルゼブブの位置にあるアロン」(表紙の裏のアロン)を救い出せば、アロン転落の原因となったベルゼブブまで表に引き上げてしまう。
 どうしたって天の運行と循環を待たざるを得ない。

 心の神様の感想

「糸魚川の寿命が近いのかもしれない」

○ 伊勢神宮と田布施の位置関係(おのころの四音を挟んで)。

 わざわざ光市という地名も置いてあるではないか?

12月26日(月)、朝の夢「トンボの羽と動体、頭が揃えて置いてある」

私の体から、もやしのような繊維筋がたくさん上の方に延びていく映像

sma×sma が最終回これで、スマップの終了

 朝の夢。
 昨夕みたトンボの羽が左側に縦に並べられ、右に胴体が縦に置かれている。
 その上に頭だ。
 この状態を確認すると、
「そなたはまだ飛び立つことはできぬ」
 という声だった。
 昨夕は、飛び立てるということは、いつでも天に戻れる状態になったということだと思ったのだが、ひと時の喜びに終わったか。

 2012(平成24)年2月12日(日)、天之大神からのお話があった。

「国常立尊が鎮座ましまし、所縁(ゆかり)の地に降り立ち、日を仰ぎ見る様をみぬは、そなたの罪ぞ」

 この流れから考えれば、戻れそうで戻れぬ元の世界。

 2015(平成27)年12月22日(火)冬至に、天之大神から
あと30年じゃ、この世の理を楽しんでゆっくりとこちらに戻られよ
 と言われている。
 さらに、千引の岩戸開き、素戔鳴(すさなる)神の岩戸開き、天照大御神の岩戸開きを踏まえて、2016(平成28)年6月30日(木)に天之大神から「天之大神の杖」と「30年」頂戴している。
そなたにはワシの杖を進ぜよう
救いに使え
 と言われた。
「この度のことを考慮して、あと30年そなたにあげよう」
 とも言われた。
 昨年の暮れに
「あと30年じゃ」
 と、30年寿命を頂戴していたので、これで合計60年加算されるらしい。

○ 昼過ぎ、新座から大泉に向かっている時の映像。

 私の体から、もやしのような繊維筋がたくさん上の方に延びていく映像。
 私が根(音)の底にいて、その場所から神経系を張り巡らせているようにも思える。
 苦労の苦しみでひび割れた隙間を通る根のようなものだ。

○ sma×sma が最終回、これでスマップの終了。

12月27日(火)、朝の夢「年齢を重ねて久しぶりにharaさんに会っていた」

安倍総理がハワイオアフ島の真珠湾を訪問

本名宮司への式典の依頼文の作成(3)

 朝の夢。
 久しぶりにharaさんに会っていた。
 お互いに年齢を重ねていい年になっている。
「その後どうされていた」
 と私は声をかけた。
「あなたはどうされていたの?」
 と問い返された。
 お互いに屈託のない青年時代があった。
 しばらく話をしていて、
「またお会いできる?」
 と尋ねてみた。
「あなたは?」
 という問いかけだった。
 年齢相応の夢を見るようになった。

○ 安倍総理がハワイオアフ島の真珠湾を訪問。

○ 本名宮司への式典の依頼文の作成(3)

12月28日(水)、安倍総理「リメンバーパールハーバー」

本名宮司への式典の依頼文の作成(完成)

魚谷さん「やっぱりできない」

 安倍総理。
 パールハーバーで演説。

○ 本名宮司への式典の依頼文の作成(完成)。

 魚谷さんへファックス。
 ファックスを受けて魚谷さんから電話。
「やっぱりできない」
「機械も壊れ修理しなきゃならないし」
「時間が取れない」

○ 21時38分、北茨城で震度6弱の地震発生。

12月29日(木)、新月

 日本橋で5時30分から新月の会。
 新月。15:54。

12月30日(金)、ジョイフルに買い物、魚谷さんと打合せ

 ジョイフルに買い物。
 魚谷さんと打合せ。

12月31日(土)、最後の納品、スマップ解散

本名宮司への式典の依頼文の作成(完成)

日の出の夢を見ながら年が明けた

 お札立の最後の納品。

○ 魚谷さんの意向を汲んで本名宮司への式典の依頼文の作成。

 魚谷さんへファックス送信して一年が終わった。

8月14日(日)の未明、スマップ解散というテロップが流れた。

 1月13日(水)

「スマップ、解散か?」
 と報道されていた。
 1月18日(月)に「解散回避」されたものの、溝は埋まらなかった。
 1988(昭和63)年当時人気絶頂だった光GENJIのバックで踊る「スケート・ボーイズ」メンバーから、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、森且行の6人で1988(昭和63)年4月に「SMAP」が結成された。
 1988(昭和63)年4月というのは、私にとって人生最大の勝負の時期だった。
 1988(昭和63)年4月10日(日)に第48回桜花賞(G1)が行われ、翌週の4月17日(日)に第48回皐月賞(G1)行われていた。
 1991(平成3)年「Can’t Stop!! −LOVING−」でCDデビューを果たした。
 1991(平成3)年、紅白歌合戦に初出場した。
 結成時のメンバである森且行は、1996(平成8)年5月までは、SMAPのメンバーとして活動したのち、オートレースの道に進んだ。

○ 初夢 〜 日の出。

 23時ごろいったんお布団に入った。
 日が変わり、新年になってからも同じ流れの夢を見た。
 それは「日の出」の夢を見た。
 3つも立て続けに「日の出」の夢を見た。
 海の地平線から昇ってくる太陽。
 山間から昇ってくる太陽。
 真上から降り注ぐ日の出の太陽。
 実に穏やかだ。


←2016(平成28)年のメモ書きと更新履歴の先頭へ戻る

(参考)メルマガ57号発行、平成23年4月27日(水)から2週間の概略

✓ฺ 4月27日(水)、午後に女房の診療所の移転。
✓ฺ 4月28日(木)、旧暦3月26日、吉野緊急入院、米の竜巻で202名・・
✓ฺ 4月29日(金)、英王室、ウィリアム王子の結婚式・・
✓ฺ 4月30日(土)、「おいそ」、「俺のところをどうしようっていうんだよ」・・
✓ฺ 5月1日(日)、八咫烏が守護してきた飛鳥道・・
    御機の二十九〔武仁大和討ちの紋〕 の編集開始。
✓ฺ 5月2日(月)、ビンラディン容疑者殺害、実加に北海道がない・・
✓ฺ 5月3日(火)、実加の撮影会、ビンラディンの遺体がアラビア海に水葬・・

 - - - - - - - - - - - - - - - - - -

✓ฺ 5月4日(水)、大きな手で「籠」が取られ、中から人が出された・・
✓ฺ 5月5日(木)那智勝浦から新宮の地図の作成と天之大神からの助言
✓ฺ 5月6日(金)、浜岡原発の停止要請、神々に「日の経綸」による請求
✓ฺ 5月7日(土)、石川正子氏逝去・
✓ฺ 5月8日(日)、「天に王星の顕れ・」、天之大神からの御言葉
✓ฺ 5月9日(月)、1号機の原子炉建屋の二重扉を開放、ミーティング、中部電力 浜岡原発停止受け入れ・・
✓ฺ 5月10日(火)、「神秘の力をあげよう」「光のない暗闇の剣(つるぎ)」

神社から授与されたお札を御札立てで大切に祀りましょう
神社から授与されたお札を御札立てで大切に祀りましょう

更新年一覧
2002(平成14)年
5月11日アップ

1958(昭和33)年
1959(昭和34)年
1960(昭和35)年★
1961(昭和36)年
1962(昭和37)年
1963(昭和38)年
1964(昭和39)年 東京OP
1965(昭和40)年
1966(昭和41)年
1967(昭和42)年
1968(昭和43)年
1969(昭和44)年
1970(昭和45)年
1971(昭和46)年
1972(昭和47)年★
1973(昭和48)年
1974(昭和49)年
1974(昭和49)年
1975(昭和50)年
1976(昭和51)年
1977(昭和52)年
1978(昭和53)年
1979(昭和54)年
1980(昭和55)年
1981(昭和56)年-辛酉の年
1982(昭和57)年
1983(昭和58)年
1984(昭和59)年★
1985(昭和60)年

 - - - - - - - -

1986(昭和61)年
1987(昭和62)年
1988(昭和63)年
1989(昭和64・平成元)年
1990(平成2)年
1991(平成3)年
1992(平成4)年
1993(平成5)年
1994(平成6)年
1995(平成7)年
1996(平成8)年★
1997(平成9)年
1998(平成10)年
1999(平成11)年
2000(平成12)年
2001(平成13)年
2002(平成14)年
2003(平成15)年
2004(平成16)年
2005(平成17)年
2006(平成18)年
2007(平成19)年
2008(平成20)年★
2009(平成21)年
2010(平成22)年

 - - - - - - - -

2011(平成23)年
2012(平成24)年
2013(平成25)年
2014(平成26)年
2015(平成27)年

2016(平成28)年

2017(平成29)年
2018(平成30)年
2019(平成31)年
2020(平成32)年★東京OP
2021(平成33)年
2022(平成34)年
2023(平成35)年
2024(平成36)年
2025(平成37)年
2026(平成38)年
2027(平成39)年
2028(平成40)年
2029(平成41)年
2030(平成42)年
2031(平成43)年
2032(平成44)年★
2033(平成45)年
2034(平成46)年
2035(平成47)年
2036(平成48)年
2037(平成49)年
2038(平成50)年
2039(平成51)年
2040(平成52)年
2041(平成53)年-辛酉の年
2042(平成54)年
2043(平成55)年
2044(平成56)年★
2045(平成57)年
2046(平成58)年
2047(平成59)年
2048(平成60)年
2049(平成61)年
2050(平成62)年