平成29年=2017年〔58歳〕のメモ書きと更新履歴|月の光

2017(平成29)年〔私58歳-酉年〕のメモ書きと更新履歴

【酉年】2017(平成29)年〔私58歳〕のメモ書きと更新履歴の最新の記事へ→

私58歳だ・・

 58歳になる年の指針になる可能性があると思って書き留めておいた記録だ。
 平成23年5月11日(水)から2週間の概略(メルマガ58号)。
 いい現れはそのまま動かし、悪い現われは気を使って過ごすべし。

○ ひふみ神示 第12巻 夜明けの巻 第12帖 (昭和20年年7月21日 - 8月10日)

 あら楽(たぬ)し、あなさやけ、元津御神の御光の、輝く御代ぞ近づけり。岩戸開けたり野も山も、草の片葉(かきは)も言(こと)止(や)めて、大御光に寄り集ふ、誠の御代ぞ楽しけれ。今一苦労二苦労、とことん苦労あるなれど、楽しき苦労ぞ目出度けれ。すぎて戌の年亥の年子の年 目出度けれ。一二三(ひふみ)の裏の御用する身魂も今に引き寄せるから、その覚悟せよ。覚悟よいか。待ちに待ちにし秋来たぞ。

 昭和20年年八月の七日、アメのひつくのかみ。

2016年 平成28年 57歳 (✓ฺ )2016年6月11日(土)、千引の岩戸開き。
(✓ฺ )2016年6月23日(木)、天照大神の岩戸開き。
(✓ฺ )リオオリンピックが開催される、日本時間2016年8月6日朝8時から、日本時間2016年8月22日朝8時)まで。
(✓ฺ )2016年8月8日(月)、天皇陛下生前譲位のお気持ち表明。
(✓ฺ )2016年8月17日(水)、リオオリンピック期間中に黄泉国開き。
(✓ฺ )2016年10月1日(土)、「おのころの四音」開きが成り、天照大神の降臨。
(✓ฺ )2016年10月16日(日)、牡羊座の満月に政府「2018(平成30)年に大嘗祭(だいじょうさい)を行いたい」。
(✓ฺ )11月にアメリカ大統領選挙。
2017年 平成29年 58歳  5月14日、69回目のイスラエル建国記念日。
2018年 平成30年 戌の年 59歳 11月大嘗祭。
2019年 平成31年 亥の年 60歳 予定されているトピック。
2020年 平成32年 子の年 61歳 (✓ฺ )2020年8月25日(火)〜9月6日(日)、第32回夏季オリンピック・東京オリンピック。

 10年前が平成10(1998)年で、私が39歳。至恩郷「日の宮」消失。

 9年前が平成11(1999)年で、私が40歳。全日本空輸61便のハイジャック。
 5年前が平成15(2003)年で、私が44歳。自損事故。
平成20(2008)年が真ん中の子の歳。
 5年後が平成25(2013)年で、私が54歳。伊勢神宮式年遷宮。
 9年後が平成29(2017)年で、私が58歳。イスラエル69回目の建国記念日。天宮1号の墜落。
 10年後が平成30(2018)年で、私が59歳。大嘗祭の予定。

 平成28(2016)年の重要なトピック。

 1月1日(日)、初夢「日の出」三連発。
 1月4日(水)、「契約の箱」は四洲園で燃やされている。
 1月5日(木)、朝の夢「光のモザイクのようなスクリーンからル〇ファー」
 1月6日(金)、立方体の中で私とル〇ファーが力を合わせると液状化。
 1月7日(土)、私とル〇ファーが力を合わせた液状に墨汁とタール。
 1月9日(月)、58歳の誕生日、火が灯る「大いなる循環の始まり」
        「わがきみの宮を建てるぞ」、本名宮司からの了解。
 1月10日(火)2時ごろの夢「ヤマトさんがこられて戯れ」、現実に女房が救急車搬送。
 1月12日(木)、満月、ぎにお布団に入って強固な金縛り、エネルギー溜り。
 1月13日(金)、朝の夢「今日よりそなたは生神としていきいくことになろう」
 1月16日(月)、朝の夢「ガラ携帯が止まり、精緻な装置が現れる」
 1月17日(火)、朝のイメージ「地上の新幹線、地上の電車」
        糸魚川から「年が明けて認知症が急に進んだ」
 1月18日(水)、心の神様「これで最後のしがらみがとけるよ」
 1月19日(木)、出口王仁三郎の69周忌の命日「三千世界がようやく整ったのじゃ」
 1月29日(日)、「伊邪那美命のミホト」の近くに汚水処理場を置いたから
          資格を取られた。
 2月1日(水)21時12分、成田満夫(昭和8年1月3日)死亡、享年84歳。




 平成29(2017)年5月14日(日)、イスラエル69回目の建国記念日。天宮1号の墜落。



 平成29(2017)年11月、実加がイギリスへ。

 平成29(2017)年12月8日(日)、天宮1号の墜落。

1月1日(日)、初夢「日の出」三連発、菅家さんのところで新年会

天皇陛下退位のための特例法案を提出、秋篠宮さまを「皇太子」待遇

 初夢 〜 日の出。
 大晦日の23時ごろにいったんお布団に入った。
 日が変わり、新年になってからも同じ流れの夢を見た。
 それは「日の出」の夢を見た。
 3つも立て続けに「日の出」の夢を見た。

 海の地平線から昇ってくる太陽。

あいう

 山間から昇ってくる太陽。

あいう

 真上から降り注ぐ日の出の太陽。

あいう

 実に穏やかだ。

〇 菅家さんのところで新年会。

〇 天皇陛下退位のための特例法案を提出。

 政府は天皇陛下の退位を実現するため、一代限りの特例法案を1月召集の通常国会に提出する方針を固めた。
 特例法案は皇室典範と皇室経済法や宮内庁法など関連法の特例を一括したものとする。
 皇位継承順位が1位となる秋篠宮さまを「皇太子」待遇。
 退位した天皇の呼称は「上皇」(太上天皇)とする。
 皇室典範には退位の規定がなく、特例法案に退位の手続きや、退位した天皇の呼称などを書き込む。
 皇室経済法に関しては、上皇を置くことに伴う支出を規定するほか、秋篠宮家への支出を皇位継承順位1位に見合う額に引き上げる特例を設ける方向だ。
 現在、生計を一にされている天皇、皇后両陛下と皇太子ご一家に支出される内廷費(2016年度)は3億2400万円。これに対し、秋篠宮家への皇族費(同)は6710万円にとどまる。

1月2日(月)、5月の企画の文書案

 5月の祭典の文書案を作成。

1月3日(火)、おじさんの84歳の誕生日、午後に魚谷さんにFAX

英国のEU離脱、メイ首相が覆す可能性もあり

蝶の羽の裏側に黒い線のような黒い毛がたくさん(黄泉国)

イスラエル大使への招待状作成(1)

 おじさんの84歳の誕生日。
 メッセージカードを書いて糸魚川に発送した。

〇 午後に魚谷さんにFAX。

 これで了解を得られれば発送できる。

〇 英国のEU離脱、メイ首相が覆す可能性もあり。

 昨年2016年6月23日に英国で行われた国民投票で、英国の有権者は欧州連合(EU)離脱(=ブレクジット)を選択した。
 昨年2016年10月2日にイギリスのメイ首相は与党・保守党の党大会で演説し、EU(=ヨーロッパ連合)からの離脱の通告を来年3月末までに行うと明言した。
 メイ首相が今年2017年3月末に離脱通告を行うと、2年間の交渉期限は2019年3月中までとなり、離脱協定が成立しなくても英国のEU離脱が決まってしまう。
 しかし、昨年2016年11月の英高等法院がミラー判決において、離脱通告には「議会の承認が必要」とされるとした。
 この判断が最高裁判所でも維持されれば、メイ首相がEUに離脱通告するには、上下両院の承認を待たなければならない。
 上下両院の意思が食い違う場合、下院の意思が優越するものの、上院(貴族院)は1年間だけ、法案の通過を遅らせることができる。
 上院の多数派はEU残留派とも言われている。
 つまり、離脱通告を2018年3月に提出することも可能になる。
 議会承認に2か月だけ手間取れば、2018年5月に離脱通告を提出することになるかもしれない。
 EUとの2年間の交渉期限は、2020年5月までとなる。
 現行の選挙法では、次の総選挙は2020年5月。
 内閣不信任決議案が可決するか(議員の過半数で成立)、あるいは全議員の3分の2以上の多数決で決定する場合を除き、早期解散はできない。
 離脱通告を少なくとも2018年5月まで遅らせるならば、次期総選挙で離脱条件の民意を問うことができる。
 つまり、仮に議会の承認が当初の予定より大幅に遅れるならば、次の総選挙で今度こそ”離脱条件”が争点となり、民意がEU残留にシフトする可能性もまだ残されているのだ。

〇 空気を飛んでいる蝶のようなもの。

 その羽の裏の細い黒っぽい毛のような線のようなものがたくさんついている。
 蝶は「空気」の象徴。
 空気の裏側が汚れているということは、黄泉国の状況を表しているのだろう。
 空気の中にエアポケット状の穴があって、そこから得体のしれない生き物が現れだしてきている。

〇 イスラエル大使への招待状作成(1)。

 イスラエル大使への招待状を作成し始めるも、中断。
 まず、宮司へ要請文が先だ。

1月4日(水)、魚谷さんから電話

調べると「契約の箱」は四洲園で燃やされていることに気付く

実家にお袋と弟を迎える夢、宮司に送る文書の修正

 昨日送った文書について魚谷さんから電話あり。
 修正して欲しい箇所の指示を受けた。

 話のなかで「箱」の話になった。

 なんだかんだ話をした後に、「かごめの唄」を検討すると、
 契約の箱は四洲園の岩場で燃やされている、
 と読めることに気付いた。
 凄い!
 上のことを文書にして魚谷さんにFAXした。

〇 夕方の仮眠の時の夢。

 私は山形の実家の掃除をしていた。
 久しぶりにお袋と弟が帰ってくる。
 バスが到着した気配がする。
 バスからお袋と弟が降りて実家に向かってきた。
 私が迎えに行こうとすると静止してくる。
 お袋と弟と久しぶりに楽しいひと時を過ごした。
 お袋と弟が帰る時刻になって、
「なぜ私がいけないのか」
 と不思議に思った。
 バス停まで見送りに行こうとすると
「オメは、まだこっちにはこれねぞ」
 とバス停に見送りにいくことを制止された。

〇 宮司に送る文書の修正。

1月5日(木)、朝の夢「光のモザイクのようなスクリーンからル〇ファー」

魚谷さん「契約の箱が四洲園で焼却されていたって凄いな!」

HAMAYA休み、女房がipadを使用しっぱなし

 朝の夢。
 光のモザイクのようなスクリーンが現れてきた。
 その中から現れてくる人物がいる。
 ル〇ファーに似ている。
 ル〇ファーの背後に付き従っている人物もいるのだがハッキリ自覚できない。
 アロンなのだろうか?
 ル〇ファーは私の方に歩み寄ってきて、私の左手に座った。
 私の座っている部屋は、窓のない堅固な壁で出来ている部屋だ。
 その堅固な部屋の正面の扉が開き始めた。
 黒子の姿をした人物が開けようとしている。
 どういう意味なんだろうか?

 上の夢の話をすると心の神様の声、

「みんな苦労を偲びここまでやってきている」
「速佐須良姫の苦労を見たことがあるのか?」
 と問いかけている。

 天之大神の声、

「それはまだ開けてはならぬ」

(※)1月6日(金)早朝の夢から「あの世とこの世の境界」のことだと自覚した。

〇 契約の箱についてのFAXをみた魚谷さんから電話があった。

「四洲園で焼却されていたなんて凄いな!」

〇 Hamaya に行くも休み。

 昨年の2016年12月30日(金)の午後にHamaya に行くももう営業が終わっていた。
 今日は営業が始まっていない。
 こういうことが年末と年始の2度続いた。

 自宅に戻ってipad で写真撮影をしようとするのだが、女房の使用中。

「写真撮影したい」
 と言ったのだけれど、使用中。
 神様の暗示になっていると思った。

〇 トランプ大統領の誕生を予言 〜 テレビアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』。

 http://tocana.jp/2016/11/post_11413_entry_2.html
 米国を代表するテレビアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』。
 今から15年前、2000年3月放送分の回で“トランプ大統領”が実名のキャラクターとして登場していたのだ。
 2030年の未来を覗いたという設定の物語中で、トランプ氏は最悪の前大統領として描かれている。
 トランプ政権時代のずさんな経済政策と犯罪の急増で、2030年のアメリカはまさに死に体というべき状況に陥っている。
 2017年から2025年まで勤め上げる可能性がある。

1月6日(金)、早朝の夢「仲間との飛行機旅行、最後に一人残される」

HAMAYA とシマホ、段ボール、私とル〇ファーが力を合わせると液状化

釜山の日本総領事館前に慰安婦像が新たに設置され対抗措置

糸魚川大火の撤去作業の開始、144棟の所有者の約8割から撤去の同意

本名宮司への最終文案の完成

 2時過ぎの早朝の夢。
 大事な夢なので急いで起きて記録に残している。
 青年時代の20名くらいで飛行機を利用した楽しい旅行だった。
 坂本竜馬もいたし、田中光顕もいる。
 結構有名な人たちとの楽しい旅行だった。
 飛行機がエアポケットに入る瞬間の無重力を利用して、宙に浮いてみんなで記念写真を取ったりしてハメを外した旅行だった。
 2週間くらいの旅行だったろうか。
 中継の空港に来て、みんなでお土産を買おうということになって、それぞれが関心のあるお店に立ち寄ることになった。
 どういうわけか、私はお金を持たずに旅行している。
 知人がこの空港でつかえるカードを貸してくれた。
 自動販売機に面白そうな機械のような装置のようなものが売っていたのでカードをいれて購入した。
 3種類の商品を買ったのだが、2個しか出てこない。
 明細がプリントアウトされている最中にツアーコンダクターが私の元にやってきて、私の腕をつかんで、私は空港の待合室のほうに連れて行かれた。
 カードの不正使用と疑われたようだ。
 私は友人の同意のあるカードだ、と説明するのだが、飛行機に戻してもらえず、この待合室で待っているようにという指示だった。
 待合室には弟と同じ学年の人たちが自分の乗る便を待っている。
 飛行機の便が次々と飛び立っていく。
 待合室には私だけになった。
 どうやら私だけ飛行機に乗れなかったようだ。
 しばらくすると、(カードを貸してくれた?)学生時代のsekineがやってきて
「成田さん」
 と声をかけてくれた。
「よかったですね」
 という雰囲気が伝わってくる。
 学生時代のsekineを見上げながら出発便の入り口をみると、お袋と弟が搭乗ゲートに入ろうとしていた。
 お袋は一昨日と同じく
「オメはきてはダメだ」
 と飛行機に乗るのを制止する。

 2週間前というと2016年12月23日(金)の天皇陛下の誕生日だ。

 2016年12月21日(水)から宮司への要請文を書き始めて
 2016年12月22日(木)に糸魚川の火災、お札立の到着。
 2016年12月23日(金)は天皇陛下の83歳の誕生日。
 2016年12月24日(土)はお札立ての発送。

〇 HAMAYA とシマホ、段ボールを購入しようとしているときの白日夢。

 昨日のル〇ファーの続きだった。
 私とル〇ファーは小さい立方体のなかに閉じ込められている。
 外に出ようとして中から立方体を押し開けようとするのだが頑丈でビクともしない。
 しばらくして、立方体というには伊邪那岐命と伊邪那美命の国生みの象徴なので心配する必要のないことだと悟った。
 それにしてもどうなっているのだろう。
 私とル〇ファーを封じた立方体は暗闇の虚空を下へ下へと沈降していく。
 途中に被膜のような層があって下へいけなくなった。
 私とル〇ファーは力を合わせて、立方体の形状を液状化させ、この被膜の小さな隙間を通り抜けた。
 通り抜けると、再び立方体に戻した。
 まだ沈降を続けている。
 また被膜の層にぶつかった。
 再び私はル〇ファーと力を合わせて立方体を液状化させこの層を通過した。
 立方体のまま、底の到着したようだ。
 到着すると、立方体は液状化した。
 底の状態をみると、粒々した突起状の隆起物が見える。
 心の神様の声がした
「お父さんの心の状態だよ」
「お父さんの言葉にはトゲがあったでしょ、この粒々した突起状の隆起物がそうさせていたんだよ」
「今、朝祝詞でゆっくり神様のために祈ってるでしょ」
「それでようやくここまで小さくなったんだよ」
「もう少しだよ」
 という解説だった。
 さらにもっと聞いた。
「ル〇ファーの光と私が力を合わせると液状化することが出来るんだ?」
「そうだよ、遠い昔はそうだったんだよ」
 この液状化された状態は「水」ではない別の状態で、どこにでも入り込めるらしい。
 液状化するには、伊邪那岐命と伊邪那美命の国生みの力で立方体になっていることが必要らしい。
 私とル〇ファーが力を合わせるなんて、違うステージに入ったらしい。
 心の神様は
「明日だよ」
 と言われる。

あいう

 光と音の結びつきが無くなると、人霊の状態では生きていけない。

 私が今日こういう状態になることを察知して、1月4日(水)の夢で母親と弟が私のところにやってきていたし、1月6日(金)の早朝にも亡くなった人との旅行の夢を見ていたのだろう。

〇 釜山の日本総領事館前に慰安婦像が新たに設置され対抗措置。

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、年末に韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された国際法違反行為への当面の対抗措置として、
(1)長嶺安政・駐韓日本大使と森本康敬・在釜山日本総領事の一時帰国
(2)日韓通貨交換(スワップ)の取り決め協議の中断
(3)日韓ハイレベル経済協議の延期
(4)在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ−の4項目を発表した。

〇 糸魚川大火の撤去作業の開始。

 昨年2016年12月22日に起きた新潟県糸魚川いといがわ市の大火で、被災した民有地に残るがれきの撤去が6日始まった。
 被災者の負担軽減と早期復旧のため、撤去は市が一元的に担う。市は3月末までに作業を終えたい考えだ。
 市は同日までに、大火で焼損した建物144棟の所有者の約8割から撤去の同意を取り付けた。
 撤去費用は、国が補助金や特別交付金で9割を賄い、残り1割を県と市が負担する方向で調整している。
 当初、市が「最大2割」としていた被災者の負担はなくなる見込みだ。

あいう

〇 宮司への文書の推敲完了。

1月7日(土)、昭和天皇の命日の日にトランプ大統領を承認

4時に本名宮司と千家宮司へのお願い文の発送

ベルゼブブの位置に落とされているアロンの成果 〜 墨汁とタール

 昭和天皇の命日。

〇 米上下両院合同会議は現地時間の1月6日(金)、トランプ次期大統領の大統領選勝利を正式に承認した。
 トランプ氏は1月20日(金)、首都ワシントンで開く就任式で宣誓し、第45代大統領に正式就任する。

〇 夕方出雲の宮司さんへの文書を添えて本名宮司へ文書の発送。

〇 昨日の続きの夢。
 暗闇の虚空に墨汁のようなモノが入っているビンが現れた。
 そして、底の方に流されていった。
 これをみて
「せっかくきれいになったのが汚れちゃう」
 と思った。
 キレイに掃除した箇所にヒビや隙間があったりすると、そこから微粒子が入り込んでオカシクなるのではないか、と思った。
 そしたら今度はタールのようなモノが入っているビンが現れた。
 墨汁のビンと同じようにタール状の液体も下の方に流されていった。
 このタール状のものは、底に到着して、液状化している私とル〇ファーの傍にやってきた。
 墨汁のように粒子が軽くならなかったものは、タール状になるものらしい。
 ここで昨日のように心の神様から説明があった。
「墨汁は火の国のススの一つの成果だよ」
「神様がこれで光の層に書くと絵画になり、音の層に書くと音楽になり、心の層に書くと神勅や習俗や文化になって現れるんだよ」
「タール状のものも、火の国のススの成果なんだよ」
「ベルゼブブ(アロン)の慈愛によって再燃焼できるようになったんだよ」
 説明を聞きながら不死鳥の火の鳥のような話だと思った。
 不死鳥は灰の中から復活してくる。
「私とル〇ファーの液状化された物質に触れると発火し、再び火の国が現れるんだよ。」
 現在のベルゼブブの位置にアロンが落とされて苦労をしいられているのだが、再び火の国が現れて熱の領域が整えられるらしい。
 天使の国の領域というより、火と水の大循環のなかでの、光と熱の関わりとして現れることになる。
 凄い段階に入った。

あいう

 ベルゼブブの位置にいるアロンは、「表のアロン」ではない。

 区別するために「表のアロン」と「ベルゼブブの位置にあるアロン」(表紙の裏のアロン)と表現しておこう。
 ○シファーは、「ベルゼブブの位置にあるアロン」(表紙の裏のアロン)に到達していて、身動き取れない状態になってしまったようだ。
 「ベルゼブブの位置にあるアロン」(表紙の裏のアロン)を救い出せば、アロン転落の原因となったベルゼブブまで表に引き上げてしまう。
 どうしたって天の運行と循環を待たざるを得ない。

1月8日(日)、要請文は9時46分に神社に到着

心の神様「お父さん、明日だよ」

 昨日の夕方に発送した要請文は9時46分に神社についている。

〇 昼過ぎ、心の神様から

「お父さん、明日だよ」

1月9日(月)、58歳の誕生日、火が灯る「大いなる循環の始まり」

心の神様「今日はスゴイことがおこるんだよ」

「わがきみの宮を建てるぞ」

韓国大使の長嶺安政氏と森本康敬・釜山総領事が一時帰国

本名宮司から一応の内諾が得られる、魚谷さんに電話

 私が58歳の日の出前の朝の夢。
 宙空でローソクが燃えている。
 私が関わる火は宙空のものではないと夢で思っている。
 1月7日の夢の底の部分で、タール状の液体から黒い芯が出てきた。
 この黒い芯に火が付いた。
 黒い芯は見えている。
 こうなれば、ベルゼブブもみんなに芯として自覚されるのかもしれない。
 全てが大いなる循環の中に戻ったのだろうか?

〇 心の神様から早朝の言葉、

「今日はスゴイことがおこるんだよ、ビックリするようなことがおこるんだよ」

〇 昼過ぎからの白日夢、

 木製の塀が立ち上げられていって、敷地が整えられ、通路が出来て行った。
「わがきみの宮を建てるぞ」
 と号令が掛けられていった。

〇 韓国大使の長嶺安政氏と森本康敬・釜山総領事が一時帰国。

 韓国・釜山に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置の一環。

〇 本名宮司に電話し、一応の内諾が得られた。

1月10日(火)2時ごろの夢「ヤマトさんがこられて戯れる」

救急車で女房の搬送、女房の休み

皇太子様の天皇即位の儀式を2019(平成31)年1月1日に行う

岡山からのお札立は本日の発送になった

成田市の方に「契約の箱」についての問い合わせ

 日が変わって2時くらいの夢だ。
 昨日本名宮司から返答をヤマトさんに伝えてあった。
 それに対して
「良かったですね」
 と返信があった。
 喜んでもらえているらしかった。
 23時くらいにお布団に入り日が変わったころに、変な夢を見た。
 大きな体育館にお布団が4〜5列で沢山並べられていた。
 私たち家族は、手前左方向の左壁側から20目くらいの位置の布団に入っていた。
 そこにヤマトさんが
「良かったですね」
 といってやってきて、
「私も休んでいいかしら」
 という。
 私は
「どうぞ」
 といって近くの空いているお布団を示した。
 ヤマトさんは、初めは私の隣に休み、しばらくすると、またお布団を変えて休んでいった。
 なかでは掛け布団を高く積み上げて休み、壁際の布団では枕を抱きしてて
「一生!一緒!」
 と言っていた。
 そんなこんなをしながら、
「私、帰る時間がきたわ」
 と私に挨拶に来た。
 ヤマトさんの隣には女房が立っていて、黒い影の子供たちが3名いる。
「それではね」
 とヤマトさんが私に言葉をけると同時に、現実の女房の手が私に延びてきた。
 体が小刻みに震えていてちょっと苦しそうだ。
 リビングから血圧計をもってきて測定してみると「210」だ。
 これは大変!
 ヤマトさんと一緒に連れて行かれては困ると思った。
 実加を起し、救急車を呼んでもらった。
 それで時間を2時と確認した。
 救急隊員が病院を探して、近くの順天堂練馬病院に行くことになった。
 女房を待っている間、天之大神とのお話し。
「そなたの寿命を分けてあげることはできるぞ」
 とのことだった。
 これまでの御神業を一生懸命支えてくれた女房なので、あの世に行くのは同じ時期がいいと思う。
 昨年頂戴した30年という寿命を女房にやってほしいとお願いした。
 天之神様に了解していただけのだと思う。
 私が旅立って、ついでに女房がやってくる。
 それでいこう。

〇 皇太子様の天皇即位の儀式を2019(平成31)年1月1日に行う。

 天皇陛下が在位30年を節目として譲位を希望されていることを受け、政府は、2019(平成31)年1月1日(元日)に皇太子さまの天皇即位に伴う儀式を行い、同日から新元号とする方向で検討に入った。
 国民生活への影響を最小限とするには元日の譲位が望ましいと判断した。
 譲位に伴う関連法案は、有識者会議の報告と衆参両院の論議を踏まえ、5月上旬にも国会に提出する見通し。
 譲位は「一代限り」として皇室典範改正は最小限にとどめる方向で検討を進める。
 皇位継承に伴う重要儀礼である大嘗祭は、準備に半年以上を要するため、平成31年11月にずれ込む見通し。皇位継承を内外に示す国事行為「即位礼正殿の儀」は大嘗祭の前に行われるという。
 これも大きなニュースだ。

〇 岡山からのお札立は本日の午後2時51分の発送になった。

〇 成田市の方に「契約の箱」について問い合わせ。

 この影響か少し熱っぽい。

1月11日(水)、お札立の製作と発送

根本さんからメール「紹介したい人がいる」

 昼ごろ、佐川に荷を取りに行き、お札立の製作。
 待った。
 そしてFBA納品。

〇 根本さんからメール。

「紹介したい人がいる」
 という内容のメールだった。

1月12日(木)、満月

朝の夢「携帯電話が圏外になっている」、美穂の三者面談

23時過ぎにお布団に入って強固な金縛り、エネルギー溜り

 20:35、満月。

〇 朝の夢。

 私の携帯電話が圏外になっている。
 ということは誰とも連絡がつかない状況になっているといことなのだろう。

〇 昨日の根本さんからのメールに対して返信のメール。

 昨日書いた内容では不都合あるということで、携帯電話が圏外の夢が示されてきたと実感。
 内容を修正して書き直した。
 その途中で、女房から
「長谷工に電話して」
 と言われた。
 玄関前の照明と洗面所・お風呂場の水が止まらないの2点があった。
 長谷工の担当に回されると、担当者が「根本さん」という女性の方だった。
 面白いな。
 メールの内容が大丈夫と言われたのだろう。

〇 5時から、美穂の三者面談。

〇 23時過ぎに寝てすぐに強固な金縛り。

 私が横になったお布団の左隣に、誰かいるようなエネルギー溜まりを感じる。
 そのエネルギー溜りが私に近づいて入ってくる。
 金縛りだ。
 これは今まで経験したことのないような金縛りで非常にキツイ。
 一回金縛りを解いて、ゆっくりするとまたやってくる。
 このエネルギー溜まり、地球のものではない。
 ちょっと異質だ。
 今日の昼ごろ、2人のメールをしたが、そのメールを伝ってやって来た想念波動だろうか?
 それとも満月の影響だろうか?

1月13日(金)、朝の夢「今日よりそなたは生神としていきいくことになろう」

日本橋から講師要請、お札立の第二弾の製作開始

 昨日の強固な金縛りの影響もあって、少し疲れている。
 目が覚める直前、ある手が現れて私の肺の中に火を灯していた。
 そして次のように言われる、
「今日よりそなたは生神として生きていくことになろう」

〇 日本橋から講師要請。

〇 お札立の第二弾の製作開始。

1月14日(土)、お札立の第二弾の製作と発送

日本に寒波襲来で各地で大雪、東京は快晴(1)

 お札立の第二弾の製作と発送。

〇 日本に寒波襲来で各地で大雪、東京は快晴(1)。

1月15日(日)、日本に寒波襲来で各地で大雪、東京は快晴(2)

 日本に寒波襲来で各地で大雪、東京は快晴(2)。

1月16日(月)、朝の夢「ガラ携帯が止まり、精緻な装置が現れる」

魚谷さんと連絡が取れイスラエル遺跡奉賛会の趣旨確認、宮司にFAX

隣にいた新井さんの娘さんから電話

 朝の夢。
 1月12日(木)に見た携帯電話の続きの夢だと思った。
 ガラケー携帯電話が現れて、電池が切れたかどうかわからないが、全く反応しなくなった。
 この無反応な状態を確認して、大きな通信施設のような、地下鉄の運行システムのようなものが私の目の前に現れてきた。
 この装置の運転を任されているかのようだ。
 今までのオモチャのようなガラケーの携帯電話とは全くモノが違う。
 朝起きたときは、全く指導する状態になかったが、時間がたつにつれて、各所に明かりや点滅が現れて稼働し始めようとしている。
 夜には動き始めている。
 この装置が始動し始めると、1時から7時の方角へ地下鉄が運行し始めたようだ。
 この地下鉄の運行もシステムの一つで、このシステムは中央制御システムになっているかのようだ。

〇 魚谷さんと連絡が取れた。

 古茂江遺跡(イスラエル遺跡)奉賛会の趣旨確認を終えて、宮司にFAX送信。

〇 隣にいた新井さんの娘さんから電話。

 来週の木曜日に伺うことになった。

1月17日(火)、朝のイメージ「地上の新幹線、地上の電車」

阪神淡路大震災から22年、魚谷さんへ文書を封筒へ

糸魚川から「年が明けて認知症が急に進んだ」

 昨日の夢の続き。
 地上の駅構内を新幹線が1時から7時の方角に走ろうとしている。
 続いて、普通電車が地上の駅構内を1時から7時の方角に走っている。

 この夢のイメージは、宮司にFAXを送った影響からだろうか?

 ちなみに、飛行機も現れてくるのだろうか?
 と思っていると、操縦不能な状態になっている飛行機の映像が送られてくる。
 昨日の装置では飛行機の管制と操縦は無理なようだった。
 昨日と今日の夢のイメージは今回の式典と祭典の進捗状況を知らせてくれるものらしい。

〇 阪神淡路大震災から22年。

 早いな。
 ついこないだのような気がする。

〇 魚谷さんへ文書を郵送するために準備しているとき、糸魚川から電話があった。

 石井さんからだった。
「年が明けて、認知症が急に進んだ」
「薬を飲みきれない」

「幻覚をみて、その人と話しているようだ」

 2016年12月25日(日)夕方に、私の背から蠅(ハエ)がふ化、次トンボがふ化する夢を見ていのでその流れと関係しているかもしれない。

 1月5日(木)、朝の夢「光のモザイクのようなスクリーンからル〇ファー」

 1月6日(金)、立方体の中で私とル〇ファーが力を合わせると液状化。
 1月7日(土)、私とル〇ファーが力を合わせた液状に墨汁とタール。
 1月9日(月)、58歳の誕生日、火が灯る「大いなる循環の始まり」
        「わがきみの宮を建てるぞ」
 1月10日(火)2時ごろの夢「ヤマトさんがこられて戯れ」、現実に女房が救急車搬送。
 1月12日(木)、満月、ぎにお布団に入って強固な金縛り、エネルギー溜り。
 1月13日(金)、朝の夢「今日よりそなたは生神としていきいくことになろう」
 1月16日(月)、朝の夢「ガラ携帯が止まり、精緻な装置が現れる」
 1月17日(火)、朝のイメージ「地上の新幹線、地上の電車」
        糸魚川から「年が明けて認知症が急に進んだ」

〇 心の神様の感想、

「良し!これで全てうまく行く」

1月18日(水)、光宮(みや)もインフルエンザA、魚谷さんへ投函

アマゾンから口座へ、お札立ての発注(2月3日)

心の神様「これで最後のしがらみがとけるよ」

アパホテルの南京大虐殺と慰安婦問題

 美穂と光宮(みや)を病院へ。
 結果は、光宮(みや)もインフルエンザAで学校を来週の月曜日まで休み。
 美穂のインフルエンザがうつったらしい。

〇 昨日作った魚谷さんへの封書を投函。

〇 アマゾンから口座へ。

〇 お札立ての発注。
 合計で300個の発注だ。
 2月3日(金)に発送される予定だ。

〇 女房を迎えに行き、買い物を待っている時、心の神様の言葉、

「これで最後のしがらみがとけるよ」

 ということだった。

 2016年12月21日(水)に、最後のしがらみ(血管がこんがらかったような状態)の映像を見ていた。
 そして、心の神様から、
「その部分に気持ちを合わせない方がいいよ。」
 という助言を受けた。

 そして、翌日に糸魚川大火だった。

 また、2014年1月21日(火)、心の神様から
「スサノオ神は、しがらみを背負って去ったんだよ」
 と言われている。

〇 アパホテルの南京大虐殺と慰安婦問題。

 中国共産党が嚙み付いてきた。

1月19日(木)、出口王仁三郎の69周忌の命日

朝の夢「砂金が集められ大きくなっていく」

12:17、昨日発送した封書が淡路島の魚谷さんに届く

歯が痛くなり歯科医へ、「三千世界がようやく整ったのじゃ」

 出口王仁三郎の69周忌の命日、76歳で亡くなっている。

〇 朝の夢。

 心の底に砂金のようなものが散らばっていて、それが集められて大きくなっていく映像。
 同時に、衣服の燃えカスのようなものが宙に舞っているような感じだ。

12:17、昨日発送した封書が淡路島の魚谷さんに届く。

〇 歯科治療は、昨年2016年12月5日で中断していた。

 根の部分がズキンズキンし、鼻がツンツンとしてクシャミがでるので急きょ歯科医に行った。
 歯科医に行くとき、心の神様が
この歯医者は今日で最後だよ
 と言われたような気がする。
 治療の結果は、
「根はキレイだ」
 と言って洗浄のみの治療でしかなかった。
「ダメだな、こりゃ!」
 おそらく治療できる設備がないのだろう。
 次回は2月7日(火)という約束にしたが、行けるのだろうか?

〇 21時ごろの映像

 立方体が八方から引っ張られ円弧状になっている状態のなかに、繭のようなモノが入っている。
 灰色でウズ状星雲のようにも見える。
 それがある部屋のような空間に、規則正しく配列されている。
「三千世界じゃ」
 と声がする。
「三千世界がようやく整ったのじゃ」
 という声がする。
 天之大神の言葉だろうか?

1月20日(金)、朝の夢「線香花火からピストルとライフル」

「グラスが現れ、中から透明な水と淡いピンクの水」

実加が大学で面談、沖縄県うるま市に米軍のヘリコプターが不時着

日本時間の真夜中からアメリカ大統領就任式の始まり

 朝の夢。
 線香花火のような火ダマリがあって、その火ダマリが小さくなっていくと中からピストルやライフルのような武器が現れてきた。
 このピストルやライフルのような武器をどのような気持ちで使うのかが問題だ。
 次にすぐに場面が変わって、ガラス製の百合のようなグラスが現れてきた。
 グラスの底が二つに開いていて、その割れ目からキレイで透明な水が湧き上がってくる。
 生命の水のようだ。
 このグラスからは透明な淡いピンクの水も出てくるようだ。

〇 石神井の森さん、春日町の大島さん。

〇 実加が大学で面談。
 2月末まで時間をもらえることになった。

〇 女房の買物を待っている間に心の神様からの助言。

 今日の夢の場面についての解説だった。
 線香花火の火ダマリからピストルやライフルのような武器が現れてくるのは、アメリカの大統領に関わっているようだ。
 次の百合のグラスの水の夢は、これからの自分が生きていく経済に関わる夢らしい。
 日々の問題に対処する姿勢を丁寧に丁寧にやれるかだ。

 丁寧にやれないと、ガラスなのでパリンと割れる。

〇 20日午後8時すぎ、沖縄県うるま市の住民から「伊計島(いけいじま)でヘリコプターが不時着している」と110番通報があった。
 うるま署員が伊計島中央部付近の現場に駆けつけたところ、農道上に、ヘリコプターが着陸していた。

 防衛省によると、米軍のヘリコプター。

〇 就任式の朝、まずトランプ氏は、ホワイトハウスの前にある教会で行われる礼拝に参列します。
 その後、オバマ大統領夫妻の招待で、トランプ氏はメラニア夫人とともにホワイトハウスを訪れ、一緒にお茶を飲む時間を過ごしたあと、オバマ大統領のエスコートで、就任式の宣誓を行う連邦議会議事堂へと車で移動します。

1月21日(土)、アメリカ大統領就任式

朝の夢「正四面体と正四角錐(ピラミッド)」

昼過ぎから両肩と背中の痛みが緩和、夜は「日本を知る会」の新年会

 アメリカ大統領就任式は日本時間1月21日午前1時半(アメリカ時間20日午前11時半)から始まりまった。
 そして、権限が移譲される日本時間1月21日午前2時(アメリカ時間20日正午)に合わせて、最高裁判所のロバーツ長官の立ち会いのもと、トランプ氏が宣誓を行い、大統領という職務を忠実に執行すると誓って、第45代の大統領に就任します。
 核兵器の発射に使う通信機器などが収められた「核のフットボール」と呼ばれるカバンも就任式に運ばれ、アメリカ時間20日正午をもって、トランプ新大統領に引き継がれる。

あいう

あいう 〇 朝の夢。
 正四面体が現れて、左から右へと霧のようなモノが漂っている。
 1月6日(金)に見ている立方体の映像に関係するものだろうか。

 女房を送っていって帰ってくると、正四角錐(ピラミッド)の映像に変わっていた。
 正四角錐(ピラミッド)を上下合わせると正八面体になる。

あいう
あいう
 正六面体、正四面体、正八面体とこの世の立体構成のモデルが出そろったということだろうか?

〇 昼過ぎから背中と両肩の痛みが和らぎ始めてきた。

 不思議だ。
 昨年9月下旬は痛くなかった。
 淡路島のことをやり始めた10月ごろから肩と背中が痛くなりだしたのだ。
 西堀先生のときの腰痛のようなものだろうか?

〇 夜は日本を知る会の新年会。

 香川県の赤沢さんが来ていた。

1月22日(日)、朝の夢「黒くてすごく穢れた手が東北を掴もうとしている」

昼にyamazaki さんから昨日の件で電話あり

午後の夢「大麻、ビルから遠方に祈る男性たち」

 朝の夢。
 黒くて穢れた左手(右手かも)が現れてきた。
 その手は茨城県以降の北日本を掴もうとしている。
 左手が北日本を掴んだ瞬間、その黒くて穢れた手はヘドロのように溶けて行った。
 見ていても気持ちが悪い。

 場面が変わった。

 大きなテーブルに同じ種類のワイングラスをビッシリと並んでいる。
 各ワイングラスの底にわずかながらの透明な液体が入っている。
 1月20日(金)の夢で見た百合のグラスと関係があるようだ。
 次の場面では、今度は不ぞろいのいろんなグラスが置かれている場面に変わった。

〇 昼にyamazaki さんから昨日の件で電話あり。

〇 夕方の夢。

 昭恵さんから
「あなたは大麻を扱わないの?」
 という質問を受けていた。
「大麻は社会的信用のある方々が扱わないと潰されてしまう」
「今の私には取り扱えるだけの社会的信用がない」
 と答えていた。
「あら、そう」
 そういわれて外に案内された。
 ビルの外に設置されている避難階段の踊り場に複数の男たちがたむろしている。
 北側の空を眺めているように思えるし、日没を眺めているようにも思える。
 隣のビルにも同じようなグループがいる。
 上空から何かやってくるのだろうか?

1月23日(月)、朝の夢「昨日の左手が青森のボタンを押そうとしている」

「右手が現れて、右手の上に乗る女神」

稀勢の里(30)、19年ぶりに日本人横綱の誕生

夕方の白日夢「線毛状の縁がある瞳のような暗闇を通過する」

 朝の夢。
 昨日の黒くて穢れた左手が青森を探っているようだ。
 善知鳥神社に何かあるのだろうか?
 善知鳥(うとう)と厭う(うとう)。
 暴れ川として厭われていた「厭い川」(姫川)が糸魚川の名の由来になったとする伝説が残る。

 続けて、大きな右手が現れて掌の上に女神が乗っている。

 これまた、どういう映像を見ているだろう。
 八戸の方から右手は現れているようにも思うが。

〇 稀勢の里(30)、19年ぶりに日本人横綱の誕生。
 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は23日、東京都墨田区の両国国技館で11人中8人の委員が出席して会議を開き、大相撲初場所で初優勝した大関稀勢の里(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=を全会一致で横綱に推薦し、第72代横綱昇進が確定した。
 平成10年の3代目若乃花以来、19年ぶりに日本出身横綱が誕生する。

〇 夕方の白日夢。

 線毛状の縁がある瞳のような暗闇があった。
 心の神様から
「行こう」
 と言われ、暗闇の中心に入っていった。
 中はゴツゴツした鈍い光の組ヤグラで出来ている。
 その中を通っていった。
「抜けると次の世界だ」
 と心の神様が言われる。
 通過するのに長い時間がかかったがようやく通過できたような気がする。
「ようやく抜け出た」
 と心の神様の感想だ。

1月24日(火)、朝の夢「早朝のイスラエルの夢」

お札立ての製作(60個)と発送

糸魚川「食事と水を取らなくなっている」

 日が変わってからの朝の夢。
 イスラエルの朝の風景だと思った。
 私は屋根の軒裏を探していた。
 屋根の軒裏に自分が探している神が隠れていて、どこに隠れているのか探し回っていた。
 色んなところを探し始めると、屋根の軒裏からいろんなものが出てきた。
 実に賑やかになりはじめた。
 場面が変わって、すぐに月のヤマトさんが現れてきた。
 イスラエルは月と星の民だから月のヤマトさんが現れてきたのだろうか?
 月は穏やかな恵みをもたらすものだ。
 昨日心の神様が
「ようやく抜け出た」
 と感想を言っておられたが、それに関係する夢かもしれない。

〇 お札立ての製作(60個)と発送。

〇 糸魚川から電話があった、

「食事を取らなくなっている」
「一日一食という日もある」
「水も取ろうとしないので、点滴をして補給することもある」
「血圧も160を超えていて高い状態が続いている」
「いつ逝ってもおかしくない状況です」
 1月17日(火)にもらった電話の第二弾だ。
「年が明けて認知症が急に進んだ」
「生きているうちに会うとしたら今ですよ」
 という話だった。
 私は、
「叔父さんとのいい思い出を残しておきたい」
 と答えた。

 ちゑおばさんのときは、

 2015年1月12日(月)、「おばさんが39℃の熱で急遽入院することになった」
 2015年1月15日(木)、「万が一の場合は延命処置を講じない」
 2015年2月26日(木)、「口が上がって食事できなくなってきている。」
    「口から食事できなくなると経験的にみて1週間かもしれない
 2015年3月1日(日)、「口から食事をとらなくなった」
 2015年3月3日(火)、「万が一に備えて、おじさんの隣の個室に移動した。」

1月25日(水)、朝の夢「昨日の月のメガミ」

稀勢の里が1998年の若花田以来19年ぶりに日本人横綱に昇進

叔父さんの思い出と「籠の中の若い王子」

 朝の夢。
 昨日の夢の延長だろう。
 月のヤマトさんが立たれている。
 糸魚川と関係あるのだろうか?

〇 稀勢の里が1998年の若花田以来に19年ぶりに横綱昇進。

 若花田が1998年5月場所で連続優勝を決めた後に横綱昇進を決めた。
 これ以来、日本出身の横綱は2017年(平成29年)1月場所後に稀勢の里が横綱昇進を果たすまで19年に渡り1人も誕生しなかった。

〇 「思い出」の力。

 昨日1月24日(火)の糸魚川の石井さんとの話で、私は石井さんに
「叔父さんとのいい思い出を残しておきたい」
 と伝えていた。

 西友の駐車場で、子供のころの夢のことをふっと思いだしていた。

 私は幼いころ「籠の中に封じられている王子」の夢をよく見た。
 私は青い鳥になって、暗闇の中の籠を目掛けて降りていく。
 籠の中には、リリシイ若い王子が端坐している。
 私は何度かこの若い王子の元を訪ねていた。
 私が訪ねて行くと、若い王子
「また来たんだね」
 と確認するように頷いてくれた。
 青い鳥の私は、
「元気だった?」
 と尋ねた。
 若い王子は軽く頷く。
 そして、若い王子
「でも、ここは危険なところだから来ちゃいけないよ」
「みんな私を救い出そうと降り立ってくるのだけれど、ここにたどりつく前に闇に飲み込まれちゃうんだ」
「私が大きな声で
 『来ちゃいけない』
 と叫ぶんだけれど、私の声が届かないんだ。」
 と王子は語りながら上空を指し示す。
 上空を見ると、天使の一群がこちらに降りてこようとしているのだが、ここの場所が分らずに闇に飲み込まれて行く場面だった。
「だから、小鳥さん、あなたも来ちゃいけないよ」
 と青い鳥の私を労わってくれるのだった。
「大丈夫だよ」
 と小鳥の私は、王子に話しかけていつも籠を離れるのだった。
 この夢を見る時というには、いつもオネショをする。
 そして、いつもお婆ちゃんに怒られた。

「この籠の中の若い王子がいる場所ってどこだったんだろう?」

 と、今日ふと思った。
 一番大事モノを私の「思い出」のなかの「籠(加護・過誤)」にいれて守ったのではないかと思った。
 だから、「若い王子がいる籠」は私の心の中にあるのかもしれない。
 叔父さんに対する思い出と「籠の中にいる若い王子」の姿が重なった時、それが合図か合鍵になって私の心の中から「若い王子」が出てこられるのかもしれない。
若い王子」が出てくる時期のなったので、月のヤマトさんがやってこられて、救い上げようとされているのかもしれない。

 そんなこんなを考えていると、若い王子が籠から出始めた。

 王子がいた場所が1.2m位の筒に変じて、その中から濁った水が出始めた。
 心の神様が
「まずは、それでいいんだよ」
 ということだった。
 水は濁っているのが、徐々に綺麗になっていくものらしい。
 この筒は、遠い昔の大切な思い出がいっぱい入っている「水」を運んでくれる。
 水が届けば、その中から命が萌え出てくる。

1月26日(木)、ニューヨーク株式市場、史上初めて2万ドルの大台突破

朝の6時前の夢「大講堂での卒業式、hara さんと一緒」

【ワシントン】
 1月25日のニューヨーク株式市場はダウ工業株30種平均が取引開始直後から上昇し、一時、史上初めて2万ドルの大台を突破。日本時間1月26日午前0時51分(アメリカ時間1月25日午前10時51分)に前日終値比152・73ドル高の2万0065・44ドルに達した。
 トランプ米大統領の経済政策への期待が再燃、ダウ平均は公表開始から約120年を経て未踏の領域に到達した。

〇 朝の6時前の夢、「hara さんと一緒に卒業式」。

 大きな講堂での卒業式だった。
 私は中央演壇が11時の方角に見える一階に座っている。
 後ろを見てみると、2階席もあり、随分広い講堂だ。
 4-5000名は入れるのだろうか?
 私の右手の二人置いた位置にhara さんも座っている。
 一つ一つの机も少し大きめでゆったりしている。
 書記台の下に自分たちの荷物を入れられるようになっている。
 記念品と卒業証書が入った筒を置いていた。
 私だけは記念品と証書の間にスリッパも持っている。
 このスリッパには心当たりがあると、夢の中で思った。
 平成23(2011)年1月31日(月)の夢で、ブラジルで探し出した「サンダルのような履物」と思っている。
 左の隣に大学院の竹内さんもやってきて
「式の終わりにスタンディングオベーションだよ」
 と言ってきた。
 今度は、髪の長いスラリとした若くて美人の指導教官もやってきて、私と竹内さんの間に座った。
 黒っぽいスラックスのフォーマルウェアを着た25-27歳くらいの女性だ。  私たちが入っていたクラスは何なしら特別なクラスで、特別の指導教官が選ばれていたような雰囲気だ。
 盛大に式が終わると、卒業生は一斉に立ち、これまでお世話になってきた指導教官たちに、感謝の拍手を送った。
 私の隣に座った指導教官は自分たちに感謝の拍手を送られることに驚いていたが、少しはにかんだような喜びを浮かべている。
 各自めいめいで大講堂を退出し始めた。
 私も荷物をとって出ようとしたのだけれど、記念品と証書の間に置いてあったスリッパが無くなっていた。
 退出する混乱のなかで下に落ちてしまったらしい。
 退出する雑踏のなかから、hara さんが上手く見つけて手渡してくれた。
 私たち4名で外に出た。
 外にはいくつものグループが出来ていて、どこでも「蛍の光」を歌っている。
 大きな卒業式が終わった。

    「蛍の光」

  一、蛍の光、窓の雪
    書(ふみ)読む月日、重ねつつ。
    いつしか年も、すぎの戸を、
    開けてぞ今朝は、別れ行く。
  二、止まるも行くも、限りとて、
    互(かたみ)に思う、千萬(ちよろず)の
    心の端(はし)を、一言に、
    幸(さき)くと許(ばか)り、歌うなり。
  三、筑紫の極み、陸(みち)の奥、
    海山遠く、隔つとも、
    その眞心(まごころ)は、隔て無く、
    一つに尽くせ、國の為。
  四、千島の奥も、沖繩も、
    八洲(やしま)の内の、護(まも)りなり、
    至らん國に、勲(いさお)しく、
    努めよ我が背、恙(つつが)無く。

 竹内さんとhara さんは次に行く場所が決まっているらしい。

 しかし、私はどこに行ったらいいのか決まっていないようだ  った。
 どこに歩んだらいいか分からず、指導教官風の女性を見やると、その指導教官は犬のような、キツネのような四足動物に変じた。
 私の左前方を歩み、私を導いてくれているようだ。
 少しゴツゴツした大きめの岩場のある通りを歩んでいる。
 西南から西北方面に歩いている気がする。

〇 「青い小鳥」の夢と「卒業式の夢」。

 昨日1月25日(水)の「青い小鳥」の夢と、今日の「卒業式の夢」のことを女房に話してみた。
 夢の物語は一連の流れになっている。
「青い小鳥」の夢のステージを終えたので、「卒業式の夢」を見たのだと思う。

 天之大神から、

「青い鳥の世界はもう開かれて無くなった」
 という趣旨のお話だった。
 若い王子は地下水路を通って、大海原に出ようといている。
 地下水路の出口を示す岩の穴場が見えている。
 大海原では海の男(スサノオだろうか)が筏を操って待っている。
 時は近い。

1月27日(金)旧暦の大晦日、2016年が終了

朝の夢「お袋が現れて、次に青森のおばさんが現れてきた」

魚谷さん「遺跡の社長のところに行ってきた」

 旧暦の大晦日なので、今日で2016年が終了。

〇 朝の夢「青森のおばさん」。

 朝の夢。
 お袋が現れて、次に青森のおばさんが現れてきた。

〇 19時ごろ、魚谷さんから電話。

「今日、夢泉景に行ってきた。社長がやってくるのは1月29日(日)だというので、その日にまた行ってくる。」
「事を起こすのは最後の日から行え、と言われている」

「成田さんは、現代のワニさんやなあ」

 と魚谷さんの感想だという。
 今回の祭典をやり遂げられたらそのように言われていくのだろうか?

1月28日(土)旧暦の1月1日、水瓶座の新月

心の神さまをはじめとしていろんな神様「今日だよ、今日じゃぞ」

深大寺の新井さんを訪問、新月の会

 09:08、旧暦の1月1日、水瓶座の新月新月。

〇 朝歯磨きをしていると、

「今日だよ、今日じゃぞ」
 心の神さま初めいろんな神様の声だ。

〇 13時30分、深大寺の新井さんを訪問。

「めっきり気弱になった」
「生活保護」
「これだけにしかならないんですね」

〇 日本橋で新月の会。

1月29日(日)、18時過ぎに魚谷さん「所有者の了解を取れた」

「伊邪那美命のミホト」の近くに汚水処理場を置いたから資格を取られた

 夕方の18時14分、魚谷さんから電話があった。
「所有者の木下さんの了解を取れた」
「記念碑の建設もすることになった」
「宮司さんと昭恵さんに電話で状況報告」
「汚水処理場が遺跡の近くにあったので移動させている」
 2月13(月)-2月14日(火)の予定で東京にくることになった。

〇 四洲園になぜ神様の加護が薄かったのか判明した。

 遺跡の近くに汚水処理場を設けていたからだ。
 それと、石の覆いを被せなかったので、神様の加護が薄くなっていった。
 こういう遺跡の流れからみても、ここは、「伊邪那美命のミホト」と言っていい場所だと思う。
「諭鶴羽山の麓に子宝温泉を掘って・・」
 という出口王仁三郎の言われたことには脈絡がある。
 古茂江にミホトがあり、諭鶴羽山が子宮に相当するのだろう。

1月30日(月)、早朝の実感「これで私の側の準備は全て終了した」

イスラエル大使への招待状(2)、魚谷さん「ヤマトさんの電話番号教えて」

4時過ぎ糸魚川「血尿と39度の高熱」、私は37.4度の微熱

福島第一原発2号機 原子炉の真下に燃料デブリか

 早朝に支払いを済ませた時の実感。

「これで私の側の準備は全て終了した」

〇 叔父さんの誕生日1月3日(火)にイスラエル大使への招待状作成に入ったのだが、しばらく中断していた。
 遺跡の所有者の了解を得られたので、イスラエル大使への招待状の作成に入った。

〇 10時過ぎに、魚谷さんから電話があった。

「ヤマトさんの電話番号教えて」

〇 4時にテレビを高野台のマンションで引き渡して、段ボールを取りに出かけた。

 4時15分くらいに糸魚川から電話があった。
「先週電話をしてから、食事は持ち直すようになった」
「食事や水分を取れると尿が出るようになるので、持病の血尿になった」
「すると、体温が39度くらいになった」
「今は安定していて38度くらい」
「肩も痛いと言っている」
 状況は安定していない。

〇 私は昨年淡路島に関わってから両肩が痛い。

 今日は、私は37.4度の微熱が出ている。
 年が明けてここ2週間くらい咳がむせこんでいる。
 私も肩が痛いので、私と叔父さんの因縁は非常に深い。

〇 福島第一原発2号機 原子炉の真下に燃料デブリか。

 燃料デブリと確認されれば、事故から6年近くがたって、初めてその姿が捉えられたことになる。

1月31日(火)、微熱の中での朝の夢「可美真手命、光と音の分離」

ヤフオク・ヤマトの支払い、イスラエル大使への招待状の完成(3)

糸魚川から経理資料が届く

 昨日からの微熱の中で見た朝の夢。
 大事な夢なので5時前に起きて書き留めている。
 可美真手命ような青年がいる。
 この青年は私のようにも見える。
 その青年は、
「私の体の中で光と音の分離が始まろうとしている」
「私は生きていけるのだろうか?」
「私は耐えられるだろうか」
 と不安を口にしていた。

 同じような場面を2回見た。

 私は今微熱だが、この微熱の中で光と音の分離が進んでいるらしい。

 光と音の分離は、遅かれ早かれ誰もが通過して行く場面だ

 この点が私の長年の主要な研究だった。
 でも、可美真手命は長髄彦から音羽山に幽閉されていたなあ。
 可美真手かあ、奇しき因縁だ。
 この場面も、光と音の分離に関係しているのかもしれない。

〇 午前中にヤフオク・ヤマトへの支払いを済ませる。

 これで今月も何とか過ごせた。

〇 イスラエル大使への招待状の案文完成(3)。

 魚谷さんへファックス。

〇 糸魚川から経理資料が届く。

2月1日(水)、日が変わってすぐに寒くて震えがくる

14時ごろ食事をすると、体に震えが走る

15時ごろ糸魚川から電話「昨夜から40度の熱が下がらない」

21時12分、成田満夫(昭和8年1月3日)死亡、享年84歳

 昨夜は11時過ぎに休んだのだが、日が変わった頃に、寒くて震えがきた。
 枕元には、小名木さんの姿が見えるのだが、天之蕗根命と被さって見えてくる。
 私のページを読んでいるのだろうか?

〇 14時ごろ食事をすると、体に震えが走る。

 一体全体どうしたんだ。

〇 15時ごろ糸魚川から電話があった。

 昨夜11時ごろから40度の熱が出て下がらない。
 そのため、今日これから病院に行って診療を受けて、そのまま入院させたい、ということだった。
 私の体調とリンクしている。

〇 21時12分、成田満夫(昭和8年1月3日)死亡、享年84歳。

2月2日(木)、買取って中野へ

21時、仮眠の時の声「ル〇ファーもそなたのことを陰ながら守護してきたのであるぞ」

23時30分、糸魚川に向けて出発

 買取って中野へ。

〇 21時、出発前に仮眠していた時の声、

「そなたがル〇ファーを陰ながら守護してきたように、ル〇ファーもそなたのことを陰ながら守護してきたのであるぞ」
 天之大神の声だ。

〇 23時30分、糸魚川に向けて出発。

 1月31日(火)からの高熱の影響で辛い。

2月3日(金)4時00分、糸魚川に到着、成田満夫の荼毘

9時30分成田満夫の荼毘、特養に挨拶、第四銀行と市役所、

天津神社と能生白山神社、20時自宅に到着

 早朝の4時に特養についた。
 叔父さんは、1998(平成10)年11月1日(日)から、特養に入所している。
 足かけ20年。
 人生の生き地獄から、民生委員の方に見出していただいて、この世の極楽浄土と呼ぶに相応しい特養に入れるようになった。

〇 9時30分、成田満夫の荼毘。

 12時に特養に戻り、皆さんに最後のお礼を言わせていただいた。
 第四銀行と糸魚川市役所で事務処理。
 天津神社と能生白山神社の参拝。
 20時、自宅に到着。

2月4日(土)、朝の夢「あと一週間じゃ」

「そなたの置かれる状況がガラリ一変する」

山崎さんから電話、「君が代」歌声運動

夕方、お札立てのパーツの到着

魚谷さんから「佳の舞」と電話「本名宮司と相談していた」

 朝の夢、
「あと一週間じゃ」
「そなたの置かれる状況がガラリ一変する」
 という予告。

〇 山崎さんから電話、「君が代」歌声運動。

 2月3日(金)11時19分に留守電が入っていた件について。
 2月18日(土)に「一般社団法人きらめき日本」の設立総会と祝賀会。

〇 夕方、お札立てのパーツの到着。

〇 魚谷さんから「佳の舞」が送られてきた。

 それで電話したが出てくれず、折り返しの電話をいただいた。
「本名宮司と相談していた」

2月5日(日)、お札立ての製作と発送、Legoの出品

 お札立ての製作と発送、

〇 Legoの出品。

2月6日(月)、プラモデルをアマゾンFBAに出品

 プラモデルをアマゾンFBAに出品。
 経済の足場を早く確保しないといけない。
 緊急命題だ。

2月7日(火)、歯医者の予定だが

水道代とプチプチの購入、段ボール箱の購入へ

 1月19日(木)に治療に行ったとき、歯医者の受付と予定を擦りあわせて本日ということになった。
 いろんなことが忙しくて今日は行けず。

〇 水道代とプチプチの購入、段ボール箱の購入。

2月8日(水)、朝の夢「岩場に置かれた基盤の点検」

第四銀行から入金があり支払い

6個のプラモを調べ、お札立てを製作し納品

2月13日の件で、日本橋から電話

 朝の夢。
 岩場の上に基盤が置かれており、その基盤を中心に岩場の点検も行われた。
 今までは基盤が整っても岩場から邪気が湧いてきて基盤それ自体もイカレテしまうようだった。
 今回は、岩場からの邪気が湧いてこない。
 岩場に何か変事が生じると、いわば自身が清水に変じていくようだった。
 今度築かれる基盤は強い。

〇 第四銀行から入金があり、その支払い。

 事務所・お札立て・みやまさの里・JAひすい・実加

〇 プラモとお札立て(50個)の納品。

〇 2月13日の件で、日本橋から電話。

2月9日(木)、都税・区役所、鶴岡市役所へ請求書類

137,300円と携帯の「1373」という局番

安倍総理夫妻、アメリカに向けて出発

 8時20分から、都税と練馬区役所。
 鶴岡市役所への謄本請求。
 これで事務手続きを終えることが出来るか。

〇 137,300円の税金と携帯の「1373」という局番。

〇 安倍総理夫妻、アメリカに向けて出発。

2月10日(金)、安倍総理夫妻、アメリカに向けて出発

安倍総理夫妻、アメリカに向けて出発

「森友学園」(大阪市豊中市)の経緯

 8時20分から、都税と練馬区役所。
 鶴岡市役所への謄本請求。
 これで事務手続きを終えることが出来るか。

〇 安倍総理夫妻、アメリカに向けて出発。

〇 「森友学園」(大阪市豊中市)の経緯。

 大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」(大阪市)に払い下げられた件で、木村真・豊中市議は2月8日(水)、財務局に開示を求めて大阪地裁に提訴し、新聞やTVが報道。
 すると財務省は2月10日(金)、一転して公表に踏み切った。
 実に不可解な対応だが、財務省が民進党に提示した文書によると、
「森友学園から
 『地下埋設物の存在が知られれば、風評リスクが懸念される。金額は公表しないように』
  と要請があったため控えていた。
 しかし報道を受け、学園が
 『国有地を不当に安く取得したという誤解を受ける恐れがある』
 と公表に同意した」
 というのが理由だ。
 同学園は小学校建設のために土地を購入したが、名誉校長は安倍晋三首相の妻昭恵さん、「安倍晋三記念小学校」の文字もある。

2月11日(土)、安倍首相とトランプ大統領の会談

獅子座の満月、「建国記念の日」に講演会の講師が私

 安倍首相とトランプ大統領の会談。
 ワシントンのホワイトハウスで2月10日(日本時間2月11日未明)にトランプ大統領と新政権発足後初の首脳会談を行った。

〇 09:34、満月。

〇 2月11日は「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966年に「建国記念の日」に定められました。
 建国記念の日が成立するまでには
「日本の正確な起源などわかっていないのに建国記念など定められない」
 など専門家による多くの議論があったようです。

2月12日(日)、安倍晋三首相は12日午前(日本時間同日12日夜)に帰国

飽戸さんから電話あり「5月14日の件」

 安倍晋三首相は12日午前(日本時間同日12日夜)、トランプ米大統領との会談など米国での一連の日程を終え、米南部フロリダ州のパームビーチ国際空港から政府専用機で帰国の途に就いた。ロサンゼルスを経由し日本時間13日夜、羽田空港に到着する。
 滞在中はトランプ氏からゴルフや夕食会への招待を受けるなど異例の厚遇を受け、個人的信頼の醸成を進めた。

〇 飽戸さんから電話あり。

「5月14日の件」

2月13日(月)、魚谷さんが東京、日本橋で集まり

マレーシアのクアラルンプールで金正男氏の暗殺

mayumi さんが緊急入院、夜に安倍総理が帰国

 魚谷さんが東京に来られるので日本橋で集まり。

〇 マレーシアのクアラルンプールで金正男氏の暗殺。

〇 mayumi さんが緊急入院。

〇 夜に安倍総理が帰国。

2月14日(火)、朝の6時にヒマリが家にやってきた

ニュース「マレーシアのクアラルンプールで金正男氏の暗殺」

mayumi さんの中絶手術、イスラエル大使に5月14日の案内状

 魚谷さんが東京。

〇 朝の6時にヒマリが家にやってきていた。

〇 ニュース「マレーシアのクアラルンプールで金正男氏の暗殺」

 韓国メディアによると、正男氏は2月13日(月)午前、クアラルンプール空港からマカオに向け出発しようとしていたが、出国審査を受ける前に2人の女に毒針で刺されたという。
 2人の女はその後、タクシーに乗って逃走したという。
 正男氏は気分が悪くなり救護を求め、病院に救急搬送されたが、その途中で死亡が確認された。
 韓国メディアは2人の女が北朝鮮のスパイとみられると報じている。
 一方、マレーシアの現地メディアは警察の話として、正男氏は顔に何らかの液体をかけられたと伝えており、情報は錯そうしている。
 正男氏は故・金正日総書記の長男。北朝鮮の現在の最高指導者で三男の金正恩委員長とは、母親の違う兄にあたる。正恩氏が金正日総書記の後継者となる前までは後継者と目されていた時期もあった。
 病院では2月15日(水)に検視が行われ、詳しい死因を調べることになっており、その後、警察が記者会見を開く予定。

〇 mayumi さんは入院していたが、様子見のために退院。

 子宮外妊娠の可能性もあり、今日は退院して状況を見ることになった。

〇 イスラエル大使に5月14日の案内状を発送。

2月15日(水)、朝の夢「ミホトにいろんなものが突っ込まれている」

narasaki さん「やるしかないですね」「預言の成就ですね」

天之大神「整ったら、声を掛ける人員がそれでよいかもう一度見直せよ」

 朝の夢。
 大きなミホトが現れてきて、そこにいろんなモノが突っ込まれてきていた。
 邪魔モノを取り払い、押しのけて私のモノを入れ込んだ。
 変な夢だ。

〇 15時ごろ、narasaki さんから電話あり。

「やるしかないですね」
「預言の成就ですね」

〇 天之大神のお言葉、

「困難に立ち向かっていく姿は実にいいものじゃ」
「整ったら、声を掛ける人員がそれでよいかもう一度見直せよ」
 そういえば天皇陛下に申し入れをしないといけない。

2月16日(木)、朝の夢「ふんどしのようなモノを頭に被った私」

時間を置いて「女モノのパンツを頭に被った私」

埼玉県三芳町上富「アスクル」の物流倉庫から出火

12:46にイスラエル大使館に案内文書の到着

洲本八幡神社の宮司さんに電話、mayumi さんは再入院し3時に手術

大本三派への文書作成

 朝の夢。
「ふんどしのようなモノを頭に被った私」
 しばらくすると、褌のようなものが、「女モノのパンツ」に変わっていった。
 朝お風呂に入っている時、私が「女モノのパンツ」を被っている白日夢になっている。
 昨日の夢の延長だ。
 私がミホトから邪魔モノを払いのけて、わたしのモノを入れ込んだ夢の延長だ。

〇 2月16日(木)午前9時15分ごろ、「アスクル」の物流倉庫から出火。

 16日午前9時15分ごろ、三芳町上富、事務用品通販大手「アスクル」(東京都江東区)の物流倉庫から出火、鉄骨3階建て同建物が燃え続け、保管されていた商品数万点が焼失している模様。
 消火活動中に36歳と46歳の男性従業員2人が煙を吸って喉などにけがを負った。
 入間東部地区消防組合など近隣の消防局の消防車計51台が出動し、消火活動を続けているが、午後9時半現在、鎮火のめどは立っていない。

〇 2月14日(火)に発送した文書が、12:46にイスラエル大使館に到着。

 一歩前進。
 いつ連絡がくるかだ。

〇 洲本八幡神社の宮司さんに電話

 趣旨が長くなるので、電話では要領を得ない。
 封書を発送した。
 合わせて、由良湊神社の宮司さんにも資料を送付した。

〇 mayumi さんは再入院し、3時に手術。

 子宮外妊娠で98%の確率で卵管の可能性だという。
 手術が順調なら日曜日に退院。

〇 大本三派への文書作成。

2月17日(金)、久しぶりに真人さん、初めての三上さん

魚谷さんから電話

衆院予算委員会で安倍晋三首相が「森友学園」について答弁

 昨日作成した文書を発送する前に、久しぶりに真人さんとのお話し。
 2014年1月12日(日)のカタカムナ新年会の時にお会いして以来になる。
 本部の関係上いろんなお話を聞けて良かった。
 大本の3人に発送。

 その流れで『月刊ムー』にも電話。

 三上編集長の住所を聞くだけだったのだが、本人が出てこられてちょうど良かった。
 ヒカルランドと『月刊ムー』にも発送。

〇 魚谷さんから電話。

 木下社長に今日は繋がらなかった、という報告だった。
 それを受けて、資料を送付する準備に入った。

〇 2月17日(金)衆院予算委員会で安倍晋三首相が「森友学園」について答弁。

 安倍晋三首相は2月17日(金)の衆院予算委員会で、妻の昭恵さんが名誉校長を務める学校法人「森友学園」が、近隣地の10分の1の価格で国有地を払い下げられていたとされる問題への関与を問われ、
「私や妻は一切関わっていない。もし関わっていたら間違いなく、首相も国会議員も辞任するということを、はっきり申し上げる」
 と述べた。
 森友学園は今春、大阪府豊中市に私立小学校開校を予定し、昨年2016年6月、豊中市の国有地を随意契約で、1億3400万円で購入したが、当初、国が売却額を非開示とするなど、認可や国有地払い下げの経緯での不透明さが指摘されている。

〇 「森友学園」(大阪市豊中市)の経緯。

 大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」(大阪市)に払い下げられた件で、木村真・豊中市議は2月8日(水)、財務局に開示を求めて大阪地裁に提訴し、新聞やTVが報道。
 すると財務省は2月10日(金)、一転して公表に踏み切った。
 実に不可解な対応だが、財務省が民進党に提示した文書によると、
「森友学園から
 『地下埋設物の存在が知られれば、風評リスクが懸念される。金額は公表しないように』
  と要請があったため控えていた。
 しかし報道を受け、学園が
 『国有地を不当に安く取得したという誤解を受ける恐れがある』
 と公表に同意した」
 というのが理由だ。
 同学園は小学校建設のために土地を購入したが、名誉校長は安倍晋三首相の妻昭恵さん、「安倍晋三記念小学校」の文字もある。

2月18日(土)、洲本第二小学校の校長先生にお手紙

明治記念館で「きらめき日本」の設立大会

 第二小学校の校長先生に協力をお願いするお手紙。

〇 明治記念館で「きらめき日本」の設立大会。

2月19日(日)、大助さんと本名宮司

本名宮司に進捗状況の報告「天皇陛下のご臨席をお願い」

 大助さんの住所を聞いて発送。

〇 本名宮司に進捗状況の報告。

 天皇陛下のご臨席をお願いせよ、という趣旨だと思う。

2月20日(月)、朝の夢、天皇陛下「あなたのことは神様から聞いている」

案内チラシの作成(1)

 朝の夢。
 天皇陛下が
「あなたのことは神様から聞いている」
「私に案内を出されてください」
 と話しかけてこられる場面を見ながら目覚めた。

〇 案内チラシの作成。

 縦置きの構成の方がインパクトある。

2月21日(火)、朝の夢、天皇陛下「あの方のことは神様から聞いている」

お札立の製作と発送

 朝の夢。
 天皇陛下が
「あの方のことは神様から聞いている、早く案内を出してください」
 と話しかけてこられる場面を見ながら目覚めた。
 天皇陛下が本名宮司の夢枕に立ち、語りかけてくださったのだろうか?

〇 お札立の製作と発送。

2月22日(水)、竹島の日、天照大御神様の降臨から144日後

朝の祝詞奏上前天照大神「ここまでこれたのも全てあなたのおかげです」

午前9時半、埼玉県三芳町「アスクル」の物流倉庫火災を鎮圧

案内チラシの作成(2)〜setsu さんに依頼、ドメインの取得(komoeiseki.com)

 本日は島根県が定める竹島の日。

2016年10月1日(土)の天照大御神様の降臨から144日後。

 天照大御神様の降臨が、この世への着床と捉えることが出来るとしたら・・
 着床に10日かかるとしたら、10日後とは、2016年10月10日(月)のことだ。
 波のリズムの18日後は、2016年10月18日(火)
 体温の36日後は、2016年11月6日(日)
 脈拍の72日後は、2016年12月12日(月)
 血圧の144日後は、2017年2月22日(水)
 288日(10月10日)後は、2017年7月15日(土)になる。

○ 朝の祝詞奏上前、

「ここまでこれたのも、全てあなたのおかげです」
 天照大神の声だと思った。
 祝詞を奏上して、クリップポストの発送のために郵便局行く車の中で
「あとは安心なさってください」
「ここまで来たらあとは神が動きます」

○ 午前9時半、埼玉県三芳町「アスクル」の物流倉庫火災を鎮圧。

 埼玉県三芳町で2月16日(木)に発生した通販会社「アスクル」の物流倉庫火災で、県は2月22日(水)午前9時半に鎮圧したと発表した。
 この火災は、案内文書をイスラエル大使館(16日着)、大本関係者、出版関係者に発送している最中の火事だ。

○ 案内チラシの作成(2)〜setsu さんに依頼。

 そして、ドメインの取得(komoeiseki.com)。

2月23日(木)、名刺の作成、魚谷さん「さっき minato さんに話してきた」

 「お札立て」をメインにして名刺の作成。
 裏面に「月の光」と菰江古代ユダヤ遺跡を置いた。

○ 魚谷さんから電話があった。

「さっき minato さんに話してきた」
 これで先に進める。
 話では、akie さんにメールしていたのだという。

2月24日(金)、コナンの発送「こういうのは仕事じゃないな」

午前9時半、埼玉県三芳町「アスクル」の物流倉庫火災を鎮圧

 コナンの発送
「こういうのは仕事じゃないな」
 3万で購入し、5万で売れるのだが、こういうのは私の仕事じゃないな。

○ 「お札立て」をメインにして名刺の到着。

○ komoeiseki.com の製作。

2月25日(土)、コナンでうなされて目覚めた、komoeiseki.com が反映

日本橋で新月の会

 コナンでうなされて目覚めた。
 パソコンに向かって、「komoeiseki.com」 が反映されていることを確認。
 ドメインを取得したのが2月22日(水)だったから、3日で反映したことになる。
 とにかく作りこむぞ。

○ 日本橋で新月の会。

 山城さん、根本さん。
 倭さん
「表さんがエルサレムで歌舞伎奉納をされるってよ」

2月26日(日)、午前中は実加と吉祥寺へ、奉賛会のサイト作成

setsu さんと打合せ

 午前中は実加と吉祥寺へ。
 奉賛会のサイト作成。

○ setsu さんと打合せ。

 一人で考えるより、数倍仕事がはかどる。

○ アスクルに角印の発注。

○ 23:59、新月。

2月27日(月)、準備中

 準備中。

2月28日(火)、チラシの初稿が上がってくる、郵便局の口座作り

魚谷さんから本が届く

昭恵さんから辞退、宮川大助はダメ、エリ・コーヘンさんOK

 チラシの初稿が上がってくる。
 郵便局の口座作り。
 魚谷さんから本が届く。
 画像にスキャニングかけてデザイナーに送信。
 チラシの推敲。

○ 安倍昭恵さんから辞退の電話。

 宮川大助さんはリハなのでダメ。

○ エリ・コーヘンさんから電話があった。

「5月14日はOKよ」
「3月18日に日本に行く」

3月1日(水)、奉賛会の口座の作成、チラシ原稿の作成

根本さん「コーヘンさんの通訳」

 奉賛会の口座の作成の終了。
 チラシ原稿の作成。

○ 根本さん、

「横浜のお医者さん」
「コーヘンさんの通訳」

 チラシやサイトに乗るっていうことは名誉なことだ。

〇 兵庫県警は1日、同県洲本市の高校1年生の男子生徒(16)を殺人容疑で逮捕し、発表した。
 捜査1課によると、男子生徒は昨年2016年12月23日午後5時ごろ、同市内の高校1年生の女子生徒(16)宅で、この生徒の首を絞め、同25日に死亡させ殺害した疑いがあるという。

3月2日(木)、朝の夢「伊邪那美命の人霊」「お前にやり遂げさせてなるものか」

narasaki さん「古代ユダヤ遺跡に行ってくる」(1)

魚谷さん「チラシを作るのを待って」

22時31分に narasaki メール「過誤(加護)のなかの鳥」だ

 朝の夢。
「人体の伊邪那美命が現れて、一晩中寄り添ってくれている」
 その感触が残っていて、おかげで寝不足。

 朝起きるときの夢

「お前にやり遂げさせてなるものか」
 という声を聞きながら目覚めた。

〇 narasaki さん、淡路島の古代ユダヤ遺跡に行くようだ。

 8時41分にnarasaki さんから「チラシ見た」メールが着いていた。
 11時3分、12時26分、14時11分と続く。

○ ご臨席表がネックになって先に進めない

 ご臨席表に名前を記載された人はとても名誉なことだ。
 それだけに慎重になるのだが、それだけチラシ印刷が遅れる。

○ 魚谷さん

「チラシを作るのを待って」

○ 22時31分に narasaki さんからメール


>霊眼で見ると、遺跡から四方八方に雷のような神光が
>断続的に発射されている。今回の式典に参加する要人
>の上位から命中し、社会的・霊的・肉体的に被災する。

>これは神光なので、たいへん危険で、原発事故のよう。
>これは、剣祓い極典の儀に取り次ぐ神光と同じパワー。
>(尚、剣祓いの取り次ぎパワーに上限はない)
>なので、私なら調整し、有益なエネルギーに変換可能。


 narasaki さんが霊眼で見た観た光は
「過誤(加護)のなかの鳥」
 だ。

3月3日(金)、narasaki さん「古代ユダヤ遺跡に行ってくる」(2)

光氏に案内を出す、senjyu さんからメッセージ

 narasaki さん「古代ユダヤ遺跡に行ってくる」(2)

○ 光氏に案内を出す。

〇 senjyu さんからメッセージ。

3月4日(土)、昼過ぎに、narasaki さんから修正原稿

日本を知る会

 昼過ぎに、narasaki さんから修正原稿。

○ 日本を知る会。

3月5日(日)、午前中に、チラシ原稿の修正

魚谷さん、すぐに宮司さんに届ける

最終的に原稿確認をして、印刷データーの作成

 午前中に、チラシ原稿の修正。
 魚谷さんにFAXし了解を取る。
 魚谷さん、すぐに宮司さんに届ける。

○ 最終的に原稿確認をして、印刷データーの作成。

3月6日(月)、チラシを印刷に回す、「9時56分」でギリギリセーフ

魚谷さん「IZMの了解がまだない」

Hiraoka さん「コーヘンさんの件は、フライング気味」

 チラシを印刷に回す。
 データー入稿が「9時56分」でギリギリセーフ。

○ 魚谷さんから3時26分に電話あり。

「IZMの了解がまだない、と宮司さんからの電話」
 それに対して慌てて、16時16分に宮司さんに電話。
「すぐに宅急便を送るので応援お願いします」
「宅急便は明日3月7日の午後には到着すると思います」
 と依頼。
 うまくいってくれるだろうか?
 今このメモをかいていると、急に太陽の光が顔に差し込んできた(3月7日11時25分)。
 この遅れが実はいい感じなのかもしれない。
 宅急便は3月7日の14時から16時の間に到着する。

 Hiraoka さんの話では、コーヘンさんの件は、フライング気味。

「5月の件は伝えた」
「3月に来日するのでそのとき相談しよう」

 慌ててメールを出した。

〇 senjyu さんとの打ち合わせ。
「3月8日3-5時ごろ」
 になった。

3月7日(火)、魚谷さんに報告「Hiraoka さんの件、コーヘンさんの件」

今日はシオン山の月並み祭の日、コーヘンさん「了解メール」

ペイパルの口座確認

 朝の8時に魚谷さんから電話あり、
「Hiraoka さんからコーヘンさん話を聞いたこと、コーヘンさんにメールを出したこと」
 の報告。
 今日はシオン山の月並み祭シオン山の月並み祭の日だ。
 出雲にはチラシが15時01分に到着している。

〇 2017年3月7日 17:37、コーヘンさんから「了解」メール

〇 ペイパルの口座確認。

3月8日(水)、チラシの到着、yamato さんに電話、魚谷さんから電話

昼前の声「チラシを神様に納めて祝詞を奏上せよ」

senjyu さん「賢人会」

 チラシの到着。

〇 yamato さんに電話。

 タイムスケジュールの調整。

〇 魚谷さんから電話。

 平岡さんの出番の件。

 10時過ぎに、宮司さんにファックス。

 昼前の声、

「チラシを神様に納めて祝詞を奏上せよ」  おそらくこの時間にファックスもチラシも目が留まったのだと思う。

〇 18時から、湯島で、senjyu さんの「賢人会」。

 中今と「now」。

3月9日(木)、朝の夢「Hara さんが教壇で教えている」

昼前の声「チラシを神様に納めて祝詞を奏上せよ」

senjyu さん「賢人会」

 朝の夢。
 ある幼稚園のような教室にいる。
 父兄参観の日でもあるようだ。
 私は日本橋と一緒にその父兄参観に参加している。
 数名の幼稚園児の前で若いHara さんが教壇に立っている。
 実に懐かしいと思った。
 私は彼女に手を振った。
 教室の生徒は、自分のお父さんの絵を書いている。
 父兄参観が終了してみんなが帰路につき始めると、小さな女の子が私向かって走ってきた。
 私に絵を手渡したいらしい。
 子供の不格好な字で、横に「成田」と書いてあった。
 すごい懐かしい。
 夢の中で
「なぜ今頃こういう夢をみるんだろう」
 と思って目覚めた。

〇 11時に宮司さんに電話しようとすると。

「今はちょっと待って」
 と心の神様に制止される。
 掛けるべき時間がきたら知らせてくれる、というニュアンスだ。

3月10日(金)、朝の夢「伊邪那美命とユダヤ人」

2015年にちゑおばさんが逝去されている

11時、韓国の朴槿恵大統領、裁判官8人全員一致で罷免と判断

「森友学園」小学校の設置認可を取り下げ、学園の理事長を退任の意向

 日本とイスラエルについての不思議な夢。
 伊邪那美命とユダヤ人。
 黄泉国にいて間引かれながらも鍛えられてきた。
 日本・伊弉諾命、イスラエル・伊弉冉命、
 日本・天照大神、イスラエル・神素戔鳴大神、
 男性性と女性性が交差している。

〇 2年前の2015年にちゑおばさんが逝去されている。

 ちゑおばさん、満夫おじさん、ありがとう。

〇 11時、韓国の朴槿恵大統領。裁判官8人全員一致で罷免と判断。

 韓国国会が弾劾訴追した朴槿恵大統領の罷免が妥当かどうかを判断する審判で、憲法裁判所は10日、朴氏の罷免を言い渡した。
 裁判官8人全員一致で罷免に相当する法律違反があったと判断した。
 朴氏は失職し、60日以内に大統領選が実施される。昨年10月に表面化した友人の崔順実被告の国政介入事件は、1987年の民主化以降初の大統領罷免という事態に発展した。
 2016年12月9日(金)に韓国国会本会議で朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案が可決し、そして、本日「大統領罷免」を決めた。
 韓国の世情は次のステージに向かう。

 2012年から、これまでの4年間。

(1)2012(平成24)年11月6日の大統領選挙で、民主党現職のバラク・オバマ大統領とジョー・バイデン副大統領の再選が大差で確定した。
(2)2012(平成24)年11月14日(水)オーストラリアで皆既日食があった日に、5年に1度の中国の共産党大会が閉幕し、習近平が総書記に就任。
(3)2012(平成24)年12月16日(日)、第46回衆議院選挙の結果、自民党の圧勝。
(4)2012(平成24)年12月19日(水)の韓国大統領選挙は、与党セヌリ党の朴槿恵(パククンヘ)候補(60)が接戦を制し勝利した。
 同国で初の女性大統領の誕生となる。
(5)2013年2月25日(月) 韓国で朴槿恵(パク・クネ)氏(61)の第18代大統領就任式。
(6)2013年3月14日(木)、「コンクラーベ」の結果「フランチェスコ1世」を第266代法王に選出。この日に中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で習近平総書記(59)を国家主席に選出。

 2013年は伊勢の第62回式年遷宮と60年ぶりの出雲の遷御のある年だった。

 振り返ると、社会全体が混沌から光のある方に向かっているかのようだ。

〇 「森友学園」小学校の設置認可を取り下げ、学園の理事長を退任の意向。

 学校法人「森友学園」(大阪市)が開校を目指す小学校の設置認可をめぐる問題で、学園側は10日、大阪府への設置認可の申請を取り下げた。府関係者によると、籠池(かごいけ)泰典理事長は府側に学園の理事長を退任する意向を示したという。

 「森友学園」問題の経緯。

 大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」(大阪市)に払い下げられた件で、木村真・豊中市議は2月8日(水)、財務局に開示を求めて大阪地裁に提訴し、新聞やTVが報道。
 すると財務省は2月10日(金)、一転して公表に踏み切った。
 ここからこの問題が表面化し、安倍昭恵さんが「5月14日は出席辞退」と表明するに至った。

〇 魚谷さんにチラシの発送。

 悩んでいても仕方ないので魚谷さんにチラシを1,000枚発送。

3月11日(土)、あれから6年、日本橋から電話

夜寝るときの声「出雲が動くぞ!」

 あれから6年。

〇 19時16分に日本橋から電話だった。

 靖国神社で13時から勉強会という案内だった。
 話の流れで、現在の進行状況を説明していた。
 懸案の出雲の件も話した。
 この電話を受けて、女房が
「良かったね」
 と言ってきた。
 懸案の出雲の件が解決しつつある暗示と捉えたようだ。
 私もそう思う。

〇 夜寝るときの声、

「出雲が動くぞ!」
「出雲が動くぞ!」
 と響いた。
 神門が開き、宮司さんたちの行進が始まったような気がする。

3月12日(日)、朝の夢「出雲が動くぞ!」、二宮報徳会

日本橋と二宮報徳会、出雲の宮司さんたちが隊伍をなして淡路へ

朴槿恵前大統領が12日午後6時までに、大統領府を退去

乙女座の満月

 昨日の夜に続き、
「出雲が動くぞ!」

 という夢を見ながら目覚めた。

 朝起きてから、女房の歯の噛み合わせが悪くなっている。
 おそらく、淡路と出雲の協議が整うように女房の体を通して調整してくれているのだろう。

〇 魚谷さんと打合せ、

「なぜ成田さんは出雲にこだわる?」
 私の返答
「アブラハムを直接指導されたのは出雲の天之蕗根命だ」
「遺跡に出雲がこないとイスラエルに対して筋を違えてしまうことになる」

〇 日本橋と二宮報徳会(於いて:靖国会館)

〇 5時前に自宅に着いたのだが、この時の映像がスゴイ。
 出雲の宮司さんたちが隊伍をなしてこちら(淡路島)に行列でやってくる映像。
 心の神様に
「出雲が気持ちを汲んでくれたんだ」
 それに対して
「お二人(千家尊祐・千家国麿)が来られた方がいいんでしょ?」
「それはそうだ」
「神様にお願いしてごらん」
 ということだった。

〇 朴槿恵前大統領が12日午後6時(日本時間同)までに、大統領府を退去。

 韓国憲法裁判所が10日、罷免を言い渡し失職した朴槿恵(パク・クネ)前大統領が12日午後6時(日本時間同)までに、大統領府を退去し、ソウルの自宅に移動すると、聯合ニュースなど韓国メディアが伝えた。

〇 23:55、満月。

3月13日(月)、朝の声「そなたの仕事が変わる」

御神前で祝詞を奏上終えての声「全員一致、淡路に行く」

eli cohen さんにメール、コーヘン氏から私にメール

日本外国特派員協会 ヘンリー・ストークス

 朝起きるときの声
「そなたの仕事が変わる」
 御神前で祝詞を奏上終えての声
「全員一致、淡路に行く」
 出雲の神々の協議の結果を伝えてくれたのだろう。

〇 12時45分ごろ、心の神様が

「祈って」
 という。
 御神前に行って、目を閉じ13時15分ごろまで30分ほど祈った。
 御神前に祀っている出雲大社のお札から巻物が縦置きで出てきた。
 同時にその巻物を読み上げる読み人も現れてきた。
「神命を下す」
 という趣旨であるらしい。
 同時の、その「神命」をやりあげるための資金も三宝に乗せられて下げられてきた。
 心の神様は
「足りない気がするけど受け取っていいんだよ」
 と言われる。

 この同じ時間帯に、コーヘン氏が私にメールを書いていたようだ。

 コーヘン氏から受け取った時間帯は12時49分だ。
 こういうタイミングは神業!
 当たり前なのだが、不思議な感覚になる。

〇 突然映像が飛び込んでくる。

「待ってくれ」
「待ってくれ」
 と時の猶予を願っている人物がいるがどなただろう?
 何となく想像は付くのだが・・・

〇 日本外国特派員協会 ヘンリー・ストークス。

3月14日(火)、日本外国特派員協会、三重県の菰野町の水野電気

18:27ごろ、心の神様と会話「そのまま推し進めよう」

 日本外国特派員協会に顔の効く、Fujita さんにメール。
 日本外国特派員協会で記者会見を開くにはどうしたらいいか?
 東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビル北館20階
 電話  03-3211-3161
 Fax  03-3211-3168
 Email: front@fccj.or.jp

〇 三重県の菰野町の水野電気さんに手紙。

〇 コーヘンさんと会うまでの下準備が完了。

〇 18:27ごろ、心の神様と会話。

「そのまま推し進めよう」
 という内容の話をしていると、魚谷さんから電話、
「直会の会費が8,000円」
 そういう電話があった。
 この部分のホームページを修正。

3月15日(水)、朝8時に魚谷さん「出雲は例大祭」、チラシの差し替え

糸魚川から叔父さんの時計

narasaki さん・Fujita さんと電話、今日の課題の整理

 朝8時に魚谷さんから電話、
「出雲は例大祭で出れない」
 これで走れる。
 さっそくホームページを修正。

〇 糸魚川から叔父さんの時計。

 すべての「時」が私に集まってくれているような気がする。

〇 narasaki さん、日本外国特派員協会に顔の効くFujita さんと電話で話。

 さらに、イスラエル大使館に電話。
「大使は本国に戻っていて、週末に帰ってくる」

 日本イスラエル親善協会にメール。
 http://japan-israel-friendship.or.jp/
 ミルトスにメール
 http://myrtos.co.jp/myrtosfriend/002.php

〇 「出雲大社を外して」チラシ原稿の修正が完了し魚谷さんへ。

 魚谷さんがOKすれば印刷にまわせる。

3月16日(木)、4時19分本名宮司「出雲が同じ時間で祈願」

チラシの修正を確定し印刷データーの製作

 16時19分本名宮司から電話があった
「出雲が同じ時間で祈願してくださる」

〇 16時30分に魚谷さんから電話が来なかったが、印刷データーの確定を依頼。

 21時にいつもの場所にデーターを取りに伺った。

3月17日(金)、天照大神「(伊勢神宮)あなたはどうなされたいのですか?」

修正チラシの印刷中止、大宮司へのお手紙

日本外国特派員協会での記者会見に向けた対策(1)

渡辺昇一氏へのお手紙

 印刷データを出稿する前にこれまでの流れを確認。
 流れを確認していると、天照大神さまが
「あなたはどうなされたいのですか?」
 という問いかけだった。

 熟考の末、印刷データの出稿は中止。

 伊勢神宮の名前が入るようになってから再度、印刷データを作り変える。
 伊勢神宮の鷹司尚武大宮司様へのお手紙を書く。

〇 ヒカルランドの小暮さんに連絡を取る。

〇 日本外国特派員協会での記者会見に向けた対策。

 Fujita さんの意見では、
 エリ・コーヘン氏のように有名な方が望ましい。
 というメッセージが残っていた。

 このメッセージを受けて、渡辺昇一氏へのお手紙。

3月18日(土)、日本外国特派員協会での記者会見に向けた対策(2)

魚谷さんへ「チラシの件、記者会見の件、ムーの件」

天照大神「あなたが歩まれる道は用意されています」

 日本外国特派員協会での記者会見に向けた対策(2)。
 Fujita さんの意見では、
 エリ・コーヘン氏とヒカルランドの石井社長の二人の記者会見が一番望ましい。
 それに、神社関係者をお一人入れ3名での昼食会を兼ねた記者会見が望ましい。
 神社関係者では、田中恆清神社本庁総長が一番望ましい。

〇 魚谷さんから電話「チラシの件、ムーの件」。

 チラシの件
 記者会見の件
 ムーの件
 を伝える。

〇 天照大神から、

「あなたが歩まれる道は用意されています」
 そういう声だ。

3月19日(日)、冨安宮司の文書送付、菅家さんに文書送付

本名宮司・魚谷さんにファックス、narasaki さんにメール

 冨安宮司の文書送付、
 本名宮司へファックス
 魚谷さんへファックス
 菅家さんに文書送付
 narasaki さんにメール送付。

3月20日(月)、春分の日

8人にチラシの送付

 春分の日。

〇 洲本市の宮司さん2人にチラシ、

 出口さん2人にチラシ
 小泉澄子さん
 倭さん、赤澤さん
 滝澤さん。

3月21日(火)、伊勢神宮の鷹司尚武大宮司にお手紙の発送

全国で一番早く東京が桜の開花宣言

ヒカルランド、エリ・コーヘン

 7時前、祝詞を奏上ののちに伊勢神宮の鷹司尚武大宮司にお手紙の発送。

〇 全国で最も早く東京都心で桜開花【気象庁発表】

 気象庁は21日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より5日早く、昨年と同日。開花宣言は全国で最も早い。
 21日午前、千代田区の靖国神社境内にある標本木の花が5輪開いているのを、気象庁の職員が確認した。満開までは1週間から10日程度かかるという。
 民間気象会社の予想では、3月に入って冷え込む日が多く全国的につぼみの成長が遅れていたが、暖かい日が増え、月末までに西日本や東海、関東で開花が進みそうだ。

〇13時、ヒカルランド 小暮さん(魚谷、成田、narasaki さん )。

〇 15時30分、エリ・コーヘン氏(魚谷、成田、narasaki さん、根本さん、平岡さん )。
 講演会OK
 元谷俊夫
 ルツ・カハノフ
 これはスゴイ!
 5月11日11-14時の記者会見。


←2017(平成29)年のメモ書きと更新履歴の先頭へ戻る

3月28日(火)、山羊座の新月

 11:58、新月。

4月7日(金)、木星の衝(惑星が太陽から180度離れる)

 太陽系惑星の中でも最大の大きさを誇る巨大惑星の木星は、2017年4月7日に、地球から見て太陽と正反対の位置(惑星が太陽から180度離れる)となる衝(しょう:英opposition)となる。  太陽の反対側にあるため、一晩中よく観測することができて最良の天体観測コンディションとなる。

4月8日(土)、日本を知る会

 加瀬英明さん。

4月11日(火)、天秤座の満月

 15:09、満月。

4月26日(水)、牡牛座の新月

 21:17、新月。

5月11日(木)、蠍座の満月

 06:43、満月。

5月14日(日)、イスラエル建国から69年目 

 イスラエル建国から69年目。
 1948年5月14日は、世界中に散らばっていたユダヤ人が中東にある大昔の祖国に帰って来たイスラエル建国の日。
 メシアが来るまで7週と62週、つまり「69週」ある、となっている。
 ユダヤ密教では「神の1週間を1年」と象徴することがある。
 すると、週を年と換算すれば、69年ということになる。
 つまり、エルサレムの回復(イスラエル建国)1948年5月14日+69年=2017年5月14日になる。

 日本時間の 2017年5月14日18時0分 は、現地時間の 2017年5月14日12時0分 サマータイム中 です。
(※)日本の方が6時間早い。

5月24日(水)、144日目

 04:45、新月。

5月26日(金)、双子座の新月

 04:45、新月。

6月9日(金)、 射手座の満月

 20:35、満月。

6月15日()、土星の衝(惑星が太陽から180度離れる)

衝(しょう)とは地球から見てある天体が太陽と正反対の位置にある状態を指し、地球からの天体観測に最適なコンディションとなる。2016年6月に土星は太陽から正反対の位置の衝になり、最も明るく観測できる。

6月21日()、夏至

 夏至

6月24日(土)、蟹座の新月

 11:31、新月。

7月9日(日)、山羊座の満月

 13:07、満月。

7月15日(日)、天照大神様が降臨して、今日が288日(10月10日)後

2016年10月1日(土)の天照大御神様の降臨。

 天照大御神様の降臨が、この世への着床と捉えることが出来るとしたら・・
 着床に10日かかるとしたら、10日後とは、2016年10月10日(月)のことだ。
 波のリズムの18日後は、2016年10月18日(火)
 体温の36日後は、2016年11月6日(日)
 脈拍の72日後は、2016年12月12日(月)
 血圧の144日後は、2017年2月22日(水)
 288日(10月10日)後は、2017年7月15日(土)になる。

7月23日(日)、獅子座の新月

 18:46、新月。

8月4日(金)、216日目



8月8日(火)、水瓶座の満月

 03:11、満月。

8月22日(火)、獅子座の新月

 03:31、新月。

9月5日(火)、海王星の衝

 海王星の衝。

9月6日(水)、魚座の満月

 16:03、満月。

9月20日(水)、乙女座の新月

 14:30、新月。

10月6日(金)、牡羊座の満月

 03:41、満月。

10月20日(金)、天秤座の新月

 04:13、新月。

11月4日(土)、牡牛座の満月

 14:24、満月。

11月13日()、木星と金星の接近

 木星と金星の接近。

11月18日(土)、蠍座の新月

 20:43、新月。

12月3日(日)、2017年のスーパームーン

 2017年のスーパームーン。

12月4日(月)、双子座の満月

 00:48、満月。

12月18日(月)、射手座の新月

 15:31、新月。

12月20日(水)、土星の守護星が山羊座へ、冥王星も山羊座18度に

 土星の守護星が山羊座へ変わる。
 冥王星も山羊座18度に入る。
 http://fulltrinity.com/2017/01/04/343/

 そのことによって、価値観が変わりはじめる。

「個性」「自分らしさ」「私が」「私の」つまり「自分」に何よりも価値基準があった時代が終わります。
 次の時代のキーワードが「共同創造」。
 この共同創造の時代は、冥王星が山羊座18度に入った2018年12月20日(水)から、春分点に戻る2066年までの48年間続きますが、人類発生から今まで前人未踏の領域であり、また人類以外のいかなる生命体もまだこれを成し得た体験はしていません。
 その最初の10年間で個々に問われることは
 私という自分が生き方として選択するのは、限界が見えつつある「自分絶対主義の価値観」なのか?
 それとも「自分を超える存在との共同創造への信仰」なのか?
 という自由意志での選択であり、その選択に対する「最後の審判」が2018年から始まり2026まで続きます。

12月21日(木)、冬至。妻の55歳の誕生日

 。

←2017(平成29)年のメモ書きと更新履歴の先頭へ戻る

(参考)メルマガ58号発行、平成23年5月11日(水)から2週間の概略

✓ฺ 5月11日(水)、27個のサイトのサーバー移転開始、二重連星のモデルを作成。
✓ฺ 5月12日(木)、父親の命日に母が到着、自分で自分の舌を切る夢。
✓ฺ 5月13日(金)、浜岡原発の4号機の停止、IM松葉杖、役員会。
✓ฺ 5月14日(土)、鋼色のスリムな剣と柄に鈴のついたかわいい剣、ダンボール箱に新聞をまるめた塊が、浜岡原発5号機の停止・・
✓ฺ 5月15日(日)、浜岡原発の冷温停止の完了、「大国主命の系図」の整理、惑星の影響で体調不良・・
✓ฺ 5月16日(月)、体に巻きついてくる「黒い筋のような根」、夕方に配置換
✓ฺ 5月17日(火)、「こどもの国」の変更、会議、夜takahashiさんが来る

 - - - - - - - - - - - - - - - - - -

✓ฺ 5月18日(水)、伊那休み、庭休み、「天に王星」で上位表示
✓ฺ 5月19日(木)、京都の方からお手紙、浮遊惑星の話題
✓ฺ 5月20日(金)、ナウシカのキツネリス、福島第一原発の1〜4号機廃炉・
✓ฺ 5月21日(土)、この世の最後の守護神からの王冠、「大きな耳」
✓ฺ 5月22日(日)、田中神社と三尾神社旧跡、アイスランドで噴火
✓ฺ 5月23日(月)、田中神社と三尾神社旧跡、米中部ミズーリ州で竜巻、メルマガ登録画面の修正が完了したようだ
✓ฺ 5月24日(火)、福島第一原発2号機と3号機もメルトダウン、首相、仏へ・・

神社から授与されたお札を御札立てで大切に祀りましょう
神社から授与されたお札を御札立てで大切に祀りましょう

更新年一覧
2002(平成14)年
5月11日アップ

1958(昭和33)年
1959(昭和34)年
1960(昭和35)年★
1961(昭和36)年
1962(昭和37)年
1963(昭和38)年
1964(昭和39)年 東京OP
1965(昭和40)年
1966(昭和41)年
1967(昭和42)年
1968(昭和43)年
1969(昭和44)年
1970(昭和45)年
1971(昭和46)年
1972(昭和47)年★
1973(昭和48)年
1974(昭和49)年
1974(昭和49)年
1975(昭和50)年
1976(昭和51)年
1977(昭和52)年
1978(昭和53)年
1979(昭和54)年
1980(昭和55)年
1981(昭和56)年-辛酉の年
1982(昭和57)年
1983(昭和58)年
1984(昭和59)年★
1985(昭和60)年

 - - - - - - - -

1986(昭和61)年
1987(昭和62)年
1988(昭和63)年
1989(昭和64・平成元)年
1990(平成2)年
1991(平成3)年
1992(平成4)年
1993(平成5)年
1994(平成6)年
1995(平成7)年
1996(平成8)年★
1997(平成9)年
1998(平成10)年
1999(平成11)年
2000(平成12)年
2001(平成13)年
2002(平成14)年
2003(平成15)年
2004(平成16)年
2005(平成17)年
2006(平成18)年
2007(平成19)年
2008(平成20)年★
2009(平成21)年
2010(平成22)年

 - - - - - - - -

2011(平成23)年
2012(平成24)年
2013(平成25)年
2014(平成26)年
2015(平成27)年
2016(平成28)年

2017(平成29)年

2018(平成30)年
2019(平成31)年
2020(平成32)年★東京OP
2021(平成33)年
2022(平成34)年
2023(平成35)年
2024(平成36)年
2025(平成37)年
2026(平成38)年
2027(平成39)年
2028(平成40)年
2029(平成41)年
2030(平成42)年
2031(平成43)年
2032(平成44)年★
2033(平成45)年
2034(平成46)年
2035(平成47)年
2036(平成48)年
2037(平成49)年
2038(平成50)年
2039(平成51)年
2040(平成52)年
2041(平成53)年-辛酉の年
2042(平成54)年
2043(平成55)年
2044(平成56)年★
2045(平成57)年
2046(平成58)年
2047(平成59)年
2048(平成60)年
2049(平成61)年
2050(平成62)年