平成25年=2013年〔私54歳-巳年〕のメモ書きと更新履歴|月の光

【巳年】2013(平成25)年〔私54歳-巳年・子の年の5年後〕のメモ書きと更新履歴

【巳年】2013(平成25)年〔私54歳・子の年の5年後〕のメモ書きと更新履歴の最新の記事へ→

【巳年】伊勢神宮の式年遷宮の年に、私は54歳だ・・

【54歳についてのメッセージと思っていたこと
  〜『秀真伝(ほつまつたゑ)』(上巻PP269-292)】

女「あなにえや ゑ男」(五四調)

男「わな嬉し ゑ少女」(五四調)

五四(ゐよ)の歌 事(こと)を結ばず

 言挙げも 女は先立てず』

 天之アワ歌

男「あなにえや うまし少女に 会いぬ」(五七三調)
女「わなにやし うまし男に 会いき」 (五七三調)

 地之アワ歌

「アカハマナ イキヒニミウク
 フヌムエケ ヘネメオコホノ
 モトロソヨ ヲテレセヱツル

 スユンチリ シヰタラサヤワ 」(四十八声)

○ 54歳になる年の指針になる可能性があると思って書き留めておいた記録だ。
 平成23年3月16日(水)から2週間の概略。
 この2週間は、「3.11」が発生してから最初の2週間だ。
 実加の中学校卒業式があった週でもある。
 「3.26」と「3.28」を含む週でもある。
 エネルギーボックスのことを考えながら駐車場で車に追突した週でもある。

 いい現れはそのまま動かし、悪い現われは気を使って過ごすべし。

 1月1日(火)、「そなたに、古(いにしえ)の理を伝える」
 1月2日(水)、「この世が火の海になるもならぬもその子の教育次第じゃ」
 1月12日(土)、仕事上の大トラブルを引き継いでもらって五反田へ
 1月14日(月)、関東でも朝から雪で雪の重みで屋根が潰れ緊急招集
 1月18日(金)、sen さんが横浜に到着
 1月21日(月)、球状の一面が膠(にかわ)のような接着材から剥がされていく。ドラキュラの棺桶。
 1月23日(水)、目の前の人間が「輩(やから)だよ」と言った
 1月25日(金)、リサイクル装置から接着剤と「輩(やから)」の関係を知る
 1月26日(土)、「胸の中に大きな輪、そのなかに鍵のついた小さい輪」
 1月27日(日)、ワシントンの業績を讃える部屋
 1月29日(火)、実加の夢「大きな蛇と首のない女」山形の神路荘からお袋の件で電話あり
 2月1日(金)、マイルドセブンが「メビウス」へ、富山さんの形見の「青いペン」のインキ終了
 2月11日(月)、建国記念日は実加の誕生日、夜〔現地11日昼頃〕ローマ法王ベネディクト16世(85)が退位を表明
 2月15日(金)、ロシアに隕石落下、役員会
 2月17日(日)、美穂の8匹の猫の夢と鍵とキーの夢、天之大神の言葉「神の領域を侵してはならぬ」、「そなたがその領域に立ち入ることを許す」
 2月26日(火)、染色体のような映像「この場面は忘れてはならぬ」
 2月28日(木)、富士山を音階に見たたて周辺の山々が歌う、終身制の法王が約600年ぶりローマ法王退位の挨拶
 3月2日(土)、実加の治療も兼ねて五反田の椅子に。五反田で「敷島と筑波」「べリアル」「スーパームーンソルト」
 3月3日(日)、「怒りと憎しみが網構造体だった」
 3月8日(金)、役員会「完成したね」
 3月13日(水)、メルマガ106号の発行、美穂の13歳の誕生日。コンクラーベの開始。方位磁石の十字クロスの画像をアップ。
 3月14日(木)、「コンクラーベ」5回目の投票で「フランチェスコ1世」、神戸のDoiさん、中国全国人民代表大会(国会)で習近平総書記(59)を国家主席に
 3月15日(金)、美穂の朝夢「こっちの道だよ、黒猫がいる」「ラーメンは空の器」
 3月19日(火)、展地の卒業式、日本時間の夕方からローマ法王就任式
 3月22日(金)、菱「予約を取ろうとしたけど取れなかった」、宇宙は138億歳と欧州機関が算出
 3月26日(火)、退職届けの作成
 3月27日(水)、堀江貴文・元ライブドア社長(40)が仮釈放、ヨーロッパにおける特許が降りた
 3月28日(木)、退職届けの提出
 3月30日(土)、大和神社へ御札を納めに参ります
 3月31日(日)、妻のお墓参りでカミナリ!新しい塔婆が立っていた
 4月3日(水)、オバマ大統領、脳の仕組み解明へ国家プロジェクト を発表
 4月29日(月)、東京駅でスチュワーデスが御札立を、住宅街から飛行機を大きい道路に誘導して・・
 5月4日(土)、籠の中に八咫烏が入ってきて「王子」救出!
 5月5日(日)、「天照皇大御神」「天照大御神」「迦具土神」「雷の神」「伊邪那岐神、伊邪那美命が来られるまで待たれよ」
 5月9日(木)業務用の富士通のパソコン(Windows 7)が2年ぶりに我が家に
 5月10日(金)、オーストラリアの一部の地域で「金環日食」、<出雲大社>60年ぶりに本殿遷座祭「神様の引っ越し」
 5月11日(土)、NTTで光回線に変える工事、「そなたが考えているほど遅くはない」「木花咲耶姫」「天之狭霧命・国之狭霧命、お出ましになられる」
 5月13日(月)、最後の司会
 5月14日(火)、「 bonebeat.com 」の稼動、母・成田清(80歳)が脳梗塞で逝去
 5月17日(金)、本日は御通夜、好天なり。迷い込むツバメ。役員会の欠席。
 5月18日(土)、 天気明朗、本日も好天なり。11時30分告別式、火葬、直らいの会
 5月19日(日)、天之大神「いまでも弟のことを思うておるか」
 5月20日(月)、弟「お前だけがいい気なものだ」
 5月31日(金)、本日が最終日だ
 6月6日(木)、「天之狭霧神(あめのさぎりのかみ)おなりになられる」
 6月21日(金)、「命を救え」、言霊返し
 6月27日(木)、「間もなくお父さんの最大の協力者が現れるよ」
 7月20日(土)、白日夢「空間が引き裂かれ、2つのリンク」
 7月21日(日)、参議院選挙の投票日、粉瘤が破れて匂いが臭い
 7月22日(月)、銀座で会った方々
 7月23日(火)、蜂の巣の空間を芋虫のような気体が通過
 7月25日(木)、マヤ歴「時間をはずした日」と言われる、ゴミ箱メール
 7月26日(金)、伊勢神宮「お白石持ち行事」川曳き開始、マヤ歴の「新年」に当たる
 7月27日(土)、岐阜県瑞穂市生津へ
 7月28日(日)、第62回式年遷宮「お白石持行事」山口県の旧・むつみ村周辺で豪雨
 8月9日(金)、夜9時過ぎに新宿へ打合せ、その時、荒深道斉先生の教えを伝える方に
 8月11日(日)、長髄彦の系図の作成
 9月12日(木)、山形の解体の見積もりと売却依頼
 9月13日(金)、アルファード13万9000キロで終了、弟との会話「弟よ、私に力を貸せ」
 10月2日(水)夜8時から、伊勢神宮内宮の遷御(せんぎょ)
 10月4日(金)、「ヒッグス粒子」の存在が証明される(125.5ギガ電子ボルト)
 10月5日(土)、伊勢神宮外宮の遷御(せんぎょ)
 10月6日(日)、帝国ホテル大阪で出版記念講演
 10月8日(火)、大きな鯛が海岸線に上がって来ておいしく焼ける
 10月13日(日)、天之大神「去るものは去り、力を貸すものは力を貸せ」
 10月24日(木)、仏壇の精抜、相続の手続き、たもとを悟へ、不動産屋さんへ
 10月25日(金)、母親名義の通帳の解約、玄関で待つ弟、通帳や供養をしてもらうものをお炊き上げへ、宮司さんに神棚や家のお清め
 10月26日(土)、東京に戻り位牌の注文
 10月27日(日)、朝の夢枕にゆきゑおばあさんが立つ
 10月28日(月)、根抵当権抹消手続き、夜山形に行くとき「隣の婆さん」
 10月30日(水)、心の神様「今日は大事なことが決められる日なんだよ」お隣の婆さん「まず隣の家がつぶれてくれて良かった」
 10月31日(木)、糸魚川へ
 11月2日(土)、夢「茜色の朝焼け」、日の出前ということか、母親の納骨のため糸魚川 - 山形へ
 11月3日(日)、母の納骨。おじさんたちのお墓の注文
 11月4日(月)、おばさんの遺影がまとわりついて日が変わっても眠れない。白日夢「お墓を開ける鶴岡のおばさん」「そなたたちが次に住む場所は用意してある」
 11月5日(火)、山形の解体の開始。「すごいものができるんだよ。あなたを欲しいといっている女の人がいる」
 11月6日(水)、神棚の脇の廊下に立つ弟が熊野神社に入っていく
 11月7日(木)予告された日。新潟市へ
 11月9日(土)、堀江貴文氏の刑期満了日。教育勅語と天壌無窮の神勅
 11月10日(日)、白日夢「額の目から光が出ている、夫婦岩を上空から」13時13分発の新幹線13号車13番席E
 11月11日(月)、素神「この世の終わりとなりぬ」天之大神「神の力を強めるゆえ夢で知らせることになろう」
 11月12日(火)、お寺の開山堂に立つ鶴岡のおばさん、膣のようなヒダ
 11月16日(土)、15時13分に四国の女の方から電話「浅草の雷門とスカイツリーへ」
 11月23日(土)、中国政府は東シナ海上空に防空識別圏を設定。素戔嗚神が神々に指令、天之大神「そなたを探しておるものがおる」
 11月27日(水)、「ISON(アイソン)」崩壊の可能性、「この世の大泥棒!」
 11月28日(木)、「ISON(アイソン)」が近日点通過によって明るくなるか?夜、夜光バスで山形へ
 11月29日(金)、錦町の決済、「ISON(アイソン)」が近日点通過、彗星が蒸発した可能性があるかも
 11月30日(土)、あばら家で巨大な男根「大河のような精子」
 12月3日(火)、日本橋で新月の会「霊能者の集いにしたい」
 12月9日(月)、馬券のご祝儀ありがとうございます
 12月10日(火)、山形の実家の解体作業の終了
 12月12日(木)、山形での初めの先祖「成田為五郎である」
 12月14日(土)、淡路島へ
 12月17日(火)、9時47分「新潟のおじさんのお墓が出来た」、女の声「そなたの元を離れぬとこちらの身が危うい」、夜行バスで山形へ
 12月18日(水)、山形の実家の更地の状況を確認し、最後のお清め
 12月19日(木)、「人の善意を吸って活きる吸血鬼(ドラキュラ)」
 12月20日(金)、「天之狭霧の命が協力に入る」
 12月24日(火)、「少彦名命が降りられる」
 12月28日(土)、伊弉冉命のそばに伊弉諾命が立つ、四條畷の乱心
 12月29日(日)、四條畷の乱心の結果「後ろの正面」になった確信を得る
 12月30日(月)、神告「富士鳴門の経綸(しぐみ)成ったぞ」、「皇国」と書かれた岩戸が開き、岩の通路を行くとその世界に通じた
 12月31日(火)、「ある春の日に便りが届くのは神の経綸によるものじゃ」


1月1日(火)、「そなたに、古(いにしえ)の理を伝える」

 新年を迎え、氷川神社に参拝に行ってきた。
 参拝の帰り、
「そなたに、古(いにしえ)の理を伝える」
 といわれる。
「 1.     
  2.     
  3.     
  4.     
  5.                     」
 と示され、
「 6.     
  7.     
  8.                     」
 と示され、
「 9.     
 10.                     」
 と示されていった。
 ただ単に箇条書きで示されただけで内容を伺い知ることができない。
 モーゼの十戒に似ている。

1月2日(水)、メルマガ101の発行、三国志を見ている

「この世が火の海になるもならぬもその子の教育次第じゃ」

 メルマガ101号の発行( → メルマガ目次)。

○ 昨年の12月29日から「三国志」を見ている。

 いい時期に「三国志」を見たと思う。

○ トイレに行ったとき、

「この世が火の海になるもならぬもその子(光宮)の教育次第じゃ」
 という声だった。( → 大神

 理屈として理に適っている。

 光が「音」と結びついて心となる。
 その「光の宮」から「争い」の光が発せられたら、この世はたちまち「争い」の中に入っていく。
 10年経って次の時代のテーマとして現れてきた。

1月3日(木)、三国志を見終わった

大和神社への書簡に着手

フィリピン沖で台風1号が発生(観測史上4番目の早さ)

 昨年の12月29日から見ている「三国志」を見終わった。
 見ておいて良かった。
 深く確信できるようになった。
 出来るところから始める。
 大和大国魂神に大和神社に鎮座していただくところから始める。

○ これまでたまっていたメールへの返信。

○ フィリピン沖で台風1号が発生(観測史上4番目の早さ)。
 気象庁は3日、同日午後9時頃、フィリピン沖のスールー海で台風1号が発生したと発表した。
 フィリピンは待ってはくれなさそうだ。

1月4日(金)、七福神の整理をしてみると・・、仕事初め

新年早々「取引先をとられた」と大騒ぎになった

嘉田滋賀県知事、日本未来の党の代表を辞す

夢「渋谷・赤坂御所」

 七福神のことが気になって目覚めた。
 もう一度確認しておこう。

 一般には以下の七柱の神とされる。

〔1〕恵比寿。
  恵比寿が鯛をかかえているのは国体保護の意味である。
  古くは「大漁追福」の漁業の神である。
  時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす、商業や農業の神となった。
  唯一日本由来の神様。
〔2〕大黒天。
  大国主命のこと。
  槌をもっているのは、土地開発の意味である。
  インドのヒンドゥー教のシヴァ神の化身マハーカーラ神。
  日本古来の大国主命の習合。
  大黒柱と現されるように食物・財福を司る神となった。
〔3〕毘沙門天。
  武力を表している。
  元はインドのヒンドゥー教のクベーラ神。
  仏教に取り入れられ日本では毘沙門天(ヴァイシュラヴァナ)と呼ばれる。
〔4〕弁才天 (弁財天)。
  芸術の神である。
  七福神の中の紅一点で元はインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神。
  七福神の一柱としては「弁財天」と表記されることが多い。
〔5〕福禄寿。
  長者を表わし、人を支配するのである。
  頭の長いのは頭の象徴である。
  道教の宋の道士天南星、または、道教の神で南極星の化身の南極老人。
  寿老人と同一神ともされる。
〔6〕寿老人。
  長寿を表わしたものである。
  道教の神で南極星の化身の南極老人。
〔7〕布袋。
  太っ腹で杖をもっているのは、人を指揮することを意味している。
  唐の末期の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在したといわれる仏教の僧。

○ 新年早々「取引先をとられた」と大騒ぎになった。

「どこのどいつが取っていったんだ」
「怒鳴り込んでやろうか」
 顧客利益が第一なので取引先の変遷はある程度仕方ないだろう。
 今年はこういう年になるという予兆だろう。

○ 嘉田滋賀県知事、日本未来の党の代表を辞す

 小沢さんの「白人・胡久美」と同じような所業だ。
 相手が「政党」に変わっただけだ。
 次のお相手は海江田万里氏というが、海江田さんにはこれまでの行きがかりがあるから、拒めないだろう。

○ 夜の夢。

 古龍の兄が渋谷で食事の店を開くというので、その兄の紹介とお店の紹介を兼ねて渋谷でお披露目会があった。
 私はその場に出ている。
 私の傍らに黒服を着た「年若い女の人」がいる。
 目を後ろ後方に向けると、寂れたイスラム寺院か仏教寺院に見える建物がある。
 説明によると、経済的に破綻したために債務の係争をしているらしい。
 その寺院は鎖で封鎖されなかに入れない風だった。
 「年若い女の人」は50過ぎの女の人の連れであるようだ。
 50過ぎの女も黒い服を着用している。
 50過ぎの女は、
「古龍の兄のお酒よりもっと美味しいお酒がある」
 と私を誘ってくれた。
 私はお披露目会を後にして若い女と赤坂の方に歩いていった。
 50過ぎの女は、
「車を回してくるのでその子と歩いていて下さい」
 という。
 少し歩いていくと赤坂御所になった。
 赤坂御所に入る坂のところで私は、年若い女と50過ぎの女を待った。

 実に恍惚の場面になった。

(※)平成26(2014)年5月26日(月)に赤坂御用地の高円宮家の次女、典子さま、が出雲大社の千家国麿氏と婚約発表をされていることと何か関連がある映像だろうか?

 そこの場面に女房が入ってきて夢から覚めた。

 直感的に、手紙を書く順番を間違えていると思った。
 手紙を書くには、まず総理官邸からだ。
 神命奉じられているものであれば、必ずお会いできる。
 国家予算が組まれてからでは遅いのだ。

1月5日(土)、Hukuda のお父さんのお通夜

 Hukuda のお父さんのお通夜。
 昨年12月29日23時過ぎにお亡くなりになられたという。

1月6日(日)、官邸への便りの製作に着手

 官邸への便りの製作に着手。

1月7日(月)、「官邸への便り」の推敲

夢の物語「武内さんとの別れと再会」

「官邸への便り」の基本ラインの完成。

○ 夢の物語「武内さんとの別れと再会」。

 海辺で意見の相違からある人物と別れようとしている。
 私がやろうとする方針と、その人物の方針が食い違ったため、その人物は海を渡ったところで自分の見解を検証して見たいという。
 そのために、海辺まで見送りにきたのだった。
 それから40年経て、私も女房も90歳を超えている。
 私と女房は、長い廊下を持つ家に住んでいて、「その人物」の到着を待った。
 お互いに40年経って、昔のことを懐かしんだ。
 3人とも皺が顔いっぱい浮かんでいるがとても懐かしかった。
 私の鼻から鼻水が滴り落ちてきて、昔のイタズラ心から、その鼻水をその人物のポッと差しだし、その人物から怒られたところで目覚めた。
 その人物は「武内さん」と言った。
 私と女房が90歳になったときの一場面だろうか?

1月8日(火)、ボストンのローガン空港でJALの機内から白煙

アメリカの国防長官にヘーゲル氏・CIA長官にブレナン氏

竹中平蔵氏が産業競争力会議のメンバーに

石川さんから年始ハガキ

ボストンのローガン空港でJALの機内から白煙  日本時間8日午前0時30分(現地時間7日午前10時30分)ごろ、米マサチューセッツ州ボストンのローガン空港に止まっていた日本航空のボーイング787型機から出火があり、機内に白煙が立ちこめた。
 日本航空などによると、出火当時、172人の乗客と11人の乗員が既に降りていて、整備士が1人機内にいた。
 けが人はいなかった。
 空港によると、機内に電力を供給する補助動力用のバッテリーが爆発したことが原因で、火はまもなく消されたという。

 同機は成田空港から日本航空8便として現地時間7日午前10時5分に着陸した。

 現地時間7日に米大統領は、国防長官にヘーゲル氏・CIA長官にブレナン氏を指名している。

 JALのこの事故が、日本とアメリカの関係を象徴するものになっているかどうかだ。

○ 菅義偉官房長官は、1月8日(火)の閣議後の記者会見で、政府が新設した産業競争力会議のメンバーに小泉政権で経済財政担当相などを務めた竹中平蔵氏を起用したことに関し
「安倍晋三首相の強い意向もある」
と述べた。

○ ドライブレコーダーの設定調整。

 2008サーバーのネットワーク上に記憶メディアを置いた場合、2008サーバー内に仮想領域(Zドライヴ)を設定し、そこからリンクを飛ばさないといけないものらしい。
 これでドライブレコーダーの設定は完了をみた。

○ 自宅に戻ると石川さんから手紙が来ていた。

 珍しい。
 もう何年になるだろう。
 講演会をやったのは、平成10(1998)年のことだ。
 あれから15年経った。

○「官邸への便り」を最終推敲し、封筒へ。

 住所は実加の手による。

1月9日(水)、ボストンのローガン空港でJALから燃料漏れ

「内閣総理大臣 安倍晋三 殿」「2月まで待て」

ボストンのローガン空港でJALの機内から燃料漏れ  日本時間1月9日(水)午前2時(現地時間8日正午)ごろ、米マサチューセッツ州ボストンのローガン空港で、成田空港に向けて出発のため誘導路を走行していた日本航空7便(ボーイング787機)から燃料漏れが起きた。
 飛行機はいったんターミナルに引き返し、点検をした後、安全が確認されたとして約3時間45分遅れで出発した。
 空港や日本航空によると、左翼のタンクから約150リットルの燃料が漏れたとみられる。
 当時、乗客181人、乗員11人が機内にいたが、けが人はいなかったという。
 この機体は、現地時間8日朝に日本航空8便として成田から到着後、整備と給油を受け、再び出発するところだった。
 同空港では日本時間1月8日(火)午前0時30分(現地時間7日午前10時30分)に、日航の別の同型機が成田から到着し乗客が降りた後、バッテリーから出火、客室内に煙が立ち込める事故があったばかり。

○「内閣総理大臣 安倍晋三 殿」。

 埼玉県新座市の郵便局から1月9日(水)9時1分に速達便で発送。
 今日中に到着するだろう。

 どうなるだろう、と思案すると、

「2月まで待て」
 という声がする。

○ 音響免疫療法 の方にお電話。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  11月の初めにサロンのテーブルのゼロ磁場が出来る片隅に
  小さな蟻が出現しました。
  最初の日は10匹ぐらいガ出てきてどこかに行きました。
  二日後50匹が
  二日後大きな女王蟻に羽が生えてどこかに消えて行きました。
  二日後10匹が出てきてまたどこかに消えて行きました。
  これはとても大切なことなのでしょう。
 最初の50匹を撮った写真はあります。
  女王蟻は突然出てきて羽が生え30センチくらい上昇し
 ヘリコプターのように羽が周り消えました。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ここの理屈が知りたい。

1月10日(木)、先生のセミナーに申し込んでみた

「大事の前の小事」

 先生のセミナー
 1月20日(日) 13時30分〜16時30分。
 中野サンプラザ7F 研修室10
 JR中野駅北口徒歩1分

○ 仕事をしているとき、

「大事の前の小事」
 という声がする。
 小さいことで波を荒立てないことだ。
 人知れず何気なくおくびにもださずだ。

1月11日(金)、旅客機翼にニシキヘビ、死闘むなしく(オーストラリア)

 時事通信 1月11日(金)19時44分配信。
オーストラリアの航空大手カンタス航空で1月10日(木)、飛行中の旅客機の翼に体長約3メートルのニシキヘビがしがみついているのが発見された。乗客に影響はなかった。
 ヘビが見つかったのはオーストラリア北東部ケアンズからパプアニューギニアの首都ポートモレスビーに向かう旅客機。
 巡航高度に達した後、乗客が翼に乗った「珍客」を発見した。
 ヘビは猛烈な風と低い気温にさらされて「死闘」を展開したが、乗客らの応援もむなしく、到着後に死んでいるのが確認された。

1月12日(土)、仕事上のトラブルを引き継いでもらって五反田へ

西五反田で体験会、黒ネコに映画館

「変なおじさんが、死に物狂いでガンバってくれたら道がつくよ」

 豊島区でトラブルが発生。
 午前中に処理できるかと思いきや、午後3時になっても収束せず。
 予定があるため、引き継いで予定地に向かった。
 トラブルの処理は、21時までかかったという。

○ イスの体験会。

 西五反田で体験会
 〒141-0031
 東京都品川区西五反田2-31-4
 KKビル3階

○ 黒ネコの話が出たし、映画館の話が出た。

 また、なまず「生津」という地名も出た。
 〔岐阜県瑞穂市生津〕
 元伊勢もでた。
 『倭姫命世記』によれば、垂仁天皇10年、倭姫命が天照大神の御霊代を祀る地を探し、淡海国坂田宮より美濃国伊久良河の地にたどり着き、この地に4年滞在したと伝えるが、当神社はこの時伊久良河宮としてこの地に宮殿が造られたのが始まりと伝えられ、また本殿右にある御船代石(みふなしろいし)はその時に天照大神の神輿を安置した跡とも伝える。
 ちなみにその後、倭姫命は生津(なまづ)から2艘の木船で川を下り、尾張国神戸(現一宮市)にたどり着き、中島宮に滞在することとなる(『世記』)。
 倭姫が川を下った場所に現在は瑞穂市生津の豊受神社が祀られている。
 倭姫命は豪雨でこの地にしばらく滞在したという。

 現在は豊受神社を外宮、生津神明神社を内宮としている。

 イスに座りながら女房が見たというイメージを2月17日(日)に実加が絵に書いた。

2月17日(日)に実加が書いた絵

平成24(2012)年12月15日(土)に心の神様から。
「変なおじさんが、死に物狂いでガンバってくれたら道がつくよ」
 といわれていた。
 今日あった人がその人だ。

1月13日(日)、前日のソファーの影響のため胃腸不良

 ジョイフルに買物に行ったあとから極度の胃腸不良。
 昨日イスに座った影響で、幼い頃からの胃腸虚弱体質が浮き出てきたような感じだ。
 女房の話だと、口臭まで影響が出ているという。

1月14日(月)、関東でも朝から雪で交通機関がマヒ

雪の重みで屋根が潰れ緊急招集

 関東でも朝から雪で交通機関がマヒ。

○ 黒雪の重みで屋根が潰れ緊急招集。

 笹子トンネル(大月市)のような状況で屋根が落ちた。
 須佐之男命が天照大神の機屋に馬や牛の死骸を投げ込んだというが、そういうことなのだろうかとも思った。
 大黒柱が欠けるような潰れ方だ。
 内側からの気で撥ね返すほどの活力がないと、このままになる可能性がある。

1月15日(火)、伊奈の休み、荷物の移転 

 naka さんも親しい知人の父親が他界

 雪の影響はどうかと、伊奈に電話すると胃腸の調子がおかしいという。
 それで伊奈は休み。
 昨日の私の状況が映ったか?

○ 昨日の屋根崩落を受けて荷物の移転作業。

 久しぶりの体力作業で疲れた。

○ 自宅に戻って横になっていると、伊奈から連絡があった。

「naka さんも親しい知人の父親が他界されたって」
 続くな・・
 お通夜は1月20日(日)になった。

1月16日(水)、メルマガ102号の発行、夕方に電話の不通

山口県宇部空港を離陸したボーイング787機が高松空港に緊急着陸

安倍晋三首相、ベトナム、タイ、インドネシアを歴訪に出発

アルジェリア人質事件の発生

 メルマガ102号の発行( → メルマガ目次)。

○ 山口県宇部空港を離陸したボーイング787機が高松空港に緊急着陸。

 1月16日(水)午前8時50分ごろ、ボーイング787機の全日空692便が高松空港に緊急着陸した。
 692便は山口宇部を16日午前8時に出発し、羽田に午前9時25分に到着する予定だった。
 高松空港事務所によると、「操縦室から煙が出た」と連絡があったという。
 乗員乗客137人は機体から離れた。

 全日空によると、バッテリー関係の異常を知らせる表示が出たという。

 国土交通省は、米国ボストン国際空港の日航787出火トラブルと同様、バッテリーが原因との見方を強め航空機専門の職員三人を高松に派遣、本格的な調査を始めた。
 米航空当局は、ボストンのトラブルとの関連性に着目し、ボーイング社も「原因究明に全力で取り組む」との声明を発表。日米両国が徹底解明に乗り出す。

○ 1月16日(水)午前、安倍晋三首相がベトナム、タイ、インドネシアを歴訪に出発。

 安倍晋三首相は16日午前、ベトナム、タイ、インドネシアを歴訪するため、政府専用機で羽田空港を出発した。
 首相の外遊は初めて。
 麻生太郎副総理、岸田文雄外相はすでに東南アジア諸国連合(ASEAN)の4カ国を訪問しており、安倍政権としてASEAN重視を打ち出す狙いがある。
 1月18日(金)にはインドネシアで外交政策演説を行う予定。
 1月19日(土)に帰国する。

○ 北アフリカのアルジェリア東部で日本人や米国、欧州などの外国人が拘束。

 北アフリカのアルジェリア東部で天然ガス関連施設がイスラム武装勢力に襲撃され、2人が死亡、日本人や米国、欧州などの外国人が拘束された。
 アルジェリア内相が16日に明らかにした。
 犯行集団は、フランスがマリに軍事介入したことに対する報復と宣言している。

○ 夕方、急に電話の不通になった。

 原因は屋根の下に付いていた端末のコードが潰れた影響が全体に及んだものらしい。

1月17日(木)、ネズミさんがインフルに、不通電話の復旧

 ネズミさんがインフルでダウン。

○ 昨日不通になった電話の復旧。

 屋根の下に付いていた端末のコードが潰れた影響が全体に及んだものらしい。

1月18日(金)、雪の影響も落ち着く、古龍が風邪でダウン

sen さんが横浜に到着。

 雪の影響も落ち着く。

○ 屋根崩落を受けた激務によって古龍が風邪でダウン。

○ sen さんが横浜に到着。
 前日の1月17日(木)に伊勢神宮の参拝をされてから、横浜に来られたのだという。

1月19日(土)、休みで久しぶりに家でゴロゴロしていた

 休みで久しぶりに家でゴロゴロしていた。

1月20日(日)、「あれから幾億年経ったのだろうか?」

大きな音とともに明るい流れ星(火球)が茨城県で

先生のセミナー(70名弱の参加)、お通夜

 朝寝ているとき、脳裏に速く流れれていく雲の映像が現れて、
「あれから幾億年経ったのだろうか?」
 と述懐している私がいる。
 5・6億年経た感じがする。
 女房は、
「5億6千700万年たったということなのではないの?」
 という。
 もしかするとそうなのかもしれまい。

○ 大きな音とともに明るい流れ星(火球)を見たという目撃情報。

 関東地方の広い範囲で1月20日(日)未明、大きな音とともに明るい流れ星(火球)を見たという目撃情報や画像、動画がネットに投稿されている。
 隕石(いんせき)である可能性がある。
 埼玉県ときがわ町では午前2時40分すぎ、会社員後藤史明さん(28)が堂平天文台付近で天体撮影をしていて、たまたまとらえた。
 光は薄い緑から青白い光に変わって一気に強まったあと、赤っぽくなって茨城県方面に落ちていったという。
 車載カメラで撮影されたらしい投稿動画(http://goo.gl/SnZm0)は、20万回以上再生された。

1月10日(木)に申し込んだ先生のセミナー。

 1月20日(日) 13時30分〜16時30分。
 中野サンプラザ7F 研修室10

 JR中野駅北口徒歩1分。

○ 18:00 からは、1月15日(火) に他界された naka さんも親しい知人の父親の御通夜。
 先生と会社はよくバッティングする。
 1月12日(土)のトラブルの時もバッティングしていた。

○ 1月20日(日)と 1月21日(月)に、月と木星が最接近する。

 この巨大なガス惑星と地球の衛星が次にこれほど近づくのは、平成38(2026)年になるだろう。

1月21日(月)、本葬の手伝い、黒い棺桶とドラキュラ、役員会

 9:00 からは、1月15日(火) に他界された naka さんも親しい知人の父親の本葬の手伝い。

○ 手伝いを終えて祭壇で見えてきた映像は次のようなものだった。

 最後の球状の一面が膠(にかわ)のような接着材から剥がされていく。
 皮膜のような球状の面を丁寧に引き剥がし、ようやく目的物をキレイに視認できるところまできたらしい。
球状の一面が剥がされていく映像
 黒い棺桶のようなものが確認できる。
 それは、ドラキュラの棺桶に似ている。
 案の定、棺桶が開けられると黒いマントを着た「ドラキュラ」が出てきた。
ドラキュラの棺桶
 しかし、ドラキュラの棺桶の中にまた白い棺桶があるような気がする。
 その棺桶のなかから、白い衣服を着用した人物(私?)が現れてきたような気がする。
ドラキュラの棺桶のさらになかにある白い棺桶

○ 年明け最初の役員会。

1月22日(火)、糸数外科胃腸科医院へ

江沢民前国家主席を最後の12番目に紹介

 保険の都合で東大泉の糸数外科胃腸科医院へ。
「糸数」なんて面白い名前だ。

○ 江沢民前国家主席を現在の最高指導部メンバーら後ろで最後の12番目に紹介。

 中国国営通信、新華社は21日、共産党中央軍事委員会元秘書長の故・楊白冰氏の葬儀の様子などを伝える記事で、江沢民前国家主席を現在の最高指導部メンバーらの後ろで、最後の12番目に紹介した。
 紹介順が大幅に後ろに回ったことで、22日付の香港紙、サウスチャイナ・モーニング・ポストは、江氏が近く政界から完全引退するのではないかとの観測を伝えた。
 昨年11月下旬に政策助言機関、人民政治協商会議(政協)の副主席を務めた丁光訓氏の死亡記事を掲載した際、党機関紙は江氏を胡錦濤国家主席、習近平国家副主席(党総書記)に続く3番目に紹介していた。

 江沢民氏とソファーは関係があるので、こういう風に顕われてきたということだ。

1月23日(水)、胃腸不調による体調不良

目の前の人間が「輩(やから)だよ」と言った

 胃腸不調による体調不良。
 微熱っぽい感じだ。

○ 目の前の人間が、

「輩(やから)だよ」
 と言った。
 ある人物の「イチゴのお礼」に「リンゴ」を絡めて言った話を捉えてのものだった。
 翌日、目の前の人間に「輩(やから)」の意味を聞いてみた。
 説明によると、
 チンピラと同じで、チンピラの方がいい意味かもしれない。
 ヤクザでは、ヤクザの世界の道理があるので、ヤクザにもなれないものを「輩(やから)」という。

 正確な意味では

「常識のない人のこと」
 やくざや不良など、理不尽な言い分を押し付ける人という意味に使われているものです。特にやくざ限定というわけではなく、街のおっさんでも、変な因縁をつけてきたら「やから」です。また「やかられる」(=因縁をつけられる・からまれる)などという言葉もあります。

 ようやく意味が解った。

 平成20(2008)年5月22日(木)夜、「最終的に天の大神の号令」が発せられたときの流れの言葉だ。

 平成20(2008)年5月22日(木)の記録。

 移転の準備が万端に整った今となっては、niizaへの移転が実現してしまう点が問題だ。
 niizaへの移転のないことを素盞鳴神に何度も告げられているので、明日(23日)白紙撤回になるということだ。

 この場合の大義名分は2月下旬の p-t のダークな部分を突かれる。

 「明日の午前、白紙撤回の知らせが届くと思えよ」
 「そなたが願ったように、ある人物の学びの場になるように動いておるぞ」
 「・・そして追放があると思えよ・・」

 夜23時過ぎ、最終的に天の大神から決心を問われる。

 どんなに頑張っても人間では神を超えられないもの。
 神の言葉を聞き、神の言葉に接する身にあって、神から受取った言葉と違う現実が現われてくる危うさに怯える不安より、受取った言葉通り現われてくる苦労の方がハルカにたやすく乗り越えられると思う。

 最終的に天の大神の号令、

「みなのものとりかかれ」
 成田 亨(なりたとおる)が覚悟を決めてお願いしたことである。

 「あのものは輩(やから)じゃが、取り巻きが悪い」

(※)輩(やから)とは、
昔は「徒然草」に「驥(き=1日に千里を走る良い馬)を学ぶは驥(き)の類ひ、舜(しゅん=中国古代伝説上の理想的な聖天子)を学ぶは舜(しゅん)のなり」と良い意味で用いられた。

1月24日(木)、風邪の影響で午前中は休み

「輩(やから)」の意味とは?

新座移転の原因を作った人物の一人が2月末で廃業だという

 風邪の影響で午前中は休み。

○ 「輩(やから)」の意味とは?

 昨日の件で目の前の人間に「輩(やから)」の意味を聞いてみた。
 説明によると、
 チンピラと同じで、チンピラの方がいい意味かもしれない。
 ヤクザでは、ヤクザの世界の道理があるので、ヤクザにもなれないものを「輩(やから)」という。

 正確な意味では

「常識のない人のこと」
 やくざや不良など、理不尽な言い分を押し付ける人という意味に使われているものです。特にやくざ限定というわけではなく、街のおっさんでも、変な因縁をつけてきたら「やから」です。また「やかられる」(=因縁をつけられる・からまれる)などという言葉もあります。

 ようやく意味が解った。

○ 新座移転の原因を作った人物の一人が2月末で廃業だという。
 緊急地震警報がなった平成24(2012)年1月12日(木)に西東京の dia が危ないということだった。
 結局、平成24(2012)年5月7日(月)に「 dia (第一折込広告社)」が自主廃業の道を選んだため、多くのリスクを背負うことになったのだ。

1月25日(金)、アルジェリアで犠牲になった9名が政府専用機で到着

リサイクル装置から接着剤と「輩(やから)」の関係を知る

私・実加・女房の治療申し入れ

 1月16日(水)にアルジェリアで人質になり、犠牲になった9名が政府専用機で到着した。

○「輩(やから)」と接着剤。

 光と音を結び付けているところの接着剤に相当するものがある。
 この接着材に相当する部分は、伊邪那岐命と伊邪那美命の空間構成が未完成だった故に生じたものだ。
 スゴイ発見だ。
 「輩(やから)」と接着剤。
 だから「因縁」をつけたくなる。
 先生のリサイクル分別装置の動画を見ての発見だ。

○ イスの場所に治療の申し入れ。

 私・実加・女房の治療申し入れ。
 実加の甲状腺が治ってくれるだろうか?

AT検流計

1月26日(土)、「胸の中に大きな輪、そのなかに鍵のついた小さい輪」

アルジェリアで犠牲の新谷正法(あらたにただのり)さん(66)の到着

kajita さんの送別会

 朝の夢。
 私の右胸のなかに大きな輪ができて、私の胸全体を包み込みそうである。
 その大きな輪のなかに無数の鍵の付いた小さな輪が現れた。
 鍵の付いた小さな輪から、ちょっと目を離すと大きな宝石を付けた指輪に変わっていた。

鍵の付いた小さな輪

 26日に変わってすぐに、女房も「鍵」の夢を見ていたという。
 私が帰宅して、ドアノブを押して中に入ろうとすると、警報音が鳴った。
 ポスト窓を手前に引いて私がお母さんに鍵を手渡し、中から開けてくれるように頼んだのだという。
お母さんに鍵を手渡す
 私の夢といい、女房の夢といい、「鍵」に象徴されている。

○ アルジェリアで犠牲になった新谷正法(あらたにただのり)さん(66)の到着。

 前日の1月25日(金)には政府専用機で9名の遺体が到着していた。
 企業戦士たち。

○ kajita さんの送別会。

1月27日(日)、ワシントンの業績を讃える部屋

「緊急招集に応じぬのなら解雇だ」、指輪が現われてくる夢

kenichi が遊びに来る「足首より下が痛い」

 朝の夢。
 ジョージ・ワシントンの業績を讃える部屋があるらしい。
 昔は、桜の木の幹に業績を讃える「詩」が書かれていたのだが、桜の木が枯れたため、木の幹の部分を部屋の側壁にハメテ、ジョージ・ワシントンの行業績を讃えている。
「アメリカ合衆国の初代大統領、ジョージ・ワシントン(1732〜1799)は少年時代、父親が大事にしていた桜の木を斧で切ってしまったのですが、正直に「僕がやりました」と告白。
 逆にその正直さに父親も「お前の正直な答えは千本の桜の木より値打ちがある」とほめたというあのお話」である。
ワシントンの業績を讃える部屋

「お父さんが大きく開かれるときに行く場所だよ」

 心の神様の助言だった。

○ 午後3時くらいの夢。

 仕事上で緊急召集がかかった。
 私は光宮(みや)と一緒だったので、その緊急招集に対応しきれないでいた。
 すると、古龍は
「ただちに緊急招集に応じないのであれば解雇だ」
 と告げてきた。
 解雇されては生活が成り立たないし、
「光宮(みや)をどうしよう」

 と思案していた。

 思案しているうちに別の問題も現れてきたらしく、また、緊急招集がかかってきた。
「ただちに緊急招集に応じないのであれば解雇だ」
 古龍は畳み掛けてきた。
 私は私の左に座っている光宮(みや)を見て思案している場面で目覚めた。

○ 午後5時くらいの夢。

 波状の点々から指輪が現れてくる映像。
 昨日の大きな宝石のついている指輪に対応する映像か?
波状の点々から指輪

○ kenichi が遊びに来た。

「足首より下が痛い」
「原因がわからない」
「しびれがある」

1月28日(月)、安倍総理の所信演説

 通常国会が開催され、初日に安倍首相の「所信表明演説」が行われた。
 安倍総理の所信表明演説の3つの柱。
(1)経済再生
(2)震災復興
(3)外交・安全保障

1月29日(火)、実加の夢「大きな蛇と首のない女」

山形の神路荘からお袋の件で電話あり

 実加の夢。
 とても大事な夢だと思って覚えておかなければならない、と思ったのだという。

 西友に大きな蛇が横たわっている。

 その蛇の顔は優しい顔だったらしい。
 西友を車で通り過ぎるとき、首のない女の人が服を洗っている。
「お母さんは見ちゃダメよ」
 と言うんだけど、横目でチラとみっちゃったんだよね。

○ 午後2時19分、山形の神路荘から電話あり。

 お袋が倒れたときの対応をどうするか、という相談だった。
 安心コールというものがあるので、それに加入して欲しい、とのことだった。
 面倒を見てくれる2名の連名が必要だという。

1月30日(水)、メルマガ103号、実加の昨日の夢の話を聞く

 メルマガ103号の発行( → メルマガ目次)。
 節分の前なので、節分に関連するメルマガにした。

○ 昨日の実加の夢「蛇の夢」の話を聞く。

1月31日(木)、「いよいよ明日じゃ」

 朝の8時30分、心の声、
「いよいよ明日じゃ」
 心の神様は
「そんなことで驚いちゃいけないよ」
 という。
 1月9日(水)の件がどのように現れてくるかだ。

○ 1月31日 23時53分頃、茨城県北部を震源とした 震度5弱(M4.7 )揺れがあった。

2月1日(金)、「いよいよ今日じゃ」

マイルドセブンが「メビウス」へ

笹子トンネルの原因はボルトへの接着剤不足

富山さんの形見の「青いペン」のインキ終了

夜の夢「大きな巨大な歯車が現れて一輪の花が添えられる」

 1月31日(木) 23時53分頃の揺れに続いて、日が変わってもすぐに揺れがあった。
 2月1日(金) 1時4分頃 茨城県南部で震度3( M4.2 )だ。
 その揺れのなかで
「いよいよ今日じゃ」
 という。

○ マイルドセブンが「メビウス」へ。

 これでフォトンベルト(メビウス)が名実共に稼動するということなのだろう。
マイルドセブンが「メビウス」へ

○ 早朝の報道。

 中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の上り線で、崩落した天井板をコンクリート壁に固定するボルトに十分な量の接着剤が使われていなかったことが、国土交通省の調べでわかった。
 接着剤はボルトをコンクリート壁に固定して強度を確保するためのもので、国交省はずさんな工事が大規模崩落の主要因だった可能性があると見ている。
 伊邪那岐命と伊邪那美命の国生みの成り合わなかった個所はどういう対処になったのだろうか?
 平成23(2011)年4月3日(日)に見た2つの夢。

(1)片側2車線の大きな道路の左側車線を走っていた。

 前方に5歳くらいの女の子とおばさんが立っていて、私の車が近づくと、そのおばさん、女の子を道路に突き放ったのだ。
 私は右にハンドルを切って、寸前で事故に合わずに済んだのだが、その後、私の車は自分で制御することができなくなって、時空の高速空間をス〜ッと走っているかのようだった。

(2)平成23(2011)年4月3日(日)エッチ鋼を組み立てた巨大な建造物の上部の夢。

 場面が急に変って、エッチ鋼を組み立てた巨大な建造物の上部に出てきた。
 その建造物は間もなく完成しそうだった。
 上部の空間を塞げば、完成という風にみえた。
 そこに、11時の方角からアメ車のような平べったい車に乗って「よく知った人物」が現れてきた。
 その人物は、これから塞ごうという上部の隙間に自分の平べったい車を止めて、サッサと立ち去っていった。
「そんなところに止めたらみんな困るなぁ」
 と私は思った。
 邪魔だからどかすと、あとで
「俺の車をどうしようっていうんだい」
 と因縁をつけてきそうだし、
 とはいっても、このままだと邪魔だし困ったなぁ、と思っていると
「揺すって落とすから心配ない」
 という声がした。

 その人物のために大きな揺れがくると決まった。

(※)平成23(2011)年8月14日(日)の旅行で大阪府の信貴山と並んで走る170号線を南下しているとき、タイヤの外れたアメ車のような平べったい車が信貴山方向の左側の道路わきにほったらかしにしてあった。
 平成23(2011)年8月24日(水)に記録として残す。

「ある人物」が工事の妨害を図る

平成23(2011)年4月13日(水)の白日夢。
 下の映像は、平成23(2011)年4月3日(日)のエッチ鋼の夢に似ていると思った。
 この日は
「揺すって落とすから心配ない」
 と言われていたのだ。
 平成23年4月3日(日)のやり取りに関係するだろうか?
ひっくり返ろうとする板

○ 運ちゃんの親睦会が解散、という話。

 上の平成23(2011)年4月3日(日)に見た夢に微妙に絡んでくる話だ。

○ 富山さんの形見の「青いペン」のインキ終了。

 富山さんが亡くなったのは2009年9月9日だった。
 それから3年4ヶ月。
 随分と長く使った。
 富山さんの加護が無くなったということかな?

○ 夜の白日夢「大きな巨大な歯車が現れて一輪の花が添えられた」。

 8時の方角の盛り上がりから、大きな巨大な歯車が現れて、その歯車に大小様々な歯車が噛み合って、
「ガシャン!ガシャン!」
 と大きな音を発して動き始めていった。
 最後にその大きな巨大なシステムに「一輪の花」が巻き込まれながらも、潰れることなく、その大きなシステムの指標となっていったようだ。

2月2日(土)、高校で実加の進路指導

 午後の3時から高校で実加の進路指導。
 実加に対しては何も言うことはない。

2月3日(日)、節分。出口さんにメルマガ資料をメールとして送信

 節分。
 思い出すのは、平成9(1997)年2月3日の西金砂神社だ。

○ エネルギーシステムの件を誰に相談するか、を思案。

 『人生秘中の奥義書』の主張の流れからいって、出口さんの主張との類似性を感じていたので、まずは出口さんにメールを出してみようと思っていた。
 心臓に違和感を感じるので、祝詞奏上によって確認しようとした。
 神前に座って祝詞奏上を始めると、
「今日の思いつきは、今日やりきること」
 いきなりそういう声だった。
 20時48分に送信。

 あわせてメルマガを発行するつもりで、作成した資料をホームページにアップ。

 『先生が開発された網構造体の奇跡

2月4日(月)、保江邦夫(やすえ くにお)氏の講演会がある(3月17日)

「そのことは今やらなければならないことなの?」

 保江 邦夫(やすえ くにお)教授
 ⇒ ノートルダム清心女子大学の案内の情報理学研究所 所長

保江 邦夫(やすえ くにお)

 ノートルダム清心女子大学
 700-8516 岡山県岡山市北区伊福町2-16-9
 代表 TEL 086-252-1155

○ 保江邦夫氏が講師の一人として参加されるイベントがある(3月17日)

 Holotropic World:All You Need Is Love,Again
    〜愛こそ、すべて2013〜
 http://www.facebook.com/events/197449017067429/

  ◇日時 2013年3月17日(日)12時から18時

  ◇場所 浜離宮朝日小ホール
      東京都中央区築地5丁目3−2
  ◇主催・お申込み/ホロトロピック・ネットワーク
    tel:03-5465-0778 Fax:03-5465-0779
    E-mail:info@holotropic-net.org
  ◇参加費用
   前売 会員3,000円 一般5,000円
   当日 会員4,000円 一般6,000円
   懇親会 5,000円
  ◇お申込み方法
   電話・Fax・E-mailにてお申し込み後、下記のいずれかにお振り込み。
  ・郵便振替 00160-0-296565
  ・三菱東京UFJ銀行 代々木上原支店(普)0918227
  ◇座名義・ホロトロピック・ネットワーク

○ 心の神様からの問いかけ

「そのことはお父さんが今やらなければならないことなの?」

2月5日(火)、神の慮り

    神の慮り(おもんばかり)

  大きなことを成し遂げる為に 
  力を与えて欲しいと神に求めたのに
  謙虚さを学ぶように 
  と 弱さを授かった。

  より偉大なことができるように 

  と 健康を求めたのに
  より良きことができるように 
  と 病弱な身体を与えられた。

  幸せになろうとして 

  富を求めたのに
  賢明であるように 
  と 貧困を授かった。

  世の中の称賛を得ようとして 

  権力を求めたのに
  得意にならないように 
  と 失敗を授かった。

  求めたものは一つとして与えられなかったが、

  願いはすべて聞き届けられていた。
  言葉に表せない祈りが叶えられていたのだ。

  あぁ、私はあらゆる人の中で

  最も豊かに祝福されていたのだ。

   (ニューヨーク大学病院リハビリセンターのロビーに掲げられている詩)

                 意訳/神渡良平氏

2月6日(水)、ソルフェジオ6音

南太平洋のソロモン諸島沖の地震の影響による津波警報

MSNニュース「直径45メートルの小惑星が秒速8キロで地球に接近」

    ソルフェジオ6音

  第一音 396Hz  恐怖からの解放
  第二音 417Hz  不利な状況からの回復 変容
  第三音 528Hz  DNAの修復 奇跡
  第四音 639Hz  関係性の復活 人間関係修復
  第五音 741Hz  問題解決の力 自己表現

  第六音 852Hz  直観力 覚醒

 ソルフェジオ音階とは、歴史から消えた古代の音階のことで、その音は人が直接神とつながることができると言われていた。
 聖ヨハネの讃美歌、グレゴリオ聖歌は、この音階で歌われたと言われる。
 そしてついに440hzを基音とする現代の音階が与えられ、周波数による人間支配はピークに至っていると言ってもいい。
 ちまたには管理される人工音しか響いていない。
 そうした状況の中、自然療法医であるブレオ博士は教会の歴史を調べ、消えたソルフェジオ音階の痕跡を追及するが、どの権威も協力的ではなく、ブレオ博士は神に祈り続ける。
 ソルフェジオ周波数を教えたまえと。
 ある晩、夢枕にイエスキリストが立ち、聖書の一節をブレオ博士に示す。
 それは民数記であり、以前、私のブログでもその暗号解きを解説している。
 このように、もっとも重要な要な周波数が528Hzであって、ソルフェジオ音階の三番目の位置になる。
 強制的に与えられた440hzの音階では、一見444Hzと同じように見せて、巧みに528Hzが出ない音階構成にしている。(444hz平均律の場合は高いド)
 代わりに、F♯に741Hzをあてがい、人から生命力を奪い、自己嫌悪に落とし込むことで心と体を支配するべく音階構成が作らているかのようだ。
 恐ろしいことだ。
 その修復をうながし、人を明るく元気にさせるのが、まさに528Hzであり、これはもう多くの方々が証明するところとなっている。

 http://ameblo.jp/mademoiselle-ai/entry-11435602627.html?frm_src=thumb_module

 ニチオン製 ソルフェジオチューナー

○ 南太平洋のソロモン諸島沖の地震の影響による津波警報。

 南太平洋のソロモン諸島沖のサンタクルーズ諸島付近で6日正午過ぎ(日本時間午前10時過ぎ)、マグニチュード(M)8.0の地震があった。
 最速で6日午後4時半ごろに日本に到達する恐れがあるとして、気象庁は6日午後2時41分、津波注意報を出した。
 到達予想時刻は同日午後4時30分頃〜午後6時頃で、高さは最大で50センチとしている。
津波警報


大きな地図で見る

○ MSNニュースで小惑星の接近の報道がなされた。

「日本時間2月16日(土)未明、直径45メートルの小惑星が秒速8キロで地球に接近。」
 2月16日(土)未明、直径45メートルの小惑星が秒速8キロで地球に接近し、気象衛星ひまわりなどの静止衛星よりも地球に近いところを通過する。
 これほどの大きさの天体としては観測史上、最接近となるが、米航空宇宙局(NASA)は
「地球にぶつかる恐れは全くない」

 と静観する構えだ。

 小惑星は昨年2012年2月23日、スペインのラサグラ天文台の観測で発見され「2012DA14」の符号で呼ばれる。
 重さは推定13万トン。
 南極方向から地球に近づいており、2月16日(土)午前4時24分、インド洋上空で地球に最接近する見込み。
 地上からは肉眼では見えないほど暗いというが、国立天文台によると、望遠鏡を使えば日本でも観測可能としている。
 最接近時の地表からの距離は、地球2個を並べたのに相当する2万7700キロで、月までの距離の約13分の1しかない。
 赤道上の高度3万6千キロにある静止衛星よりも地球に近づき、地球上空をかすめて北極方向に抜ける。

2月7日(木)、福島の多重衝突が4カ所75台と発表、音の「75声」

 福島県喜多方市の会津縦貫北道路の多重衝突事故について、福島県警は7日、事故は4カ所で発生し、計75台の車が巻き込まれたと発表した。
 負傷者4人はいずれも軽傷だった。県警交通指導課と喜多方署が事故原因を調べている。
 同署などによると、証言や現場の状況から、喜多方インターチェンジ(IC)から約3.7キロ付近の下り線を走行中の普通乗用車がスピンして停止したのをきっかけに、後続車両が次々と追突したりガードレールに衝突したりした。
 事故当時、道路は凍結し、濃い霧が出ていた。
 視界は約50メートルだった。 

 ちょうど音の「75声」のことが気になっていたときだった。

2月8日(金)、Minato の takanawa から問合せ

 Minato の takanawa から問合せ。
 未対処?

2月9日(土)、Minato の takanawa から「本当は・・」と問合せ

 Minato の takanawa から本当はと問合せ。
 実は、本当のミスになっていた。

2月10日(日)、卵状の汚い点々が固まった繭が割れて膿のような液が

展地が併願優遇での受験

 日が変わってすぐの映像。
 卵状の汚い点々が集まった繭が割れてなかから膿のような液体がピュっと飛んだ。
繭が割れてなかから膿のような液体がピュっと飛んだ
 そしたら崩れて、なかから金属的な物体があらわれて来た。
 その物体にはモノをつかめる何本もの手をもっている。
 底部は宇宙船のように丸くみえる。
 何だろう?
モノをつかめる何本もの手

○ 朝早く展地が起きて、受験のため池袋に向かった。

 何事もなく帰ってくればいい。

2月11日(月)、建国記念日は実加の誕生日

メルマガ135号「光と音の科学」

夜〔現地11日昼頃〕ローマ法王ベネディクト16世(85)が退位を表明

夜10時のメルマガの件で電話を頂戴

 建国記念日は実加の17歳の誕生日。

○ メルマガ135号「光と音の科学」の発行準備。

○ 夜〔現地時間11日昼頃〕ローマ法王ベネディクト16世(85)が退位を表明。

  日本時間2月11日(月)夜〔現地時間11日昼頃〕、ローマ法王ベネディクト16世(85)は高齢を理由に高齢を理由に2月28日(木)午後8時〔 日本時間3月1日(金)午前4時 〕をもって退位する考えを表明した。
 ローマ法王庁(バチカン)報道官によると、実質的に終身制の法王の退位は約600年ぶり。
 ローマとフランス・アビニョンに法王庁が分裂し、法王が3人乱立していた時代、分裂解消に伴って1415年にグレゴリオ12世が退位に同意して以来とみられ、極めて異例だ。

【2012年6月4日 AFP】

 昨年、ローマ法王庁(バチカン)の秘密文書マスコミ大量流出事件が起こっている。
 法王庁でナンバー2の地位にある枢機卿の追放やローマ法王自身の交代を狙った策略だろうとみてられていた。

【ベネディクト16世】

 第265代ローマ法王。
 ドイツ人。
 1927年ドイツのバイエルン州マルクトル生まれ。
 ミュンヘン大などで哲学と神学を学び、  1951年司祭に叙階。
 ボン、レーゲンスブルクなどの大学教授として教義と神学を教えた後、
 1977年ミュンヘン・フライジング大司教。
 同年枢機卿。
 1981年法王庁教理省長官。
 2002年首席枢機卿。
 2005年4月19日、法王に選出された。

○ 夜、バチカンサンピエトロ大聖堂に雷が落ちたらしい。

 時のハマリは間髪をいれずに起こるようになってきた。

○ 夜10時にメルマガの件で電話を頂戴。

 主要点は世間のサロンと五反田の関わりについて。

2月12日(火)、北朝鮮が核実験しアメリカを射程に・・

米自治領グアム島で通り魔事件発生

昨日のメルマガのアクセス数の推移は

 11時57分、北朝鮮北東部で「人工地震とみられる揺れ」(韓国気象庁)が発生。
      日本の気象庁も観測。
 12時06分、韓国の聯合ニュースが「北で人工地震を感知」と第一報。
 12時11分、日本の気象庁が官邸に地震波検知を連絡。
     「この地震は自然地震ではない可能性がある」
 13時00分、韓国の李明博大統領が、国家安全保障会議を緊急招集。
 14時40分、北朝鮮の朝鮮中央通信が「第3次の地下核実験を成功裏に行った」と発表。

○ 米自治領グアム島で通り魔事件発生。

 米自治領グアム島の繁華街タモン地区で2月12日(火)午後10時(日本時間同9時)ごろ、男が車をコンビニエンスストアに突っ込んだ後、周辺にいた観光客らを次々と刃物で襲った。
 日本外務省によると、日本人ツアー客ら14人が被害に遭い、2人が死亡、12人が重軽傷を負った。
 地元警察当局は犯行に及んだ男を現場で取り押さえ、殺人などの容疑で逮捕した。
 地元警察当局によると、逮捕されたのは地元在住のチャド・ライアン・デソト容疑者(21)。
 2月12日(火)午後10時ごろ、デソト容疑者が運転する乗用車が歩道からコンビニに突っ込み、約7人をはねた。  その後、車から降りた容疑者は付近にいた人を刃物で切りつけたという。
 日本人は14人が事件に巻き込まれ、28歳と82歳の日本人女性が死亡した。
 事件で亡くなったのは、杉山利恵さん(28)と祖母の上原和子さん(81)〔いずれも栃木県栃木市〕。
 茨城県潮来(いたこ)市の運転代行業、横田仁志(ひとし)さん(51)が14日になくなる。

○ 昨日2月11日(月)に発行したメルマガでのアクセス数の推移は・・

 2月10日(日)「45」( メルマガ発行以前は、通常は60ー80だった )
 2月11日(月)「241」
 2月12日(火)「289」
 2月13日(水)「136」
 2月14日(木)「131」
 2月15日(金)「102」
 2月16日(土)「74」
 2月17日(日)「85」
 2月18日(月)「86」
 2月19日(火)「96」
 2月20日(水)「73」
 2月21日(木)「33」
 2月22日(金)「71」
 2月23日(土)「65」

 誘導は一応成功だったということだ。

2月13日(水)、メルマガ104号

 メルマガ104号の発行( → メルマガ目次)。
 記事が少ない週だ。

2月14日(木)、実加が40個のバレンタインデーのチョコレート

 実加が40個のバレンタインデーのチョコレート。

2月15日(金)、ロシアに隕石落下、役員会

ロシアで、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議

日本テレビ「未来シアター」で「井出 音 研究所」が取り上げられる

 ロシア非常事態省などによると、同国ウラル地方チェリャビンスク州付近で2月15日(金)午前9時20分(日本時間午後0時20分)ごろ、隕石(いんせき)が大気圏内で爆発し、落下した。
 物体が音速よりも速く動く際に生じる「衝撃波」により、同州チェリャビンスク市などでガラスが割れたり建物壁面がはがれたりして、インタファクス通信によると、約1,000人が負傷し、43人が入院、2人が深刻な容体。  内務省によると、同州の3カ所に隕石の破片が落下した痕跡が見つかった。
 都市部への落下は免れたとみられる。
 被害の全容は不明だが、隕石落下で多数の負傷者が出た前例はないという。
 同州によると、州中部チェバルクリ近郊の湖に張った氷に隕石落下によるとみられる直径6メートルの穴が見つかった。
 隕石は直径10メートル近かった可能性もある。
 非常事態省によると、隕石は中央アジア・カザフスタン上空からウラル地方に向かって北西の方向に飛んだという。
 ロシア科学アカデミーは隕石の重さを10トンと推定。
 時速5万4000キロ以上で大気圏に突入したと分析している。
 ロシア地理協会チェリャビンスク支部の解析では、隕石は高度70〜30キロで3回爆発し、白い閃光(せんこう)を広範囲に放ち、やや遅れて爆発音が響いた。南東から北西に向けて空を横切り、45度の角度で地表に突っ込んだという。
 ロイター通信によると、同州から約200キロ離れたスベルドロフスク州エカテリンブルクでも落下する隕石の軌跡が見えたという。
 ロシア国営原子力企業ロスアトムなどによると、ウラル地方には使用済み核燃料再処理工場があるが、影響は出ていないという。スベルドロフスク州内にあるベロヤルスク原子力発電所もエネルギー供給や放射線量に異常はないという。
 地球には小惑星(直径45メートル、推定重量13万トン)が接近中で、日本時間16日未明に高度2万7700キロ付近のインド洋上空を通過する見通し。
 今回の隕石落下とは関係ないとみられる。

○ 足立区で役員会。

 サイトのイメージを整えて、順調に推移している。

○ ロシアで、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議。

 ロシアのストルチャク財務次官は2月15日(金)、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の為替声明に関する協議は「難航している」が、日本の緩和政策には特別言及しない見通しだと語った。

○ 音をデザインする井出祐昭氏、日本テレビ「未来シアター」。

 井出祐昭氏を特集した7分のショートフィルムが、日本テレビ「未来シアター」で放送された。
 放送日は、2013年2月15日(金)夜24:15〜24:43だった。

 井出祐昭氏は、

 ・生命を維持する体内の分子の動きを音に変換することに成功。
  (理化学研究所との共同研究)
 ・「分子の音」をベースに、超一流ミュージシャンが演奏する模様。
 ・その音楽が、患者さんの不安を軽減させるために、佐賀県立病院に導入された。
 ・またその音楽が、東京九段の「アベ・腫瘍内科・クリニック」でのガン治療に
  役立っている。
 ・木の中を水が流れる音や、体内の分子の音も聴けます。

 井出 音 研究所(井出祐昭氏の研究所)

2月16日(土)、直径45メートルの小惑星が秒速8キロで地球に接近

今日も先生の音の講演会がある日だ

円が解けてなかから横笛を吹く女神と若い青年

12時20分に心で聞いている周波数が変調した

「日本時間2月16日(土)午前4時24分、直径45メートルの小惑星が秒速8キロで地球に接近。」
 2月16日(土)午前4時24分、直径45メートルの小惑星が秒速8キロで地球に接近し、気象衛星ひまわりなどの静止衛星よりも地球に近いところを通過する。
 これほどの大きさの天体としては観測史上、最接近となるが、米航空宇宙局(NASA)は
「地球にぶつかる恐れは全くない」
 と静観する構えだ。
 小惑星は昨年2012年2月23日、スペインのラサグラ天文台の観測で発見され「2012DA14」の符号で呼ばれる。
 重さは推定13万トン。
 南極方向から地球に近づいており、2月16日(土)午前4時24分、インド洋上空で地球に最接近する見込み。
 地上からは肉眼では見えないほど暗いというが、国立天文台によると、望遠鏡を使えば日本でも観測可能としている。
 最接近時の地表からの距離は、地球2個を並べたのに相当する2万7700キロで、月までの距離の約13分の1しかない。
 赤道上の高度3万6千キロにある静止衛星よりも地球に近づき、地球上空をかすめて北極方向に抜ける。

小惑星「2012DA14」

○ 実をいえば、今日も音の講演会がある日だ。
 前回の1月20日(土)の講演会のときは茨城県に火球が落ちていた。
 よく天体の事象と関わるような気がする。

○ 朝の夢。

 円の途中が切れて、円が解けて行った。
 中から、横笛を吹いている女神が現れてきた。
 解けた反対の端には若い青年がいる。
 これって光と音の結びが解けたということなのだろうか?

モノをつかめる何本もの手

○ これまで「横笛」の映像を見たときというのは、「講演会・セミナー」に繋がっていたような気がする。

✓ฺ 平成23(2011)年9月27日(火)、横笛を吹くトルコ風の少年、西日(夕日)で輝く私。

✓ฺ 平成23(2011)年9月29日(木)、小宮さんから嵐山で歯周病の講演会の案内があった。
✓ฺ 平成23(2011)年9月30日(金)、横笛を吹くトルコ風の青年、宇陀市鳥見山の麓から?
✓ฺ 平成23(2011)年10月3日(月)、胸まで埋まりながら横笛を吹く青色の制服を着た青年。
✓ฺ 平成23(2011)年10月4日(火)、雲の上から横笛を吹く青色の制服を着た青年の行軍。
✓ฺ 平成23(2011)年10月5日(水)、横笛を吹く青色の制服を着た青年が陸を歩いている、「運命の日」といわれた歯周病の講演会、シンボリルドルフ永眠の知らせ。
✓ฺ 平成24(2012)年4月18日(水)、犬が迎えに来て宇気母智神が横笛を吹かれる、素戔嗚尊も横笛を吹かれる。
✓ฺ 平成24(2012)年4月20日(金)、本殿上空で宇気母智神が横笛を吹かれる。

○ 12時20分に心で聞いている周波数が変調した。

 2月11日(月)にメルマガを出してから、「煩い」を感じさせる周波数が心の中で響いていたが、12時20分、急に低い周波数に変わった。
 「ブーン」というエンジンの回転音に近いものだ。
 それとも、今日の朝近づき離れていった小惑星のドップラー効果音か?
 そうだとすると人の心に大きな働きかけをするということだ。

 しばらくして、周波数がもとに戻った。

 どういうことだろうか?

2月17日(日)、美穂の8匹の猫の夢と鍵とキーの夢

久しぶりに大神の言葉「神の領域を侵してはならぬ」

「そなたがその領域に立ち入ることを許す」

 美穂の8匹の猫の夢。
 どういう配置になっているか知りたくて美穂に書いてもらった。
美穂の猫の夢

 続けて、鍵とキーの夢も語ってくれた。

美穂の鍵の夢

 今日はお絵かきの日だった。

 1月12日(土)に五反田のサロンで女房がみたという絵を実加が絵に描いた。
2月17日(日)に実加が書いた絵
 夜、久しぶりに大神の言葉だった。( → 大神
 美穂が神様の言葉を聞きたいという願いに応えられてのお話だった。
 思う思い方や、願う願い方と日々の生活のあり方だった。

 私の事にも話が及んだ。

 間をおいて
「そなたの願いがかなうかも知れぬぞ」
 とのことだった。
 天之大神はこういう言い方をしないので微妙だ。

 同時に、

「神の領域を侵してはならぬ」
 という助言だった。
 光と音の関わりについての点を念頭においてのものだろう。

 しばらくして、

「そなたがその領域に立ち入ることを許す」
 という違う神からの言葉があった。

2月18日(月)、暗い階段のある家に入る白日夢、最初のミーティング

 朝起きて朝食をとっていると、10時の方角から私がある家屋の中に入ろうとしているのがみえた。
 その家屋には、モコモコした煙のようなものがフワフワしていっぱい浮いているリビングがあった。
 8時の方角に階段もみえる。
 昨日美穂が鍵とキーを書いていたので、それに関わるものだろうか?

実加が書いた絵

○ 最初のミーティング。
 いろんなトラブルが続いた。
 「出し」がバックヤードで最も大切な部分だ。
 兵法の兵站を担う部分だ。
 そんなことは当たり前なのに・・

2月19日(火)、消防の日

 「消防」の袋詰めの日。

2月20日(水)、朝の夢「紙片が下にいくつかある」

夜から北海道石狩地方で暴風雪で列車11本が立ち往生

 朝の夢。
「紙片が下にいくつかある」

 精神的には雑然とした感覚かもしれない。

○ 2月20日(水)夜から北海道石狩地方で暴風雪となり、JR函館線と学園都市線の札幌−岩見沢駅間で、札幌発旭川行き特急スーパーカムイ47号など列車11本が立ち往生。
 明日安倍総理が就任後初の訪米で首脳会談へ向かうし、森喜朗元首相が首相特使としてプーチン大統領と会談するのに関係するだろうか?

2月21日(木)、昨夜から石狩地方の暴風雪で列車11本が立ち往生

安倍総理 就任後 初の訪米、首脳会談へ

森喜朗元首相が首相特使としてプーチン大統領と会談

 2月20日(水)夜から北海道石狩地方で暴風雪となり、JR函館線と学園都市線の札幌−岩見沢駅間で、札幌発旭川行き特急スーパーカムイ47号など列車11本が立ち往生。
 乗客2010人が一時、車内で足止めされ、約620人が車内で一夜を明かした。
 JR北海道が線路の除雪を急いでいるが、2月21日(木)正午までに新千歳空港と札幌を結ぶ千歳線などを含む7路線で約400本が運休。
 復旧は2月21日(木)午後になる見通し。

○ 安倍総理 就任後 初の訪米、首脳会談へ。

 安倍首相は21日夜、アメリカ・オバマ大統領と就任後初めての首脳会談を行うため、政府専用機で首都・ワシントンに向けて出発する。

○ 喜朗元首相が首相特使としてプーチン大統領と会談。

 安倍晋三政権は、首相特使として派遣した森喜朗元首相とプーチン大統領の21日の会談で、対露外交の第一歩を踏み出した。
 プーチン氏は首相の早期訪露に期待感を表明したが、北方領土問題でロシア側が日本が求める「四島返還」を認める可能性は依然低い。

2月22日(金)、松江市で8回目の「竹島の日」式典(島根県主催)

ホロヴィッツ博士のソルフェジオ「528Hz」の著作

白日夢「輪が浮き上がってくる映像」

 島根県は2月22日(金)午後、松江市で8回目の「竹島の日」式典を開催。

ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz(超知ライブラリー 73) が到着。



 レオナルド・ホロヴィッツ博士の著作だ。
 ホロビッツ博士は、528Hz(一秒間の528回の振動の音)はあらゆるものを癒す(DNAの修復を行う)愛の振動であり、世界標準の平均調律、※ソルフェジオ周波数の「ソ」741Hz(平均律A440Hz:一秒間に440回の振動の音)は、528Hz(A444Hz)の音と不協和音を生じる音であると言っている。

○ 日中に「輪が浮き上がってくる映像」をみた。

 平成7(1995)年8月に作成した象徴図形の一部をなしている輪だ。
「輪が浮き上がってくる映像」

2月23日(土)、日が変わり安倍晋三首相とオバマ大統領の会談

展地の高校受験日

昨日の輪が幾つもまとまって一つの大きな輪になった

私に詰問する人物、小平田無でトラブル発生

 オバマ米政権誕生から5人目の首相となる安倍晋三首相を迎えるワシントンで、日本時間2月23日(土)未明(現地時間 22日)に日米首脳会談が行われた。
 短命政権が続いた日本の首相としては近年まれなほど支持率が高く、経済再生への期待感が高まっているためアメリカ側の関心が高い。
 安倍政権発足当初、「右翼」「タカ派」と警戒感を示していた米メディアには、歴史認識を含めた安倍首相の「安全運転」ぶりへの戸惑いも見え隠れしている。

○ 展地、高校受験日。

 2月10日(日)に続いての入試だ。
 ガンバレ!

○ 昨日の輪が幾つもまとまって一つの大きな輪になった。

 三角形も元を正せば、輪の一形状だった。
 輪の中で、三角形状に「結んで」直線にしていただけだったのだ。
「そなたの苦労がなければ、血が流れるところであった」
 そういう解説が続いた。
輪が幾つもまとまって一つの大きな輪

○ 昼前の展地がテスト最中に私に詰門してくる人物。

「終了報告が抜けている状況はおかしいのではないか」
 その点についてだった。
「こういう状況になっているのはどうして?」
 ということを問題にした。

 その後、小平田無方面でトラブルが発生し、夕方まで対処に追われた。

 Drが余ったと報告 → その対処指示が間違っていた → 大事になった。

2月24日(日)、女房の「三連長屋と癒しのプール」の夢

ホロヴィッツ博士のソルフェジオ「528Hz」の著作読了

光と音がのっかる網構造体に「思い」が流れている

午後、安倍晋三首相訪米日程を終えて政府専用機で羽田空港に帰国

 女房の夢。
 中庭が芝生になっている三連長屋の住宅に女房と私の2人が訪ねに行っている。
 三連長屋の真ん中に金城たちが住んでいて、前回来たときも中庭からサッシを「トントン」と叩いて金城たちがいるかどうかを確かめた。
 金城の左の住人は不明である。
 金城の右手の住人は、何か極めて高価な装置を無くして困っているらしい。
 その装置の行方不明に賢一が関わっているらしいのだ。
 それに女房は感ずいてバツが悪くなったようだ。
 私は芝生に入るなりイスに座りバーベキューが準備されるのを待っているし、一人アタフタしてしまったという。

中庭の芝生でバーベキュー

 中庭に通じる門は鳥居の端っこがないような形状だ。

門の形状

 場面が変わって、ショッピングセンターに買物に行ったという。
 ショッピングセンターの中にプールがあって、そのプールは癒しに使われるらしい。
 冬になると、蓮の形に似たゼル状の蓋いがかけられ、その上に寝そべって疲れた体を癒すのだと説明されたという。

癒しのプール

 葉と葉の形は下のようだったらしい。

蓮の葉のような形状

2月22日(金)から読み始めたホロヴィッツ博士のソルフェジオ「528Hz」の著作を読了。
 心に残るこのモヤモヤ感は何か?
 ホロヴィッツ博士は、愛「528Hz」を取り戻すために「戦い」を挑んでいる。
 そのため、私の体に「戦い」の感覚が誘発され、自分の中のものと反発するからかもしれない。
 また、ホロヴィッツ博士の著作を読むと「戦い」の思いが喚起され、身の回りに「争い」を誘発してしまうようだ。
 これが、2月23日(土)の詰問となって現れたのだろう。

○ 光と音がのっかる網構造体に「思い」が流れている。

 これが網構造体に取り組んだ一つの帰結だ。

○ 安倍晋三首相は24日午後、訪米日程を終えて政府専用機で羽田空港に帰国した。

○ 2月24日(日)は、北海道上空などで今世紀最強クラスの寒気が観測され、北日本では大雪や吹雪となった。

2月25日(月)、富山さんの形見のペンを「お守り」に

韓国で朴槿恵(パク・クネ)氏(61)の第18代大統領就任式

朴槿恵-麻生会談、16時23分頃日光市で震度5強の地震発生

 2月1日(金)にインキ切れになった富山さんの形見のペンを自宅に持っていっていたのだが、もう一度私のカバンに入れた。
 お守りのようなものだ。

2013年2月25日(月) 韓国で朴槿恵(パク・クネ)氏(61)の第18代大統領就任式。

 お隣の韓国では、セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)氏(61)が第18代大統領就任式に臨んでいる。
 朴槿恵(パク・クネ)氏(61)は、朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の長女で、女性大統領は初めて。
 午後には訪韓した麻生太郎副総理ら外国要人と会談された。

2013年2月25日(月)16時23分頃、栃木県北部の日光市で 震度5強(M6.2)の地震発生 。

「音」は「日の光」と水に還元する。
 青森の大雪の報道とあわせれば、そういう動きが始まったということなのだろう。
 青森県・八甲田山近くの観測点「酸ケ湯(すかゆ)」では連日、国内史上最高記録を更新している。
 同日午前5時の積雪が5メートル66センチと、3日連続で全国に現在ある観測点の最多記録を更新した。

2月26日(火)、染色体のような映像「この場面は忘れてはならぬ」

日程の確認、お墓代行業の方のバナーの確認

エジプト南部ルクソールで熱気球爆発墜落で日本人4名死亡

 朝の夢。
 球状の中に染色体のような物質が振動している映像が見える。
「この場面は忘れてはならぬ」
 天之大神の言葉だ。( → 大神
染色体か?

○ 土曜日の日程の確認のメールが入っている。

○ 香取大明神からお墓代行業の方のバナーの確認の電話あり。

○ 展地と美穂の習字が『書の心』528号の雑誌に掲載されている。

 ホロヴィッツ博士のソルフェジオ「528Hz」に関する著作をもう一度読み始めている私にはこの528号というだけで全てが了解できる。

『書の心』528号

○ エジプト南部ルクソールで熱気球が爆発墜落。
 エジプト南部ルクソールで日本時間2月26日(火)午後(現地時間では午前)、外国人観光客ら21人が乗った熱気球が空中で爆発し、日本人4人を含む外国人観光客19人が死亡した。
 旅行大手JTBのグループ会社は、気球ツアーに参加していた東京在住の夫婦2組4人の死亡を確認したと発表した。

【 19人の内訳 】

日 本   4人(東京都内に住む夫婦2組の4人)
香 港   9人
フランス  2人
ハンガリー 1人
英 国   1人
エジプト  1人

不 明   1人

 エジプト保健省は死亡した観光客は18人と発表しており、日本人4人のほか、香港からの観光客9人、フランス人、英国人、ハンガリー人らが搭乗していたと明かした。
 気球は上空約300メートルから降下中に、積んでいたガスボンベが爆発し墜落したとみられ、気球を運航していた会社の関係者は
「ボンベのパイプからガスが漏れ引火したようだ」
 と話している。
 英国人観光客と、エジプト人操縦士は気球から飛び降りて脱出、重傷を負い病院に運ばれた。操縦士は意識不明の重体との情報もある。

(※) 1997年11月17日午前9時(現地時間)のルクソール事件を思い起こさせる。

 1997年11月17日午前9時(現地時間)ごろ、ルクソールの王家の谷近くにある、ハトシェプスト女王葬祭殿の前にて、外国人観光客ら200名に向けて待ち伏せていた少なくとも6名(もっと多かったという証言もある)のテロリストが、守衛を襲撃した後、無差別に火器を乱射し弾薬がなくなると短剣で襲ったという。
 この襲撃でスイス人、ドイツ人、日本人(観光客9名、添乗員1名)ら観光客61名が殺害された。

2月27日(水)、メルマガ105号、今日から神奈川のあり方が変わる

高野山真言宗で宗団の資金運用を巡り約6億8,000万円の損失。

 メルマガ105号の発行( → メルマガ目次)。

○ 今日から神奈川のあり方が変わる(3回目)。

 これまで神奈川を取扱っていた会社に破産管財人が入る。
 この影響で、今日から神奈川のあり方が変わる(3回目)。

 2008(平成20)年5月24日(土)に新座に移転。

 2008(平成20)年6月6日(金)に神奈川の最終手配。
 2008(平成20)年6月7日(土)から、神奈川は城南島に。
 2010(平成22)年11月29日(月)から神奈川の手配先がインター予定地と日之経綸に加担してきた所に変更になった。
 2013(平成25)年2月27日(水)から日之経綸に加担してきた所に破産管財人が入るため、インター予定地に変更になった。

○ 高野山真言宗で宗団の資金運用を巡り約6億8,000万円の損失。

 空海(弘法大師)が開創した宗教法人の高野山真言宗(総本山・金剛峯寺、和歌山県高野町)で、宗団の資金運用を巡り約6億8,000万円の損失が出ているとして、宗派の議会に当たる「宗会」が内閣に相当する「内局」のトップ、庄野光昭・宗務総長への不信任案を可決したことが分かった。
 庄野宗務総長は2月27日(水)、「宗会」を解散した。
 不信任案可決や「宗会」解散は極めて異例で、宗団内の対立が深まっている。
 森寛勝・財務部長によると、宗団は2003年から資金運用を始め、現在約30億円を運用している。
 従来は30年満期など長期のものが多かったが、2007年ごろから早期償還された資金の再運用で4〜5年満期の短期商品を購入。
 そのうち、昨年までに満期になった短期商品の運用損が約6億8,000万円になった。
 ただ、森財務部長は「全体の運用損益では運用益が上回っている」と説明。
 運用収益は経営難の高野山大への助成や宗団の経常経費、社会福祉事業への助成などに使われている。
 2月26日(火)の「宗会」では、庄野宗務総長が
「運用が思うにまかせず推移している」
 などと述べた。議員側は納得せず、不信任案を提出し、小差で可決された。
「宗会」議員は全国10ブロックで選挙された27人と、宗務総長が任命する10人で構成。
 解散後50日以内に地方選出議員の選挙が行われる。

 高野山真言宗でも、ローマ法王庁のような内紛だ。

 お金に絡まる権力闘争が今年のテーマかもしれない。

2月28日(木)、富士山を音階に見たたて周辺の山々が歌う

終身制の法王が約600年ぶりローマ法王退位の挨拶

展地の合格発表の結果は合格だった

 朝の夢。
 富士山を中心とした山々が音階表示のように見えている。
 富士山を除く山々は少年少女合唱団の歌声が響いている。
 西金砂山も同じだ。
 中心の富士山はいつ歌いだすのだろうとみんなが期待を込めてみている。
 すると、マスクをした富山さんが現われてきた。
 マスクの下の口は赤く焼けタダレテいるように見える。
 富山さんは富士山の歌をうまく歌えるだろうか?

富士山を中心とした山々の音階

○ 家を出る前の映像。
 網構造体のような厚い層にポッカリと穴が通じ、そのなかから明るい太陽が顔を覗かせている。
 面白い映像だ。

○ ローマ法王退位の挨拶

 日本時間2月11日(月)夜〔現地時間11日昼頃〕、退位の意向を表明していた。
 ローマ法王庁(バチカン)報道官によると、実質的に終身制の法王の退位は約600年ぶり。

○ 展地の合格発表の結果は合格だった。

 昨年の9月の段階では、合格点まで「70点」足りないといわれていた。
 それが正味6ヶ月で目標点数より「24点」上回ったのだから達成感があるだろう。
 五教科で合計「94点」上乗せしたことになる。
 立派!

3月1日(金)、ローマ法王ベネディクト16世(85)が退位

 ローマ法王ベネディクト16世(85)は高齢を理由に日本時間3月1日(金)午前4時〔 現地時間2月28日(木)午後8時 〕をもって退位された。
 日本時間2月11日(月)夜〔現地時間11日昼頃〕、退位の意向を表明していた。

3月2日(土)、外は暗闇で会社の窓が開いた、菱が会場で退社宣言

実加の治療も兼ねて五反田の椅子に

五反田で「敷島と筑波」「べリアル」「スーパームーンソルト」

 朝の夢。
 会社のDルームの左側の窓が半分開いている。
 外は真っ暗闇だ。
 みていると、窓枠全体が右に移動して開き、さらに大きな闇が開けてきた。
 そして、その闇は瞬く間にDルームに押し入ってきた。

 場面が変わった。

 中野のセミナー会場のような場所だ。
 菱が前に出て、セミナー会場で「退社宣言」をしていた。
 すぐ11時の方向に別のセミナールームが現れてきた。

 このセミナールームは私のモノなのだが、菱の混乱の影響を受けて少し混乱していた。

2月11日(月)に電話で予約できたように、実加の治療も兼ねて五反田へいくことになった。
 「しきしま」が糊代のことで、「つくば」が「付く 離れる」と読めてしまう点にはビックリした。

満月とイルカ 「スーパームーンソルト」の話も面白い。
 考えていることをレポートをまとめてみよう。

3月3日(日)、海中のナウシカの腐海の底が浄化されている映像

「怒りと憎しみが網構造体だった」、北海道の猛吹雪

 朝の夢。
 海中に「風の谷のナウシカ」の腐海のような場所がある。
 ハリーポッター「炎のゴブレット」で「マーピープル(水中人)」が生息している海中にも似ている。
 その水中の植物の根元に「大きな木箱」が沈んでいる。
 なんとなく、自分の埋もれてしまった才能が納められている箱だと思った。
 その木箱の7時の方角に、何かの噴出孔らしい小さい穴が見える。
 その中に入っていった。
 その噴出孔は網構造体の出口になっていた。
 網構造体をみていると、アメーバー状の怒りと憎しみの霊的実体が逃げようとしており、最後は逃げ切れず網構造体の一部になっていく場面だった。
 天之大神は怒りと憎しみを利用されて、光と音が結びつく「場」を作られたのだった。

 どこまで行ってもスゴイ。

 ビックバーンを引き起こした「怒りと憎しみ」のエネルギーを「因縁」とされ、神々が克服しやすいように宇宙を作る土台とされたのだ。

○ 北海道の猛吹雪で8名死亡。

3月4日(月)、NECのプリンタIP「 211 → 216 」へ修正しプリンタ稼動

その他の3つの修正個所も終了

次期ローマ法王選出に向けバチカンで枢機卿会議が開催

 NECのプリンタIPを「 211 → 216 」へ修正し、プリンタがようやく稼動するようになった。
 その他の修正個所が2箇所。
 印字の順番の変更と四捨五入の位置。
 さらにサーバーの接続ライセンス数の増加。
 これが終われば、3月11日(月)のIMの修正で、長い歴史を終えることができる。

○ 次期ローマ法王選出に向けバチカンで枢機卿会議が開催。

 先月末に退位したローマ法王ベネディクト16世の後継者の選挙、「コンクラーベ」の日程を決めるためのカトリック教会の枢機卿らによる会議が4日、バチカンで始まった。
 コンクラーベは今月10日前後に始まるとみられている。
 法王庁報道官によると、4日には日程は決まらない見通し。

3月5日(火)、中国の第12期全国人民代表大会が開催

北の軍幹部「3月11日(月)以降、朝鮮戦争の休戦協定を白紙にする」

 中国の第12期全国人民代表大会(全人代=国会)第1回会議が、北京の人民大会堂で開幕した。
 全人代にあわせて財務省がまとめた国家予算案によると、2013年度の国防予算は、日本の防衛関連費の2倍を上回る7406億2200万元(約11兆1100億円)に達した。

○ 北朝鮮軍の最高司令部の幹部「今月3月11日(月)以降、朝鮮戦争の休戦協定を白紙にする」と一方的に宣言。

 北朝鮮軍の最高司令部の幹部は、3月5日(火)夜、国営テレビで声明を読み上げ、この中で、アメリカ軍と韓国軍の大規模な合同軍事演習に強く反発し、再び核実験などに踏み切る構えを見せたうえで、
「今月3月11日(月)以降、朝鮮戦争の休戦協定を白紙にする」
 と一方的に宣言しました。

3月6日(水)、来週のIMの予定が変更になった

 3月11日(月)のIMの修正が4月1日(月)に変更になった。

3月7日(木)、「ヒッグス粒子」は「5月に開かれる国際会議で確定か」

頻繁にトイレに行く女房

 万物に重さを与えるとされる「ヒッグス粒子」を探索中の欧州合同原子核研究機関(CERN)の研究に参加する東京大は3月7日(木)、昨年発見した新粒子がヒッグス粒子である可能性がさらに高まっており、早ければ5月に確定できる可能性があると明らかにした。
 CERNでは昨年末までの実験で得られたデータの解析を進めている。
 実験に参加する2つのチームがそれぞれ最新の解析結果をイタリアで開催中の国際会議で公表。新粒子にはヒッグス粒子に期待される性質が高確率で存在する上、別の粒子である可能性は排除されつつあるとした。
 東大の浅井祥仁准教授は
5月に開かれる国際会議でヒッグス粒子と確定できる可能性もあるのではないか
 と話した。

○ 頻繁にトイレに行く女房。

 丹生川上中社に行ったときと同じ現象だ。

○ 夜、ある女神が「横笛」を吹いている映像。

 昨年、「花さん」の時もこういう映像があった。
 そのときは、講演会に向けていた。

3月8日(金)、役員会「完成したね」、黄砂がスゴイ

 役員会。
 今まで手直ししていたサイトに対して
「完成したね」
 と社長が発言。
 続いて、香取大明神も発言。
 私「やったねビックリ」

○ 黄砂がスゴイ。

○ 五反田から3月19日(火)の了解メール。
 おそらく黄砂がすごいのはこの影響があるのだろう。
 「ベリアル」の記録として残す。

3月9日(土)、コンクラーベは12日(火)から開催、すさまじい黄砂

運ちゃん組織の解散式

 ローマ法王庁(バチカン)は3月8日(金)、2月末に法王の座を退いたベネディクト16世の後任法王を選ぶ会議「コンクラーベ」を12日(火)から始めると発表した。
 法王に次ぐ地位にある枢機卿たちが、3月4日(月)から開いていた準備協議で決定した。
 前法王が存命中に行われるコンクラーベは約600年ぶり。
 これまでは法王の死去による退位から15〜20日後にコンクラーベが実施されたが、今回は死去に伴う退位の儀式が不要となったことなどから日程が前倒しされた。

○  黄砂がスゴイ。

○ 運ちゃん組織の解散式。

 この組織が「糊(のり)」の象徴だった。
 先生が言っていた
「キレイに糊(のり)を剥がすのは難しい」
 ところが自ら進んで解散式をするのであれば、強制的に剥がす必要性もなくなる。
 この人物の影響力はイッキにしぼんでいくだろう。

「私通う体力が無くなったから辞めてもいいよ」

 和光に行く車中で発言する2羽。
「俺だっていいよ」
 と応じる波。
「私だって」
 と3名が辞めてもいいよと表明。

3月10日(日)、すさまじい黄砂

 観測史上1番早い夏日。
 このため、3月8日(金)からの黄砂の影響がスゴイ。

3月11日(月)、あれから2年

 あれから2年。

3月12日(火)、メルマガ136号と137号、ミーティング

夜寝ているとラッパが鳴り響く

 メルマガ136号と137号の発行。
「 魂鳴鐘( こんめいしょう ) 」
 神戸のDoiさんから携帯に電話あり。
 水の話、物理学者の話・・非常に面白かった。

○ ミーティング。

 長く関わっていたサイトが完成間近、と公表。
 3月26日(火)に学習会の提案。

○ 夜、自宅で横たわっていると、ラッパが吹き鳴らされた。

 これって、コンクラーベ開始のラッパだろうか。
 この世の終わりの始まりの合図か?

3月13日(水)、メルマガ106号の発行、美穂の13歳の誕生日

コンクラーベの開始、方位磁石の十字クロスの画像

 メルマガ106号の発行( → メルマガ目次)。

○ 美穂の13歳の誕生日。

 この日が、コンクラーベの開始日になるのも興味深い。

○ ローマ・カトリック教会11億の信者を導くローマ法王を決める選出会議「コンクラーベ」が日本時間3月13日(水)未明(現地時間12日夕)、バチカンのシスティーナ礼拝堂で始まった。
 存命中の退位という約600年ぶりの異例の決断をしたベネディクト16世の後任として、欧州以外の候補の名も挙げられている。
 投票権を持つのは、教会で法王に次ぐ地位の枢機卿のうち、80歳未満の人。
 今回参加する115人が日本時間3月13日(水)午前1時(現地時間12日午後5時)前、一人ずつ秘密の厳守などを宣誓した後、扉が閉じられた。
 法王が決まるまで外部との連絡は遮断される。新聞やテレビに触れたり、携帯電話やパソコンを持ち込んだりするのも禁止だ。
 これに先立ち開かれたミサでは、ソダーノ首席枢機卿が
「未来の法王が世界規模でよい導きを続けられるよう祈ろう」

 と述べた。

 コンクラーベが開かれているバチカンのシスティーナ礼拝堂の煙突から、日本時間3月13日(水)午前3時40分(現地時間12日午後7時40分)ごろ、選出できなかった合図である黒煙が上がった。

○ 方位磁石の十字クロスの画像をアップ。

北を向かない方位磁石

 ある特定の場所で、方位磁石が「十字クロス」を造る。

十字クロスになる方位磁石

 方位磁石のダウンロード

3月14日(木)、「コンクラーベ」5回目の投票で「フランチェスコ1世」

「文字入り」の到着、神戸のDoiさん

中国全国人民代表大会(国会)で習近平総書記(59)を国家主席に

 新たなローマ法王を選ぶバチカン(ローマ法王庁)の選挙会議「コンクラーベ」は13日午後〔 日本時間3月14日(木)未明 〕の5回目の投票で、南米アルゼンチン・ブエノスアイレス大司教のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿(76)を第266代法王に選出した。
 新法王は「フランチェスコ1世」を名乗る。
 「フランチェスコ1世」は、ベネディクト16世を選出した2005年のコンクラーベで2位の票数を獲得していた。
 アルゼンチンで同性婚合法化の動きが出た際に政府を批判したほか、中絶に反対するなど保守的な考えを持つとされる。

○ 「文字入り」の到着。

3月12日(火)に電話を頂戴した神戸のDoiさんから携帯に電話あり。
4月15日(月)に五反田に行くことになった。」

 午後に会う段取りになった。

 コンクラーベの日に電話を頂戴し、コンクラーベが終了して電話を貰った。
 このタイミングを覚えておくべきだ。

3月19日(火)、フランシスコ1世の19日の就任式。

 安倍晋三首相は3月14日(木)、新ローマ法王に選出されたフランシスコ1世の4月19日(火)の就任式に森喜朗元首相を政府の代表として派遣する方針を決めた。

○ 中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で習近平総書記(59)を国家主席に。

 中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は3月14日(木)、共産党の習近平総書記(59)を胡錦濤氏(70)に代わる新しい国家主席に、李源潮・党政治局員(62)を副主席に選出した。
 国家副主席に選ばれた李源潮氏は、胡氏と同じ党青年組織、共産主義青年団(共青団)出身。
 2012年11月の人事では胡氏の影響力が増すことを懸念する党長老の反対で常務委員に昇格できなかったとされるが、習氏との関係もよく、常務委員に近い地位を得た。
 常務委員ではない副主席は15年ぶりで、17年の常務委員昇格も取りざたされる。
 全人代の呉邦国氏(71)に代わる新委員長(日本の国会議長に相当)には、序列3位の張徳江・党政治局常務委員(66)を選んだ。任期はいずれも1期5年。
 習氏は最高指導者の3ポストすべてに就任。
 3月15日(金)に首相昇格が決まる李克強副首相(57)との「習―李体制」は、経済成長の持続や所得格差の是正など山積する課題に取り組む。
 胡氏は国家主席も退き、完全に引退。

3月15日(金)、美穂の夢「こっちの道、黒猫がいる」「ラーメンは空の器」

ヒックス粒子が確実になった

 美穂の朝の夢。
 家族が一緒に車で動いていると、二つの分岐点に差し掛かった。
 そこに走っているジイサンがやってきて、
「そっちは、工事中でいけないよ」
 と助言してくれたのだという。
 ジイサンの助言に従って道を進んでいくと、電信柱があって、その上に黒ネコがいる場所を過ぎるとようやく高速道路に乗れた。
 お昼になって、美穂たちは全員ラーメンを頼んだつもりだったのだが、目の前に出てきたのは空の器だったという。
「変でしょう」

 美穂の夢を聞いて、スゴイ面白いと思った。

 ある人の印象的な話が私の耳に残っているのと重なるものがあった。
 みんなお金を欲しいと思っているが、結局お金のもつ本質的な意味は、自分がやろうとしていることの器だと言っていた。
 自分がこれからやろうとしている事柄の器がやってきたということなんだ、と思った。

○ 万物に質量を与えるとされるヒッグス粒子の発見がほぼ確実になった。

 スイス・ジュネーブ近郊にある素粒子実験の国際拠点、欧州合同原子核研究機関(CERN)が3月14日(木)、昨夏に発見を宣言した新粒子の新たな解析結果は「ヒッグス粒子であることを強く示している」と正式発表した。
 CERNの大型加速器LHCで、ヒッグス探しの実験を続けてきた二つの国際チームの最新成果にもとづく。
 「スピン」と呼ばれる性質の値を調べたところ、新粒子は、ヒッグス粒子に特徴的な「ゼロ」という値をもつらしいとわかったことなどが根拠だ。

3月16日(土)、休み

 休み。

3月17日(日)、懸案の大和神社(奈良県)への手紙

 大和神社(奈良県)への手紙製作。
 懸案の手紙を何とか書き上げた。

3月18日(月)、大和神社(奈良県)への手紙発送

 大和神社(奈良県)への手紙発送。

3月19日(火)、展地の卒業式、幻冬舎などの打ち合わせ

日本時間の夕方からローマ法王就任式

 展地の卒業式。

○ 午後から、先生と昼食。

 幻冬舎との打ち合わせもあり、最後までいて夕食までもご馳走になった。

○ 日本時間の夕方からローマ法王就任式。

 初の中南米出身のローマ法王フランシスコ(76)が新法王に選ばれて7日目の19日、就任式を兼ねたミサがバチカンのサン・ピエトロ大聖堂で行われた。
 これで世界の指導者たちの体制が決まった。

3月20日(水)、一人業務にguchiが加わる

 一人業務に guchi が加わる。

3月21日(木)、サンキューメールの雛形を仕上げた

河口湖の六角堂が湖畔から陸続きの状態になっていると報道

 5社共同のサンキューメールの雛形を仕上げた。
 大きな一歩だ。

○ 河口湖の六角堂が湖畔から陸続きの状態になっていると報道。

 しかし、全国的な水不足であった1997年には「今より1m以上下がっていた」という。
 3月21日(木)、「モーニングバード!」(テレビ朝日系)で流された映像では、通常は河口湖の水面に島のようにある六角堂が、湖畔から陸続きの状態になっていることが見て取れた。
 露出した湖底には漁の網が見えるなど、通常よりかなり水位が低下しているように見える。
 治水課の担当者もJ-CASTニュースに対して、
「例年に比べれば(水位は)確かに低い」
 と話す。
 原因は
「12年夏場以降、雨が少なかったことくらいしか考えられないですね」。
 気象庁のデータによると、河口湖の降水量は平年値1568.1mmに対して、12年の降水量は1473.5mmと少なくなっている。
 ただ、水位は、数字上はそこまで珍しいことでもないようだ。
 2007年には−3m、2008年には−3m、2009年には−3.2mという数値が記録されている。
 また、全国的に深刻な水不足に襲われた1997年には「今より1m以上下がっていた」という。
 news every.(日テレ)では
「(ここまで干上がっているのは)はじめてですね」
 とする地元住民のコメントを紹介していたが、当時の報道を見ると、この時にも六角堂まで歩いていけるようになっていたらしい。
 今回の陸続きの映像について、担当者は
「浅いところと深いところがありますのでね、普段見えてないものが見えるとインパクトは大きいんだとは思いますけれど」
 と話した。とくに「異常事態」ととらえている様子はうかがえない。

 原因は少雨。

 富士河口湖町の河口湖の水位低下の原因について、山梨県富士・東部建設事務所吉田支所は4月18日までに、
「少雨が減水に影響している可能性がある」
と同町に報告した。
 甲府地方気象台によると、河口湖の7〜9月の過去30年間の平均雨量は665.5ミリなのに対し、昨年同期の雨量は358.5ミリと大きく平均を下回っている。
 また吉田支所によると、河口湖の水位は4月5日現在、かつて県の取水口があった基準水位からマイナス3.2メートルで、過去10年の平均水位であるマイナス2.19メートルと比べ、約1メートル低い。
 最も低かった3月中旬のマイナス3.36メートルよりやや回復傾向にあるが、依然高い傾向にある。
 同支所担当者は
「明確な原因ははっきりしないが、少雨が水位低下の原因と考えるのが自然」
 と話している。
 報告を受けた同町政策財政課は
「県の見解を示してもらったことで減水への共通認識を持つことができる」
 としている。
 河口湖は昨年から水位が低下し、最近10年間で最も低い水位を記録した。
 1月からは六角堂がある浮島まで湖岸から地続きとなっていて、ボートを使わずに歩いて渡れるようになっている。

3月22日(金)、菱「予約を取ろうとしたけど取れなかった」

宇宙は138億歳と欧州機関が算出

家族で五反田へ行く日が決まった

 菱が話しかけてきた。
「予約を取ろうとしたら講演会の場で、と言われてしまった」
 という。
 話を進めていく手順が違うな。
 一言声をかけてくれれば、上手くいくんだけど。

○ 宇宙は138億歳と欧州機関が算出。

 欧州宇宙機関(ESA)の分析で、宇宙の誕生時期がこれまで考えられていたものより1億年古い、約138億年前であることが分かった。
 ヤフーニュースで知った。
 (2013年3月22日07時09分 読売新聞)

○ 家族で五反田へ行く日が決まった。

 3月24日(日)と決まった。

3月23日(土)、旅行記録の製作開始

3月24日(日)、五反田で「青い鳥」

 ボーンビートソファに座っているとき、私は久しぶりに「青い鳥」を見た。
 私は5歳ぐらいのとき、よく「青い鳥」に姿を変えて、よくいろんなところに行っていた。

┌ 私が5歳のときの夢

└─────────────────────

 光の奥底の暗闇の中に、鳥籠に封じられて身動き取れなくなっている若くてりりしい王子がいて、私は青い鳥に身を変えてその王子を励ましに行っていた。

 鳥籠の外に着くと、私は、

「大丈夫だよ、心配しなくていいんだよ」
「じゃ、また来るからね」

 と励まし続けてきました。

 そういう夢を見たときというのは、常に寝汗をびっしょりかいて、そしてオネショをし、私と一緒に寝ている祖母にいつも怒られるのです。
 そのあとは、もう怖くて眠りに入ることが出来ず、祖母にピッタリ抱きつき残りの夜を過ごしました。
 青い小鳥に変じた私が、王子の元を3度目か4度目に訪問したとき、その王子は私に次のように語りかけてくれました。

「多くのモノたちが私を助けにやってくるが、誰も私の元にたどり着けない」

「私にたどり着く前に、深い闇に飲み込まれてしまうのだ」
「私は、危ないからこちらに来てはいけない、
 と大きな声で叫ぶのだが、私の声は届かない」
「小鳥さんも危ないから、もうここに来てはいけないよ」
 その王子は、青い小鳥に変じた私をやさしく労わってくれます。
「大丈夫だよ、心配しなくていいんだよ」

 そして、いつの日か助け出されると約束してその王子と別れたのです。

 鳥かごに封じられている若くてりりしい王子がいること。
 そしてその若い王子は救いを待っていること。
 青い小鳥に変じた5歳の私は、その王子に救いがやってくることを約束していること。

 こういう事柄を私は5歳のころ夢で告げられていました。

 この「青い鳥」を夢で見るのは、約50年ぶりだ。

 今日の夢の青い鳥は、私の胸に留まって、はるか遠くの富士山を眺めていた。

 五反田のサロンの訪問は今日が4度目なので、その「青い鳥」は、私に「時」を告げているのかも知れない。

 かごめ かごめ

 加護(過誤)の中の鳥(十理)は
 五十五(5月5日)出やる
 世開けの番に
 鶴と亀と術得た
 羽代の主を生めん 朶あれ

 55歳ではなくて、5月5日(日)までに準備せよ、ということかも知れない。

3月25日(月)、青森からのメール、タイヤをアルファードに積む

4台のトラック引取りのドライバーを乗せて厚木へ

 青森からのメール、
「ウルトラ関心あり」
 と記載あり。

○ 夏用タイヤをアルファードに積み込む。

 荷物を置けないので、違う場所に置いてくれと言われる。
 いずれタイヤは移さないといけないと思っていたときにちょうど良かった。

○ 4台のトラック引取りのドライバーを乗せて厚木へ。

3月26日(火)、公式書面の作成、勉強会の延期

宗教法人「最福寺」(鹿児島県)の池口恵観法主が落札

 公式書面を書いたのはいいが、今日は渡せなかった。

○ ホームページの利用についての勉強会がトラック引取りの都合で延期。

 業界の大先輩の葬儀に当たっていた。

○ 宗教法人「最福寺」(鹿児島県)の池口恵観法主。

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部の土地・建物を落札したのは、宗教法人「最福寺」(鹿児島県)の池口恵観法主という人物。
 この人物を私は夢の中で見たことがある。

3月27日(水)、メルマガ107号、青森の方から4月15日の申込み

長野刑務所に服役していた堀江貴文・元ライブドア社長(40)が仮釈放

ヨーロッパにおける特許が降りた

 メルマガ107号の発行( → メルマガ目次)。

○ 青森の方から4月15日の五反田サロンの申込み。

4月15日(月)、行っても宜しいでしょうか!?」
 すごい行動力。

○ 長野刑務所に服役していた堀江貴文・元ライブドア社長(40)が仮釈放。

 平成23(2011)年4月26日(火)に上告が棄却され、平成23(2011)年5月21日(日)に異議申し立ても棄却され、平成23(2011)年5月20日付けで刑が確定し、平成23(2011)年6月20日(月)から収監されていた堀江貴文氏が、長野刑務所から仮出所した。
 刑期は11月9日(土)24時までだった。

○ 空洞が仕切られて、そこの龍神が封じられた。

 奥に続く洞窟のような空洞から龍神がこちら側に向かってきた。
 私の手前で、檻が下ろされ、その檻で立ち止まりと進んできた方の檻も下ろされた。
 そこで、その龍神は動きを封じられたようだ。
 今回の堀江貴文(40)の仮釈放に象徴される動きだと思う。

 私の動きを、こういう動きに合わせないと、世の中の動きが遅れる気がする。

○ 昼に光宮(みや)が泣きべそをかきながら私に電話をしてきた。
 それで、時がはまらないような気がした。
 これを受けて
「あなたが躊躇されると多くの人の動きが遅れます」
 と助言してくるものたちがいる。

 全ての動きは、もう既に天に委ねられているのかもしれない。

○ 網構造体の特許がヨーロッパで降りた。

3月28日(木)、正式書類の提出

 3月26日(火)に書き上げた正式書類を本日提出した。
 展地が生まれる前の平成9(1997)年3月18日(火)からお世話になった会社だ。

 全ての動きは、もう既に天に委ねられているのかもしれない。

3月29日(金)、宗教法人「最福寺」への売却を許可

「大和神社へ御札を納めに参ります」に出発

 整理回収機構(RCC)が強制執行(競売)を申し立てた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物について、東京地裁は29日、45億1900万円で落札した宗教法人「最福寺」への売却を許可する決定をした。
 民事執行法は、債務者(朝鮮総連)への売却を禁止。朝鮮総連の資金提供を受けている場合も売却は不許可となるが、地裁はこうした規定への抵触はないと判断した。
 今後1週間、決定を不服とする関係者の執行抗告がなければ、最福寺の落札が確定する。
 同寺の池口恵観(えかん)法主(ほっす)(76)は「朝鮮総連側から借りたいとの意向があれば検討する」と明らかにしており、土地・建物の所有権移転後も総連の本部機能は維持される可能性が高い。

○「大和神社へ御札を納めに参ります」に出発。

3月30日(土)、大和神社へ御札を納めに参ります

3月31日(日)、妻のお墓参りでカミナリ!新しい塔婆が立っていた

 まず女房の津市の墓参り。
 まず堤家の墓地について車を止めると「ピカ!」と稲妻が走った。
 カミナリが落ち、低くドロロロ〜と長く響いた。
 お墓の方に向かうと、新しい塔婆(とうば)が立っていた。
「ようやくお墓参りにやってきたか」
 と言われたのだ思った。
「菊おばちゃん」は亡くなったのかもしれない。
 そういえば、1月29日(火)に、実加が「大きな蛇と首のない女」の夢を見ていた。
 亡くなられたのは、1月29日(火)なのだろう。

 ここでも大きな区切りとなったようだ。

 平成25(2013)年3月30-31日(土-日)、旅行記録、大和神社へ御札を納めに参ります

 大口神社
 日和神社
 馬瀬神社

4月1日(月)、guchi に報告、京都の方に報告

 guchi に伊勢神宮に行った理由を報告。
「主人の時よりビックリした」
 ということだった。

大和神社(おおやまと)に参拝に行ってきたことを京都の方に報告。

 ついでにイスのことも特別に知らせた。

4月2日(火)、城東は6月からコチラのエリアになるという

 城東は6月からコチラのエリアになるという。
 kouichirou では荷が重過ぎたのだ。
 私に合わせた動きのようにも思える。
 いいカンをしている。
 見切り千両というヤツか。

4月3日(水)、ヒックス粒子の発生過程に果たした光と音の役割・・

オバマ大統領、脳の仕組み解明へ国家プロジェクト を発表

 仕事にいくときの直感。
 質量ゼロの光と質量ゼロの音が結びつき、質量をもつ「心」が発生する。
 この「心」から、光と音が分離し、そのあとに残るものがあって、それがひょっとして「ヒックス粒子」なのではないか?
 こういう仮定をもつようになった。
 この仮定について考えようとすると、体全体にゾ〜っとする旋律が走る。
 私の体は、「ヒックス粒子」の発生過程に果たし、光と音の関係があったと示している。
 本当に物理学に進めば良かった。
 音とは、日の光が水面を通って立ち上ってきたものだから、「立つ日」と書いて「音」という。
 心とは、光と水面を潜り抜けた日の光の結晶体だということになる。
 「思い」とは、「ヒックス粒子結合体」を通ってやってくる。
 この「ヒックス粒子結合体」を象徴的に表現しているのが「網構造体」である可能性がある。
 でなければ、あんなに迫真性がでてこないのではないか?
 「ヒックス粒子結合体」に働きかけるがゆえに、全てのものを本来ある働きに立ち戻らせることが出来るのではないか?
 時間の経過と共に、いろんな仮定がかってに頭の中で動き回ってしまう。

◆ 以下は、ヒッグス粒子が解明する宇宙のメカニズムより

 ヒッグス粒子とは、1964年にエディンバラ大学の理論物理学者ピーター・ウェア・ヒッグスによって提唱された、素粒子に質量を発生させる理由を説明するヒッグス場理論から推測される理論上の粒子です。
 素粒子の「質量の起源」を説明する電弱理論における対称性の破れによるもので、ヒッグス場を量子化することで得られる粒子で、ヒッグス場によって質量を獲得するメカニズムをヒッグス機構と呼びます。
 標準理論では、宇宙の始まりであるビッグバン直後には、クォークや電子、Wボソンといった全ての素粒子が、何の抵抗を受けることもなく質量がゼロの状態で真空中を自由に運動できていたと考えられています。
 しかし、ビッグバンから、10(-13乗)秒過ぎたころに、自発的対称性の破れが生じて真空の相転移が起こり、ヒッグス場という場が真空をヒッグス粒子で満たしてしまったと考えられます。
 すると自由に運動をしていた素粒子はヒッグス場と反応して、ヒッグス場と相互作用を起こす質量のある粒子と、相互作用を起こさない質量のない粒子に分かれるようになりました。
 ヒッグス粒子の発見についていえば、ヒッグス場を量子化して得られるのがヒッグス粒子であり、素粒子の標準模型の中でも最後まで未発見の粒子です。
 スイスのジュネーブ郊外に建設され、2008年より稼働したCERNのLHC加速器は、ヒッグス粒子の発見が高エネルギー加速器実験の最重要の目的のひとつとなっています。

オバマ大統領、脳の仕組み解明へ国家プロジェクト (4月3日日経新聞より)

【ワシントン=中山真】
 オバマ米大統領は2日、人間の脳の仕組みを解明するための国家規模の研究計画を始める方針を明らかにした。
 世界の研究者が共同で人間のゲノム(全遺伝情報)解読を目指して1990年代に始まった「ヒトゲノム計画」に匹敵する大規模プロジェクトになる見通し。
 アルツハイマー病や自閉症などの治療法の確立などに役立てたい考えだ。
 「脳活動解明計画(略称、ブレイン)」と称した計画は国立衛生研究所(NIH)、国防高等研究計画局(DARPA)、全米科学財団(NSF)の3機関が中心となって始動。
 計画の立ち上げのため2014会計年度に1億ドル(約93億円)を投じる。
 民間からもアレン脳科学研究所などが参加する。
 研究では個々の脳細胞や複雑な脳の神経回路がどのように相互に反応し、記録や情報処理などを行っているのかを把握するとともに、脳と人間の行動との関係などの解明も目指す。
 オバマ大統領は同日、同計画を「21世紀の偉大なる挑戦」と指摘し、企業や大学、非営利団体などの参加を呼びかけた。

4月4日(木)、一昨日から熱っぽい、式年遷宮の宿の予約・・

インフルエンザで hori が休み、腰に違和感が出てきた

 一昨日から熱っぽい。
 伊勢旅行の強行軍の疲れがでたか?

○ 昼前に式年遷宮の宿の予約を入れた。

○ インフルエンザで hori が休み。

 私も腰に違和感を覚えてきた。

平成21(2009)年12月17日(木)の記録。

 朝起きると黒っぽくて巨大な円盤型の宇宙船が黒煙をあげて降り立っていた。
 降り立った場所は、東京都練馬区高野台周辺のようだ。
 しばらくすると、カブトムシのようなヘルメットをかぶった兵士の一群が銃を抱きかかえて私の前を小走りに走っていった。
黒っぽい円盤型の宇宙船が着陸

 巨大な黒っぽい円盤型の宇宙船の巨大なハッチが開き、中から女王のような女性が私の前に進み出てきた。
 その女性は、厭らしい光が固められて光っているようにも見える。

「そなたは関わってはいけない」

 私の心の中で語りかけてくれる声がある。

 なぜ、そのように光が固められているのかシステムを覗いてみた。

厭らしい光になるのかの検証

 システム全体が汚れているのだ。
 浄化した光を出すべきものが汚れた光を出している。

「近寄らぬほうがそなたのためぞ」

 このシステムの概要は平成22(2010)年3月3日(水)の雛祭りにメルマガ27号を発行したときに、どういうことなのか、あらかた了解した。
 平成21(2009)年2月12日(木)に見た、忍者風の者たちがいっぱい飛び出てくる・・という映像に密接に関係していたのだ。

平成21(2009)年2月12日(木)の映像の概略。

 平成21(2009)年2月8日(日)に見た濁流に押し流されようとしている「ある男」に向かって下流からやってきた黒いモノには、濁流のシブキがかかる。
 黒いモノの中に私の弓(ゆみ?)が射られ、入っていった。

 すると、ヘドロのような強烈な匂いのするものが中からドクドク流れ出てくる。

 黒装束の忍者風の者たちがいっぱい飛び出てくる。
 黒装束の忍者風の者たちが守っていたのは、水状のアメーバーのようなものだ。
 これって水銀のようなもの?
 その奥にいる姫神のような人は誰だ?
 形がなく、形がある。

 姫神ような人物の後ろに誰かいる。藍(IMA)さんに似た声を発している。

 強烈な異臭に吐き気がしてくる。

平成21(2009)年7月3日(金)の映像。

 祝詞を終え、静かに目を閉じると、暗黒界へと降りて行っているようだ。
 暗黒界の底部で見たものは、平成21(2009)年2月12日(木)にみた姫神の背後にいる黒いアメーバー状の意識体だ。
 この意識体は何にでも変化できる。
 昨年の10月ごろ「闇の騎士団」なるものが現れていたが、そういう現われを引き起こす実体(本体)がこのアメーバー状の意識体なのかもしれない。

「よくここまでこられた」

 と言う。

平成22(2010)年8月8日(日)の考察。

 「火の国の燃えカス」を象徴する人物、「火の国の忌み嫌う気持ち」を象徴する人物がいた。
 妬み嫉み恨み呪い怒り憎しみを象徴する人物がいるということだ。

平成21(2009)年12月17日(木)昼頃、ある人物の私への発言、

「人事(ひとごと)ね・・」
 この人物がインフルで休み、私が腰痛になった。

平成22(2010)年4月12日(月)の発言。

 平成22(2010)年3月3日(水)に感じた画像の背後でうごめくものを、障壁なくみることが出来るようになった。
 浄化した光を出すべきものが汚れた光を出してしまっている位置から、ある女神が
あなたにできるかしら
 とあざ笑いながら立ち退いた場面を思い出していた。
 ある女神が立ち退けば、老蘇(おいそ)の森への道を遮っていた障壁はなくなっているような気がするが・・?

4月5日(金)、メルマガ138号「方位磁石の十字架」・・

hori の休み、腰痛はイスに座ったらよくなるだろう

 メルマガ138号「方位磁石の十字架」で4月14日(日)のセミナーの告知。
 解明されるべきものは解明されるべきだ。

○ hori の休み。

 私は私で腰痛。
 チョットつらくなり始めてきた。

4月6日(土)、二羽に退社を告げる・・

 二羽に退社を告げる。
 驚かないので、事前に聞いていたと察知。
 それでいいのだ。

4月7日(日)、Docomo から SoftBank への切替・・

 午前中にジョイフル。
 午後にリビンで展地の制服購入。
 夕方、Docomo から SoftBank。
 「 iPhone5 」「 iPad mini 」・・さすが全てが使いやすい。

4月8日(月)、展地の入学式の準備で大泉学園へ・・

 展地の入学式の準備で大泉学園へ。

4月9日(火)、腰痛の最高潮、松本クリニック(整形)・・

展地の高校の入学式・・やったな展地

社員ミーティングで公表、旗の台で打ち合わせ

光宮(みや)が「エッチ事件」を起こしていた

 朝起きて起き上がれない。
 腰痛の最高潮で、松本クリニック(整形)へ。

○ 展地の高校の入学式・・やったな展地。

 達成感があるだろう。

○ 社員ミーティングで退社を公表。

 そのことを kubo さんにも口頭で伝える。
 IMA さんには携帯で伝える。

○ 旗の台で打ち合わせ。

 店舗図面を描ける人がいるんだ。
 すごくラッキー。

○ この日の午後に、光宮(みや)の「エッチ事件」が起きていた。

 システムというのは「パンツ」に相当している。

4月10日(水)、メルマガ108号・・

光宮(みや)の「パンツ脱がせ」事件発覚

 メルマガ108号の発行( → メルマガ目次)。

○ 立川の ooishi さんから電話をもらって、

「辞めるんだって・・」
 という話題になった。
 電話の用件は、
「東青梅の単価問題」
 が中心だった。
 システムの基本部分の話だった。

○ 光宮(みや)の4月9日(火)「エッチ事件」発覚。

 女房が学校から呼び出された。
 経緯。
 Kちゃんが
「エッチする?」
 といつものように聞いてきた。
 Tちゃんが
「Kちゃん、やりたいの?」
「じゃあ、やろうよ」
 ということで、最初は3人でお医者さんごっこをして遊んでいた。
 そこにMが合流してくる。

 ・・・・・ < 中 略 > ・・・・・・・

 4月9日(火)の「エッチ事件」が原因で
「学校に行きたくない」
「転校したい」

 とKちゃんが言い始め、今日の学校を休んだという。

 これはイジメに相当するということで、学校で大きな問題として取り上げられ、関係した3家族の親が呼び出され、事情徴収されることになった。
 Kちゃんといえば、我が家でお風呂に入ったり夕食を食べていったりしたことのある子だ。
 なんの因果でこうなるの?

○ そういえば塩山荘で「パンツ」事件があったよなあ。

 システムは、みえない「パンツ」に相当する、と言っていた時期があった。
 この関係で光宮(みや)の「パンツ」事件が発生したのだろうか。

4月11日(木)、女房の休みを利用して「エッチ事件」の事情聴取・・

tanaka さんから大阪の方への説明依頼

 女房の休みを利用して光宮(みや)の「エッチ事件」の事情聴取。
 業務移行の話し合い。

○ Tanaka さんから、4月20日(土)に案内して欲しい方がいるとメールあり。

 大阪の方らしい。
 一応OKの返事を出しておいた。

4月12日(金)、役員会で退社の報告、「すまなかったね」・・

 役員会で退社の報告。
 香取大神宮から
「すまなかったね」
 そういう一言だった。
 この一言によって決着してくれたことになる。

○ 4月12日(金)17時18分に大阪の方からメールが来ていた。

 昨日のtanaka さんからの説明要請メールの趣旨をようやく理解した。

4月13日(土)、5時33分頃に淡路島で震度6弱(日の出時刻か)・・

 日の出時刻に近い、5時33分頃に淡路島で震度6弱の地震発生。
 ちなみに4月14日(日)の日の出時刻が5時31分であることから、ちょうど日の出に当たっていた可能性が高い。
 淡路島では平成7(1995)年1月17日(火)以来の大きな揺れになった。
 平成7(1995)年は、このあと地下鉄サリン事件へと繋がっていった。

4月14日(日)、五反田でセミナーの開催・・・

 五反田でセミナーの開催。
 午前中に2名、午後に4名。
 午前中の終わりごろ先生がやってきて、先生の独断場になっていった。
 それはそれでみんなのためにはいいだろう。

4月15日(月)、神戸の方と青森の方

 神戸の方は、3月12日(火)3月14日(木)に電話を頂戴した方だ。
 3月12日(火)はコンクラーベの開始のラッパを聞いていた。
 3月14日(木)の「コンクラーベ」5回目の投票で「フランチェスコ1世」が決定。

 青森の方は、3月27日(水)に申込みがあった方だ。

 3月27日(水)というのはヨーロッパでの特許が下りた日に当たっている。

○ 先生は、アメリカ大使館に行ってケリー国務長官との下準備に行ってきたという。

4月16日(火)、ボストン・マラソンのゴール付近で2度の爆発

セミナーに参加された方にメール送信、光宮(みや)のエッチ事件終結

 ボストン・マラソンが開催されていた米東部マサチューセッツ州ボストン市中心部のゴール付近で4月15日午後3時(日本時間4月16日午前4時)ごろ、2度の大きな爆発があった。
 米メディアによると、少なくとも3人が死亡、80人以上が負傷したもようだ。
 6人が重体という。
 CNNテレビは米連邦捜査局(FBI)筋が「テロ攻撃」とみていると伝えた。
 実行犯が米国人か外国人かは不明という。

○ セミナーに参加された方にメール送信。

4月17日(水)、マップ連携の修正、セミナーに参加された方にメール

アメリカで猛毒リシンの入った封書

17時57分頃 三宅島近海 で震度5強の地震発生

 Gakiに言われて、マップ連携の修正。

○ セミナーに参加された方にメール送信。

○ ワシントン(CNN) 米国会議事堂あての郵便物を扱うワシントン郵便施設で4月16日(火)午後、猛毒リシンの入った封書が見つかった。
 議会と捜査当局の情報筋がCNNに語った。

○ 17時57分頃 三宅島近海 で震度5強の地震発生。

4月18日(木)、アメリカ上院「銃規正法の否決」

 米上院は現地時間の4月17日(水)、銃購入者の身元調査の強化や殺傷力の高い武器の販売禁止などを柱とする包括的な銃規制法案を反対多数で否決した。
 オバマ大統領は緊急記者会見し
「ワシントンにとって恥ずべき日だ」

 と述べ、規制反対派のロビー活動を批判した。

○ 4月17日(水)午後8時(日本時間18日午前10時)ごろ、米テキサス州の肥料工場で爆発が起き、周辺で負傷者が多数出ている模様だ。
 米メディアによると、消火活動が続いており、被害が広がる可能性もある。地元警察によると、5〜15人が死亡し、160人以上がけがをしたという。
 また、火災はまだ燃えており、新たに爆発が起きる可能性があるとして近郊の町の住民は避難をした。

○ 一連の事件、ボストン爆弾テロ事件・猛毒リシン入りの手紙・肥料工場での爆発。

 多くの死傷者を出した米南部テキサス州での肥料工場爆発事故とボストン爆弾テロ事件、オバマ大統領らに送られた猛毒リシン入りの手紙と容疑者逮捕−。
 それぞれの関連は不明だが、米国社会はここ数日、不穏な出来事に相次いで見舞われている。
 米捜査当局によると、ボストン、ワシントンという大都市に加え、テキサス州で起きた一連の事故、事件を結びつける証拠は今のところ、何も出ていない。
 ボストン爆弾テロ事件後に発覚した、リシン送付の容疑者逮捕も、爆弾テロとの関連性は認められていない。
 しかし、4月17日(水)夜、テキサスで起きた大規模爆発・火災で、にわかに米国社会の一部で取り沙汰され始めたのが、何らかの政治的背景だ。
 20年前の1993年4月19日、今回の爆発火災現場の近くで集団自殺事件が起きた
 同じテキサス州ウェーコ近郊で、キリスト教武装集団「ブランチ・デビディアン」の信徒が51日間にわたって教団施設に立てこもり、その間、連邦の銃取締官と銃撃戦を展開。
 施設が爆発炎上して80人以上が集団自殺した。
 当時、反連邦政府主義を掲げる米国の右翼活動家の多くが、この事件をFBIと連邦アルコールたばこ火器取締局(ATF)による弾圧ととらえ、武装グループを組織した経緯がある。
 これを機に増加した反連邦政府武装集団「義勇軍」のメンバーが、2年後の1995(平成7)年、オクラホマ州オクラホマシティーで連邦ビル爆破テロを起こした。
 彼らは反連邦政府、反納税、反銃規制などを掲げる白人至上主義者で、その拡大は大きな社会問題となった。
 図らずも、4月17日(水)は銃規制をめぐり、連邦議会とオバマ大統領サイドが議会採決で正面からぶつかった。
 上院は本会議で、すべての銃取引で購入者に対する犯罪・精神疾患歴の確認を義務づけるとした銃規制強化法案の修正案を否決。この後、オバマ大統領は「大いに恥ずべき日だ」と野党共和党を強く批難した。
 上院はオバマ氏が所属する民主党が多数派だが、全米ライフル協会(NRA)をはじめとする保守派の攻勢で切り崩された形だ。
 米国は宗教的背景を持つ妊娠中絶問題や銃規制、移民政策などで分断されてきただけに、捜査当局も、同時期に発生した不穏な事件の関連性について関心を示しているようだ。

4月19日(金)、明日何を持っていくかの思案

2つのドメインの取得、 bonebeat.com / bonebeat.net

 明日の五反田に何をもっていくかのか思案。
 地球儀があったほうが説明しやすいのではないか?

○ 2つのドメインの取得。

 bonebeat.com
 bonebeat.net

 bonebeat.com の稼動は、5月14日(火)になった。

4月20日(土)、夕方に五反田で大坂の方と会う、そこに飛び入り

 朝の8時30分に池田さんから電話があった。
 今日の午後の予定で、中野から五反田に行く方が何人かいたら乗せていって欲しい、ということだった。
 午後の3時30分にも池田さんから電話があった。
「先生が早く体験させて上げなさい」
 と言われて、早めの講演会の切り上げになったらしい。

 中野の講演会には、大阪の65歳と68歳のご兄弟の方が出られている。

 先生の講演会のあと五反田のサロンに向かってボーンビートの体験をされ、その次に、ファミレスで「方位磁石の十字架現象」を説明することになっていた。

 直前で予定が2度変更になった。

 五反田のサロンで、大阪のご兄弟と話していると
「もしかして成田さんというのは、なりたとおるさんのことですか?」
 と話しかけてこられる方がいた。
 その方は、
「ここでお会いできるとは思いませんでした」
「運命的なものを感じます」
「私にも方位磁石の十字架現象を説明してください」
 ということで、その方も一緒にファンレスに場所を移して、工作しながら、地球儀で説明させていただいた。
 今日はそういう流れになる日だったようだ。

4月21日(日)、玄関にサンダルや履物がいっぱい脱がれている夢

 玄関にいろんなサンダルやいろんな履物がいっぱい脱がれている夢。
「これからいろんな人がやってくるんだな」
 と思っている自分がいる。

4月22日(月)、高速の本線に合流していく夢

女房がぎっくり腰で病院を早退

 高速道路の本線に合流していく夢。
「眠れるときはゆっくりと眠っていよ」
「そのうちに眠る間もなくなるぞ」
 夢の中で語りかけられている。

○ 女房がぎっくり腰で病院を早退。

 こういう時というのは、私の話の進め方が稚拙なことが多い。

4月23日(火)、美穂の財布から5000円が無くなっている

 午前中、楽しそうに話しかけてくる天使がいる。
「やったねお父さん」
「これであらかた話がまとまったね」

 メールをみると「インストラクター受託メール」が到着していた。

○ 自宅に戻ると、美穂の「5000円」がお財布からなくなっているということだった。
 こういう時というのは、私の話の進め方が稚拙なことが多い。

4月24日(水)、メルマガ109号、式年遷宮の法被の件

 メルマガ108号の発行( → メルマガ目次)。

 業務引継ぎの再度の話し合い。

 引継ぎを受ける者の業務を軽減しなければならんだろう。

○ 式年遷宮の法被注文の件。

 至急案内を作った。

4月25日(木)、式年遷宮の法被注文の件で郵送書類作成

 式年遷宮の法被注文の件で郵送書類作成。

4月26日(金)、doi さんからハワイの件についての問合せ

「音の方」と「青森の方」の問合せ、法被注文用のFAX受信

 doi さんから電話あり。
 ハワイの方の対処の仕方についての問合せ。
 ハワイの方が
「先生からハワイでもNGOを立ち上げて一緒にやりましょうよ」
 と語りかけられて、先生の発言の趣旨をどのように捉えたらいいのか推し量れないために、先生を紹介してくれた土居様に
 「こういう風にいわれたんだよね」
 という相談か助言を求める電話をなされたようだ。
 これとは別に5月21日(火)に品川で引き合わせたい方がいるというアポも入った。
 いろんなアイディアが湧き上がってくる人だという。

 tanaka さんに場の状況を確認してこれに対する返答をした。

 ついでに、「音の方」と「青森の方」の問合せも兼ねた。

4月27日(土)、式年遷宮の法被注文の件で郵送

日の経綸の請求書の引継ぎ、女性陣で美容院へ

ベストワンプロから美穂にオーディションの連絡

 法被注文用のFAXを中にいれて、式年遷宮の案内を郵送。

 午後に出社し、日の経綸の請求書の引継ぎ開始。

○ 女房の子供たちが美容院へ行った。
 光宮(みや)が先に帰ってきた。
 電話が鳴り光宮(みや)が取った。
 美穂への電話だったという。
 美穂が帰ってきて電話すると、ベストワンプロからオーディションの連絡だった。
 4月30日(火)に恵比寿だ。

4月28日(日)、ジョイフルに行く時、doi さんから電話

萬子の「123」のイーペイコに同じ「123」で上がる夢

皇太子ご夫妻がオランダに向けて羽田から出発

 ジョイフルに行く時、doi さんから電話があった。
 ハワイの方の状況を聞いた。
 私からハワイの方に私から説明した方がいいということになって、4月30日(火)沖縄からハワイへの乗り継ぎの間隙を利用してお会いすることになった。
 美穂の恵比寿の時間とバッティングしたらまずいと思いながら調整していたが、ハワイの方の時間は夜10時30分ということになった。
 「間髪いれずに」という表現がピッタリだ。

○ 麻雀の夢。

 私の手配に萬子「123」のイーペイコがあり、もう一つに萬子「123」があった。
 よくよく並べ替えてみると、萬子「123」の三暗刻と三連刻になっていた。
 リーチをかけて、下家に座っているM社長から上がった。
 手役を数えていくと「倍満」あった。
 そこで目覚めた。

 女房の夢。

 女房は白衣のまま入院ということになったらしい。
 6人部屋のなかの一番奥のベットが開いていたので、そこに行こうとすると、緊急入院の人が連れてこられて、廊下側に入院させようということになった。
 その準備をしているうちに、入院ということできたのに、いきなり勤務状態になった。
 それで場面が変わって、「一高」に行く場面になった。
 十字を通過すると「一高」だと判っているが、この「一高」ってどこ?
 「一高」で有名なところといえば「関東第一高校」(東京都江戸川区松島2丁目10ー11)だ。

○ 皇太子ご夫妻がオランダに向けて出発。

 4月28日(日)午後、皇太子ご夫妻はオランダ新国王即位式に出席するため、アムステルダムに向けて政府専用機で東京・羽田空港を出発された。
 病気療養中の雅子さまの外国公式訪問は平成14(2002)年12月以来、10年4か月ぶりとなる。
 適応障害で療養中の雅子さまにとっては平成14(2002)年12月のニュージーランド・オーストラリア訪問以来、10年4か月ぶりの外国公式訪問となる。
 皇太子ご一家は平成18(2006)年8月、オランダ王室に招かれ、雅子さまの療養のため同国に滞在された。
 今回はそのオランダ王室の慶事で、同庁は雅子さまの同行を前向きに検討。
 東宮職医師団から雅子さまが長距離の移動や重要行事への出席にも耐えうるとの見解を得て、ご夫妻で判断された。

 平成5(1993)年6月9日(水)に結婚の儀。

 平成11(1999)年12月30日に稽留流産の手術を受けた。
 平成13(2001)年12月1日に第一女子・愛子内親王が誕生。

4月29日(月)、東京駅でスチュワーデスが御札立を

住宅街から飛行機を大きい道路に誘導して・・

 朝の夢。
 私は東京駅のような大きな構内にいた。
 スチュワーデスがお客さんの荷物の整理をしていて、その荷物のなかから、伊勢お土産としてパッケージ化された御札立てが出てきて、鳥居の部分が下に敷かれた新聞紙の上に置かれていた。
「あの御札立てって私の商品だよね」
 と思いながらその場を左にみて通過した。

○ 女房の夢。

 住宅街に大きな飛行機があって、その飛行機を飛行場まで誘導する場面だった。
 パイロットは女性で、誘導のために女房が乗り込んだのだという。
 住宅街の狭い通路を屋根やら壁に傷つけないように誘導しなければならない。
 バスや車がきて、バックしたり横によったりしてようやく大きな通りに出た。
「さあ、これで安心して飛行場まで誘導できる」
 と思ったとき、私が御札立てをつくるということで起こされてしまったという。

 今の私の状況を「飛行機」に例えて夢で見たのだろう。

 混みこみした住宅街のような諸環境から抜け出して、もう少しで飛び立てそうになっているということだ。

4月30日(火)、富士山を「世界遺産」へ勧告!「国際記念物遺跡会議」

恵比寿で美穂のオーディション、羽田でハワイの菅原さんと

皇太子ご夫妻、オランダ国王陛下御即位へ列席

 富士山が「世界遺産」へ。
 世界遺産への登録の可否を調査する「国際記念物遺跡会議」(イコモス、本部・パリ)は、30日、日本が推薦していた「富士山」(山梨、静岡両県)を「三保松原(みほのまつばら)を除き登録」と勧告した。
 「鎌倉」(神奈川県)については、「不登録」とするよう、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に勧告した。
 日本の推薦案件が「不登録」とされるのは初めて。
 今年6月にカンボジアで開かれる第37回ユネスコ世界遺産委員会で、正式に決定される見通し。
 「富士山」が登録されれば日本の世界文化遺産は11年の平泉(岩手県)、小笠原諸島(東京)以来17件目となるが、「不登録」となった鎌倉は、断念も含めた根本的な見直しが必要な事態となった。

○ 恵比寿で美穂のオーディション。

 5月11日(土)5月12日(日)に撮影会があるがいつがいいだろう、と提案を受けた。
 5月11日(土)は私が仕事のため、5月12日(日)に下井草で撮影会ということになった。

○ 美穂を自宅に送り届けて、夜の8時前に羽田に向けて出発した。

 運転中にTKD さんから携帯に電話があった。
「大阪には自分一人で向かう」
 ということだった。
 5月7日(火)に打合せでどうかと提案させてもらった。

○ 羽田でハワイに帰る方と待ち合わせ。

 沖縄からの荷物がなかなか出てこなくて、国際線出発ロービーに到着されたのは10時30分を周ってからだった。
 約15分ほどの話だったが、要点だけはお伝えさせていただいた。

○ オランダ王国 ウィレム=アレクサンダー国王陛下御即位式に皇太子ご夫妻参列

 オランダ新国王が即位=皇太子ご夫妻参列 - 時事通信(30日 22:30)
 オランダのウィレム・アレクサンダー皇太子(46)は30日、ベアトリックス女王(75)から王位を継承し、新国王に即位した。
 アムステルダム中心部の「新教会」で即位式が行われ、日本から皇太子ご夫妻が参列されたほか、欧州各国の王室・政府関係者らも招かれ、新国王の門出を祝福した。
 オランダでは女王が3代続いたため、男性の国王は1890年に死去したウィレム3世以来123年ぶり。

5月1日(水)、昨夜の報告の作成

 昨夜の羽田空港での報告を作成。
 気持ちを集中させるので非常に疲れる。
 こういうときというのは「思い」が飛んできているときだ。

5月2日(木)、八十八夜(はちじゅうはちや)

 立春から数えて88日目。
 春から夏に移る節目の日で、この日から夏の準備を始めます。
「夏も近づく八十八夜〜」という歌もあるように、暖かくなってきます。

5月3日(金)、皇太子ご夫妻、オランダから帰国

 午前中に皇太子ご夫妻、オランダから帰国。
 4月28日(日)にオランダに出発。
 4月30日(火)、オランダ国王の即位式。
 5月3日(金)、オランダから帰国。
 久しぶりに成功された外国訪問だったようだ。

5月4日(土)、籠の中に八咫烏が入ってきて「王子」救出!

 3月24日(日)に見た「青い鳥」が金色の鉄格子のような部屋にいる。
 「籠」のなかから見ているのだろうか?
 そこに、八咫烏のような鳥が飛んできて、「王子」に覆いかぶさっていったような光景になった。
 八咫烏は「王子」を捕まえて、富士山がよく見える房総半島の洞窟に連れてきた。

 今まで「王子」が封じられていた空間をみてみると、その空間は急速に収縮し始めた。

 今までは籠のなかの中心に「王子」がいたので持ちこたえられていたのだが、中心に「王子」がいなくなったので、持ちこたえられなくなってしまったのだ。
 噴煙のような煙は急速にしぼみ始めた。
「このままだと爆発するのは時間の問題か」。
 そう思っている自分がいる。
 富士山が見える房総半島の洞窟は静かで穏やかだ。

┌ 私が5歳のときの夢

└─────────────────────
 光の奥底の暗闇の中に、鳥籠に封じられて身動き取れなくなっている若くてりりしい王子がいて、私は青い鳥に身を変えてその王子を励ましに行っていた。

 鳥籠の外に着くと、私は、

「大丈夫だよ、心配しなくていいんだよ」
「じゃ、また来るからね」

 と励まし続けてきました。

 そういう夢を見たときというのは、常に寝汗をびっしょりかいて、そしてオネショをし、私と一緒に寝ている祖母にいつも怒られるのです。
 そのあとは、もう怖くて眠りに入ることが出来ず、祖母にピッタリ抱きつき残りの夜を過ごしました。
 青い小鳥に変じた私が、王子の元を3度目か4度目に訪問したとき、その王子は私に次のように語りかけてくれました。

「多くのモノたちが私を助けにやってくるが、誰も私の元にたどり着けない」

「私にたどり着く前に、深い闇に飲み込まれてしまうのだ」
「私は、危ないからこちらに来てはいけない、
 と大きな声で叫ぶのだが、私の声は届かない」
「小鳥さんも危ないから、もうここに来てはいけないよ」
 その王子は、青い小鳥に変じた私をやさしく労わってくれます。
「大丈夫だよ、心配しなくていいんだよ」

 そして、いつの日か助け出されると約束してその王子と別れたのです。

 鳥かごに封じられている若くてりりしい王子がいること。
 そしてその若い王子は救いを待っていること。
 青い小鳥に変じた5歳の私は、その王子に救いがやってくることを約束していること。

 こういう事柄を私は5歳のころ夢で告げられていた。

 この「青い鳥」を夢で見るのは、約50年ぶりだ。

 今日の夢の青い鳥は、私の胸に留まって、はるか遠くの富士山を眺めていた。

 五反田のサロンの訪問は3月24日(日)が4度目なので、その「青い鳥」は、私に「時」を告げているのかも知れない。

5月5日(日)、「天照皇大御神」「天照大御神」「迦具土神」「雷の神」

大神「まず天照皇大御神様のもと、皆をあつめよ」

大神「伊邪那岐神、伊邪那美命が来られるまで待たれよ」

 ジョイフルへの買い物の途中で心の神様が告げてくれた。
「天照皇大御神様お出ましになられる」
「今言わなきゃいけないんだよ」
 私も嬉しくなってそれに従った。

「可愛い子には旅をしている」

 という風にも言ってくる。
 人の世界での言い方とはちょっと違う。
 人の世界では、
「可愛い子には旅をさせろ」

 と言う。

「天照大御神の尊お出ましになられる」
「これも今いわないといけないんだよ」
 またまた嬉しくなって私も続けた。
 こういう話が1日続いた。
「迦具土神様お出ましになられる」
「迦具土の神様、おなりになられる」
「雷(かみなり)の神様お出ましになられる」
「うましあしかびひこじ神・・」
「くにうみうまれて」
「この世が燃えるんだよ」
「みんな助けてくれというけどそのときでは遅いんだよ」
「改心しないと手遅れになるよ」

 天之大神からの言葉も続いた。( → 大神

「この世の成り立ちを把握し、そなたたちのより良き未来のために生かせよ」
「そなたちの身にこれから起ってくる事柄が、次の世のあり方になっていく」

「小さいことに捉われていると前に進めなくなってしまうぞ」

 式年遷宮の法被の注文の件を指摘されたのだと思った。

 心の神様からの神告も続いた。

「桃だよ」
「かみはみ」
「くまで」
「伊予の二名島あく」
「天照皇大御神様おなりになられる」

 天之大神からの言葉も続いた。

「天照皇大御神様の御神影を掲げてみなのもの闘え」
「まず天照皇大御神様のもと、皆をあつめよ」
「伊邪那岐神、伊邪那美命が来られるまで待たれよ」
(※)伊邪那岐神、伊邪那美命が私の夢に現れたのは、12月28日(土)であった。

「かごめの歌」も聞こえてくる。

 今日は、これまでになくスゴイ一日になった。

  かごめ かごめ

 加護(過誤)の中の鳥(十理)は
 五十五(5月5日)出やる
 世開けの番に
 鶴と亀と術得た

 羽代の主を生めん 朶あれ

 五反田訪問も4回目になった3月24日(日)に「青い鳥」を久しぶりに見て感じ取ったように、55歳ではなくて、平成25(2013)年5月5日(日)までに準備せよ、ということだった。

5月6日(月)、中国の金融危機を回避できるタイムリミットはあと2年

 中国の金融危機の可能性が指摘されていた。〔2013.5.5 21のMSNニュース

 中国の金融リスクへの警戒感が強まってきた。

 中国全体の経済成長が鈍る中にあって、見せかけの高成長を目指す地方政府が「影の銀行(シャドーバンキング)」を通じた高利資金で公共事業を拡大し、債務不履行の連鎖が、金融危機を招く可能性が心配されているためだ。
 習近平国家主席は、4月25日(木)の党政治局常務委員会議で次のように強調した。
 「わが国の経済運営は困難に直面している。世界的な(通貨)流動性の急増で国際金融危機が頻発しており、金融分野のリスク対策を強化せねばならない」
 最高指導部がこの時期、経済情勢を討議するのはまれで、危機感を物語っている。
 影の銀行には、
(1)既存銀行の貸借対照表に記載されない商業手形や信託融資
(2)銀行以外の高利貸金融
(3)ノンバンク−などがある。
 有力経済誌「財経」によれば、総融資額は約24兆元(約384兆円)にのぼり、国内総生産(GDP)のほぼ半分に匹敵する。
 ここ数年、地方政府が傘下の投資会社を通じた起債などで資金を集め、公共事業を拡大。
 影の銀行はその主要な担い手になり、企業や投資家に高利回りの金融商品として販売している。
 採算性の低い公共事業に対し、銀行融資よりもはるかに高利の債券を発行して調達した資金の返済は、極めて困難だ。だが、地方政府や投資家は「最後は国に“付け”を回す」算段だ。
 中国政府は世界金融危機の際の景気対策で公共事業を急拡大し、地方政府債務は2010年末時点で10兆7千億元(約171兆円)。
 その後も、鉄鋼、セメント、造船などの過剰生産は常態化している。
 税収難の地方政府は、投資会社を通じた起債で道路、鉄道、不動産開発などの公共事業を進め、政府の成長目標(7・5%)越えに突き進む。さらに拡大した地方政府債務は、「20兆元に達した」(項懐誠・元財政相)との見方もある。
 中国の有力会計会社、信永中和会計士事務所の張克会長は「地方政府の債券発行をいくつか検査したが、非常に危険なため、業務を全面停止した」という。
 格付け会社のフィッチ・レーティングスは4月、企業や家計部門を加えた中国全体の債務規模が対GDP比で198%に達すると試算し、同国の国債格付けを引き下げた。
 成長率の鈍化にもかかわらず、中国には投機資金が流入し続け、3月末の外貨準備は1300億ドルも急増した。
 影の銀行の存在が、不動産バブル崩壊投機資金の一斉引き上げを招き、中国発の金融危機につながる最悪のシナリオ−。
 米著名投資家は、最悪のシナリオ回避のために中国に残された時間は「2年」と指摘する。

5月7日(火)、「サイトの引継ぎをする必要はない」本当?

旗の台で打ち合わせ・・代官山へ

「サイトの勉強会をしましょう」
 と提案してみると
「サイトの引継ぎをする必要はない」
 とある人物の発言。
「本当にそれでいいの?」

○ 旗の台で打ち合わせ。

 代官山へ。

 モチは餅屋だな。

 自分の得意分野は、宇宙や地球と言ったそういうレベルの話だ。
 ここまで来たら、そういう時期が来るまで待っているべきだ。

5月8日(水)、メルマガ110号

 メルマガ110号の発行( → メルマガ目次)。
 今回も私一人の発行になった。

5月9日(木)、中国共産党機関紙で沖縄「領有権」問題を議論すべき

Facebookアプリ簡単作成キット(facebook)

業務用の富士通のパソコン(Windows 7)が2年ぶりに我が家に

最福寺が総連本部購入を断念 資金調達できず

二酸化炭素濃度が初めて400PPMを超えた

 5月8日(水)付の中国共産党機関紙、人民日報は第2次大戦での日本の敗戦により「琉球の領有権」は日本になくなったとした上で、沖縄の「領有権」問題を議論すべきだと訴える論文を掲載した。
 中国では最近「日本は沖縄に合法的な主権を有していない」との主張が出ているが、党機関紙に掲載されるのは珍しい。
 対立が深刻化している沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる問題を沖縄県にまで拡大し、対日攻勢を強める狙いがありそうだ。

 論文は政府系の中国社会科学院の研究員らが執筆。

○ 簡単なフェイスブックアプリを作成するくらいは出来た方がいい。
 そのためには少し勉強してみよう。

 『 Facebookアプリ簡単作成キット( facebook ) ver2

 フェイスブックアプリを作成するには、結構な費用がかかる。
 上のツールを使えば、無制限にアプリを作成できる。
 フェイスブックアプリでインターネットビジネスに活用したい方であれば、誰でもチョット気持ちが惹かれますね。
 作成できるアプリは、
  ・診断系アプリ
  ・占い系アプリ
  ・格言系アプリ
 といった、とりわけ「いいね!」を拡散しやすいアプリが作成できる。
 また、アプリを利用したユーザーのウォールに自動投稿する機能や、投稿する記事事態にも、次の利用を効果的に促せるようなノウハウも詰まっています。
 このようなアプリを業者に頼むと、少なくとも20万円くらいは必要なんだよね。

○ 病気になりやすい人の口癖。

「それはわかっているんだけどさ・・」
「そのうちやるよ」
「〜しなくちゃ!」「〜しなきゃダメ」「〜すべきだよ」

○ デキる人が使っているような気がする3つの口癖。

 「俺の仮説はね・・・」
 「Good Newsはね・・・ 」
 「うん、それからさ・・・ 」

○ 2年ぶりに富士通のパソコン(Windows 7)が我が家に。

 平成22(2010)年5月15日(土)頃からパソコンの不調をきたし始めていた。
 平成23(2011)年7月2日(土)の「マリ共和国のドゴン族に伝わるシリウス」でパソコントラブルになった。
 平成23(2011)年8月5日(金)にパソコンが寿命になって、新しいパソコンを注文することになった。

○ 最福寺が総連本部購入を断念 資金調達できず。

 平成25(2013)年3月26日(火)  平成25(2013)年3月29日(金)  在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地、建物を45億1900万円で落札した宗教法人最福寺(鹿児島市)の関係者は5月9日(木)、産経新聞の取材に、融資を依頼していた大手ゼネコン関連会社との交渉について
「融資契約は完了したが、入金がなかった。中央本部の購入を断念する」
 と話した。
 池口恵観法主(76)も同日夜、取材に応じ「断念した」と述べた。
 期限の5月10日(金)までに代金が納付されなければ競売手続きはやり直しとなり、夏ごろに再入札が行われる。寺側は東京地裁に納付した保証金約5億3400万円を没収され、今後の競売手続きには参加できなくなる。
 同寺関係者は
「5月9日(木)午前、いったん融資契約を締結したが、同日午後に入金を取りやめるとの連絡があった」  と説明。
 その結果、5月10日(金)までに新たな融資先と交渉をまとめるのは不可能と判断したという。
 池口氏は5月10日(金)午後に会見を開き、購入断念の経緯などを説明する方針。

○ 5月9日(木)マウナロアで観測した大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が初めて400PPMを超えた。

 5月11日(ブルームバーグ):
 マウナロアで観測した大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が 5月9日(木)、1958年の観測開始以来初めて400PPMを超えたと米海洋大気局(NOAA)が発表した。
 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)グランサム研究所のボブ・ウォード氏によれば、CO2濃度が過去この水準まで上昇したのは、少なくとも300万年前にさかのぼる。
 NOAAの5月10日(金)の発表によれば、ハワイのマウナロアにあるモニタリングステーションで観測しているCO2の平均濃度は9日に400.03PPMに達した。

5月10日(金)、オーストラリアの一部の地域で「金環日食」

「最福寺」(鹿児島県)池口恵観法主(76)が藤沢市で談話

<出雲大社>60年ぶりに本殿遷座祭 「神様の引っ越し」

 去年の平成24(2012)年5月21日(月)、日本の広い範囲で観測された「金環日食」が、平成25(2013)年5月10日(金)朝、オーストラリアの一部の地域で観測され、撮影などに訪れた愛好家たちが太陽に月が重なって光が指輪のような形に見える天体ショーを見守った。
「金環日食」は、太陽と月、地球が一直線上に並んだ時に起きる現象で、日本では去年の平成24(2012)年5月21日(月)、932年ぶりに3大都市圏を含む広い範囲で観測されている。
 この「金環日食」が10日朝、オーストラリアの一部の地域で観測され、現地時間の午前7時前から、まず太陽と月が一部で重なる部分日食が始まった。

 doi さんからの電話で知った。

○ 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部の土地、建物の購入をめぐり、宗教法人「最福寺」(鹿児島県)の池口恵観法主(76)は別院の「江の島大師」(神奈川県藤沢市)で10日午後2時から会見し、購入を断念した経緯を報道陣に語った。

 神奈川県藤沢市にある「江の島大師」での談話というところが面白い。

○ <出雲大社>「神様の引っ越し」60年ぶりに本殿遷座祭。
 国宝の本殿にご神体が戻るのは平成20(2008)年4月20日(日)以来5年ぶり。

出雲大社

出雲大社

出雲大社

 島根県出雲市の出雲大社=千家尊祐(せんげたかまさ)宮司=で平成25(2013)年5月10日(金)夜、「平成の大遷宮(だいせんぐう)」として60年ぶりの大規模改修を終えた本殿に仮殿からご神体を戻す「本殿遷座祭(せんざさい)」が営まれた。
 国宝の本殿にご神体が戻るのは平成20(2008)年4月20日(日)以来5年ぶりで、氏子や遷宮に携わった関係者ら約1万2,000人が「神様の引っ越し」を見守った。
 午後7時、神事の参加者全員がおはらいを受けて始まった。
 ちょうちんがともされ、千家宮司と天皇陛下の勅使が仮殿で祝詞とご祭文(さいもん)をそれぞれあげた。
 神職ら約120人が行列を作り、白いカーテン状の絹垣(きぬがき)に包まれたご神体を神輿(みこし)に載せて仮殿から運び出した。本殿を取り巻く瑞垣(みずがき)を時計回りに1周した後、本殿に向かった。
「おー、おー、おー」
という神職の掛け声「警蹕三声(けいひつさんせい)」が響き渡り、ご神体の帰還を告げた。

○ 伊勢神宮の遷宮と出雲の遷宮が重なるのは初めてか?

 伊勢神宮の遷宮は20年ごとです。
 出雲大社はだいたい60年ごとぐらいとされています。
 ところが、戦争や諸々の事情により、お互いの遷宮の時期が多少ずれることもあったせいか、今まで出雲大社と伊勢神宮の遷宮が重なったことはないと言われています。
 それが初めて2013年に重なるのです。

5月11日(土)、NTTで光回線に変える工事

「そなたが考えているほど遅くはない」「この世からコボレルほどじゃ」

「木花咲耶姫」「天之狭霧命・国之狭霧命、お出ましになられる」

 NTTで光回線に変える工事で5月11日(土)5月12日(日)のどちらがいいかという提案を受けていた。
 それで、5月11日(土)と返答したのだ。

○ 天之大神からの言葉。

「そなたが考えているほど遅くはない」
 来年12月の月読神社の遷座で第62回式年遷宮が終了することを念頭に置かれているのだと思った。
「この世からコボレルほどじゃ」
 光と音が結びついた実体(心)に包み込んでおけないくらい、未曾有のものがいっぱいあるというこのなのだろう。
「木花咲耶姫」
「天之狭霧命・国之狭霧命、お出ましになられる」

 天之狭霧神と国之狭霧神の位置。

 大山津見神(おほやまつみのかみ)、野椎神(ぬつちのかみ)の二柱神、山野(やまぬ)に依りもちわけて、ことあげて生みませる神、
   天之狭土神(あめのさつちのかみ)
   国之狭土神(くにのさつちのかみ)
  ► 天之狭霧神(あめのさぎりのかみ)
  ► 国之狭霧神(くにのさぎりのかみ)
   天之闇戸神(あめのくらとのかみ)
   国之闇戸神(くにのくらとのかみ)
   大戸惑子神(おほとまどひこのかみ)
   大戸惑女神(おほとまどひめのかみ)
   大戸惑子神(オホトマドヒコノカミ)
   大戸惑女神(オホトマドヒメノカミ)

 生みましき

「さて、そなたたちに何を任すか神々は思案中じゃ」
「これからそなたたちの身の回りにおこってくる事柄は、乗り越えていかなければならない出来事だ、と心得よ」

5月12日(日)、父親の命日に美穂の撮影会

 父親の命日。

 平成7年に他界されているので18年経つ。

○ 富士山が「世界遺産」に勧告された4月30日(火)に美穂の撮影会の提案を受けていた。
 美穂は下井草で撮影会だ。
 この撮影会に実加が同行。
 結局実加も思い出作りでDVDの写真撮影をしてもらえた。
「いいな!17歳。」

5月13日(月)、最後の司会

 今日が最後の司会。
 これで大きな行事が終了した。

5月14日(火)、中国各地で光る謎の飛行物体

「 bonebeat.com 」の稼動、母・成田清(80歳)が脳梗塞で逝去

 5月13日(月)夜、中国各地で光る謎の飛行物体の目撃情報が相次いだ。
 新華社など中国メディアが5月14日(火)、
「未確認飛行物体(UFO)が出現」
 などと伝えた。
 短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」では中国軍が衛星破壊実験を行ったのではないかと疑う声が続出。
 中国外務省の洪磊副報道局長は5月14日(火)の記者会見で
「そうした情報は聞いていない」
 と述べた。
 政府系研究機関の中国科学院は5月14日(火)、ロケットを利用した実験に成功したとする声明を発表。
「謎の物体」はこのロケットの可能性があるが、声明は関連について言及していない。

4月19日(金)に取得した「 http://www.bonebeat.com/ 」のドメインの稼動。

 午後から、4月19日(金)に取得していた「 http://www.bonebeat.com/ 」のドメインの稼動に入った。
 インターネットに反映するまで数時間かかる。
 さて、本格的に動かす準備にはいった。
 夜自宅に戻って、反映されて「 http://www.bonebeat.com/ 」をインターネットの世界で確認。
 21時頃、フッター部分を編集しアップ。

○ 21時、母・成田清(80歳)が脳梗塞で逝去。

5月15日(水)、神路荘の方から「母・清が逝去」との報せ

 会社で配車終了終えた10時前、神路荘の方から「母・清が逝去」との報せを受けた。
 ヘルパーの方が自宅訪問したとき体が冷たくなっていたということだった。
 急きょ自宅に戻り、女房に連絡を取った。
 実加・光宮・美穂に連絡を取り、展地を呼び寄せた。
 三瀬に連絡し、鶴岡に連絡を取った。
 金城と青木にも連絡を取った。
 昼過ぎに女房が帰ってきて出発の準備を始め、3時に出発。

○ 21時に羽黒に到着。

 亡骸が座敷に寝かされているのをみて、まずは一安心。
 三瀬、鶴岡の博夫婦・奥さん・明美の総勢5名が段取りをつけていただいた。
「枕木」のために和尚を呼びに行った。
 アク・サンに連絡をし、段取りが取れたのは夜12時頃だった。

5月16日(木)、早朝4時から母の部屋掃除

死亡届と火葬許可証、朝から「いとこ会」の方々が手伝い

アク・サンの小野寺さんに仕切ってもらう

15時44分に会社の電話回線が不通になったと電話があり

 早朝4時から母の部屋掃除。
 いろんな写真があった。
 ちょうどゴミだしの日になってるので、捨てられるものは捨てた。

○ いでは診療所に行って、医師の所見を伺う。

 脳梗塞で21時に他界されたという診断であった。

○ 羽黒支所に出向き、死亡届と火葬許可証をもらう。

 自宅に戻ると、三瀬といとこ会の方が来ていて、部屋の掃除をしてくれていた。
 アク・サンの小野寺さんが「成田清」の担当になってくれた。

○ 15時44分、namiki さんから電話があり。

「アナログを残して、電話回線が通じなくなった」
 との連絡。
 NTT埼玉の岡崎さんの連絡先を知りたいとのことだった。
 原因は主装置の工事のとき、目いっぱい詰めすぎて目詰まり状態になってしまったのだという。
 母親の死因が、脳梗塞ということであったので、この辺にも影響が及ぶのかもしれない。

○ 16時22分、mita さんから電話があり。

「会社に連絡がつかない」
 ということでの電話だった。
 タイミングがちょうど良くて、明日5月17日(金)の役員会に出れないこと、引継ぎが出来なかったことを伝えた。

○ 17時11分、糸魚川に電話。

○ 18時03分、ORIPRから電話。

「葬儀の段取りの件」
 生花の注文を私が受けたらしいのだが、すっかり忘れていた。

5月17日(金)、本日は御通夜、好天なり。迷い込むツバメ

郵便局。午前中に母の化粧

役員会の欠席。午後に納棺、16時に斎場へ、18時からお通夜

 天気明朗、本日好天なり。
 月山の全景が見え、鳥海山の頂上がみえ、金峰山の全景がみえ、終日風もなく穏やかな一日だ。
 朝、子供達が玄関のドアをあけるとツバメが一羽入り込んできた。
 廊下に沿って飛び、亡骸の置いてある座敷に向い、台所に迷い込んできた。
 急いで台所の窓を開けると石油ポンプのある方に窓から抜け出ていった。
 母は、天命だったのだ。

○ まず一番で郵便局。

○ 午前中に母の化粧をしていただく。

○ 14時過ぎに青木の到着。

 午後に納棺のための化粧直し、16時に斎場に向かう。

○ 本日の足立区の役員会の欠席。

○ 18時、お通夜。

5月18日(土)、11時30分告別式、火葬、直らいの会

 天気明朗、本日も好天なり。
 月山の全景が見え、鳥海山の全景がみえ、金峰山の全景がみえ、終日風もなく穏やかな一日であった。
 庄内で月山・鳥海山・金峰山の3つの山が終日見えていることは年に数日もない。
 そういう極めて珍しい一日であった。

○ 11時30分告別式。

 火葬。

 初七日と四十九日法要を執り行っていた 14時47分頃、震度2の地震だった。

 庄内でも何か大きな揺れがありそうだな。

○ 16時から直らいの会。

 招待すべき2名の方の名簿を用意しないでしまった。
 痛恨の極み。

○ 家に戻って片付けて、20時。

 ゆぽかに行くとき、空を見上げると、月輪がかかっていた。
 ここでも今日の天気と同じように珍しい現象を見せてもらった。
 ゆぽかで空の月を見上げたら月輪は取れている。
 ほんのわずかの時間だった。

5月19日(日)、午前中は母親の部屋と父親の部屋の掃除

「なおらい」のお詫び、お寺にお礼へ

夕方から2階の布団を下に、天之大神「いまでも弟のことを思うておるか」

 今日の仕事は、とにかく掃除だ。
 まず4時に起きて母親の部屋から掃除に入った。
 次に父親が使っていた部屋の掃除を済ませ、大量のゴミをまとめた。

 一段落ついたところで、鶴岡のガストに昼食を取りに行った。

 帰りに、家の鍵と案内板を購入した。
 御供養用の封筒も購入した。
「なおらい」に呼べなかった2人への「商品券」も購入し2人へ届けた。
 これで精神的に落ち着いて、大量のゴミをゴミ置き場にもっていけるようになった。

○ お寺にお礼参拝。

 納骨の段取り。
「塔婆はお墓に建てて行くように」
「過去帳を東京にもって行って、」
「納骨は8月17日」
 8月17日は鶴岡市の花火大会になっていた。

○ お寺から帰ってきてから、2階の弟の部屋の掃除になった。

 2階については、弟が亡くなってからズっと気になっていた部屋だ。
 弟と私が育った2階を整理しなければならないと、以前から思っていた。
 意を決して、2階にある布団を1階に降ろし始めた。
 途中から母が私に指示を出してくる。
「これも降ろせ」
「オメのものは降ろすな」
「これはこうしておけ」
 そういう指示であった。
 弟の「気」が入っているものは全て下に降ろすようにという指示であった。

「これはオメには関係ない話だ」

 2階にある布団を下ろし終えたところで、天之大神から声をかけられた。
「いまでも弟のことを思うておるか」
 と。

 私は、

「はい」
 と答えた。
「それならよいのじゃ」
 ということであった。

 わざわざ天之大神から問いかけられるところに意味があるのだと思った。

 今から1年ほど前の平成24(2012)年5月7日(月)に、兄「アンテン」と弟「カノウ」の仲違いしたという物語を心の神様に聞いていたことを思い出していた。

(※)平成24(2012)年5月7日(月)に、高麗より以前の話として心の神様より伝えられた。

 世の中の混乱を治めるために、政(まつりごと)を作りかえようという「アンテン」がいた。
 「アンテン」には弟の「カノウ」がいて、2人は仲のよい兄弟でもあった。
 しかし、世情は二人の仲に亀裂を走らせていく。
 世の中の混乱に乗じて利益を得る勢力は、弟「カノウ」に近づき、兄「アンテン」の動きを探らせていた。
 兄「アンテン」の心許せる連絡係「スナガ」の友人に「サソウ」がいた。
 弟「カノウ」の動きを危惧した「サソウ」は、二人の父の王に弟「カノウ」の悪業をつげた。
 そのため、弟「カノウ」は失脚することになり、腹をたてた「カノウ」は、弟分の舎弟に「サソウ」の暗殺を命じた。
 こうして、仲の良かった二人の兄弟の仲は切り裂かれていった。
 これは、北朝鮮の現在の兄弟関係に現れてきているというこだろうか?
 なぜこういう話を聞くことになるか、戸惑いはあるが、北朝鮮の兄弟の関係に中国や日本が関わっていくということだろうか?

 心の神様は

「世は七度の大変わり、と伝えているでしょう」
 という。

 天之大神の言葉の後に、弟の形見としてとっておいた札幌の夜景の写真を外し、私と弟がともに通った鶴岡南高校の校歌も外した。
 部屋を仕切るフスマ戸も外し、外の空気が出入りできるようにした。
 障子でできた窓枠も外した。
 これで、月山からの「気」をストレートに部屋に入れることが出来る。

 2階の布団は母の部屋に集めた。

 フスマ戸は母の部屋の前に置いた。
「やはり、これには何かあるのだろう」
 こう思っている自分がいる。

5月20日(月)、「火災報知機の設置」で連絡があったという

役所関係、郵便局やJAを回る、昼食はラーメンとソバの2人前

弟「お前だけがいい気なものだ」

実加に書いてもらった案内板の設置

掃除の着替えを処分、夕食を2人前

 朝4時に起きて、2階のダンボール箱を撤去し、カーテンを取り外した。
 最後に私の荷物は私の部屋に一箇所にまとめた。

 ちゃぶ台を2階に上げて、お水とお塩を置いた。

 次回の8月に山形にやってきたときには、少しは気の流れが緩和しているかもしれない。

○ 2階の掃除を終えて、ゴミ袋の買出しに出た。

 15日(水)・16日(木)、18日(土)・19日(日)という大掃除でいつも買っていたスーパーの在庫が無くなってしまっていた。
 ちょっと遠いスーパーまで買出しに出た。
 ここで座敷にお塩と水を入れるちゃぶ台も購入。

○ 8時20分から役所関係、郵便局・JA関係を回った。

 8時20分に、役所関係を回るために「川行(かわつら)」を出ると、大きな火が実家から出ているのが見える。
 この地には何か起こるのかも知れないと思った。

○ 火災報知機の設置についての連絡があった、と女房から要点を聞いた。

 火の気があったということなのだろ。

○  役所関係を済ませて、神路荘に挨拶に伺った。

 最後まで見ていてくださった方々だ。
 感謝以外の言葉が浮かばない。

○ 1階の茶の間と座敷のフスマ戸を外した。

 最後に欄干にかかっている絵や賞状を降ろし、下に置いた。
 祖父、祖母、青森の伯母と遺影を直した。

 次の弟の遺影に手をかけたとき、

「お前だけがいい気なものだ」
 と弟が私にいう。
 強烈な気配が私を襲ってくる。
 弟のこの言葉で全てを悟った。
 弟が、永遠の楽園で「光の天使」と「熱の天使」の隙を狙ったのだ。

 「光の天使」やアロンやベルゼブブに原因があるわけではなかった。

 2人の兄弟関係のスキにつけこまれて、全宇宙を巻き込んだ騒動になってしまったのだ。
 祝詞を奏上し、鎌宮といわれる奥石神社(滋賀県)の「鎌」に見立てて、稲刈用の「カマ」を塩と水と一緒に祀った。

○ 午後3時30分に全てを終了し、実加に書いてもらった案内板の確認。

 鶴岡に鍵を渡し、着替えを購入し7時に鶴岡を出発。
 最後の汗を流すために、「ゆぽか」に立ち寄り、新しい服に着替えた。
 福島の国見SAで掃除に使った衣類を全て処分。
 国見SAでも夕食を2人前たいらげた。

5月21日(火)、早朝の5時に東京に到着

藤沢の方たち3名、大阪からの来訪者

 仮眠を取りながら早朝の5時に練馬についた。
 運転していると、あまりにも疲れていて意識が遠のいてしまうのだ。

○ 午前11時から藤沢市の方たち3名。

○ 午後18時に品川駅の「わらやきや」で合計6名で。

5月22日(水)、メルマガ111号、また救急車のお世話になった

 メルマガ111号の発行( → メルマガ目次)。
 今日は新宿・渋谷・中野・練馬・杉並が休刊になった。
 発行処理だけをするために、早くに会社に出社。

○ 1週間の残務処理。

 疲れたし、腹が減った。
 昼食におにぎり2個。
 いつもの2人前欲しくなる。

○ 自宅に戻って、みんなで天狗で食事をした。

 眠いし、腹が減った。

 お腹いっぱい食べて、すぐに寝たいと思った。

 10時30分ごろ、トイレに立つと、またショック性の貧血に見舞われ、女房に介抱してもらって、救急車で病院へ。
 私の十八番だ。

5月23日(木)、線香の匂い、実家への携帯電話の発信

ベストワンプロから美穂へオーディションの案内

 5月20日(月)に、NTTに申し込んで山形の実家の番号から私の携帯電話のアナウンスを5月23日(木)からしてもらうことにしていた。
 NTTから電話があって、工事の都合があって、5月28日(火)からのアナウンスにして欲しいという要請であった。
 山形の実家の電話は5月28日(火)に止まる。

○ 午後に女房からの電話。

 山形からもってきた白木の位牌が風によってひっくり返ったので、私の身を案じての電話だった。

○ 光宮(みや)の話。

  「学校で線香の匂いがしてきたので、おばあちゃんが来ているのだと思った」

 展地の話。

「電話をしていないのに、山形のおばあちゃんのところに発信音が鳴っていた」
「変だと思って発信音を切ると、急に手が震えて、しばらく震えが止まらなかった」

○ ベストワンプロから美穂へ電話。

「大手電機メーカーのオーディションが5月29日(水)・30日(木)・31日(金)のいずれかであります」
 というアナウンスだった。
 オーディションに受かった場合、海外撮影になるので学校を休めるのかどうかの確認だった。
 私と女房の考えは、行けるところまでいこう、だ。

 世間に発信する場合、マスコミに出ていたほうが遥かに発信力がある。

 4月30日(火)にベストワンプロで面接をして、5月12日(日)に下井草で撮影会ということになったわけだが、その撮影会のプロモーションDVDが威力を発揮したということだろうか。

5月24日(金)、Guchi 結婚式で休み、システムの全体の打ち合わせ

 Guchi 結婚式で休み。
 システムの全体の打ち合わせ。

5月25日(土)、「ここもこれで終わったわね」と「あなたもこれで終わりね」

 最後の土曜日なので、富山さんのことを考えていた。
 すると、
「ここもこれで終わりね」
 と話しかけてくれる。

 富山さんの声に重なって、

「あなたもこれで終わりね」
 と告げてくる人物がいる。
 この人物と過去に何があったか知らないが、生霊に陣取るモノの凄まじさ!
 奥石神社にある奥石の森に潜むモノたちの執念だ。

  4月4日(木)にまとめておいた事柄だ。

 平成21(2009)年12月17日(木)に見た厭らしい光が固められて光っている女性だ。
 平成22(2010)年5月4日(火)に行った奥石の森に潜んでいた人物だ。

5月26日(日)、成一から電話、香典返し、パスポート写真

 朝、小学校から中学校までの幼馴染から電話があった。
 母親が亡くなって、連絡先を掲示しておいたからだ。
 連絡先を掲示しておいて良かったと思う。

○ 東武デパートへ、香典返しの準備。

○ パスポートの写真撮影と戸籍申請。

5月27日(月)、新宿のシステム会社へ、「ひばりヶ丘」、「岩の神」

参議院選挙の日程が自公から提示された、神戸メール、名刺デザイン

 引き継ぎを兼ねて、新宿のシステム会社へ行く予定にしていて、相方と「光が丘」で待ち合わせのはずだった。
 ところが相方は、何を勘違いしたか「ひばりヶ丘」に行っていた。

○ 午後早退して銀行へ。銀行であった人は「岩の神」であった。

 この人物は、平成23(2011)年1月31日(月)に、
「まず岩の神がそなたたちのために動く」
 と言われた時に銀行で出会った人物だった。

○ デザイナーに名刺作成の依頼。

 メビウスの輪をアレンジしたイメージが欲しかったのだ。
 この時も「ひばりヶ丘」の話が出た。
 いったい「ひばりヶ丘」に何があるのだろう?

○ 参議院選挙の日程が自公から提示された。

 安倍政権は参院選の日程を7月4日(木)公示、7月21日(日)を投開票とする方針を決めた。
 安倍晋三首相と公明党の山口那津男代表が5月24日(金)の党首会談で、6月26日(水)までの通常国会の会期を延長しないことを確認。
 会談に同席した両党の幹事長が5月27日(月)に明らかにした。

○ 神戸の方からメールについての連絡。

5月28日(火)、朝、全員でパスポートの申請書。セキツイインコと鳥篭

パスポート提出ミスで新宿でセミナーを欠席

 朝、全員でパスポートの申請書を記入。

○ 新座に行くと鳥篭が置いてあって、中にセキツイインコが入っていた。

 昨日の夕方、「秦」のところにセツツイインコが迷って飛んできたらしく、その鳥を保護すべく鳥篭を購入したのだという。

○ 池袋にパスポート申請。

 まず第一点のミス。
 光宮(みや)の署名は自分でしなければならない点。
 第二のミス。
 実加の申請書をパスポートセンター内で紛失したため手続きできなかった。
 それを留保して新宿セミナーに向かったところ、新宿に着く手前でパスポートセンターから電話があり。
 実加の申請書が見つかった、との連絡。
 このままセミナーに出ると、動きがおかしくなるような感じがして、すぐに練馬高野台に戻った。
 光宮(みや)を駅に呼び寄せて、2人で池袋に向かった。
 自宅に戻ったのは夜の8時前だった。

5月29日(水)、午後に大田区へ、yokosyou から美穂にメールあり

 午後は大田区へ。
 インターネットの件の引き継ぎだ。

○ hatae からメールアドレスを聞いてyokosyou から美穂にメールあり。

 6月5日(水)からお付き合いが始まる。

5月30日(木)、朝の夢「綺麗で大きなビルの一階の夢」

 朝の夢。
 綺麗で大きなビルの1階の夢だ。
 左手に地下に降りる階段があり、右手は大きなガラス窓のある外への出入口になっている。
 外は、都会のなかにあっても緑豊かな噴水になっていて、自然と近代が調和した風景だ。
 今までの私であれば、おそらく左の階段を降りていったと思うが、下の階段の世界は「弟の世界」なのだ。
 いくら私が兄であっても侵してはいけない領域であった。
 そういう自覚が生まれてきた。
 私は、私の領域で生きるべきだ。
 私は大きなウィンドウ窓のある方に歩み始めるところで目覚めた。

5月31日(金)、本日が最終日だ

 本日が最終日だ。
 みんなの前で
「1500箇所の神社を参拝してきた」
 と表明。
 私の神社参拝を支えてくれたいい会社だった。

6月1日(土)、ホームページ製作の最終的なツメ

昔懐かしい仲間たちとの再会

 ホームページ製作の最終的なツメ。

○ 昔懐かしい仲間たちとの再会。

 みんなと話をしていると、「方位磁石の十字架」現象の画像がある方が話しやすい。
 急遽、名刺デザインを変更することにした。

6月2日(日)、母の葬儀にご苦労をかけた「中野」にお礼

縦折の名刺デザインの完成

 母の葬儀にご苦労をかけた「中野」にお礼。

○ 縦折の名刺デザインの完成。

6月3日(月)、「縦折の名刺」の発注

「縦折の名刺デザイン」の発注。

6月4日(火)、CSSの変更

 ホームページのCSSの変更。
 あっちを直せばこっちがうまくいかず。
 CSSの変更というのは本当にシンドイ。

6月5日(水)、メルマガの独自配信システムの設定、ターゲットの明確化

美穂とyokosyou のお付き合いの始まり

 メルマガの独自配信システムの設定。

 ターゲットの明確化。

5月29日(水)にhatae からメールアドレスを聞いてyokosyou からメールあり。
 このメールをキッカケにして6月5日(水)からお付き合いが始まる。

6月6日(木)、早朝展地の自転車のチェーンが外れる

「縦折名刺」到着、ヘッターの最終変更、「わらやき屋」

「天之狭霧神(あめのさぎりのかみ)おなりになられる」

 早朝(7時30分ごろ)、朝練に向かっている展地から電話があった。
「自転車のチェーンが外れて動けない」
 それで、ボート池で待ち合わせをした。
 ボート池につくと、私に声をかけてくる人物がいる。
 健康のために石神井公園に散歩にきている家族4名だ。
 面白い場面で会う。

○ 9時過ぎに「縦折名刺」到着。

 名刺のイメージを確認して、ホームページのヘッターの変更。

○ 18時に「わらやき屋」。

○「天之狭霧神(あめのさぎりのかみ)おなりになられる」
 この言葉は、5月11日(土)にも聞いた流れだ。
 そのほかにも、いくつか聞いた。
「そなたが審神せよ」

6月7日(金)、ホームページについての打ち合わせ

展地に6段ギアの自転車購入

 「方位磁石の十字架の奇跡!ボーンビート」についての打ち合わせ。

○ 展地に6段ギアの自転車購入。

 こういうタイミングも面白い。
 自転車のギアが外れた6月6日(日)に、前の代表にあい、新しい自転車を購入した日に「先生」にあっている。

6月8日(土)、自己完結させるための企画商品・・

午前中から習近平国家主席とオバマ大統領の首脳会談

まぐまぐ!への申請とブログ設定

 ビジョンを完結させるためには、企画商品が必要だ。
 大筋の絵は描けている。

○ 午前中から習近平国家主席とオバマ大統領の首脳会談。

 オバマ米大統領は7日午後(日本時間8日午前)、カリフォルニア州パームスプリングズ近郊の保養施設に中国の習近平国家主席を迎え、初めての首脳会談に臨んだ。
 〔時事通信 6月8日(土)11時31分配信〕

○ まぐまぐ!への申請とブログ設定。

6月9日(日)、久しぶりのジョイフル

習近平「広大な太平洋には両大国を受け入れる十分な空間がある」

アメリカの利益の核心は中国にあった

 ジョイフルにやってくると日常が戻ってきた気がする。

○ 二日間の会談で習氏が次のように発言。

「広大な太平洋には両大国を受け入れる十分な空間がある」
 習氏が目指す「新型の大国関係」とは、相互の社会制度や「核心的利益」を尊重する、米国と対等の関係である。
 【引用元:6月11日付・読売社説】
 http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130610-OYT1T01429.htm

○ アメリカの利益の歴史的核心は、中国にあったという事実を忘れてはいけない。

 アメリカは、イギリスとの独立戦争が終結した1784年に、早くも中国との交易を開始している。
 1784年2月に、アメリカの商船「エンブレス・オブ・チャイナ号」が、ニューヨーク港を出港し、大西洋、インド洋経由で2万1000kmもの航海を経て、半年後に広州港に辿り着いた。そこで中国の茶やシルク、陶器などを満載して、翌1785年5月にニューヨーク港に帰港した。
 この1回の航海で、アメリカ人貿易商は、一攫千金を手にしたのだった。
 以後、アメリカ商船の中国ラッシュが始まった。
 19世紀前半には、アメリカにとって中国は、すでにイギリスに次ぐ第二の貿易相手国にのし上がった。
 ところが、アメリカから清国への支払いが滞り、アメリカはイギリス同様、"禁じ手"であるアヘンで支払うようになった。
 ここから1840年のアヘン戦争に発展し、これに敗れた清国は、広州、アモイ、福州、寧波、上海の5港を開港した。それによってさらに米中貿易が増加したことから、アメリカとしては日本という清国へ至る"経由地"を確保したかったのである。
 実際、1853年6月にペリー提督率いる黒船が浦賀に来て、翌1854年3月に、日米和親条約が結ばれるが、ペリー提督は、フィルモア大統領の国書(1852年11月13日付)を江戸幕府に手渡した。

 それは次のような内容だった。

〔 カリフォルニアから支那(清国)まで18日間の距離であり、毎年多くのアメリカ商船がカリフォルニアと支那を往復している。蒸気船は多くの石炭を使い、わが国だけの石炭ではまかないきれない。また、船が悪天候で不時着することもある。そこで貴国(日本)は石炭が大変豊富な国と聞いているので、石炭、水、その他必需品を供給してほしい。その見返りは十分支払うし、貴国の平安は絶対に乱さない 〕
 日本は黒船襲来で驚天動地となって明治維新を起こしたが、当のアメリカの方は、日本のことなど目に入っておらず、清国への途中に手頃な経由地を確保したくらいの感覚だったのである。
 その後も、「アジア=中国」というのが、アメリカ人の一貫した「アジア観」だった。

 オバマ大統領が踏襲する「アメリカの歴史」

 1905年に日本が日露戦争に勝った頃から、アメリカは、中国北部のアメリカ権益を日本が脅かすのではないかと心配し始めた。そのため、第一次世界大戦後の1921年のワシントン軍縮会議では、日本が山東半島の権益を手放し、海軍力をアメリカの6割にするよう抑え込んだ。
 1928年に蒋介石率いる国民党が中国全土を支配すると、アメリカはすぐに蒋介石取り込みを図り、中国における関税自主権や領事裁判権を放棄した。この時点で中国には約1万人のアメリカ人が駐在しており、中国はアメリカにとってアジアの最重要国だった。
 1931年に日本が満州事変を起こし、溥儀皇帝を復活させて満州国を建国した時も、アメリカは承認していない。
 それどころか、中華民国に対して5000万ドルもの借款を供与し、日本と戦うよう仕向けている。
 1937年に日中戦争が始まると、アメリカは中国から銀を大量に買い続け、戦費を下支えした。その上、7000万ドルも供与し、279機もの戦闘機を与えている。1941年に入ると、さらに1億ドル+戦闘機500機の供与と6000万ドル分の鉱物の購入を決めている。
 1941年4月から、すでに一触即発となっていた日米は直接交渉を始めるが、アメリカ政府がこの時、日本側に突きつけた要求は、以下の4点である。

@日本は中国の主権を認めること。

A日本は中国の内政に干渉しないこと。
B日本は中国との交易の機会均等を他国に認めること。

C日本はアジア太平洋の現状を変えないこと。

 つまり、アメリカにとって過去150年間にわたって最重要であった中国の権益を犯すなと言っているわけである。そして、日本がこの条件を突っぱねたことから、太平洋戦争に突入したのである。
 戦後、アメリカが日本と日米安保条約を結んだのは、ひとえにソ連の脅威からアジア太平洋地域のアメリカ権益を守るためである。
 つまり、中国権益の邪魔になったことで叩いた日本を、今度はソ連への防波堤として活用したのである。

6月10日(月)、時の記念日、「寝覚めが悪い」と女房

ツイッターの登録とフェイスブックの修正

 時の記念日だ。
 昨年はこの日に新宿セミナーを開催した。
 それから一年経った。

○ 朝、女房が起きてきて、夢見が悪いという。

「サンゴの数珠が三つある。
 皮膚科の先生が年老いた母と50過ぎの娘さんに話しかけている」
「同僚と、私たちも出たほうがいいのかしら」
 と目線で話し合ったのだという。

 この話を職場の同僚にしたのだという。

 そしたら、
「私も同じような夢を先日見たわよ」
「成田さんが、お通夜よ、といって血相をかえて私の前を通り過ぎていったのよ」

○ ツイッターの新規登録。

 →【ツイッター 方位磁石の十字架ボーンビート
 新規登録したついでに、たくさんフォローしたために、「アカウント停止」宣言を受けてしまった。
 一度にたくさんフォローすると「アカウント停止」を受けてしまうものらしい。

○ フェイスブックの修正。

○ 女房の夢見が悪いのはツイッターとフェイスブックの影響だろう。
 この2つはほどほどにやった方がいいようだ。

6月11日(火)、「山形の家にいて変なのよ」と女房

来週火曜日の予定、お白石行事のファックス、まぐまぐ!承認

舞を踊る少年たちと端座して眺める大人の武士(もののふ)たち

 朝夢見が悪いといってまた女房の言葉。
「川行の家なんだけど、今の川行の家じゃないのよ」
「取り壊すといって話し合っているんだけど変なのよ」
「私こんなんじゃもたない」

○ 7時11分に来週火曜日(6月18日)の予定が入った。

○ 9時20分にお白石行事のファックスが到着。

○ 11時7分にまぐまぐ!承認がおりた。

 大きな動きが3つ続いた。
 この3つの時間が日付を指定していたとしたら、どうなるのだろう?
 7月11日(木)
 9月20日(金)
 11月7日(木)

○ 昼の夢。

 私は、大広間にいた。
 そこに幾つもの隊列を組んで、武士(もののふ)の一群がやってくる。
 武士(ぶし)というには時代が新しすぎる。
 もっと気品のある武士(もののふ)の一軍だ。
 先頭は少年たちが勤めている。
 私の前に整列すると、少年たちは一糸乱れず舞を踊る。
 虚空に大きな円を描く雄大な舞だ。
 その舞が終わるまで、大人の武士(もののふ)たちは端座している。
 果たして人の力でやり遂げることができるかどうかだろう。

○ セイユウの雨に濡れた床で滑って転ぶ女房。

 男の子達に「カゴメ」をされる美穂。
 事件といえば事件だ。

6月12日(水)、空港で飛行機に乗り込む夢、山形の東北電力から電話

 朝の心地よい夢。
 ある空港での一場面。
 搭乗ゲートが開いて、飛行機に乗り込もうとする清々しい場面。
 4月29日(月)に女房が見た夢の続きかも知れない。
 「御札立て」は必須アイテムだ。

6月13日(木)、五反田に行き、新宿で学習会

 五反田に行き、9月と10月のジョイント講演会の打ち合わせ。

○ 新宿のセミナーズでフェイスブックページの学習会。

 新宿の場面が印象的だ。
 セミナーズに向かいながら場所を探しているときに、セミナーズから電話があった。
 場所がどこなのか聞いてみると、ちょうど電話を受けた場所がセミナーズの場所だった。

 まさにドンピシャリだ。

 林周平先生の「コンテンツ集客」というセミナーだったが、話が簡単で面白かった。
「本質」を素早く捉えたほうが早い。
 隣に座った方が、「先生」のサロンに4回通って末期がんを克服された方だった。

 2度不思議な現象が起きたことになる。

6月14日(金)、ジェイ・エイブラハムの無料セミナー

 東京都議会議員選挙の告示。
 投票日は2013年6月23日(日)だ。

○ ジェイ・エイブラハムの無料セミナー。

 平成20(2008)年11月13日(木)〜16日(日)ヒルトンホテル成田のジェイ・エイブラハムのセミナーの内容を思い返したくて参加した。  とても感動した。
 当時の思いと感動が蘇ってきた。

6月15日(土)、林周平先生からのコンサルタント、私の送別会

 6月13日(木)の林周平先生のセミナーで。
 平成20(2008)年11月13日(木)〜16日(日)ヒルトンホテル成田のジェイ・エイブラハムのセミナーの内容を思い返したくて参加した。  とても感動した。
 当時の思いと感動が蘇ってきた。

○ 鶴瀬駅で私の送別会。

6月16日(日)、天気予報では雨の予報だったが「晴れ」、美穂は練馬区子供議会

五反田で試聴

 天気予報では雨の予報だったが「晴れ」となった。
 美穂は練馬区子供議会。
 私たちは家族で五反田に行くため、yokosyou に練馬区まで送ってもらった。
 美穂は7月7日(日)のデズニーシーを経て8月11日(日)に破綻。
 5月12日(日)に下井草で撮影会の時や、母親が亡くなった5月14日(火)の時は、yokosyou の影もカケラもなかった。

○ 五反田で家族で試聴。

6月17日(月)、大阪の方からメールあり

 大阪の方からメールあり。

6月18日(火)、大人数で打ち合わせ

「宇宙図書館」「証明する必要はない」

 五反田で大人数で打ち合わせ(8名)。
 収拾がつかなくなった。

○ 歌は問う。

「宇宙図書館」
「証明する必要はない」

6月19日(水)、昨日の話を噛みしめていた

 昨日の話の噛みしめていた。
「宇宙図書館」はいい話だった。

6月20日(木)、メルマガ発行「宇宙図書館」

 メルマガ発行「宇宙図書館」。
 350アクセス。

6月21日(金)、「命を救え」、言霊返し

 五反田で。
「命を救ってあげなさい」
 という声を聞く。

○ 天之大神からのお話。

 私が五反田で聞いた声というのは「言霊返し」によるものだという。
 共鳴によって成り立っており、全てに通じる手法だという。

○ あれの神、地震の神が現れる。

6月22日(土)、江本勝先生のセミナーと懇親会

パネラーの平澤幸治先生を巡って「天之岩戸開き」

富士山を世界文化遺産、アレの神と地震の神

 江本勝先生のセミナー。
 基調講演「吉野内聖一郎」氏
  「波動測定器MRAの波動コードは、数霊の法則で作られていた」
 基調講演「江本勝」氏
  「祈り・水と意識」
  宇宙ステーションでの水の動きにはビックリ。  商品紹介「根本泰行」氏〜『サウンド・オブ・ソウル』
 http://www.hado.com/mailform/mailform_sos/contact.html

 パネル討論「祈り・水と意識」

 司  会:前田豊
 パネラー:平澤幸治
 パネラー:鈴木俊輔

 懇親会

 浜松町の山内農場。
江本勝先生の懇親会

 (株)メビウスアイの平澤幸治先生・江本勝先生・メビウスの輪を象徴に掲げている私。

○ パネラーの平澤幸治先生との興味の合致はどういうものなのだろう。
 その疑問に天之大神からの話。
「天之岩戸開き」
「天之岩戸開き」
「そなたが解き明かしたものじゃ」

○ 富士山を世界文化遺産に決定(カンボジアの首都プノンペン)。

 カンボジアの首都プノンペンで開かれている世界遺産委員会で、富士山を世界文化遺産として登録するための審査は、日本時間の22日午後4時半すぎから始まった。
 ユネスコの世界遺産委員会は、22日、日本の富士山を、静岡県の三保松原を含めた形で世界文化遺産として登録することを決めた。
 審議は異例の50分間にわたり、三保松原を除外しないよう求める声が相次ぐなど、富士山への各国の関心の高さをうかがわせた。

○ アレの神と地震の神。

 アレの神と地震の神の話題が出てくるということは、近いのか。

6月23日(日)、昨日の写真がメールで到着、スーパームーン

「クラゲナスタダヨエル」、都議会議員選挙の投票日

 根本泰行氏から、昨日の写真がメールで到着。
 本日はスーパームーンだが、東京はあいにくの曇り。

○ 江本勝先生と肩を組んで写真を撮った場面を振り返っていると。

「クラゲナスタダヨエル」
 が思い浮かんでくる。

○ 『五十黙示録』補巻 紫金の巻 第12帖 (142)。

 ヨコの十の動きがクラゲナスタダヨヘルであり、タテの十の動きがウマシアシカビヒコジであるぞ、十と十と交わり和して百となり九十九と動くのぞ。
 過去も未来も霊界にはない、「今」があるのみ、これを中今(ナカイマ)と申すぞよ。
 竜宮の乙姫殿、日の出の神殿、岩の神殿、荒の神殿、風の神殿、雨の神殿、暗剣殿、地震の神殿、金神殿の九柱なり、総大将は国常立大神なり、このこと判りて下されよ、教はなくなるぞ、元の道が光り輝くぞ、これを惟神(かんながら)の道と申すぞ。

○ 都議会議員選挙の投票日。都議会議員選挙の結果は?

 東京都議会議員選挙(定数127)は6月23日(日)に投開票され、自民党が都議会第1党を奪還した。
 自民党は国政選挙並みの態勢で経済政策を中心に訴え、59人の全候補が当選した。
 公明党も現職23人が議席を維持し、6回連続で全員が当選した。
 経済政策アベノミクスを前面に訴えた安倍晋三首相(自民党総裁)の戦略が奏功。
 両党は7月の参院選へ弾みをつけた。
 共産党が躍進する一方(8議席から17議席へ)、前回、第1党の民主党は第4党に転落する惨敗を喫し(54議席から15議席へ)、日本維新の会も伸び悩んだ。
 参院選に向け態勢の立て直しを迫られる。

6月24日(月)、2種類のフルーツパフェ、2種類のあんみつ

水球が微細振動して今にも弾けようとしている映像

 2種類のあんみつ、2種類のフルーツパフェ。
 一つはきれいに盛られて温度がちょうどいいあんみつ。
 食べごろでおいしそうだ。
 もう一つは、少し時間が経ったあんみつ。
 中のあんこが溶けている。
 食べておいしいのは最初のあんみつだ。
 次は即座にフルーツパフェの映像に変わった。
 ソフトクリームも冷たそうでおいしそうだ。
 もう一つのフルーツパフェは時間が経ってソフトクリームが溶けてしまった温くなったものだ。
 食べておいしいのは、最初のフルーツパフェだ。
 何事にも食べごろがあるという暗示。
 さらに、物事には同じでも2つの側面があるという暗示。

○ 同時に、宇宙の中で水球が微細振動して今にも弾けようとしている映像。

 微細振動している状態が、今の地球の状態だと思った。
 小さな小競り合いや大きな争いをもはや誰も止めることはできないだろう。

6月25日(火)、展地「悪魔の夢をみた」

 展地起きてくるなり、
「悪魔の夢をみた」着。
 を見たという。

○ 展地の近くに落雷。

6月26日(水)、練馬高野台で「成田さんの話が聞きたいんだけど」

「成田さんの話が聞きたいんだけど」
 と電話をかけてくる人物。

 事情を聞きに五反田へ。

○ 五反田で6月21日(金)
「命を救え」
 と言われた方の消息を聞いた。
 その話を聞いただけでも行った価値があった。
「かすかに生体反応があった」
 ということだったので、助かるのだろう。

○ ソファーに座っていると、脊髄に痛みが走った。

「この痛みは何なんだ」
 と疑問に思いながら聞いていた。
 原因は、途中から入ってきた方(アメリカからやってきた人)が脊髄を痛めている人だったという。
 こういう症状が感応してくるというのは、尋常じゃない。

6月27日(木)、「間もなくお父さんの最大の協力者が現れるよ」

試聴体験

 心の神様からの助言。
「間もなくお父さんの最大に協力者が現れるよ」

6月18日(火)に予約された方々。

 2回目というのは大雑把な流れが解っているので説明しやすい。

6月28日(金)、お悔み

 お悔み。

6月29日(土)、「大将になってくれ」「指導者になってくれ」

「大将になってくれ」
「指導者になってくれ」
 と言って各地で隆起する人々。

6月30日(日)、長電話、「今夜、伊邪那美命が現れる」

 6月22日(土)の波動セミナーでお会いした方から電話があって、午前中と午後に長電話。

○ トキを告げる声。

「今夜、伊邪那美命が現れる」

7月1日(月)、気功師のイメージに基づき案内文

 中国の気功師であるから、日本があってもいい理屈だ。

7月2日(月)、気功師への送信

 中国の気功師への送信だ。
 それに対する批判と拒絶。

7月3日(火)、大阪の方からの問い合わせ。

天之大神の助言「アメリカ・・、イタリア・・」

 大阪の方からの問い合わせ。
「7月16・17日で調整中」

 天之大神からの助言。

「アメリカはどうする?」
「私がやりましょう」
「イタリアはどうする?」
「モーゼの因縁があるので私がやりましょう」
「それでは、そうなった場面を思い浮かべ念を送られよ、そしてその未来をこちらに引き寄せよ」
「身近なことに注意せよ」

 日本はその動きを支えるための動きとしよう。

 株式会社安心の在り方。
 中国の気功師への送信だ。

7月4日(木)、エジプトでクーデター発生、参議院選挙の告示

神奈川の「気功」、kanazawaさんから連絡

 エジプトでクーデター発生。
 日本時間の7月4日(木)午前4時すぎからシシ国防相がテレビで演説し、モルシ大統領が国民の要求に応じなかったと批判したうえで、憲法を一時停止して大統領選挙を早期に実施するとともに憲法裁判所の長官が暫定大統領に就任すると発表し、モルシ大統領を解任して事実上のクーデターに踏み切った。

○ 参議院選挙の告示。

 投票日は平成25年7月21日(日)

○ 昨日の天之大神からの助言のあとの動きとして、2つの連絡。

 神奈川の「気功」から問い合わせ。
 kanazawaさんから連絡。
 7月8日(月)に会うことになった。

7月5日(金)、タール状の海から球状のものが浮き上がる

伊勢市の宮司さんに送金、資料の送付

 午前中の夢。
 タール状の海にさざ波が生じ、その波が徐々に大きくなっていった。
 タール状の海が割れて、中から球状のものが浮かび上がってきた。
 子宮のなかに入っている胎児のようにも見える。
 それとも、松果体のイメージだろうか。

 夕方、御嶽神社のほうに歩いていると、水平感覚がおかしくなってよろめいてしまった。

 脳裏に浮かぶのは、午前中の「球状」のものだ。
 子宮の中の羊膜に包まれている胎児のようにも見える。

 その場面を見ているのだろう。

 受精後に胚から成長する過程である動物の発生過程では、動物共通の形態の変化が見られるが、この過程で頭頂眼となる眼の元は間脳胞から上方へと伸び上がる。
 この「眼の元」は元々は左右2つが並んで存在するが、狭い間脳胞に生じたこれらはやがて前後に並んで成長する。2つあるうちの片方が松果体となり、残る片方はある種の爬虫類では頭頂眼となるかまたはほとんどの種では消失してしまう。

○ 伊勢市の宮司さんに送金、資料の送付。

 伊勢市の宮司さんに送金。
 お二人に送付。

7月6日(土)、梅雨明け、山形の母親と電話

 梅雨明け宣言。
 急に暑くなった。

○ 夕方の午睡のとき、お袋と電話で話している夢。

 何気なく山形に電話をし、お袋と話していた。
「そっちはどうだや?」
「こっちは順調だよ、山形の方はどう?」
 こういう話をしているうちに、ちょっと変だという感覚が読みがえってきた。
 まず、山形の電話は止めてあるはずなのになぜ話ができているんだろう?
 と不思議に思い始めてきた。
 そういえば、母親は5月14日に亡くなっているので、私が話しているお袋はあの世のお袋ということになるのだろうか?

 この話を女房にすると、

「納骨が近いからね」
 という感想だった。

7月7日(日)、7年ぶりに晴れた七夕に美穂がyokosyou とデズニーシーへ

 7年ぶりに晴れた七夕になったのだという。
 その七夕に美穂がyokosyou とデズニーシーへ。
 6月16日(日)に続く現象だろうか?
 夕方、に夕立があって、新宿方面に虹がかかった。
 マンションからみて、虹がかかった新宿の先には浦安がある。
 美穂たちが晴れにしたのだろうか?

○ 夕方の映像。

 7月5日(金)に浮き上がってきた「羊膜に包まれている胎児のようなモノ」が上空に吸い上げられていっているようだ。
 球状のモノがあった場所からウミのようなものが吹き上がってきた。
 タール状の海と吹き上がってくるウミが交じり合って反応し、山状に盛り上がり始めた。
 そして、山状の頂上から、また、赤黒い膿を出し始めた。
 記録として留めておく。

7月8日(月)、五線譜のようなものが見える、kanazawa さんが五反田に

 朝の散歩のとき、五線譜のようなものが見える。
 この五線譜、下から2番目の線が太く、水色っぽい感じがする。
 どういうイメージなのだろう?

○ kanazawa さんと五反田で待ち合わせ。

 kanazawa さんに資料が届いた土曜日の出来事。
「お風呂場の改装をしている最中で、家中テンヤワンヤ」
「夜、隣の駅のお風呂に入り行ってご主人がバックするとき後ろの車にぶつけてしまった」  という。
 また、私が送った資料を昨日読もうとしても時間がなくて読めなかったので今朝早く起きて資料を読んでいるとご主人から
「朝ごはんを作ってよ」
 と頼まれ、娘さんからも
「作ってあげなよ」
 と念を押され、また喧嘩になって、
「家出してきたのよ。」
 ということだった。

 話の中で、

「戸隠に行ってきた」
「戸隠に行ってからいろんなことが動き始めたような気がする」
 ということだった。

 夜に、kanazawa さんから電話。

「明日説明してほしい人がいるんだけど」
「なぜ私が個人宅に伺わなければいけないのか?」
 と疑問を呈した。

○ 五反田での試聴の時のイメージ。

 五線譜のようなものが見える。
 11時の方角で、小さく沖縄の2本弦の楽器が奏でられている。
 すぐさまチェロが現れて、チェロの演奏者も現れた。
 バイオリンも現れ、ビオラも現れてきた。
 五線譜をもとにした演奏が始まりつつあるということなのだろう。

7月9日(火)、光宮(みや)の怪我、一線を画すべき人物

夕方に伊勢からの荷物が届いた

 朝起きたときモヤモヤした気分で目覚める。
 念が飛んでくることによる霊障だろう。
 夕方光宮(みや)が自転車に乗って転んで右顎の下を擦りむいた。
 光宮(みや)に影響が出てきたということだろうか。
 この右顎は女房が親知らずを抜く箇所に被っている。

○ 昨日の方は、残念ながら一線を画すべき人なのだろう。

 夕方に伊勢からの荷物が届いた。

7月10日(水)、厭らしい暗黒の雲、FAXの勉強会

 朝の散歩の時の映像。
 私は中空ストロファイバーの筒のなかを2時から8時の方角に歩いている。
 すると、私の背後から暗黒の雲が漂ってくる。
 噴煙を細かくしたような厭らしい暗黒の雲だ。
 その暗黒の雲は、私を追い越すと、全身網目状タイツの人物に変わった。
 どういうことだろうか?
 昨日の光宮(みや)の怪我と関係があるのだろうか?

○ 午前中は講演会会場の下見。 ← ここでいいのだろう。

○ 午後はFAXの勉強会。
 クレームは当たり前なんだな。

7月11日(木)、女房の親知らずの抜歯

 女房の親知らずの抜歯。
 親知らずの根が顎の骨に食い込んでいるので、親知らずを抜くのに危険が伴うということで、今まで伸ばし伸ばしになっていた。
「もういいや」
 ということで抜歯になった。
 女房の感想。
「遠い昔に何かあった歯だ」
 そういう思いがわき上がってくるのだという。
「今まで抜くに抜けなかった悪の根?」
 と私。

7月12日(金)、広島から2名、大阪講演会の打ち合わせ

女房の歯の消毒、「音響免疫療法普及協会」

 午前中に広島から2名。

○ 大阪講演会の打ち合わせ。

 「音響免疫療法普及協会」

7月13日(土)、朝の夢「光宮(みや)とスロットをやって大当たり」

五反田で8回目の先生の講演会、平塚の先生

女房の歯の消毒と美穂が子供の歯を抜く

 朝の夢。
 今にも大当たりしそうなスロットが置いてある。
 コイン投入口にポケットのコインを入れてボタンを押した。
 4・5回続け、次は大当たりという確信が閃いたので、コインを入れられるだけいれて投入口から入れることができないくらいコインをいれた。
 ボタンを押すとやはり大当たり。
「どれくらい出てくるんだろう」
 と光宮(みや)と顔を見合わせた。
 スロットをやったことなんかこれで数えるくらいしかない。

○ 五反田で8回目の先生の講演会。

 kuma さんが出席していた。
 9月と10月の記念講演のお知らせをした。
 私が始めて話したことになる。

○ 平塚の先生。

 次の週にもう一度体験をするということになった。

○ 美穂が子供の歯を抜く。

7月14日(日)、実加の首都大学東京

イオンで買い物

 午前中は、実加の首都大学東京のオープンキャンパス(南大沢)。
 2005年3月31日で東京都立大学総長の茂木俊彦は任期を満了し、歴代総長最後の職を終えた。
 2005年4月1日より、新大学・首都大学東京が開学した。
 2011年 3月31日付で、公立大学法人首都大学東京所管の東京都立大学が廃止される。
 こういう歴史を紐解くと、都立大学が廃止されたのは、2011年 3月31日のことだったんだ。
 微妙な感覚が残る。

○ 展地のバスケ用具。

7月15日(月)、朝の映像「網構造体が丸まり筒状になった」

 朝の映像。
 網構造体が丸まり筒状になった。
 この筒状のモノは縦笛のようにも見える。
 誰かがこの網構造体を楽器にして吹こうとしている。
 この人物、hisi さんのようにも見えるが。

○ 心の神様の声。

「天照皇大御神さまが困ってらっしゃる」
 みんながテンデバラバラでどこに依拠していいかわからないのだろうと思った。
 みんな各自が自分の思うがままのやり方をしていて、まとまらないのだ。
 これまで確認してきたことをお願いした。
(1)日本のことは、「先生」の試聴ルームの展開で全てを集約させる。
  科学も宗教も政治の在り方も、全て集約させる。
(2)アメリカのことは、ハワイの菅原さんとホロヴィッツ博士に依拠し、オバマとの連携を図りながら対処する。
(3)ヨーロッパのうちイタリアのバチカン以前に古い教会関係者への中村さんの協力を得て、私が運動を作っていく。
 日本、ハワイ、アメリカ、イタリアの運動の連携を整えて運動を進めていく。

7月16日(火)、実加の夢「町田喜蔵の夢を見た」

 実加の夢。
「町田喜蔵さんの夢をみた」
 お父さんたちを見失って青い法被を着た係りの人に尋ねたら、この人なら「町田喜蔵さん」だね、と教えてくれたのだという。
 私の前世の名前でもないので、どういうことなんだろう、ということで目覚めたという。
 実加の家族と同じ家族構成だということは感じた。

7月17日(水)、大阪の方、左目の奥に剣が・・

 大阪の方と一緒に試聴のときの映像。
 左目の奥に剣が刺さっている。
 その剣が抜かれてくる映像。
 まだ、こういうものが刺さっているんだ。
 自分ながらアッケにとらわれる。

 岐阜羽島のかたは「音」が出ていなかったらしい。

 ミスはミスだが、そういうものらしい。

7月18日(木)、横須賀からの連絡、女房の喘息が久しぶりに現れる

 横須賀からの連絡。
  「来週の火曜日の予約」

○ 女房の喘息が久しぶりに現れる。

 横須賀の声を聞いたからか?

7月19日(金)、メルマガ発行、平塚の方

 平塚の方。
 話を理解している人がやらなくてどうする。

7月20日(土)、白日夢「空間が引き裂かれ、2つのリンク」

横須賀から「勉強させてほしい」と

 白日夢。
 空間が引き裂かれ、2枚のビニール状のものが現れてきた。
 宇宙空間には、こういう透明シールのようなものが無数にあるものらしい。
 この透明シールは単一のものではなく、いくつかのレイヤーによって構成されている。
 今日見た映像は、透明シールを構成している2つのレイヤーが引きはがされ、その中に異物を入れた状態だった。
 異物を入れた状態でこの透明シールが動かされると、2つのレイヤーは分離してしまうだろう。

 次、重なった2つの輪が現れて、別々に回転し始めた。

 それがリンク状の通路になり、とても美しいものだった。
 この通路の奥に何かある。

○ 横須賀から

「勉強させてほしい」
 という電話。
 練馬高野台のサイゼリアで会う。
 話を聞いていると、とりとめのない話が多くて、動いちゃいけない人なんだと思った。
 7月8日(月)も上着を最初から忘れていたという。
 そして、ドロボーに入られている話といい、今動いちゃいけない人なんだ。
「あなたが関わってどれだけの人が幸せになった?」
 と言いたい。

○ こういう念を受けるとマイナスの方に引き込まれる。

 女房も風邪で絶不調。

7月21日(日)、参議院選挙の投票日、粉瘤が破れて匂いが臭い

 参議院選挙の投票日。

○ 宙を飛べる私。

 今まで宙を飛ぼうとしても飛べなかったが、ようやく飛べるようになった。

○ 粉瘤が破れて匂いが臭い。

 粉瘤になったのはドライバーをやり始めてすぐのことだったと思う。
 それがキレイになった。
 スゴイことだ。

7月22日(月)、参議院選挙の確定、小沢王国の崩壊

女房の職場への送り迎え、小冊子を取りに五反田へ、銀座へ打合せ

 全議席確定。
 自民65・公明11・民主17・維新8・みんな8・共産8・社民1・社大1・無所属2・生活・大地・みどりの風・諸派0。
 これで参議院の勢力図が確定した。
 自民・公明で135議席(安定多数の129議席を上回った)。

 野党他諸派で107議席。

○ 小沢王国の崩壊。
 21日投開票された参院選の岩手選挙区(改選数1)で、生活の党の小沢一郎代表(71)が擁立した候補が惨敗し、地元・岩手県で小沢氏の影響力低下が鮮明になった。県内4小選挙区のうち3選挙区を落とした昨年の衆院選に続く地元での敗北。
 奥州市内の得票数は、3選を決めた無所属の平野達男前復興相(59)が2万8671票だったのに対し、生活新人の関根敏伸氏(57)は1万2578票と半分にも満たなかったからだ。
 県全体では平野氏の24万3368票に対し、関根氏は9万1048票にすぎなかった。
「小沢さんの時代は終わった」。
 奧州市水沢区の主婦(70)はこう話す。
 小沢氏の秘書を20年以上務めた高橋嘉信元衆院議員(59)も
「王国は完全消滅。政局と自分の立場だけ優先してきた結果だ。」
 人の心は離れてしまった」

 小沢氏が率いる生活の党は改選の6議席を失った。

○ 前回の衆議院選挙は2012年12月4日に公示、2012年12月16日に投票されているから、3年後の2016年まで本格的な国政選は予定されていない。
 首相は自らの経済政策「アベノミクス」で景気を安定させた上で、憲法改正などの懸案にも取り組みたい考えだ。

○ 女房が先週の木曜日から風邪による体調不良。

 そのため私が送り迎えをすることになった。

○ 五反田へ小冊子を取りに行く。

○ 夕方、電話があり打合せのために銀座へ。

 銀座で会った人々。

7月23日(火)、蜂の巣の空間を芋虫のような気体が通過

 夕方の映像。
 「蜂の巣でできた通路のような空間」がある。
 通路の奥の方から「芋虫のような気体」がこちらに向かってくる。
 「芋虫のような気体」が「蜂の巣でできた通路のような空間」を通過するとき、蜂の巣のような無数の小部屋から、「黒い物体」がたくさん出てきて、「芋虫のような気体」を飲み込んでしまった。

「芋虫のような気体」というのが「思う思い方」らしい。

「思う思い方」が大脳のなかの神経細胞を通過する度に、「蜂の巣でできた通路のような空間」の小部屋に詰まっている「黒い物体」(おそらく磁鉄鉱)と反応するようになっているのかもしれない。
「思う思い方」と「黒い物体」(おそらく磁鉄鉱)が反応して、人の考え方の癖を作る。

 これが磁場(習慣)として固まる。

 2010年8月17日(火)に東北から出ていくイモムシを見ているし、2012年7月16日(月)熱(あるいは光)のネットにかかっているイモムシを見ている。

7月24日(水)、氷川神社で横笛を吹く青年を再び見る

最初の勉強会、横須賀から「入れ物を返して」

 氷川神社への朝の参拝の時、横笛を吹く青年を再び見る。
 昨年2012年4月18日(水)にも横笛を吹いていた。

 平成23(2011)年、集中的に横笛を吹かれている映像を見ていたことがあった。

✓ฺ 平成23(2011)年9月27日(火)、横笛を吹くトルコ風の少年、西日(夕日)で輝く私。
✓ฺ 平成23(2011)年9月28日(水)「神々の配置換えが行われようとしているんだよ」ヤクルトお姉さん「26歳の誕生日」。
✓ฺ 平成23(2011)年9月29日(木)、小宮さんから嵐山で歯周病の講演会の案内があった。
✓ฺ 平成23(2011)年9月30日(金)、横笛を吹くトルコ風の青年、宇陀市鳥見山の麓から?
✓ฺ 平成23(2011)年10月3日(月)、胸まで埋まりながら横笛を吹く青色の制服を着た青年。
✓ฺ 平成23(2011)年10月4日(火)、雲の上から横笛を吹く青色の制服を着た青年の行軍。
✓ฺ 平成23(2011)年10月5日(水)、横笛を吹く青色の制服を着た青年が陸を歩いている、「運命の日」といわれた歯周病の講演会、シンボリルドルフ永眠の知らせ。

「嵐山で歯周病の講演会がある」

 と小宮さんから平成23(2011)年9月29日(木)に連絡をもらったが、その2日前から、「横笛」の映像が見え始めていた。
 そして天之大神から、「運命の日」といわれた平成23(2011)年10月5日(水)に「歯周病の講演会」があった。
 それから「横笛」の映像は見なくなった。
 横笛は口で吹くものなので「歯周病」に関係ある何かをもっているらしい。
 横笛は、歯周病を抑えるか?
 あるいは、九頭龍を鎮めるためのものか?
 小宮さんからの案内が来る前日に、ヤクルトお姉さん「26歳の誕生日」と知ったことも思い出深い。
 「26」というのは、私のキーワードだ。  拝殿で横笛を吹かれている神様を見た今日の4月18日(水)の朝日新聞の一面に
「人口26万人減 過去最大」
 という文字が左下に載っている。

○ 最初の勉強会。

○ 横須賀から「入れ物を返して」。
 渋谷で会った。

7月25日(木)、マヤ歴「時間をはずした日」と言われる

烏窓のファイナンスに対する打診、『祝詞集』のご縁で神奈川の方と

羽曳野からのメールがGmailのゴミ箱に

 今日の7月25日(木)は、マヤ歴では「時間をはずした日」といわれているらしい。
 この「時間をはずした日」は、特定の月や曜日を持たず、カレンダーの日付がない日なのです。
 明日から特別な時期へと移行して行きます。

○ 午前中にお会いした方は烏窓。

 ファイナンスの打診をされる。

【その後】
 8月6日(火)烏窓の人の試聴。
 8月31日(土)に烏窓の人に相談。

7月25日(木)午後は、『祝詞集』のご縁で神奈川の方と。

【その後】
 内宮のお白石持ち行事が終わった7月30日(火)に試聴。
 7月31日(水)に神戸のDさんから、JR東日本の本社ビルの問い合わせ。
 8月1日(木)に羽曳野から7月25日(木)のメールの件で電話。
 8月2日(金)に「お金の写真」。
 8月7日(水)に渋谷で道臣命と会う。
 8月9日(金)道臣命と新宿でバッタリと出会う。
 8月13日(火)道臣命の試聴。
 8月20日(火)『祝詞集』のTさん、2回目の試聴。
 この時、鳥海山の人(渡辺和美氏)を紹介してもらう。
 8月29日(木)、鳥海山の人(渡辺和美氏)が五反田へ。

○ 羽曳野からのメールがGmailのゴミ箱に。

7月26日(金)、伊勢神宮「お白石持ち行事」川曳き開始

マヤ歴では磁気時間の「新年」に当たるという

 伊勢神宮「お白石持ち行事」川曳き開始。

川曳き開始
26日午前、三重県伊勢市(沢野貴信撮影)

川曳き開始

川曳き開始

川曳き開始

川曳き開始
敷地にお白石を奉献する人たち=26日午前10時10分、三重県伊勢市(門井聡撮影)

 20年に1度、伊勢神宮(三重県伊勢市)の社殿などを造り替える式年遷宮で新しい社殿の周りに石を敷く「お白石持行事」が7月26日(金)、伊勢神宮で始まった。
 「旧神領民」と呼ばれる市民の奉献団が、拳大の白い石を置き、遷宮に奉仕する喜びをかみしめた。この日はほぼ完成した内宮の新社殿が初めて公開され、奉献団ら一般の人が近くまで立ち入ることのできる唯一の機会となる。
 地区別の9つの奉献団は、市内の宮川から集めた石英系の白い石を樽に入れて川ぞりに乗せ、順番に五十鈴川を上り内宮へ。法被やたすき姿の団員が1個ずつ白布に包んで参道を進み、新社殿の威容を目にしながら、行列を組んで石を置いた。

 7月26日(金)だけで約1万人が参加した。

 外宮でも来月8月17日から始まり、9月1日まで土、日曜日などに実施。
 市内77の奉献団と全国から集まる「特別神領民」の延べ23万人が奉仕する。
 「お白石持行事」は、社殿の用材を神域に運ぶ平成18、19年の「お木曳行事」とともに、旧神領民が中心となって奉仕し約550年の伝統があり国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」となっている。
 遷宮は10月にご神体を新社殿に移す「遷御の儀」でクライマックスを迎える。

○ これに神戸のDさんが参加。

○ マヤ歴では磁気時間の「新年」が7月26日(金)だという。

7月27日(土)、岐阜県瑞穂市生津へ、松阪市に宿泊

 岐阜県瑞穂市生津へ。
 松阪市に宿泊。

7月28日(日)、第62回式年遷宮「お白石持行事」

山口県の旧・むつみ村周辺で豪雨

「すごいことなんだよ」
「ポールシフトを食い止めた人たちが御正殿に白石を置いていくなんてスゴイことなんだよ」
 神様からの祝福。

○ 山口県と島根県に豪雨があった。

 2013年7月28日、山口県と島根県に豪雨があり、被害が生じた自治体があった。
 降水量が多かったのは、須佐(山口県萩市)、津和野(島根県津和野町)、徳佐(山口県山口市)3地点でした。
 被害があったと、具体的に報道で名前が上がっている自治体は、山口県では、萩市・山口市・阿武町、島根県では津和野市です。
 萩市において大きな被害があったのは、平成の大合併の前から萩市であった中心部ではないようです。
 旧・田万川町、旧・須佐町、旧・むつみ村のようです。
 この中の前の2つの自治体は、島根県と接しています。
 なお、萩市の合併の結果、阿武町は、萩市と日本海によって取り囲まれることになりました。

7月29日(月)、バッティング(1)

 五反田の3名にバッティング(1)。

7月30日(火)、『祝詞集』のご縁

「君の思うとおりにやってご覧」「そなたは今のまま進めよ」

 『祝詞集』のご縁で7月25日(木)に会ったお二人と五反田へ。

○ 自宅に戻る途中で爺っちゃんから声をかけてくる

「君の思うとおりにやってご覧」
 そういう声だ。

 鳥之石楠船神(とりのいわくすふねかみ)、別名天之鳥船神からの言葉、

「そなたは今のまま進めよ」
 旗印を降ろすとみんなの目印がなくなってしまうということなのだろう。

7月31日(水)、新宿セミナーがあった前の場所、淡路島に関係する神戸の方

 神戸のDさん。
 新宿セミナーがあった場所の前にJR東日本の本社ビルがある。
 それに関わる話。

○ 昨日の方に連絡を取ってみる。

 『祝詞集』のご縁のご縁の方だ。

○ 淡路島に関係する神戸の方から電話を頂戴。

 今後の動きについて聞きたいということであった。

8月1日(木)、「今日じゃぞ」「今日じゃぞ」「そなたは動いてはならぬ」

 朝起きる時の声。
「今日じゃぞ」

 7月30日(火)の『祝詞集』の ご縁の方から電話あり。

 神戸のDさんが、8月9・10日が東京だということで、話を進めてみることになった。

○ 天之大神からの助言。

「そなたは動いてはならぬ」
「網構造体の本来の力はまだ発揮されてはおらぬ」
「類似品がでてくるぞ」
「そなたの足を引っ張るものが出てくるぞ」
「そなたの臣下が金の世をおかしくしたのじゃ」
「苦労を共にできるものは、いつの世も苦労をともにできるものじゃ」

○ メールのゴミ箱に振り分けられてしまう「7月25日(木)のメール」。

 「ocn」のアドレスでも「迷惑メールフォルダー」に振り分けられてしまう。
 そういうメールがあるんだ。
 内容は、本年1月に余命1週間とか1か月と宣告された方のメールだった。
 その方から電話を頂戴した。

○ 午後の夢。

 ギリシア風の場面で、私は「タイソン」と呼ばれていた。
 私の妃がいて、王宮とは別に私の恋人がいた。
 私の妃と私の恋人も仲が大変よくお互いに尊敬しあっているようだった

○ 淡路島に関係する神戸の方から電話を頂戴。

 8月22日に詳しくお話ししましょう、ということになった。

8月2日(金)、「お金の写真」の方々

小机の方から『祝詞集』の注文

 7月31日(水)のJR東日本の本社ビルの件を受けて、「お金の写真」の方々と新宿で会う。
「働き手をどうするのか?」
 という問いに、
「どうするかオーナーと相談してみる」
 ということになった。

○ 小机の方から『祝詞集』の注文。

(※)この方から、10月15日(火)籠神社からのお砂と乙女神社の山椒を頂戴した。

8月3日(土)、方位磁石の十字架が出現して1周年

天照大神からの言葉、「天照皇大御神御成りに成られる」

 方位磁石の十字架が出現して1周年。
 この一年の間のことを振り返った。

 セミナーがあり、今の仕事がある。

○ 天照大神からの言葉。
「時間がないのです」
「私もあなた方に協力します」
「アメージンググレイスの1番を神に、そして2番をあなた方に」

 間を置いて、

「天照皇大御神御成りに成られる」

8月4日(日)、「お金の写真」の話の終結

 7月31日(水)の新宿で振って湧いた8月2日(金)の「お金の写真」の話の終結。

8月5日(月)、バッティング(2)、横須賀のkanazawa さんから間違い電話

 7月29日(月)にバッティングした方々の予定のまた再設定。
 横須賀のkanazawa さんから間違い電話があった。
 横須賀のkanazawa さんはトラブルの暗示。

○ 価格設定が難しい。

 大きく出ようとすると、代理店-特約店制度が必要になってくるのはわかるが、このやり方が合うかどうかは別の次元の問題だ。

8月6日(火)、大阪の羽曳野市と泉佐野市からのお二人(1)

烏窓のお二人が五反田へ

 大阪の羽曳野市と泉佐野市からのお二人がある女性を看病している女性の代理視聴でやってきた。
 朝の6時から昼まで。

○ 昼からは、烏窓のお二人。

8月7日(水)、大阪の羽曳野市と泉佐野市からのお二人(2)

「荒深道斉」の教えを説く人物

 大阪の羽曳野市と泉佐野市からのお二人がある女性の代理視聴でやってきていた。
 2回目以降は1万円ということに対して
「私たちは代理なので代理元からお金をもらって欲しい」
 一人は試聴し、もう一人は試聴できずに帰った。

○ 「荒深道斉」の教えを説く人物と渋谷で。

 「荒深道斉」氏の教えを底辺に据えて、量子物理学をキーワードに研究されている姿勢は私と全く同じものである。

道臣命『神武太平記(道臣命在世記)』からの略年表

 道臣命は、八咫烏の先導を皇軍を穿邑へ導く。

8月8日(木)、大阪の羽曳野市と泉佐野市からのお二人(3)

大阪に向けての「御祈祷」に初めて「スーパームーンソルト」

緊急地震速報「大阪・奈良を震源とした地震の可能性」

 午前中は大阪の羽曳野市の方と電話での対応(3)。

 ほとほと疲れた。

 羽曳野市といえば、日本武命の眠る白鳥御陵があり、私が21歳の時に来ていた四天王女子短期大学と大阪府立大学がある場所だ。
 思い出で聖地に異物が入る気がしてきたので、昼過ぎに大阪に向けての「御祈祷」を行った。

 こういう神事(かみごと)に初めて「スーパームーンソルト」を用いた。

○ 8月8日(木)午後4時56分ごろ、気象庁は、 「近畿や東海北陸など西日本と東日本の広い範囲で強い揺れが予測されるとして緊急地震速報」
 を発表。
 しかし、震度1以上の体に感じる揺れは観測されなかった。
 気象庁の観測によると、このころ、和歌山県北部を震源とするマグニチュード2.3の地震が起きていたが、緊急地震速報のシステムは、地震発生直後に地震の規模を実際より大きい、最大マグニチュード7.8と推計したらしい。
 気象庁が観測データを調べた結果、和歌山県北部で地震が発生したのとほぼ同じころ、東海沖に設置されている海底地震計で、地震とは異なる、「ノイズ」と呼ばれる電気的な雑信号が検知されていたことがわかった。
 緊急地震速報のシステムは、離れた場所でほぼ同時に揺れなどのデータが観測されると、地震の規模や揺れを実際よりも大きく予測することがあるという。
 気象庁は、離れた地域で検知された電気的な「ノイズ」の影響で、システムが地震の規模を見誤った可能性があるとみて、原因を調べている。

○ 緊急地震速報を見ながら

「2か月は時間の余裕をもらっているはずだったのに」
 と思った。

8月9日(金)、パンフレットの取りに五反田に

秋田県と岩手県でこれまでに経験したことのないような大雨

夜9時過ぎに新宿へ打合せ、その時、荒深道斉先生の教えを伝える方に

 パンフレットの取りに五反田に。

○ 秋田県と岩手県でこれまでに経験したことのないような大雨。

 秋田県、青森県、岩手県、北海道南部で、局地的に1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降りました。
 気象庁は秋田県と岩手県でこれまでに経験したことのないような大雨となっているとして、最大限の警戒を呼びかけました。

○ 夜9時過ぎ、ホテルサンルートプラザ新宿へ打合せに。

 そこで、8月7日(水)に「荒深道斉」の教えを説く人物とバッタリ出会った。
「荒深道斉先生に教えからみたら私は落第生だ」
 と言われていた。

 この4名の関係やいかに。

 ホテルサンルートプラザ新宿のある周辺の場所は、2008年秋、ジェイ・エイブラハムのセミナー受講を決心した場所であるし、昨年2012年6月10日にセミナーを開催した場所であった。
 私のターニングポイントになっている場所だった。

8月10日(土)、米田晃さんの講演会

 浜松町で米田晃さんの講演会。

8月11日(日)、美穂とyokosyou との関係が終了。美穂と光宮の撮影会

長髄彦の系図の作成

 美穂とyokosyou との関係が終了。
 5月29日(水)にhatae からメールアドレスを聞いてyokosyou からメールあり。
 このメールをキッカケにして6月5日(水)からお付き合いが始まる。
 6月11日(日)に、美穂が練馬区こども議会があるのでyokosyou に練馬区まで送ってもらっていた。
 7月7日(日)のデズニーシーのデートはあったが8月11日(日)に先方から終了告知。

「6・7・8」は美穂のお付き合いで象徴されているのだろうか?

○ 赤羽で美穂の撮影会。
 光宮(みや)もくっついて行って飛び入りの撮影会。
 美穂にとって初めてのお給料は5,000円だった。
 5月12日(日)のDVD撮影会の出演料も10,000円頂戴できるのだという。
「美穂とyokosyou との関係」がキーになっていたのだろうか?

○ 長髄彦の系図。

道臣命『神武太平記(道臣命在世記)』からの略年表
 今から1年ほど前の平成24(2012)年5月7日(月)に、兄「アンテン」と弟「カノウ」の仲違いしたという物語を心の神様に聞いていたがこの物語と密接に結びついている。

(※)平成24(2012)年5月7日(月)に、高麗より以前の話として神より伝えられた。

 世の中の混乱を治めるために、政(まつりごと)を作りかえようという「アンテン」がいた。
 「アンテン」には弟の「カノウ」がいて、2人は仲のよい兄弟でもあった。
 しかし、世情は二人の仲に亀裂を走らせていく。
 世の中の混乱に乗じて利益を得る勢力は、弟「カノウ」に近づき、兄「アンテン」の動きを探らせていた。
 兄「アンテン」の心許せる連絡係「スナガ」の友人に「サソウ」がいた。
 弟「カノウ」の動きを危惧した「サソウ」は、二人の父の王に弟「カノウ」の悪業をつげた。
 そのため、弟「カノウ」は失脚することになり、腹をたてた「カノウ」は、弟分の舎弟に「サソウ」の暗殺を命じた。
 こうして、仲の良かった二人の兄弟の仲は切り裂かれていった。

 上の物語を可美真手命と内垣彦命兄弟の物語に置き換えるとどうなるか?

 世の中の混乱を治めるために、政(まつりごと)を作りかえようという「可美真手命(アンテン)」がいた。
 「可美真手命(アンテン)」には弟の「内垣彦命(カノウ)」がいて、2人は仲のよい兄弟でもあった。
 しかし、世情は二人の仲に亀裂を走らせていく。
 世の中の混乱に乗じて利益を得る勢力は、弟「内垣彦命(カノウ)」に近づき、兄「可美真手命(アンテン)」の動きを探らせていた。
 兄「可美真手命(アンテン)」の心許せる連絡係「スナガ」の友人に「サソウ」がいた。
 弟「内垣彦命(カノウ)」の動きを危惧した「サソウ」は、二人の父の王(饒速日尊)に弟「内垣彦命(カノウ)」の悪業をつげた。
 そのため、弟「内垣彦命(カノウ)」は失脚することになり、腹をたてた「内垣彦命(カノウ)」は、弟分の舎弟に「サソウ」の暗殺を命じた。
 こうして、仲の良かった二人の兄弟の仲は切り裂かれていった。

8月12日(月)、伊勢神宮内宮お白石持ち行事の最終日

雲名梯神社(うなで)〜現・河俣神社 

 伊勢神宮内宮お白石持ち行事の最終日。
 新しい社殿の敷地に白石を敷き詰める御白石持行事が最終日を迎え、地元皇学館大の学生や教員ら約800人が参加した。

内宮お白石持ち行事の最終日

雲名梯神社(うなで)〜現・河俣神社をホームページにアップ。
 これもまたすさまじい因縁だ。
 こういう因縁があるからこそ、住吉大社(大阪市住吉区)には畝傍山口神社境内における埴取の神事の前に、その祭祀を行う者は雲名梯神社(うなで)〜現・河俣神社で装束を整えることが恒例となっており、そのことから「装束の宮」と俗称されるのだろう。

○ 荒深道斉プロフィール。

 戸籍名は、荒深道太郎。
 岐阜県。明治4年6月27日生まれ。
 明治28年9月東京日比谷神宮教校卆。明治29年東京瓦斯紡績株式会社入社。
 その後、各地区の紡績会社の指導を行う。
 昭和3年病気により、会社を引退。
 昭和3年以降神霊科学の研究とともに各地を旅行し、1万年以前の巨石文化の遺跡を探索する。
 霊的な目覚めは、大正13年6月神憑式を行った時「イワイヌシ」と零名を発してからで、その後、神武天皇の時の道臣や道ひらきに係わる神々の指導(自動書記、さにわ等)を受け、古事記の解釈や人としてふみ行うべき道はなにかなど数々の指導書を発行される。
 霊素発揮(たまたねおこし)に、霊的目覚めの状況を日誌として残されている。

 昭和24年3月2日、79歳にて神避られる。

 神武太平記(道臣命在世記)は、その著者である荒深道斉(あらふかみちなり)氏が神武天皇時代の大臣であった道臣命(みちのおみのみこと)の憑霊によって昭和3年(1928)8月8日より同年10月20日までに自動書記したと記しています。

8月13日(火)、道臣命の勉強会

道臣命の試聴中に再び羽曳野市との共時性現象か

 8月7日(水)にお会いした道臣命に由来する人物と8月9日(金)に新宿のホテルでバッタリと会ってから、道臣命の勉強を始めた。
 8月13日(火)は12時に時間を取ってもらって、道臣命の勉強会にしてもらった。
 知的関心を呼び起こされる。
 結論から言えば、 櫛甕玉命(くしみかたま)の伝える『秀真伝(ほつまつたゑ)』と道臣命の霊言である『神武太平記』が不一致であってはいけないということだ。
 道臣命も櫛甕玉命(くしみかたま)も神武天皇の両翼をなすのだ。

○ 大阪の羽曳野市の方から「前向きに話を進めたい」と連絡があったらしい。

 8月7日(水)の午前に、「大阪の羽曳野市と泉佐野市からのお二人(2)の物語」があり、そして、午後には渋谷で道臣命と会っていた。

 これは、道臣命が引き起こす共時性現象とみてもいいものだ。

○ 自宅に帰ってこの話を女房にすると、
「ご神前に置いておいた御祈祷の封を片付けたからかしら」
 ということであった。
 とすると「スーパームーンソルト」の効果も計り知れないということになる。

8月14日(水)、道臣命の御祈祷

 8月8日(木)の「御祈祷」についで、道臣命に対する「御祈祷」。
 祝詞の奏上を終えると、2羽のカラスがベランダの手すりの留まるかのように飛んできて、マンション屋上に降り立ったかのようだった。
 道臣命とカラスは相性がいいのだ。

○ 祝詞の奏上を終えてから、頭全体が重くて痛い。

 3,000年の「この世」の垢が道臣命にも溜まっていると理解したが、神武天皇の時に活躍された道臣命でさえご苦労されている。
 他を推して知るべし。

8月15日(木)、68回目の終戦記念日、羽曳野市のの日本武尊陵をアップ

福知山の由良川河川敷の花火大会でプロパンが爆発、60名が怪我

 68回目の終戦記念日。
 なんとなく『ひふみ神示』のことを考えていた。
『ひふみ神示』は、昭和19(1944)年6月10日(土)に天明が麻賀多神社(台方)に参拝した時から自動書記が開始した。
 ということは、来年の平成26(2014)年6月10日(火)が『ひふみ神示』が降ろされて70年を迎えることになる。

 今年の課題をクリアできると、次の記述が当てはまってくるのではないか。

 『ひふみ神示』第九巻 キの巻

 第十二帖 (二六九)
 みぐるしき霊(たま)には みぐるしきもの写るぞ、それが病の元ぞ、みぐるしき者に、みぐるしきタマあたるぞ、それで早う洗濯掃除と申してくどう気付けておいたのぞ。  神のためしもあるなれど、所々にみせしめしてあるぞ、早う改心して呉れよ、それが天地への孝行であるぞ、てんし様への忠義であるぞ、鎮魂(ミタマシズメ)には神示読みて聞かせよ、三回、五回、七回、三十回、五十回、七十回で始めはよいぞ、それで判らぬ様なれば お出直しで御座る。
 三月十五日、ひつぐの神。

羽曳野市の日本武尊陵(平成23年8月15日に参拝)のアップ。

○ 9月21日(土)、東京チラシの発注。
 8月20日(火)に私の手元につく。

○ 福知山市の由良川河川敷の花火大会でプロパンが爆発、60名が怪我。

 15日午後7時半ごろ、京都府福知山市の中心部にある河川敷で開かれた花火大会の会場で爆発がありました。
 消防などによりますと、この事故で、会場にいた60人がけがをして病院に運ばれ、このうち、10歳の男の子など5人が、やけどの症状が重いということです。
 露店のプロパンガスに引火した可能性もあるとみて現場の状況を調べています。


大きな地図で見る

8月16日(金)、神武天皇の6ヶ所の顕彰碑の整理、大阪チラシの発注

 大阪市の難波之碕(なにはのみさき)顕彰碑(平成23年8月14日に参拝)
 東大阪市の盾津(たてつ)顕彰碑(平成23年8月14日に参拝)
 東大阪市の孔舎衛坂(くさえのさか)顕彰碑(平成23年8月14日に参拝)
 桜井市の磐余邑(いわれのむら)顕彰碑(平成23年8月16日に参拝)
 桜井市の鳥見山中霊畤顕彰碑(とみのやまのなかのまつりのには)(平成23年8月16日に参拝)
 宇陀市の鳥見山中霊畤顕彰碑(とみのやまのなかのまつりのには)(平成23年8月17日に参拝)

10月6日(日)大阪チラシの発注。

 8月21日(水)に大阪に到着予定。

8月17日(土)、外宮でも「御白石持ち行事」が始まった

ゼロ磁場クッション

 伊勢神宮外宮でも8月17日(土)から、新しい正殿が建つ敷地に白石を敷き詰める「御白石持行事」が始まった。
 9月1日(日)までつづく。
 内宮、外宮とも正殿は普段、板垣越しにしか見られないが、この行事に限って一般の市民が完成間近の正殿に近づくことができる。
 初日は、地元住民らで構成する10奉献団の約7400人が、外宮近くを流れる勢田川の小田橋から外宮前までの約2・1キロを、白石を積んだ奉献車を引きながら進み、正殿へ奉献に向かう。

完成間近の正殿

完成間近の正殿の奉仕する奉献団

完成間近の正殿    完成間近の正殿

 丘曳きの初日は8月23日(金)から。

○ ゼロ磁場クッションの調べもの。
 第一チャクラ(尾てい骨)。
 第二チャクラ(仙骨)。
 ゼロ磁場クッションはチャクラに刺激を与える。

8月18日(日)、夢「壊れたお墓の奥に少し広めの石場があり、そこで・・」

起きると、女神が北に向けて矢を放った

 朝の夢。
 右手に大きな地震で崩れた墓石の一群があった。
 表に出ている墓石は私のご先祖のものだと認められた。
 私は、私のご先祖の墓石に右手をかけて、11時の方向にある少し広めの石場に行った。
 そこで、黒の服をまとった「よく知った女」がいた。
 私に神示を伝えてくれた人物に似ている。
 私はその「女」を捕まえ、そして交わった。
 するとその「女」は、黒の衣服から抜け出していった。
 黒の衣服は波打ちながら石場の北の方に広がっていった。

 昨日整理した第一チャクラと第二チャクラに関わる夢だろうか?

○ 目を覚まして、キッチンに行くと私の胸に女神が重なって、北の方角に弓矢を放った。

8月19日(月)、2回目の試聴

 7月29日(月)に会った方が、8月5日(月)に続いて2回目の試聴。

8月20日(火)、鳥海山の人、しっぽのある猫のような猿のような人種

黄泉国のことを調査してきた人物

 7月25日(木)、『祝詞集』のご縁で神奈川の方と。
 7月31日(水)、『祝詞集』のご縁の方が五反田へ。
 8月20日(火)が2回目の五反田。

○ その後、有楽町へ。

 梨本宮記念財団に関わっているWさんを紹介してもらう。
 私も羽黒の出なので、極めて身近に感じる。
 南米(ブラジルやペルー)の地底国(シャンバラ)探検の物語で、ご本人は
「地底国というのは黄泉国なのではないか?」
 と直感していたということだった。

1995年7月28日(金)夜とから1995年8月3日(木)午後の物語。

 1995年7月28日(金)夜、岩戸は人の心の奥底に秘められている。
 微妙な弱電の持ち主と話し合ってみることにしました。
 その方の話された事は次のような内容でした。
「私はアマテラスに会わなければいけない。
 私がアマテラスに会わなければ、アマテラスは岩戸の中から出ることができないのだ。
 始めは戸隠にいるだろうと思っていたが、戸隠は地層がずれてしまっていて、以前のものではなくなってしまっていた。。
 さあ大変、時間がないのだ、いろんなところに行ったがアマテラスに会う算段がとれないのだ。」
 私はその方に次のように告げました、
「この度の岩戸は聖地にはないんだよ。人間の心の奥底に秘められていて、人間の心の奥底から入るしかないんだよ」
 その方は、
「おお、かたじけない」
 といってその場を離れていきます。

 1995年8月3日(木)午後、あの方はアマテラスに会えたのか・・

 8月に入って、どうもその方が「アマテラス」にあったという実感が伝わってこない。
 どうも落ち着かないのです。また何かきていそうなものを感じます。
「あの方にお会いされましたか」
 と訊ねると、
「スサノオは私の気持ちをわかっていません、私がスサノオに会うのには条件があるのです、スサノオが黄泉国のことを調べて報告してくれるのでなければ会うことができないのです」
「私が伝えてあげましょうか」
「それには及びません」
「あなたはこれからどこにおられますか?」
「あなたがたとともにいます」

 この会話が日本神話に取り組みキッカケだった。

 今日の話を聞いているうちに、「黄泉国」のことを調べてきた人物がいて、その報告を聞いている雰囲気になってきた。

 ということは、天照大神が素戔嗚命の会う段取りが整ったということでもある。

 18年経てスゴイことだ。

8月21日(水)、伊勢神宮外宮のお白石持ち行事に向けての準備

 9月21日(土)のチラシの発送。

 伊勢神宮外宮のお白石持ち行事に向けての準備。

○ 夜、伊勢神宮へ。

8月22日(木)、お塩の奉納、都さんと打ち合わせ

 伊勢神宮の内宮と外宮にお塩の奉納。

○ 東横イン松阪で神戸の都さんと待ち合わせ。

 新名神高速道路の信楽IC(滋賀県)で車が炎上する事故のため、高速道路を利用しないで松阪市にやって来られたのだという。

8月23日(金)、外宮のお白石持ち行事

 外宮のお白石持ち行事>外宮のお白石持ち行事。
 綱を曳いていると込み上げてくるものがあった。
 平成7(1995)年から必死に歩んできた大きな区切りがついた気がする。

8月24日(土)、島根県「最大級の警報」

夢「宮司さんが外宮の入り口で笛を吹く」「軍隊」

練馬区のべジフルセンターのお祭りで「2匹の鯉(こい)」

心の神様「天照皇大御神様降臨」

 島根県(江津市・浜田市が中心)では、
「先月7月28日(日)の豪雨に匹敵する大雨になっている、
 50年に一度の雨量。」
 という警報が発せられている。
 この雨は、 西日本にも警戒が呼びかけられている。

 江津市・浜田市は三瓶山のある太田市の南側の場所だ。

 三瓶山は国引きの「綱」を掛けてある要所の場所だ。

(※)先月の7月28日(日)とは、伊勢神宮内宮の「お白石持ち行事」だったし、前日の8月23日(金)とは、伊勢神宮外宮の「お白石持ち行事」だった。
 伊勢神宮のお白石持ち行事に呼応して天気が変動しているということだ。

○ 疲れて横になっているときのいろんな夢。

 伊勢神宮外宮の入り口で宮司さんが横笛を吹いている夢。
 笛を吹いている夢というのは、豊受の大神からの新たな「音」がやってくるということだ。

○ 陸軍と海軍の夢。

 時が来たとして、私の体の軍舎から陸軍の将兵たちが出動した。
 将兵たちはネズミ色のツバ帽子をかぶり、ネズミ色の服装を着ている。
 また、私の体の艦船から潜水服をまとった女性の兵士たちが海中に潜っていった。
 戦いへの準備が整えられていくようだ。

○ 練馬区のべジフルセンターのお祭りで「2匹の鯉」を買ってきた光宮(みや)。

 光宮(みや)は金魚のつもりで買ってきたようだが、どうみても鯉(コイ)だ。
 平成17(2005)年10月10日(月)、心の神様から、
「鯉(こい)はひとのみかわ(人の甕)。」
 と告げられている。

○ 心の神様のお言葉。

「天照皇大御神様、降臨!」
「はまじま、GO!」
「あめのおしほみみのみこと、つながった」

○ 心の神様が「ある人物」に話しかけていた。

「ハメラレタ」
「かわいそうだね」
「神様の意思に沿ったの?」
 ・・鳥海の方だろうか?

8月25日(日)、泥が浮き上がって白金の層が現れる

 昼の夢。
 9時から7時の方角にある泥の層から、ドジョウのようなものが直角に浮き上がっていく。
 次、おびただしく線状のものが勢いよく浮き上がって行った。
 泥が跳ねのけられた結果、白金の層が現れてきた。
 白金の層は、金庫の扉になっているらしい。
 私はその大きな金庫に入り、必要な分だけを取ることを許された。

 御神意は「夢の通り」と出る。

8月26日(月)、内宮と外宮のお札を届けに

 内宮と外宮のお札を届けに。

8月27日(火)、朝の参拝「紺装束の宮司さんが鼓をうつ」

タイに出張に行かれる読者のKOGAさん

 朝の参拝。
「紺装束の宮司さんが鼓をうつ」映像が現れる。
 この宮司さんは私の胸に留まっていた。

○ タイに出張に行かれる読者のKOGAさんと初めて五反田で会う。

 こういう関係って劇的なんだろうと思う。

8月28日(水)、内宮で白装束の宮司さん

大阪と神戸の方とで先生と打ち合わせ

 朝の白日夢。
 内宮で白装束の宮司さんが、待っている。
 御正殿の方から、私に向けて何かが届けられそうな雰囲気になっている。
 何らかの御神意がもたらされるのだろう。

○ 大阪と神戸の方と9時30分に、五反田で待ち合わせ。

 待ち合わせ場所に行くとき、私を救急車が追い抜いて行った。

 私にとっては気になる光景だ。

 お二人を置いて、ジョナサンに行き、またUさんと14時に戻った。
 すると、警察車両2台・消防車1台・救急車1台がいた。
 この場面も私にとっては気になる場面だ。

8月29日(木)、鳥海の人が五反田へ

 鳥海の人が五反田へ。
 8月20日(火)に『祝詞集』のTさんが2回目の試聴の時にお会いした方だ。
 話は面白い。

8月30日(金)、設置の調整

 設置日の調整。
 9月9日(月)に設置。

8月31日(土)、お白石持ち行事の写真発送準備、「ローン」提携の相談

 お白石持ち行事の写真発送準備。

7月25日(木)にお会いした烏窓さんへの相談。

 現状の課題は、ローン付できるかどうか。
 ローン付で売り上げ規模が決まってくる。

9月1日(日)、ジョイフルホンダにいるとき先生から電話

外宮のお白石持ち行事の終了、お白石持ち行事の写真発送

8月の反省会

 ジョイフルホンダにいるとき先生から電話があった。
 「大阪」の進め方の確認の要点。

(1)「患者の会」に入れること。

  → 中国とアメリカの連携があるという「NGO」の性格からくること。
(2)「音響免疫療法」という言葉。
(3)音楽の「響き」という言い方。
(4)音響免疫療法で「40℃」に上がる点が認められたという点。

○ 外宮のお白石持ち行事の終了。

 これで、7月26日(金)から始まったお白石持ち行事の全てが終わった。
 今後の予定は次の通り。

(1)御戸祭(みとさい)

 新殿に御扉を取り付ける祭儀。御扉が付くことは殿外造作の完了を意味します。
 建物の神である 屋船大神 ( やふねのおおかみ ) をまつり、御扉に 御鑰 ( みかぎ ) の穴を穿(うが)ちます。
 平成25年9月13日皇大神宮、平成25年9月15日豊受大神宮にて行われます。

(2)御船代奉納式(みふなしろほうのうしき)

 御神体の鎮まる「 御船代 ( みふなしろ ) 」を殿内に奉納します。
 平成25年9月17日皇大神宮、平成25年9月19日豊受大神宮にて行われます。

(3)洗清(あらいきよめ)

 新殿竣功にあたり殿内を洗い清めます。
 平成25年9月24日皇大神宮、平成25年9月6日豊受大神宮にて行われます。

(4)心御柱奉建(しんのみはしらほうけん)

 心御柱 ( しんのみはしら ) は 正殿 ( しょうでん ) の御床下に建てられる特別な御柱で、忌柱 ( いみばしら ) ・ 天ノ御柱 ( あめのみはしら ) ・天ノ御量柱 ( あめのみはかりのはしら ) とも呼ばれます。
 心御柱の奉建は遷宮諸祭の中でもひときわ重んじられてきた深夜の秘事です。
 平成25年9月25日皇大神宮、平成25年9月27日豊受大神宮にて行われます。

(5)杵築祭(こつきさい)

 新殿竣功に際し、御敷地である 大宮地 ( おおみやどころ ) を 撞 ( つ ) き固める祭儀です。祭儀に先立ち、 五丈殿 ( ごじょうでん ) で 饗膳 ( きょうぜん ) の儀を行い、新殿の周りを巡り御柱の根本を古歌を唱えながら白杖で撞き固めます。
  天皇陛下の御治定を賜り、平成25年9月28日皇大神宮、平成25年9月29日豊受大神宮にて斎行されます。

(6)後鎮祭(ごちんさい)

 新殿の竣功に際し、 大宮地 ( おおみやどころ ) の平安を祈ります。
 天皇陛下の御治定を賜り、平成25年10月1日皇大神宮、平成25年10月4日豊受大神宮にて斎行されます。

(7)御装束神宝読合(おんしょうぞくしんぽうとくごう)

 天皇陛下より大御神に献ぜられる 御装束神宝 ( おんしょうぞくしんぽう ) の式目を 新宮 ( にいみや ) の四丈殿 ( よじょうでん ) において読み合わせる儀式です。
 御装束は大御神の御召し物や殿内の装飾の御料、神宝は威儀物で遷宮毎に古式通り新調し奉納されます。
 平成25年10月1日皇大神宮、平成25年10月4日豊受大神宮にて行われます。

(8)川原大祓(かわらおおはらい)

「 仮御樋代 ( かりみひしろ ) 」・「 仮御船代 ( かりみふなしろ ) 」や御装束神宝をはじめ、 遷御 ( せんぎょ ) に奉仕する 神宮祭主 ( じんぐうさいしゅ ) 以下の奉仕員を「川原 祓所 ( はらいしょ ) 」で祓い清めます。
 平成25年10月1日皇大神宮、平成25年10月4日豊受大神宮にて行われます。

7月25日(木)にお会いした方と8月の反省会。

 とても長い期間のお付き合いだったような気がする。

9月2日(月)、埼玉、千葉両県で発生した竜巻被害が発生、設置の勉強会

   2013年9月2日(月)午後、埼玉、千葉両県で発生した竜巻被害が発生した。
 レーダーには午後1時35分から発達する前の積乱雲が観測され始め、わずか約25分ほどでスーパーセルへと成長。
 20キロ四方に広がり、「通常の積乱雲より巨大」(気象庁担当者)だったという。

○ 初めての設置の勉強会。

 御札立ての注文が3人から。
 こういう現れがバックアップをしてくれている。

9月3日(火)、新潟県と江東区から来客

 新潟県と江東区から来客。

9月4日(水)、鳥島近海を震源とする地震、都さんと烏窓さん

女房のお昼「ついに2人の衝突」、午後はFXの方

栃木県で4日、竜巻とみられる突風が発生

 9月4日(水)午前9時19分頃、鳥島近海を震源とする地震があり、宮城、福島、茨城、栃木、埼玉、千葉、神奈川の各県で震度4を観測した。
→ http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/
 鳥島近海を震源とする地震で記憶に残るのは、2012年1月1日(日)の地震だ。

 この地震の時、ちょうど都さんと話している時間だった。

 内容は、
「 ソマさんが9月26日(木)の午後3時に東京に来られる 」
 という内容だった。
 午後3時だと、時間が折り合わないので、飛行機の便を早めてもらうように依頼。
 しかも、烏窓さんから伝言メッセージが午前9時20分にあった。

 ちょうど都さんと話している時間だった。

○ 11時はFXの方。
「小さな成功事例をどうやって積み上げていくのか」

 が大きなテーマだろう。

○ 栃木県で4日、竜巻とみられる突風が発生し、鹿沼市や矢板市などで3人が軽傷を負い、143棟が損壊した。

○ 女房はお昼、ついに2人の衝突が始まった。

 2人とも帰ってしまったのだという。
 来るべき時が来たという感じだろう。
 その結果は9月6日(金)に示された。

9月5日(木)、杣社長の時間の変更、9月8日、リースするさいの会社謄本

図書館カフェで待ち合わせ、ブレスレットの糸が切れる

鍵山秀三郎氏の講演会

「 ソマさんが9月26日(木)の午前11時に東京 」
 ということで杣社長の時間の変更の完了。

9月8日(日)の件の確認の電話。

○ リースするさいの会社謄本の話。

○ 鍵山秀三郎氏の「掃除道」の講演会にいくために、図書館カフェで待ち合わせた。
 その場に出雲大社に行ってきたという鹿島神宮に住んでいる女の子が「縁結び」という菓子をお土産としてもってこられた。
 「縁結び」という菓子が来るというのは、いいタイミングだと思った。
 彼女も我々の会話に入って来た。

 3名で後楽園に向かっている途中、鹿島神宮に住んでいる女の子の話題になった。

「スピリチュアルをカジルとあんな感じが多くなる」
 と手を振り上げるとTさんのブレスレットの糸が切れ、石があちこちに散乱してしまった。
 集められるだけ集めたのだが、大き目の透明な石が見つからなかった。

 石を結んでいるものが切れた。

 縁が結ばれるが、これまで束ねていた糸が切れてしまう、ということらしい。

○ 今日の講演会のお手伝いをされている方のご主人に会う。

9月6日(金)、髪の毛が抜ける夢、女房の職場の顛末

 朝起きる時の夢。
 昨日の9月5日(木)に図書館カフェにいる延長だろうか?
 私は昨日来たブレザーを羽織っている。
 すると、私の髪の毛が前の方から後ろの方に向けて一筋の川のようになって抜けていった。
 夢を見ながら、
「こういう夢って凶夢だな」
 と思っている自分がいる。

○ 実際に何があったか?

 私の方では、9月8日(日)の件は中止になった。
 お一人は友人の自宅でできるということになった。
 平塚の方は、講演会への呼び込みということになった。

 大阪からも電話があった。

 込み入った話になると私のレベルでは処理できなくなるような話だ。

○ 女房の職場では、9月4日(水)の騒動を起こした方が「解雇」ということになった。

 騒動を受けた方は
「人と関わるのが怖い」
 ということで、診療には関わらないということになった。
 もう一人いるのだが、新しい人との関わりをみて、その振る舞いをみて決断することになった。

 つまり、石(医師)を結んでいる「古い糸」が切れたといっていいのだ。

【頭がハゲた夢 と 後日談】〜私の見た夢と同質だと思う〜 ネットから

 Aさん(男性 45歳)の話。
 夢で、頭の前から後ろまで、侍のちょんまげ頭から ちょんまげを取ったようなハゲ(完全ではないがかなり薄く)になった夢をみて、焦ったそうです。
 ちなみに彼は、ハゲてはいない人です。
 Aさんは食品会社の経営者で、5人の社員で仕事がめいっぱいだった所、同時期に2人辞めてしまって、もう仕事がてんてこ舞い。
 何とか至急に募集し 半月目にようやく1人決定。
 それで取り敢えずの仕事は何とか出来る・・と、ホッと一安心していた所でした。

 そんな矢先に見た夢が、上記の夢。

 それで、その夢を見た後どうなったか。
 その夢を見た日の午後の事。
 社員に来る事が決まっていた人が、急に別の所へ就職する事にした、という連絡をして来たと言うのです。
 それで、またゼロからの募集に。Aさん 辛そうでした。

 ハゲる夢は凶夢で 大変です。

 頭がハゲた夢・・・
 仕事上の計画の頓挫や、周囲に面倒な問題が持ち上がるなど、苦労する夢。
 という事で皆さん、ハゲの夢を見たなら、計画に邪魔が入ることを警戒しましょう。

9月7日(土)、大きな建物の最上階の大広間にある大扉を開けようとしている夢

 朝起きる時の夢。
 私はある建物の最上階の大広間に入った。
 そして最上階の大広間の東側の大扉を開こうとしている。
 大扉を開けば、最上階の大広間は滑走路のような働きをするため、いろんなところからいろんな者たちがやってくることができるようになる。

 昨日見た夢の流れでいったら、こういう現れがあるということだろう。

○ 新宿で美容院を経営されている方のお話(Tさん)。
 → 9月10日(火)にお会いすることになった。

 大泉のSさんの申込み。

9月8日(日)、第32回オリンピックは東京で開催決定

医療広告の件で福岡県直方市の新設眼科

伊勢市の冨安宮司から撤饌、「九月八日のこの仕組み」

 日本時間平成25(2013)年9月8日(アルゼンチン時間9月7日)、第125次IOC総会で、第32回オリンピック競技大会は東京で開催することが決まった。
 平成32(2020)年7月24日(金)平成32(2020)年8月9日(日)まで、パラリンピックは平成32(2020)年8月25日(火)平成32(2020)年9月6日(日)まで行う計画だ。
 第125次IOC総会とは、平成25(2013)年9月6日から9月10日までアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれる国際オリンピック委員会総会である。
 決戦投票で日本は60対36でイスタンブールを大差で勝利した。
 ちなみに第31回オリンピックは、2016年8月5日から8月21日までブラジルのリオデジャネイロで開催される。

 今年の流れでいったら、ブラジルというのは黄泉国だ。

 渡邊さんは、
「ブラジルの地底国(黄泉国)開きは終わったので、残り半分の地底国(黄泉国)開きは日本で行ってくれ」
 という要請を受けていた。
 こういう流れで見ると、ブラジルで第31回オリンピックが開催され、ついで第32回オリンピックが東京で開催されるのも深い意味があるようだ。

○ 医療広告で件で福岡県直方市の新設眼科の方から問い合わせ。

 1年半前の医療広告の成果だ。
 9月8日(日)に問い合わせがあるのも面白い。

○ 酒田の京子からも電話があった。

 これも9月8日(日)に問い合わせがあるのが面白い。

○ 『ひふみ神示』の「九月八日のこの仕組み」の記述

「青葉の巻」第二十帖
 世界の愈々のメグリが出て来るのはこれからであるぞ、
 九月八日の九の仕組近付いたぞ。

「黒鉄の巻」第三十八帖

 めでたさの九月八日の九のしぐみ、とけて流れて世界一つぢゃ。

9月9日(月)、豪徳寺に設置

 豪徳寺に設置。
 必ず新しい動きを作り出してみせる。

9月10日(火)、伊那に会う、中野サンプラザでお塩の講演会

新宿でクリニックを経営されている方に会う

 中野サンプラザのお塩の講演会に向かう途中で、伊那に会った。
 風邪でダウンしてしまったのだという。
 どういう吹き回しだろうか?

○ 新宿でクリニックを経営されている方に会う。

 9月7日(土)、大きな建物の最上階の大広間にある大扉を開けようとしている夢を見た日に聞いた方だ。

 ここに、ブラジルも同席することになった。

 さらに、そこに烏窓から電話があった。
 今日はいろんなことが重なった。

9月11日(水)、ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が55号

マリアナ近海にウロウロした熱帯低気圧がある

品川法務局に会社謄本を上げにいく

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が、9月11日(水)の試合で55号を打ち、昭和39(1964)年9月23日に達成された王貞治選手、2001年のタフィー・ローズ選手、2002年のアレックス・カブレラ選手の記録に並んだ。

 バレンティン選手はカリブ海のオランダ領キュラソー島出身の29歳。

9月11日(水)ごろから、マリアナ近海で熱帯低気圧がウロウロしており、いつ台風になるのか、注目されている。
 この熱帯低気圧が2013年9月13日(金)朝の3時、小笠原諸島の南東海上で台風18号として発生した。
 台風18号は、9月16日(月)7時51分に愛知県豊橋市に上陸した。

○ 品川法務局に会社謄本を上げにいく。

9月12日(木)、山形の解体の見積もりと売却依頼

烏窓に資料、そして勉強会

五反田で3時間の試聴、FXの方から組合の提案

 山川不動産の奥山さんに山形の解体の見積もりと売却依頼。
 社長の奥山さんは病院に2週間から3週間入院しているという。
 退院後に動かれるということであった。
(※)9月28日(土)に退院されてすぐに動かれてくれた。

 山形の解体に向けて、実際に動き始めた。

○ 午前中は烏窓に資料を渡して、そして勉強会にしてもらった。

○ 午後は、五反田で3時間の試聴。

 今回は心臓に効いた。
 心臓から丸まった帯状のモノがたくさんほどけていく。
 田舎のことで動き始めたからだろうか?

○ FXをやってらっしゃた方から「組合」の提案があった。

9月13日(金)、朝の3時、小笠原諸島の南東海上で台風18号発生

山形の売却の依頼と解体の見積もり依頼

アルファード、13万9000キロで終了、鯰さんから電話があった

銀座で食事会「9月23日は次元上昇」

弟との会話「弟よ、私に力を貸せ」

「赤い法衣の坊さん」と「大日如来」

 2013年9月13日(金)朝の3時、小笠原諸島の南東海上で台風18号が発生した。
 この台風は2日ほど前の9月11日(水)ごろから、マリアナ近海で熱帯低気圧としてウロウロしており、いつ台風になるのか、注目されていた。
 マリアナ近海は海水温が高い海域であり、しかも日本付近に やってくる強い台風は、この海域で発生したり、成長することがよくあるらしい。
( 有名なのは1959年(昭和34年)9月26日に潮岬に上陸した伊勢湾台風
 したがって、この海域の事を、昔の予報官は「台風のエリート養成所」などと言って、注意喚起を呼びかけたりしているという。

 9月16日(月) 7時51分に愛知県豊橋市に上陸。

○ 山形の売却の依頼と解体の見積もり依頼。
 不動産屋さんの社長は2週間入院しているということだったので、退院してから動かせていただく、ということだった。

 これで下準備は終わった。

大宮氷川神社でアルファードのお祓い平成16(2004)年9月18日(土)に納車されたアルファードが13万9000キロで終了。
 9年間の長い神事を支えてくれたとても思い出に残る車両になった。

○ 鯰さんから電話があった。

「倭姫の命の元伊勢の話」
「発明の規模をどの程度とみるか」
 驚きと畏れと不安に駆られるのだろう。

7月22日(月)に銀座であったメンバーと食事会。

 豪徳寺の方のサロン展開を支える方向のお話。
 神戸のDさんが言った。
9月23日(月)の秋分の日は次の層の次元上昇だという話だよ」

○ 弟との会話。

 弟・成田守(18歳5か月)は昭和35(1960)年7月8日に生まれ昭和53(1978)年12月8日(金)午後4時に死亡した。
 亡くなってから、今年で35年経つことになる。

 私は弟と仲が良いと思っていた。

 弟は小学校3年生のとき、川に流されて溺れかかっている。
 小学校5年生のとき、スキーで遊んでいる時、スキー板が操作不能になって、両足を開いて電信柱に突っ込もうとした。
 最後は18歳の時だ。
 試験を終えて休んでいる時、友人がやってきて、友達と一緒にドライブに行った。
 雨の中のドライブで、トラック下に突っ込んでいったのだ。
 ドライバーの友人はかすり傷だけで、弟の守だけが亡くなった。

 幼いころからの流れからいったら、短命に終わる流れだったようだ。

 ところが、5月14日(火)に母が亡くなり実家に帰ってみると、思わぬ事態になっていった。
 5月20日(月)に山形の実家の掃除をしている時、1階の茶の間と座敷のフスマ戸を外した。
 最後に欄干にかかっている絵や賞状を降ろし、下に置いた。
 祖父、祖母、青森の伯母と遺影を直した。

 次の弟の遺影に手をかけたとき、

「お前だけがいい気なものだ」
 と弟が私にいう。
 強烈な気配が私を襲ってくる。

 弟のこの言葉で全てを悟った。

 前日の5月19日(日)、お寺から帰ってきてから、2階の弟の部屋の掃除になった。
 2階については、弟が亡くなってからズっと気になっていた部屋だ。
 弟と私が育った2階を整理しなければならないと、以前から思っていた。
 意を決して、2階にある布団を1階に降ろし始めた。
 途中から母が私に指示を出してくる。
「これも降ろせ」
「オメのものは降ろすな」
「これはこうしておけ」
 そういう指示であった。
 弟の「気」が入っているものは全て下に降ろすようにという指示であった。
「これはオメには関係ない話だ」

 2階にある布団を下ろし終えたところで、天之大神から声をかけられた。

「いまでも弟のことを思うておるか」
 と。
 私は、
「はい」
 と答えた。
「それならよいのじゃ」
 ということであった。

 光と音が結びついて人霊のいるこの世ができる。

 光と音が分離し、この世から離れるのだが、光と音の結び目の「糊代」の部分の「ノリ」が酸化し、強固な錆び状になってしまい、弟の光と音の分離を妨げてしまっているようだ。
 私の「弟と共に生きたかった」という私の願いと、弟の「私と共に肩を並べて歩きたかった」という弟の願いを利用して、弟の光と音に結び目の錆び状の酸化物質が光と音の結びを解けないようにしているのだと思う。
 万象のツマヅキの源はどこか、と日本全国を探し回った結果、山形の自宅に土地のなかに、光と音の結び目の錆び状の酸化物質が沈殿し、隠れていたのだ。
 逆に、天之大神の差配で、山形の自宅に集められるようになっていたという表現が正確かもしれない。

 ここまで判ってしまったのだから、弟よ、私に力を貸せ!

 平成22(2010)年1月2日(金)の出来事

 平成22(2010)年1月2日(金)に山形の簡保の宿酒田に宿泊して、東京に帰るとき、仏壇に手を合わせたのだが、その時、ハッキリと仏壇に大日如来像をみた。

 どういう脈絡で大日如来像が実家の仏壇から浮き出てくるのだろうか?

 今まで客間の下に見えていた、赤茶の法衣を着た生き成仏の坊さんの姿は消えたような気がする。
 変わって、短剣が突き刺さっているようにも見えてくる。

 平成22(2010)年1月5日起きてから伺いをたてた。

大日如来・・」
 だという。

 どういう脈絡で大日如来像が実家の仏壇から浮き出てくるのだろうか?

 昨年突き止めたところでは、大日如来とは太陽仮面であったはずだ。
 平成21(2009)年3月6日(金曜日)にみた仮面をキッカケにして平成21(2009)年3月8日(日曜日)に大日如来については考察し、決着がついた問題だと思っていた。
 その大日如来が何故実家の仏壇に現れてくるのか?
 大日如来については、私が考えている以上の物語があったのかもしれない。

 上の引用の「赤茶の法衣」を着た生き成仏の「坊さん」が酸化物質だ。

 今年先生に関わって、体内の鉄サビが全ての病気の元であると知った。
 鉄サビは「赤茶」で象徴される。
 「赤茶」の酸化物質が酸化物質であることを隠すために、大日如来を造りだしたのだ。
 大日如来の本源地は山形の実家なのかも知れない。

 光と音に結び目錆び状の酸化物質が沈殿し、山形の実家に隠れていたのだ。

 これですべてが氷解した。

 ここまで判ったのだから、弟よ、私に力を貸せ!

 神々の祈りの声がする。

「天照皇大御神の御前に、そなたたちに降りかかるいっさいの災いを取り除き、幸運をもたらすように祈る。」

○ 2013年9月13日 20:01 福岡県直方市の方から医療広告の問い合わせ。

 前回は、2013年9月8日(日) 7:37 にQRコードについての問い合わせだった。
 2013年9月8日(日)というのは、第32回オリンピックが東京で開催決定した日であるし、伊勢市の冨安宮司から撤饌を頂戴した日でもある。

9月14日(土)、福岡県直方市の方から医療広告での相談

池袋で打ち合わせ、お隣とレジで並ぶ女房

ベストワンプロ「灰色の鴉(からす)」から出演依頼

心の神様「弟のことは見守るしかないね」

 昨日メールがあった福岡県直方市の眼科医の方から医療広告についての質問。
 2013年9月8日(日) 7:37 についで2回目だ。

○ 池袋で打ち合わせ。

○ お隣とレジで並ぶ女房。
 お隣に「いなり寿司」。

○ ベストワンプロから美穂と光宮(みや)に出演依頼。

 「灰色の鴉(からす)」(2014年公開)という映画にチョイ役で参加。
 9月23日(日)の秋分の日にキャンプ場での撮影になった。
 そういえば、昨日、神戸のDさん、
9月23日(月)の秋分の日は次の層の次元上昇だという話だよ」
 と言っていたっけ。

 烏窓の動きの予告にもなっているか?

○ 昨日の9月13日(金)に弟に協力を要請したのだが、徐々に協力し始めてくれているような気がする。

 弟の協力がなければ、このタイミングで山形からは電話がないと思う。

 烏は山形でもある。
 心の神様は
「見守るしかないね」
 とのことだった。

9月15日(日)、今度の土曜日の時間が違うってどういうことよ

タイに出張されている方からメール

「オペラの下田」と「太陽を建設する55」に小冊子を発送

ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手、王貞治の55号を超える

 昨日メールを頂戴したオペラ歌手の方へ小冊子の発送。
 準備を進めているうちに、「太陽を建設する55」の方にも発送しようと思った。

8月27日(火)に五反田で会った方からメールあり。

 タイでの生活が落ち着いてのメールだった。
 この方のために、方位磁石の十字架現象の解説を試みた。
 → http://www.tukinohikari.jp/mag/20130916-kokoro/index.html

 タイ(鯛)とは「国体」につながる。

○ 昭和39(1964)年9月23日に達成された巨人・王貞治の55号ホームランが破られる。

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が2013年9月15日、明治神宮球場で行われた阪神戦で56号と57号の本塁打を打ち、プロ野球のシーズン最多記録を更新した。  

 バレンティン選手はカリブ海のオランダ領キュラソー島出身の29歳。

 9月11日(水)の試合で55号を打ち、昭和39(1964)年9月23日に達成された王貞治選手、2001年のタフィー・ローズ選手、2002年のアレックス・カブレラ選手の記録に並んでいた。

9月16日(月)、7時51分に台風18号が愛知県豊橋市に上陸

山形の地主から電話あり、FXの方からの電話あり

七福神ののれんのかけ方を逆転、マスクの箱の整理

 2013年9月13日(金)朝の3時、小笠原諸島の南東海上で発生した台風18号が、9月16日(月)7時51分に愛知県豊橋市に上陸した。
 台風18号による大雨の影響で、大阪市は9月16日(月)午前7時10分、同市南部を東西に流れる大和川がはん濫する恐れがあるとして、住吉、平野、住之江、東住吉の4区の計約13万1千世帯、計約30万人に避難勧告を出した。
 台風18号による大雨の影響で、京都市は「嵐山の東で渡月橋のかかっている桂川宇治川( 琵琶湖 → 瀬田川 → 宇治川 → 淀川 )にはんらんの恐れがある」と判断した。
 9月16日(月)午前9時半現在で、同市の南、右京、西京、伏見の4区の計10万9964世帯、計26万8445人に避難指示を出した。また1万5395人、3万3993人に避難勧告を出している。

○ JR加古川線西脇市駅で勝手に動いた電車。

 9月16日(月)午前3時50分ごろ、JR加古川線西脇市駅(兵庫県西脇市野村町)で、電車が停車中であることを示すランプが消えたことにJR西日本の指令員が気づいた。
 同社社員が調査したところ、約50分後に駅から南に約1・9キロ離れた加古川方面行きの線路上で停止しているのを発見した。
 西脇市というのは、東経135度と北緯35度が交差する「日本へそ公園」があるところだ。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

○ 17時28分に山形の地主さんから電話があった。
「山形の家はどうするか?」
 という質問だった。
「母の遺言で万太郎さんにお返しするようにといわれている」
 と答えた。
 弟の協力がなければ、万太郎さんの方から電話が来るとは考えにくい。
 9月13日(金)に弟に協力を要請したのだが、徐々に協力し始めてくれているような気がする。
 弟の協力がなければ、このタイミングで山形からは電話がないと思う。

○ 18時5分にFXの方から電話あり。

「試聴の件」だった。

○ 七福神ののれんのかけ方を逆転。

 今までは、私たちは七福神を裏側から眺めていた。
 つまり、玄関を開けると七福神が迎えてくれる形になっていた。
 そういう形になっていたのれんを逆転させた。
 私たちが中にいて、外から七福神がやって来られるのを待つ形にした。

 そうしたら、廊下を片付けなければならない、と急に思うようになった。

 従弟との関係をおかしくしたマスクの箱が廊下に積まれていたのだが、失敗の原因になったマスクを奥にしまい込んだ。
 マスク(仮面)が大日如来であったので、運気がアップしようというときに邪魔になってしまう。

9月17日(火)、白日夢「ギザギザのファスナーのようなものせ」

心の神様「大和大国魂神、おなり」

仙酔島の七福神、nakajima さんから電話

 朝の夢。
 平成22(2010)年5月21日(金)に見た黒い磐壁に曲線状の裂け目がギザギザのファスナーのようなものに変わっていった。

岩の裂け目

 そして、ギザギザのファスナーのようなものは「クリーンセパレーター」のようの回転し始めていった。

 心の神様からのイメージでは、地球の中心での出来事であるようだ。

 心の神様はまた言われた、
「大和大国魂神、おなり」
 3月30日(土)に奈良県の大和神社(おおやまと)へ御札を納めに行っていることと関係があるだろうか?
(※)興味深いことは、翌日の9月18日(火)に奈良県の方から電話があったことだ。

 平成22(2010)年5月21日(金)の記録。

饗庭の波爾布神社(はにふじんじゃ)をサーバーにアップしベットに入ると、
出雲じゃ
 といわれる
 日本を周り始めてから、
「出雲のことは、こちらに持ってまいれ」
 と天の大神に言われている。

 直ぐにある場面の声を聞いた。

「あったぞ」
「見つけたぞ」

 暗闇の奥底から剣らしいものを見つけたらしい。

 しばらくして、黒い磐壁に曲線状の裂け目が出来てきて、裂け目からコ将軍とその後ろから一人の女性が入ってきた。
「お探ししておりました」
 とコ将軍は言われる。
 私は囚われ人が着る白い服をきて端座している。
「私でも出ることが出来ないでいるところにどうして入ってくることが出来たのだろう」
 と素朴に思った。

岩の裂け目


○ 昨日9月16日(月)に七福神ののれんのかけ方を逆転したら、仙酔島の七福神の話がやってきた。
 10月3日(木)に五反田にくることになった。

仙酔島の七福神

○ nakajima さんから久しぶりの電話。
 気の流れが変わった象徴ととらえられそうだ。

9月18日(水)、光宮(みや)の移動教室、女房の腰痛の始まり

山形の解体費用の見積もり

「命の木」が暴風に揺らいでいる白日夢

奈良県から電話、烏窓「リースと割賦販売」の内定は得た

「ういのおくやまけふこえて」ようやく連絡あり

 小学校5年生の光宮(みや)の移動教室。
 千葉県鴨川市にあるベルデだ。
 光の成長で、家族から離れて移動できる年齢になってきたのだ。
 9月20日(金)に返ってきくる。

○ 朝食の準備をしている女房が、

「アレ!腰を捻っちゃった。」
「腰が痛い」
 ・・・と腰痛の始まりだった。
 東京と大阪の講演会の負担が女房に荷重されているのだろうか?

○ 10時34分に山形の解体費用の見積もりが到着した(小野寺建設)。

 古家屋   1,354,217円 ( ← この金額 )
 車庫      357,283円
- - - - - - - - - - - - - -
合計     1,711,500円

○ 「命の木」が暴風に揺らいでいる白日夢。

 私の心の奥深くで「生命の木」が大嵐に揺れている。
 「生命の木」の枝々が激しく揺れている。
 こんなに揺れては誰も寄り付けないだろうに。
 私は静かに「生命の木」の激しい揺れが治まるのを待った。

 これまでの学びでは、「生命の木」とは、地球と月に深く関わり、伊邪那美命とも深く関わっている。

平成20(2008)年4月49日(火)に、アロンがこちらに戻れるように願をたてた。

 そして、平成20(2008)年の5月に「生命の木の幹」か「生命の木の根」を見ることになった。
 平成20(2008)年5月17日(土)午後、私はイザナミ尊が立たれている静寂な水面へ向かった。
 このたびの岩戸は人の心の奥底に秘められている。
 このことは、1995年7月28日(金)に私がスサノオ尊に告げたことだった。
 人の心の奥底にある岩戸はいつでもどこでも開くものではない。
 時と場所、ならびに人が必要なのだ。
 道が見えている今なら、「生命の木の根(or生命の木の幹)」を象徴する人物とともに、「生命の木の根(or生命の木の幹)」を象徴する場所に行き、そして祈りを捧げれば、「生命の木の根(or生命の木の幹)」を通って、イザナミ尊が立たれている静寂な水面に行けるような気がする。

 私はイザナミ尊に会って謝らなければならない。

 平成20(2008)年5月17日(土)夕方、イザナミ尊が立たれている静寂な水面に降り立っていた「音」という字の扉が開いた。
 そして、扉の四角い枠のなかに現われてきたものは、いたるところに白い雲を浮かべた青い地球だった。

生命の木の根(or生命の木の幹)」は月の世界に通じる通路なのかもしれない。

 聖典などで「月界」と呼ばれる世界だ。

 神霊学的には「月から地球が生れた」といわれるそういう世界。

生命の木の根(or生命の木の幹)」を象徴する「ある人」は、「生命の木の根(or生命の木の幹)」を象徴する「あるもの」と重なった。

 神秘的な美しさだ。

 平成20(2008)年5月18日(日)昼、白い雲を浮かべた青い地球が私の口からお腹の中に飛び込んできた。
 聖者の誕生説話で、母体に太陽が飛び込んできたとか、月が飛び込んできたという話はよく聞くが、男性に地球が飛び込んでくるなんて話を聞いたことがない。

 ただビックリするのみ。

○ 12時13分に奈良県の方から電話があった。

 10月6日(日)の大阪に来ていただく方だったが、今日から釧路に出張で、9月24日(火)には東京にいらっしゃるということだったので、事前に東京に来ていただく段取りを取った。
 昨日の9月17日(火)に心の神様から、
「大和大国魂神、おなり」
 といわれてすぐの出来事だ。
 3月30日(土)に奈良県の大和神社(おおやまと)へ御札を納めに行っている。

○ 烏窓から電話あり。

「リースと割賦販売の内定は得た」
 とのことだった。
 資料として必要なものがあるので、それをそろえて欲しいということで渋谷であった。

○ 「ういのおくやまけふこえて」ようやくメールあり。

 6月20日(木)の「宇宙図書館」でメールを頂戴し、私の返信に対して6月25日(火)にもメールを頂戴したのだが、それっきりになっていた。

9月19日(水)、福岡県直方市の医師からお礼の電話

中秋の名月で満月になっている、アドレスが「usagi」さん

 福岡県直方市の医師から医療広告の件でお礼の電話。
 9月8日(日)に7:37 にQRコードについての問い合わせだった。
 2013年9月13日(金) 20:01 福岡県直方市の方から医療広告の問い合わせのメールがあり、9月14日(土)、にレーザー治療についてお話しさせていただいた。
 今日は最後で「ホームページの作り方」についてお話しさせていただいた。

○ 「ういのおくやまけふこえて」とようやくお話ができた。

 昨日のメールの件でお久しぶりに話をした。
 アドレスが「usagi」さんなので中秋の名月の今夜にはふさわしい。
 9月30日(月)10月1日(火)で東京に来られるということになった。
 本日は中秋の名月で満月になっている。

9月20日(金)、「山とリフトの映像」が思い出されてくる

菅原さんとの打ち合わせ、光宮(みや)が帰ってくる

 9月20日(金)の11:11:23に山形の解体の見積もり(不動産屋経由)の到着。
 山形の奥山(おくやま)さんに見積もりがついたことを連絡する。
 最初の解体費用の見積もりが到着したのは、光宮(みや)の移動教室に出発した9月18日(水)であった。
 今日の9月20日(金)は光宮(みや)が移動教室から帰ってくる日だ。

○ しきりに、平成23(2011)年11月30日(水)の朝の夢が思い出されてくる。

 平成23(2011)年11月30日(水)の朝の夢とは、私が山に降り立ち、ちょっと高い山に行こうとしてリフトに乗ろうとすると滑車にハサマれて身動き取れなくなる夢だった。

 私は、峰続きの山を11時から5時の方角に向けて歩いている。

「これより西に、ここより景色のいい場所はない」
「ここは、東のなかでも一番景色のいい場所だ」

 という声が聞こえてくる。

 途中、8時の方角に売店の入り口があって、そこに菱さんがいる。
 菱さんは、
「じゃ、私はこっちに行くから」
 と言って、売店の奥の方に歩いて行った。
 下の映像でいうと8時の方角に行ったということのようだ。
 私と菱さんはここで別れた。
 私は、売店の入り口を背にして右50度の方角、つまり、ちょっと突起した山の方角に歩いて行った。
 突起した山にはリフトが通っていて、4時の方角の下界に中継点があり、そこを起点に動いている。
 突起した山の向こうには綺麗な青々した山があり、同じ中継点からゴンドラが架かっているのが判る。
 あちらの山に行くには、一度下に下りなければならない。
 それで、チョッと突起した山に登り、リフトに乗ろうとした。
 しかし、乗り方が判らない。
 乗れそうなリフトがやってきたので、ロープに手を伸ばしたところロープに手が絡みついて、そのままリフトの滑車に引きずり込まれていった。
 大きなリフトの滑車と壁の間が徐々に狭くなり、身を磨り潰されそうになる寸前に目覚めた。
小さな山に降り立ち探索しているのだろうか

 今おかれている仕事の忙しさを象徴している夢かもしれない。

 今日一日を過ごして、滑車と壁の間の隙間はわずかながら安定してきた。

 この危険な場所から抜け出すことはできるだろうか。

平成24(2012)年4月21日(土)夜の白日夢。
 上の平成23(2011)年11月30日(水)の夢とは違って、確かに山の頂上に向かって、西から東側の稜線を歩いている自分の映像を見る。
 ここまで koba さんに連れてきてもらったのだ。
 上の平成23(2011)年11月30日(水)の夢では、出来るだけ早く行きたいために近道をしたはずだったが、逆に身動き取れなくなってしまったようだ。
 今回は、確かな道を通っている実感がある白日夢だ。
西から東側の稜線を歩いている自分

 菅原さんとの打ち合わせ。

 4月30日(火)以来の再会。

○ 小学校5年生の光宮(みや)が9月18日(水)に千葉県鴨川市にあるベルデだ移動教室に行って今日帰ってくる。

9月21日(土)、「地下鉄ビルのエスカレーターをまっすぐに上っていく夢」

東京の九段下で「先生」の出版記念講演会

チラシの記載間違いで10階で待つ

 朝の夢。
「きれいな地下鉄ビルのエスカレーターをまっすぐに上っていく夢」

○ 菅原さんと朝の打ち合わせ。

 キャスターが壊れてボストンバックを動かせなくなって、小さいボストンバックに入れ替えることになったらしい。
 いっぱい夢を乗せると入れ物が壊れるという暗示かもしれない、と思った。

○ 東京の九段下で「先生」の出版記念講演会。

 会場が変更になっていることが周知されていないため、私が10階で待って案内することになった。

○ 無事に終了し、最後に残った人でお茶に。

 宿泊するために茨城県守谷市に行くDさん。  9月13日(金)に銀座で食事をしたとき
9月23日(月)は次元上昇」
 の話を教えていただいたのも神戸のDさんで、から教えていただいた。

○ 9月21日(土)午後3時、グアムやサイパンなどがあるマリアナ諸島近海で台風20号が発生。

 2013年台風20号の名前は「Pabuk」(パブーク)で、意味はメコンオオナマズ
 台風は発達しながら北上し、24日(火)には強い勢力となって、小笠原近海に進みます。
 その後も北上を続けて、25日(水)には日本の南に。
 予想される進路の西側を通ると、本州に近づくおそれがあります。
あいう

9月22日(日)、朝の夢「下りのエスカレーターにのるDさん」 

「甘樫丘(あまかしのおか)」と「桜井市の鳥見山」のアップ

心の神様「天之御中主命、今出陣!」

 朝の夢。
 地下鉄につながる綺麗な大きなエスカレーターで、神戸のDさんが下に降りていく夢を見た。
 私たちは、地上の空港へとつながっているエスカレーター前にある広い踊り場で、エスカレーターに乗る準備をしているところだった。
 Dさんの後姿を見送りながら、非常に名残惜しいものを感じた。

 すぐさま場面がカラリと変わった。

 私は、甘樫丘展望台につき、そして桜井市の鳥見山の霊畤跡に降り立った。
 こういうときというのはホームページを作成し、アップするにかぎる。
 平成25(2013)年3月30日(土)に参拝した甘樫丘(あまかしのおか)
 平成23(2011)年8月16日(火)に参拝した桜井市の鳥見山

○ 朝目覚める時の声。

10月まで待て」
 『ひふみ神示』の言葉と同じだ。
 時のタイミングを計らなければならない時なのだろう。

 10月までは、今のままでいよう。

 ひふみ神示 第01巻 上つ巻/ (四二帖) 第六帖  昭和19(1944)年6月17日

 外国の飛行機が来るとさわいでゐるが、まだまだ花道ぞ、となりたらボツボツはっきりするぞ。
 臣民は目のさきばかりより見えんから、可哀さうなから気をつけてゐるのに何してゐるのか。大切なことを忘れてゐるのに気がつかんか。
 この知らせをよく読みて呉れよ。
 十月まで待て。
 それまでは、このままで居れよ。
 六月十七日。ひつくのか三。

○ 11時に心の神様の声

「天之御中主命、今出陣」

「今目に前にあるものを神と思え」

 私の目の前にはコップに入った水があった。
「今そなたが思っていることを神と思え」
 今神から聞いている声を書き留めようとしている時の声だ。
「思い考え、良かれと思って実行に移そうとしていることが神ということだ」

○ 「あべのみ(身)」に対する助言。

9月23日(月)秋分の日、美穂と光宮(みや)映画「灰色の鴉」撮影会 

茨城県守谷市のカルチャースクール

大阪講演会の段取り

 9月14日(土)に映画「灰色の鴉」へのチョイ役での出演依頼があって、その撮影会。

 茨城県の守谷駅で待ち合わせということになっている。

 9月13日(金)に銀座で食事をしたとき
9月23日(月)は次元上昇」
 と神戸のDさんから教えていただいた。
 さらに、9月21日(土)の講演会が終了したのち、Dさんが茨城県の守谷駅に行くのも面白い。
「神の示し」がある場所だという。

○ 茨城県守谷市のカルチャースクール。

 いい場所だった。
 「一国一城の主」って感じだ。

○ 「大阪講演会」

 誰が責任者。
 手順の悪さ。

9月24日(火)、気になる台風20号の進路 

波仁夜須比古神・波仁夜須比売神に協力を要請

 9月21日(土)に発生した台風20号の進路。
 25日(水)には日本の南に。
 予想される進路の西側を通ると、本州に近づくおそれがある。
 2013年台風20号の名前は「Pabuk」(パブーク)で、意味はメコンオオナマズ

9月21日(土)に発生した台風20号の進路

 波仁夜須比古神(はにやすひこのかみ)・波仁夜須比売神(はにやすひめのかみ)に協力を要請。
 火神を産んで死ぬ間際のイザナミの大便から波邇夜須毘古神・波邇夜須毘売神の二神が化生したとする。

9月25日(水)、新宿の美容クリニック 

 富山県に行って体調を崩されたTさんと新宿の美容クリニックのKさん。
 これにタイの話が合わさった。

9月26日(木)、台風20号は「Pabuk」(パブーク)で、メコンオオナマズ

消防自動車・店舗改装(10時30分〜16時30分)・昼食で出る 

大阪の余興を巡って・・

 今日関東に近づいている台風20号の状況が気になった。
 2013年台風20号の名前は「Pabuk」(パブーク)で、意味はメコンオオナマズ

 関東に一番近づいたのは15時の予定。

 メコン川は、東南アジアを流れる河川。
 チベット高原に源流を発し、中国の雲南省を通り、ミャンマー・ラオス国境、タイ・ラオス国境、カンボジア・ベトナムを通り南シナ海に抜ける。
 ここでもタイが登場する。

○ 朝出る時の手順。

 玄関をすぐにでることができず、台風20号のプリントを取りにリビングに戻った。
 それからゴミを持って、エレベーターに乗った。
 ゴミ捨て場に向かったとき、タイミングよく大きな消防自動車が笹目街道を右折してきた。
 時のタイミングを図ったかのようだ。
 駅に着き、待ち合わせ場所に向かうと、ちょうど10時30分〜16時30分の間が、店舗改装の時間帯だった。
 極めて大事にしている日のこの時間帯が通常の場所が使えないことになった。

 そのため、サイゼリアに場所を変えることなった。

(※)サイゼリア(クチナシ)の花言葉は「とても幸せ」。
  天国に咲くといわれているこの花は邪悪なものを追い払うといわれています。

 時間が来て、指定場所の向かうと、肝心の人が昼食に出ていった。

 さらに、あるウィルスのキャリーだったので、試聴もやめておきましょう、ということになった。
 そのため、またサイゼリアに戻ってお話しすることになった。

 お別れしたのが、16時30分である。

「16時30分」といえば、ちょうどジョナサンの店舗改装の時間帯でお会いしていたことになった。

○ 自宅に戻って、大阪の余興の件が問題になっていた。

 8月28日(水)の出先の緊急車両が自宅にまで迫ってきた感がする。

9月27日(金)、台風20号が抜けて本日は晴天 

「どこで聞いてもらおうか?」菱に久しぶりで連絡

 9月21日に発生した台風20号は日本の東海上に抜けて、今朝は台風一過の晴天だ。

9月21日(土)に発生した台風20号の位置

○ 大阪の余興の件は継続。

○ 中川さんに

「どこで聞いてもらおうか?」
 を考えて菱に久しぶりで連絡をしてみた。
 菱は、ちょっと影の多い方面に歩み始めようとしているらしい。
 集客の王道は、やっぱりセミナーだろう。

9月28日(土)、女房の朝の夢「伊勢の宮司さんが来て引っ越しの準備」 

メルマガとフェイスブック、大阪の集客の確認

山川不動産の奥山さんが退院

 女房の朝の夢。
「伊勢の宮司さんが来て、我が家の引っ越しをしていたという」
「引っ越し先は前住んでいたマンションだったという」
 女房の夢を聞いて、昨夜菱にお願いした中野の段取りの取り方が間違っていると悟った。
 急遽、菱に連絡をして、昨夜の中野の段取りを撤回した。
 10月6日(日)までにやるべきことは大阪の集客だ。

 まさに引くに引けぬ状況だ。

○ フェイスブックに広告。
 メルマガで告知。
 小冊子を送った方たちに電話かけ。
 これでどこまで伸びるかだ。

○ 大阪の余興の件は継続。

○ 夕方に山川不動産の奥山社長から電話があった。
 9月12日(木)に山川不動産の奥山さんに不動産の売却をお願いしたら、
「社長が入院しているので退院してきてから動かれる」
 とのことだった。
「リンパ腫をとって本日退院しましたので、すぐにお住まいの方にお話ししてきました」
 とのことだった。
「お住まいの方が購入されるのが一番いい。」
 お返事は週明けとのこと。

9月29日(日)、御札立ての名簿へメール送信 

 御札立ての名簿へメール送信。
 やることは全てやろう。

9月30日(月)、「宇井の奥山けうこえて」(1)

台風22号と23号が発生

伊勢神宮内宮の遷御の儀を控えて

女房の職場の「東」が倒れる

 「うい」さんが大阪から東京に来られた。
 6月20日(木)の「宇宙図書館」でメールを頂戴し、私の返信に対して6月25日(火)にもメールを頂戴しそれっきりになっていたのだ。
 大阪の講演会の案内を出してみて9月18日(火)にメールを頂戴し、中秋の名月で満月になっている9月19日(水)にようやく「うい」さんとお話ができて、9月30日(月)10月1日(火)に東京に来ていただくことになったのだ。
 平成24(2012)年11月19日(月)に弟さんが55歳で亡くなられた事、
 平成25(2013)年2月21日(木)にお父様が亡くなられた事、
 平成25(2013)年7月28日(日)に会社の引っ越しになっていた事、
 をお聞きした。

○ 「うい」さんと話しているとき、山川不動産の奥山社長から電話があった。

「入居者のシゲタさんの友人の佐藤さんが銀行に申し込んでいる、とのことなので10月22日(火)まで時間が欲しい」
 という要請だった。

○ 伊勢神宮内宮の遷御の儀を控えた内宮。

伊勢神宮内宮の遷御の儀を控えた内宮

伊勢神宮内宮の遷御の儀を控えた内宮

9月30日(月)12時過ぎに台風22号が発生。夜には23号が発生。

 台風22号が、小笠原諸島の父島の東で発生しました。
 小笠原諸島では今夜から明日にかけて強風、高波に注意が必要です。
 10月1日(火)は、伊豆諸島でも次第に風が強まり、波が高くなる見込みです。
 また、関東地方には、台風周辺の湿った空気が流れ込むため、明日10月1日(火)から10月2日(水)にかけて雨が降ったり止んだりとなりそうです。
 台風22号に続き、9月30日(月)夜フィリピンの東で、台風23号が発生しました。
 今年は早いペースで台風が発生しています。
 翌朝、「うい」さんが寝つきが悪いと言っていたことに関係するか?

○ 女房の職場の「東」が倒れる。

 「東」から「西」に遷卸する内宮と外宮の象徴か?

10月1日(火)、「宇井の奥山けうこえて」(2)、「ソマさん」から

アメリカで予算が執行できず一部政府機関閉鎖される

政府与党政策懇談会で消費税率を5%から8%へ引き上げ決定

 「うい」さんが大阪から東京に来られて2日目。
 ここに9月26日(木)にお会いした「ソマさん」から電話が入ってきた。
 電話にでると、声がしない。
 間違ってボタンを押したものかもしれない。

○ 米国政府は1日午前0時(日本時間同日午後1時)、一部政府機関閉鎖の期限を迎えた。

 米国政府は1日午前0時(日本時間同日午後1時)、14会計年度の暫定予算不成立を受け、一部政府機関閉鎖の期限を迎えた。
 下院では瀬戸際の攻防が期限ギリギリまで繰り広げられていたが、1996年以来17年ぶりとなる政府機能の閉鎖を免れることはできなかった。
 アメリカでは1977年から1980年にかけて政府機関が6回閉鎖されました。
 また、1981年から1996年の間に9回の閉鎖がありました。
 具体的には、国立公園、国立美術館、博物館、科学館などのほか、毒物処理機関が閉鎖やパスポートの発給が停止しました。
 社会保障費や恩給も停止されました。
 今回は3つの予想が重なっていること、オバマ大統領とライバルの共和党のベイナー下院議長の政治力が落ちていることなどから、過去と比べ、閉鎖による影響が大きくなる可能性があります。
 80万人の連邦政府職員と200万人の関係者への給与が遅配になるとみられています。
 閉鎖された場合も、安全保障や治安、国境警備に関わる業務は継続されますが、マーケットは大きく荒れる可能性があります。
 1995年から1996年にかけ21日間閉鎖された際、ドル相場が大幅に下落しましたが、今回は下落幅が拡大すると予想するマーケット関係者もいます。
 同時に国際決済通貨としてドルのシェアが大幅に低下、株式相場が急落、米国債の利回りが上昇し世界が混乱するとの指摘もあります。

○ 安倍晋三首相は1日午後、消費税率8%へ引き上げる考えを表明した。

 安倍晋三首相は1日午後、官邸で開かれた政府与党政策懇談会で、平成26年4月1日に消費税率を現在の5%から8%へ引き上げる考えを表明した。
 同日夕の臨時閣議で正式に決定、その後の記者会見でデフレ脱却と財政再建を両立させる決意を示す。
 併せて景気の腰折れを防ぐ6兆円規模の経済対策も発表する。

○ 消費税の経緯。

〔レ〕消費税は、平成元(1989)年4月1日(土)、第74代竹下登総理大臣の元で税率3%として施行された。
〔レ〕平成6(1994)年2月3日(木)節分、細川護熙総理大臣消費税を福祉目的税として3%から7%に引き上げる国民福祉税構想を発表した。
 結局翌 平成6(1994)年2月4日(金)に連立与党代表者会議で白紙撤回に追い込まれている。
〔レ〕平成9(1997)年4月1日(火)、第82代橋本龍太郎内閣総理大臣が消費税率が5%に引き上げられた。
〔レ〕10月1日(火)、阿部晋三総理大臣が消費税を来年平成26(2014)年4月1日(火)から8%にすると発表。

10月2日(水)夜8時から、伊勢神宮内宮の遷御(せんぎょ)

月齢は26日。台風22号は「遷御」の露払い

http://www.tukinohikari.jp/mag/20131002-isejingu-naigu-sengyo/index.html

 午後8時から、伊勢神宮内宮の遷御(せんぎょ)。
 大御神が本殿から新殿へとお遷り(うつ)になる遷宮祭の中核をなす祭儀。
 百名を超える奉仕員は、「 召立 ( めしたて ) 」にしたがって御装束神宝を手にして整列、天皇陛下の御定めがあった時刻(午後8時)に 大御神 ( おおみかみ ) は大宮司 ( だいぐうじ ) ・少宮司 ( しょうぐうじ ) ・禰宜 ( ねぎ ) に 奉戴 ( ほうたい ) されて本殿から出御 ( しゅつぎょ ) され、新殿へ 入御 ( にゅうぎょ ) されます。

○ 夜明けを告げるという高らかな「鶏鳴三声」とともに、遷御の儀はクライマックス!

「カケーコー、カケーコー、カケーコー」。
 漆黒の闇に包まれた神域に神職の声が響いた。
 2日夜に行われた伊勢神宮内宮の式年遷宮。
 夜明けを告げるという高らかな「鶏鳴三声」とともに、遷御の儀はクライマックスを迎えた。

「出御」。

 午後8時、勅使の言葉とともに絹垣(きんがい)に覆われたご神体を新しい正殿へ移す渡御行列が動き出した。
 すべての明かりが落とされ、雅楽の演奏とともに神職の木靴が石段をコツコツと刻む。
 楽師が奏でる雅楽が通り過ぎると、巨大な絹垣が現れた。
 闇のなかでも浮かび上がる純白の絹垣は風に波打ちながらゆっくりと「雨儀廊(うぎろう)」を通過。約3千人の特別奉拝者からは小さく柏手を打つ音が聞こえた。

「出御」。午後8時、勅使の言葉とともに絹垣(きんがい)に覆われたご神体を新しい正殿へ移す渡御行列が動き出した。すべての明かりが落とされ、雅楽の演奏とともに神職の木靴が石段をコツコツと刻む。楽師が奏でる雅楽が通り過ぎると、巨大な絹垣が現れた。闇のなかでも浮かび上がる純白の絹垣は風に波打ちながらゆっくりと「雨儀廊(うぎろう)」を通過。約3千人の特別奉拝者からは小さく柏手を打つ音が聞こえた。

「出御」。午後8時、勅使の言葉とともに絹垣(きんがい)に覆われたご神体を新しい正殿へ移す渡御行列が動き出した。すべての明かりが落とされ、雅楽の演奏とともに神職の木靴が石段をコツコツと刻む。楽師が奏でる雅楽が通り過ぎると、巨大な絹垣が現れた。闇のなかでも浮かび上がる純白の絹垣は風に波打ちながらゆっくりと「雨儀廊(うぎろう)」を通過。約3千人の特別奉拝者からは小さく柏手を打つ音が聞こえた。

「出御」。午後8時、勅使の言葉とともに絹垣(きんがい)に覆われたご神体を新しい正殿へ移す渡御行列が動き出した。すべての明かりが落とされ、雅楽の演奏とともに神職の木靴が石段をコツコツと刻む。楽師が奏でる雅楽が通り過ぎると、巨大な絹垣が現れた。闇のなかでも浮かび上がる純白の絹垣は風に波打ちながらゆっくりと「雨儀廊(うぎろう)」を通過。約3千人の特別奉拝者からは小さく柏手を打つ音が聞こえた。

「出御」。午後8時、勅使の言葉とともに絹垣(きんがい)に覆われたご神体を新しい正殿へ移す渡御行列が動き出した。すべての明かりが落とされ、雅楽の演奏とともに神職の木靴が石段をコツコツと刻む。楽師が奏でる雅楽が通り過ぎると、巨大な絹垣が現れた。闇のなかでも浮かび上がる純白の絹垣は風に波打ちながらゆっくりと「雨儀廊(うぎろう)」を通過。約3千人の特別奉拝者からは小さく柏手を打つ音が聞こえた。

「出御」。午後8時、勅使の言葉とともに絹垣(きんがい)に覆われたご神体を新しい正殿へ移す渡御行列が動き出した。すべての明かりが落とされ、雅楽の演奏とともに神職の木靴が石段をコツコツと刻む。楽師が奏でる雅楽が通り過ぎると、巨大な絹垣が現れた。闇のなかでも浮かび上がる純白の絹垣は風に波打ちながらゆっくりと「雨儀廊(うぎろう)」を通過。約3千人の特別奉拝者からは小さく柏手を打つ音が聞こえた。

 約40分後、ご神体がヒノキの香りが漂う新正殿へ入った。
 その直後、境内の明かりが灯され、奉拝者たちは神様のお移りを祝った。
「『カケコー』の声の直後にすごい風が吹いて、新しい正殿に入っていくようでした」
 と感激した様子で話すのは、神戸市長田区の医療事務、庄司美保香さん(50)。
 東京都港区の主婦(42)も「社殿の扉が開いたときに風が舞い木々の梢が揺れた。  神様が喜んでいるように感じました」と話した。

 神秘に包まれた遷御の儀が終了したのは午後9時35分ごろ。

○ 伊勢市の冨安宮司から平成25年10月2日(内宮)・5日(外宮)に斎行となる遷御の儀が動画配信されると連絡が入った。
 これはすごい。
 山口祭から始まったこれまでを振り返った動画が配信されている。
伊勢神宮式年遷宮広報本部では、大御神さまに新宮へのお遷りを仰ぐ「遷御」(内宮)の模様を中心に、第六十二回神宮式年遷宮について紹介する動画番組を配信している。

【第62回式年遷宮】山口祭から始まったこれまでを振り返った動画
〔「WindowsMediaプレーヤー11」版です〕

○ 本日の月齢は26日
伊勢神宮内宮の遷御の儀を控えた内宮

 夜明けの空に昇り、昼にうっすらと姿を見せる下弦の三日月。

○ 台風22号と23号の情報。

伊勢神宮内宮の遷御の儀を控えた内宮

 9月30日(月)12時過ぎに台風22号が発生し、9月30日(月)夜には23号が発生していた。
 伊豆諸島付近を北上する台風22号は10月2日(水)昼頃、関東に最も近づく見込みで、沿岸部を中心に雨や風の強まる所がありそうだ。
 気になるのは、「うい」さんが神田の「ヒーリングアーツの会」に出ている時間と重なっていた。

 http://www004.upp.so-net.ne.jp/healing1/index.html

○ 台風22号が過ぎ去って、5時過ぎに東京に虹がかかる。

東京池袋から見える虹

 風の北上に伴って次第に雨雲は北東に抜け、夕方には日差しがでるところも多く、東京では17時頃、東の空に掛かる大きな虹が見られました。
 高さ634mのスカイツリーをはるかに超えるほどの大きな虹は、西日に照らされて秋空に輝いていました。
 こういう流れで見ると9月30日(月)12時過ぎに発生し、今日の10月2日(水)昼頃に関東に最も近づく台風22号は、「遷御に向けての露払い」なのかもかもしれない。

10月3日(木)、内宮遷御後の諸行事に七福神は縁起がいい

日本で、日米安全保障協議委員会(2プラス2)が開催された

 内宮遷御(せんぎょ)後の諸行事。
 10月3日(木)、大御饌(おおみけ)、
 10月3日(木)、奉幣(ほうへい)、
 10月3日(木)、古物渡(こもつわたし)、
 10月3日(木)、御神楽御饌(みかぐらみけ)、

 10月3日(木)、御神楽(みかぐら)。

9月16日(月)に七福神ののれんのかけ方を逆転したら、9月17日(火)に仙酔島の七福神の話がやってきた。
 そして、10月3日(木)に五反田にくることになった。
 とても縁起のいい話だ。

仙酔島の七福神

 名刺の裏側に、
「 人それぞれの幸福は、みな違っているが悩み・苦しみのだいたい80%は、同じであると考えられる
  @人間関係
  Aお金
  B健康

 @〜Bが無くなれば、もっとワクワクの人生が待っているのではないかとみつけました。」

 とある。
 順番はそれぞれの人の置かれた状況によって異なるだろうが、そうだろうと思う。

○ 新しいパンフレットの14ページに「260万」と記載されている。

 伊勢神宮の遷御が行われたときの月齢が26日で、今日も新しくできたパンフレットとして「260万」を聞く。
26」は私にとって極めて大事な「キーワード」になっている。

○ 日本で、日米安全保障協議委員会(2プラス2)が開催された。

 10月3日(木)の日米2プラス2は「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」の再改定で合意した。
 平成9年の前回改定は朝鮮半島有事を念頭に日本の役割は「後方支援」が中心だったが、中国による高圧的な海洋進出への対処に主眼を置く再改定で「前線」に立つべきは日本。
 その実効性を担保するには集団的自衛権の行使容認など壁も立ちはだかる。
「海洋における力による安定を損ねる行動」
 2プラス2共同文書は名指しは避けつつも、中国への脅威認識をにじませた。
 共同文書はガイドライン改定の前段となる「共通戦略目標」と位置づけられ、平成17(2005)年策定の戦略目標が中国について
「建設的な役割を果たすことを歓迎」
 としていたのとは対照的だ。

(※)日米安全保障協議委員会(2プラス2)

 日米の外交・防衛担当閣僚が2国間防衛協力などを協議する枠組み。
 日本から外相と防衛相、米国から国務長官と国防長官が参加するため「2プラス2」と呼ぶ。
 不定期に開かれ、在日米軍再編の行程表などを決めてきた。
 日本の閣僚が訪米して開くのが通例で、日本での開催は1996年12月2日以来、17年ぶり。
 米国の2閣僚が来日して4閣僚全員が日本で顔をそろえるのは今回が初めて。

10月4日(金)、大阪に行く準備、台風24号が発生

「ヒッグス粒子」の存在が証明される(125.5ギガ電子ボルト)

 大阪に行く準備。

10月4日(金)15時にマリアナ諸島で台風24号が発生した。

 台風23号の後を追いかけるように、早くも7日(月曜日)には沖縄に接近・通過する見通しです。

台風24号が発生

台風24号が発生

2013年3月14日にCERNは、2012年7月31日の時よりも2.5倍も多いデータを分析した結果、新たな粒子はヒッグス粒子である事を強く示唆していると発表していた。
 例えば、ヒッグス粒子は理論的にはスピン角運動量が0であるとされているが、データ解析の結果それと一致することが確かめられた。2013年10月3日にスピン0の標準模型のボース粒子となった。
 物質に質量を与えたとされる素粒子「ヒッグス粒子」の発見が、東京大や高エネルギー加速器研究機構などの国際チームの実験で確定した。
 10月7日付の欧専門誌「フィジックス・レターズB」で公表する。
 存在を提唱した英国のピーター・ヒッグス博士(84)らは10月8日発表のノーベル物理学賞の最有力候補とされ、授賞の後押しとなりそうだ。
 実験に使われた大型加速器「LHC」を持つ欧州合同原子核研究所(スイス)は昨年7月、
「99.9999%以上の確率で、ヒッグス粒子と考えられる新粒子を見つけた」
 と発表した。
 だが、さらに実験を進めて確度を高める必要があった。
 チームは、ヒッグス粒子が崩壊して別の素粒子に変わるパターンなどを調べ、質量が陽子(水素の原子核)の約134倍にあたる125.5ギガ電子ボルトと判定した。
 素粒子の自転を表す量「スピン」も理論通り「ゼロ」と確認した。
 これらの結果から「学術的に発見が確定した」と結論付けた。
【ことば】ヒッグス粒子
 ピーター・ヒッグス博士が1964年に存在を提唱した素粒子。
 宇宙誕生の大爆発(ビッグバン)から100億分の1秒後、光速で飛び回る他の素粒子にまとわりつき、動きづらくすることで質量を生んだと考えられている。
 標準理論で存在が予想された17種類の素粒子の中で唯一未発見だった。
◇解説 半世紀かけ最後のピース
 無限に広がる宇宙になぜ銀河や星があり、我々が存在するのか。
その謎を解く鍵が素粒子のヒッグス粒子だ。万物に質量を与え、多彩な世界を創造し 「神の粒子」と呼ばれる素粒子の発見は、現代物理学の根幹をなす「標準理論」というパズルに残された最後のピースを埋める理論の完成を意味する。  ヒッグス粒子が存在しているというアイデアの源泉は、ノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎博士が1960年代に提唱した理論にある。
 だが、素粒子は重いほど検出が難しく、ヒッグス粒子の発見には半世紀もの歳月を要した。

10月5日(土)、品川06:34発のひかり501号 → 品川07:10発のひかり461号で新大阪へ向かう

忍ケ丘でゼロ磁場に対面、伊勢神宮外宮の遷御(せんぎょ)

月は新月。阪急十三徒歩5分のホテルプラザオーサカ

 朝起きると東京は雨。
「寝坊しそうだな」
 とベットに入ってしまったため、やはり寝坊してしまった。
 1本遅らせて、「品川06:34発のひかり501号」から、「品川07:10発のひかり461号」に変更した。
 新大阪に10:03に到着。

 新幹線の中で見た白日夢。

 椅子があり、光球に包まれていた。
 光球に包まれた椅子の傍らに白衣を着用され、細身だががっちりした長身の白髪の老人がたたずんでいる。
 後ろにも光球に包まれた椅子がある。
 この二つの椅子は互いに意思疎通しあっているかのように見える。
  これから行く、忍ケ丘の状況なのだろうと思った。

 忍ケ丘でのゼロ磁場。

 → http://www.tukinohikari.jp/mag/20131009-fujinoihara/index.html

○ 十三駅のホテルプラザオーサカで休んだ。

 1711号室。
 西南方面に淀川が見える。
 窓から大きな手が入り込んできた。
 窓辺においてある私の財布を手にしようとしているかのようだ。

 気になったので、その財布を室内の机のところに移動させた。

○ 本日は曇りの中で午後8時から、伊勢神宮外宮の遷御(せんぎょ)。
 大御神が本殿から新殿へとお遷り(うつ)になる遷宮祭の中核をなす祭儀。
 百名を超える奉仕員は、「 召立 ( めしたて ) 」にしたがって御装束神宝を手にして整列、天皇陛下の御定めがあった時刻(午後8時)に 大御神 ( おおみかみ ) は大宮司 ( だいぐうじ ) ・少宮司 ( しょうぐうじ ) ・禰宜 ( ねぎ ) に 奉戴 ( ほうたい ) されて本殿から出御 ( しゅつぎょ ) され、新殿へ 入御 ( にゅうぎょ ) されます。

○ 月の状況。

新月
 新月。10月5日 09:35。月と太陽の方角が同じ。

○ 第62回式年遷宮のこれからの日程。

 10月10日(木)、第一別宮「荒祭宮」のご神体をうつす「遷御」。
 10月13日(日)、外宮の第一別宮の「多賀宮」で遷御の儀。

 平成26年10月 月讀宮・月讀荒御魂宮、伊佐奈岐宮・伊佐奈彌宮

 平成26年11月 瀧原宮・瀧原竝宮、伊雜宮
 平成26年12月 風日祈宮、倭姫宮
 平成27年1月 土宮
 平成27年2月 月夜見宮
 平成27年3月 風宮

10月6日(日)、ホテルの窓から七福神、白い羽ペンを持った白い手

12時2分に高槻市(大阪北部)を震源とする地震

帝国ホテル大阪で「先生」の出版記念講演

 昨日と同じように、淀川が見える窓から白い両手が現れている。
 白い両手から七福神が現れてきた。
 その他多くの小人たちの一群が現れてきた。
 10時ごろには、白い羽のペンをもった白い右手が現れて、なんらかの署名をしている。

 白い羽は天使の世界では誓いのシルシだ。

○ 10月6日(日)12時2分に高槻市(大阪北部)を震源とする地震あった。
 → http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20131006120238.html?xlarge_image=1
 高槻市には第26代継体天皇の陵墓がある場所だ。  歴史的に見ても神代に戻るうえでも急所に当たる場所だ。

 いい知らせだろう。

10月6日(日)14時から、帝国ホテル大阪で「先生」の出版記念講演。
 菅原真樹さんは、難波の「大阪帝国ホテル」に向かってしまったようだ。
 講演会と懇親会ともに無事終了。

○ 外宮遷御(せんぎょ)後の諸行事。

 10月6日(日)、大御饌(おおみけ)、
 10月6日(日)、奉幣(ほうへい)、
 10月6日(日)、古物渡(こもつわたし)、
 10月6日(日)、御神楽御饌(みかぐらみけ)、
 10月6日(日)、御神楽(みかぐら)。

10月7日(月)、朝の映像「国常立命の石像と思うのだが・・」

13時13分新大阪発のひかり522号で東京に

菅原さんから「冨安」さんの件についての依頼電話

 淀川が見える窓から白い右手が現れて、その右手から、国常立命の石像と思われる石像の映像が飛び込んできた。
 どこかで見た記憶があるのだが、どこだったか思い出せない。
 ひとまず、伊吹山に祀られているヤマトタケル命の像が一番近そうなので掲載しておこう。

伊吹山に祀られているヤマトタケル命

○ 「国常立命の石像」に合わせるかのように9時21分に大阪の責任者から電話があった。
 みんな動くのかもしれない。

○ 13時13分新大阪発のひかり522号で東京に。

 品川で降りると、大阪の事務責任者から電話が入った。

○ 20時17分に菅原さんから「冨安」さんの件についての依頼電話。

10月8日(火)、大きな鯛が海岸線に上がって来ておいしく焼ける

決意「南海トラフを起点とする天変地異の難を軽減する」

 朝の映像。
 海岸線が見えてきて、大きな鯛が海岸線に上がって来た。
 そして、勝手においしく焼けていつ食べてもいい状態になって行った。

 白日夢の状況から考えて、海岸線は横浜から西の方だと思う。

 となれば、南海トラフを象徴する海岸線なのだろう。
「よこしまな心がなければ必ず成功できる」
 成功しないのは、「よこしまな心」があるからだ。

(※)数日経ってからの感想。

 大きな鯛はあまりにも大きすぎて、すぐ食べられる状態の鯛だと誰も自覚できないでいるらしい。
 苦労しないように食べきれないほどの大きな鯛を届けてあげたのに、誰も気付いてくれないとは。
「おいおい、これじゃこっちに周ってこないじゃないか」
 と思っている自分がいる。
 少ないと文句を言うし、大きすぎると判らなくなるし、ヤレヤレ。

○ 第62回伊勢神宮の式年遷宮も終了し、決意する。

「伊勢神宮の東の古いお宮が人の手によって解体されるか、天変地異によって解体されるかだのどちらを選ぶかだ」
「私は、東の古いお宮が人の手によって解体されるのを希望する」

10月9日(水)、夢「最初の靴は左右が逆になっている」

「同じような靴だが、次の靴は正常に置いてある」

「綺麗な女の人のヒールの高い靴」

9時過ぎに台風24号は能登半島沖で熱帯低気圧に変わった

台風25号と26号の元となる熱帯低気圧が発生

また靴が見える「ローハーの右の靴だ」

台風25号(ナーリー)が発生

 朝の映像。
 靴があった。
 その靴は左右が逆になっているので、履きにくい感じがする。
 D氏の靴に似ているようだ。
 次にまた靴が現れたのだが、その靴は正常だ。
 今度は夢の場面が少し高い位置に変わったのだが、見えてくるのは同じく靴の映像だ。
 女の人の黒の綺麗なヒールの高い靴だ。
 この黒い靴には気品と気高さを感じる。

○ 「女房に話すと3日以内に3人の人が現れる」

 と直感的に語る。

○ 私が夢を見た直後の7時20分、「月の光」のアドレスに転送メールが入っていた。

┏ 2013年10月9日 7:20 転送メール ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

> ○○先生、○○様
>  10月6日(日)は貴重な講演会にお声がけ頂き、誠に有難うございました。
>  10月6日(日)12時2分に高槻市(大阪北部)で内陸型の地震があったのは、
> ボーンビートソファーに電源を入れて動かしたタイミングでゼロ磁場が生じ、
> 地殻の磁場に変動があたったのではないかと思っております。
>  関西で大阪北部の内陸型地震(震源は高槻市周辺の直下10km)は珍しい現象です。
>  それと、昨日、ソファーの設置されている会場に入っているだけで、
> 色々をうかがい知ることができました。
>  特に脳の活性化は素晴らしいものがありました。
>  是非、近々に2〜3時間の体験をしてみたいと思っております。
>  今後共、御指導の程、何卒、宜しく御願い申し上げます。

>  ○○○○ 拝

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 また、10月23日(水)のご案内をさせていただいた直後の11時56分に確認の返信メールが入ってきていて、そのメールも男性2名が関わっている。

○ 女の人の連名での問い合わせがあると、今回の夢は完結するのかもしれない。

 女房が朝自宅を出る時、
「台風25号と台風26号が発生したんだってよ。」
 という言葉を残していった。

台風25号と台風26号の元となる熱帯低気圧が発生

○ 2013年10月9日 9時50分の発表で、台風24号は日本海の能登半島沖で温帯低気圧に変わった。

台風24号が日本海上で温帯低気圧に変わる

○ また靴が見える。
「ローハーの右の靴だ」

 片方しか見えないのは台風25号と台風26号のうち、台風25号の影響を表現しているのだろうか。

 10月9日(水)午後9時にフィリピンの東の海上で台風25号( ナーリー )が発生しました。
 台風25号の名前はナーリー(Nari)です。
 命名国は韓国で、百合という意味です。
 百合の花言葉は、「威厳」「純潔」「無垢」。
 このあとも西よりに進み、日本への影響はない見込みです。
 ただ、マリアナ諸島近海には熱帯低気圧があり、このあと台風26号(ウィーパー)となる見込みで、今後の動きに注意が必要になりそうです。

台風25号が発生

10月10日(木)、第一別宮「荒祭宮」のご神体をうつす「遷御」

ハワイの協力者に手紙、冨安宮司からの撤饌

「緊急性のある方」への対応

 午前10時から、伊勢神宮の第62回式年遷宮で、内宮の第一別宮「荒祭宮(あらまつりのみや)」のご神体をうつす「遷御」の儀が行われた。
 正宮の北方にある荒祭宮は、強い神威をあらわす天照大神の「荒御魂(みたま)」をまつり、祭儀も正宮に準じて行われている。
 午前10時から、鷹司尚武大宮司をはじめ約10人の神職が参列し、新社殿を新調した装束で飾る「御飾(おかざり)」が行われた。

 午後8時からは、神職約40人により、ご神体が新社殿にうつされた。

○ ハワイの協力者に手紙を書き上げて発送できた。

8月23日(金)の「お白石持ち行事」のときの撤饌の発送。

 9月に入ってから冨安宮司から来たものだった。
 そういえば、ハワイの協力者も「冨安」さんだ。

○ 「緊急性のある方」の連絡。

 その段取りを取った。

10月11日(金)、台風26号(ウィパー)の発生

「緊急性のある方」への対応のときの話。濡れ衣

情報が正確に伝わらないための濡れ衣

 10月11日(金)午前3時、日本のはるか南のマリアナ諸島付近で、熱帯低気圧が台風26号(ウィパー)に変わりました。
 中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から半径330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
 台風26号(ウィパー)の名前はウィパーで、命名国はタイです。
 意味は「女性の名前」とのことです。
 日本語で言うところの「○太郎」みたいなもんでしょうか。

台風26号が発生

○ 「緊急性のある方」への対応のために五反田へ。

○ そのとき、「成田さんは可愛そうね」という話になっていたらしい。

 7月29日(月)にバッティングし、8月5日(月)にバッティングした方の話になったらしい。

10月12日(土)、夢「天からトラックが落ちてくる」

「緊急性のある方」へのクロージングの要請、烏窓と渋谷で

 朝の夢。
 天の円空が現れ、そのなかからトラックが落ちてくる。そのトラックは私をめがけて落ちてくるので、私は逃げた。
 ところが、トラックは私が逃げた方向に落ちてくる。
 逃げるのを諦めて、
「天照皇大御神まもり給え幸わえ給え」
 と3回祈った。
 トラックが私に落ちてきた瞬間に、私は円盤の指令席のような場所に移った。
 平成15(2003)年1月4日(土)のトラックの自損事故のイメージに近いのだろうか?

○ ペルー南東部で大型トラックが約300メートル下に転落する事故。

【サンパウロ時事】ペルー南東部クスコ州ラコンベンシオン郡で12日、山岳地帯を走行中の大型トラックが約300メートル下に転落し、荷台に乗っていた子供12人を含む少なくとも51人が死亡した。運転手が飲酒運転していた疑いがあり、警察が詳しい原因を調べている。

10月13日(日)、外宮の第一別宮の「多賀宮」で遷御の儀

天之大神「去るものは去り、力を貸すものは力を貸せ」

夜の白日夢、リビングの寿老人と福禄寿

 外宮の第一別宮の「多賀宮」で遷御の儀が行われた。

○ 昨日の烏窓の話をしているとき、天之大神から呼びかけられた。

「去るものは去り、力を貸すものは力を貸せ」

 そして天之大神の杖がユックリと大きく中空で廻された。

 私がやることについて確認された。
「椅子を稼働させて世の中を救いたいのか?
 それとも神が与えた人の寿命に関与したいのか?」
 こういう問いかけであった。

 本旨は、人が乗る乗らない関わらず椅子を稼動させることにある。

○ 夜の20時に寿老人がリビングの現れた。
 天之大神の呼びかけに応えたものだろう。
 その前に見ている、能登半島・下北半島・鹿島神宮に何か関係があるのだろうか?

寿老人がリビングの現れた

 寿老人についていえば、寿老人は「老子」の化身とも言われている。
 しばらくして、福禄寿が重なって現れてきた。
 今夜は寿老人と福禄寿がやってきたことになる。

次、福禄寿がリビングの現れた

10月14日(月)、神戸から電話あり

新宿の京王プラザホテル樹林で

五反田でのお寿司屋さんでの話の結果は

 新宿の京王プラザホテル樹林で。
 三典さんから頂戴した本の著者、岡田光興さん。

 五反田でのお寿司屋さんでの話の結果は。

10月15日(火)、敦賀市の「哲也」さんから『祝詞集』の注文

詰襟の軍服のような服装をした国常立命の映像

その後に大阪から電話アリ

「今祝詞を奏上せよ」

『祝詞集』のお礼として宮津の籠神社のお砂

 朝5:37の福井県敦賀市の「哲也」さんから『祝詞集』の注文があった。
『祝詞集』の注文があるというときというのは何かある。
 今日の午後、8月2日(金)に『祝詞集』の注文を受けている「千」さんから礼状も届いた。
 籠神社からのお砂と乙女神社の山椒が入っていた。

 敦賀の北津と籠神社のある宮津からの知らせなのですごいシンクロ。

○ 詰襟の軍服のような服装をした国常立命の映像の白日夢。
 女房は
「神様ではないような気がする」
 と直感的に言う。
 どういう意味を持つのだろうか?
 どっかの絵で見ているんだが、どこだったか思い出せない。

10月16日(水)、台風26号が関東に接近

布袋、後ろに立たれる天照大神・天照皇大御神の白日夢

午後9時に台風27号が発生

 台風26号(ウィパー)が関東に接近。
 10月11日(金)午前3時、日本のはるか南のマリアナ諸島付近で、熱帯低気圧が台風26号(ウィパー)に変わったものだ。
 10月10日(木)に「緊急性」のある方の処理をした結果が台風26号(ウィパー)へ変化させたものだろう。
 東日本に戦後最大級の勢力で上陸した台風にあたる平成16(2004)年10月に発生した台風第22号(マーゴン 〜 山の名前)以来の台風の接近。

台風26号の接近

○ 伊邪那岐命と伊邪那美命の国生みは
「二島、八島、六島、合わせて十六島」生んでいる。
 その総数は「26」だ。
 第62回式年遷宮が終わって、台風26号が10月16日(水)に関東にやってくることに意味があるのだろう。

○ 午後に、10月10日(木)の「緊急性」のある方の再視聴だったらしい。

○ 布袋の登場。

布袋

 続けざまに、布袋の後ろに天照大神が立たれ、天照皇大御神が立たれていった。

○ 10月16日(水)午後9時、台風27号が発生。

 気象庁の観測によりますと、10月16日(水)午後9時、日本のはるか南のマリアナ諸島の付近で熱帯低気圧が台風27号に変わった。

台風27号の発生

10月17日(木)、朝の白日夢、東の空に舞う聖観音

お風呂のときの白日夢、西に女鹿そして東に大きな牡鹿が現れる

アメリカのデフォルトの期限(日本時間17日午後1時)

島根県出雲市平田町で3つの太陽

昼、相模原の方から電話。夕方烏窓「明日にお会いしたい」

 朝の白日夢。
 東の空に舞う聖観音。

○ 朝のお風呂のときの白日夢。

 西に女鹿、東に大きな牡鹿が現れる。

○ 米上院、債務上限引き上げ法案を可決。

【AFP=時事】
 米上院は16日夜(日本時間17日朝)、連邦政府の債務上限を引き上げて米政府機関の一部閉鎖を終わらせる法案を賛成81反対18の賛成多数で可決した。
 超党派の多くの議員が賛成した。
 債務上限の引き上げ期限の17日午前0時(日本時間17日午後1時)まで4時間を切っており、上院に続いて下院でも可決される見通し。
 法案が上院で可決されたことを受けて、バラク・オバマ(Barack Obama)大統領は
「米国の政治指導者らは国民の信頼を取り戻す必要がある」
 とする短い声明を発表した。
 債務上限引き上げは平成26(2014)年2月7日(金)までとなっているが、財務省の措置により暫定的にこれ以降の借り入れも可能となる。

◆アメリカのデフォルトはありえないだろう、という意見も根強い。

 世界の通貨はドル建てなので、経済をインフレに持っていき、ドル建て債券の実質的価値をすこしずつ目減りさせていけば借金は容易に返せる。
 だからデフォルトはありえないだろう。
 例えば、FRBに頼んで(国債をFRBに直接引き受けてもらって)ドル紙幣を大量に印刷してもらい、ハンバーガー一個100ドル、マクドナルドの店員の時給も数百ドルとかいうような状況を作り出せば、税収も額面では今の数十倍の100兆ドルとかになりますので、ドル建ての借金はいくらでも返す事が出来る。
 (為替相場は戦前みたいに1ドル=2円とかになりますが)。
 自国の通貨をどうしようが、最終的にドルで外国の借金を返済しなければならなかったロシアやアルゼンチンと違ってアメリカはこういう裏技を使えるわけです。

○ 昼、相模原の方から電話あり。

 相模原の方と、烏窓には、7月25日(木)にお会いしている方だ。

○ 【3つの太陽と逆さ虹 〜 島根県出雲市平田町】

3つの太陽と逆さ虹  島根県出雲市平田町で。
 松江市の会社員、西村大輔さん(39)さんがスマートフォンでパノラマ撮影。
 2013年10月17日(木)に、太陽が3つあるように見えたり、逆さまの虹が現れたりする気象を原因とする大気光学現象が島根・出雲地方で同時に起きたことが10月18日(金)に分かった。
 出雲では全国から神々が集まるとされる「神在(かみあり)月」(旧暦の10月)の時期を迎えており、「本物の神が降臨したようだ」と驚きの声が上がっている。
 松江市の会社員、西村大輔さん(39)は10月17日(木)午後3時半ごろ、出雲市平田町を車で走行中、上空の異変に気付いたという。太陽の周りを光の環が覆い、両サイドに太陽とほぼ同じ明るさの光源が見られたほか、太陽の上方には逆さまの虹も見えた。
 松江地方気象台によると、太陽の周りの光の輪は「内暈(うちがさ)」、両サイドの光源は「幻日(げんじつ)」、逆さまの虹は「環天頂(かんてんちょう)アーク」と呼ばれる大気光学現象。いずれも上空の薄雲を形成する無数の氷の粒の働きで、光が屈折してできる。
 3現象が重なるのは珍しいという。

【逆さまの虹と3つ太陽】

 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/photos/131018/wlf13101819540027-p2.htm
【3つの太陽と内暈(うちがさ)】
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/photos/131018/wlf13101819540027-p1.htm

3つの太陽と逆さ虹

○ 夕方烏窓から電話あり。

「明日(10月18日(金))にお会いしたい」

10月18日(金)、朝の夢「般若心経を学ぶ若い髪の長い子」

朝お風呂に入ったあとの白日夢「鯛を抱えた恵比寿さん」

渋谷で烏窓。

 朝の夢。
 低木の茂みが多い広い公園のようだ。
 低木の茂みのなかに金城と女の子がいる。
 金城が髪の毛の長い女の子に般若心経の読み方を教えていた。
 金城は私を見つけて
「お兄さん、代わって教えてあげてよ」
 と言ってきた。
 金城が教えている般若心経の教科書は、歴史的な風格を備えている立派なものだった。
 こういうテキストで教えられることを光栄に思った。
 時間が来たので、それぞれが帰ることになった。
 私はアルファードに乗って自宅に帰ろうとすると、女の子はマウンテンバイクのような自転車だった。
 行き先を聞いてみると、石神井公園だという。
 それで、私はその子のマウンテンバイクを後部座席に乗せ、石神井公園まで乗せて来てあげた。
 そこで目覚めた。

○ 朝お風呂に入ったあとの白日夢。

「鯛を抱えた恵比寿さん」
 が近づいてくる。
 続いて、米俵を担いだ大黒さんもやってくる。

 続いて現れてくる映像。

 大きな山の頂がエンピツ岩のように尖がっている。
 周りは深い断崖になっていて誰も近づけない。
 そのエンピツ岩に大きな鹿が立って周りを睨みつけている。
 昔はエンピツ岩も周りの岩場とつながった豊かな山だったのだろう。
 いつの頃からか、大きな鹿は誰も寄付けず、近づいたものを追い払うようになっていったものらしい。
 追い払うたびに、山の頂はエンピツ岩のように孤立していった。
 そのエンピツ岩が急に崩壊し始めて、孤高の大きな鹿はがけ底に落ちていった。
 崖上からは、小さな恵比寿さんや大黒さんのオモチャが投げ込まれていった。
 大鹿の周辺に小さな恵比寿さんや大黒さんがいっぱい浮いてその大鹿を助けるためであった。

○ 渋谷で烏窓。

 事業展開についての勉強会。
 那岐・那美の聖地への奉納とビジネス展開。
 仕事のできる人材の派遣と資金の集中。

10月19日(土)、山形の居間で舞う巫女

夕方、川行の区長、五十嵐悟、金城、永福寺

 朝の映像。
 山形の居間で舞う巫女。
 キハが舞っているかのようだ。

○ 夕方に田舎へ電話。

 川行の区長に電話をして家をどうするのかの説明。
 五十嵐悟さんに電話をして水田の引き受けてもらえるように依頼。
 → 10月21日(月)の夜に電話をもらえることになった。
 金城に納骨の電話。
  金城も尖閣諸島の問題と顧客の高齢化のために厳しそうだ。
 町屋の六柱神社に自宅の神棚の件で連絡。
 永福寺に仏壇の「御魂抜き(みたまぬき)」「お精抜き(おしょうぬき)」の相談。

 今日電話してみて、何とか弟の協力を得られそうだと実感。

 田舎をきれいに片付けることなく前に進むことはできないだろう。

10月20日(日)、亡き母の誕生日であり光宮(みや)の誕生日

籠神社からもらった猿田彦大神からの清砂

川行は棚倉構造線上にあることを確認

 亡き母(清)の誕生日であり光宮(みや)の誕生日。
 籠神社の「猿田彦大神からの清砂」をみて母親が生まれた昭和7年の干支が気になった。
 昭和7年は「申年」だった。
 うまくはまっていると思う。
 「申年」生まれの母親(清)の遺言の通り、山形の実家を解体したらお清めとして、籠神社の「猿田彦大神からの清砂」を使わせてもらおう。

○ 地図に落としてみて、棚倉構造線は川行の上を通っていると確信。

 田舎をきれいに片付けることなく前に進むことはできないだろう。

棚倉構造線

10月21日(月)、台風28号の発生

山形に行く準備、仏壇の精抜き・たもと

 10月21日未明、マーシャル諸島付近の太平洋で台風28号が発生した。
 日本接近の恐れがある27号のあとを追うように西に進む見込み。
 気象庁によると、10月21日午後3時現在、台風28号の中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。
 この後、発達しながら27号の後を追うように速度を早めながら北西に進む見込み。
 10月24日(木)には強い勢力となり、進路を次第に北寄りに変えると見られるという。
 一方、非常に強い台風27号は、今週半ば以降に強い勢力で日本に近づく恐れがあるという。
 台風27号と28号が接近で台風27号と28号が干渉し合う「藤原効果」が生じる可能性がある。

「藤原効果」とは

「藤原効果」とは、戦前、当時の中央気象台長だった藤原咲平氏が提案した効果で、「二つの台風が接近(その距離は台風の大きさに依存するが、ふつう1000km以内)すると、ある点を中心に反時計回りに回転運動をする」こと。
 大きくわけて二つのパターンがある。
(1) 2つの台風が同じくらいだった場合。
 一定の距離(典型的な台風の直径である1000キロ程度が目安)までは近づこうとするのですが、それ以上は近づくことは出来ず、お互いに影響し合うのだといいます。
 2つの台風を結んだ点を中心に、2つの台風が反時計回りに動き、進路が複雑な動きをすることがあるといいます。
(2)2つの台風の勢力がまったく違う場合。
 勢力の小さい方の台風が、大きい方の台風に吸い寄せられ、吸収されることがあるといいます。
 気象庁によると、勢力的には同じ程度ということで、上記(1)のパターンに当てはまる可能性があるとのことです。

台風28号の発生が発生した。

○ 永福寺に仏壇の「御魂抜き(みたまぬき)」「お精抜き(おしょうぬき)」の相談の結果、10月24日(木)の行うと決まった。
 10月24日(木)はその後にたもと(水田)の取り決め。
 10月25日(金)に神棚のお払い。
 遺影は鶴岡に預けておく。
 10月23日(水)の夜光バスで山形に行って、10月26日(土)の朝東京に帰ってくることにした。

10月22日(火)、烏窓

フェイスブックページを非公開にした

 烏窓関係の所沢の人。

○ 6月13日(木)に勉強し、6月15日(土)から作り始めたフェイスブックページを非公開にした。

10月○○日(?)、山形の家の新築は「昭和47(1972)年9月23日」

 登記簿謄本を改めて見直している。
 羽黒の家の新築は「昭和47(1972)年9月23日(土)」になっている。
 登記申請日は「昭和47(1972)年10月2日(月)」だ。
 「昭和47(1972)年9月23日(土)」は私が中学校2年生(13歳)のときだ。
 本年で41年経つ事になる。
 たもと(水田)は、伊藤勇さんから借りていたのだが、昭和50(1975)年6月10日に売買している。
 これは私が高校2年生のときの話のようだ。

10月23日(水)、根抵当権を外す手続きの依頼

取引先に代表が「完之」から「亨果」さんへ

夜に「メビウスの輪」

山形にいくためにバスに乗り込む。箱の映像

 根抵当権を外す手続きの依頼。
 平成13年に返済が完了しているものだ。

○ 取引先から、代表が「完之」から「亨果」さんへ変更する通知があった。

○ 夜「メビウスの輪」を報道するテレビがあった。

○ 田舎の処理をするために山形へのバスに乗り込む。
 箱の映像。

10月24日(木)、仏壇の精抜、司法書士へ相続の手続き

たもとを悟へ、不動産屋さんへ

 10時から仏壇の精抜。

○ 司法書士へ相続の手続き。

 まず私が全てを相続し、その後の段取りにする。
 相続が完了したという連絡は10月29日(火)に山川不動産を出た直後に受けた。

○ 農業委員会へ。

 「悟」と待ち合わせ。

○ 山川不動産へ。

 今日契約ができないために、契約の段取りの確認。

10月25日(金)、母親名義の通帳の解約、玄関で待つ弟

通帳や供養をしてもらうものをお炊き上げへ

宮司さんに神棚や家のお清め

 母親名義の通帳を解約し、家に戻ると、玄関前で弟が待っていた。
 まず家から弟が離れてくれたようだ。
 弟の協力があったことが判る。

○ お昼を取っているとき、山川不動産から電話があった。

「契約できる日が10月29日(火)に決まった。13時30分でいいか」
 という問い合わせだった。

○ 母親の思い出に残るものをお炊き上げに出す。

○ 宮司さんに神棚や家のお清め。
 宮司さんに籠神社の猿田彦大神の「清砂」を保管してもらった。

○ 鶴岡市城南町の親戚で川行の位置について話す。

 成田の家が背負った重荷だ。
 この重荷を誰かが外さなくてはいけない。

10月26日(土)、東京に戻り位牌の注文、渋谷へ

 早朝に東京に戻った。
 納骨に備えて位牌の注文。
 成田春吉、成田清、成田守の3名連記の位牌を注文した。
 位牌を注文するとき雪江おばあさんのことが急に思い出されてきた。

○ 渋谷へ。

10月27日(日)、朝の夢枕にゆきゑおばあさんが立つ

 朝の夢枕にゆきゑおばあさんが立つ。
「先祖を割って供養してはいけない」
「位牌を分けて持って行くのはいけない」
「位牌は一つのまとめるように」
 とのことだった。
 納屋にいる父親のイメージがあるし、隅っこでイジイジしている新潟のおじさんのイメージがある。

○ 昨日、成田春吉、成田清、成田守の3名連記の位牌を作ったことに対する注文だ。

10月28日(月)、根抵当権抹消手続き、渋谷で観音さんと会議

夜山形に行くとき「隣の婆さん」

 錦町の根抵当権を抹消するための申し込み書を大阪に返送した。
 11月5日(火)に抹消書類を受け取った。

○ 渋谷で観音さんと会議。

 先週(10月23日10月24日)、七福神さんは東京に来ていたらしい。
 10月13日(日)から続いた夢のイメージは当たっていたことだけ確かだった。

○ 田舎の処理をするために山形へのバスに乗り込む。

 雪江おばあさんの背後に隣の家のお婆さんが控えている。
 雪江おばあさんの後ろ脇に立ち、何かを突きつけて脅しているようにも見える。
 そういえば、お隣とは昔からトラブルがあった。
 おじいさんの代には隣地境界を巡るトラブルがあった。
 うちの親父の代になっても隣の爺さんとの争いが絶えなかった。
 家を新築するに当たって隣地境界を巡るトラブルは克服したが、新たに雪のトラブルが現れることになった。
 2階から落ちる雪のトラブルだ。
 トラブルは3代に渡っていた。

○ ゆきゑおばあさんの背後からお隣の婆さんが出てくるとは思わなかった。

10月29日(火)、和尚さんに糸魚川の叔父さんの相談

鶴岡市錦町の貸家の売買契約

 和尚さんに糸魚川の叔父さんの相談。
 夢枕に立った雪江おばあさんの位牌の話の相談。
 一周忌のときに位牌を改める話。

○ 鶴岡市錦町の契約。

 引渡しは11月29日(金)までに行う。

10月30日(水)、心の神様「今日は大事なことが決められる日なんだよ」

私名義の権利証の到着。位牌ができたと連絡あり。

渋谷へ。四日市の方

お隣の婆さん「まず隣の家がつぶれてくれて良かった」

 朝起きるとき
「今日は大事なことが決められる日なんだよ」
 と心の神様に告げられる。
 そういう日は謹んで過ごすべきだ。
 祝詞を奏上する時間も指定されてくるだろうし、動かされるままに動こう。

○ 朝一番で渋谷での会議の段取りが決まった。

○ 昼前に私名義の権利証に到着。

10月26日(土)に注文した位牌ができたと連絡。

 東長崎に受け取りに行った。
 田舎の位牌についての相談もしてきた。

○ 渋谷での会議。

○ お隣の婆さんの言葉。
「ま〜んず、隣の家がつぶれてくれて良かった」
 隣の家の恨みや呪いの念の背後に「怒りと憎しみと妬み」の本当の実体が隠れていた。
 日本各地の聖地を周ってもピントが合いきらなかったはずだ。
 川行の実家の隣との確執の中に「怒りと憎しみと妬み」の実体が隠れていたのだ。

10月31日(木)、糸魚川へ

 糸魚川へ。
 ゆきゑおばあちゃんが現れて
「満夫のこと、よろしく頼むの」

 と言ってくる。

「山形の家の取り壊しの段取り」
「お墓」
「葬儀になったときの段取り」
「遺言書の作成の件」
 あらかた決まった。

 生きている血筋で協力して実家を取り壊せることが決まったのが大きい。

○ 岐阜羽島の方のご縁の方が東京へ。
 私は糸魚川に行っているのでお会いできていない。

11月1日(金)、母親の夢「さて、俺もでっかの」

横須賀の走水、権利証を取りにいく

 朝起きるときの夢
「さて、俺もでっかの」
 家から出て玄関に鍵を掛けようとしているようなのだが、その鍵がはまらないらしく、何度も鍵を鍵穴に入れなおそうとしているようだ。

 私

「お袋さ、お袋が鍵をどこにやったか判らなかったから、新しい鍵を買って付け直してるんだよ」

○ 横須賀の走水のシオノ。

○ 石神井公園郵便局まで権利証を取りにいく。
 名義変更の件は確認したので、相続の件はこれで落着した。

○ 神様がちゑさんの脇に立たれて抱き上げているかのように見える。

11月2日(土)、夢「茜色の朝焼け」、日の出前ということか

母親の納骨のため糸魚川 - 山形へ

 朝の夢。
「茜色の朝焼け」
 太陽が出る前の茜色だ。
 今が日の出前ということか?

○ 母の納骨の前に糸魚川へ。

 車を運転しているとき、母の遺影が「ちゑさん」の喪服姿に変わったり、「鶴岡のおばさん」の喪服姿に変わっていった。
 10月31日(木)に話してあったように子供たちを連れて行った。
 この後、山形へ。

11月3日(日)、「最後ともなるやもしれぬ、よく見おさめておくように」

母の納骨。おじさんたちのお墓の注文

 納骨の前に写真を撮っていると、
「これが最後ともなるやもしれぬのでよく見おさめておくように」
 そういう声だ。

 よく遊んだ皇太神社と分校のあったグランド。

11月3日(日)の母の納骨のときの写真)
お墓

赤い屋根が取り壊し前の実家

○ 13時30分から母の納骨。

 三瀬、鶴岡、酒田が来てくれた。
 納骨が終わって鶴岡から10月25日(金)に預かっておいてもらった遺影や写真を一式受け取った。
 鶴岡に行く手間が省けた分だけ助かったが、違和感が残った。
 子供たちが鶴岡を訪問する最後のチャンスを逸したことになった気がする。

○ 糸魚川のおじさんたちのお墓の注文。

11月4日(月)、おばさんの遺影がまとわりついて日が変わっても眠れない

再度川行のお墓参り、懐かしの秘山、三瀬の水上げ

白日夢「お墓を開ける鶴岡のおばさん」

「そなたたちが次に住む場所は用意してある」

 11月3日(日)の日が変わってもなかなか眠りにつけない。
 お寺の駐車場で遺影をもらった件とおばさんの遺影が私にまとわりついて、眠りに入れない。
 眠ったり目覚めたり、中途半端な夜になった。

○ 午前中に再度お墓参り。

 次、懐かしの秘山。
 平成7(1995)年、心の神様が降りてきて、伝えてくれた山だ。
 18年間、あっという間だった。

○ 昼前に、三瀬の水上げ。

○ 山形道を通り東京に向かい始めると、お墓を開けてお墓のなかを探している鶴岡のおばさんの姿が映し出されてきた。
 成田の家には、
「成田の家を祟って潰してやる」
 と言って自殺した「女の人」がいたと伝えられていた。
 私がみたところその「女の人」は生まれ変わって成田の家に嫁いできていて、自分が呪った家の苦労を背負わされることになったようだ。
 今ここに鶴岡のおばさんの姿が映し出されてきたということは、その「女の人」は鶴岡のおばさんとして再々度生まれ変わって、成田の家の苦労を味わされることになったようだ。
 10月25日(金)に成田の家と川行の因縁を聞いたとき鶴岡のおばさんは
「それは亨しかできないことだ」
 という感想を言った。
 過去の因縁からの感想だったのかもしれない。
 成田の家の墓にある過去の記憶を探し出そうとしているのだろうか?

 成田の家の先祖の遺影は東京に持ってきている。

 ひとまずは鶴岡のおばさんの影響からは離れることができそうだ。
 でもこの遺影をどこに置こうか思案する。
 その時の声、( → 大神
「そなたたちが次に住む場所は用意してある」
 という。
 逆らわずに素直に従おう。

11月5日(火)、根抵当権を抹消するための書類一式

貴婦人のような姿でお墓に立つ鶴岡のおばさん。烏窓。

「すごいものができるんだよ。あなたを欲しいといっている女の人がいる」

 10月28日(月)に頼んだ錦町の根抵当権を抹消するための書類一式を受け取りに行った。

○ 黒い喪服の貴婦人のような姿でお墓に立つ鶴岡のおばさんの白日夢。

 成田の家のお墓の前で、実家が解体されていく様子を見届けてくれるのだろうか?
 最後の区切りとなってくれればいい。
 これで3日間続けて同じ趣旨の映像をみることになった。

○ 烏窓から国家のエネルギー政策のつながるかもしれない人物の話。

○ 心の神様から質問
「網はそんなに多く必要なの?」
「泣いている人がいっぱいいるよ」

「もっとすごいものができるんだよ」

「あなたを欲しいといっている女の人がいる」
 この言い方って何?
 微妙な言い回しだ。

11月6日(水)、神棚の脇の廊下に立つ弟が熊野神社に入っていく

パソコンを購入したときのヤマダCの解約

「今後そなたたちがお○で困らぬように祝詞を宣れ」

午後の白日夢「きれいな大きなバス、スポーツカーのような乗用車」

 11月5日(火)が明けて2時くらい、私がトイレに立つと、神棚の脇の廊下に弟が立っている。
 弟は、神棚の左に祀ってある熊野神社に入っていったようだ。

○ パソコンを購入したときのヤマダCの解約。

 ハサミで切り刻んでいるとき
「今後そなたたちがお○で困らぬように祝詞を宣れ」

 という声が聞こえてきた。

○ 午後の白日夢。
 私は深くて大きく切り立った谷底に降り立ったようだった。
 きれいな大型バスが1時の方角にあり、手前の7時の方角にスポーツカーのような乗用車が置いてあった。
 深くて大きく切り立った谷底から2台の車が引き上げられてきた。
 中にどういう人が乗っているのかと覗いてみると、中にあるのは、汚れた鉱物のようなものだった。
 記憶を留めている磁鉄鉱の塊だろうか?
 この磁鉄鉱の塊がいろんな習慣を引き寄せるのかもしれない。

11月7日(木)予告された日。新潟市へ

 ある人が、平成24(2012)年1月23日(月)にある方から次のような趣旨のメールを頂戴したのだという。
「 明日平成24(2012)年1月24日(火)は大地震起きないよ。
 昔、中国から伝わる日本の古い年暦(大正時代〜何百年先の未来まで記載されてる占い)
   ※毎年神社(厄年)などで配られる本の元帳みたいな物です。
 見えない力を持った占い師さん(今年90才)にその年暦を見せてもらい、本で確認しました。
 今までの大災害「関東大震災・阪神淡路大震災・長崎雲仙噴火・中越地震・東日本大震災など」が全て当たっていたのが怖いです。
 次の大災害の日
 2013年11月7日(木)
 2013年11月25日(月)
 が関東大震災と全く同じ火の大災害で最悪な日です。」

 今の私にとっては、地震が起きてもいいし、起きなくともいい。

 地球や宇宙が大変革の事象のなかに入ろうとしていることだけは確かに感じ取れる。
 大きな変動の局面を迎えるときは必ずやってくるだろう。

○ 早朝から新潟へ。

 新潟市の白山神社(はくさん)と護国神社への報告。

11月8日(金)、台風30号、フィリピン中部のサマール島に上陸

大阪天満宮と淀川、淡路島の都さん

 台風30号、日本時間5時40分頃にフィリピン中部のサマール島に上陸。
 11月23日(土)の段階で、台風30号の死者は「5209人」 と公表されている。

 甚大な被害をもたらした。

 平成25年台風第30号は、2013年11月4日(月)午前9時(協定世界時11月4日0時)、トラック諸島近海で発生。
 台風の発生数が年間30個を越えたのは1994年以来19年振り。
 台風の当初の中心気圧は1002ヘクトパスカルであったが、太平洋上を西に進みながら11月5日から6日にかけての24時間で中心気圧は40ヘクトパスカル低下、中心付近の風速45メートルに達するなど急速に成長し、規模は小さいながら「非常に強い台風」となって6日にはカロリン諸島を通過。
 フィリピンに向かって進んだことから、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)によってフィリピン名ヨランダ(Yolanda)と命名された。
 11月5日夜から6日夜にかけての24時間で中心気圧が65ヘクトパスカル低下して905ヘクトパスカルに達し、6日21時には中心付近の風速60メートル、最大瞬間風速85メートルの「猛烈な台風」となってフィリピン海を西北西に進んでミンダナオ島に接近。
 7日21時、更に中心気圧が下がって895ヘクトパスカルに達し、中心付近の風速65メートル、最大瞬間風速90メートルと観測史上例をみない勢力となった。
 台風は現地時間8日午前4時40分(日本時間5時40分)頃にフィリピン中部のサマール島に上陸。サマール島からレイテ島、パナイ島とフィリピン中部ヴィサヤ諸島を横断して南シナ海へ抜ける進路を取った。
 なお、8日朝の時点での勢力について合同台風警報センターは最大風速87.5メートル、最大瞬間風速105メートルとしている。
 台風は8日夕方までに若干勢力を弱めながらも「猛烈な台風」の規模を維持したままスールー海に達した。

○ 大阪天満宮と淀川。

 淡路島の都さん。

11月9日(土)、教育勅語と天壌無窮の神勅

堀江貴文氏の刑期満了日

 教育勅語と天壌無窮の神勅。
 メチャンコ面白かった。

○ 堀江貴文氏の刑期満了日は、2013年11月9日24時まで。

 平成25(2013)年3月27日(水)、堀江貴文氏が、仮出所!
 平成23(2011)年4月26日(火)に上告が棄却され、平成23(2011)年5月21日(日)に異議申し立ても棄却され、平成23(2011)年5月20日付けで刑が確定し、平成23(2011)年6月20日(月)に東京高検に収監されていた堀江貴文氏が出所した。

11月10日(日)、白日夢「額の目から光が出ている、夫婦岩を上空から」

13時13分発の新幹線13号車13番席E

新潟からの電話があった

 ホテルで朝の身支度のため、鏡を覗き込むと、額の目から光が出ていて辺りを照らしている自分の姿を見出した。
 時間があるので、少し横になっていると、伊勢の夫婦岩へ上空から降り立とうとしているようだった。
 山形の田舎のお墓にもいったし、いろんなところに赴いた気がする。

○ 淡路島に行く予定だったが、案内してくれる予定の方が疲れでダウン。

 当初の予定通りに帰ることになった。
 私の席は13時13分発の新幹線13号車13番E席。
 座席に行ったら、おばさんが座っていた。
「ここは私の席ではないですか?」
 と問うと、おばさんはチケットを見直して
「あら、ごめんなさい」
「私は13号車7番E席だったわ」
 137 という数字を出してもらえる評価ということだったのだろう。

○ 品川について新潟から電話があった。

 そういえば、10月7日(月)に大阪から帰って品川に着いたとき、大阪から電話があったことを思い出した。

11月11日(月)、白日夢「鍵がいっぱいついた輪がいくつも現れる」

久五郎「納屋の解体の件」、千引の岩戸とコト戸とは

素神(?)「この世の終わりとなりぬ」

天之大神「神の力を強めるゆえ夢で知らせることになろう」

 昼の白日夢。
 鍵が数個ついた輪や鍵がいっぱいついた輪が現れてきた。
 扉を開けるには確かに鍵は必要だが、無数の鍵を持っていても、どの鍵を使ったらいいのかわからないだろう。
 扉があり、開ける鍵が揃わなければならない。

 御神意に沿って動かないと、鍵と扉は揃わない。

○ 夕方、久五郎から電話があった。
「納屋も解体して欲しい」
 山形の自宅には人の手が入っているようなので安心した。

○ 千引の岩戸とコト戸について考えていた。

 「8と9、9と8の境を開くのが59の御魂」
 物事の「事」。
「その事はさ、・・」というときの「事」。
 因果応報と過程が分離されている状態が「コト戸」だ。

○ 国生みについての復習のとき素数表の整理しているとき、素神(?)から、

この世の終わりとなりぬ
 山形の解体に着手されたことを知った日が、「この世の終わり」と定義されたかのようだ。
 山形の実家の仏壇に大日如来を見てきたこととも関係していて、山形の実家が光と音の最後の結び目であったかのようだ。

11月11日(月)に天之大神から( → 大神

「どう変えるかではなく、どう生き抜くかじゃ、生き抜いていく先に光が生まれてくる、その光に向かって進め」
「むやみに動いてはならぬ」
神の力を強めるゆえ夢で知らせることになろう
「神の力を使えぬと寂しいことになるぞ」

11月12日(火)、お寺の開山堂に立つ鶴岡のおばさん、膣のようなヒダ

渋谷へ。出雲で神迎祭(旧暦10月10日)

 お寺の開山堂に鶴岡のおばさんが立っている。
 成田の家の位牌をとって、
「わがいとしき人よ」
 と言って抱きしめた。
 成田の位牌の背後から、黒い液体のような気体のような物体が飛び出しおばさんを包み込んでいった。
 それをみた私は
「やばいんじゃない」
 と語りかけたのだが、おばさんは私を静止してくる。
 鶴岡のおばさんとの関わりは11月2日(土)からだ。

 場面が実家に変わった。

 実家の場面が膣のようなイメージで、そのヒダのなかから翼竜や顔の尖がった人物などが現れ出てきた。
 妻に言わせると
「鬼門のようなものね」
 という。

 昨日素神(?)から、

この世の終わりとなりぬ
 と宣言されているので、「この世」の裏側や隅っこ隠れていた者たちが現れ出てきたというこのだろうか?

 となれば、これから現れ出てくるのが史上最大の到達点ということになろう。

○ 渋谷へ。
 11月12日(火)の別記録へ。

○ 出雲で神迎祭(旧暦10月10日)が始まる。

 国譲り神話の舞台でもある稲佐の浜で、神々をお迎えする神迎神事(かみむかえしんじ)が行われます。
 夕刻7時、浜で御神火が焚かれ、注連縄が張り巡らされた斎場の中に神籬(ひもろぎ)が2本、傍らに神々の先導役となる竜蛇神が海に向かって配置されます。
 神事が終わると、神籬は両側を絹垣で覆われ、龍蛇神が先導となり、高張提灯が並び奏楽が奏でられる中、参拝者が続き、浜から出雲大社への「神迎の道」を延々と行列が続きます。
 この後、出雲大社神楽殿において国造(こくそう)以下全祀職の奉仕により「神迎祭」が執り行われます。
 これが終わると、ようやく神々は旅(宿)社である東西の十九社に鎮まられます。

11月13日(水)、夢の知らせ

出雲の神在祭11月13日(旧暦10月11日)・17日・19日

 朝起きるとき、業務に関わる夢 → 11月13日(水)の別記録へ。
 11月11日(月)に天之大神から「夢で告げる」と告知されたため、本日から夢の記録を別記録に記す。

 人物名

 人物名
 電話番号

 電話番号

- - - - - - - - -

○ 出雲で神在祭りが始まる。

 11月13日(旧暦10月11日)
 11月17日(旧暦10月15日)
 11月19日(旧暦10月17日)

○ 昼のうたた寝のときの「14時30分」という時間を見て目覚めた。

 実際は、13時32分だったのだが、目覚めるときの直感は
「これまでの仕事に区切りがついた」

 というものだった。

 出雲では、平成25(2013)年5月10日(金)夜、「平成の大遷宮(だいせんぐう)」として60年ぶりの大規模改修を終えた本殿に仮殿からご神体を戻す「本殿遷座祭(せんざさい)」が営まれた。
 国宝の本殿にご神体が戻るのは平成20(2008)年4月20日(日)以来5年ぶりで、氏子や遷宮に携わった関係者ら約1万2,000人が「神様の引っ越し」を見守っている。
 伊勢では、10月2日(水)に内宮の遷御が行われ、10月5日(土)に外宮の遷御が行われている。

 結局、出雲の神様の動きに基づく実感のようだ。

11月14日(木)、「ある人」の名を呼んで目覚めた、「ある方」から電話

 「ある人」の名を呼んで目覚めた。
 11月14日(木)の別記録へ。

○ 11月13日(水)の別記録で記した方から電話があった。

 11月11日(月)に天之大神から告げられた通りになっているのだろう。

11月15日(金)、「大日如来堂」

今日予定された事柄。

保江邦夫、飛鳥あきお、ムー大陸関係、人民解放軍関係の書籍

 朝起きるときの言葉。
「大日如来堂」
 大日如来が「仮面」や「隠れ蓑」を意味し、大日如来がどういうものかについては考察済みだ。

○ 本日予定された事柄についての朝起きるときの言葉。

「そなたが考えていることと違うが、そなたの目的は達成されるであろう」
「そなたにとっては厳しきことになるぞ」
 そういうお告げであった。
 私は
「それは間違っている」
 と思った。
 目的が達成される過程(事柄)が大事で、ともに物事を作り上げていく関係の喜びが大きくなって次の時代に入っていくので、目的が達成されることが問題なのではない。
 しかも、私たち人間が設定する目的が神の意思に合致している保障がない。
 目的が達成されていく過程の中に、物事をやり遂げていく喜びがなくてはダメだ。

「そなたがそのように考えているのなら、そのように祝詞せよ」

 ということであった。(朝7時25分)

○ 書籍の注文。

 保江邦夫、飛鳥あきお、ムー大陸関係、人民解放軍関係の書籍の注文。

11月16日(土)、飛鳥昭雄「八咫烏の謎」

15時13分に四国の女の方から電話

浅草の雷門とスカイツリーへ、美穂と光宮(みや)の撮影会

 飛鳥昭雄「八咫烏の謎」が到着。
 まず読み始めてみよう。

○ 15時13分に四国の女の方から電話。

 まずは雷門に出かけてみよう。
 そして、スカイツリーに行くことになった。

○ 美穂と光宮(みや)の撮影会の案内。

 11月24日(日)にいつもの赤羽ということになった。

11月17日(日)、久しぶりに読書三昧

 久しぶりに読書三昧。
 昨日の四国の方から磁石についての質問電話をもらった。

11月18日(月)、鶴岡市の司法書士に連絡

msn「太陽に異変が起きている。」という報道

 鶴岡市の司法書士に連絡。
 先週の金曜日の11月15日(金)に抹消謄本があがっているという。

○  太陽に異変が起きている(msn の報道)。

 今年は太陽の活動が強くなったり弱くなったりする11年周期の中で、活動がピークになる年(極大期)に当たり、通常なら、太陽の北極と南極の磁場が入れ替わる「極域磁場転換」が起きるはずなのだが、いまだに起きていない。
 さらに、活動ピーク年には増えるはずの“太陽の元気のバロメーター”とされる「黒点」も今年は異常に少ない。
「全く元気がなくパッとしない。明らかに異変が起きている」
 米航空宇宙局(NASA)の研究者、ジョナサン・サーテイン氏は先週、今年の太陽の活動を評して米メディアにこう語った。
 これまでの観測によって、太陽は11年ごとに北極と南極の磁場が入れ替わる「極域磁場転換」が起こることも分かっている。
 その詳しいメカニズムは不明だが、当該年は太陽の活動が最も活発になる年で、主に高緯度地帯に多数の黒点ができる。
 黒点は磁石のように強い磁場が起きている場所で、磁力によって太陽内部の熱が表面から放出されるのが抑えられているため、周囲より低温で黒く見える。
 黒点の地点は低温でも、その総面積は太陽のほんのごく一部であり、黒点が多発する時期は太陽全体のエネルギー放出量は増大する。
 太陽の活動ピーク年には、常時150〜200の黒点が観測されるのが普通で、大量の電磁波や粒子が放出され、こうした太陽嵐によって地球上の電信施設が損傷を受けることがしばしば起きてきた。
 しかし、今年はこれまで、観測される黒点は概ね50〜100ぐらいにとどまっており、ここ200年で最も少ないと言われている。
 また、NASAは今年8月5日、「黒点は少ないが、3〜4カ月以内に極域磁場転換が起きるだろう」と予測したが、3カ月半が過ぎた今でも、明瞭な兆しは現れていない。
 2006年9月に打ち上げられた日本の太陽観測衛星「ひので」が集めたデータによると、太陽の北極はすでに昨年から磁場がS極(マイナス磁場)からN極(プラス磁場)に替わっているが、南極は依然としてN極のままの状態が続いている。その一方で低緯度地帯(赤道近辺)にS極が現れ、観測史上例がない「太陽の磁極の4極化」という異常現象さえ起きている。
 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターで太陽磁場周期について研究するアンドレス・ハラミージョ氏は「生存している科学者で、これほど弱い太陽周期(活動)を目にしたことがある人はいない」と指摘する。

17世紀に類似現象

 かつて、今年と似た現象は17世紀にも起きている。その時は約70年間にわたって黒点がほとんど出現せず、地球は寒冷化した。記録によれば、当時、ロンドンのテムズ川では冬にスケートが楽しめたといい、日本でも京都のサクラの開花が極端に遅れていたことが文献によって分かっている。

○ 15時13分に四国の女の方から電話。

11月19日(火)、読書三昧

 読書三昧。

11月20日(水)、小笠原諸島西ノ島近海の海底火山が噴火

 11月20日(水)に小笠原諸島西ノ島近海の海底火山が噴火が確認された。

11月21日(木)、小田島司法書士事務所から電話あり

西之島近くで噴火で新島形成

 14時55分に小田島司法書士事務所から電話あり。
「糸魚川のおじさんの遺言が完成。東京に送る。」

11月21日(木)になっても小笠原諸島西ノ島の噴火は活発化し、<島>は成長しているそうです。

11月22日(金)、読書三昧

 読書三昧。

11月23日(土)、中国政府は東シナ海上空に防空識別圏を設定

素戔嗚神が神々に指令、天之大神「そなたを探しておるものがおる」

 中国政府は11月23日(土)、東シナ海上空に戦闘機による緊急発進(スクランブル)をするかどうかの基準となる防空識別圏を設定した、と発表した。
同日11月23日(土)午前10時(日本時間同11時)から施行した。
 発表された防空識別圏の図には沖縄県の尖閣諸島上空周辺が含まれている。  日本が既に設けている防空識別圏と重なり合っているため、今後、両国間の緊張が高まるのは必至だ。
 中国政府は1945年に設定された枠組みに挑戦し始めた。

○ 須佐之男命が神々に今お話申す

「コチョコチョ」
「モニョモニョ」
 聞き耳をたてるが、人間がこの列に加わることはできなさそうだ。

 聞こえると事では、

しおたまる
なんとか
わけ
みすまる
のたま
しらぎ
いちじょう

 天之大神から、( → 大神

「そなたを探しておるものがおる」
「いわふね」

11月24日(日)、美穂と光宮(みや)の撮影会、冨安宮司からの案内

賢一が遊びにくる

 美穂と光宮(みや)の撮影会。
 先週の平成25(2013)年11月16日(土)の夜に案内があったものだ。

○ 冨安宮司から

「解団式を終えたので、記念写真を送りたい」
 というメールがあった。

○ 賢一が遊びにくる。

11月25日(月)、体内に現れた2体の蛸足入道の火星人のような乗り物

一年前に予告された日、午後から品川へ

 体内の筒状の空間に現れた2体の蛸足入道の火星人のような乗り物。
 高校時代に骨折した左肘のシコリを基地にしているかのようだ。

「心臓」を攻撃されているような妙な緊張感がある。

○ ある人が、平成24(2012)年1月23日(月)にある方から次のような趣旨のメールを頂戴したのだといいます。
「 明日平成24(2012)年1月24日(火)は大地震起きないよ。
 昔、中国から伝わる日本の古い年暦(大正時代〜何百年先の未来まで記載されてる占い)
   ※毎年神社(厄年)などで配られる本の元帳みたいな物です。
 見えない力を持った占い師さん(今年90才)にその年暦を見せてもらい、本で確認しました。
 今までの大災害「関東大震災・阪神淡路大震災・長崎雲仙噴火・中越地震・東日本大震災など」が全て当たっていたのが怖いです。
 次の大災害の日
 2013年11月7日(木)
 2013年11月25日(月)
 が関東大震災と全く同じ火の大災害で最悪な日です。」

 今の私にとっては、地震が起きてもいいし、起きなくともいい。

 地球や宇宙が大変革の事象のなかに入ろうとしていることだけは確かに感じ取れる。
 大きな変動の局面を迎えるときは必ずやってくるだろう。

○ 午後から品川(細井先生)。

11月26日(火)、一日品川にいた

南極氷床下に活火山発見、海面上昇に影響も

 一日品川にいた。→ 11月26日(火)の別記録。
「君はいい人だね」
 それはそうだろう、人のために報酬を求めずに動けるのだから・・。
『聖書』の音読版の購入。
「またお会いしたいね」
 それはそうだろう、何かを売り込めるのだから・・。
 すごい営業力の人。
「聖書」のトピックを利用した商売。
「唯一の技術。」
「日本では売らない。」
 ネットで調べてみると「寸借詐欺」検索出来る人だった。

○ msnとヤフーの報道。

 南極の分厚い氷の下に、火山が潜んでいることがこのほど明らかになった。新たに見つかったこの火山は、噴火すれば南極の氷の減少を加速し、地球全体の海水面を上昇させることも考えられるという。
 今回の発見は、南極の氷の下から見つかった初の活火山となる。
 時期の予測は不可能だが、この火山が噴火した場合、
「氷の下に大量の(液体の)水が発生するだろう。たくさんの湖を満杯にするほどの量だ」
と、今回の研究を主導したダグ・ウィーンズ(Doug Wiens)氏は声明の中で述べている。

○ 東シナ海上空の防空識別圏(ADIZ)にB52が飛行。

 米国防総省は11月26日(火)、中国が設けた沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海上空の防空識別圏(ADIZ)を米軍機2機が事前通告せずに訓練飛行したと明らかにした。
 爆撃機は核爆弾を搭載できるB52。今回の飛行では爆弾を積まず、戦闘機の護衛もなかった。米国防総省によると、中国側からの警告や航空機による緊急発進(スクランブル)はなかったという。
 米軍は防空識別圏設定など中国の挑発は日本だけでなく、米軍に向けられたものと分析。
 非難声明による外交的な非難だけでは尖閣周辺空域の偶発的な衝突の危険性を抑えきれないとみて、その回避のために爆撃機による示威行動が必要だと判断した。
 B52はグアムのアンダーセン空軍基地から飛び立ち、米東部時間の25日夜に防空識別圏に入った。
 中国側は防空識別圏を飛ぶ場合に
「中国国防省の指令に従わなければならない。指令に従わない航空機には防御的な緊急措置を講じる」  と公告していた。

11月27日(水)、アイソン彗星、崩壊の可能性

監獄に封じられている女神たち、「この世の大泥棒だ!」

 太陽に近づいている注目の「アイソン彗星(すいせい)」について、米航空宇宙局(NASA)は11月25日(月)、彗星本体の核が完全に崩壊し、膨大な量のちりを放出している可能性があると報告した。
 11月26日(火)には、アイソンがここ数日に比べて暗くなったとの観測も伝えられた。
 (CNN)

○ 鶴岡のおばさんの白日夢。

 笛を吹き、実家の奥にある外陰部(膣)に弓を見定める。

 続いての白日夢。

 鉄条鋼でできた大きな監獄があって中に女神たちが封じられているように見える。
 まずその監獄の扉を開けた。
 いく人かの女神たちはなかから出てきて、監獄の中央にある小さな箱状の檻を目配せしてくる。

 そのなかにも誰か封じられているようだ。

 上の場面は、平成24(2012)年8月24日(金)に「続いてその他の囚人」が解放された後の監獄の中に通路があったのだと思う。
 平成24(2012)年8月10日(金)に韓国の李明博(イミョンバク)大統領が島根県・竹島に上陸し、さらに天皇陛下に対して非礼にあたる発言。
 平成24(2012)年8月15日(水)に香港の活動家が尖閣諸島に不法上陸。
 平成24(2012)年9月11日(火)に国有化発表。

「この世の大泥棒だ!」

 昨日11月26日(火)に会った人物のことを思い出していると、よく知った人物とピタンコ重なった。
 表現の仕方、言い回し、見事に一致している。
「君はいい人だね」
 それはそうだろう、人のために報酬を求めずに動けるのだから・・。
『聖書』の音読版の購入。
「またお会いしたいね」
 それはそうだろう、何かを売り込めるのだから・・。
 すごい営業力の人。
「聖書」のトピックを利用した商売。
「唯一の技術。」
「日本では売らない。」
 昨日の方は、宇陀市大室出身の「寸借詐欺」検索出来る人だったが、よく知った人物の規模は大きく「この世の大泥棒」といったところだ。
 規模が「この世」というようにあまりにも大きいため、「大泥棒」であることが自覚できなかった。
 いっぱい喰った!

11月28日(木)、「ISON(アイソン)」が近日点通過によって明るくなるか?

夜、夜光バスで山形へ

 平成24(2013)年10月10日(水)のMSNの報道。
「ISON(アイソン)」が地球と太陽の近くを通過し、史上最も明るい彗星になる可能性があるという。
 ロシアの天文学者たちが平成24(2012)年9月下旬に発見した彗星「ISON(アイソン、C/2012 S1)」だ。
 一生に一度の天体ショーを楽しめる可能性がある。
 軌道から考えて、ISONは太陽の極めて近くを通過し、2013年11月には太陽面から140万km以内に接近すると予想される。この時に高熱で表面が溶け、彗星からガスが放出されると考えられる。そして、2014年の1月までには、地球からの距離が約6,000万kmになると見られる。
 一部の推定では、こうした条件が重なって、ISONは満月よりも明るく見え、史上最も明るい彗星になる可能性があるという。
( 近日点通過前後の平成25(2013)年11月28日(木)には、視等級がマイナスになり、金星や満月の明るさを超える大彗星になる可能性が指摘されている )。

ISON(アイソン)

○ 夜、夜光バスで山形へ

11月29日(金)、錦町の決済のため山形へ

自宅が形ある中での最後の御祈祷

「ISON(アイソン)」が近日点通過、彗星が蒸発した可能性があるかも

 錦町の決済のため山形にきた。
 朝の6時30分に鶴岡に着いたとき雨だった。
 7時過ぎから雪になった。

 決済が終わって自宅に向かった。

 自宅が形ある中での最後の御祈祷を行ってもらった。
「週明けに重機が入り、建物の形は2日くらいでなくなる」
 ということだった。

○ アイソン彗星の概略。

 http://homepage2.nifty.com/turupura/comet/2013ison/hiruma/miekata_1129.html
 からの引用。

 アイソン彗星は、まるで太陽に向かって飛んでいく矢のように見える。

 11月29日(金)は、アイソン彗星が太陽へ最も近づいて近日点通過する日です。
 近日点通過は朝3時35分に起こり、東京ではその3時間後となる6時34分にアイソン彗星が昇ってきます。
 ですから日の出頃はアイソン彗星が太陽にかなり近づいた状態ということができます。
 これは彗星が明るくなっていい反面、太陽へ近づき過ぎて太陽光が邪魔になるうえに、観測には危険を伴うという悪条件ともなります。いってみれば諸刃の剣といったところでしょうか。近日点通過後の11月29日に、果たしてどのような姿を見せてくれるのか、見える方角や太陽に対する位置などを確認していくことにしましょう。

 11月29日7時頃(日の出直後)

ISON(アイソン)
 アイソン彗星が近日点通過する前後は、太陽に非常に近づいた状態となります。
 上の星図は、東京で日の出から20分後となる南東方向のようすです。
 アイソン彗星は太陽のすぐ左側にあります。
 太陽の中心から1.3度しか離れておらず、へばりつくような格好です。
 近日点通過から3時間ちょっとしか経っておらず、明るさは-4.3等です。金星なみの明るさですが、これだけ太陽に近いと、さすがに直接観測するのは困難でしょう。

 11月29日9時頃

ISON(アイソン)
 上の星図は、近日点通過から5時間半が経過した9時頃のようすです。
 彗星は太陽の左上側、ごく近い位置に見えますが、7時の場合と比べて左上方向に移動しています。このときの彗星の明るさは-3.2等です。7時から2時間しか経っていませんが、1等級も光度が落ちています。
 太陽からは1.8度離れてきましたが、やはり太陽に近すぎて観測は困難でしょう。

 11月29日15時頃

ISON(アイソン)
 11月29日(金)15時以降から日没にかけては、昼間にアイソン彗星を観測するのに最適です。
 太陽の高度が下がって太陽光が弱まりますし、彗星が太陽から少しずつ離れてきて観測しやすくなるからです。
 上の星図は15時の場合です。近日点通過から半日ほどが経過して、アイソン彗星は太陽の右上側へ少し離れたところに見えるでしょう。そして、双眼鏡を使えば昼間でも彗星を確認できるかもしれません。

 11月29日の日没前後 〜見えるか、アイソン彗星と長い尾

ISON(アイソン)
 近日点通過後、アイソン彗星を観測するのに最適なのは、11月29日(金)の日没直前から日没直後にかけてです。
 上の星図は日の入りから10分前のようすです。
 アイソン彗星は太陽よりも右上側、3.1度離れた位置にあります。
 まだまだ至近距離なうえに、明るさは-1.2等に落ちていますから、まだまだ厳しい条件であることに変わりありません。双眼鏡を使ってその姿をとらえることができればラッキーといったところでしょうか。
 当初の予報のように-7.3等の明るさがあれば、どんなに素晴らしかったことでしょう。
 アイソン彗星は尾が伸びているでしょうから、彗星が沈んだ後も、尾だけが観測できる可能性はあります。
 写真撮影でも絶好の被写体になるでしょう。
 観測できるのはごく短時間しかありませんから、しっかり準備して観測にのぞんでください。

 米国時間の平成24(2013)年12月26日(木)ごろ地球に最接近する見通し

 もし崩壊していなければ、米国時間の11月28日(木)には太陽から約117万キロの距離を通過して12月上旬には夜空に姿を現し、平成24(2013)年12月26日(木)ごろ地球に最接近する見通しだ。

 アイソン彗星が蒸発した可能性があるかも

 米航空宇宙局(NASA)の専門家は同日、「現時点では、ちりでできた尾が太陽から離れる姿が見えている」と言及。
 現時点で「(彗星の)核と断定できるものは見えていない」として、彗星が蒸発した可能性があるとの見方を示していた。

11月30日(土)、あばら家で巨大な男根「大河のような精子」

防府市の玉祖神社の整理

鍛冶師(かぬち)の天津麻羅(あまつまら)とは?

 朝の白日夢。
 私はあばら家にいる。
 そこで巨大な男根をだすと大河のような精子が流れ出ていった。
 山形の実家の取り壊しに関係しているのだと思うが、どういう場面をみているのだろうか。
 取り壊している実家に重なって大陰(膣)の映像に関係しているのは間違いないだろう。

○ 山口県の防府市の玉祖神社の地図の整理開始。

 天之岩戸開きのときの玉祖命の位置についてと、天之岩戸開きを遂行された玉祖命の御尊骸が納められている場所についての関心からだった。

 天之岩戸開き

 そこで、八百万の神々が天の安河の川原に集まり、対応を相談した。
 思金神の案により、さまざまな儀式をおこなった。
 常世の長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせた。
 鍛冶師の天津麻羅を探し、
 伊斯許理度売命に、天の安河の川上にある岩と鉱山の鉄とで、八咫鏡(やたのかがみ)を作らせた。
 玉祖命に八尺の勾玉の五百箇のみすまるの珠(八尺瓊勾玉・やさかにのまがたま)を作らせた。
 天児屋命と太玉命を呼び、雄鹿の肩の骨とははかの木で占い(太占)をさせた。
 賢木(さかき)を根ごと掘り起こし、枝に八尺瓊勾玉と八咫鏡と布帛をかけ、フトダマが御幣として奉げ持った。
 天児屋命が祝詞(のりと)を唱え、天手力雄神が岩戸の脇に隠れて立った。
 天宇受賣命が岩戸の前に桶を伏せて踏み鳴らし、神憑りして胸をさらけ出し、裳の紐を陰部までおし下げて踊った。すると、高天原が鳴り轟くように八百万の神が一斉に笑った。

 天之岩戸開きのときの「鍛冶師の天津麻羅」とはある場所の特定の時空間なのではないか?

 成田の家が「鍛冶屋」ということもあって、「鍛冶師の天津麻羅」の箇所は常に引っかかりを感じてきた場所だ。
 「かぬちあまつまら」の「ち」とは場所を示す「ち(地)」という意味の「おと」で、ある特別な「時空間」が存在する場所であるように感じられてきている。
 山形の実家を解体しながら、いろんな白日夢(映像)から類推すると、八咫鏡(やたのかがみ)や五百箇のみすまるの珠(八尺瓊勾玉・やさかにのまがたま)を作ることのできる「ある特別」の場所の「特定の時空間」を示す言葉が、「かぬちあまつまら」であって、「鍛冶師」という特定の人物ではないのだろう。
 特定の人物であれば「〜〜命」あるいは「〜〜神」と呼ばれているはずである。
 「かぬちあまつまら」の場所を、私は山形県の庄内平野の月山と鳥海山が見える上空の場所だったのではないかと推測している。
 この土地もダマシタ岩戸開き関与したため重大な責任を負うことになってしまったのだと思う。
 私が1500ヶ所以上の神社を周らなければいけないと思えたのは、天照大神の「ダマシタ岩戸開き」の罪を償うためのものでもあった。

12月1日(日)、「さくま、あな、つる、ふじ、一つに連なりて神代の仕組み成就せん。」

防府市の玉祖神社をアップ

 突然聞こえてきた声、
「さくま、
 あな、
 つる、
 ふじ、
 一つに連なりて神代の仕組み成就せん。」

○ 山口県の防府市の玉祖神社をアップ。

12月2日(月)、山形の実家に重機が入る予定(1)

 山形の実家に重機が入る予定(1)

12月3日(火)、山形の実家に重機が入る予定(2)

北朝鮮、正恩氏の叔父・張成沢氏が失脚か 側近2人が公開処刑

日本橋で新月の会「霊能者の集いにしたい」

 山形の実家に重機が入る予定(2)。

○ 北朝鮮、正恩氏の叔父・張成沢氏が失脚か 側近2人が公開処刑 韓国報道

【ソウル=加藤宏一】
 聯合ニュースによると、韓国国家情報院は12月3日(火)、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の叔父である張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長が失脚したと明らかにした。張氏の側近2人が公開処刑されたとしている。
 張氏は、崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮人民軍総政治局長とならび、金正恩第1書記の最側近の一人として知られる。

 山形の実家の取り壊しに重機が入るタイミングとの共時現象に着目すべきだろう。

○ 日本橋で新月の会

「霊能者の集いにしたい」
 そういう趣旨だった。

12月4日(水)、準備中・・

 準備中・・

12月5日(木)、準備中・・

 準備中・・

12月6日(金)、北朝鮮の実力者、張成沢国防委員会副委員長が失脚

 12月3日(火)の報道の詳細。
 北朝鮮の実力者、張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長が失脚したとみられている問題で、韓国のYTNニュースは6日、張氏側近が9月末から10月初旬ごろに韓国に亡命を求め、現在、韓国政府が中国で保護していると報じた。
 この側近は金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の秘密資金を把握しているといい、張氏失脚の原因になった可能性がある。
 北朝鮮に詳しい消息筋の話として伝えた。
 この側近は張氏の資金管理人。
 北朝鮮の情報当局が張氏の排除に向けて監視を強めたことに危機感を覚えて中国に逃げたと韓国の情報当局は分析。
 韓国への亡命に中国は反対し、米国は身柄の引き渡しを求めているという。
 韓国の情報機関である国家情報院によると、張氏の側近である朝鮮労働党行政部第1副部長ら2人が11月、不正や反党行為の疑いで公開処刑された。
 資金管理人の亡命要請が事実ならこれに先行する時期のため、一連の粛清の動きとの関係が注目される。

12月7日(土)、準備中・・

 準備中・・

12月8日(日)、弟の命日に35年たった

 弟の命日。
 昭和35(1960)年7月8日に生まれた弟・成田守(18歳5か月)が亡くなったのは昭和53(1978)年12月8日(金)の私が大学2年生の秋のことだった。
 いつも水をあげるように頼む山形の母も亡くなった。
 いつになく寂しい命日だ。
 35年経った。

12月9日(月)、馬券のご祝儀ありがとうございます

 馬券のご祝儀ありがとうございます。
 12月17日(火)に気づいた。

12月10日(火)、山形の実家の解体作業の終了

 山形の実家の解体作業の終了。

12月11日(水)、山形の解体業者からの連絡

 解体業者から電話をもらった。
「昨日12月10日(火)に解体作業が終了しました」
 という連絡だった。

12月12日(木)、山形での初めの先祖「成田為五郎である」

北朝鮮の張成沢・前国防委員会副委員長(67)が処刑される

 昼頃、武士が現れてきて私に語りかけてくる。
「成田為五郎である。
 この庄内の地における成田の直接の先祖である。
 第8代将軍吉宗公の時〔在職期間 1716〜1745〕、千葉県成田市の麻賀多神社から天之日津久神を奉じて庄内の地に渡ってきたのである。
 ひと時 藤島に身を寄せ、鎌田屋敷を切り開いた。
 今の先祖の過去帳には載っていない。」
 私が山形の土地の清算をしようとしているのでこの地での最初の先祖が立ち現れてくれたもののようだ。

 およそ300年前の出来事だ。

 黒住宗忠(1780年12月21日-1850年3月7日)が活躍される前に、成田為五郎は千葉県の麻賀多神社から山形の庄内の地に渡っていったのだ。

【第8代将軍吉宗公の時〔在職期間 1716〜1745〕】

 徳川御三家の紀州藩第2代藩主・徳川光貞の四男として生まれる。
 初代将軍・徳川家康は曾祖父に当たる。父と2人の兄の死後、紀州藩主を継ぎ藩財政の再建に努め、成果を挙げた。
 第7代将軍・徳川家継の死により秀忠の血をひく徳川将軍家の男系男子が途絶えると、6代将軍家宣の正室・天英院の指名により御三家出身では初の養子として宗家を相続し、江戸幕府の第8代将軍に就任した。
 紀州藩主時代の藩政を幕政に反映させ、将軍家宣時代の正徳の治を改める幕政改革を実施。
 幕府権力の再興に務め、増税と質素倹約による幕政改革、新田開発など公共政策、公事方御定書の制定、市民の意見を取り入れるための目安箱の設置などの享保の改革を実行した。
 徳川家重に将軍の座を譲った後も大御所として権力を維持し、財政に直結する米相場を中心に改革を続行していたことから米将軍(八十八将軍)と呼ばれた。
 この幕府改革で破綻しかけていた財政の復興などをしたことから中興の祖と呼ばれ、江戸時代を代表する名君の一人とされる。

○ 北朝鮮の張成沢(チャンソンテク)・前国防委員会副委員長(67)が処刑される。

 北朝鮮の張成沢(チャンソンテク)・前国防委員会副委員長(67)が12日に処刑される直前に、妻で故金正日(キムジョンイル)総書記の妹、金敬姫(キムギョンヒ)書記(67)と離婚したとの情報が浮上している。
 北朝鮮が中国とのパイプ役である張成沢を粛清したことの意味は、瀋陽軍区(旧満州帝国)が北朝鮮と手を組み中国北京政府に核ミサイルを向ける日が来る可能性があるということだ。
 12月3日(火)に張成沢(チャンソンテク)失脚のニュースが流れ、 12月6日(金)に詳細が伝えられていた。

12月13日(金)、大坂で会議

 大坂で会議。
 明日の淡路島の会議も含めた。
 成るモノは成るし、成らないモノは成らない。

12月14日(土)、淡路島へ、突風のなか伊弉冉命が降臨

 平成24(2012)年12月29日(土)の朝のまどろみの中で、
「淡路島じゃ」
 と聞いていた。

 本来であれば、すぐに行かなければならないものだったかもしれない。

 淡路島の巨大観音像の確認。
 伊邪那岐神宮へ。
 本殿横に行った時、突風が吹く。
伊邪那美命が来られた
 と直感。
 氏子総代のお二方との打ち合わせ。

12月15日(日)、八咫丘陵の里山へ、午後は打ち合わせ

 八咫丘陵の里山へ。
 午後は打ち合わせ。

12月16日(月)、非常に疲れた

 非常に疲れた。

12月17日(火)、9時47分「お墓が出来た」との報告

神田で淡路島の打ち合わせ、降誕人の試聴(1)

女の声「そなたの元を離れぬとこちらの身が危うい」

降誕人「具合が良くなった」、夜行バスで山形へ

 9時47分に石屋さんから
「お墓が出来た」
 との報告があった。
 田舎に行くタイミングになっていたのでまさにちょうどいい。

○ 神田で淡路島の打ち合わせ。

 ビジネスモデルの構築が出来るかどうか、についての打ち合わせ。
 御札立てのビジネスモデルもエキサイティングだ。

○ 降誕人の試聴(15:00)。

 19時ごろ電話を頂戴して、
「具合が良くなった」
 ということであった。

○ 夕方の白日夢。

 口からネバッコイ粘りを引きそうな女の声で
「そなたの元を離れぬとこちらの身が危うい」

 心の神様からの審神の結果

「八岐大蛇」
 との事だった。
 どういう領域でどういう事柄が動いているのだろう?

○ 夜行バスで山形へ。

12月18日(水)、山形の実家の更地の状況を確認

おじさんの新しいお墓も確認できた

降誕人の試聴(2)

 12月10日(火)に解体作業が完了した山形の実家の更地の状況を確認。

実家の解体

実家の解体

実家の解体

実家の解体

 これで棚倉構造線上にあると思われる川行の建物は無くなった。

 山形の私の実家が、「うしとら(東北)」の鬼門を封じていたのかもしれないと思うようになった。
 これで、「成田の系図」に支障をきたすものは無くなったとみていい。
棚倉構造線

○ 前日の12月17日(火)に報告があったお墓の確認。

お墓

お墓から見る鳥海山

○ よく遊んだ皇太神社と分校のあったグランド。
11月3日(日)の母の納骨のときの写真)
お墓

赤い屋根が取り壊し前の実家

 これで山形には、思い出以外の心残りは無くなったと思う。
 お清めのあとに万太郎さん久五郎さんに挨拶をしてお別れを告げた。
 山形から東京に戻るために11時6分のいなほに乗った。
 電車内で
「そなたの元を離れぬとこちらの身が危うい」
 と男の声。
 これは人霊か?

○ 降誕人の方の試聴(16:30から)。

12月19日(木)、降誕人の確認、猪瀬知事の辞任

2014年のアジアは第一次世界大戦前の欧州に酷似

「人の善意を吸って活きる吸血鬼(ドラキュラ)」この世の大泥棒

 降誕人の確認と、自宅の間取りを受け取る。

○ 東京都の猪瀬直樹知事が2013年12月19日、医療法人「徳洲会」グループからの5000万円の資金提供問題を受けて、辞職を表明した。同知事は、記者会見で辞職の理由について「都政を停滞させ、国の栄誉がかかったオリンピック・パラリンピックを滞らせることはできない」と述べた。

2014年のアジアは第一次世界大戦前の欧州に酷似 〜 スペイン紙のトピックより。

 2013年12月12日、スペイン紙・エル・パイスのウェブサイトに「1914に回帰」と題する記事が掲載された。
 執筆者は欧州外交評議会マドリード事務所のトレブランカ所長。
 2014年は第一次世界大戦勃発100周年(1914年)に当たる。
 あれは戦争ではなく、集団自殺だった。帝国が続々と崩壊、衰退していったからだ。当時、欧州の経済規模は世界の3分の1を占めていた。もはや戻ることも再び達成することもできない割合だ。
 2014年、人々の懸念を呼んでいるのは欧州ではなく、アジアだ。
 2014年のアジアは1914年の欧州と重要な点が酷似している。
 強国が併存していること、そして領土問題、解くことのできない歴史的宿怨、そしてナショナリズムだ。
 このような要因の組み合わせが致命的なものであることは、1914年に証明されている。
 経済的な相互依存は衝突を緩和せず、逆に激化させることは歴史が示している。欧州がその好例だ。
 1914年の欧州各国間の貿易と投資額の比率は2000年を上回っていた。
 それにもかかわらず、各国は戦争へと駒を進めたのである。
 民主主義に関する経験則については、人々を安心させるものと、不安にさせるものとがある。民主国家間ではほとんど戦争が起こらないということ、だが、民主国家が独裁国家を攻撃する可能性と、独裁国家間で戦争が起こる可能性は同じだということだ。
 そのため、日韓では戦争は起こりえないだろうが、中国との衝突のリスクは真剣に検討しなければならない。
(翻訳・編集/岡本悠馬)
 msn のトピックの引用アドレス
 http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=2665673

「人の善意を吸って活きる吸血鬼(ドラキュラ)」

 突然思った、
「人の善意を吸って活きる吸血鬼(ドラキュラ)じゃないか」
 そういえば、1月21日(月)に黒い棺桶からドラキュラが出てくる映像を見ていた。
 しかし、そのあとに「白い棺桶」があり、そこから私が出られたような気がしていた。

ドラキュラの棺桶のさらになかにある白い棺桶

 こういう実感をもってしまうところが、「白い棺桶」から私が出てくるタイミングになっているということだろうか。
 11月27日(水)
「この世の大泥棒だ!」
 と実感したことに引き続くものだ。

12月20日(金)、「天之狭霧の命が協力に入る」

 心の神様から
「天之狭霧の命が協力に入る」

 と告げられる。

 5月11日(土)、「天之狭霧命・国之狭霧命、お出ましになられる」
 6月6日(木)、「天之狭霧神(あめのさぎりのかみ)おなりになられる」
 に続く言葉だ。

○ 山形から帰ってきてから、月山が心臓にある。

 心臓にドッカリと座り、非常に居心地が悪い。
 月は伊邪那美命。

実家から見る月山

12月21日(土)、コマが火花を放つ映像「時の振動に備えよ」

白日夢「月山、実家、小川、雪、雪解け」

女房の51歳に誕生日、淡路島の実印

 昨年の平成24(2012)年12月21日(金)は、歳差現象によって、地軸の傾く方向(南半球側)-太陽-銀河中心がほぼ並ぶ2万6千年の春と呼んでもいい日であった。
 地軸は2万6千年という長周期で首振り運動しており、昨年の平成24(2012)年12月21日(金)を私は2万6千年の春と呼んだ。

 平成24(2012)年12月21日(金)

「時(とき)の振動に備えよ」
 という伝令が飛んだように、今日の早朝にも、
「時(とき)の振動に備えよ」
 という伝令が飛んだ。

 最初の1周というのは極めてデリケートな状態なのかもしれない。

 回転しているコマの軸棒が火花をチラシいる映像が見えてくる。
 私の心臓に月山の映像が重なってくることと関係しているのかもしれない。
 本日で地球は、2万6千年の春の後の最初の1回転を成し遂げたことになる。

○ 昨日と同じで、私の心臓に月山が重なっている。

 月山の中腹からエネルギー体が中空に舞い上がり、宙空で渦状に回転し始めている。
 何が起ころうとしているのだろうか?

実家から見る月山

 また、更地になった実家の敷地は煌めき始め、とても美しい。
 実家の敷地は、色づいた静寂の美しい水面に変わり、とても美しい女神が降り立った。
 実家があったために、女神は降り立てないでいたかのようにも見える。
 実に美しい姿だ。

実家の解体

 実家の前にある小川が大きくなっていて、清らかな流れだ。
 私はその小川に両足をつけて、両足を清めようとしていた。
 万太郎に行く川岸は背丈ほどの雪壁になっている。
 その雪壁から清らかな小川に雪が崩れてきて、私の両足にかぶさり、私の両足の動きを封じた。
 雪も心地よく、春になれば、私の両足を封じている雪も溶けるような心地よさを感じるものだった。
 日差しは春のように暖かな日差しだ。
 けれど、春までは動けない状態になったということらしい。

○ 14時34分に淡路島の判子の件で連絡があった。

 この電話で、春までの主要な業務が決まった。
 朝の夢は、
「両足を突っ込んで集中してやれ」
 というメッセージだ。
 春になれば、両足の自由が効いて動けるようになるのだろう。

○ 本日が女房の51歳の誕生日。

 誕生日おめでとう。

12月22日(日)、曙橋で美穂と光宮(みや)の撮影会、実加の夢

賢一たちをよんでクリスマス会

 今日は曙橋で美穂と光宮(みや)の撮影会。
 朝の6時におきて、電車に乗って行った。
 都営新宿線の曙橋に8時前に着いたのだが、撮影会場の場所が明示されていない地図だった。
 どこに行こうかと地図を見ているときに、先方の担当の方がやってきてまずは一安心。
 私は女房たちを置いて自宅に戻る。

○ 午後の実加の夢。

「実加がトイレに入っていて、光宮(みや)と話している」
「実加がトイレを閉めたとき、光宮(みや)の足がドアに挟まって、大変、と思いドアを開けると右足の5本の指が取れてしまっていた」

「取れてしまった指に、治れ治れ、と言うと、光宮(みや)の足の指が治っていった」

 実加の今年の1月29日(火)に見た「大きな蛇と首のない女」の夢は母親が亡くなる暗示になっていた。
 こういう風に実加が見る夢は要注意だ。
 避けて通ることの出来ない未来の一場面を示している可能性がある。

○ 賢一たちをよんでクリスマス会。

「お父さん、山ハルさんが、亡くなったってよ」
「密葬で済ませたらしい」
 1997年にお世話になった懐かしい名前だ。

12月23日(月)、朝の夢「天照大神の目の前にいる」

天皇陛下の誕生日、糸魚川へのプレゼントの発送

 朝起きるときの夢。
 私は天照大神の前にいる。
 そこにズ〜ッといるものだと思えていた。朝起きたとき、自分はなぜここにいるか判らなくなるような錯覚にとらわれた。
 天照大神が近くにいないことにスゴイ違和感を感じた。
 私が天照大神の夢を見るのは、私の心の持ち方によるものだという。

○ 本日は天皇陛下の80歳の誕生日。

 陛下が、私の母より一つお若いことに少しビックリしてしまう。
 皇后は、私の母より二つ若い。

○ 糸魚川へのプレゼントの発送。

12月24日(火)、また朝の夢「天照大神の目の前にいる」

イマイさん「三つの黒点のようなもの、今までにないことだ」

「少彦名命が降りられる」、青森のおばさんの助言

 昨日の朝の夢と同じように、私は天照大神の前にいる。
 天照大神は生まれたばかりの赤チャンを抱っこしている。
 赤ちゃんを抱っこしている天照大神の映像は今月の初めごろも見ている。
 何かが生まれことの象徴なおだろうか?
 私が天照大神の夢を見るのは、私の心の持ち方によるものだという。

 続いてSF的な夢に場面が変わった。

 銀河司令室のような雰囲気の場所で、司令官のような風貌のイマイさんが、 「三つの黒点のようなものが暗黒の筒状から現われでようとしている、  これは今までになかったことだ 」  昨日と今日の天照大神の映像に続いて見ているものなので、太陽に関する事柄なんだろう。

 心の神様は、

少彦名命が降りられる」
 ということだ。
 事態は緊急を要している。

○ 昼ごろ、青森のおばさんが私の耳の奥で助言してくる。

「糸魚川にこれ以上関わらないほうがいいよ」
 この助言に母親の同意してくる。
「その通りだぞ、これっきりにしておけ」
 そういうことのようだ。

○ 夕方の5時ごろ、美穂が

「黒っぽい小人のような人が家の中を歩いていた」
 と言った。
 私は今日の朝聞いた、少彦名命ではないかと思った。
 少彦名命が降り立って下さったのだ。
 午後、出口光さんのことがしきりに思い出されてくることと関係しているだろうか?
「太陽が謝ってきたんだよね」
 と語っていた昨日の「隈さん」に関係しているだろうか?

12月25日(水)、3時に起きてクリスマスプレゼント設置

朝の夢「おじさんが霊安室にいて永い眠りについた」

展地16歳の誕生日、糸魚川の了解

 3時に起きてクリスマスプレゼント設置。
 今年も何とかやってあげることが出来た。

○ 朝起きるときの映像。

 おじさんが霊安室にいて、おばさんが西側に座っていた。
 妙な映像を見る。

○ 美穂の朝の白日夢。

「お父さんがベットに寝ているとき、長い髪の毛の女の人がお母さんの位置に座ってお父さんをうつむいて見ていた」

○ 展地16歳の誕生日。

○ 糸魚川の了解。

12月26日(木)、山形の実家跡から炎のユラギが顕れ始める

安倍晋三首相は政権発足から1年で靖国神社に参拝

小笠原に出現した新島、隣の西之島と陸続きに

 山形の実家跡から炎のユラギが顕れ始める。
 九州の中央構造線から山形の棚倉構造線がつながって、気脈が一つのなったもののような印象を受ける。

実家の解体

○ 安倍晋三首相は政権発足から1年となる26日午前、靖国神社を参拝した。

 ( → 平成24(2012)年12月26日(火) 安倍内閣発足)
 首相による靖国参拝は平成18(2006)年8月15日(火)の小泉純一郎首相以来、7年4カ月ぶり。
 首相は第1次政権時代に参拝しなかったことについて、かねて
「痛恨の極み」
 と表明しており、再登板後は国際情勢などを慎重に見極めながら参拝のタイミングを探っていた。
「英霊に尊崇の念を表するのは当たり前のことだ」
 と主張し続けた首相が、参拝に反発する内外の圧力をはねのけ、参拝を実行した意義は大きい。
「痛恨の極みとまで言った以上、その発言は重い。戦略的にも考えている」
 首相は12月25日(水)夜、周囲にこう語り、靖国参拝の可能性を示唆していた。10月半ばにも周囲に
「年内に必ず参拝する」と漏らしていた。
 首相は昨年12月、いったんは就任翌日の27日に靖国に「電撃参拝」することを計画したが、このときは周辺に慎重論が強く、見送った。就任直後でまだ中国、韓国など近隣国や同盟国の米国の反応や出方が見えにくかったこともある。
 だが、その後も中韓は、首相が
「対話のドアはいつでも開かれている」
 と呼び掛けているにもかかわらず、首脳会談に応じようとしていない。
 それどころか、韓国の朴槿恵大統領は世界各国で対日批判を繰り返し、中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海上空に一方的に防空識別圏を設定するなど、一切歩み寄りを見せない。
 また、戦没者をどう慰霊・追悼するかはすぐれて内政問題であり、東アジア地域で波風が立つのを嫌う米国も表立った反対や批判はしにくい。米国とは安全保障面や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)など経済面での関係を強化しており、首相は反発は一定レベルで抑えられると判断したとみられる。

11月20日(水)に出現した西之島の付近の新島。

 当初は東西の方向に、12月中旬以降は北に面積を広げ、12月25日(水)に隣の西之島の南岸とつながり陸続きになった。
 12月25日(水)に朝日新聞社機から確認した。

12月27日(金)、準備中

 準備中

12月28日(土)、伊弉冉命のそばに伊弉諾命が立つ

美空ひばりのような巫女が現れてきた

四條畷の乱心、デザイナーとの打ち合わせ

 朝の夢。
 伊弉冉命のそばに伊弉諾命が立ち、美空ひばりのような巫女が現れた。
 こういう夢は初めてみたので、非常の縁起がいいと思った。
   ↓
 5月5日(日)に天之大神から( → 大神
「伊邪那岐神、伊邪那美命が来られるまで待たれよ」
 と告げられていたが、今日がその日だったのだろうか?

○ 四條畷の乱心の話を伝え聞いた。

 相手の利益になるように話したつもりだったののがどうしてそういう風に話が触れるのだろう。

○ 14時からチラシデザインについてデザイナーとの打ち合わせ。

12月29日(日)、前社長と自分たち3人の夢、競馬

正月用の買い物へ、四條畷の乱心の結果「後ろの正面へ」

来年の手帳、「岡本天命伝」、御札立ての到着

ドイツのベルリンで12月28日の冬に咲く桜

 朝の夢。
 前の会社の社長が、私とseoさんと女の人と私が会議しているところに何気なくやってきて、ウロウロしている。
 こういうときというのは、話をするキッカケを見つけようとしていることが多い。
 後ろに大きい写真を持っている。
 キッカケをつかんで、私たち3人に語りかけてきた。
 大きい写真を黒板に貼り、この写真を題材に和歌を作って欲しい、という要請だった。
 写真の説明をしながら、私と女の人を白墨で囲み塗りつぶした。
「この2人はいいんだよ」
 と含みを残して話された。
 私本人を目の前にして、白墨で塗りつぶすなんて失礼な話だと思って聞いていた。

 場面が、急に競馬のゴール板の場面に切り変わった。

 私は「4」を中心に買っていた。
 押さえに「2-5」「5-7」を押さえた。
 今日は大井競馬場の59回 東京大賞典(GI)のある日だった。
 結果は、5-4-6  で 560円(三連単)。
 (ゐよで結ばず)の意味にも取れる。
 夢の内容が東京大賞典(GI)のものであれば、いい感じで未来を捉えている。
 この夢も、非常に縁起がいいのかもしれない。

○ 正月用の買い物へ移動しているときの電話。

 最初の電話のとき、警官が傍を通っているので電話で話できず。
 結果は、四條畷の乱心から私が「後ろの正面」になった動きだったようだ。
「成田はあなたのことを思って動いたのではないか」
 という風に発言してくれた人がいるらしい。

○ 自宅につくと来年の手帳、「岡本天命伝」、御札立てが到着していた。

ドイツのベルリンで12月28日の冬に咲く桜。

ドイツのベルリンで冬に咲く桜
【時事通信社】
 写真は12月28日、ベルリンの「1989年11月9日広場」で咲く桜。
 ドイツのベルリンで今月下旬、日本から贈られた桜が暖冬の影響で咲き始め、市民が季節外れの花見を楽しんでいる。

 ひふみ神示 第02巻 下つ巻(四百つまき)

 第三十帖 (七二)
 八のつく日に気つけて呉れよ、だんだん近づいたから、辛酉(かのととり)はよき日、よき年ぞ。
 冬に桜咲いたら気つけて呉れよ。
 八月二日、ひつくのかみ。

 ひふみ神示 第06巻 日月の巻 / (ひつ九のまキ) 全四十帖

 第二十六帖 (一九九)
 、 、 、ウ、うにアエオイウざぞ。昔の世の元ぞ。
 、 、 、ヤ、ワあるぞ、世の元ぞ。サタナハマからあるぞ。
 一柱、二柱、三柱、五柱、七柱、八柱、九柱、十柱、と申してあろがな。
 五十九の神、七十五柱これで判りたか。 は ざぞ。 には裏表上下あるのざぞ。
 冬の先 春とばかりは限らんと申してあること忘れるなよ。
 用意せよ、冬に桜咲くぞ。
 十一月二十二日、ひつ九 。

12月30日(月)、朝の夢「kanaori とあの者の夢」 

神告「富士鳴門の経綸(しぐみ)成ったぞ」

「皇国」と書かれた岩戸が開き、岩の通路を行くとその世界に通じた

 朝の夢。
 大きな机に女の人が座っている。
 「あの者」だと直感した。
 すぐさま、場面が変わり、私はkanaoriと相対していた。
 向こうから「あの者」が恥ずかしそうにこちらにやってきた。
 手を伸ばそうとしたのだが、私と相対しているkanaoriが障害になって手が届きそうで届かない場面で目覚めた。

○ 朝起きてからの白日夢。

富士鳴門の経綸(しぐみ)成ったぞ
 という声が聞こえてきた。
 すぐさま電話が鳴った。
「新年の都合がつかなくなった」
 という電話だった。
 極めてドンぴしゃりのタイミングになっている。

○ 「皇国」と書かれた岩戸が開き、岩の通路を行くとその世界に通じた。

「皇国(すめらみくに)」とは、思っていることが全て現実化していく世界のことだ。
 いいことも、悪いことも全て現実化していく。
富士鳴門の経綸(しぐみ)が成った」結果、「皇国(すめらみくに)」の岩戸が開いた。
「皇国(すめらみくに)」の岩戸が開く映像

 大神の声( → 大神

「そなたの協力がなければ何事も立ち行かなくなっていくだろう」

12月31日(火)、天之大神「それでよいのじゃ」 

光宮(みや)に縁のある「寿老人」、熊本の神社の素描

お炊き上げされるようなものは天に戻されて処理される

 昨日見た白日の絵「皇国と書かれた岩戸が開く映像」を書いているとき、天之大神の言葉、( → 大神
「それでよいのじゃ」
 ということであった。
 今年は「皇国の岩戸が開いた」ところで終わった。

 夕方にも大神の声( → 大神

「ある春の日に便りが届くのは神の経綸によるものじゃ」

○ 光宮(みや)に縁のある「寿老人」についての記述。

 光宮(みや)が受胎するとき、私は、波に乗った寿老人が陸に打ち上げられる映像をみていた。
 光宮(みや)と寿老人は密接に関わっているはずである。
 寿老人については、非常に気になっていたのだが、平成25(2013)年12月31日に非常に示唆に富んだ文章に出会った。

 『 岡本天明伝 [日月神示]夜明けの御用 』(黒川柚月著)PP88-89

 戦前、大本と提携していて、天明とも縁があった「道院・世界紅卍字会」の設立の発端は次のようなものだった。
 中華民国5年(大正5年)、神仙郷伝説が色濃い山東省浜県の県知事・呉福林と同県役人・劉紹基の2人が中心となり、洪解空、周吉中等が、県公署(役場)の中にあった尚仙を祀る祠前で、神意を伺うためにたびたび扶乩(フーチ)をしていた。
 あるとき、扶乩の質問で「天界の中で最も尊い神霊は誰か」との問いがあった。
 尚仙は
「それは太乙老人(たいおつろうじん)である」
 と答えた。
「太乙老人久しからず世に降り、劫を救い給う。これは数万年遭いがたき機縁であるから、汝らは精進潔斎して壇を設けて、これを求めよ」
 として南極老人(七福神の寿老人)を介して太乙老人の降臨を仰いだ。
 数日後の壇に、南極老人(七福神の寿老人)を先駆としてついに太乙老人の神霊が降臨した。それから壇(扶乩を行う祭壇)を設けては、たびたび指示を仰ぐこととなった。
 扶乩の啓示により壇を設けた場所を「道院」と定めた。奉唱される御神名は「老祖」と言い、または「至聖先天老祖」、正式名を「青玄宮一玄真宗三元始紀太乙老祖」とする宇宙最高神である。

○ 熊本の神社の素描

 大本教の熊本本苑
 山鹿市の瑞霊苑(ミロク岩〜不動岩)
 小国の杖立て温泉の白糸の滝にある み手代 歌碑

○ 実家にオーロラのようなカーテンが架かり、粗大ゴミのようなものが天に吸いあがっていく。

 今日は大祓いの日だ。
 毎年毎年、粗大ゴミのようなものが天に上がらず、成田の血統の流れに戻されていたのだ。
 昨日「皇国(すめらみくに)の扉」が開き、お炊き上げされるようなものは天に戻されて処理されることになったのだ。

実家の解体

←2013(平成25)年のメモ書きと更新履歴の先頭へ戻る

(参考)メルマガ54号発行、平成23年3月16日(水)から2週間の概略


✓ฺ 3月16日(水)、私は28号の記事を再利用。
    「amaterasu」さんからメール。niiza で初めての計画停電。
✓ฺ 3月17日(木)、実加とパンの買出し、「重大な使命を果たす・・」。
    福島県郡山市へ救援物資の配送。
✓ฺ 3月18日(金)、実加の中学校卒業式。
    震災期間でも卒業式をしてもらえることに感謝します。静岡へGSのお祭り。
✓ฺ 3月19日(土)、福島第一原発に外部電源を引き込む。
✓ฺ 3月20日(日)、1992年以来のスーパームーン。
    リビアへの空爆、作戦名は「オデッセイの夜明け」、自宅の配置換え。
✓ฺ 3月21日(月)、昨日に続き自宅の配置換え。
    座敷わらしの姿やオーブをよく感じるようになった。
✓ฺ 3月22日(火)、ガソリン不足は緩和、仕事は冷え込む・

 - - - - - - - - - - - - - - - - - -

✓ฺ 3月23日(水)、リビア暫定政府樹立、フェイスブックで同期を発見・
✓ฺ 3月24日(木)、お札立ての不良品、フェイスブックに「tukinohikari」を設定
✓ฺ 3月25日(金)、フェイスブックにコメントをつける機能あり、ウオールに書込み
✓ฺ 3月26日(土)、鵄さんが亡くなられてから初めて休みらしい休み
✓ฺ 3月27日(日)、「326」、広瀬謙次郎さんは亡くなっていた、松果体と出雲
✓ฺ 3月28日(月)、エネルギーボックスのことを考えながら駐車場で車に追突
✓ฺ 3月29日(火)、habaと法政の退社。
    「あなたがやらないのなら私たちだけでやります」
    準備のために次のページを公開。
    平成23(2011)年4月20日(水)、古都(九十)の京都に起こることは・
    天照大神をウソで「ダマシタ岩戸開き」の清算

神社から授与されたお札を御札立てで大切に祀りましょう
神社から授与されたお札を御札立てで大切に祀りましょう

更新年一覧
2002(平成14)年
5月11日アップ

1958(昭和33)年
1959(昭和34)年
1960(昭和35)年★
1961(昭和36)年
1962(昭和37)年
1963(昭和38)年
1964(昭和39)年 東京OP
1965(昭和40)年
1966(昭和41)年
1967(昭和42)年
1968(昭和43)年
1969(昭和44)年
1970(昭和45)年
1971(昭和46)年
1972(昭和47)年★
1973(昭和48)年
1974(昭和49)年
1974(昭和49)年
1975(昭和50)年
1976(昭和51)年
1977(昭和52)年
1978(昭和53)年
1979(昭和54)年
1980(昭和55)年
1981(昭和56)年-辛酉の年
1982(昭和57)年
1983(昭和58)年
1984(昭和59)年★
1985(昭和60)年

 - - - - - - - -

1986(昭和61)年
1987(昭和62)年
1988(昭和63)年
1989(昭和64・平成元)年
1990(平成2)年
1991(平成3)年
1992(平成4)年
1993(平成5)年
1994(平成6)年
1995(平成7)年
1996(平成8)年★
1997(平成9)年
1998(平成10)年
1999(平成11)年
2000(平成12)年
2001(平成13)年
2002(平成14)年
2003(平成15)年
2004(平成16)年
2005(平成17)年
2006(平成18)年
2007(平成19)年
2008(平成20)年★
2009(平成21)年
2010(平成22)年

 - - - - - - - -

2011(平成23)年
2012(平成24)年

2013(平成25)年

2014(平成26)年
2015(平成27)年
2016(平成28)年
2017(平成29)年
2018(平成30)年
2019(平成31)年
2020(平成32)年★東京OP
2021(平成33)年
2022(平成34)年
2023(平成35)年
2024(平成36)年
2025(平成37)年
2026(平成38)年
2027(平成39)年
2028(平成40)年
2029(平成41)年
2030(平成42)年
2031(平成43)年
2032(平成44)年★
2033(平成45)年
2044(平成46)年
2035(平成47)年
2036(平成48)年
2037(平成49)年
2038(平成50)年
2039(平成51)年
2040(平成52)年
2041(平成53)年-辛酉の年
2042(平成54)年
2043(平成55)年
2044(平成56)年★
2045(平成57)年
2046(平成58)年
2047(平成59)年
2048(平成60)年
2049(平成61)年
2050(平成62)年

天之大神から

✓ฺ 1月2日(水)
「この世が火の海になるもならぬもその子の教育次第じゃ」
✓ฺ 2月17日(日)、
「神の領域を侵してはならぬ」
「そなたがその領域に立ち入ることを許す」

✓ฺ 2月26日(火)、
染色体のような映像
「この場面は忘れてはならぬ」

✓ฺ 5月5日(日)、
心の神様「天照皇大御神様お出ましになられる」
大神「伊邪那岐神、伊邪那美命が来られるまで待たれよ」

✓ฺ 5月5日(日)、
心の神様「天照皇大御神様お出ましになられる」
大神「伊邪那岐神、伊邪那美命が来られるまで待たれよ」

✓ฺ 5月11日(土)、
「そなたが考えているほど遅くはない」
✓ฺ 11月11日(月)、
「神の力を強めるゆえ夢で知らせることになろう」
✓ฺ 11月13日(水)、
夢の知らせ「名前と電話番号」
✓ฺ 11月23日(土)、
「そなたを探しておるものがおる」
✓ฺ 12月30日(月)、
「そなたの協力がなければ何事も立ち行かなくなっていくだろう」
✓ฺ 12月31日(火)、
皇国の岩戸が開いたことに対して「それでよいのじゃ」
「ある春の日に便りが届くのは神の経綸によるものじゃ」

20

メルマガの発行

✓ฺ 1月2日(水曜日)
メルマガ101号(2060)
✓ฺ 1月16日(水曜日)
メルマガ102号(2061)
✓ฺ 1月30日(水曜日)
メルマガ103号(2062)
✓ฺ 2月13日(水曜日)
メルマガ104号(2063)
✓ฺ 2月27日(水曜日)
メルマガ105号(2064)
✓ฺ 3月13日(水曜日)
メルマガ106号(2065)
✓ฺ 3月27日(水曜日)
メルマガ107号(2066)
✓ฺ 4月10日(水曜日)
メルマガ108号(2067)
✓ฺ 4月24日(水曜日)
メルマガ109号(2068)
✓ฺ 5月8日(水曜日)
メルマガ110号(2069)
✓ฺ 5月22日(水曜日)
メルマガ111号(2070)